maclalalaweblog

2007年 2月 18日

アップルがいいといわなければ・・・

rudolphpogue

[Benjamin Rudolph, Parallels & David Pogue, New York Times]

仮想化技術を使えば OS X が普通の PC で動くという話には後日談がある。

どうやら Parallels も VMWare もその発言を取り消して姿勢を後退させたらしい。

Infinite Loop:”Parallels: ‘We won’t virtualize OS X until Apple says so‘” by Jacqui Cheng:2月9日

     *      *      *

尾を引く Fortune の記事

ひと月ほど前、Parallels が実は企業向けソフトメーカー SWSoft の子会社だと分かったとき、それを伝えた Fortune[Forbes?]の記事には、それ以外にもなかなか興味深いことが書かれていた。SWSoft の CEO が、仮想化環境で OS X を動かすのはそれほど難しいことではないと仄(ほの)めかしたのだ。その同じ記事で VMWare も、すいぶん長い間その誘惑に抗(あらが)っていたと述べて、Parallels のコメントを追認している。「彼らが望む方向でやろうとしたのだけれど、今考えてみれば自分たちのやり方で進めればよかったと思う。Steve Jobs がどうする気なのか分からない。というのも、Mac OS をマック以外のマシン(non-Macs)で動かそうとするプレシャーがすごいからだ」と VMWare の CEO Diane Greene は語っている。

When the news came out that Parallels was actually owned by enterprise software maker SWSoft about a month ago, there was a not-so-tiny detail from Forbes [sic] article that drew a lot of interest. That detail was that SWSoft’s CEO hinted that it wouldn’t be difficult to run OS X in a virtualization environment. In the same article, VMWare confirmed the comment, saying that they’ve been resisting temptation to do so for seemingly too long. “We were trying to do it the way they wanted to, but in hindsight we should have just gone ahead. I wonder what Steve Jobs is going to do, because there is so much pressure to run Mac OS on non-Macs,” VMWare’s CEO Diane Greene said.

     *      *      *

でも、Parallels はアップルに従う

ところで、この問題で VMWare が精神的葛藤に陥ったのと違って、Parallels は当分の間、アップルの目からみて善人の役を演じることにやましさを感じないことにしたのだ。この問題について回答を求めたところ、マーケティングマネージャの Ben Rudolph はつぎのように答えた。OS X の EULA[End User License Agreement、使用許諾契約書]により仮想化が禁じられているので、近い将来ユーザーに OS X を仮想化させることは考えていない、と。

Well, Parallels has decided that unlike VMWare’s moral conflict over the issue, they have no qualms over being the good guys (in Apple’s eyes), for the time being. Marketing Manager Ben Rudolph responded to my pleas for an answer on the topic, and said that due to the EULA in OS X that forbids virtualization, Parallels will not be enabling users to virtualize OS X anytime soon.

     *      *      *

模範解答

Rudolph は Ars [Technica] に対して次のように語った。「いくつか理由があるので、アップルがOKを出すまでは、我々としてはこの種の機能を仮想化することはしない。まず第一に、我々は自分たちのユーザーについて心配しているのだ。ユーザーがマシンを乗っ取られたり、訴訟に巻き込まれたりする恐れのある違法な行動を、我々は決してユーザーに勧めはしない。それと同じ理由で、完全なライセンスを取得した、純正の Windows のコピーをバーチャルマシンで使うよう求めている。その方がより安全で、より安定しており、サポートも十分で、かつ完全に合法的なのだ。」

“We won’t enable this kind of functionality until Apple gives their blessing for a few reasons,” Rudolph told Ars. “First, we’re concerned about our users—we are never going to encourage illegal activity that could open our users up to compromised machines or  any sort of legal action. This is the same reason why we always insist on using a fully-licensed, genuine copy of Windows in a virtual machine—it’s safer, more stable, fully supported, and completely legal.”

     *      *      *

アップルの機嫌を損ないたくない

法的な問題を別にしても、Parallels としてはアップルとの関係を損ないたくはない。アップルは得てしてどの会社が気に入っているかということについては気まぐれだからだ。「アップルとはとてもいい関係を保っている。双方に取ってとても貴重なパートナー関係を危険に晒したくはない。」

Legal issues aside, Parallels doesn’t want to strain its relationship with Apple, who can be rather fickle at times about which companies are in its favor. “We have a very good working relationship with Apple, and we don’t want to do anything to jeopardize the great partnership that’s been so valuable to both of us,” he added.

     *      *      *

技術的にはどうか

じゃあ、「決して」[OS X の仮想化は起きない]ということか? 今のところそれが答えのようだ。アップル OS のライセンスにあたっては、アップル以外のマシンで OS を使用することには非常に厳しい(全く出来ない)ということは誰もが知っている。では、技術的に可能かという点についてはどうか。Ben はその点についてもうっかりしゃべったりはしない。「バーチャルマシンで OS X を走らせることも可能でない訳ではない」と彼はいう。お〜お、何たるミステリー!

So, “never,” then? That seems like the answer we’re getting, as it’s no secret that Apple has been very strict on (absolutely not) licensing its operating system for use on anything but Apple hardware. As to whether it’s technically possible or not, Ben’s not spilling the beans. “It may be possible to run OS X in a virtual machine,” he says. Ooooh, the mystery.

     *      *      *

引き続き VMWare も、アップルに恭順の意を示したようだ。

Infinite Loop:”VMWare on (not) virtualizing OS X: ‘Oh yeah, us too.’” by Jacqui Cheng:2月11日

     *      *      *

VMWare もノー

krishnamurti

[Srinivas Krishnamurti, VMWare]

Parallels の話のフォローアップとして、この件に関する VMWare の公式見解を得るため Srinivas Krishnamurti(Director of Product Management and Market Development)に接触することができた。以前同社は、アップルの思惑とは裏腹に、アップル以外のハードウェアのバーチャルマシン上でユーザーが OS X を動かすことを可能にする誘惑に駆られたともとれる言い方をしたが、Krishnamurti はそうではないという。「アップルは今のところ Mac OS X がバーチャルマシンで動くことを許していない。アップルは大切なパートナーであり、VMware としてはアップルの知的財産を尊重する。」

As a followup to that statement from Parallels, I was able to also get in touch with Srinivas Krishnamurti, VMWare’s Director of Product Management and Market Development in order to get VMWare’s official position on the matter. Previously, the company indicated that they might perhaps give into temptation and allow users to run OS X in a virtual machine on non-Apple hardware despite what Apple thinks, but Krishnamurti says that’s not so. “Apple does not currently allow running Mac OS X in a virtual machine,” he said. “Apple is an important partner and VMware respects Apple’s intellectual property.”

よし、ここまではちゃんとフォローしている。

Right, we’re following so far.

Krishnamurti 曰く、「バーチャルマシンで Mac OS X を走らせることについて我々は大変な興味を持っている。いろんなおもしろい使い方に門戸を開くことになるからだ。しかしアップルが使用許諾方針(licensing policy)を変えるまでは、仮想化環境で Mac OS X を走らせることについてあれこれ推測したくはない。」

“We’re very interested in running Mac OS X in a virtual machine because it opens up a ton of interesting use cases, but until Apple changes its licensing policy, we prefer to not speculate about running Mac OS X in a virtualized environment,” Krishnamurti added.

     *      *      *

アップルがいいといわなければ・・・

分かった。これは Parallels がいったのとまったく同じことをもっと間接的に述べたものだと受け取りたい。アップルがいいといわなければ、バーチャルマシンで OS X はなしというわけか?

Right. We’ll take that as a less direct way of saying the exact same thing as what Parallels said. No okay from Apple? No OS X in a virtual machine.

以上から分かったことは何か。VMWare、Parallels の両社とも、多少ソフトが余計売れるからといって、アップルに坐(ま)します神々を怒らせるようなリスクは侵さないということだ。アップルと密接に協同しているいろんなデベロッパ(もちろん Parallels や VMWare のデベロッパではない、念のため)から得たインサイド情報によると、ほんのちょっとした、つまらない問題でアップルの恩顧を失うことになるのはいとも簡単だという。それでも、アップルの高圧的かつ独裁的なバブルカプセルの外側で、すべてを厳しく締め付けられるのに比べれば、アップルと同じ側にいる方がずっとましだという。アップルは Wal-Mart みたいになっちゃったのだろうか。

So what can we take away from all of this? Neither VMWare nor Parallels is willing to risk angering the deities that reside at Apple corporate just for a few extra software sales. Based off of inside reports that I’ve received from various developers who have to work closely with Apple (no one at Parallels or VMWare, just in case you were curious), it can be very easy to fall out of Apple’s favor for even the slightest, most petty of issues. And yet, they say that being on the outside of Apple’s heavy-handed, dictatorial bubble is a much worse fate than being inside—heavy hands and all. What was I saying again about Apple being like Wal-Mart?

     *      *      *

上記の記事は「PC で OS X が動く」といっているのも同然だ。

それを阻んでいるのは技術ではなく、ビジネス上の配慮にあるというわけだ。

インテル移行によって x86 ベースのハードウェアなら如何なる OS にでも仮想化できる状況が現実のものとなっているらしい。仮想化技術とはそれほど強力だいうことか。

iTunes でダウンロードした曲を iPod というハードに縛り付けているのが FairPlay だとすると、OS X をマックというハードに縛り付けているものは何だろう。

ハッカーの目がそちらに向かってもおかしくはない。

Boot Camp や Parallels、VMWare などの登場で一応収まっているかに見える OSx86 ハッキングだが、仮想化という現実がまたもやパンドラの箱を開くのかもしれない。

それにしても、先の Fortune の記事の「既に一部のユーザーは、デルや、HP、その他の PC 上で Mac OS を走らせるのに、現行の VMWare x86 向けデスクトップ製品を使っている」という下りはとても気になる。

Technorati Tags: , , , ,

広告

2007年 1月 29日

OS X は PC でも動く:Parallels と VMware


[Benjamin Rudolph, Parallels]

マックワールドの iPhone のニュースの陰で、仮想化技術をめぐる非常に興味深い話題がある。

Parallels や VMware を使うと、普通の PC で OS X が動くらしいのだ。

CNN:”Windows on the Mac changes everything” by David Kirkpatrick [Fortune]:1月22日

      *      *      *

Parallels Coherence

マック OS とウインドウズの境界がぼやけてきている。それは PC の世界でいずれ起きる重大な変化を予告するものだ。Parallels という名前の小さな会社がマックワールドで賞を勝ち取った。同社のヒット商品の最新版は、二つの OS をマック上で同時に走らせることができる。これは実に飛躍的な進歩なのだ。

NEW YORK (Fortune) — The lines between the Mac OS and Windows are starting to blur. And that portends major changes going forward in the world of PCs. At MacWorld, a little company called Parallels won awards for the latest version of its hit product, which enables you to run both operating systems at the same time on a Macintosh. It’s a major breakthrough.

Parallels の従前のバージョンでも二つの OS を同時に動かすことはできたが、二つの間をスイッチして行ったり来たりする必要があった。しかし2月中旬出荷予定の Parallels の Coherence 製品を使えば、デスクトップに複数のウインドウを開いたまま、いろいろなアプリケーションを普通の場合と同じように走らせることができる。これまでと違うのは、ウインドウズとマックのアプリケーションが動いているウインドウとウインドウの間を、あたかもマックだけ動かしているときのように行き来できる点だ。Parallels は 79 ドルするが、マックユーザーはその他にウインドウズのコピーを買う必要がある。

While the last version of Parallels allowed you to run both operating systems at once, it still required you to switch back and forth between the two. Now, however, Parallels’ Coherence product, which the company says will ship by mid-February, lets you keep multiple windows open on your desktop, just as you normally would, running a variety of applications. Except now you can switch between windows running Windows and Mac applications just as if they were all Mac. (Parallels costs $79, though Mac owners also have to buy a copy of Windows to use it.)

      *      *      *

仮想化技術

これは x86 をベースとしたコンピュータの仮想化(virtualization)と呼ばれる技術の最新の成果だ。仮想化技術とは、コンピュータの性能の一部(ハードの場合も、ソフトの場合もある)を隔離することによって、複数の機能を同時に進行させる一方で、相互干渉するリスクを減らす技術のことだ。

This is the fruit of recent major advances on x86-based computers in the technique called virtualization, a technique for isolating aspects of computing performance – sometimes hardware and sometimes software – so multiple functions can be underway simultaneously, while reducing the risk they will interfere with one another.

      *      *      *

ロシアコネクション

仮想化技術の世界には地殻変動が起きている。Parallels は結局のところ弱小企業なんかではなかった。3年ほど前、大企業の仮想化を専門とする SWsoft に密かに買収されていたのだ。その事実は現在に至るまで明らかにされたことがなかった。

The tectonics of virtualization are shifting. It turns out that Parallels is not such a little company after all. About three years ago it was quietly purchased by an enterprise-focused virtualization company called SWsoft, a fact that has never been publicly disclosed until now.

SWsoft とその子会社 Parallels は、両方ともロシアとアメリカにまたがる活動をしている。 SWsoft の CEO Serguei Beloussov はバージニアを根拠地としているが、モスクワをベースとするプログラマを支配している。SWsoft によって買収されたときは僅か7人だったParallels の従業員は、現在では 100 人を超えている。そのほとんどはロシアの研究開発者だ。

SWsoft and its Parallels subsidiary are both Russian-American operations. SWsoft CEO Serguei Beloussov, based in Virginia, calls the shots for programmers who are based in Moscow. Parallels employed only seven when SWsoft bought it, but today has 100 people, mostly in Russian R&D.

      *      *      *

仮想化の大手 VMware

一方、仮想化技術の雄 VMware も、自らのマック向け製品を着々と準備している。Parallels がやれることの大部分をやることを目的としている。VMware によれば、同製品は夏までには出荷されるという。

Meanwhile, the gorilla of virtualization, VMware, is well along with its own product for the Mac, one that aims to do many of the same things as Parallels. VMware says that product should ship by summer.

      *      *      *

インテル移行

一年前アップルが PC と共通の x86 プロセッサに移行したことで、仮想化技術の門戸は大きく開かれたのだ。アップルの Steve Jobs は自らのソフトウェアを動かすハードウェアに対する支配力を断固として譲らないが、まさにアップルが x86 に移行したことにより彼の支配力は弱まってきているのだ。

When Apple switched a year ago to using the same standard x86 processors that other PC companies use, it opened the door to all this progress on virtualization. Apple CEO Steve Jobs has always been adamant about controlling the hardware on which his software operates, but because of Apple’s switch to x86 his ability to maintain that control is now diminishing.

Parallels も、VMware も、x86 ベースのハードウェアなら如何なる OS にでも仮想化できる。でも、もっぱらマックへの仮想化だけがみんなの興奮を呼んでいる。なぜなら、日常使うには Mac OS が最も易しく、最も楽しいものだからだ。木曜日に Walt Mossberg がウォールストリートジャーナルで触れたのを始めとして、多くの批評家が繰り返しているように、新しいマイクロソフトの Vista は大いに改良されたとはいえ、まだマックには及ばないのだ。

Both Parallels’ and VMware’s products virtualize x86 hardware for any operating system, but the excitement for desktops has been almost entirely about what it means for the Mac. That’s because Mac OS remains the easiest and most enjoyable software to use day in and day out. Microsoft’s new Vista, despite being a major advance, doesn’t really change that, as many reviewers including Walt Mossberg in Thursday’s Wall Street Journal have recently reiterated.

これまで法人ユーザーは Mac OS に移行することが不可能だった。というのも、ウインドウズでしか動かないマイクロソフトの Outlook のようなアプリケーションが必要だったからだ。しかしその問題も解決しつつある。Beloussov によれば、今や Parallels はかなりの数の大企業と移行について話を進めているという。

Until now it hasn’t been possible to for most corporate users to switch to the Mac OS because they needed applications that only ran on Windows, notably Microsoft Outlook. But that problem is melting away. Beloussov says Parallels is now talking to a number of big companies about making the switch.

      *      *      *

PC でも動く

VMware の CEO Diane Greene は先週私につぎのように語った。既に一部のユーザーは、デルや、HP、その他の PC 上で Mac OS を走らせるのに、現行の VMware x86 向けデスクトップ製品を使っている。 ただし、それは VMware にしてみれば本意ではないけれど・・・

VMware’s CEO Diane Greene told me last week that her company’s existing x86 desktop product is already being used by some to run Mac OS on computers from Dell, Hewlett-Packard and others, though this is not intentional on VMware’s part.

SWsoft の Beloussov はいう。この春 Parallels はさらなるアップグレードを行なうが、そのことによってアップル以外のコンピュータで Mac OS を走らせることが、偶然の結果とはいえ容易になるだろう。これは決して意図的なものではない、と Beloussov は強調する。インテルチップに仮想化技術が実装されたことにより、技術の自然な結果としてそうなったのだ、と。

SWsoft’s Beloussov says that this spring, Parallels will upgrade its software further, in a way that by coincidence will make it easier to run Mac OS on a non-Apple computer. He also insists that is not deliberate, but just a consequence of the nature of the technology, especially now that Intel builds virtualization technology into its chips.

      *      *      *

意図的に制限

アップル以外の製品では Mac OS が動かないようにというアップルの要求に配慮して、両社のマック向け製品はどれも意図的に一部の機能を制限している。しかし、圧力が次第に増してきて、アップルや Jobs が抑えるのはますます難しくなってきたように見える。

Both companies’ products specifically aimed at the Mac will remain self-consciously crippled in order to satisfy Apple’s demands that users not be encouraged to put Mac OS on a non-Apple machine. But pressures seem to be building in a way that Apple and Jobs will increasingly have a hard time controlling.

      *      *      *

高まるプレシャー

VMware のマック向け製品が遅れているひとつの理由は、アップルの協力と承認を得るのに非常に手間取ったことにある、と Greene はいう。「彼らが望む方向でやろうとしたのだけれど、今考えてみれば自分たちのやり方で進めればよかったと思う。 Steve Jobs がどうする気なのか分からない。というのも、Mac OS をマック以外のマシンで動かそうとするプレシャーがすごいからだ。技術的にはそうできない理由はないのだから。Jobs は何事も独自のやり方を押し通そうとする。それは彼にとって非常に戦略的なテなのかもしれない。」Beloussov も、彼なりに同意する。

Greene says one reason VMware’s Mac product is delayed is that it was so time-consuming to get Apple’s cooperation and blessing. “We were trying to do it the way they wanted to, but in hindsight we should have just gone ahead,” she says. “I wonder what Steve Jobs is going to do, because there is so much pressure to run Mac OS on non-Macs. There’s no technical reason not to do it. He’s so proprietary about everything, yet it could be a very strategic move for him to make.” Beloussov, for his part, agrees.

2005 年6月、Michael Dell がデルマシンに Mac OS を載せて出荷したがっているという特ダネを私は書いた。先週私に対するEメールで、彼の考えは変わらないといっている。「もしユーザーが望み、かつアップルが妥当な条件でライセンスを与えるなら、我々としては MacOS を提供するだろう。・・・そうするかどうかはアップルが決めることだ。」

In June 2005 I broke the news that Michael Dell wanted to ship Mac OS on Dell machines. Last week in an e-mail he confirmed to me that his thinking hasn’t changed. “We would offer MacOS,” he wrote, “if customers wanted it and Apple would license it on reasonable terms…It’s Apple’s decision.”

Steve Jobs に対する圧力は高まっている。仮想化技術の進歩につれて、Jobs とは異なるやり方で彼のソフトウェアを売りたいという、デルや他社の求めに応じないでいることは、ますます難しくなってくるだろう。

The pressures are building on Steve Jobs. Eventually, as virtualization improves, it will prove harder and harder not to accede to Dell and others who want to sell his software in different ways.

      *      *      *

打って出る SWsoft / Parallels

一方、SWsoft は近い将来いくつかの大きな変更を行う予定だ。まず、Parallels はこの夏にはサーバー市場に参入するつもりだ。これまでのところ、SWsoft の大企業向け製品と異なり、Parallels はハードウェアをベースとする仮想化方式をとっており、その点では VMware と同じだ。Parallels は小企業や大企業の中の特定部門を対象とする予定だ。一方 VMware は世界中の大企業を相手にしている。SWsoft の Beloussov には、永年の念願であった VMware との直接対決を隠そうとする気配はない。もうひとつの計画とは、SWsoft のマネジメントツールを Parallels のものと統合しようという計画だ。仮想化でもっとも収益性の高い分野は、すべての流れを把握するツールであることがますますはっきりしてきた。

Meanwhile, SWsoft has several big changes up its sleeve for the near future. For one, Parallels, which unlike SWsoft’s enterprise product uses the same hardware-based virtualization approach as VMware does, will enter the server market by this summer. It will focus on small companies and departments in large ones, whereas VMware sells to just about every big company in the world. SWsoft’s Beloussov makes no bones about his longterm intention to go head-to-head with VMware. Another planned change is the integration of SWsoft’s management tools with Parallels. One of the most profitable realms in virtualization is increasingly the tools to keep track of it all.

      *      *      *

この記事は、二つの点で注目を浴びた。

ひとつは、凄まじい快進撃を続ける無名の会社がロシアとつながりがあったことだ。

もうひとつは、Mac OS X が普通の PC(generic PC)で動くようになるのも時間の問題だと感じさせたことだ。

仮想化技術(virtualization)を軸に、2007 年がどんな展開を遂げるか興味津々だ。

なお、Parallels については The Tech Night Owl LIVE のポッドキャストがおもしろい。プロダクトマネージャ Benjamin Rudolph の生の声がたっぷり聞ける。

Podcast:The Tech Night Owl LIVE:1月25日[36:00 〜]

The Tech Night Owl LIVE は、前にも何度も Benjamin Rudolph のインタビューをしているが、どうやらお互いにロシアにルーツがある縁らしい。

      *      *      *

参考:

・CNN:”Windows on the Mac changes everything” by David Kirkpatrick [Fortune]:1月22日
・Podcast:The Tech Night Owl LIVE:1月25日[36:00 〜]

ロシアコネクション

・Macworld:”Parallels acknowledges parent company” by Peter Cohen:1月22日
・Infinite Loop:”Parallels acknowledges SWsoft ownership” by Jacqui Cheng:1月22日

OS X PC で動く

・Engadget:”Parallels to turn it around, help Mac OS onto generic PC boxen” by Paul Miller:1月22日
・InsanelyMac Forum:”OS X coming to PCs…What the hell?“:1月22日
・WebProNews:”Will Steve Jobs Let Mac OS Run on Intel Boxes” by Mathew Ingram:1月23日
・TUAW:”Welcome to Bizarro World: Parallels and VMware running Mac OS X on XP?” by Michael Rose:1月23日

Technorati Tags: , , ,

2006年 6月 25日

Parallels のつぎは VMware か

vmware_logo

あっという間に正式版の発表に漕ぎ着けた Parallels Desktop for Mac の話題で持ち切りだが、仮想化ソフトの老舗(しにせ)VMware もマック向けマーケットに乗り出すとの観測が浮上している。

きっかけは、仮想化技術を専門とするサイト virtualization.info のインタビューだ。

VMware 社の Platform Products 担当副社長 Raghu Raghuram がインタビューに答えている。

virtualization.info:”Interview: virtualization.info interviews Raghu Raghuram” by Alessandro Perilli:6月20日

      *      *      *

データセンター向けの仮想化ソフト VMware Virtual Infrastructure 3 (VI3) が出たのをきっかけにインタビューがもたれた。

リリースされたばかりの VI3 や一般的戦略に関する話が大部分で、マックについては次のやり取りだけだ。

OS X 向けに仮想化ソフトを検討中

vmware-workstation

virtualization.info仮想化技術のマーケットに参入した一番新しい会社である Parallels Inc. が、アップルのインテルマック OS X 向けデスクトップ製品をどこよりも早く発表しました。VMware は、VMware Workstation のような高品位のデスクトップ製品で成功を収めたマーケットリーダーですが、アップル OS に向けた製品をだすのかどうか未だ沈黙を守っているのにはいささか驚かされます。VMware はアップルのマーケットには興味がないのでしょうか。

VI: Parallels Inc., the last company entered in the virtualization market, just released a desktop virtualization product for new Apple Mac OS X for Intel architectures, beating any competitor on time.

Customers are a bit surprised the market leader, founding its success on a high quality desktop product like VMware Workstation, is still mum about a possible presence in the Apple operating system. Isn’t VMware interested in Apple market?

raghu_raghuram

Raghu Raghuram:アップルが x86 ベースのプロセッサに移行したので、[我々の]強固で実績のある仮想化技術をアップルユーザーに対して提供する大きなチャンスだと考えています。実際我々のラボでは、VMware が Mac OS X 上でも動いているということを明らかにしてきました。この分野での将来の発表をどうぞご期待ください。

RR: With Apple switching to x86-based processors, robust and proven virtualization capabilities for Apple users is an interesting opportunity. We have stated that we do have VMware running on Mac OS X in our labs – stay tuned for future announcements in this area.

非常に慎重な言い回しながら、マック版を検討中だと示唆している。

      *      *      *

慎重な言い回しは、Raghu Raghuram の他の回答にも共通している。

WMware ACE のアップデート

virtualization.info興味深い製品なのに長い間アップグレードされていないのが WMware ACE[IT セキュリティマネージャ向け法人デスクトップ用製品]ですが、今年中になにか新しいものが出ると考えてよいですか。それとももうこの製品は終わりということでしょうか。

VI: A very interesting product VMware is not updating since a while is ACE. Can customers expect something new within this year or the product is going to be dismissed?

Raghu Raghuram:デスクトップマシンの管理およびセキュリティ能力を ACE が非常に高めてくれるものと我々は期待しています。次のメジャーなバージョンについて精力的に作業中です。ベータ版の準備が整い次第、もっと詳しい情報を提供したいと思います。

RR: We are excited by the potential of ACE to improve desktop manageability and security. We are hard at work on the next major version. As the product is readied for beta we will offer more details.

競合相手マイクロソフトのサポート

virtualization.info最後にマイクロソフトとの競争についてお尋ねします。マイクロソフトは二年後に Windows Server Virtualization や Virtual Machine Manager を発表するといわれていますが、その時点で VMware はどうするのでしょうか。

VI: A last question about Microsoft competition. Where VMware will be at the time Microsoft will release Windows Server Virtualization and Virtual Machine Manager, 2 years from now?

Raghu Raghuram:仮想化技術の第一世代は、シングルサーバーでのパーティショニング(single-server partitioning)でした。第二世代では、バーチャルマシン(Virtual Machine)の管理レイヤーが提供されました。そして VMware Virtual Infrastructure 3 (VI3) によって仮想化の第三世代にはいりました。シングルサーバーのパーティショニングからスタートした仮想化は、接続されたインフラ全体をカバーする分散コンピューティング上の仮想化技術へと発展し、次世代のシステムインフラストラクチャの基礎を提供するものとなりました。次世代システムインフラとは、業界標準のハードウェアコンポーネント全体を束ね、何百万ドルもするメインフレームコンピュータでしか可能でなかった稼働率、信頼性、可能性、そしてセキュリティを提供しようとするものです。VMware の使命はこうした次世代システムインフラを可能にすることにあります。たとえば他のベンダー[マイクロソフト]が二年後にやろうとしている基礎的パーティショニングやマネジメントに関するものを含めてです。

RR: The first generation of virtualization was single-server partitioning. The second generation of virtualization provided a layer of management for Virtual Machines. With VI3, we have entered the third generation of virtualization. Virtualization has evolved from being a static single-server partitioning technology to a distributed, infrastructure-wide virtualization technology that provides the foundation for next generation systems infrastructure. The next generation systems infrastructure will harness a collection of industry-standard hardware components and deliver the utilization, reliability, availability and security that was previously possible only with million-dollar mainframes. VMware’s mission is to enable this next generation of systems infrastructure even as other vendors focus on basic partitioning and management two years from now.

      *      *      *

さて、マックに関して興味深いのは、「ラボでは Mac OS X 上で VMware が動いている」という部分だろう。

diane_greene

この点に関しては布石があり、USA TODAY での Diane Greene(VMWare CEO)のコメントがベースになっている。

USA TODAY:”Mac and XP: a virtual moot issue?” by Kevin Maney:4月6日

複数の OS を切り替える

複数の OS を切り替える(toggle)ことができるようになるのにそんなに時間はかからないだろう。仮想化ソフトの最大手である VMware の Diane Greene によれば、すでに 400 万台の PC が同社の仮想化技術を利用しているという。目下のところ、同社の製品はマックでは動かないし、コンシューマ向けの製品も出していない。VMware は例えばウインドウズマシンでリナックスを動かしているようなひとたちによって使われている。

And that’s not long in coming. Virtualization is already running on at least 4 million PCs, says Diane Greene, who runs the leading virtualization software company, VMware. The company’s products won’t run on Macs yet, and they’re not ready for the mass market. VMware is used, for instance, by people who run Linux on Windows machines.

どんなマシンでも、どんな OS でも

「どんなマシン上でも好きな OS を動かせるようにしたい」と Greene はいう。「そうすれば、OS が何かということを心配せずに、自分の欲しいアプリケーションを買えるようになる。」

“We’d like to let anybody run any operating system (OS) on any machine,” Greene says. “You’ll be able to buy any application you want and not worry what OS it runs on.”

仮想化ソフトのトリック

仮想化ソフトは、それぞれの OS がマシン上にある唯一の OS だとコンピュータに思い込ませるトリックを使う。そうすると複数の OS が同時に、しかもお互いの邪魔をすることなく動くのだ。

Virtualization software tricks the computer into thinking each OS is the only one on the machine – so multiple operating systems can run simultaneously but not get in each others’ way.

マックでも動いている

VMware は今後コンシューマ向けの仮想化ソフトを出す計画だ。「我が社のラボでは Mac OS 上で仮想化ソフトを動かすことがすでに可能だ」と Greene はいう。

VMware has plans to roll out virtualization for consumers over coming years. “We can run it on the Mac OS in our labs already,” Greene says.

      *      *      *

1998 年に設立された VMware は、業界標準を念頭において仮想化技術を広めてきた会社のようだ。400 万人の PC ユーザーと 2 万の法人に支えられているというのは大きな実績だろう。

virtualization.info のインタビューでも、Raghu Raghuram は「mission-critical」ということばを使っているが、ユーザーの9割が生産現場(年中無休で中断やミスが許されない)に関わるものだということが同社ソフトに対する信頼性の高さを窺わせる。

マックの仮想化ソフトの世界も、先頭を走る新規参入の Parallels、近日中に参入することを示唆した老舗の VMware、まだ態度を明らかにしないマイクロソフトと、この三者の三つ巴の戦いになるのだろう。

マックのインテル移行がもたらした影響が徐々に姿を現している。コンピュータ世界の景色が大きく変わろうとしているようだ。

      *      *      *

参考:

・virtualization.info:”Interview: virtualization.info interviews Raghu Raghuram” by Alessandro Perilli:6月20日
・Macworld UK:”VMWare hints at Mac plans” by Jonny Evans:6月22日
・Mac Rumors:”VMWare On Mac OSX Coming?“:6月22日
・USA TODAY:”Mac and XP: a virtual moot issue?” by Kevin Maney:4月6日
・Mac Rumors:”Apple, Parallels, VMWare and Microsoft“:4月10日

Technorati Tags: , , , ,