maclalalaweblog

2007年 5月 29日

YouTube を有名にした10のビデオ

Filed under: ビデオ — shiro @ 19:24
Tags: ,

stephen_colbert

だいぶ前になるが Forbes が YouTube を有名にした10のビデオを選んでいる。

あなたはいくつご存知だろうか。

Forbes:”Ten Videos That Made YouTube Famous” by John Giuffo:4月30日

Forbes:”In Pictures: 10 Videos That Made YouTube Famous“:4月30日

      *      *      *

YouTube 現象

2005 年にビデオを掲載し始めたとき、YouTube は主としてホームビデオ投稿の場だった。しかし人気が爆発すると、読者はありとあらゆるビデオを投稿し始めた。古いテレビ番組、新しいテレビ番組、ミュージックビデオ、政治宣伝、DIY ドキュメンタリー、ドラマ、コメディ、その他一過性のもろもろ・・・

When it first began hosting videos in November 2005, YouTube was primarily a venue for posting and viewing homemade clips, but as its popularity exploded, users started posting all kinds of old and new television shows, music videos, political ads and DIY documentaries, dramas, comedies and other ephemera…

つぎの10のビデオ(順不同)は、「YouTube 現象」(YouTube phenomenon)の典型的な例だ。大部分は YouTube の「最大視聴」、「お好みトップ」リストから選んだ。視聴率がそれほどないものあるが、それ自体よく知られているものだ。あるものは YouTube のコメディ能力を裏書きしてユーモアがある。また、ほかのものは深い感動を与え、また才能を発掘する。このどれもが YouTube を成功に導くのに大きく与っており、そして我々がメディアを消費するやり方をすっかり変えてしまったのだ。

What follows are 10 videos–in no particular order–that exemplify the YouTube phenomenon. Many are culled from the “Most Viewed” and “Top Favorites” lists that YouTube maintains. A few are less viewed but still notorious in their own right. Some of them are funny, underlining YouTube’s comedic strengths. Others show impressive emotional depth and talent. But all of them have helped contribute to the site’s success and changed the way we consume our media.

うれしいことにこのリストは、今でも変化し続けている。YouTube のずっと奥深いどこかに、まだ発見されていない未来の大ヒットが隠れていて、あなたのクリックを待っているのだ。

The best thing about this list is that it’s ever-changing. Somewhere, down there in the bowels of YouTube, is an as-yet-undiscovered future greatest hit, and it’s waiting for you to click on that small blue link.

      *      *      *

10のビデオリスト

John Giuffo が順不同で掲げたリストはつぎのようなものだ。まだご覧になっていないものがあったら、ぜひ改めてご覧ください。

ビデオに添えられた Giuffo の解説(Forbes In Pictures)が実に簡にして要を得ていて、それだけでも一読の価値がある。併せてお読みください。

1. Saturday Night Live’s “Lazy Sunday”

lazysunday1

テレビ番組投稿のはしり。

Forbes In Pictures:”Saturday Night Live’s ‘Lazy Sunday

YouTube Video:”Lazy Sunday

2. “Hillary 1984”

アンチヒラリーキャンペーンの「1984 年」マッシュアップ。

Forbes In Pictures:”Hillary 1984

YouTube Video:”Vote Different

3. OK Go, “Here It Goes Again”

ミュージックビデオのひとつ。クセにならないように注意。

Forbes In Pictures:”OK Go, ‘Here It Goes Again’

YouTube Video:”OK Go, ‘Here It Goes Again’

4. Avril Lavigne, “Girlfriend”

avril_lavigne1

ミュージックビデオ。未成年者でも YouTube の人気投票に参加するできることを示した。

Forbes In Pictures:”Avril Lavigne, ‘Girlfriend’

YouTube Video:”Avril Lavigne – Girlfriend

5. “Guitar”

なんの飾り気もない自演ものだが、とにかくギターがすごい。

Forbes In Pictures:”Guitar

YouTube Video:”guitar

6. “Evolution Of Dance”

オモシロ芸人もの。一芸もここまで秀でると・・・(「気分転換:映像ラ・ラ・ラ」参照)

Forbes In Pictures:”Evolution of Dance

YouTube Video:”Evolution of Dance

7. Pokemon Theme Music Video

口パク芸。ただ有名になりたいがためのスターを生んだ。

Forbes In Pictures:”Pokemon Theme Music Video

YouTube Video:”Pokemon Theme Music Video

8. Lonelygirl15: “First Blog / Dorkiness Prevails”

ロンリーガール第一作。

Forbes In Pictures:”Lonelygirl15: ‘First Blog / Dorkiness Prevails’

YouTube Video:”First Blog / Dorkiness Prevails

9. Stephen Colbert at the 2006 White House Correspondents’ Association Dinner

bush

大統領をコテンパンにやっつけて有名になったスティーブン・コルベア。YouTube ではもう見れない。(「二人の大統領」参照)

Forbes In Pictures:”Stephen Colbert at the 2006 White House Correspondents’ Association Dinner

Google Video:”Colbert Roasts President Bush – 2006 White House Correspondents Dinner

10. Free Hugs Campaign

「愛と抱擁」の共感ビデオ。(「心を打つプレゼン」参照)

Forbes In Pictures:”Free Hugs Campaign

YouTube Video:”Free Hugs Campaign. (music by Sick Puppies album out April3)

      *      *      *

単なるおもしろビデオの域を超えたものが多いことに改めて気付く。

同じようにして、日本で YouTube を有名にしたビデオのリストを作ってみたらどうなるだろうか・・・

Technorati Tags: ,

広告

2007年 5月 23日

「1984」を紹介する Steve Jobs

映画「Blade Runner」を撮ったばかりの Ridley Scott が制作、たった一度しか放映されなかったアップルの伝説的コマーシャル「1984」の紹介ビデオが見つかった。それも Steve Jobs 自身が紹介しているものだ。

TUAW:”Found Footage: Steve introduces the ‘1984’ ad” by Dave Caolo:5月22日

YouTube Video: “1983 Apple Keynote” | Added:  March 04, 2007 | From:  misha1035

      *      *      *

彼(か)の有名なるアップルのコマーシャル「1984」を紹介するすばらしいビデオだ。1984 年のスーパーボウルで放映される一週間前のもので、マッキントッシュチームと思われるにぎやかな聴衆に向けたものだ。彼らはとても気に入ったようだ。

Here’s a great video of Steve introducing the famous “1984” ad to a boisterous crowd (we’re guessing the Macintosh team) a week before it aired during the 1984 Super Bowl. I’d say they liked it.

もし Steve の得意なことをひとつ挙げるとすれば、それは説得力のあるスピーチをすることだろう。

If Steve’s good at one thing, it’s making a persuasive speech.

      *      *      *

この記事には読者の書き込み(Comment #3 by cuda440)があって、株主総会のときだったという。

追記:株主総会だった

読者の cuda440 が知らせてくれた。「これは 1984 年1月の株主総会のときのものだ。クパチーノのデアンザカレッジ、フリントセンターだ。私自身その場にいたので知っている。同僚のアップル従業員のほとんどが出席した。明らかに MacWorld より前だ。主な製品発表は株主総会で行ったものだ。」

Update: Reader cuda440 says, “That was at the January 1984 annual shareholder’s meeting, held at the Flint Center, De Anza College, Cupertino. I know because I was there, as were nearly all of my fellow Apple employees. Obviously this was before MacWorld, and the shareholder’s meeting was where major product announcements were made.”

スゴい! cuda440、教えてくれてありがとう。

Cool! Thanks for the info, cuda440!

      *      *      *

さらには、別の書き込み(Comment #8 by Z)もあって、いやハワイでのセールス会議だったという。[注:Wikipedia の解説と合致する]

追記2:いやハワイのセールス会議だった

これは本当は株主総会の数か月前、ホノルルで開かれたアップルセールス会議(Apple Sales Meeting)で撮影されたものだ。「先頭を切って」(Leading the Way)が会議のテーマで、導入部の曲はこのイベントために特別に作曲されたものだ。この会議に参加したのはアップルのセールス部隊、アップルの幹部、新製品開発に関係した従業員、それに広告エージェンシーの Chiat/Day チームだった。

Acutally, this was shot at the Apple Sales Meeting held in Honolulu in the Fall of 1983, several months prior to the shareholder’s meeting. The theme of the sales meeting was “Leading the Way” and the lead-in music was specially written for the event. Attending this meeting were Apple’s sales force, Apple management, employees who were involved with new product introductions, and the Chiat/Day agency team.

セールス部隊の大部分が、アップルの流通チャンネルのディーラーたちだった。IBM がチャンネルを排除したため、たくさんのディーラーがアップルに戻ってきたと Steve が強調したとき、聴衆が大きな反応を示すのが聞き取れる。株主総会ならこんな反応はない。

Apple’s sales force was predominantly dealer channel oriented; you can hear how strongly the audience reacts when Steve highlights how dealers are increasing turning back to Apple as IBM is alienating the channel. Clearly not the type of reaction you’d hear at a shareholder’s meeting.

      *      *      *

何の会議だったにせよ、IBM がなぜビッグブラザーなのか、Jobs の説明を聞くと納得できる。

二十歳代の Steve Jobs は、既にこの時点でプレゼンテーションの天才だった。

それにしてもなんと若々しく、自信に満ち溢れていることか・・・

マックファンにとって必見のビデオだ。

Technorati Tags: , , , ,

(more…)

2007年 4月 23日

懐かしの70年代:Terry McMillan

Filed under: ビデオ,音楽 — shiro @ 22:24
Tags: , , , ,

terry_mcmillan

いまは亡き Terry McMillan のハーモニカ。

むせぶが如く、泣くが如く、ただすばらしい・・・

ナッシュビルで Chet Atkins に見いだされ、しばらくは彼と組んだ。

このビデオは 1978 年のライブ。ぴったりと息の合ったところを見せる。

YouTube Video:”Chet Atkins & Terry McMillan ‘Don’t Think Twice It’s Alright’“[03:39]| Added February 03, 2007 | From: PrancinFilly
YouTube Video:”Chet Atkins – ‘Don’t Think Twice It’s Alright’

Chet Atkins のギターと Terry McMillan のハーモニカ。夢の競演だ。

chet&terry

YouTube では70年代のこんなビデオも見つかるのだからうれしい。

Technorati Tags: , , , ,

(more…)

2006年 12月 17日

懐かしの70年代

久しぶりに The Pointer Sisters を聞いた。

というか、YouTube で見たのだけれど・・・

YouTube Video:”Pointer Sisters With Gaylord Birch“:6月27日

1974 年のライブで、とてもノッてる。一緒の Gaylord Birch のドラムソロもいい。

実の4人姉妹で、リードボーカルは長女 Ruth だったと思う。最初のヒットが “Yes We Can Can” だったはず。

pointersisters1

70年代の雰囲気が蘇ってきたみたいだ。

      *      *      *

付記(12月23日)

ほかにも The Pointer Sisters のビデオがあった。1978年の「Fire」だ。

YouTube Video:”The Pointer Sisters – Fire (1978) HQ

YouTube Video:”The Pointer Sisters – Fire (1979)

3番目のボニーが抜けたあと、トリオとなった Sisters が最初に取り上げたプルース・スプリングスティーンの曲。彼女らの最高のヒットになった。

fire1

あのリズムとメローなボーカルがたまらない。

Technorati Tags: , , , ,

2006年 11月 2日

心を打つプレゼン

53

歴史的キーノートなど、Jobs のプレゼンテーションについて書いている Garr Reynolds 氏が、また素晴らしいプレゼンテーションを紹介している。

Presentation Zen:”Inspiring visual presentations” by Garr Reynolds:10月18日

      *      *      *

素晴らしい二つのビデオ

二つのビデオによるプレゼンテーションがある。二つとも強力な映像とテキストと音楽を使っている。ナレーションはない。最初は、力強く大きなイメージにテキストを添えるとどうなるかということを示す素晴らしい例だ。テキストはイメージの近くに添えられているのではなく、イメージの中にある。二つ目のプレゼンテーションは、非常にシンプルなことを伝えているが、私の好きな肯定的メッセージが添えられている。

Here are a couple of video presentations of a different sort. Both employ the use of strong visual elements, text, and audio; neither has narration. The first one is a great example of what can happen if you combine powerful, large images with text — text that is *in* the image not just near it. The second video presentation tells a very simple story with a positive message that I just love.

      *      *      *

Miniature Earth

bank

The Miniature Earth Project ::: since 2001

これに似たものを過去に見たことがあるかもしれない。この「小さな地球」(Miniature Earth)のオンラインスライドは、ハイクオリティ、フルスクリーンの映像がテキストと一体化したときどんなに効果的になるかということを示す素晴らしい例だ。ナレーションはついていないが、このスライドと一緒に誰かが話しかけているのを想像することができる。三か国語のプレゼンテーションへのリンクを付けたおいた。テキスト以外はどのスライドも同じだ。

You may have something similar to this in the past. This on-line slide presentation from Miniature Earth is a wonderful example which demonstrates the effectiveness of high-quality, full screen images combined with text. There is no narration with this, but you can imagine a speaker giving a talk with slides of this sort. Below are the links to the presentation (in three languages) and some sample slides. The slides are the same except for the language of the text.

John Lennon の音楽を付けた YouTube 版もあるが、これはまた違った感じがする。

There is a YouTube version with a John Lennon sound track for a different effect.

      *      *      *

無料のハグ(Free Hugs

YouTube Video:”Free Hugs Campaign. Inspiring Story! (music by sick puppies)“:9月22日

もうひとつのプレゼンテーションはとても違ったタイプだ。ビデオと、ほんの少しのテキストと、そして音楽が、見た目に、そして心に、シンプルで、忘れられない、心を打つ物語を語る。私はこのミュージックプレゼンテーションがとても好きだ。まったく加工しておらず、とてもシンプルで、とても効果的だ。ご覧になってください。

The next presentation is of a very different sort. This presentation uses video, a bit of text, and a song to visually and emotionally tell a simple, memorable, and inspirational story. I absolutely love this music video presentation. Very raw. Very simple. Very effective. Enjoy.

      *      *      *

「もし地球が100人のひとが住むムラだったら・・・」で始まるプレゼンテーション。

「Miniature Earth」も「Free Hugs」も、明快なメッセージが込められていることがその素晴らしさの秘密だ。

こんなプレゼンテーションの真似事でもできたらいいなあと思う。

Garr Reynolds 氏のいうとおり、ぜひご覧になってください。

Technorati Tags: ,

2006年 8月 26日

Back to the Future: 1997

future

以前プレゼンテーションについてすばらしい記事を書いた Garr Reynolds 氏が、また Steve Jobs について書いている。

Presentation Zen:”Steve Jobs and the summer keynote” by Garr Reynolds:8月11日

      *      *      *

ご承知のとおり、月曜日、サンフランシスコのモスコーニセンターで、Steve Jobs は 2006 年度の WWDC キーノートを行った。すでに沢山の記事が書かれているのでここでは繰り返さない。Steve の正統派のやり方については何度も何度も書いてきた。彼は最高だ。それなのに、沢山のひとがキーノートの内容についても、プレゼンテーションのやり方についても失望したというのは興味深いことだ。私としては奇妙に感じるが、驚くべきことではないのかもしれない。確かにこれまでに比べ、2006 年の WWDC のキーノートはいささか精彩を欠いたかもしれない。しかし、それは彼(ら)がいつもいまいましいほどうまいからだ。全体的にみて、やはり卓越した例だったといいたい。大勢のひとに向かって、如何に材料を発表し、短いデモを行うかというすばらしいお手本だ。他の会社のキーノートと比べてほしい。たいていひどいものだ。月曜日に Jobs とその仲間たちは立派にやってのけた。月曜日のキーノートについては、Macworld の Chris Breen が大変すばらしい記事を書いている。また、Les Posen のコメントも興味深い。

jobs_execs

As you know, Steve Jobs gave his WWDC ’06 keynote presentation Monday at the Moscone Center in San Francisco. Many people have written about it, so I won’t go in to any depth here as I have talked about Steve’s authentic approach many, many, many times before. He’s the best. Interestingly, many in the media were disappointed in the keynote, both the content and the delivery of the presentation. I find this odd, but I guess I should not be surprised. Sure, the WWDC ’06 keynote may have paled a bit when compared to other Jobs keynotes, but that’s just because they (and he) are always so friggin’ good. All ‘n all, I’d say it was still another great example of how to run short demos and present material to a very large room. Compared to the majority of corporate keynote addresses, which are dreadful, Jobs and his staff did a good job Monday. Here’s the most intelligent piece on Jobs’ keynote Monday by Macworld’s Chris Breen. (Also interesting comments by Les Posen).

      *      *      *

今年の夏のキーノートについて触れる代わりに、Steve Jobs のキーノートで、多分あなたが(お聞きになったことはあるかもしれないが)ご覧になったことがないものについてお話したい。・・・ 1997 年夏のことだ。窮地に立たされたアップルに Steve Jobs が戻ってきた。まだ、CEO ではなかった。Gil Amelio が身を引いた後、CEO や会長はまだ決まっていなかった。(その後誰がなったかはお分かりだろう。)ボストンで 1997 年に Macworld が行われたとき、アップルはまったく先行き不透明だった。当時のメディアは、アップルはもう終わったと思っていた。忠実なるマックファンですら、技術的なことが分かり、ブランドの何たるかが分かるひとは心配し始めていた。この Wired マガジンの表紙が一番よく物語っていると思う。そんな中で Steve Jobs は、35分の Macworld キーノートを行ったのだ。とくに魅力的な製品発表があった訳でもなかったが、これまで Macworld で Steve Jobs が行った一番いいスピーチのひとつだ。

jobs

Instead of talking about this summer’s keynote, I’d like to point you to a Steve Jobs Macworld keynote you probably have never seen, though you may have heard about it… In the summer of 1997, Steve Jobs was back in the saddle again at the “beleaguered” Apple, though not yet as CEO. In fact, no CEO or Chair had been named yet since Gil Amelio was asked to step down (guess who would eventually take these titles). At the time of Macworld Boston in 1997, Apple’s future was not at all certain. The press thought they were dead, and even Mac loyalist who knew the technology and what the brand meant were beginning to worry. Perhaps this Wired magazine cover sums it up best. In this context, then, Steve Jobs delivered a 35-minute Macworld keynote address. No sexy product launches, but one of the best talks by Steve Jobs at a Macworld ever.

このプレゼンテーションは、これからお話するように、いくつもの点で歴史的なものだった。私がとくに好きなのは、(私の左脳を満足させるほど)短く、論理的かつ理にかなったもので、それと同時に(私の感情を満足させるほど)希望と共感と、そして未来に対する明るい気持ちに満たされたものだったことだ。出来のいいビデオがいいタイミングでキーノートに挿入されて、彼のメッセージに力と真実味を与えた。プレゼンテーションを行うひとは、戦略的に十分に練られ、かつ内容的に関連のあるビデオをプレゼンテーションで使ってほしいと思う。

boston

… This presentation is historic, for more reasons than one, as you will see. But I like it most because it’s short, logical and reasonable (satisfying my left brain), and yet filled with hope, empathy, and optimism (satisfying my whole mind). The use of a well-made video in the middle of the keynote was well placed and added strength and credibility to his message. I wish other presenters would make better use of strategically placed relevant videos within their presentations.

Jobs は、司会の「満場のみなさん、Jobs 氏をご紹介するのはまことに光栄です」ということばに続いて、「おはよう」と短く切り出す。今見ても、私はそこが好きだ。なにか不都合があるといっているのではない。シンプルで控えめな Jobs の始め方が好きなのだ。Jobs は舞台に(たいてい満場の拍手を受けながら)足を進め、そして語り始める。他の有名な CEO の始め方がいかに禅の簡潔さにふさわしくないものか比べてほしい。

…. Today, I like the fact that Jobs starts his presentations with a simple “good morning,” rather than the usual “Ladies and gentlemen, please welcome….” over the PA and the “It’s an honor to be here…” from the presenter. I am not suggesting there is anything wrong with this, but I like the simple and humble beginnings of the Jobs keynote; he just walks on stage (often to thunderous applause) and gets started. Contrast this to the more unzen-like introductions of some other famous CEOs.

1997 年のキーノートの最後のところが私は一番好きなだ。ビデオの36分目の Jobs の結びのことばを聞いてほしい。彼がここで語ったことの真髄は、その後受賞に輝く「Think Different」キャンペーンで何度も何度も繰り返されることになる。(「Behind “Think Different”」は大変よく書けているので、ブランド戦略に興味のある方は是非読んでほしい。)Jobs の結びのことばの一部を次ぎに掲げる。

Mt favorite part of the 1997 keynote is at the end. Go to the 36:00 min mark to hear Jobs conclude his talk. The essence of what he says here will play out over the next year in the award-winning Think Different campaign. (Read Behind “Think Different” — excellent stuff for those interested in branding or marcom). Here’s an excerpt from Jobs’ closing comments:

think_different

今でもアップルコンピュータを買うには、みんなと違う考え方をする必要がある。アップルコンピュータを買うひとはみんなと違った考え方をする・・・ 彼らこそこの世におけるクリエイティブな精神なのだ。ただ仕事さえすればいいというのではない。彼らは世界を変えるのだ・・・ 多くの場合、みんなは彼らのことをクレージーだと考える。しかしそのクレージーさの中に、われわれは天才を見る。そして、そういうひとたちのためのツールをわれわれは作っているのだ。(1997 年 Macworld、Steve Jobs)

“…You still have to think differently to buy an Apple computer. The people who do buy them do think differently…they are the creative spirits of this world. They’re the people who are not just out to get a job done, they are out to change the world…A lot of times people think they’re crazy. But in that craziness, we see genius. And those are the people we’re making tools for.”

— Steve Jobs, Macworld 1997

もしこれが、あなたの耳には傲慢に聞こえ、あるいは古びた宣伝文句としか聞こえないというのなら、あなたはアップルとその忠実なユーザーについてよく理解していない。確かに Jobs は文章をよく練ったかもしれない。しかし彼は、文章をそのまま読んだり、暗記した文章を繰り返したりはしなかった。すくなくともそうは見えなかった。そして、そこが大事なのだ。彼は腹の底から、心の底から語っているようだった。アップルがどん底にあったとき、そのとき彼はボストンの舞台で語った。そして Jobs のスピーチは、忠実なユーザーたちがまさにそのとき必要としていたものを与えたのだ。厳しい現実の認識と、将来の計画と、そしてインスピレーションと信頼だ。忠実なユーザーがアップルの大義に身を委ねたことが無駄ではなかったと語りかけるものだ。その後九年経って、これほど立派にアップルが成し遂げるとは誰も想像し、予測することができなかった。Jobs と忠実なマックユーザーを別にすれば・・・ 彼らはそうなることを知っていたのだ。そうじゃないか。

If you think this sounds like hubris or just plain old marketing crappola, then you don’t really understand Apple and its loyal base. Perhaps Jobs planned these words out, but he was in no way reading them or repeating a memorized script, at least it did not appear that way (which is the point). It came across as coming straight from his gut, from his heart. He spoke on that stage in Boston at a time when Apple was at one of its lowest points. And yet Jobs’ presentation gave the loyal base exactly what they needed then: a hard dose of reality coupled with a plan, and an injection of inspiration and confidence that said the loyal users’ commitment to “the cause” was not in vain. Nine years later, I’d say Apple has done even better than anyone had dreamed or predicted, except, of course, for Jobs and the Mac faithful. They knew it all along (right?).

      *      *      *

Jobs の歴史的キーノートもすばらしいが、Garr Reynolds 氏の文章もすばらしいと思う。この文章自体がすばらしいプレゼンテーションだ。

Garr Reynolds 氏は、心底マックファンなのだろう。

1997 年の歴史的キーノートを、YouTube で是非ご覧いただきたい。

YouTube:”Macworld Boston 1997 – Full Version“:2006年3月6日

こんな歴史的資料までみつかる YouTube は、最早おもしろテレビの域を抜け出してきているようだ。

      *      *      *

参考:

・Presentation Zen:”Steve Jobs and the summer keynote” by Garr Reynolds:8月11日
・YouTube:”Macworld Boston 1997 – Full Version“:2006年3月6日

Technorati Tags: , , , , ,

2006年 5月 21日

気分転換:映像ラ・ラ・ラ

Filed under: ビデオ,ユーモア — shiro @ 08:50
Tags: , ,

wow

アップルやマックの話題が目白押しでパンクしそうだ。

こんなときは気分転換が必要だ。

・・・というわけで、なんとなくおかしいビデオを集めてみました。

◆ Google Video:”Reklama z domieszk? pikanterii“:5月3日[30 sec]

うーん、カッコいい!

     *     *     *

dalmation

◆ Google Video:”Dalmation dog riding a bike in Japan“:4月6日[42 sec]

乗るところが様になっている!

     *     *     *

beckahm

◆ Google Video:”Pepsi – Bavarians vs. Professionals“:4月13日[1 min 59 sec]

ベッカムやロナウジーニョも大活躍?

     *     *     *

dancedance

◆ Google Video:”The Evolution of Dance“:5月10日[5 min 59 sec]

振りでこれだけこなせれば・・・

Technorati Tags:

2006年 5月 3日

二人の大統領

Filed under: ひと,ビデオ,ユーモア — shiro @ 16:42
Tags: , , ,

2presidents

YouTube Video:”Two Presidents“:4月30日

喋らないとどちらが本物か分からないほどだ。

aud2

ホワイトハウス記者クラブの夕食会。(White House Correspondents’ Association Dinner)

2bush

大受けでおもしろそうなのだが、肝心のオチや決め台詞(ぜりふ)が分からないのでもどかしい。

aud1

long tail world の satomi 氏のところならと思って覗いてみたが、まだ上梓(じょうし)されていないようだ。

どこかでこのビデオのスクリプトが分かるといいのだが・・・

     *     *     *

追記:ビデオが削除された(5月4日午後2時)

YouTube のサイトから上記ビデオが削除された。

「このビデオは著作権侵害により削除されました」(This video has been removed due to copyright infringement.)というメッセージを残して・・・

「Two Presidents」と同じ内容のビデオがいろんなタイトルでほかにも投稿されていたが、それも全部削除されている。

colbert

実は、ホワイトハウス記者クラブ晩餐会には、この他にも Comedy Central の Stephen Colbert が登場して大統領について語った。

◆ YouTube:”Colbert Roasts Bush 1-3“:4月30日

全三部作のビデオで、「Two Presidents」よりはるかに強烈なものだ。

いつも風刺の対象となる大統領を目の前にして、グサリとやったのだ。

特に世論調査での大統領の人気について述べた下りはすごかった。

“Now I know there’s some polls out there saying this man has a 32-percent approval rating,” Mr. Colbert said a few moments later. “But guys like us, we don’t pay attention to the polls. We know that polls are just a collection of statistics that reflect what people are thinking ‘in reality.’ And reality has a well-known liberal bias.”[New York Times]

さすがに最後の頃には、大統領の笑いも凍りついてきたという。

晩餐会後、ブログでも盛んに取り上げられたようだが、ニューヨークタイムズの記事が詳しい。

New York Times:”After Press Dinner, the Blogosphere Is Alive With the Sound of Colbert Chatter” by JACQUES STEINBERG:5月3日

Gawker:”Stephen Colbert, Greatest American Hero?“:5月2日

YouTube からは、Stephen Colbert のビデオもきれいさっぱり消えてしまった。

backsoon

それだけではない。YouTube を開いても、いまは「We’ll be back soon… 」というサインしかない。

     *     *     *

追々記:(5月6日)

楽しみにしていた記事が long tail world に載った。同時に satomi 氏からトラックバックとコメントをいただいた。

long tail world:”マスコミとブロガーの直接対決?コルベア暴言報道:Was Colbert Funny or Not?“:5月4日

colbertvideo1

さすがに satomi 氏はスゴい。

YouTube から削除された Stephen Colbert のビデオを早速探し出してこられた。

Colbert 発言の全文も、また ABC のニュースビデオも揃っている。

それに、Technorati の様子や火付け役となったスクープ記事、問題発言の要旨と至れり尽くせりだ。

ご興味のある方は、是非とも long tail world を覗いていただきたい。

また、「SEVEN DEGREES」という素晴らしいサイトを紹介していただいたのもありがたい。

SEVEN DEGREES:”なんちゃってジャーナリズム vs リアル・ジャーナリズム“:5月2日

なかなかユニークなブログのようで、訪れる楽しみが増えた。

satomi さん、ありがとうございました。

     *     *     *

さらに追記:(5月13日)

bushbush

YouTube から削除されたホワイトハウス記者クラブ晩餐会(2006 White House Correspondents Dinner)の C-SPAN ビデオが戻ってきた。

◆ Google Video:”President Bush Impersonation – 2006 White House Correspondents Dinner“:4月29日[11 分 24 秒]

Steve Bridges が Bush 大統領の物真似をして本音を語る

◆ Google Video:”Colbert Roasts President Bush – 2006 White House Correspondents Dinner“:4月29日[24 分 10 秒]

スティーブン・コルベア(Stephen Colbert)の問題発言

◆ Google Video:”2006 White House Correspondents Dinner with Stephen Colbert“:4月29日[1 時間 35 分 17 秒]

ホワイトハウス記者クラブ晩餐会の全容

◆ Google Video:”Google Current Cantaloupe“:5月2日[3 分 46 秒]

グーグルサーチのトップにきた「C-SPAN」や「Stephen Colbert」について

Technorati Tags: , , ,

2006年 4月 12日

Yamakasi

Filed under: ビデオ — shiro @ 23:44
Tags: , ,

Yamakasi のビデオを二つ。とにかく動きがスゴイ。

“Banlieue 13” opening chase [HQ] | YouTube

◆ Yamakasi 1 | YouTube

日本語と間違えられることが多いが、「ヤマカシ」(Yamakasi)とは「超人」を意味するリンガラ語。

どんなスペースでもできる遊びということで考え出された壁登りやジャンプが、次第により高く、速く、遠くへ、そして美しくと、進化していった。

リュック・ベッソンは、1999 年の 「TAXi 2」でパフォーマンスグループ「YAMAKASI」を起用。後に彼ら自身を主人公にした物語をつくった。

Technorati Tags: ,

2006年 1月 29日

QuickTime でウインドウズの動画が見れる Flip4Mac

Filed under: ソフトウェア,ビデオ — shiro @ 23:07
Tags: , ,

映像、とくに動画は苦手だ。よそのサイトに教えを乞うている。

Flip4Mac

1月24日、マックの QuickTime でウインドウズの動画を再生できるプラグイン Flip4Mac の話題が Fresh News Delivery 氏のサイトに載った。

Fresh News Delivery:”QuickTimeでWindows Mediaを再生する“:1月24日

早速ダウンロードして試してみたら、海外サイトの動画や Webcast が見れるようになった。Fresh News Delivery 氏に感謝!

実は、これまで Windows Media Player を必要とする動画の再生は諦めていた。マック版 Windows Media Player の開発打ち切りのニュースもそのまま見過ごしていた。

開発打ち切りの背景や、その代わりに準備された Flip4Mac のインストール方法については、映像に強い Solid Inspiration Blog 氏の解説が詳しい。

Solid Inspiration Blog:”MicrosoftMacWindows Media Playerの開発を停止“:1月14日

ウインドウズの WMV ファイルさえ見れればいい筆者にとって、当面これで十分だ。一応 weekly update も出来る設定になっている。

マイクロソフト自らではないにせよ、Telestream社をを通じて手立てが講じられたことはありがたい。無料なのがなりよりだ。

otellini-2

気になっていた CES のキーノートの Webcast も、これでやっと見ることができた。

インテル Paul Otellini のキーノート

グーグル Larry Page のキーノート

参考:

Flip4Mac

・Flip4Mac のダウンロード → Flip4Mac: Digital Media Tools for the Macintosh
・Fresh News Delivery:”QuickTimeWindows Mediaを再生する“:1月24日
・The Unofficial Apple Weblog:”Microsoft offers Flip4Mac for free” by Scott McNulty:1月11日
・lifehacker:”Play Windows media with Quicktime“:1月11日
・MacSlash:”Flip4Mac – Free WMV Playback In QuickTime” by Trollaxor:1月17日
・digg:”Microsoft distributes Flip4Mac for OSX” by seanm:n.d.

マック版 Windows Media Player の開発打ち切り

・Solid Inspiration Blog:”MicrosoftMacWindows Media Playerの開発を停止“:1月14日
・AppleInsider:”Microsoft ends development of Windows Media Player for Mac“:1月13日(silvervine の定点観測所:”Microsoft Windows Media Player for Mac の開発を終了“:1月14日)
・CNET:”Music stops for Mac Windows Media Player” by Ina Fried:1月12日(和訳「MSMacWindows Media Playerの開発を打ち切り提供は継続へ」1月13日)
・Macin’ Blog:”MacWindows Media Playerの開発を打ち切り!“:1月13日
・気になる、記になる…:”MicrosoftMacWMPも切り捨てへ“:1月12日

レビュー

・Macworld:”WMP, begone!” by Dan Frakes:2005年11月9日
・Macworld:”Flip4Mac WMV Studio Pro 1.0.6” by Jim Heid:2005年9月1日

Technorati Tags: ,