maclalalaweblog

2007年 4月 24日

Jobs は起訴をまぬがれる?

sec

アップルのストックオプションスキャンダルについて各紙がいっせいに書き始めた。

最初に報じたのはサンノゼマーキュリー。これまでの書類を精査し、関係者に聞いた結果をまとめて、Jobs が起訴をまぬがれるだろうと書いた。

San Jose Mercury News:”Apple’s Steve Jobs likely to avoid criminal charges in options probe” by Howard Mintz and Troy Wolverton:4月21日

      *      *      *

刑事罰の可能性はほとんどない

サンノゼマーキュリーは、Jobs に対する2001 年の膨大なストックオプション[株式購入権]付与について精査した。連邦当局は、バックデートが虚偽の書類でなされた点を問題としている。精査の結果は、シリコンバレーの偶像が刑事罰を課せられる可能性はほとんどないというものだ。

A Mercury News examination of a massive 2001 stock-options grant to Jobs that was backdated through bogus documentation – the central focus of the federal probe – shows there is scant evidence, if any, to support criminal charges against the Silicon Valley icon.

アップルは、広範囲に及ぶバックデートを Jobs が承認していたことを明らかにしたが、監督機関への報告および本件に精通する弁護士(氏名は明かせない)に聞いた話をベースにすると、自らに対するオプション付与のバックデートをJobs が命じた証拠はなく、事後にそれを隠蔽しようとした証拠もみられない。

Despite Apple’s disclosure that Jobs approved widespread backdating at Apple, there is no evidence he directed the backdating of his own grant or covered it up afterward, based on a review of regulatory filings and interviews with lawyers intimately familiar with the grant who asked not to be identified.

      *      *      *

何が問題だったか

当初から問題の焦点は、2001 年に Jobs が付与された 750 万のストックオプションをバックデートしたのが、偽造された架空の役員会の議事録によるものだったことだ。偽造書類に関わったものはそれ相応の罰を受けることになるだろうが、Jobs は刑事訴追(criminal prosecution)を受けずにすみそうだ。そして多分米証券取引委員会(SEC)の法的措置も・・・

From the start, the focus has been Jobs’ receipt of 7.5 million options in 2001 that were backdated through minutes of a board of directors meeting that never occurred. But while others involved in the falsified minutes may face consequences, Jobs appears insulated against criminal prosecution and perhaps SEC action.

      *      *      *

Jobs は関わっていない

Jobs にとって都合のいい付与日を実際に承認したのは Jobs ではなくて、キラ星のごとく有名人でいっぱいのアップルの役員会だった。アップルを窮境から救い出してくれた Jobs の労苦に報いようと、議論を重ねた挙げ句、役員会に名を連ねるつぎの著名人が決めたのだ。すなわち、Genentech の社長兼 CEO の Arthur Levinson、Oracle の強力なリーダー Larry Ellison、Intuit の前 CEO William Campbell、Gap の前社長兼 CEO の Millard Drexler だ。もちろん Jobs も役員会のメンバーだが、自分に関する決定には参加しなかった。

But it was a star-studded board of directors that actually approved the favorable grant date, not Jobs, to end a tough negotiation to compensate him for his company leadership. Among the board notables who approved the grant were Arthur Levinson, Genentech’s president and CEO; Larry Ellison, Oracle’s powerful leader; William Campbell, Intuit’s former CEO; and Millard Drexler, former president and CEO of The Gap. Jobs is also on the board, but did not vote on his own grant.

ストックオプションに詳しい法律家や弁護士によれば、Jobs 自身のバックデートを決めたのは役員会なので、検察当局が Jobs に対して証券詐欺罪(securities fraud)を立件することは難しいだろうという。通常証券詐欺罪が起訴されるのは、役員会が騙されたことを問題にするものだからだ。

Legal experts and lawyers familiar with the grant say it would be difficult for prosecutors to base a securities fraud case against Jobs on the backdating of his own grant when it was approved by the board, particularly because most securities fraud indictments allege corporate boards were deceived.

      *      *      *

Jobs に報いようとしたことが始まり

それじゃ、2001 年に実際に起きたことは何だったのか。本件に精通し、アップルが提出した書類を調査した弁護士(複数)によれば、アップルを建て直した Jobs に対し、役員会がその努力に報いようとしたことからストックオプションの問題が始まったのだという。

So what actually happened with the 2001 grant? According to lawyers familiar with the matter – and a review of the company’s public filings – the grant began with an effort by the board to reward Jobs for helping resurrect Apple.

      *      *      *

このあとサンノゼマーキュリーは、瀕死のアップルを蘇らせた Jobs の労苦に報いるべく、いろんな措置を役員会がとろうとしたことを事細かに述べる。4400 万ドルの自家用ジェット機 Gulfstream V もそのひとつだ。

しかしその後の株価低迷によって、Jobs のストックオプションの行使価格は市価を割って(under water)しまう。

Jobs をなんとかなだめようとする過程で、2001 年の架空の役員会議事録の問題が発生したのだという。

      *      *      *

それでいいのか

ついてサンノゼマーキュリーは、アップルのストックオプション問題に関する株主訴訟の主任弁護士 Mark Molumphy の発言を引用している。

「これが適切だったと当然のように信ずることができるだろうか」と Molumphy は尋ねる。「問題は・・・偽造した議事録のことを誰が知っていたかということだ。それが6万4千ドルに相当する問題だ。」

“Could you justifiably believe this was an appropriate thing to do?” Molumphy asked. “The question is … who knew about the falsified minutes? That’s the $64,000 question.”

      *      *      *

サンノゼマーキュリーの第二報は、SEC がアップルの元法律顧問に的を絞ったことを報じたものだ。

San Jose Mercury News:”SEC closes in on ex-Apple lawyer” by  Howard Mintz:4月23日

      *      *      *

今週にも・・・

今週 SEC は、アップルのバックデート捜査について、初めて法的措置をとるものと思われる。オプションの不正に関わったとしてアップルの前弁護士に狙いを絞っている。

The Securities and Exchange Commission is expected this week to bring its first legal action in the Apple backdating probe, targeting the company’s former top lawyer for her alleged role in rigging options, according to sources familiar with the matter.

前総合弁護士(General Counsel)の Nancy Heinen は、アップルの有名な Steve Jobs が関係することから異常な関心を呼ぶこととなった捜査のスケープゴートにされたのだ、SEC の告発に対しては徹底的に戦うと、彼女の弁護士は語る。・・・

Former General Counsel Nancy Heinen’s lawyers are vowing to fight any SEC charges, saying she’s the scapegoat in an investigation that has generated unusual attention because it involves Apple and Steve Jobs, its famous CEO…

・・・SEC の法的制裁には、多額の罰金から、企業における役員として一生勤務できなくなることまで含まれている。

… SEC sanctions can range from hefty fines to being barred for life from serving as an officer or director at a public company.

      *      *      *

このあとは各紙がどっと書き始めている。

今週 SEC の制裁措置がとられれば、ニュースの大洪水になるだろう。

      *      *      *

参考:

・San Jose Mercury News:”Apple’s Steve Jobs likely to avoid criminal charges in options probe” by Howard Mintz and Troy Wolverton:4月21日
・Ars Technica:”SEC unlikely to indict Steve Jobs” by Charles Jade:4月22日
・San Jose Mercury News:”SEC closes in on ex-Apple lawyer” by  Howard Mintz:4月23日
・Ars Technica:”Former Apple General Counsel in hot water with the SEC” by Justin Berk:4月23日
・Bloomberg.com:”Ex-Apple Lawyer May Face Options Suit, Attorney Says (Update6)” by Joel Rosenblatt:4月23日
・Barron’s Online:”Apple: Report Jobs In The Clear On Options Probe; But SEC Charges Seen For Former Counsel” by Eric Savitz:4月23日
・JURIST:”Ex-Apple lawyer could face SEC lawsuit for options backdating” by James M Yoch Jr:4月23日
・CNET [Reuters]:”Apple’s ex-CFO reportedly settles options probe“:4月23日
・SFGate [San Francisco Chronicle]:”Ex-Apple execs in SEC crosshairs: Deal likely with former CFO; counsel faces suit” by Jessica Guynn:4月23日
・Forbes:”SEC to File Suit Against Ex-Apple Lawyer” by May Wong:4月23日
・MarketWatch:”Tech stocks drop; Apple CEO Jobs likely won’t face charges” by John Letzing:4月23日
・New York Times:”Ex-Officers of Apple Await Suit” by John Markoff and Eric Dash:4月24日

Technorati Tags: , ,

広告

2007年 1月 24日

Steve Jobs 尋問を受ける

jobs_qtd

ショッキングなニュースが流れてきた。

ストックオプションをめぐる最新の動きをとりあえず・・・

Bloomberg:”Apple’s Jobs Questioned in Options Probe, Lawyers Say (Update3) ” by Karen Gullo and Connie Guglielmo:1月23日

      *      *      *

Jobs が尋問を受けた

アップルの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs は、同社に係るストックオプション[株式購入権]のバックデートを捜査する米国捜査当局の尋問を受けた、と本件に詳しい弁護士(複数)が語った。

Jan. 23 (Bloomberg) — Apple Inc. Chief Executive Officer Steve Jobs was questioned by government investigators leading the U.S. probe into backdated stock options grants at the company, lawyers familiar with the matter said.

Jobs は先週サンフランシスコで、米国証券取引委員会(SEC)および米国司法省(Justice Department)の捜査官に会った、とソース(複数)は語っている。ただし、この尋問が極秘であることに鑑み、彼らは身元を明かすのを避けている。先月アップルは、内部調査によると Jobs や現経営陣には「不法行為」はなかったと語っていた。

Jobs met with officials from the Securities and Exchange Commission and the Justice Department last week in San Francisco, said the people, who asked not to be identified because the interviews are confidential. Apple said last month an internal review found “no misconduct” by Jobs or current management.

この会合は、先週アップルがベストセラー iPod の記録的売り上げを発表したその同じ週に行なわれたが、Jobs や他のひとの疑いは晴れたと同社が報告した後もなお、バックデートにおいて Jobs が果たした役割について米国政府当局が情報を求めていることを示すものだ、と Nell Minow(ポートランドの企業統治に関する Corporate Library の編集者)はいっている。

The meeting, which took place the same week Apple announced record sales of its best-selling iPod music player, shows the U.S. government is still seeking information about Jobs’s role in the backdating even after the company’s report clearing him and others, said Nell Minow, editor at the Corporate Library, a corporate governance research firm in Portland, Maine.

Minow はいう。「結局、問題となるのは彼の有責性(culpability)であって、アップルの内部調査ではない、という SEC の見解を示すものだ。」

It is after all the SEC’s view on his culpability that matters, not the internal investigation at Apple,” Minow said.

      *      *      *

ノーコメント

Jobs が尋問を受けた内容、彼が捜査官に答えた内容、さらには再度会合が持たれるのかどうか、そういったことについてソースは明らかにしようとしない。

The people wouldn’t disclose specifics about what Jobs was asked, what he told investigators and whether there would be additional meetings.

Jobs の弁護士 Mark Pomerantz はコメントを避けた。アップルの捜査を担当する米国連邦検事 Kevin Ryan のスポークスマン Luke Macaulay も、ワシントンの SEC のスポークスマン John Nester もコメントを避けた。

Mark Pomerantz, an attorney for Jobs, declined to comment. Luke Macaulay, a spokesman for U.S. Attorney Kevin Ryan, whose office is investigating Apple, declined to comment, as did SEC spokesman John Nester in Washington.

アップルの株価は、ナスダックの午後4時の時点で 1.09 ドル下げて 85.70 ドルとなった。

Shares of Cupertino, California-based Apple fell $1.09 to $85.70 at 4 p.m. in Nasdaq Stock Market trading.

      *      *      *

問題となったストックオプション

1997 年から 2002 年までの間、アップルの従業員に対しておおよそ 6500 件のストックオプションの付与がなされた。そのうちのひとつ、Jobs に対する付与は特別取締役会で承認されたとされていたが、実際にはその会議は開かれなかった、とアップルは12月29日に明らかにした。アップルがいうには、自分以外のオプションの幾つかについて Jobs が日付を選んだのだという。

Almost 6,500 grants to Apple employees were backdated between 1997 and 2002, including one grant to Jobs marked as approved at a special board meeting that never occurred, Apple said Dec. 29. Jobs chose dates for some options other than his own, the company said.

Jobs がバックデートしたのがどのオプションだったか、バックデートされたオプションを受け取った役員が他にもいたか、なぜ役員会を偽造したのか、それらの点をアップルは明らかにしていない。現経営陣の他のメンバーは、偽造された会合に係る「不法行為」については関知していない、とアップルはいっている。

Apple hasn’t publicly disclosed which options Jobs backdated, which other executives received backdated options or why it faked a board meeting. The company said no member of current management was aware of the “irregularity” concerning the fictitious meeting.

1月17日のカンファレンスコールで、最高財務責任者(CFO)の Peter Oppenheimer は、「アップルは引き続き、調査結果を政府捜査官に自発的かつ積極的に通知し、彼らの質問に回答していく」とアナリストに答えている。

Apple continues to “voluntarily and proactively” inform government investigators of its findings and continues to answer their questions, Chief Financial Officer Peter Oppenheimer told analysts on a conference call on Jan. 17.

      *      *      *

最初に報じたのは・・・

Jobs に対する尋問について最初に報道したのは、1月19日付けのサンフランシスコの法律紙 The Recorder だ。

The interview with Jobs was first reported Jan. 19 by The Recorder, a legal newspaper in San Francisco.

       *      *      *

バックデートの問題点

ストックオプションの権利付与日を変更してその価値を水増ししようとした疑いで、少なくとも 200 社が捜査を受けている。バックデートされたストックオプションの付与に関して、疑いを持たれている額および再修正された額は 81 億ドルにも及ぶ。

At least 200 companies are being investigated for changing the dates of options grants to inflate their value. Companies have taken over $8.1 billion in charges or restatements to account for backdated options grants.

ストックオプションにより購入権者は、後の日付(通常は付与された当日)の株価で購入する権利を有する。権利付与日をより株価の低い期日にバックデートすると、オプションの価値が水増しされることになる。この行為は、適切に開示されない場合は違法となる。真のコストが株主および監督機関の目から隠されることになるからだ。

Stock options allow holders to buy shares at a later date, usually at the market price the day they were granted. Backdating options to days with low prices inflates their value. If not properly disclosed, the practice may break laws because it hides costs from shareholders and regulators.

      *      *      *

架空の取締役会

2001 年に、当時51才の Jobs は、750 万株のオプションを付与された。付与の条件は、2001 年12月18日で完了したが、当日のアップルの株価はアップルによれば21ドル1セントだった。オプションの権利付与日として10月19日が選ばれ、Jobs はより低い18ドル30セントという行使価格を与えられた。

In 2001, Jobs, 51, received options on 7.5 million shares. The terms of the grant were completed Dec. 18, 2001, when Apple’s shares were trading at $21.01, Apple said. Oct. 19 was chosen as the grant’s date, giving Jobs a lower exercise price of $18.30.

アップルは株主に対して、2002 年3月に監督当局に提出した報告で、このオプション付与は 2001 年10月の特別取締役会において承認されたことを明らかにした。先月アップルは、この会議は実際は存在しなかったと述べた。

The company told shareholders in a March 2002 regulatory filing that the grant was approved at a special board meeting in October 2001. Apple said last month the meeting never took place.

      *      *      *

従業員のため・・・

バックデートされたオプションに係る会計処理を訂正するため、アップルは 8400 万ドルを計上した。その中には Jobs に対する2000 万ドル(750 万株分)が含まれる。Jobs は、この分の付与と併せて、2003 年の時点で未行使となっていた他のオプションを自発的に辞退した。アップルが当時 SEC に提出した報告によれば、Jobs がそうしたのは従業員が取得できる株を増やすためだったと述べている。

Apple said it recorded $84 million in charges to correct its accounting for the backdated options, including $20 million for Jobs’s 7.5 million share award. Jobs voluntarily canceled that grant and other outstanding options in March 2003. He chose to do so to make more stock available for employees, Apple said in an SEC filing at the time.

その代わり、役員会は Jobs に対し 500 万株の制限付き株式(2006 年3月に権利行使可能)を与えた。当時その株は6億 4660 万ドルの価値があった。

Instead, the board gave Jobs 5 million shares of restricted stock, which vested in March 2006. At the time, the shares were worth $646.6 million.

[付記]:本件の question は「尋問」ではなく「事情聴取」程度に訳すべきだったと考える。

      *      *      *

参考:

当局の尋問 —

・Bloomberg:”Apple’s Jobs Questioned in Options Probe, Lawyers Say (Update3) ” by Karen Gullo and Connie Guglielmo:1月23日
・Reuters:”Apple’s Jobs questioned by authorities“:1月23日
・MarketWatch:”SEC has questioned Jobs: report“:1月23日

これまでのおさらい —

・NBonline:”ジョブズがアップルを辞めるという噂” by 市村佐登美:1月17日

Technorati Tags: , ,

2007年 1月 13日

CNBC インタビューに答える Steve Jobs

cnbc

[Steve Jobs on CNBC]

マックワールド 07 のキーノート直後に Steve Jobs が CNBC テレビに出ている。CNBC の Jim Goldman によるインタビューだ。

YouTube Video:”Steve Jobs on CNBC“:1月9日

      *      *      *

テレビに登場する Jobs は、とても明るく、元気で、活気に満ちているのが印象的だ。

発表されたばかりの iPhone だけでなく、いろいろな話題について質問を受けるが、後半[5:42]には、昨年から関心を集めているストックオプションの質問にも答えている。

Jim Goldman の質問に一生懸命答えようとする Steve Jobs の態度は、視聴者に好感を与えるのではないか。

そのやりとりは、概要つぎのとおりだ。

      *      *      *

Jim Goldman:あなたも予期している質問だと思うが、ストックオプション問題について、株主、投資家、消費者、従業員などみんなへどういうメッセージを送るのか。この問題はどうなるのか。あなたの身分はどうなるのか。

Steve Jobs:プレスの書いていることを読むとフラストレーションを感じる。彼らはいったい何が起きているのか分かっていない。元連邦検事が率いる内部調査を行った。その報告書の結論のひとつは、現行経営陣に不法行為はないというものだ。我々がいくつかみつけたこともあるが(We did find something.)、それは証券取引委員会に提出した。これから検討されることとなるが、現行経営陣に影響がでるとは思わない。(I don’t think they’re gonna affect the current management.)

JG:Steve Jobs はこのまま残ると・・・(Steve Jobs is here to stay… )

SJ:株主の役員会に奉仕したい[?]と考える。彼らが望む限りは。この仕事を続けていきたい。(Ah… again I serve the pleasure of [?] the board of shareholders as long as they want me, and I’d love to keep doing this job.)

JG:そうでしょうとも。ありがとうございました。(Yeah, I think they want you.  Thanks very much.)

Jim Goldman が締めくくりに使った「率直で、くつろいだ Steve Jobs」(candid and comfortable Steve Jobs)ということばが印象的だ。

      *      *      *

Jobs が元気だという印象は、マックワールドのキーノートにも共通している。

2時間という長丁場を、少しも飽きさせず精力的に聴衆を惹き付ける。つくづく Jobs はプレゼン上手だと思う。

Jobs の気力が充実した様子については、繊細な感性の女性の目から見た証言もある。

      *      *      *

参考:

CNBC インタビュー:

・YouTube Video:”Steve Jobs on CNBC“:1月9日

マックワールドキーノート:

・Apple:”Macworld 2007 Keynote” [QuickTime]:1月9日
・Macworld Video:”Macworld Video: Keynote highlights” by Philip Michaels:1月10日[キーノートを12分に縮めたもの]
・YouTube Video:”Macworld Video: Keynote highlights“:1月10日[同上]

元気な Jobs:

・ビギナーB子のMac女王への道:”基調講演で、iPhoneよりも気になる事“:1月11日

Technorati Tags: , , ,

2007年 1月 2日

疑いは晴れた・・・

jobs-5

以前ストックオプションの話には関心がないと書いた Paul Thurrott が、新年早々その話題を取り上げている。

Paul Thurrott’s Internet Nexus:”We call it ‘The Hurd Defense’“:1月1日

      *      *      *

アップルが今週やったことや、マックに好意的なブログやサイトが「アップルの CEO Steve Jobs の嫌疑は晴れた」と鵜呑みにして合唱したことほどおかしなことがあるだろうか。私のみるところ、アップルは Jobs が不正行為に関係していたことを認めたのだと思う。まったく違った角度から見てみるのもおもしろい。ここに、この矛盾をついてとてもよく書かれた記事がある。パロディとして書かれたのだろうが、ちょっと哀しくなる。

I’m not sure what’s funnier, what Apple actually did this week or the way Mac-friendly bloggers and Web sites lapped it up and declared that Apple CEO Steve Jobs had been “cleared” of wrongdoing. I’m pretty sure that Apple actually announced that Jobs knew about and participated in wrong-doing, but it’s fun to spin things in a completely new direction. Anywho, here’s the best write-up I’ve seen about this contradiction. I’m pretty sure this was meant to be funny, too, though I find it kind of sad:

[引用記事省略、下段参照]

これが実際に起きたことだ。でも、みんなの関心は Steve ちゃんがマックワールドで iPhone を発表するかどうかに向いているので、裁判所が取り上げたばかりの連邦独禁法訴訟ほか、アップルが直面しているあれやこれやたくさんの些細なことには気がまわらないのだ。ストックオプションの不祥事を無視したがるひとがいるのもムリはない。テクノロジーの楽しい話とは無関係だから。しかし、Jobs の嫌疑が晴れたなんてフリはしないでくれ。それはまったく事実とは異なるのだ。

So this is exactly what happened. But hey, we’re too concerned about whether Stevie will introduce the iPhone at Macworld to worry about trivials matters such as this or the numerous lawsuits now facing the company, including a federal monopoly suit that was just upheld by the by [sic] the courts. So I understand why someone might ignore the stock options misconduct, as it’s not exactly a fun technology issue. But please don’t pretend that Jobs was just exonerated. That’s simply not true.

      *      *      *

Paul Thurrott が引用した記事とはつぎのようなものだ。

Jobs の名前でパロディ記事を書いているサイト「Secret Diary of Steve Jobs」に掲載されたものだ。

Secret Diary of Steve Jobs:”We call it ‘The Hurd Defense’“:12月31日

      *      *      *

こういうことだ。不正行為が行なわれたのか? — イエスだ。その不正行為が行なわれたとき現 CEO はその責にあったか? — イエス。その不正行為を現 CEO は許可したか? — イエス。その利益を享受したか? — イエス。したがって・・・したがって、現 CEO には責任はない。彼が職にとどまり、不正をただすことが一番いいことだと考える。筋が通っていると思うだろう? これがいま証券取引委員会(SEC)や他の政府当局と我々が行なっている協議の内容だ。我々の立場はこういうことだ。ホラ、アンタのために調査をやってやったよ、それもトコトンね。だからアンタたちにまた調査をやって欲しくないんだ。だって繰り返しになるだろ。ハイ、これが調査報告書。好きなだけコピーして。この正月休みに読んでくれ。さあ、これで来年は新しいスタートを切ろうじゃないか。ステキな新製品に話を戻そうよ。きっとみんな子供のようによろこぶよ。法律屋タイプのガチガチさんにはまっさらの24インチ iMac はどうだい? それとも30インチの Cinema HD ディスプレーかな? U2 モデルの iPod がよければ Bono がサインしたものはどうだい? Bono とランチする? それとも Al Gore と? ボクと一緒に5分間だけ座って瞑想し、ボクの魔法がキミにかかるのを感じるのじゃどうかい? なんでもいってくれたまえ。キミのためにそうしたいと思うから。

Goes like this. Did illegal activities occur? Yes. Was the current CEO in charge at the time of the illegal activities? Yes. Did the current CEO authorize said activities? Yes. And benefit from them? Yes. Therefore, the CEO is not responsible. And we think it’s best that he stick around and clean house. Makes sense, right? This is what we are working with the SEC and other government authorities on right now. Our position is, Look, we’ve already done the investigation for you, we got to the bottom of it, and at this point we’re really not in the mood to authorize you folks to do your own investigations since you’ll just be duplicating efforts. So here’s our report, make as many copies as you’d like, read it over the holiday break, and let’s move on with a fresh start in the new year and get back to making beautiful products that restore a sense of childlike wonder to people’s lives. Meanwhile would any of you nice lawyer types enjoy a brand new 24-inch iMac or a 30-inch Cinema HD display? Maybe our U2 model iPod personally signed by Bono himself? Lunch with Bono? Or Al Gore? Or maybe you just want to sit in my presence for 5 minutes and meditate together and feel my magic rub off on you? Just let us know. We want to work with you.

でも辞めないよ、バカッタレ。一戦交えずにすむものか。もしそうさせたいと思っているのなら、Katie Cotton[アップルの corporate communications 担当副社長]とその仲間が城を守っている。弾丸をしこたま詰めて、臨戦態勢で。だから、かかってこいよ。

But I ain’t leaving, motherfriggers. Not without a fight. And if that’s the way you wanna roll, Katie Cotton and her team are still up in the guard towers, loaded and locked. So bring it on.

      *      *      *

参考:

アップルの発表 —

・Apple:”Apple Files 10-Q and 10-K“:12月29日

嫌疑が晴れた —

・New York Times:”Apple Filing to Tell All on Options” by John Markoff and Miguel Helft:12月29日
・New York Times:”Apple Says Options Probe Exonerates Executives” by John Markoff and Miguel Helft:12月29日
・New York Times:”Apple Panel on Options Backs Chief” by John Markoff and Eric Dash:12月30日
・Reuters:”Apple posts options expenses, stands by CEO Jobs” by Jim Finkle and Paul Thomasch:12月29日
・ThinkIT:”米アップルがSECに会計報告提出、ストックオプション問題でCEOを支持” [Reuters]:12月30日
・BusinessWeek:”Apple says options probe clears execs” by May Wong [AP]:12月29日
・BusinessWeek:”Apple Clears Jobs; Questions Remain” by Arik Hesseldahl:12月29日
・BusinessWeek:”Options expert Erik Lie, on Apple’s backdating disclosures” by Peter Burrows:12月30日
・MercuryNews:”Apple CEO ‘recommended backdating’” by Scott Duke Harris and John Boudreau:12月29日
・SFGate:”Apple inquiry clears CEO Jobs of wrongdoing on stock options” by Jessica Guynn [San Francisco Chronicle]:12月30日
・Times Online:”Apple chief could still face SEC investigation over options” by James Doran:12月30日
・Guardian Unlimited:”Apple admits board minutes were falsified over Jobs options” by Richard Wray:12月30日
・Telegraph:”Steve Jobs’ status upgraded to all clear” by Josephine Moulds and Richard Blackden:12月30日
・BBC:”Apple reveals stock option errors“:12月29日
・MarketWatch:”Apple says CEO Jobs recommended favorable grant dates” by Steve Goldstein & Matt Andrejczak:12月29日
・MarketWatch:”Apple CEO jobs got $1 salary, no bonus for FY 2006“:12月29日
・Bloomberg:”Apple Clears Jobs in Options Probe, Restates Earnings (Update7)” by Zimri Smith and Connie Guglielm:12月29日
・Barron’s Online:”Is Steve Jobs’s Character Indictable?” by Tiernan Ray:12月28日
・CNET:”Apple takes $84 million charge, defends Jobs” by Graeme Wearden :12月29日
・CNET:”Report: Apple facing several federal lawsuits” by Michelle Meyers :12月30日
・MacNN:”Apple 10-K reiterates previous conclusions“:12月29日
・MacNN:”Apple takes $84m charge for option scandal“:12月29日
・Macworld:”News: Apple clears current executives in stock option probe” by Jim Dalrymple:12月29日
・Infinite Loop:”Apple Computer files delayed financial statements” by Charles Jade:12月29日
・eWeek:”Apple Files Late Annual, Quarterly Reports” by Scott Ferguson:12月29日
・Mac Review:”ジョブズ、再びピンチ?:連邦検事がアップルを調査か“:12月28日
・NIKKEI NET:”アップル、ジョブズ氏の責任は否定・財務諸表の修正を発表” by 村山恵一:12月29日

その他の訴訟 —

・BusinessWeek:”Apple faces class action suits” [AP]:12月29日
・Mac Observer:”Apple’s SEC Filing Discusses Lawsuits” by Jeff Gamet:12月29日

Technorati Tags: , ,

2006年 12月 29日

ストックオプションの暗雲

backdating

クリスマス休暇も明けたことだし、ぼつぼつマックワールドの噂が飛び交うころだと思ったら、またぞろストックオプションの暗雲が立ちこめてきた。

Bloomberg:”Apple Shares May Fall on FT Report of Jobs’s Options Grant” by Ian King and Connie Guglielmo:12月28日

      *      *      *

役員会の決定を経ていない

フィナンシャルタイムズの記事のせいでアップルコンピュータの株価は下がるかもしれない。アップルの CEO Steve Jobs は 2001 年にストックオプションを付与されたが、それが役員会の決定を経ずになされたというのだ。

Dec. 28 (Bloomberg) — Shares of Apple Computer Inc. may fall after the Financial Times reported Chief Executive Officer Steve Jobs was given stock options in 2001 without the authorization of the company’s board.

アップル社の記録では 750 万株のストックオプションが役員会の全会一致によって行なわれたようにみえるが、これは偽造されたものだとフィナンシャルタイムズは事情に詳しい筋の話を引用していう。同紙によれば、米国証券取引委員会(SEC)は証拠を検討中だという。

Company records that appear to show the full board considered a grant of 7.5 million stock options were falsified, the newspaper reported, citing people familiar with the matter. The U.S. Securities and Exchange Commission is examining the evidence, the report said.

Rob Enderle(リサーチ会社 Enderle Group)は昨日のインタビューでつぎのように語っている。「Steve Jobs が職責を継続できるかどうかという点についてだいぶ疑問が生じてきた。事態はだんだん深刻になってきていると思う。」

“It does create a certain amount of doubt as to whether Steve Jobs can stay with the company,” Rob Enderle of the research firm Enderle Group said yesterday in an interview. “It looks more and more serious.”

      *      *      *

Recorder が火をつけた

いまや 190 社に及ぶストックオプションスキャンダルの渦中にある会社の中でも大きな会社のひとつがアップルだ。iPod 音楽プレーヤのメーカーは、6月にオプション付与について内部調査を開始した。その中には Jobs へのものも含まれる。10月には、1997 年から 2002 年の間に15件の付与が誤ってなされたと報告した。オプションについて偽造された可能性のある書類を発見したと最初に報じたのは、サンフランシスコをベースとする法律誌 Recorder だった。

Apple is among the biggest names caught in a stock-option scandal that has widened to more than 190 companies. In June the maker of the iPod music player began an internal review of its grants, including one to Jobs. Apple said in October said it found 15 misdated grants from 1997 to 2002. The Recorder, a San Francisco-based legal newspaper, first reported yesterday on the discovery of possibly falsified documents related to options.

アップルのスポークスマン Steve Dowling は電話で次のように語った。「内部で独自にやった調査に関する情報はすべて SEC に提出している。それ以上はコメントできない。」

“We are providing all details regarding the internal independent investigation to the SEC and not commenting beyond that,” Steve Dowling, an Apple spokesman, said by telephone.

      *      *      *

株価の下落と反発

記事が出たあと、クパチーノの会社の株価は2ドル47セント下がって3ポイント安の79ドル5セントとなった。ナスダック市場での通常取引では1セント高の81ドル52セントで、総合株価指数は13ポイント高だった。

Shares of Cupertino, California-based Apple declined $2.47, or 3 percent, to $79.05 in extended trading after the report. They gained 1 cent to $81.52 in regular Nasdaq Stock Market composite trading and had risen 13 percent this year.

      *      *      *

動き出した検察

元検察官でサクラメントで開業している Bill Portanova はつぎのようにいっている。「SEC はこれらの件について精力的に調べており、刑事事件として立件するため司法省とも協同して作業している。検察官が調査を開始したということはなにか悪事があるとみたためであり、偽造を示す書類をみつけて食指をそそられているということだ。」

“The SEC has been looking very hard at these cases and they’re working with the Department of Justice to put together criminal cases,” said Bill Portanova, a former federal prosecutor in solo practice in Sacramento, California. “When prosecutors are looking at something that they think is wrong in the first place, and they find paperwork in support of that thing that has been falsified, their appetite is whetted.”

アップルが3か月にわたる社内調査の結果を10月に開示した際には、偽造された書類があるとはいわなかった。アップルがいったのは、1997 年から 2002 年の間にストックオプションのバックデートが15件あったということだった。Jobs(51才)はそのいくつかについて知ってはいたが、なんら利益を享受しなかったとアップルは述べた。

When Apple released the results of its three-month investigation in October, it didn’t disclose any falsified documents. The company said it found backdated option awards on 15 occasions from 1997 to January 2002. While Jobs, 51, was aware of some instances, he didn’t benefit, Apple said.

      *      *      *

年次報告の修正・再提出

アップルは12月末までには、7月1日に終了する第3四半期報告および9月30日に終了する年次報告を修正・再表示して提出すると約束している。

Apple promised to submit restatements for the third quarter ended July 1 and the year ended Sept. 30 by the end of December.

      *      *      *

検察当局が調査中

昨日 Recorder は、オプションを水増しするためアップルの役員が書類を偽造したかどうか連邦検察官が調査中だと述べた。さらに Recorder は本件に詳しいひとを引用して、偽造書類は社内調査で明らかになったものであり、その情報は連邦検察当局に伝えられたと述べている。

The Recorder said yesterday federal prosecutors are examining whether Apple officials falsified documents to inflate the value of grants. The fake documents were uncovered during the company’s internal probe, and the information was passed on to the U.S. Attorney’s office, the Recorder said, citing people familiar with the case.

James Grossman(アップルトンの Thrivent Financial for Lutherans のファンドマネージャ)は、つぎのようにいっている。・・・「容疑は深刻だ。私としては、Jobs は関係ないというアップルのことばを信じたい。」

… “The charges are serious,” said Grossman [fund manager at Thrivent Financial for Lutherans in Appleton, Wisconsin. “I’m going to stick with the original statement by the company that Jobs isn’t a part of it.”

      *      *      *

マックワールドとか WWDC とか、大きなイベントが近づく頃になるとこの話が再燃するようにみえるのは気のせいか。

      *      *      *

参考:

本記事のソース —

・Bloomberg:”Apple Shares May Fall on FT Report of Jobs’s Options Grant” by Ian King and Connie Guglielmo:12月28日

発端となった記事

・Law.com:”Faked Documents May Be at Core of Apple Case” by Justin Scheck:12月27日
・Financial Times:”Apple ‘falsified’ files on Jobs’ options” by Richard Water:12月28日

書類偽造 —

・Forbes:”Report: Apple Probed on Stock Options” [AP]:12月27日
・Mercury News:”Report: Feds looking at ‘faked documents’ by Apple in options scandal” by Scott Duke Harris:12月27日
・CNET:”Report: Apple executives faked stock-option documents” by Tom Krazit:12月27日
・Infinite Loop:”A cloud over Macworld Expo” by Charles Jade:12月27日
・Macworld:”News: Report: Feds looking at Apple stock-option documents” by Nancy Weil:12月27日
・Reuters:”Apple board did not approve CEO options grant-FT“:12月28日
・Reuters:”米連邦当局、アップルのストックオプション問題を調査=専門誌“:12月28日
・SFGate:”Falsified records story unsettles Apple stock / Jobs got options without board approval” by Jessica Guyn [San Francisco Chronicle]:12月28日
・BusinessWeek:”Apple Bitten by Options Mess Again” by Arik Hesseldahl:12月28日

アップル株の下落、反発 —

・Reuters:”UPDATE 2-Apple shrs recover as analysts downplay report” by Jim Finkle:12月27日
・MarketWatch:”Apple recovers after new options info“:12月27日
・CNN:”Apple sinks, then recovers after report“:12月27日
・eWeek:”Apple Falls 6 Percent on Concerns About Options Probe” [Reuters]:12月27日
・New York Times:”Apple Shares Buffeted by Report on Options Inquiry” [Bloomberg]:12月28日
・BBC:”Apple shares hit ahead of figures“:12月28日

Jobs 弁護士を雇う —

・AppleInsider:”Jobs seeks outside counsel as Apple restatement looms“:12月26日
・MacNN:”Jobs hires lawyer ahead of Apple restatement“:12月27日

誇張し過ぎか —

・MacNN:”UBS: Apple options fears seem overblown“:12月27日
・MacNN:”Piper Jaffray: Apple CEO not at risk“:12月27日

Steve Jobs のいないアップルなんて —

・MarketWatch:”Apple shareholders glimpse life without Steve Jobs” by David Callaway:12月28日

Technorati Tags: , ,

2006年 10月 24日

コラムニストの矜持:Paul Thurrott

SEC

ウインドウズのコラムニスト Paul Thurrott は、アップルについてなかなか手厳しいが、ストックオプションの問題については発言を控えている。

彼のコラムに興味深い意見が載った。「アップルのいわゆる自社株購入権の濫用について」だ。

Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Apple’s alleged stock options abuses“:10月22日

      *      *      *

アップルのストックオプション濫用調査について、どうして私が議論に加わらないのかと、何人ものひとから聞かれた。問題は複雑に絡み合っていても、答えは簡単だ。何が起き、何が起きなかったかという情報が私にはないからだ。したがって、議論をしても付け加えるべき何ものもない。私は法律専門家ではないし、それに興味もない。

I’ve been asked by a number of people why I haven’t weighed in on Apple’s stock options abuses investigation. The answer is simple, if multi-tiered: I have no information about what did or did not happen and therefore have nothing to add to the discussion. I’m not a lawyer. And I just don’t care.

私の関心事のほとんどはテクノロジーだ。その観点からすると、アップルは驚くほど素晴らしい会社だ。だから、10年前に第1号を出した私のウインドウズ向けニュースレター WinInfo でアップルについて議論するのだ。人間そのものについてはさして興味ない。Jobs 信仰(その意味では Gates 信仰も同じだが)は私にはこれっぽっちも興味ない。Jobs に興味があるのは、エンジニアとしての経歴を全く欠いているにも拘らず、明らかに彼こそがアップルの偉大なるテクノロジーの責任者だからだ。ほとんど独学で叩き上げた設計者であり、企業人でありながら、Jobs は彼のなすべきこと(his stuff)を十分に心得ている。Bill Gates がマイクロソフトと同義語である以上に、Jobs はアップルそのものなのだ。

For the most part, my concern is the technology. From this perspective, Apple is a phenomenally fascinating company, and the reason I’ve been discussing Apple even in my Windows-oriented newsletter, WinInfo, since its inception over a decade ago. I’m less interested in personalities. The cult of Jobs (or the cult of Gates for that matter) is of no interest to me in the slightest. Jobs is only interesting insomuch as he is clearly responsible for great Apple technology despite his complete lack of technical background. For a guy who is pretty much a self-taught designer and businessman, Jobs knows his stuff. Jobs is Apple, more even than Bill Gates is Microsoft.

時には、マイクロソフトの独禁法裁判のようなメロドラマが、そうでもなければ純粋に技術的な私の関心事に闖入(ちんにゅう)する。そんなときには舞台裏での政治工作がおもしろくなる。しかし、それがおもしろいのはテクノロジーに影響を及ぼすからだ。例えば、マイクロソフトはインターネットエクスプローラ(IE)をウインドウズに統合する道を選んだが、それは明らかな誤りだった。いつ、どこでそういう決定がなされたかという議論は確かにおもしろい。しかし、そのことがウインドウズ、ひいてはウインドウズユーザーに与えた影響の方がもっとずっと興味深いのだ。私はパーソナルコンピュータの歴史が好きだ。しかしそれはあくまで製品と技術という意味においてだ。いつ、いかにして技術が生まれたか、時の経過とともにどう変わったか、実世界で実際にひとびとが使ってみたときその出来具合はどうだったか、そういうことを私は知りたい。(ぴったりの実例。Windows NT の設計者である Marc Lucovsky や David Thompson と話すことの方が、私にとっては Gates に会うことよりはるかに有意義で、充実した体験だ。)

Occasionally, soap operas like the Microsoft antitrust trial intrude on my otherwise purely technical concerns. In these instances, the back room politics become interesting, but again, mostly because of their effects on technology. For example, Microsoft choosing to integrate IE into Windows was clearly a mistake. The why’s and wherefore’s of that decision are interesting. But its impact on Windows and Windows users is more interesting. I care about PC history, but only in the product and technology sense. I like to know when and how technologies are invented, how they change over time, and how they perform in the real world when used by real people. (Case in point. Getting to really talk to NT architects like Marc Lucovsky and David Thompson was far more meaningful and fulfilling to me than meeting Gates.)

そこで話は、アップルのストックオプション濫用に戻る。アップルは現在精査ないしは捜査を受けているたくさんの会社のひとつに過ぎない。「みんながやっている」からといって必ずしもアップルの疑いが晴れるわけではないし、何が起きているのか Steve Jobs は全く知らなかったというアップルの説明や、その発表を直ちに事実として受け入れるアップルコミュニティはまったくバカげていると思う。しかしそうだとしても、私にとってはどうでもいいことだ。みんながやっていたとしても、企業におけるごまかしにはもともと興味がない。このケースの場合、いかなるテクノロジーにも、そしてその延長としていかなるユーザーにも、影響をもたらすものは何もない。詰まるところ、私が興味ないのはそういうことだ。

So back to Apple and stock options abuses. Apple is just one of many companies currently under scrutiny or investigation. That “everyone else was doing it” doesn’t necessarily clear Apple, and I did find Apple’s own conclusions–that Steve Jobs knew nothing about what was going on–and the Apple community’s instant acceptance of that announcement as fact, to be pure silliness. But in the end, I just don’t care. Everyone else was doing it, but the corporate shenanigan stuff is still inherently uninteresting. In this case, it never affected any technology and, by extension, any users. Ultimately, that’s why this is so uninteresting.

この出来事のため、Steve Jobs が職を失う可能性がいくらかあるとしたら、話はまったく違ってくるだろう。そうなれば、私が書く本の中で、アップルのストックオプション濫用の話は、にわかにマイクロソフトの独禁法裁判と同じレベルに達することになる。しかし私のみるところそうなるとは思えない。

Now if Steve Jobs were in some danger of losing his job because of this episode, we’d have a different story, and suddenly Apple’s stock options abuses would rise to the level of the Microsoft antitrust trial in my book. But I don’t see that happening.

      *      *      *

ひとつの見識だと思う。

Technorati Tags: , ,

2006年 10月 15日

ストックオプションスキャンダルの余波

iPodFather

[The iPodFather]

米国証券委員会(SEC)は 100 社を超える会社のストックオプションについて調査しているといわれる。その中にはアップル、Comverse Technology、Foundry Networks、Intuit、McAfee、Progress Software Corp、Quest Software といったテクノロジー会社が含まれ、これらの会社は自ら行なった社内調査の結果を SEC に報告している。

Comverse Technology の CEO はストックオプションのバックデートをしたという理由で、ナミビアで逮捕された。アップルの取締役の辞任に続き、McAfee の二人の重役、CNET の CEO も辞任した。

ストックオプション違反は大変なことらしいというので、コンピュータ雑誌までがストックオプションやバックデートの解説を載せる有様だ。

そしてとうとう「巧妙にごまかして得た」8500 万ドルを Steve Jobs は株主に返すべきだという記事まで現われた。

投資家向けの記事とはいえ、その内容はなかなか強烈だ。

Bloomberg:”Apple’s Jobs Should Give Back the $85 Million” by Graef Crystal:10月11日

株式用語だらけなので、どこまで日本語に出来るか分からないが、以下トライしてみる。

      *      *      *

株主に返すべき

アップルの Steve Jobs は諦めるべきだ。

Oct. 11 (Bloomberg) — Apple Computer Inc.’s Steve Jobs should give it up.

なんの話かというと・・・

What am I talking about?

約 8500 万ドルのことだ。iPod とマックのメーカーが Jobs に対し巨大なストックオプションを与えたとき、巧妙なごまかしで手にした額だ。そのカネは株主に返還すべきだ。

Some $85 million or so that the chief executive officer collected because of a sleight-of-hand the maker of the iPod music player and Macintosh computers engaged in when it awarded Jobs some mammoth stock option grants. That’s money that should go back to the shareholders.

      *      *      *

真実は何か

口の滑らかなアップルの広報マシンは、ストックオプション付与の「不正行為」(irregularities)のため、オプションはキャンセルされ、「したがって CEO は金銭的利益を手にしなかった」と述べた。

Apple’s well-oiled public relations machine has said that because of “irregularities” in the grants, the options were canceled “and resulted in no financial gain to the CEO.”

これほど真実とかけ離れたものはない。

Nothing could be further from the truth.

これが事実だ:

Here are the facts:

2000 年1月に、たった一日の額としては過去最大の(現在でもそうだと思うが)オプションを Jobs は与えられた。それはなんと 4000 万株(株式分割調整済み)にもなる。

In January 2000, Jobs was granted what was, and I believe still is, the largest option grant on a single day. It covered a staggering 40 million split-adjusted shares.

そのオプションの権利行使価格は、権利付与日前 56 日間、30 日間(暦日ベース)、また権利付与日後の 30 日間、56 日間、90 日間(暦日ベース)におけるアップルの株式の最も低い終値に設定された。いいかえれば、Jobs の得になるように完全にタイミングを合わせたのだ。

The strike price of that grant was equal to the lowest closing price of Apple stock in the 56- and 30-calendar day periods preceding the grant and in the 30- 56- and 90-day periods following the grant. In other words, perfectly timed to Jobs’s advantage.

インターネットバブルが弾けたとき、アップルの株価は下落した。結局アップルの株は、オプション行使価格より低い水準まで割り込むことになったため、ストックオプションの価値がなくなった。

Because Apple’s stock plunged when the Internet bubble deflated, that grant wound up underwater, with the market price of Apple’s stock below the options’ strike price.

      *      *      *

いったん放棄

アップルの取締役会は、なんとも甘いことに、株価が下がったのは Jobs のせいではなく、むしろ Jobs は報いられるべきだと考えたのだ。そこで2回目として 2001 年10月に、1500 万株(株式分割調整済み)のオプションが与えられた。

Apple’s indulgent board decided that Jobs didn’t need to be punished for the decline in the share price; rather, he needed to be rewarded. He was given a second grant covering 15 million split-adjusted shares in October 2001.

アップルの株価はさらに下落し、2回目のオプションも割り込んでしまった。

Apple’s shares slid more, with the result that the second grant also went underwater.

そこで 2003 年3月に、アップルの株主総会案内書兼議決権委任勧誘書によれば、Jobs は 5500 万の株すべてを「自発的にキャンセルした。」このキャンセルしたことが、Jobs はオプションから利益を受けなかったとアップルの文書がいっている根拠になっている。

Then in March 2003, Jobs “voluntarily cancelled” all 55 million option shares, according to the company’s proxy statement. That cancellation is the basis for Apple’s statement that he did not benefit from these options.

      *      *      *

そしてまた付与

しかし、ちょっと待ってくれ。その年の財務報告書によると、アップルの報酬委員会はこのオプションの自発的放棄に注目し、「彼がオプションを放棄したのと交換に」1000 万株(株式分割調整済み)を与えられたことを開示している。当時の価格で 7500 万ドルに相当する。

But hold on. In its report to shareholders that year, Apple’s board compensation committee noted the voluntary surrender of the options and then disclosed that “in exchange for his cancelled options” Jobs had been given 10 million split- adjusted shares. At the time the shares were worth about $75 million.

この無償株には3年の間は売却しないという制限が付けられた。制限が解除された 2006 年3月19日には、その価値は6億 4000 万ドルとなった。

The free shares were restricted from sale for three years. When the restrictions lapsed on March 19, 2006, they were worth some $640 million.

アップルのどんな株主だって(そしてそのことに関しては誰だって)、そんな制限を歓迎したりはしないだろう。

It’s hard to think of any Apple shareholder — or anyone else for that matter — who wouldn’t welcome such a non-benefit.

      *      *      *

放棄した分の埋め合わせ

なぜアップルの役員会は、行使価格割れのストックオプション 5500 万株に換えて 1000 万株の無償株を認めたのだろうか。

So how did Apple’s board come up with 10 million free shares as the amount to exchange for Jobs’s 55 million underwater option shares?

私にはその答えは分からない。ただ、行使価格割れオプションを評価するのに、Black-Scholes モデル[ブラック・ショールズ・モデル、Fischer Black と Myron Scholes が1973年に発表した評価モデル]ないしはその派生モデルの評価手法をアップルが使ったのではないかという強い疑いを持つ。

I don’t know the answer to that question, but I strongly suspect that the company employed the Black-Scholes model or one of its derivatives to value those underwater options.

行使価格割れオプションでも、有効期限がくるまでは価値があるということを記憶しておく必要がある。問題の大量の株の一部は 2010 年1月まで権利行使が可能であり、残りは 2011 年10月まで権利行使できるのだ。

Remember that even an underwater option has value if it has time remaining until its expiration. One chunk of shares would have been exercisable until January 2010, while the other until October 2011.

私は Black-Scholes モデルによるストックオプションの価値を計算してみた。いったいいくらになったと思うだろうか。私の試算によれば、「自発的に」放棄したオプションの現在価格は 7700 万ドル、即ち Jobs に与えられた株の価値とほとんど同じ数字になるのだ。

I calculated the options’ value based on the Black-Scholes model. And what do you know, my estimate of their present value at the time they were “voluntarily” surrendered was $77 million, a figure almost identical to the value of the shares given to Jobs.

私はアップルのスポークスマン Steve Dowling につぎのように尋ねてみた。「不正操作」(irregularity)という用語の意味は「バックデート」(backdating)すなわちオプションのもたらす利益が一番大きくなるように、後から、完全につじつまを合わせて決めることなのか、と。彼はコメントを拒否した。

I asked Apple spokesman Steve Dowling whether the term “irregularity” was a synonym for “backdating”, or deciding after the fact, and with perfect hindsight, what day would have been ideal for the grant of an option. He declined to comment.

      *      *      *

アップルの言い訳

その質問に答える代わりに、アップルは株主に対して煙幕を張る方を選んだ。

Rather than answer that question, Apple has chosen to blow a lot of smoke in its shareholders’ direction.

10月4日付けで米国証券取引委員会に提出した文書を見てほしい。「限られたいくつかの場合には、有利な日付が選定されたことをアップル CEO の Steve Jobs は認識していた。しかし彼は、オプションを受け取っていないし、その利益もなんら享受していない。また会計上問題があるということも認識していなかった。」

Witness this statement from an Oct. 4 filing with the U.S. Securities and Exchange Commission: “In a few instances, Apple CEO Steve Jobs was aware that favorable grant dates had been selected, but he did not receive or otherwise benefit from these grants and was unaware of the accounting implications.”

オプションを「受け取っていなかった」だって? オイオイ、オプションはちゃんと与えられた。歴史上の事実を書き換えることはできないのだ。

“Did not receive” these grants? Come on. The grants were made. There’s no rewriting history allowed here.

「なんら利益を享受しなかった」だって? これもオイオイだ。誰かから 7500 万ドルももらったら、私だってきっとうれしいだろう。

Did not “otherwise benefit from these grants?” Again, come on. I’d sure like it if someone gave me a $75 million non-benefit.

後になるとアップルはやや率直になった。Jobs に対する二つのオプションのうち、ひとつ、もしかしたら二つともなにか間違いがあったかもしれない。ただし Jobs は、これらの「不正操作」についてはまったく与り知らなかったと・・・

Later, Apple became a bit more forthcoming, saying that there was something wrong with one or maybe both of Jobs’ two option grants, but he was never aware of those “irregularities.”

      *      *      *

じゃあ、どうする

じゃあ、どうすればいいのか。

So what’s to be done here?

私としては、Jobs の謝罪(それはすでになされたが)で十分だとは思わない。

For my part, I don’t think an apology from Jobs, which he has already proffered, is a sufficient remedy.

Jobs は、誰かがオプションを操作して有利になるようにしたことは知らなかったかもしれない。しかし、彼は間違いなくそのことから利益を受けているのだ。

Maybe it’s true he didn’t know that someone had put his finger on the options scale in his behalf. But he surely did benefit from that thumb on the scale.

      *      *      *

不正に得た利益

もし、オプションがなされた二会計年度において、当日の終値と行使価格が等しく、大幅に低い額を行使価格として決めなかったとしたら、無償株との交換がなされた 2003 年3月19日現在の推定価格は 6700 万ドルになったと考えられる。先に試算した、もっと有利な、より低い行使価格の場合より、1000 万ドルほど低い額となる。

Had those two options carried a strike price equal to the daily average closing prices in the two fiscal years in which they were made, and not the much lower strike prices actually assigned, their estimated present value as of March 19, 2003, when they were exchanged for free shares, would have been about $67 million. That’s about $10 million less than I estimated they were worth that day due to their more favorable, lower strike prices.

したがって、より適正な交換を Jobs に認めるとするならば、6500 万ドル相当の無償株、すなわち 1000 万株ではなく 870 万株とするべきだったのだ。

A more proper exchange, then, would have been to grant Jobs only, say, $65 million in free shares, or about 8.7 million shares instead of 10 million.

このシナリオに従えば、無償株の制限が解除される 2006 年3月19日における価値は、6 億 4000 万ドルでなくて、5 億 5700 万ドルということになる。

Under this scenario, Jobs’s free shares would have been worth $557 million as of March 19, 2006, when the restrictions on his free shares lapsed, not $640 million.

      *      *      *

みんなに分かる形で・・・

そういう計算に基づけば、Jobs がなすべきことは、上記差額の約 8500 万ドルを株主に返還することだといえる。

On that basis, an appropriate remedy could be for Jobs to give back to the company’s shareholders that difference, or a rounded $85 million.

あるいは、今後数年間は会社から報酬を受けないと宣言することだ。

Either that, or declare that he won’t take any further compensation from the company for several years.

Jobs は悪事に手を染めていないかもしれない。だからといって、悪事の受益者であっていいということにはならない。

Jobs may be innocent of wrongdoing. But that doesn’t mean he should be the beneficiary of wrongdoing.

Jobs は後悔していることを、CEO たちが一番大切にしているもの、即ちカネで示す必要があるのだ。

He needs to say he’s sorry with the one thing CEOs cherish most: Money.

      *      *      *

実はもうひとつ問題がある。

ストックオプションの内部調査を行なった取締役会の特別委員会は3人の委員によって構成されているらしいが、そのうち二人までもが自分自身のストックオプション問題を抱えているらしいのだ。

Wall Street Journal:”Apple’s Options Probe Could Raise Conflicts – Preview” by NICK WINGFIELD AND STEVE STECKLO:n.d.
IT-PLUS:”アップルのストックオプション内部調査、利益相反の恐れ”WSJ“:10月11日

そのひとり Jerome York は、調査の対象となっているストックオプションの付与に関係したとされるほか、Eric E. Schmidt(グーグル)はノベル時代のストックオプションが問題となっているらしい。結局無傷は3人目の Al Gore だけというわけだ。

こうなると内部調査だけでことが終わるとも思えない。SEC や司法当局の捜査次第ではどう展開するか予断を許さない。

      *      *      *

参考:

$85 Million —

・Bloomberg:”Apple’s Jobs Should Give Back the $85 Million” by Graef Crystal:10月11日
・TUAW:”Does Steve owe Apple shareholders $85 million?” by Scott McNulty:10月11日
・AppleInsider:”Jobs should return $85 million to shareholders — Bloomberg“:10月12日
・MacDailyNews:”Bloomberg: Apple’ s Jobs should give back the $85 million“:10月11日

Stock Option FAQ —

・Computerworld:”FAQ: What you need to know about stock options and backdating” by Todd Weiss:10月11日
・Macworld:”What you need to know about stock options, backdating” by Todd Weiss:10月12日

利益相反

・Wall Street Journal:”Apple’s Options Probe Could Raise Conflicts – Preview” by NICK WINGFIELD AND STEVE STECKLO:n.d.
・IT-PLUS:”アップルのストックオプション内部調査、利益相反の恐れWSJ“:10月11日

CNET, McAfee, Apple —

・Ars Technica:”Options scandals claim more victims” by Eric Bangeman:10月11日
・New York Times:”McAfee Executives Leave After Options Inquiry” [Reuters]:10月11日
・CNET:”McAfee shakes up management, names interim CEO” by Dawn Kawamoto:10月11日
・CNET Japan:”マカフィー、ストックオプション付与問題で管理職人事を刷新暫定CEOを任命“:10月12日
・Reuters:”Two Apple directors may have own option issues” [WSJ]:10月11日
・TUAW:”Fred Anderson resigns from Apple Board” by Laurie A. Duncan:10月5日
・AppleInsider:”Former Apple legal chief suspected in options scandal” by Katie Marsal:10月5日
・SFGate:”Former CFO Anderson steered Apple through some rough times” by Carolyn Said [San Francisco Chronicle]:10月5日
・Macworld:”Former Apple CFO resigns from board after investigation” by Peter Cohen:10月4日

Scandal —

・New York Times:”Apple’s Options Disclosures Fail to Resolve Questions” by Laurie J. Flynn:10月9日
・SFGate:”NEWS ANALYSIS / Jobs, Hurd survive messy scandals / Options abuse, pretexting doesn’t tarnish reputations of 2 of Silicon Valley’s top CEOs” by Carolyn Said [San Francisco Chronicle]:10月8日
・SeekingAlpha:”Steve Jobs’ Apology: A ‘How To’ Lesson in Corporate Governance” by Carl Howe:10月6日
・SeekingAlpha:”What Did Steve Jobs Know About Apple’s Options Grants?” by Evelyn Rubin:10月5日
・SeekingAlpha:”Something’s Rotten at Apple: 15 Instances of Options Backdating Found” by Eric Savitz:10月5日

Technorati Tags: , ,

2006年 10月 6日

ストックオプションスキャンダル

apple_worm

アップルのストックオプションに関する社内調査結果が発表されて、昨日のネットはこのニュースで溢れかえった。

投資家がよく読む Bloomberg は、今回の事件をつぎのようにまとめている。

Bloomberg:”Apple’s Jobs Apologizes to Shareholders Over Options Backdating” by Jonathan Thaw and Connie Guglielmo:10月5日

      *      *      *

何が起きたのか

アップルコンピュータの CEO Steve Jobs は株主に対して謝罪し、一部のストックオプション[株式購入権]が、受け取る報酬を不正に増やすためバックデートされたことを知っていたと認めた。

Oct. 5 (Bloomberg) — Apple Computer Inc. Chief Executive Officer Steve Jobs apologized to shareholders and acknowledged that he knew some stock-option grants were backdated to inflate their value.

昨日アップルは、内部調査の結果、15件のストックオプションが付与日を不正に操作されたと述べた。元 CFO[最高財務責任者]の Fred Anderson は、アップルの利益を守るためという理由で、クパチーノの会社の取締役を辞任した。ウォールストリートジャーナルの報じるところによれば、連邦検察官が捜査中だという。

Apple said yesterday that an internal probe found grants were manipulated on 15 dates. Former Chief Financial Officer Fred Anderson resigned from the Cupertino, California-based company’s board, citing Apple’s best interests. Federal prosecutors are investigating, the Wall Street Journal reported.

      *      *      *

同じ投資家向けでも、Motley Fool の記事はもっと手厳しい。「芯の腐ったアップル」がそれだ。

Motley Fool:”Apple: Rotten at the Core” by Seth Jayson:10月5日

      *      *      *

昨夜アップルは声明を出して、スーパースター CEO の Steve Jobs が「ストックオプションが有利になるように特定の日付に操作されたことを知っていた」と認めた。

Last night, the company admitted through a statement that superstar CEO Steve Jobs “was aware that favorable grant dates had been selected.”

      *      *      *

なんら不正行為なし

同時になんとも奇妙な論理で次のような結論を出した。「調査の結果、現経営陣にはなんら不正行為はなかった」と。

Yet, in a bizarre semantic exercise, it simultaneously concluded, “The investigation found no misconduct by any member of Apple’s current management team.”

明らかにアップルの特別調査班は、なんらの被害も反則もなかったことにする決定をしたのだ。なぜなら Jobs は「ストックオプションを受け取っていないし、その利益も享受しておらず、会計上の影響も認識していなかった」からだ。

Apple’s special investigation unit apparently decided that there was neither harm nor foul, because Jobs “did not receive or otherwise benefit from these grants and was unaware of the accounting implications.”

なんということだろう。Jobs はプログラマーとして出発したのだから、つぎのような簡単な算術は十分に知っているはずだ。オプションの行使日を不正に操作すれば、オプションを付与された者は本来受け取るべき額より遥かに大きな金銭的利益を受け取ることになるということを・・・

What a load. Jobs began his life as a programmer. Surely he’s capable of doing the basic math that reveals the following simple truth: When you backdate (or springload) options, you hand the recipients potential monetary gains in excess of those they actually deserve.

単に個人として受益しなかったから許されるというのは、企業サイドの都合のいい理屈だ。私の理解をはっきりさせておこう。自分の財布に現ナマがはいってこなければ、オプションのバックデートを知っていて、(あからさまに、あるいはなんにもしないことで)それを見過ごしても構わないということではないのか。

Excusing Jobs simply because he didn’t benefit personally looks like another flimsy exercise in self-serving corporate-speak. Let me see if I get this straight: It’s OK for Jobs to know about and condone (whether explicitly or through inaction) options backdating, because he didn’t see any extra greenbacks flow into his wallet?

それじゃこういうことと同じだ。私のボスが、角の雑貨屋で、金庫を壊して、札束を取ってきても、不法に取得したカネを全部他のひとに渡せばそれでいい・・・

That’s a bit like saying it’s OK for my boss to head down the corner grocery, crack the safe, and haul back wads of cash — as long as he hands out all of his ill-gotten gains to the rest of us. Right?

      *      *      *

Jobs の生け贄

自分の監督下だったとしても、またそのことを知っていたとしても、こんなごまかしの責任を取らせるには Jobs は大物過ぎる。そこでアップルは世界でもっとも痩せこけた生け贄(にえ)の羊を差し出したのだろう。その刃にかかったのは最高財務責任者(CFO)の Fred Anderson だ。でも心配ない。傷は浅い。彼は既に「過去の」CFO で、今回は取締役会を降りるだけだ。

Of course, Jobs is too important to answer for shenanigans under his watch, even if he was aware of them. Instead, Apple served up perhaps the world’s scrawniest sacrificial lamb. CFO Fred Anderson fell on his sword, but don’t worry — it’s only a flesh wound. He’s already the former CFO, and now he’s just resigning from the board of directors.

これまでのところ Jobs が被った被害は、アップル社が出した簡単な釈明書に彼の名前を付けることだけだった。

The only consequence for Jobs so far is the need to have his name appended to a terse apology from Apple corporate:

「私の監督下でこのような問題が起きたことを、アップルの株主および従業員のみなさんにお詫びする。これはアップルにまったくそぐわないものだ。今後は残る問題を可及的速やかに解決し、このようなことが二度と再び起きないように適切な改善策を講じていく。」

“I apologize to Apple’s shareholders and employees for these problems, which happened on my watch. They are completely out of character for Apple,” said Steve Jobs, Apple’s CEO. “We will now work to resolve the remaining issues as quickly as possible and to put the proper remedial measures in place to ensure that this never happens again.”

二度と再びかかる事態を起こさないための改善策なら、証券取引委員会(SEC)がとっくにオプション付与の適切な開示ルールを義務付けている。

Fools should note that the remedial measures that ensure this never happens again have pretty much already been mandated by the SEC through more timely options-grant disclosure rules.

      *      *      *

身内に甘い厚遇

こういう行為が「アップルにそぐわない」というのなら、Steve はほかの例を見たらいい。Jobs が自らの帝国(iEmpire)を造り上げるに際して、株主の利益をないがしろにしてきたのではないかといつも私は感じてきた。株式の希薄化(share dilution)を見てみたらいい。過去二年についてみると、それは一年当たり9%にも達する。アップルは内部の人間には信じられないほど気前がいいのだ。例えば役員になると年間5万ドルの現金給与の他に1万株の(確定給付で、直ちに行使できる)ストックオプションを与えられる。現在価格に直すと75万ドル分が上乗せされるというわけ。そうなんだ。役員の仕事はそんなに大変なので年間合計80万ドルのほか、毎年アップルコンピュータ2台をタダで貰えるのだ。

And as for this sort of behavior being “out of character for Apple,” go ahead and pull the other one, Steve. I’ve always felt that Jobs put shareholders at the back of the line while building his iEmpire. Just take a look at the share dilution, running nearly 9% per year for the past two years. Apple is incredibly generous to insiders. Directors, for example, get $50,000 per year in cash, plus 10,000 options, immediately vested and exercisable — that’s worth another $750,000 per year at today’s prices. Oh, yeah, and because $800,000 a year is such a hardship, directors also get two free Apple computer systems per year.

それに、Jobs のサラリーに関する長年の、メディア受けのいい茶番を覚えているだろうか。Jobs のサラリーは年間1ドルだとアップルは大げさに宣伝してみせる。おかげでやりての新聞記者たちは、正気とは思えないほどのストックオプションやちょっとしたサービスを都合良く忘れてくれるのだ。9000 万ドルの Gulfstream V ジェット機や、何十万ドル分もの業務経費といったちょっとしたサービスを・・・

And remember the long-running, media-friendly farce about Jobs’ salary? Apple would tout that $1-per-year sum while letting the naive newshounds out there conveniently ignore insanely huge options grants and other minor perks — like a $90 million Gulfstream V jet, plus hundreds of thousands of dollars in operating costs.

この数年間、アップルの株主が何でも許したくなるほど利益を得てきたのは事実だ。景気のいいときは簡単に気前が良くなる。しかしアップルの高額オプションのほとんどは景気の悪いときに限って行われたようにみえる。しかも疑わしいほど圧縮された低い価格で。これで経営者の真の体質が見えるのではないだろうか。(ウォールストリートジャーナルは、いつオプション付与が行われたかを示すおもしろいグラフを載せている。)

Of course, over the past couple of years, Apple shareholders have seen gains large enough that they could forgive just about anything. But it’s easy for everyone to be sanguine when the good times roll. It’s only in lean times — during which many of Apple’s largest option grants seem to have been given, at suspiciously depressed prices — that we see management’s true colors. (The Wall Street Journal has some interesting graphs — login required — showing when such grants were made.)

      *      *      *

このあと Motley Fool は、同じような不祥事に見舞われた Boeing や Raytheon などの例を挙げる。しかし、Jobs はメディアの寵児なので騒ぎもすぐ収まるだろうとの見通しを示している。何があっても傷つかない「テフロンスティーブ」(Teflon Steve)だというわけだ。

そして、Motley Fool はつぎのように結んでいる。

      *      *      *

盗作も、不適切なストックオプションの付与も、被害者なしではすまない。しかし、カネを奪われた被害者を簡単には特定できないことから、被害者がいないように見えてしまう。

Neither plagiarism nor improperly granted stock options represent victimless acts — though the lack of an easily identified, cash-deprived victim may make it seem that way.

だからこそ、アップルの取締役会はここで乗り出すべきなのだ。なにも Jobs にクパチーノの会社をやめろといっているのではない。しかし、アップルの強気の倫理コードや、一番美味しいときにストックオプションを行使したことを Jobs が知っていたのを考えると、痛みを伴わない謝罪だけでは不十分で、もっとなにかが必要なことは明らかだ。公共心を持った取締役会のメンバーたる(同時に役員報酬委員会のメンバーでもある)Al Gore なら、地球温暖化のことなぞ一時措(お)いておいて、その高邁な義憤を企業統治(corporate governance)を高めることに向けてはどうだろうか。

That’s why Apple’s board ought to step up here. I’m not saying Jobs should be run out of Cupertino on a rail, but given Apple’s tough-talking code of ethics, and Jobs’ admitted knowledge of cherry-picked grant dates, it’s clear to me that something other than a pain-free apology is in order. Maybe public-minded board (and compensation committee) member Al Gore could take a breather from global warming and divert a little of that righteous indignation of his toward cleaner corporate governance?

そして、アメリカでも最も簡単に手に入る手取り80万ドルの給料のどれかひとつでも、思い切って賭けてみたらどうか。とはいっても、固唾を呑んでそれを期待する気持ちにもないけれど・・・

And risk one of the easiest $800,000-a-year take-homes in America? Yeah, I’m not holding my breath, either.

      *      *      *

参考:

・Motley Fool:”Apple: Rotten at the Core“:10月6日
・Bloomberg:”Apple’s Jobs Apologizes to Shareholders Over Options Backdating“:10月5日
・Bloomberg:”Apple Says Steve Jobs Knew About Backdated Stock-Option Awards“:10月4日
・Bloomberg:”Apple Says Jobs Knew About Backdated Option Awards (Update3)“:10月4日
・Wall Street Journal:”Analysts React To Apple’s“:10月5日
・Wall Street Journal:”Apple Says CEO Jobs Knew About Options Backdating“:10月4日
・Wall Street Journal:”Apple Statement on Options Probe“:10月4日
・BusinessWeek:”Apple shares slip on stock option report“:10月5日
・BusinessWeek:”Apple Comes Clean on Options“:10月4日
・BusinessWeek:”Jobs apologies for Apple stock options“:10月4日
・New York Times:”Apple Says Jobs Knew of Options“:10月4日
・USA Today:”Jobs didn’t know of stock options’ accounting issues“:10月5日
・San Jose Mercury News:”A timeline of Apple stock-options probe“:10月5日
・San Jose Mercury News:”CEO Jobs knew of bakdating at Apple“:10月4日
・San Jose Mercury News:”Apple exec resigns from board; Jobs aware of backdating“:10月4日
・San Francisco Chronicle:”Former CFO Anderson steered Apple through some rough times“:10月5日
・San Francisco Chronicle:”Apple’s stock-option probe clears Jobs Director resigns, but …“:10月5日
・San Francisco Chronicle:”Jobs knew of Apple stock options practice“:10月4日
・Los Angeles Times:”Apple CEO Knew of Backdating“:10月5日
・CNN:”Apple: Jobs knew about options grants“:10月4日
・CNN:”Apple finds irregularities in stock option grants“:10月4日
・Reuters:”UPDATE 1-Apple finds irregularities in stock option grants“:10月4日
・Reuters:”Apple finds irregularities in stock option grants“:10月4日
・BBC:”Apple finds stock option problems“:10月5日
・Guardian Unlimited:”Apple founder apologises for share options scandal“:10月5日
・Times Online:”Jobs apologises as Apple admits manipulating options“:10月5日
・Financial Times:”Apple chief knew about stock options“:10月4日
・CNET:”Apple board member resigns in options probe“:10月4日
・ZDNet UK:”Former CFO quits Apple in stock options probe“:10月5日
・Seeking Alpha:”Something’s Rotten at Apple: 15 Instances of Options Backdating …“:10月5日
・InformationWeek:”Apple Finds Irregularities In Stock Option Grants“:10月5日
・Inquirer:”Apple probe finds improper tranactions – report“:10月5日
・Register:”Apple options review claims Anderson’s scalp“:10月4日
・Computerworld:”Apple: Steve Jobs knew of stock option backdating“:10月4日
・PC World:”Apple: Jobs Knew of Backdating“:10月5日
・PC Pro:”Stock options investigation claims Apple director“:10月5日
・TechWeb:”Wall Street Unmoved By Apple Stock Troubles”:10月5日
・TechWeb:”Apple Says CEO Jobs Knew About Backdating Of Stock Options“:10月4日
・Ars Technica:”Steve Jobs knew about options backdating“:10月4日
・Macworld:”Former Apple CFO resigns from board after investigation“:10月4日
・Macworld UK:”Apple stock option probe complete“:10月5日
・MacNN:”Apple CEO clear of stock scandal?“:10月5日
・MacNN:”Stock option issues: Jobs apologizes“:10月4日
・The Mac Observer:”Analyst: Minimal Impact Seen From Stock Options Probe“:10月5日
・The Mac Observer:”Analyst: Apple Options Disclosure a Positive Step“:10月5日
・The Mac Observer:”Apple: No Misconduct By Current Mgmt., CEO Steve Jobs Apologizes”:10月4日
・MacFixIt:”Apple’s stock option irregularities investigation: Fred Anderson …“:10月4日
・Think Secret:”Former Apple CFO resigns from board as stock option investigation completes“:10月4日
・Apple Insider:”Fomer CFO Fred Anderson resigns from Apple board“:10月4日
・Apple Insider:”Apple probe finds irregularities; Jobs apologizes“:10月4日
・Mac Rumors:”Apple Stock Irregularities Probe Completed, Fallout Begins“:10月4日

Technorati Tags: ,

2006年 9月 28日

Steve Jobs はストックオプションに足もとをすくわれるか

Reality_Distortion

具体的な製品と違って特許とか訴訟となるとなかなか話が分かりにくい。ストックオプションの話もそうだ。

英国のタイムズが、Steve Jobs とストックオプションについて興味深い記事を書いている。

Times:”Core values” by Chris Ayres:9月26日

書き出しは、”Showtime” イベントの当日に放映された CNBC のインタビューから始まる。

いみじくもアップルの従業員がいいだしたといわれる Jobs の「現実歪曲空間」(reality distortion field)、即ち「事実がどうであれ、誰に対してでも、どんなことでも信じ込ませる並外れた能力」に絡めながら、タイムズの Chris Ayres は次のように書き始める。

      *      *      *

CNBC インタビュー

「われわれは、SEC からも誰からも、捜査を受けていない」と、アメリカで恐れられている金融監督機関について Jobs はいった。「しかし、我々は自らの調査を始めた。いくつかの反則(irregularities)が見つかった。そして・・・正当な手続きに従って調査を継続している。それほど遠くない時期に完了するだろう。」

“We’re not under investigation by the SEC or anyone else,” said Jobs, referring to America’s much-feared financial regulator. “[But] we did start our own investigation,” he continued. “We did discover some irregularities, and we’re, y’know, letting that investigation have it’s due course . . . and it’ll be completed in the not too distant future.”

アップル CEO の仕草は、心気症の患者が抱える幻覚症状を優しく追いやる医者のそれを思わせた。カメラから Jobs が消えて、サンフランシスコのアップル新製品発表会場の外にいるレポーターに切り替わったとき、消防車の激しいサイレンの音が背景に聞こえて、現実に引き戻されてホッとした感じがしたものだ。

The Apple CEO’s manner was that of a doctor, gently dismissing the latest phantom symptom of a hypochondriac patient. And when the camera cut from Jobs to a reporter standing outside Apple’s latest product launch event in San Francisco — a fire engine wailing portentously in the background — it was tempting to feel reassured.

      *      *      *

壊滅的影響も

しかし、これまでアメリカ企業のスキャンダルを追ってきたものにとっては、これはひどく不安を感じさせるものだった。いったいどうして Jobs は SEC がアップルの口座を捜査していないなどと断言できるのだろうか。この iPod メーカーはこの8月に、2002 年以降の同社の財務諸表は「信頼できない」といって投資家をパニックに陥らせたばかりなのだ。更には、Jobs が語ったように「反則」という事実があり、これは彼自身の報酬と直接に絡んでいるのだ。

But to anyone who has followed the script of any previous corporate scandal in the United States, it was deeply unsettling. For example: how could Jobs possibly know for certain that the SEC wasn’t investigating Apple’s accounts? Especially given that the iPod manufacturer had left investors panicking in August by declaring that financial reports issued by the company since 2002 “should not be relied upon” — not to mention the fact that the “irregularities” of which Jobs spoke were related directly to his own remuneration package.

アップルの捜査の意味するところは、税法上の罰則、SEC の罰金、不正行為の告訴や裁判の可能性、どれをとっても壊滅的だ。このため、金融街のメリルリンチのアナリスト Richard Farmer は、「Steve Jobs がアップルの CEO として職を継続できなくなるリスクすらある」と指摘したメモを顧客に送付したほどだ。

Clearly, the implications of the Apple investigation, in terms of tax penalties, SEC fines, possible fraud charges and lawsuits, were potentially catastrophic. Hence the note sent out to clients by the Wall Street analyst Richard Farmer, of Merrill Lynch, which brought up the “potential risk . . . that Steve Jobs might be unable to continue as CEO of Apple”.

自らの経歴の第二幕を飾っている Jobs は、ひょっとしたらそんな可能性にすら思いが至らないのかもしれない。もしかしたら、彼自身自らの現実歪曲空間のワナに落ちたのかもしれない。ともあれ、彼以外のすべてのひとにはひとつの疑問が残る:アップルは芯まで腐ってしまったのか、と。

Perhaps Jobs, already on to the second act of his career, couldn’t bring himself to even think of such a possibility. Perhaps he had fallen victim to his own reality distortion field. Regardless, the question on everyone else’s minds remained: had that beautiful white Apple turned rotten at its core?

      *      *      *

とてもアップルに対して好意的とはいえないが、ことの重大さだけは伝わってくる。

このあと Chris Ayres は、Jobs の経歴を彼の出自まで含めて振り返る。Jobs はカルトの指導者(cult leader)や22世紀の独裁者(dictator from the 22nd century)、あるいは異次元からきたエイリアンのプリンス(alien prince)になれたかもしれないと Ayres はいう。

そして最後にストックオプションの話になる。

      *      *      *

ストックオプション

21世紀の奇跡の人という Jobs の評判を完璧なものにしたのは、彼がアップルから1ドルしか給料を受け取らないということだった。それは iTunes から1年に1曲だけ買ってお釣りを1セントもらうという額でしかなかった。ここでもまた、現実はこのイメージとだいぶ異なるのだ。実際のところ Jobs は 9000 万ドル相当の Gulfstream V ジェット機をもらったし、株のオプションでものすごい金持ちだ。(といっても紙切れでの話だけれど・・・)このオプションこそ、今日迫りくる危機の原因なのだ。

Jobs’s reputation as a 21st-century miracle man was completed by his refusal to take anything other than $1 in salary from Apple — enough to buy a single track on iTunes every year, leaving one cent change. Once again, however, the reality was very different: Jobs had in fact been given a $90 million Gulfstream V jet by Apple, and was getting extraordinarily rich (on paper, at least) from share options — the same options that would cause today’s looming crisis.

簡単にいうと、「株式購入選択権」(share option、ストックオプション)とはこういうことだ。ある特定の日付で社員に対して会社が一定数の株を発行する。社員は将来、これらの株を「行使価格」(strike price)で購入できる権利を持つ。通常発行当日の株価がその価格となる。発行日から権利行使日(exercise date)の間に会社の株が上がるほど、社員の利益は大きくなる。このツケを払うのは投資家だ。なぜならオプションとして株が発行された分、株の価値が薄まってしまうからだ。それなのに、投資家も、オプションを保有する社員も、株価が上昇することを望む。両者の利害は連動しているのだ。株式市場は一般的にいって、現金のボーナスや高い給料よりストックオプションによる報奨の方を好む。

Put simply, share options work like this: on a specific date, a company issues a certain number of shares to an employee. The employee can buy these shares at a fixed “strike price” —usually their value on the day they were issued — at a future date. The more the company’s stock goes up between the issue date and the “exercise” date, the more profit the employee stands to make. Investors foot the bill for this, because the value of their shares is diluted when a company issues more shares as options. And yet, because the interests of option-holding employees and investors are supposedly aligned — they both want the shares to rise in value — Wall Street generally prefers stock option incentives to cash bonuses and big salaries.

      *      *      *

バックデートによる操作

しかしこのストックオプションは、いわゆる「バックデート」(backdating)による操作が可能なのだ。会社が行使価格を人為的に低くして、儲けが確実になるよう不正操作するときにバックデートが起きる。金融街はこういった手法が数年来行われてきたのではないかとの懸念を持っている。オプションの行使価格が当該会社株の最低価格と疑わしいほど一致しているからだ。この点がアップルの内部調査のポイントであり、このほか百を超える会社で調査されている問題点なのだ。2000 年1月に Jobs は、 アップルから 1000 万株のストックオプションの発行を受けたと考えられている。その行使価格は、その月の最低株価と一致していた。権利を実際に行使して支払いを受けていたらその利益は5億ドルに達したと考えられるが、Jobs はその支払いを受けていない。不思議なことにアップルは、2003 年にオプションの付与をキャンセルし、再度改めて付与し直しているのだ。

But stock options can be manipulated by so-called “backdating”. This happens when a company artificially sets the strike price of an option low, essentially rigging it so that a profit is guaranteed. There is growing concern on Wall Street that this practice has been going on for years — with the strike price of many options suspiciously matching the annual low-points of companies’ share prices. This is the subject of Apple’s internal investigation, as well as investigations at 100 or so other US companies. It is thought that in January 2000 Jobs was issued ten million share options by Apple, with a strike price that corresponded to the company’s lowest share price for that month. The resulting profit could have been as high as half-a-billion dollars — but Jobs never collected it. Apple mysteriously cancelled the grant in 2003 and replaced it with another.

Jobs のケースは、1997 年に彼が CEO になって以来一度としてアップル社の報酬委員会に連なったことがないという点では彼に有利に働いている。ところが彼は Pixar(Jobs が保有していたアニメスタジオで、今年始めにディズニーに売却)の役員だったときにも、疑わしいほど低い価格でストックオプションを受けたという報告があり、それがマイナスになっている。あちこちに出回っているグラフによると、その行使価格は Pixar の通年の最低株価とほとんど合致している。Pixar からオプション株を受け取った役員に Jobs がはいっていない可能性もあるが、しかしながら彼の関係した会社が、一社ならず二社までも拡大しつつあるスキャンダルの渦中にあることは多くの問題を孕んでいる。

Jobs’s case is made stronger by the fact that he never sat on Apple’s remuneration committee after becoming CEO in 1997. But it has also been undermined by reports claiming that executives at Pixar, the animation studio owned by Jobs until he sold it to Walt Disney this year, also received stock option grants at suspiciously low prices (the strike prices corresponded almost exactly to Pixar’s annual share price lows, as demonstrated by a series of widely-circulated graphs). Jobs might not have been one of the Pixar executives awarded any options, but the very fact that not one but two of his companies are now caught up in the widening scandal raises more questions.

      *      *      *

Jobs はどうなる?

突き詰めていえばこういうことだ。コンピュータをギャラリー展示物のように華やかなものにし、音楽の販売と楽しみ方に革命をもたらした男が、彼が設立した会社から二度までも追われる羽目になるのだろうか。財産の評価額は 44 億ドルにも達するというのに、ストックオプションの不正利用というバカげたことで身を滅ぼすことになるのだろうか。アップルの調査が終わるまでは何も言えない。しかしながら、ウォールストリートジャーナルのコラムニスト Jesse Eisinger は次のように予言している。「内部規制に基づいてちゃんとやっている会社や役員がいる一方、とんでもないことをするものたちがいるのも事実だ。・・・たぶん結果は、比較的少数の言語道断のものたちが罰を受け、それ以外の大部分は罪を免れるということになるだろう。」

The bottom line, of course, is this: will the man who turned computers into gallery exhibits, and who revolutionised the way music is sold and consumed, end up being fired from the company he co-founded for a second time? Will he be ruined by something as idiotic as a rigged stock option, when his fortune is already valued at about $4.4 billion? Until Apple’s investigation is over, it’s impossible to say. Yet Jesse Eisinger, columnist for The Wall Street Journal, made this prediction: “It’s clear that some companies and executives behaved egregiously while others may merely have had lapses in their internal controls . . . the likely outcome is that a relatively small number of the most egregious actors will be punished. Most of the rest will skate free.”

最悪のシナリオの場合、妻と四人の子供(うちひとりは元ガールフレンドの子)がいる Jobs は詐欺罪に問われることになる。すでにアップルは、SEC に対して「虚偽の、誤解を招く報告をし、不法な何百万ドルという利益を得るために」オプションのバックデートを行ったとして、ある訴訟の対象となっている。一番軽くて済むケースは、財務諸表の修正、なにがしかの税金の余分な支払い、いくつかの訴訟の和解などでみな潔白となり、さらに 6000 万台の iPod が売れるという展開だろう。

In the worst case scenario, Jobs, now married with four children (one of whom was born to an ex-girlfriend), could get caught up in a fraud case. Indeed, Apple is already the subject of a lawsuit claiming that the company filed “false and misleading statements” to the SEC and backdated options to reap “millions of dollars in unlawful profits”. The best case scenario is that some corrected financial reports are prepared, some extra taxes are paid, some lawsuits are settled out of court, everyone is cleared and another 60 million s are sold.

Jobs を妨げるものは何もないようにみえる。アメリカのマスメディアですら彼の味方だ。たしかに、アメリカ経済に多大の貢献をし、株主にも巨大な富をもたらした人間を誰が引きずり下ろしたりするだろうか。

Jobs certainly appears undeterred — and the American press, so far, seems to be on his side. After all, why take down a man who has obviously contributed so much to the American economy, making huge wealth for shareholders along the way?

      *      *      *

“Showtime” イベント

この間、アップルの株価は、当初のストックオプション調査のショックから完全に立ち直った。二週間前の CNBC インタビューの当日 Jobs が行ったプレゼンテーションがその原因のひとつだ。新しい iTunes 映画ダウンロードサービスを発表し、噂の iPhone やワイドスクリーン iPod についての質問をうまくさばき、iTV という名の装置のベールを剥いでみせたのだ。iTV は、iTunes ユーザーが他の部屋にあるハイファイ装置に音楽をワイヤレスで送れるように、他の部屋にあるテレビにマックからワイヤレスで映画も送信できるという。

Apple’s shares, meanwhile, have completely recovered from the initial shock of the options investigation. One of the reasons was the presentation made by Jobs on the day of his CNBC interview a fortnight ago. He unveiled a new movie downloading service for iTunes, fielded questions about the much-rumoured iPhone and widescreen iPod, and unveiled a gadget called iTV that can beam video across a wireless network — allowing people to send movies wirelessly from their iMacs to their TV sets in different rooms, in the same way that iTunes users can already send music wirelessly to their hi-fi systems in different rooms.

Jobs の映画ダウンロードサービスはライバルアマゾン社のサービスに比べ中途半端なものと受け取られたが、iTV は画期的な技術として直ちにヒットした。オンラインのビジネスウィークは「iTV がショーを席巻(せっけん)した」と宣言した。

While Jobs’s movie downloading service was seen as half-hearted compared with the rival service from Amazon.com, iTV was immediately applauded as a huge breakthrough. “iTV stole the show”, declared the online edition of Business Week.

舞台では、ビームに乗って歪みながら姿が消えていく中で Jobs がいっている。「とってもクールだろう?」

Back on stage, Jobs was beaming. “Pretty cool, huh?” he said, as reality twisted and turned.

      *      *      *

なかなか醒めた、辛辣な記事だ。

大西洋を越えると、こんな書き方もできるということだろうか。確かにアメリカのマスメディアはここまでは書くまい。

ストックオプションのバックデートはアップルに限らないとの話もあり、会社に対する税の追徴など関係のない従業員にまで被害をもたらすことが問題になっているようだ。

こういう話は門外漢にはなかなかむずかしいが、その行方は予断を許さないということなのだろう。

Technorati Tags: , ,

2006年 9月 14日

CNBC の Jobs インタビュー

Filed under: ひと,アップル — shiro @ 07:25
Tags: , ,

CNBC_interview

「Battle for the Living Room」(お茶の間侵攻作戦)と題する CNBC の Jobs へのインタビューがある。

9月12日のスペシャルイベントの後で収録されたものだ。

YouTube:”Steve Jobs interviewed on CNBC – September 12 2006“:9月13日

Jobs が答えているのは二点。iPod の売れ行きとストックオプションの話だ。

iPod には季節波動(seasonal)がある、これから最大のホリデイシーズンになる、これほど売れたものはなくこれから前人未到の海図のない世界(uncharted area)になる、などと答えているのが印象的。

ストックオプションについては、調査が終わるまではお話しない、と。

いつものインタビューに比べて、Jobs が下を向いている瞬間が多いような気がした。

レポーターの背後で、サンフランシスコの消防自動車のサイレンがうるさいのがおかしい。

Technorati Tags: ,