maclalalaweblog

2007年 6月 8日

新デザインの iMac は出る、出ない

himac_r16c

[New iMac? – Isamu Sanada]

WWDC をあと数日に控えて、Think Secret と AppleInsider が久しぶりにがっぷり四つに組んでいる。

新しいデザインの iMac が WWDC で登場するかどうか、予想が真っ二つに割れているのだ。

Think Secret:”Brushed aluminum iMac due next week“:7月7日

      *      *      *

ブラッシュアルミニュームの iMac 登場

アップルは、新しい iMac のラインナップを来週披露する準備が整ったようだ。このひと月でマックのアップグレードは3度目となる。予想的中率の高い信頼出来る情報筋によれば、新しい iMac はブラッシュアルミニュームの筐体を採用し、6月11日の WWDC 当日ないしはその直近に発表する狙いを定めているという。

June 7, 2007 – Apple is poised to deliver its third Mac revision in less than a month next week when the company takes the wraps off its new iMac line. Sources with reliable track records report the new iMac, wrapped in a brushed aluminum enclosure, is currently tracking for release at or around Apple’s Worldwide Developers Conference on June 11.

      *      *      *

MacBook Pro と共通の部品

iMac がインテルマックとして 2006 年1月に登場して以来、内部部品の多くはMacBook Pro と共通仕様になっている。ということは、先週アップグレードされた MacBook Pro の改良点を当然 iMac も享受できるということだ。インテルの Santa Rosa アーキテクチャの実装も含まれ、これによって、フロントサイドバス(front-side bus)はこれまでのものより20%速く、スピードは 2.4 GHz にも達する可能性がある。

Since the inception of Intel-based systems in January 2006, the iMac platform has shared many of its internals with the MacBook Pro, meaning the new iMac will surely benefit from the same improvements the MacBook Pro received earlier this week. This includes the implementation of Intel’s new Santa Rosa architecture, which features a 20 percent faster front-side bus than the outgoing models and processor speeds up to 2.4GHz.

      *      *      *

17インチモデルはなくなる

前にも述べたように、17インチモデルは新しい iMac のラインナップからは消えて、20インチと24インチモデルだけとなる。現在 1499 ドルの20インチモデルの価格は下がると思われるが、それでもエントリーレベルの17インチモデル(999 ドル)までは下がらないだろう。

As previously reported, the 17-inch model will not be included in the new iMac line-up, which will feature models with 20-inch and 24-inch displays only. Prices will drop accordingly on the models with larger displays, which current start at $1,499 for the 20-inch, but they are not expected to match the outgoing 17-inch Mac’s $999 entry-level price point.

      *      *      *

高級モデルとしての位置づけ

iMac の新しい筐体は、アップルのハイエンドシステムによりマッチしたものとなるだろう。アップルは iMac をより高級モデルとして位置づけし直そうとしているからだ。

The iMac’s new enclosure will better match that of Apple’s high-end systems as the company repositions the iMac as a more premium offering.

      *      *      *

Cinema Display

来週の WWDC では Mac OS X 10.4.10 のアップデートが予定されているが、併せてこの機会に23インチの Cinema Display を iMac と同じパネルを使う24インチモデルに入れ替えるかもしれない。

Also expected at WWDC next week is the Mac OS X 10.4.10 update, while Apple may also take advantage of the timing to replace its 23-inch Cinema Display with a 24-inch model that uses the same panel as the iMac.

      *      *      *

一方、これに対して AppleInsider は否定説を掲げる。Think Secret と異なる論点はつぎのとおり。

AppleInsider:”Poor bets placed on new iMacs at Apple’s developer conference” by Kasper Jade:7月6日

      *      *      *

WWDC での発表はない

この件に詳しいソースによると、アップルで一番売れ行きのよいコンシューマデスクテップマシン[iMac]の徹底的オーバーホールは今年後半を目途に進行中だが、月曜日の WWDC にはまだ時期尚早で、現行モデルの売れ行きを損なう恐れもり、発表はないだろうという。

People familiar with the matter say an extensive overhaul to the top-selling Apple consumer desktop machines remains on track for an unveiling later this year, adding that an introduction during company’s Worldwide Developer Conference on Monday would be premature and serve only to disrupt sales of existing models.

「アップルが、新しい iMac を入手可能になる何か月も前に発表しなければならない必然性はない」とマックメーカーの家電商品戦略に詳しい別のコンタクト先はいう。「iMac にはまだ寿命が残っているようだ。」

“There’s no compelling rationale for [Apple] to pre-announce new iMacs months in advance of availability,” said another contact familiar with Cupertino-based Mac maker’s consumer product strategy. “The current iMacs appear to have some life left in them.”

      *      *      *

WWDC では Leopard に集中する

その代わりアップルは、今度のデベロッパ会合では、次世代 Mac OS X Leopard の「秘密の」機能改良に的を絞るだろう。それは、昨年の会合で初めてちょっとだけ披露されて以来、事前配布のビルドが出るたびにうわさになってきたものだ。

Instead, Apple is expected to use its annual developer gathering to zero-in on “Top Secret” enhancements to its next-generation Mac OS X Leopard operating system that have been lingering beneath the surface of pre-release builds since the software was first previewed at last year’s conference.

      *      *      *

流通状況も変化なし

火曜日に MacBook Pro がアップデートされる直前のサプライチェーンの様子と違って、iMac については流通に特段の変化はなく、入手状況も普通だ。加えて、大量購入のディーラーも、かなり先までちゃんと入荷できる予定だという。

Unlike a supply-chain pattern that manifested in the weeks and days leading up to Tuesday’s MacBook Pro revamp, checks into the availability and channel flow of existing iMac models revealed no disruptions and normal availability. Additionally, high-volume dealers are expecting an uninterrupted stream of iMac shipments for the foreseeable future.

      *      *      *

よく読むと、Think Secret と AppleInsider が異なるのは、来週の WWDC で発表されるかどうかという点だけのようだ。

・ブラッシュメタルの新デザイン

・Santa Rosa アーキテクチャの採用

・17インチモデルはなくなる

などはいずれも共通だ。

こうなると iMac に大幅なデザイン変更が加えられるというのはどうも本当らしい。

では、WWDC で発表されるのかどうか。

アップルの発表は常に一歩ずつの積み重ねで、決して一度にすべてを出したりはしないこれまでの状況を見ると、AppleInsider の方に分がありそうな気がしないでもない。

      *      *      *

少し視点を変えてみよう。

WWDC 最大のテーマ Leopard の披露は、どのデモマシンを使って行われるのだろうか。

ひょっとして前触れなしに発表された8コアの Mac Pro が、Leopard の登場によって遂にその実力を発揮するのか。

それとも、Leopard 時代にふさわしい実力を備えた iMac が新たに登場するのか。

より高級モデルとして位置づけるという点がどうも気になる。

これはもう、月曜日の来るのが待ち遠しい・・・

      *      *      *

追記:

Think Secret の最新の記事には追加がある。

アップデート:情報筋はアップルが来週[iMac の]発表を行なう計画であると確信しているが、発表日時には変更があったもしれない。もしその場合には、アルミの iMac は翌週に出る可能性が高い。

Update: While sources are confident that the company’s plans have called for an announcement next week, they caution that the release schedule may have changed. If that proves to be the case, the aluminum iMacs would presumably follow in the ensuing weeks.

当初の記事に比べて Think Secret はいささか後退したようだ。いずれにせよ、あと数日すればハッキリする。

Technorati Tags: , ,

広告

2006年 4月 30日

Aperture 開発チームの大幅縮小:Think Secret の記事の波紋

Filed under: アップル,ウワサ,ソフトウェア — shiro @ 12:25
Tags: , ,

aperture_box

Think Secret がまたスクープをものにしている。アップルの株主総会を詳細に報告したのに引き続き、今度は Aperture 開発チームの大幅縮小の話だ。

Think Secret:”Aperture future in question as Apple axes bulk of team” by Ryan Katz:4月27日

Aperture は、RAWフォーマットに対応したプロ用画像管理ソフトだが、Think Secret の伝えるところでは、アップル製品としては珍しく箸にも棒にも引っかからないものだったらしい。

Aperture 開発チームのエンジニアの一部は解雇され、あるいは他部門に吸収されたが、このことからプロ用画像管理ソフトであるAperture の将来については疑問視されている。同ソフトは、これまでも激しく批判され、近年になくバグまみれのソフトだったからだ。

The move, which resulted in the departure of several engineers while others were transferred to different projects inside Apple, raises questions about the future of Aperture, Apple’s most heavily criticized and bug-ridden pro software release in recent years.

アップル内部に詳しい筋によれば、こんなことになっても驚かないという。なぜなら、Aperture の開発はアップルでもまれにみる最悪の状態で、めちゃくちゃ(mess)だったからだ。

Sources familiar with Apple’s professional software strategy said they were not surprised by the move, describing Aperture’s development as a “mess” and the worst they had witnessed at Apple.

Aperture の問題は、特定の部分だけではなく、アプリケーションそのものの基本構造に関するものなので簡単には解決できない。

Aperture’s problems stem not from any particular area that can be easily remedied but rather from the application’s entire underlying architecture.

さらに Think Secret は、開発の一部が Shake や Motion に移行されたこととも関係しており、値引きに追い込まれていることなどについても触れたほか、Aperture と競合する Adobe の LightRoom(無料ベータ版)が出現した影響も大きいと述べている。

Aperture の問題はかなり広汎に及んでいるので、バージョン 2.0 を出すためにはコードの主要な部分を完全に書き直さなければならないだろう。

Perhaps the greatest hope for Aperture’s future is that the application’s problems are said to be so extensive that any version 2.0 would require major portions of code to be entirely rewritten.

      *      *      *

RAW データを扱えるスゴいソフトとして鳴り物入りで登場した Aperture がそんなことになっていたとはつゆ知らなかった。

確かに Ars Technica のレビューをみると散々だ。

Ars Technica:”Aperture 1.0: the Ars review” by Dave Girard:2005年12月4日

バージョン 2.0 を出すためには、アップルは Aperture の基礎からいじり直さなければならないだろう。今の状態では、巨大な、カネのかかる不発弾だ。法外な値段を考えると推薦する理由はひとつもない。このレビューを読んで私がうんざりしていると思われたかもしれないが、こういう製品を出したことについて私は本気で怒っている。500 ドルもするのに、プロレベルの結果をだすという約束に失敗したのだ。舞台に登場したことは結構だった。しかし、もう舞台を降りてほしい。

Maybe by 2.0 Apple will have the foundation sorted out. At this stage Aperture is a big, expensive misfire and considering the hefty price tag, I can’t think of a reason to recommend it. Reading this review, you may think I sound jaded, but I am genuinely angry for those who shelled out US$500 for a program that promised professional results and failed to deliver. Thanks for coming out Aperture, now get off the stage.

      *      *      *

apperture

Think Secret の記事の波紋は大きく、いろんなひとがフォローアップ記事を書いている。

CNET は、Think Secret の記事をベースにほぼ同様な記事を載せている。

CNET:”Apple slashes Aperture team” by Candace Lombardi :4月27日

CNET Japan:”アップルの画像管理ソフトAperture、開発チームが早くも大幅縮小“:4月28日[河部恭紀訳]

      *      *      *

Daring Fireball の John Gruber は、大筋で Think Secret を認めながらも、アップルが Aperture から手を引くことはないだろうと述べている。

Daring Fireball:”Aperture Dirt” by John Gruber:4月28日

Aperture が書き直されなければならないという大筋においては、Think Secret の記事は正しい。しかし、Aperture の将来が疑問だという点ではまったく間違っている。

Think Secret is right that major portions of Aperture need to be rewritten, but they’re wrong that Aperture’s future is in any way “in question”.

アップル内部の話によれば、Steve Jobs が Apertureを大変気に入っているという。アップルが Aperture を開発し続けることに疑問はない。これからも Aperture のバグをとって修正するだろう。問題は、誰が、何時、如何にしてということだ。Adobe が Lightroom をもってアップルの胸元に迫っていることを考えれば、きっと可及的速やかに行われるだろう。

Word within Apple is that Steve Jobs himself is enormously enamored of Aperture. There’s no question what Apple is going to do with Aperture: they’re going to fix it. The questions are just how, who, and when. And with Adobe breathing down their necks with Lightroom, my guess to the last question is “as soon as possible”.

      *      *      *

大手誌のビジネスウィークまで、Think Secret の話に乗っている。

BusinessWeek:”Well that’s one way to use all that cash” by Arik Hesseldahl:4月28日

Think Secret の記事を引用したあと、これは Adobe がインテルマック版 Photoshop を来年前半にリリースすると発表したことと関連していると述べている。

これらの動きは、Adobe の Bruce Chizen がインテルマック用の Photoshop(マックにとって最も重要なアプリケーションのひとつ)を来年前半には必ずリリースすると確認したあとに起きている。[だから、そのことと関係がある。]

But the move comes about a week after Adobe CEO Bruce Chizen confirmed that the company will indeed develop its Photoshop application – one of the most important apps on the Mac – for Intel based Macs by the first half of next year.

Bruce Chizen が話したのは、彼が東京にいるときだったらしい。(IDG

このほか、この件とも絡めた Robert X. Cringely の話についても触れているが、これはこれでおもしろいのでまた別稿で・・・

Technorati Tags:

2005年 11月 14日

Think Secret と AppleInsider:マックの噂系サイト

Filed under: ウワサ,ブログ — shiro @ 21:21
Tags: , , , ,

Think Secret

マックの噂系サイトはたくさんあるが、予測の正確さで群を抜いているのが Think Secret だろう。

rumor_site

的中率にたまりかねたアップルが訴訟を起こしたとき、実は現役のハーバード大生のサイトだと分かって皆唖然としたものだ。現役の大学生が、業界の裏事情に通じているなんて想像も出来なかったからだ。

いろんな噂が横行していても、Think Secret が書くと内容確定となるほど信憑性が高い。なにせ大手紙も一目置くほどだから。

AppleInsider

その Think Secret に一矢報いたのが AppleInsider だ。

先のビデオ iPod を最初から予測したのが AppleInsider だった。そうではないといっていた Think Secret も発表前日には態度を変えざるを得なかった。

AppleInsider の活躍ぶりには目覚ましいものがある。来年一月の MWSF(Macworld San Francisco)で発表されるインテルマックついても着々と報じている。マックファンにとって目を離すことができないサイトだ。

この AppleInsider の記事を日本語に翻訳しているサイトがある。silvervine 氏の 774 だ。とてもキチンとした訳で、並々ならぬ力量と拝察する。しかも、翻訳がアップされるスピードがとても早い。日本のファンにとっては必見のサイトだろう。

内容とタイミング

ところで、ビデオ iPod では結果的に AppleInsider に軍配が上がったが、Think Secret の読みが全然間違っていた訳ではない。後日 Power Mac や PowerBook が実現したからだ。

それぞれの内容は相当な確度でそれぞれに正しかったのだと思う。ただタイミングまでは読み切れなかったということではないか。

内容を縦糸に、タイミングを横糸に読み解くとき、噂系サイトの情報が生きてくるのだろう。

MacRumors

噂系サイトは Think Secret と AppleInsider だけではない。

MacRumors も古手のサイトだ。噂のデパート的で取りこぼしがない。出所不明の(あるいはソースを明らかにできない)噂を扱った「Page 2」もあっておもしろい。噂にも確実な噂とそうでないものがあるという訳だ。

MacRumors には「Buyer’s Guide」というページもあって、発表されてからどのくらい経ったか、ぼつぼつ新しい機種が出そうなので買い控えた方がいいのではないか、といった情報を教えてくれるので便利だ。

Rumor-Watch

記事のタイトルだけを一覧にした便利なサイトもある。Rumor-Watch だ。時間はないけれど全体の感じを掴みたいひとには便利だ。英語が不得意でも、なんとなく感じが掴めるところがありがたい。

このほかにも、macosXrumors、Spymac、MOSR、O’Grady’s POWERPAGE、Mac Night Owl など枚挙にいとまがない。

いつもならせいぜいひと月前に流れはじめる噂が、今年は二か月も前から漏れはじめている。インテルマックへの期待がそれだけ大きいということだろう。

Technorati Tags: