maclalalaweblog

2007年 6月 10日

iPhone の隠し味はグーグル?

googleapple2

少し前になるが、iPhone を契機にアップルとグーグルがさらに強固な同盟を組むことを予言したひとがいる。タイムの Jeremy Caplan だ。

Time:”iPhone’s Secret Ingredient: Google” by Jeremy Caplan:6月1日

      *      *      *

隠し味

アップルとグーグルは切り離せない仲となった。YouTube ビデオがまもなく Apple TVで再生できるようになると、今週 Steve Jobs は語った。グーグルは最近、マックユーザー向けのデスクトップ検索プログラムを発表した。グーグルのツールは、6月に登場するアップル特製の iPhone の重要な隠し味(secret sauce)になってきているようだ。

Apple and Google just can’t stand to be apart. Apple CEO Steve Jobs announced this week that Apple TV will soon play YouTube videos. Google recently unveiled a desktop search program especially for Mac users. And Google tools increasingly appear to be a key part of the secret sauce behind Apple’s signature new gadget, the iPhone, set for release in June.

      *      *      *

Gapple

この二つのブランドには熱心なファンがついている。それにグーグルの Eric Schmidt がアップル取締役会に加わっていることもあって、両社はその結びつきの相乗効果を享受するに至っている。これはまさに Gapple[Google + Apple]の力だ。

Both brands are beloved by legions of fans, and with Google CEO Eric Schmidt embedded on Apple’s board of directors, the companies have gotten wise to the benefits of synergistic coupling. Call it the power of Gapple.

      *      *      *

一括登録(universal access

グーグルのモバイル製品マネージャ Sumit Agarwal はつぎのように語る。グーグルはずっとアップルと協同しており、検索その他一連のモバイル向けソフトをユニバーサルアクセス(universal access)に持っていきつつある、と。「一般的にいえば、マックで動くものはすべてモバイルソフトに移行するだろう。モバイル機器の技術が許す範囲内での話だが・・・。」それは、個別にグーグルサービスを登録しなくても済む一括登録(universal sign-on)も含むようだ。

Sumit Agarwal, product manager for Google Mobile, says Google has been working with Apple and is moving in the direction of universal access to its suite of search and software applications on mobile devices. “Generally speaking, everything that you see on Macs, pending the technical ability of the device itself, will migrate into mobile applications,” Agarwal says. That’s likely to include a universal sign-on, so that you don’t have to sign into each of Google’s services separately.

      *      *      *

リアルタイムに本質を捉える

グーグルのモバイルソフトは、大きなソフトをそのまま小さなデバイスに取り込むものではなく、外出中のユーザーが実際に使う基本的な機能に焦点をあてて、必要最小限にスリム化したものとなる。「例えばブロガーについていえば、たくさんのコメントが投稿できることは重要でない。その瞬間の本質を捉え、リアルタイムでシェアできるからだ。スナップ写真を撮って、音声の説明を加えればいい。」

Rather than dumping huge applications onto small devices, Google’s mobile applications are streamlined and stripped down to focus on the primary ways consumers use them on the go. “With Blogger, for example, it isn’t as important that I be able to leave lots of comments, as that I can capture the essence of what I’m doing at that moment and share it in real time,” Agarwal says. “I may want to snap a photo of a monument and store a voice annotation.”

      *      *      *

ウィジェットいろいろ

グーグルとして他にオファーできるものは何か。グーグルリーダー(Google Reader)ウィジェットか。[グーグルが LG と一緒に立ち上げた]ポータルでは最近ブログ閲覧ツールを発表し、オフラインでのアクセスも可能になった。iPhone はリーダーにアクセスできるブラウザを持っているが、高速アクセスができないような場面では、ウィジェットは特に有用だと考えられる。それに今や YouTube が Apple TV で見れるのだから YouTube iPhone ウィジェットなんかどうだろうか。

What else might Google offer? Possibly a Google Reader widget. The portal recently announced that its blog-reading tool can now be accessed offline. And though the iPhone could access Reader through its browser, a widget would be particularly useful when speedy mobile Web access isn’t available. And why not a YouTube iPhone widget, now that YouTube is on Apple TV?

      *      *      *

途中はしょったが、要はグーグルが iPhone にとって欠かせないパートナーになるというわけだ。

アップル・グーグル同盟の噂は、WWDC を一両日後に控えてにわかに大きくなっている。

Wired Blogs [Epicenter]:”A big Google-Apple partnership next week? Bet on it.” by Fred Vogelstein:6月7日

      *      *      *

クラウド・コンピューティング(cloud computing

いつもなら、Steve Jobs がつぎにどんな動きに出るかなどと騒々しく噂をする連中には加わらないのだけれど、今回はどうにも堪(こら)えきれない。Jobs は月曜日にサンフランシスコの WWDC の舞台に立って彼が最も得意とすること、アップルの最新製品について語り、地球上でもっともカリスマチックな CEO としての座を確固たるものにすることになる。彼は多分新しい iPod や iPhone などについて発表するだろう。ひとつだけ、彼が間違いなく発表すると確信していることがある。未来にとって影響の大きいグーグルとの「クラウド・コンピューティング」(cloud computing)に関するパートナーシップだ。両社は、この数か月というも、この点に関してずっとヒントを与えてきた。そしてこのことは実に辻褄(つじつま)が合うのだ。

I don’t typically join the gaggle of folks trying to guess what Steve Jobs’ next move is going to be, but for once I can’t resist. On Monday Jobs is taking the stage at Apple’s worldwide developers conference in San Francisco to do what he does best – tell us all about Apple’s latest products and reinforce his place as the most charismatic CEO on the planet. He’ll probably announced a new Ipod, tell us more about the iPhone  etc etc. One announcement I’m almost sure of, however : A far reaching, cloud computing partnership with Google. Both companies have been hinting about it for months, and it makes perfect sense.

      *      *      *

ドット・マック(.Mac

クラウド・コンピューティング(cloud computing)は、技術の世界でいま最もホットな話題だ。アップルは完全に立ち後れていて、なんとかしなければならないと考えている。アップルはすばらしいハードを作る。しかし、クラウド・ベースのストレージ・サービスである「.Mac」(ドット・マック)については何年も改善できずにいる。.Mac では1年 100 ドルで 1GB のストレージを利用できる。その倍をタダで利用できる時代だというのにこれではお笑い草だ。

Cloud computing is the hot new thing in the world of technology right now; Apple is a complete laggard; and it knows it needs to fix it. Apple makes beautiful hardware, but it hasn’t improved on .Mac, its cloud based storage offering, in years. You get 1GB of storage on .Mac for $100. That’s laughable in an era where you can get double that for nothing.

      *      *      *

グーグルの狙い

一方グーグルは、クラウド・ベースのハードとソフトを世界の誰よりも上手に、かつ安く運用している。どうやって稼いでいるのか。検索サービスやその他のソフトで可能な限りたくさんの利用者を確保することによってだ。想像してみてほしい。マックを買ったひとが自動的にグーグルの無料アカウントを取得し、それから発生することになるアクセスの量を・・・

Meanwhile, Google runs cloud based hardware and software better and cheaper than anyone in the world right now. How does it make money? By getting as many people as possible looking at advertising alongside search and other various software offerings. Imagine all the traffic from the following: You buy a Mac and you automatically get a free Google account.

      *      *      *

得意分野を足し合わせる

グーグルの CEO でアップルの役員でもある Eric Schmidt も、アップルのボスの Steve Jobs も、二人ともその方向に向けて真正面から取り組んでいることを示唆している。私が4月に Schmidt をインタビューしたとき、いずれそういう協力関係になると彼は述べた。「アップルが解決しようとしている問題に対して、我々は完璧なバックエンドを提供できる。彼らのユーザーインターフェイスや消費者に対する判断は大変優れている。しかし彼らは、グーグルが持っているようなスーパーコンピュータ(データセンターのこと)は持っていない。彼らが得意なのはモノを作ることで、それは大変優れているのだ。」

And the hints from Eric Schmidt, Google’s CEO and Apple board member and from Apple boss Steve Jobs point squarely in that direction. Schmidt said in April in an interview with me that he envisioned just such a relationship eventually. “We’re a perfect back end to the problems that they’re trying to solve,” Schmidt told me. “They have very good judgment on user interface and people. But they don’t have this supercomputer (that Google has), which is the data centers. What they have is a manufacturing business that’s doing quite well.”

      *      *      *

失われた時の埋め合わせ

.Mac について Jobs はどう考えているのだろうか。彼は先週のD会議でつぎのように語ってそのことを認めた。「待っていてほしい。あなたのいうことはそのとおりだ。ごく近い将来、我々は失われた時の埋め合わせをするつもりだ。」

Jobs’ response to .Mac’s whithered state? In response to a question last week he actually agreed, adding “stay tuned.” said “I couldn’t agree with you more and we will make up for lost time in the very near future.”

      *      *      *

Dでのクラウド・コンピューティング(Cloud Computing)とリッチ・クライアント(Rich Client)に関する議論はいささか分かりにくかったが、こんな形に発展するものだったのか・・・

アップルにとってグーグルは大きな隠し球(隠し味)であり,その一方グーグルにとってもアップルの魅力は大きいということだ。

イノベーションの最強の組み合わせからは何が生まれるのだろうか。

      *      *      *

参考:

・Time:”iPhone’s Secret Ingredient: Google” by Jeremy Caplan:6月1日
・TheStreet.com:”Apple, Google Connect on iPhone” by Daniel Del’Re:6月7日
・Wired Blogs [Epicenter]:”A big Google-Apple partnership next week? Bet on it.” by Fred Vogelstein:6月7日
・BusinessWeek:”Could .Mac Move To Google?” by Arik Hesseldahl:6月8日
・MacNN:”Apple, Google at WWDC: .Mac, partnership?“:6月8日
・Computerworld:”Opinion: Why a .Mac-Google Apps integration makes sense” by Seth Weintraub:6月8日
・Ars Technica:”Whither .Mac?” by Charles Jade:6月9日

Technorati Tags: , , , , , , ,

2007年 6月 3日

Dの余韻

steve_jobs_bill_gates_joi_ito

まだDの余韻の中にいる。

Asa Mathat の写真はそれほど衝撃的だった。

予期せぬ Jobs の明るい笑顔や表情に、これまで知らなかった彼の一面を垣間みたような気がした。

一枚の写真の威力だ。

ニューヨークタイムズ(John Markoff)の記事にも、Jobs と Gates のすばらしい写真が添えられている。クレジットは「Joichi Ito」、なんと伊藤穰一氏だ。

彼自身がブログで語っている。

Joi Ito’s Web:”Steve Jobs and Bill Gates at D“:5月31日

      *      *      *

Walter Mossberg と Kara Swisher が Steve Jobs と Bill Gates のインタビューをした。そしてニューヨークタイムズの John Markoff が記事にした。私が撮った写真を使ってる。やった!

Walter Mossberg and Kara Swisher interview Steve Jobs and Bill Gates. John Markoff wrote a New York Times article about this interview. They used my photo. w00t!

発言で覚えていることをいくつか。Flickr にも載せた。

A few notes of my own that I posted on Flickr:

Bill:「Steve の趣味の良さには一目置いている。」

Bill: “I’d give a lot for Steve’s taste.”

Steve:「Bill との方が、Wozniak と自分の場合より、組んでうまくいった。」

Steve: “Bill was much better at partnering than Steve Wozniak and I were.”

Steve:(秘密を守ったことについて)「我々が結婚して10年以上になる。」[正確には「我々の結婚を秘密にしてもう10年ほどになる。」]

We’ve kept secret that: Steve: “We’ve been married for 10 years.” [It was actually: “We’ve kept our marriage secret for over a decade now.”]

Bill:「私は偽 Jobs ではない。」

Bill: “I’m not the Fake Steve.”

記憶をたどって書いたので、正確な表現は少し違うかもしれない。

Quotes from memory. Exact text may be wrong.

      *      *      *

日本とアメリカを股にかけ自由に活動する伊藤穰一氏は、同国人に向けてのみ声の大きいひとと異なり異色だと思う。

ブログを始めた頃から、とても気になる存在だった。

日本生まれ、アメリカ育ちだとしても、Dのような催しに出席し、自由に動き回り、多くのひとと交わる、それは大したことに思える。

引っ込み思案というか、引きこもり症候群の筆者からみると実に羨ましい存在だ。

そんな彼が、Dの後の率直な気持ちを綴っているのを読むと、これまた親近感を覚えてしまう。

Joi Ito’s Web:”Later D and thanks for all the bits“:5月31日

      *      *      *

D5 は楽しかった。ほとんど「昔に戻った」気さえした。起業家、ベンチャーキャピタリスト、ヘッドハンター、企業のデベロッパ、大会社の CEO、いろんなみんなと話をした。ただ、カクテルパーティのおしゃべりはまだしんどい。だから早々に切り上げた。基本的に自分はシャイだと思う。「それで、いま何やってるの?」と尋ねられて、きちんと答えられないことでさらに気まずい思いをするのかもしれない。

D5 was fun. I felt almost “back in the swing of things” talking to all of the entrepreneurs, VCs, headhunters, corp dev guys, and BigCo CEOs. I still have a really hard time feeling comfortable schmoozing at cocktail parties and left most of them early. I think I’m fundamentally shy. My lack of focus and the subsequent difficulty in answering the question, “So! What do YOU do?” probably makes it worse.

有名人たちの写真を撮る方がまだいい。それでもみんなに近づいて、挨拶なしに「ハーイ」だけで済ますのはまだ苦手だ。それをなんとか乗り越えなきゃいけないのだろうけれど・・・

I’m getting better at taking photos of celebrities, but I still have a hard time going up and saying “hi!” to people without an introduction. I should probably learn to get over that.

以下、写真を撮るようになった経緯に触れたあと・・・

たくさんのことを知り、会えてよかったと思うひとにたくさん会えた。こちらカリフォルニアに住んでいたら、仕事がもっとできたのではないかと思う。その一方、菜園や堆肥のことを考えると早く帰りたくなる。自分のアイデンティティーが太平洋の両側にまたがるこんなライフスタイルは、私のような ADD[注:attention-deficit disorder、注意力欠乏症?]の精神状態にはちょうどいいのかもしれない。もっとも長期間ということになると、それでいいのかどうか分からないけれど・・・

I learned a lot and met a bunch of people who I’m glad to have met. It makes me realize that I’d probably get a lot more work done if I live out here in California. On the other hand, I miss my compost and my garden and am anxious to get back home. I guess this identity stretching lifestyle is probably the right balance for my spiritual ADD, but I’m not sure it’s really the best configuration long term…

      *      *      *

ウォールストリートジャーナル主催なのでDの司会は Walt Mossberg だった。Jobs が応じる司会者は Mossberg か Steven Levy ぐらいだろう。その Steven Levy が YouTube セッションで一般席から質問をするところを伊藤穰一氏が撮っている。

Flickr に掲載された氏の写真をみると、写されたひとの心が開いていることが分かる。彼が名写真家だと知ってうれしかった。

いろんなひとがDについて書いている。それほどインパクトの大きい催しだったということだろう。しばらくはDの感想記事を読みあさることになりそうだ。

Technorati Tags: , , ,

2007年 5月 31日

終始和やか、世紀の対決

jobs_bill_01

[Jobs and Gates at D]

「D:デジタルのすべて」会議で、Bill Gates と Steve Jobs の歴史的な顔合わせが実現した。

激しい対決になるのではないかという予想に反して、二人は終始和やかだった。

二人の大人の対応に、それを報じるニューヨークタイムズ(John Markoff)の記事も、これまた優等生的なものとなった。

New York Times:”A Trip Down Memory Lane and Over the Horizon” by John Markoff:5月31日

      *      *      *

みんなが期待したマイクロソフトの Bill Gates とアップルの Steven P. Jobs と世紀の対決は、水曜日(5月31日)の夜に行われた。古い時代の戦いと同盟関係、そしてデジタル文化と技術の未来について二人は思いを馳せた。

CARLSBAD, Calif., May 30 — In a highly anticipated encounter, Bill Gates of Microsoft and Steven P. Jobs of Apple took the stage Wednesday evening to relive old battles and alliances and speculate about the future of digital culture and technology.

二人は30年もの間ライバル同士で、公の場に二人一緒に姿を見せたことは滅多になかった。ときに協力関係を結ぶことはあっても、激しいライバル同士と見なされていた。

Rivals for three decades, the two executives have rarely appeared in public together and have generally been viewed as bitter rivals, despite occasional partnerships.

ウォールストリートジャーナル主催の会議「D:デジタルのすべて」には、600 人近い技術関係のトップが詰めかけた。二人はロックスターやハリウッドの映画スター並みの注目を浴びた。

In front of about 600 technology executives at the D: All Things Digital conference, which was sponsored by The Wall Street Journal, the two executives attracted the attention usually reserved for rock singers and Hollywood stars.

ただし、激しい火花散る戦いや対決を期待して出席したひとたちには期待外れだった。もっとも、穏やかなトーンに終始したからといって、その催しが損なわれたわけではない。コンピュータ業界の過去、現在におよぶ討議が終わったとき、ふたりはスタンディングオベーションで迎えられたのだ。

However, attendees who came hoping for fireworks or a confrontation were disappointed. The mild tone to the session did not take anything away from the event and after discussing the past and present of the computing industry, the two were greeted with a standing ovation.

jobs_bill_03

イベントが終わったあと、コンピュータ業界に長いベテランたちの多くが、これまで出席したどの催しより今回二人が一緒に登場したことは記念すべきものだったと述べた。

After the event was over a number of the attendees who are veterans of decades in the computer industry said the joint appearance was the most memorable moment of any of the many conferences they had attended.

Gates 氏と Jobs 氏は、1975 年・1976 年に始まったパーソナルコンピュータの時代を共にパイオニアとして過ごした。この夜、二人は当時の思い出を語り合った。

Mr. Gates and Mr. Jobs largely pioneered the personal computer industry beginning in 1975 and 1976 and they spent part of the evening sharing memories of those days.

「今日のコンピュータは1〜2ギガバイトのメモリーを載せて出荷される。もう誰も 128 キロバイトの時代のことを覚えていない」と Jobs 氏は語った。

Today “we ship these computers with one or two gigabytes and nobody remembers 128 kilobytes,” Mr. Jobs said.

1977 年にコンピュータ時代が始まった当時、アップルとマイクロソフトはお互いにビジネスパートナーだった。当時 Gates 氏は、Apple II コンピュータのために BASIC プログラミング言語を提供した。後に Gates 氏は、マッキントッシュのためにソフトウェアを書くという賭けに出た。それはマッキントッシュが登場する 1984 年より2年ほど前のことだった。

Apple and Microsoft were business partners at the start of the computer era beginning in 1977 when Mr. Gates supplied a copy of the BASIC programming language for the Apple II computer. Later, Mr. Gates made an early bet on writing software for the Macintosh, two years before the computer was introduced in 1984.

両氏とも、彼らがスタートさせたパーソナルコンピュータ時代が近く終わりを迎えることになるかもしれないなどとは認めようとしなかった。

Neither was willing to acknowledge the possibility that the personal computer era they helped create would end any time soon.

「PC は非常にしぶといことが証明されている」と Jobs 氏はいう。

“The PC has proven to be very resilient,” Mr. Jobs said.

また二人は、「PC 後のデバイス」(Post PC devices)とも呼ばれるハンドヘルドの通信機器が、今後爆発的に伸びることを信じていると述べた。

At the same time they called themselves believers in the explosion of hand-held communications devices, also known as “Post PC devices.”

Gates 氏は、この業界は人の動きが速すぎることに時たまフラストレーションを感じると述べた。「ひとがいたかと思うといなくなってしまうのは残念だ。もう少し長くいていてくれたら、もっとつながりが出来るのに。」

Mr. Gates said he was sometimes frustrated by the fact that the players in the industry changed so quickly. “I miss it when people come and go. It’s nice when people stick around and it gives us some context,” he said.

どちらも相手に対して激しいことばを交そうとはしなかった。最後に Jobs 氏はビートルズの曲を引用して自分の気持ちを締めくくった。「〈キミとボクはお互いに長い思い出がある。これから続く長い道よりもっと長い思い出が・・・〉 これが二人についての気持ちだ」と。

Neither man was willing to say harsh things about the other and Mr. Jobs summed up his feelings by quoting from a Beatles song: “‘You and I have memories longer than the road that stretches out ahead,’ that’s clearly true here,” he said.

      *      *      *

この顔合わせは、例によって Engadget のライブでリアルタイムでフォローした。Engadget の早さと正確さは群を抜いている。

Engadget:”Steve Jobs and Bill Gates: Historic discussion live from D 2007” by Ryan Block:5月30日

予期に反して、二人ともなかなか行儀がいい。司会が水を向けても、挑発にのることもない。

jobs_bill_02

そのうち、Ryan Block のこんな感想も混じってくる。

みんな!この二人はお互いに尊敬し合っているようだ。間違いない。厳粛な畏敬の念、深い尊敬、それが伝わってくるのだ!

[People, we’re telling you, these guys really respect each other. There’s no doubt about it. There’s a certain, sombre reverence, and profound respect. It just comes through.]

      *      *      *

Engadget を見終わったあとは、主催者のサイトで目を通す。掲載された写真は、これまでに見たことのないような雰囲気の Jobs を映し出している。一緒の Gates も実に伸びやかな表情だ。

AllThingsD:”Bill Gates and Steve Jobs” by John Paczkowski:5月30日

下世話な対決の期待とは裏腹に、二人には長い歴史を好敵手として共にしてきた者だけがもつ信頼と畏敬の念があるようだ。

この感じは、掲載されたビデオを見るに至って確信となる。

AllThingsD:”VIDEO: Steve Jobs and Bill Gates Prologue” by John Paczkowski:5月30日

どうか直接このビデオをご覧になって、ご自分の目で確かめていただきたい。全部を見るのが長過ぎる場合には、ハイライトの8分だけでもご覧いただきたい。

AllThingsD:”VIDEO: Steve Jobs and Bill Gates Highlight Ree” by John Paczkowski:5月30日

これは、実に稀な歴史的顔合わせだと思う。

Technorati Tags: , ,

2007年 5月 23日

「1984」を紹介する Steve Jobs

映画「Blade Runner」を撮ったばかりの Ridley Scott が制作、たった一度しか放映されなかったアップルの伝説的コマーシャル「1984」の紹介ビデオが見つかった。それも Steve Jobs 自身が紹介しているものだ。

TUAW:”Found Footage: Steve introduces the ‘1984’ ad” by Dave Caolo:5月22日

YouTube Video: “1983 Apple Keynote” | Added:  March 04, 2007 | From:  misha1035

      *      *      *

彼(か)の有名なるアップルのコマーシャル「1984」を紹介するすばらしいビデオだ。1984 年のスーパーボウルで放映される一週間前のもので、マッキントッシュチームと思われるにぎやかな聴衆に向けたものだ。彼らはとても気に入ったようだ。

Here’s a great video of Steve introducing the famous “1984” ad to a boisterous crowd (we’re guessing the Macintosh team) a week before it aired during the 1984 Super Bowl. I’d say they liked it.

もし Steve の得意なことをひとつ挙げるとすれば、それは説得力のあるスピーチをすることだろう。

If Steve’s good at one thing, it’s making a persuasive speech.

      *      *      *

この記事には読者の書き込み(Comment #3 by cuda440)があって、株主総会のときだったという。

追記:株主総会だった

読者の cuda440 が知らせてくれた。「これは 1984 年1月の株主総会のときのものだ。クパチーノのデアンザカレッジ、フリントセンターだ。私自身その場にいたので知っている。同僚のアップル従業員のほとんどが出席した。明らかに MacWorld より前だ。主な製品発表は株主総会で行ったものだ。」

Update: Reader cuda440 says, “That was at the January 1984 annual shareholder’s meeting, held at the Flint Center, De Anza College, Cupertino. I know because I was there, as were nearly all of my fellow Apple employees. Obviously this was before MacWorld, and the shareholder’s meeting was where major product announcements were made.”

スゴい! cuda440、教えてくれてありがとう。

Cool! Thanks for the info, cuda440!

      *      *      *

さらには、別の書き込み(Comment #8 by Z)もあって、いやハワイでのセールス会議だったという。[注:Wikipedia の解説と合致する]

追記2:いやハワイのセールス会議だった

これは本当は株主総会の数か月前、ホノルルで開かれたアップルセールス会議(Apple Sales Meeting)で撮影されたものだ。「先頭を切って」(Leading the Way)が会議のテーマで、導入部の曲はこのイベントために特別に作曲されたものだ。この会議に参加したのはアップルのセールス部隊、アップルの幹部、新製品開発に関係した従業員、それに広告エージェンシーの Chiat/Day チームだった。

Acutally, this was shot at the Apple Sales Meeting held in Honolulu in the Fall of 1983, several months prior to the shareholder’s meeting. The theme of the sales meeting was “Leading the Way” and the lead-in music was specially written for the event. Attending this meeting were Apple’s sales force, Apple management, employees who were involved with new product introductions, and the Chiat/Day agency team.

セールス部隊の大部分が、アップルの流通チャンネルのディーラーたちだった。IBM がチャンネルを排除したため、たくさんのディーラーがアップルに戻ってきたと Steve が強調したとき、聴衆が大きな反応を示すのが聞き取れる。株主総会ならこんな反応はない。

Apple’s sales force was predominantly dealer channel oriented; you can hear how strongly the audience reacts when Steve highlights how dealers are increasing turning back to Apple as IBM is alienating the channel. Clearly not the type of reaction you’d hear at a shareholder’s meeting.

      *      *      *

何の会議だったにせよ、IBM がなぜビッグブラザーなのか、Jobs の説明を聞くと納得できる。

二十歳代の Steve Jobs は、既にこの時点でプレゼンテーションの天才だった。

それにしてもなんと若々しく、自信に満ち溢れていることか・・・

マックファンにとって必見のビデオだ。

Technorati Tags: , , , ,

(more…)

2007年 5月 12日

株主総会での Jobs 発言集

Filed under: ひと,アップル — shiro @ 10:45
Tags: , , ,

jobs-2

向かうところ敵無しという感じの Steve Jobs だ。

5月10日の株主総会でアップルの取締役会は再選され、アップルの株価も上がった。

株主総会での Jobs の発言はおもしろい。彼の片言隻語を捉えてこれから多くのことが語られるだろう。

主として Macworld の記事をベースに Jobs の発言を以下に集めた。

Macworld:”Jobs addresses backdating, environment at shareholder meeting” by Jim Dalrymple:5月10日

      *      *      *

ストックオプション

「私の分のストックオプションは、[実際にはアップルの株価が下がって、行使価格の方が]高いものだった。でも、会社に[損した分を]弁償しろとはいわなかった。」

“I actually got my options at a higher price, but I didn’t ask the company to reimburse me,” said Jobs.

Fred Anderson のコメント

「Fred Anderson はいくつかのコメントをしている。彼とは長い間一緒に仕事をして、とてもいいヤツだと思っている。しかし、彼のコメントはいささか間違っていると思う。」

“Fred Anderson did make some comments,” Jobs said. “I’ve worked with Fred for many years and I think he’s an awfully good guy, but I thought his comments were a little wrong.”

グリーンピース

「あなた方の団体[Greenpeace]は原理原則に偏り過ぎ、事実を十分見ていないと思う。あなたたちは、ずっと遠い将来何をするかという計画だけで企業を判断している。実際に何をやっているかを見るべきだ。あなたたちは輝かしき原理原則(glorified principles)に重点を置き過ぎ、科学やエンジニアリングにはあまりに重点を置いていない。あなたの団体がもう少しエンジニアを雇って、実際に企業と話をし、彼らがやっていることを調べるといいと思う。彼らが語る美しいことば(flowery language)を聞くだけでだめだ。ほとんどの会社は現実には何もやっていないのだから。これが私の考えだ。」

“I think your organization particularly depends too much on principle and not enough on fact,” Jobs said to the Greenpeace representatives. “You guys rate people based on what people say their plans are in the distant future, not what they are doing today. I think you put way too much weight on these glorified principles and way too little weight on science and engineering. It would be very helpful if your organization hired a few more engineers and actually entered into dialog with companies to find out what they are really doing and not just listen to all the flowery language when in reality most of them aren’t doing anything. That’s my opinion.”

役員報酬

「私の分[1ドルの報酬]についてはとても簡単だ。出社することで年間50セント貰う。残りの50セントは私の業績に対するものだ。」

“It’s a pretty simple meeting when it comes to me,” Jobs said. “I get 50 cents a year just for showing up, and the other 50 cents is based on my performance.”

Leopard の遅れ

「Leopard は待つだけの価値がある。」

“Leopard will be worth the wait,” Jobs promised.

開発者の人材不足

「偉大な製品の開発が、小切手を切るみたいに簡単なことだったらいいと思う。もしそうなら、マイクロソフトはすばらしい製品をたくさん作ったことだろう。」

“I wish developing great products was as easy as writing a check,” Jobs said. “If so, then Microsoft would have great products.”

iPhone

「我々はビギナーで、学ぶべきことが多い。携帯電話市場は大きく、可能性も大だ。我々のうちの何人かは iPhone をずっと使っている。どうしても iPhone が欲しいということなら、死んだ我々の手からもぎ取るより他ない。」

“We’re beginners and we have a lot to learn,” said Jobs. “The market is large and the opportunities are great. A few of us have been using the iPhone a lot and if you wanted it back, you would have to pry it from our dead hands.”

iPhone ソフトへのサードパーティ参加

アップルはその決定について「取り組んでいる。」

Jobs did acknowledge that the company is still struggling to decide if third-party developers will be able to create software that will run on the iPhone. It’s a decision Apple “is wrestling with,” according to Jobs.

映画のレンタル

「だれにも分からない」とナゾの微笑みを浮かべて CEO はいった。

… the CEO smiled. “One never knows,” he said cryptically.

SEC に責任を問われなかったこと

米証券取引委員会(SEC)による調査では、アップルおよび Jobs は一切責任を問われなかった。

Jobs氏は「SECまでもが関与する陰謀でもないかぎり、私にはなんとも言いようがない」と答えた。[CNET Japan]

“Unless you think there’s a conspiracy involving the SEC too, I don’t know what to say,” Jobs said…

.Mac のサービス

Jobs氏は、.Macが「まだポテンシャルを完全に発揮していないという意見には同意する」と語っている。[CNET Japan]

“We agree with you that we have not achieved our full potential” when it comes to .Mac, he said.

      *      *      *

参考:

・Macworld:”Jobs addresses backdating, environment at shareholder meeting” by Jim Dalrymple:5月10日
・CNET:”Apple’s Jobs brushes aside backdating concerns” by Tom Krazit:5月10日
・CNET Japan:”S・ジョブズ氏、バックデート問題を一蹴アップル株主総会“:5月11日
・Bloomberg.com:”Steve Jobs Says SEC Probe Put Options Scandal to Rest (Update3)” by Connie Guglielmo:5月10日
・Ars Technica:”Apple shareholder meeting talks iTunes video rentals, iPhone” by Jacqui Cheng:5月10日
・AppleInsider:”Jobs: ‘I make fifty cents just for showing up‘” by Aidan Malley:5月10日
・AppleInsider:”Apple’s Jobs addresses critics, new product directions” by Daniel Eran Dilger:5月11日
・MacNN:”Notes from Apple shareholder meeting“:5月10日
・MacNN:”Apple re-elects Board, wrestles with options“:5月10日
・RoughlyDrafted:”Answers from Steve Jobs at Apple’s Shareholder Meeting” by Daniel Eran Dilger:5月10日
・Engadget:”Jobs chided, answers questions at shareholder meeting” by Ryan Block:5月11日
・New York Times:”Out of Chaos, Order. Or So Google Says.” by Miguel Helft:5月11日

Technorati Tags: , ,

2007年 4月 24日

Jobs は起訴をまぬがれる?

sec

アップルのストックオプションスキャンダルについて各紙がいっせいに書き始めた。

最初に報じたのはサンノゼマーキュリー。これまでの書類を精査し、関係者に聞いた結果をまとめて、Jobs が起訴をまぬがれるだろうと書いた。

San Jose Mercury News:”Apple’s Steve Jobs likely to avoid criminal charges in options probe” by Howard Mintz and Troy Wolverton:4月21日

      *      *      *

刑事罰の可能性はほとんどない

サンノゼマーキュリーは、Jobs に対する2001 年の膨大なストックオプション[株式購入権]付与について精査した。連邦当局は、バックデートが虚偽の書類でなされた点を問題としている。精査の結果は、シリコンバレーの偶像が刑事罰を課せられる可能性はほとんどないというものだ。

A Mercury News examination of a massive 2001 stock-options grant to Jobs that was backdated through bogus documentation – the central focus of the federal probe – shows there is scant evidence, if any, to support criminal charges against the Silicon Valley icon.

アップルは、広範囲に及ぶバックデートを Jobs が承認していたことを明らかにしたが、監督機関への報告および本件に精通する弁護士(氏名は明かせない)に聞いた話をベースにすると、自らに対するオプション付与のバックデートをJobs が命じた証拠はなく、事後にそれを隠蔽しようとした証拠もみられない。

Despite Apple’s disclosure that Jobs approved widespread backdating at Apple, there is no evidence he directed the backdating of his own grant or covered it up afterward, based on a review of regulatory filings and interviews with lawyers intimately familiar with the grant who asked not to be identified.

      *      *      *

何が問題だったか

当初から問題の焦点は、2001 年に Jobs が付与された 750 万のストックオプションをバックデートしたのが、偽造された架空の役員会の議事録によるものだったことだ。偽造書類に関わったものはそれ相応の罰を受けることになるだろうが、Jobs は刑事訴追(criminal prosecution)を受けずにすみそうだ。そして多分米証券取引委員会(SEC)の法的措置も・・・

From the start, the focus has been Jobs’ receipt of 7.5 million options in 2001 that were backdated through minutes of a board of directors meeting that never occurred. But while others involved in the falsified minutes may face consequences, Jobs appears insulated against criminal prosecution and perhaps SEC action.

      *      *      *

Jobs は関わっていない

Jobs にとって都合のいい付与日を実際に承認したのは Jobs ではなくて、キラ星のごとく有名人でいっぱいのアップルの役員会だった。アップルを窮境から救い出してくれた Jobs の労苦に報いようと、議論を重ねた挙げ句、役員会に名を連ねるつぎの著名人が決めたのだ。すなわち、Genentech の社長兼 CEO の Arthur Levinson、Oracle の強力なリーダー Larry Ellison、Intuit の前 CEO William Campbell、Gap の前社長兼 CEO の Millard Drexler だ。もちろん Jobs も役員会のメンバーだが、自分に関する決定には参加しなかった。

But it was a star-studded board of directors that actually approved the favorable grant date, not Jobs, to end a tough negotiation to compensate him for his company leadership. Among the board notables who approved the grant were Arthur Levinson, Genentech’s president and CEO; Larry Ellison, Oracle’s powerful leader; William Campbell, Intuit’s former CEO; and Millard Drexler, former president and CEO of The Gap. Jobs is also on the board, but did not vote on his own grant.

ストックオプションに詳しい法律家や弁護士によれば、Jobs 自身のバックデートを決めたのは役員会なので、検察当局が Jobs に対して証券詐欺罪(securities fraud)を立件することは難しいだろうという。通常証券詐欺罪が起訴されるのは、役員会が騙されたことを問題にするものだからだ。

Legal experts and lawyers familiar with the grant say it would be difficult for prosecutors to base a securities fraud case against Jobs on the backdating of his own grant when it was approved by the board, particularly because most securities fraud indictments allege corporate boards were deceived.

      *      *      *

Jobs に報いようとしたことが始まり

それじゃ、2001 年に実際に起きたことは何だったのか。本件に精通し、アップルが提出した書類を調査した弁護士(複数)によれば、アップルを建て直した Jobs に対し、役員会がその努力に報いようとしたことからストックオプションの問題が始まったのだという。

So what actually happened with the 2001 grant? According to lawyers familiar with the matter – and a review of the company’s public filings – the grant began with an effort by the board to reward Jobs for helping resurrect Apple.

      *      *      *

このあとサンノゼマーキュリーは、瀕死のアップルを蘇らせた Jobs の労苦に報いるべく、いろんな措置を役員会がとろうとしたことを事細かに述べる。4400 万ドルの自家用ジェット機 Gulfstream V もそのひとつだ。

しかしその後の株価低迷によって、Jobs のストックオプションの行使価格は市価を割って(under water)しまう。

Jobs をなんとかなだめようとする過程で、2001 年の架空の役員会議事録の問題が発生したのだという。

      *      *      *

それでいいのか

ついてサンノゼマーキュリーは、アップルのストックオプション問題に関する株主訴訟の主任弁護士 Mark Molumphy の発言を引用している。

「これが適切だったと当然のように信ずることができるだろうか」と Molumphy は尋ねる。「問題は・・・偽造した議事録のことを誰が知っていたかということだ。それが6万4千ドルに相当する問題だ。」

“Could you justifiably believe this was an appropriate thing to do?” Molumphy asked. “The question is … who knew about the falsified minutes? That’s the $64,000 question.”

      *      *      *

サンノゼマーキュリーの第二報は、SEC がアップルの元法律顧問に的を絞ったことを報じたものだ。

San Jose Mercury News:”SEC closes in on ex-Apple lawyer” by  Howard Mintz:4月23日

      *      *      *

今週にも・・・

今週 SEC は、アップルのバックデート捜査について、初めて法的措置をとるものと思われる。オプションの不正に関わったとしてアップルの前弁護士に狙いを絞っている。

The Securities and Exchange Commission is expected this week to bring its first legal action in the Apple backdating probe, targeting the company’s former top lawyer for her alleged role in rigging options, according to sources familiar with the matter.

前総合弁護士(General Counsel)の Nancy Heinen は、アップルの有名な Steve Jobs が関係することから異常な関心を呼ぶこととなった捜査のスケープゴートにされたのだ、SEC の告発に対しては徹底的に戦うと、彼女の弁護士は語る。・・・

Former General Counsel Nancy Heinen’s lawyers are vowing to fight any SEC charges, saying she’s the scapegoat in an investigation that has generated unusual attention because it involves Apple and Steve Jobs, its famous CEO…

・・・SEC の法的制裁には、多額の罰金から、企業における役員として一生勤務できなくなることまで含まれている。

… SEC sanctions can range from hefty fines to being barred for life from serving as an officer or director at a public company.

      *      *      *

このあとは各紙がどっと書き始めている。

今週 SEC の制裁措置がとられれば、ニュースの大洪水になるだろう。

      *      *      *

参考:

・San Jose Mercury News:”Apple’s Steve Jobs likely to avoid criminal charges in options probe” by Howard Mintz and Troy Wolverton:4月21日
・Ars Technica:”SEC unlikely to indict Steve Jobs” by Charles Jade:4月22日
・San Jose Mercury News:”SEC closes in on ex-Apple lawyer” by  Howard Mintz:4月23日
・Ars Technica:”Former Apple General Counsel in hot water with the SEC” by Justin Berk:4月23日
・Bloomberg.com:”Ex-Apple Lawyer May Face Options Suit, Attorney Says (Update6)” by Joel Rosenblatt:4月23日
・Barron’s Online:”Apple: Report Jobs In The Clear On Options Probe; But SEC Charges Seen For Former Counsel” by Eric Savitz:4月23日
・JURIST:”Ex-Apple lawyer could face SEC lawsuit for options backdating” by James M Yoch Jr:4月23日
・CNET [Reuters]:”Apple’s ex-CFO reportedly settles options probe“:4月23日
・SFGate [San Francisco Chronicle]:”Ex-Apple execs in SEC crosshairs: Deal likely with former CFO; counsel faces suit” by Jessica Guynn:4月23日
・Forbes:”SEC to File Suit Against Ex-Apple Lawyer” by May Wong:4月23日
・MarketWatch:”Tech stocks drop; Apple CEO Jobs likely won’t face charges” by John Letzing:4月23日
・New York Times:”Ex-Officers of Apple Await Suit” by John Markoff and Eric Dash:4月24日

Technorati Tags: , ,

2007年 3月 17日

アップル秘密主義の原点

アップルの秘密主義について、そうかもしれないと思わせるような記事がある。

Wired News:”Steve Jobs, Spymaster” by Leander Kahney:3月6日

      *      *      *

70万ドルの判決



[Asteroid mockup]

昨年1月、二つのウェブサイトに対する70万ドルの法廷費用支払いを判事がアップルに対して命じた。そのサイトは、未発表の「アステロイド」(Asteroid)というコードネームの製品についての記事を載せたのだ。アップルはこれらのサイトを訴え、情報を漏らしたアップル社員の名前を明らかにするように求めていたが、敗訴したものだ。

A judge ordered Apple last January to pay the $700,000 legal fees of two websites that reported on an unreleased product code-named “Asteroid.” Apple had sued the sites seeking the identities of leakers within its ranks, but lost the case.

      *      *      *

カナリアの罠

最近、アップルの元スタッフと話す機会があった。彼は何年にもわたってアップルで高い地位にあり、しばしば Steve Jobs とも仕事上密接な関係にあった。

I was talking recently with an ex-Apple staffer who worked high up at the company for many years, often closely with CEO Steve Jobs.

匿名を希望したこのプログラマーは、アステロイドという製品が、Jobs の想像力から生まれた虚構の製品だと信じていた。情報漏洩元を見つけるための、いわゆる「カナリアの罠」(canary trap)だ。

The programmer, who asked not to be named, was convinced the Asteroid product was invented, a figment of Jobs’ imagination dreamed up to find the source of leaks — the old “canary trap.”

これはスパイ活動で使われるもので、情報の漏洩元を探し出すためのトリックだ。組織内のそれぞれの人間に、少しずつ異なった情報を与え、誰が漏らすかを調べるのだ。この名称は Tom Clancy の小説からきている。英国のスパイはこのやり方を「バリウム食」と呼ぶ。消化器を調べるX線検査で呑ませるやつだ。

It’s an espionage trick used to find the source of a leak: Feed each person in the organization a slightly different piece of information, and see who sings. The name comes from the novels of Tom Clancy; British spies called the tactic a “barium meal,” after a drink given before stomach X-rays to illuminate the digestive system.

「如何に心がねじ曲がっているかということだ」とこのプログラマーはいう。「実際の製品ではやらない。実際の製品では項目が多すぎて、しかも情報が出ていってもおかしくないケースが無数にあるからだ。しかし架空の製品なら、どの情報がどこへ行ったか Steve に分かるわけだ。偽物だという証拠は、その製品が発表されないことだ。今日に至るも・・・」

“That’s how devious they are,” the programmer said. “They wouldn’t do it with a real product. There’s too many details and too many legitimate ways information could leak out. But with a phony product, Steve knows what information went where. The proof is that the product hasn’t come out — and still hasn’t.”

      *      *      *

なぜ噂サイトまで

最初話を聞いたときは、もっともらしく思えた。Jobs なら確かにやりかねない。しかしもう少し考えてみた。

At first I thought this was plausible — Jobs certainly seems capable of it — but think about it for a second.

もし Jobs がカナリアの罠を仕掛けたとしても、どうして流した偽情報の出口のサイトまで訴える必要があったのか。もし罠だとしたら、彼が仕掛けた情報が公になるだけで十分ではないか。出版したサイトまで訴える必要はない。(彼がカナリアの罠を隠蔽しようとしているのなら別だが、しかしそこまでとなるとスパイ小説以上にひねくれている。)

If Jobs was setting a canary trap, why would he need to sue the outlets of his misinformation? If it were a trap, the publication of any information he’d planted would be all he needed. Going on to sue the publications is an unnecessary step. (Unless he were trying to cover up the canary trap — but this is too devious even for a spy novel).

      *      *      *

産業スパイをあぶり出す

カナリアの罠は産業スパイをあぶり出すために広く使われている。ある私立探偵が話してくれたことがあるが、80年代半ば、シリコンバレーのある会社が、競争相手に重要な顧客を奪われるという事態が生じた。この私立探偵は、複数の顧客名簿をでっち上げた。偽の電話番号を仕組んでおいたのだ。それぞれ異なったひとにそれぞれ異なった名簿を手渡した。あとは仕掛けたどの偽電話が鳴るか、それを待つだけでよかった。

Canary traps are widely used to uncover industrial espionage. A private investigator once told me about a Silicon Valley company in the mid-’80s that had a problem losing key customers to the competition. The investigator had several lists of customers made up, each sprinkled with bogus phone numbers. Different lists were given to different people. The investigator just waited to see which of the phony phone lines he’d set up began ringing.

Jobs がこの手のスパイゲームをもてあそぶということが、最近みんなの知るところとなった。iPhone の秘密が如何に守られたかという最近の話で、守秘義務契約(nondisclosure agreement)、誤った情報、偽物のプロトタイプなどを使うやり方が表面化した。これらの話はブログや Slashdot、Digg などで広く語られている。

Recently, it seems to have become common knowledge that Jobs plays these kind of espionage games. Recent stories about how the iPhone was kept secret mentioned tactics like nondisclosure agreements, misinformation and phony prototypes. These stories were much discussed on blogs, Slashdot and Digg.

      *      *      *

Jobs の手法

確かに Jobs は非常に秘密主義的だ。しかし、スパイゲームのようなひねくれたやり方は決してしない。

It’s true that Jobs is very secretive — but he certainly doesn’t play devious spy games.

彼が秘密を守るやり方はこうだ。シリコンバレーのみんなと同じように、アップルは守秘義務契約とコードネームを使う。そうせねばならない場合を除いて、競争相手に今やっていることを教えてもなんにもならない。

Here’s how Jobs keeps secrets. Like every company in the Valley, Apple uses nondisclosure agreements and code names. There’s no point telegraphing to the competition what you’re up to if you don’t have to.

Jobs はまた、情報は必要な範囲で(need-to-know basis)与えることにしている。それぞれ異なった製品グループは、自分たちの担当部分を完成するのに必要なことだけを教えられる。これは、スパイ組織などでみられる典型的な「細胞」(cell structure)だ。全体像を知るのはトップの幹部チームだけだ。

Jobs also keeps information on a need-to-know basis. Different product groups are told only what they must know to finish their parts of the product. It’s a classic cell structure, like a spy organization. The executive team members are the only ones who know the big picture.

      *      *      *

コード名を使う

iPod の名前ついて考えてみよう。アップル内部で製品発表前に当該 iPod の名前を知っているのは、グラフィック部門だけだ。製品の包装や、広告を準備する必要があるからだ。それ以外のみんなは「Dulcimer」[楽器の一種]といったコードネームを使う。

Take the iPod name. The only department in Apple that knew the name of the iPod ahead of its unveiling was the graphics department, because it designed the product packaging and advertising materials. Everyone else referred to its code name, “Dulcimer.”

      *      *      *

形を隠す

また、最終製品の形が分からないように、大きなポリカーボネートの箱に隠されたプロトタイプのハードウェアがあるという噂もある。アップルの元重役のひとりによれば、ハードウェアは Radio Shack のプロジェクトボックスみたいな大きな箱に入れて、デバッグし易くしてあるという。最終製品がどんな形になるか誰にも分からないが、それで困るわけではない。外部のパートナーにテストや開発を委ねるときは特にそうだ。ただし、そのことが主たる目的ではない。

And then there are the rumors of hardware prototypes disguised in big polycarbonate boxes to hide their final shape. One ex-Apple executive told me that the hardware is put in big boxes to make it easy to debug, just like a Radio Shack project box. It doesn’t hurt that no one can see what the final product will look like — especially when prototypes are shipped to outside partners for testing or development — but that’s not their primary purpose.

      *      *      *

偽名を使った Ron Johnson

アップルが採っている秘密保持策のいくつかはいささか極端だ。アップルストアをやらせるため、Target から Ron Johnson を引き抜いたときは、数か月の間 Jobs は彼に偽名を使わせた。マックのメーカーが小売店鋪を検討しているなどと嗅ぎ付けられないためだ。Johnson はアップルの電話番号簿には別名で記載され、ホテルにチェックインするときもその名前を使った。

Some of Apple’s secrecy measures get a little extreme. When Jobs hired Ron Johnson from Target to head up Apple’s retail effort, he asked him to use an alias for several months lest anyone get wind the Mac maker was working on retail stores. Johnson was listed on Apple’s phone directory under a false name, which he used to check in to hotels.

      *      *      *

家族にも話さない Phil Schiller

アップルのマーケティングのトップ Phil Schiller の場合、今やっている仕事については妻にも、子供にも話すことを許されない。ティーンエイジャーの息子は熱烈な iPod ファンだ。パパがなにをやっているのか必死になって知ろうとする。しかしパパは息子に知られてはならない。さもないと首になるかもしれないからだ。

Apple’s head of marketing, Phil Schiller, said he’s not allowed to tell his wife or kids what he’s working on. His teenage son, an avid iPod fan, was desperate to know what his dad was cooking up at work, but daddy had to keep his trap shut because he might get canned.

      *      *      *

Jobs だって

Jobs ですら自分の決めた制限を守らなければならない。彼は iPod hi-fi boombox をテストのため自宅に持ち帰ったが、黒い布をかけて隠したままだった。周囲に誰もいないことを確かめてそれから初めて聴いたのだった。

Even Jobs himself is subject to his own strictures: He took an iPod hi-fi boombox home for testing, but kept it covered with a black cloth. And he listened to it only when no one else was around.

      *      *      *

秘密主義の原点

なぜアップルはそれ程までに秘密主義なのか。何事もコントロールしたいという Jobs の奇癖のためだと多くのひとが考える。そうではない。それは優れたビジネスであり、優れたマーケティングに過ぎないのだ。

Why is Apple so secretive? Many think it’s a quirk of Jobs’ control freakery, but it’s simply good business and good marketing.

      *      *      *

イベントマーケティング

Jobs がステージに登場して新製品を発表するたびに、何百万ドルにも相当する宣伝費をタダで獲得している。それは「イベントマーケティング」(event marketing)と呼ばれる手法なのだ。Jobs はそれを、彼のマーケティングの教師 John Sculley から学んだ。1983 年に Jobs はその Sculley をアップルの CEO にリクルートしてきたのだ。

Jobs makes millions of dollars in free advertising every time he steps onto a stage to reveal a new product. It’s called “event marketing,” and he learned it from his marketing mentor, John Sculley, who Jobs recruited to be Apple’s CEO in 1983.

Sculley は製品発表をイベントに、ひとつの舞台劇に仕立てた。するとプレスはよろこんでテレビクルーを送り込み、取材する。1984 年に初代マックを発表して以来、Jobs は同じ戦術を使っているのだ。

Sculley made product announcements an event, a piece of theater, and the press happily rolled the TV crews to cover it. And since the unveiling of the original Mac in 1984, Jobs has used the same strategy.

製品についてみんなが事前に知っていたら、それはニュースにならない。だから Jobs は、彼の何百万ドルにも相当する秘密を守るのだ。

If everyone knows what the product is ahead of time, it’s not news. And that’s why Jobs keeps his million-dollar secrets.

      *      *      *

アップルの秘密主義に触れた記事では、これまでで一番説得力があるように思える。

スパイや左翼組織における「細胞」が、アメリカのトップの会社で生きているというのはなかなか興味深い。

アップルの秘密主義の原点が、Jobs を追い出すことになる John Sculley から学んだ「イベントマーケティング」だといわれると、これはもう因縁話のような気すらしてくる。

Technorati Tags: , , , , , , ,

2007年 3月 12日

アップルストアの秘密

Filed under: ひと,アップル — shiro @ 07:01
Tags: , , , ,

applestore1

アップルストアの秘密について Fortune がすばらしい記事を書いた。その記事についてこれまたすばらしい記事を Carl Howe が書いている。

Blackfriars’ MarketingThe secret to Apple stores: they sell benefits, not products” by Carl Howe:3月8日

     *      *      *

Fortune の記事

Fortune がすばらしい記事を載せている。「アップルがアメリカの小売りチェーン店でベストである理由。」このサイトでも触れたことのある数字を引用している。床面積1平方フィート当たりのアップルの売り上げが 4000 ドルだというのだ。これに比べると Tiffany & Co. 2600 ドル、Best Buy は僅か 930 ドルだ。しかし、私にとって Fortune の記事で一番印象に残ったのは、2000 年当時に Jobs が経験したつぎの話だった。

Fortune magazine has a great article on Why Apple is the best retailer in America. They cite a figure I’ve referenced before: the fact that Apple pulls in about $4,000 per square foot in its stores, compared with $2,600 for Tiffany & Co. and a measly $930 for Best Buy. But I thought the most telling part of the story was about an experience Jobs had when they were designing them back in 2000:

     *      *      *

Ron Johnson

ron_johnson1

[Ron Johnson]

MickeyMickey DrexlerJobs Gap からスカウト]のアドバイスで一番よかったことは、デザインするだけでなく、実際に倉庫を借りて、模擬店舗を作り、それを20ぐらい作って、うまく行くかどうか試してみたらということだった」と Jobs は語る。言い換えれば、製品の場合と同じようにデザインしろということだ。アップルストアのバージョン 0.0 は、アップルキャンパスの近くの倉庫の中で生まれた。「RonRon JohnsonJobs Target から引き抜いた]と二人でストアのデザインをすべてやった。」そのとき、彼らにあることがひらめいたのだ。コンピュータは単なる仕事のツールから、ビデオや写真、音楽、情報などなどを扱う「ハブ」(hub)に変化してきている。だから売り上げも、マシンそのものより、マシンで出来ることからの方が大きくなっている。然るに彼らがデザインした店は、商品カテゴリー別のレイアウトになっていて、会社の内部組織の区別と同じだった。実際に買おうとする顧客が望む形ではない。「なんだ、これじゃ失敗じゃないか!」と Jobs はいった。[Fortune

“One of the best pieces of advice Mickey ever gave us was to go rent a warehouse and build a prototype of a store, and not, you know, just design it, go build 20 of them, then discover it didn’t work,” says Jobs. In other words, design it as you would a product. Apple Store Version 0.0 took shape in a warehouse near the Apple campus. “Ron and I had a store all designed,” says Jobs, when they were stopped by an insight: The computer was evolving from a simple productivity tool to a “hub” for video, photography, music, information, and so forth. The sale, then, was less about the machine than what you could do with it. But looking at their store, they winced. The hardware was laid out by product category – in other words, by how the company was organized internally, not by how a customer might actually want to buy things. “We were like, ‘Oh, God, we’re screwed!'” says Jobs.

     *      *      *

アップルストア第1号

しかし、彼らは失敗したわけではなかった。その店はモックアップだったから。「そこで我々はデザインし直した。ハッキリ覚えていないが、6か月ないし9か月ぐらい掛かっただろうか。しかしそれはどう考えても正しい決断だった。」最初のアップルストアがバージニア州 Tysons Corner でやっと開店に漕ぎ着けたとき、商品を展示したスペースはほんの一部で、あとは興味の対象別に並んでいた。右側には写真、ビデオ、子供向け、左側には問題対応、そして第三のものとして奥の方に Genius Bar だ。これは Johnson のアイデアによるものだ。[Fortune

But they weren’t screwed; they were in a mockup. “So we redesigned it,” he says. “And it cost us, I don’t know, six, nine months. But it was the right decision by a million miles.” When the first store finally opened, in Tysons Corner, Va., only a quarter of it was about product. The rest was arranged around interests: along the right wall, photos, videos, kids; on the left, problems. A third area – the Genius Bar in the back – was Johnson’s brainstorm.

     *      *      *

Genius Bar の誕生

genius_bar1

Ron Johnson は回想する。「アップルストアを立ち上げたとき、いろんな職業の経験をもったひとたちがやってきました。みんなの緊張をほぐすため、『これまでであなたたちが一番素晴らしいと思ったサービスは何だろうか』と尋ねました。答えは予期しないものでした。18人中16人がホテルでのサービスだと答えました。ホテルのコンシエルジュデスクは何かを売っているわけではありません。お客の世話をするためにあるのです。『それじゃ、たとえばフォーシーズンズホテルの親しみやすい雰囲気を備えた店は、どうやったら作れるだろうか?』その答えが、『じゃあ、私たちの店にもバーを作ろう。ただし、アルコールではなく、アドバイスを提供しよう』ということでした。」[Fortune

“When we launched retail, I got this group together, people from a variety of walks of life,” says Johnson. “As an icebreaker, we said, ‘Tell us about the best service experience you’ve ever had.'” Of the 18 people, 16 said it was in a hotel. This was unexpected. But of course: The concierge desk at a hotel isn’t selling anything; it’s there to help. “We said, ‘Well, how do we create a store that has the friendliness of a Four Seasons Hotel?'” The answer: “Let’s put a bar in our stores. But instead of dispensing alcohol, we dispense advice.”

     *      *      *

成功の秘密

2000 年という年は、デルが PC の王様だった。PC を売る秘訣は低価格だ。だから Johnson の考えは完全な異端だった。しかし、それこそがアップルストアの成功の秘密だった。アップルの製品を売るのではなく、アップルから得られるメリットと体験を売れ、と。

In 2000 when Dell was king of PCs and low prices were the mantra of PC retailing, this insight was complete heresy. But it also held the key to Apple’s retail success: sell Apple benefits and experiences, not Apple products.

     *      *      *

Staples の場合

このことに気付いた小売業者は他にもいる。Davis Freeberg SeekingAlpha.com で文房具店 Staples のテレビマーケッティングのやり方を褒めている。何故か。それは競争相手の Office Depot と違って、30秒の CM スポットを買う代わりに、自分たちの商品を「The Office」のようなテレビ番組に登場させて一体化する方にカネをかけ始めたからだ。テレビ番組と一体化する方が、視聴者お気に入り番組をコマーシャルで中断するより彼らの利益に叶うと判断したからだ。要すれば、コマーシャルのあとに笑顔が残るか、それともしかめっ面が残るかということだ。

There are some other retailers that have figured this out. Davis Freeberg writes over at SeekingAlpha.com that he’s particularly pleased with Staples’ approach to marketing on TV. Why? Because unlike competitor Office Depot, Staples is now spending more of its marketing money on product placement in TV shows like The Office instead of buying 30-second commercial spots. Staples realized that integrating their products with a TV show produced more customer benefit than interrupting their favorite TV show with a commercial. In short, it left them smiling rather than frowning at the marketing experience.

     *      *      *

メリットを売るか、製品を売るか

ここですべての事業者やマーケッティング会社に二つの質問をしたい。

So here are two questions for all business owners and marketers out there:

・あなた方が売っているものは製品(product)か、それともそのメリット(benefit)か?

Are you selling benefits or products?

・あなた方は顧客に満足できる経験を与えているだろうか。おカネさえあればよろこんであなた方の製品を買いたいと思わせるようないい経験を。それとも、あなた方の製品はもう買いたくないと思わせるような経験だろうか。

Are you delivering an experience that makes customers happy to spend as much money as they can afford with you, or one that leaves them wanting to spend the least they can?

この質問には慎重に答えて欲しい。この質問への答が、アメリカのベストの小売店チェーンになるか、それともワーストになるのかの分かれ目だから。

Answer the questions carefully; the answers to these questions are the difference between the best and the worst of US retailers.

     *      *      *

単にアップル製品を売るのではなく、そのメリットと体験を売ること、それが成功の秘密というわけだ。

「アップルが望むのは製品を売ることだけでなく、それから始まる美しく(かつ利益にもなる)友情関係なのだ」ということばも、そういう考えを背景にして初めて出てくる。[Fortune の記事

Apple wants the purchase to be the beginning, not the conclusion, of a beautiful – and, it hopes, profitable – friendship.

アップルのマーケティング戦略にとって、不可分の一体となっているのがアップルストアなのだ。

元になっている Fortune の記事もすばらしいので、ぜひこちらもご一読ください。

     *      *      *

参考:

Blackfriars’ MarketingThe secret to Apple stores: they sell benefits, not products” by Carl Howe:3月8日
SeekingAlphaThe Key to Apple’s Retail Success” by Carl Howe:3月9日
CNN [Fortune]Why Apple is the best retailer in America” by Jerry Useem:3月8日
Ars TechnicaFortune basks in Apple’s retail glow” by Grover Saunders:3月9日

Technorati Tags: , , , ,

2007年 1月 27日

Jobs の価値は200億ドル

Jobs_portrait

200億ドルといえば、邦貨になおして(計算間違いでなければ)2兆円だ。Jobs の価値はそんなになるという。あまりに大き過ぎてピンとこないほどだ。

最近明らかになった事情聴取以前に書かれた記事だが、アップルにとって Steve Jobs が如何にかけがえのない存在であるか説明している。

Bloomberg:”Apple’s Steve Jobs Is Company’s $20 Billion Asset (Update3) ” by Connie Guglielmo:1月17日

      *      *      *

200億ドルの資産

アップル株式会社の最も貴重な資産は、特許でも、機密でも守ることのできないものだ。CEO の Steve Jobs そのひとだからだ。

Jan. 17 (Bloomberg) — Apple Inc. may find its most valuable asset is something it can’t protect through patents or secrecy: Chief Executive Officer Steve Jobs.

もし Jobs が辞めることになれば、クパチーノの会社の株価は 25% あるいはそれ以上下落するかもしれないとアナリストはいう。そうなれば、アップルの時価から 200 億ドルが吹っ飛んでしまうことになる。

If Jobs were to leave, shares of the Cupertino, California- based company might drop 25 percent or more, analysts say. That would erase about $20 billion in Apple’s market value.

「それは大惨事になるだろう」と Gene Munster(ミネアポリスの Piper Jaffray & Cos. のアナリスト)はいう。2004 年6月以来彼はアップルの株を「アウトパフォーム」[outperform、水準以上:買いと同じ]に格付けしている。「彼に取って代わるひとを探すのはほとんど不可能だ」と。

“It would be a disaster,” said Gene Munster, an analyst with Piper Jaffray & Cos. in Minneapolis, who’s had an “outperform” rating on Apple’s shares since June 2004. “He would be almost impossible to replace.”

      *      *      *

Jobs がアップルだ

このコンピュータメーカーが如何にその CEO に依存しているか、12月最終週の出来事で明らかになった。サンフランシスコの法律専門誌 Recorder が、アップルはストックオプションをバックデートするために書類を偽造したと報じた直後、アップルの株価は 5.8% も下落したからだ。

The computer maker’s dependence on its CEO was illustrated the last week of December, when the stock dropped as much as 5.8 percent after the Recorder, a San Francisco-based legal publication, reported Apple had faked documents to backdate stock options.

他の如何なるフォーチュン500企業の CEO よりも、Steve Jobs はアップルの将来を左右する影響がある、と Charlie Wolf(ニューヨークの Needham & Co. Inc. のアナリスト)はいう。彼によれば、もし Jobs が辞めることになれば、アップルの価値の三分の一は減ることになるだろう。

Jobs may be more closely linked to Apple’s prospects than any CEO in the Fortune 500, said Charlie Wolf, an analyst at Needham & Co. Inc. in New York. Apple’s valuation might fall as much as a third if Jobs were to depart, he said.

      *      *      *

創造性の火花

「Jobs は最高に鋭い目を持っている。デザインについてだけではない。みんなが惹き付けられる機能をどれにするか正確に特定するときはなおさらだ。彼こそ創造性の火花なのだ」と Wolf はいう。彼は Bloomberg がフォローする24人のアナリストのひとりで、アップル株に「買い」の格付けをしている。

“He has one of the keenest eyes in the world when it comes to pinning down not only the design, but the features that will attract the most people,” said Wolf, one of 24 analysts tracked by Bloomberg who rate Apple’s shares “buy.” “He’s the creative spark.”

「アップルはテクノロジーのファッションハウスみたいなものだ」と Jane Snorek(ミネアポリスの First American Funds の資産管理担当者:同社はアップル株を含む 550 億ドルの資産を運用している)はいう。「彼らは実にコンシューマデザインに長(た)けている。」

“Apple’s like a technology fashion house,” said Jane Snorek, a portfolio manager at First American Funds in Minneapolis, which oversees $55 billion in assets including Apple shares. “They really have their finger on consumer design.”

      *      *      *

「ワオ」といわせる

21才のとき Steve Wozniak と一緒にアップルを設立して以来、Jobs はこの役回りを演じてきた。Wozniak の天才に対して、Jobs は宣伝マン(pitchman)だ。二人が出した Apple II によって、彼らはパーソナルコンピュータを大衆化した。1984 年に出したマッキントッシュによって、アップルの名前は誰でも知っているものとなった。マックは、使いやすく、ポイント&クリックインターフェイスを備えており、それまでどの消費者も見たことがないものだった。

Jobs has played this role since founding Apple at the age of 21 with Steve Wozniak, acting as the pitchman to Wozniak’s geek. Together they helped popularize the personal computer with the Apple II. In 1984, Jobs turned Apple into a household name with the Macintosh, offering a PC with a simple-to-use, point-and- click interface unlike anything consumers had seen before.

1月12日のインタビューで Wozniak はつぎのように語っている。「ひとがモノをどう見るか、彼らにとって価値あるものが何で、何がそうでないか、Steve はそういうことを見抜くセンスを持っている。Steve にとっては、凡庸な、まあまあのモノを排除することがすべてなのだ。」Jobs はひとに「ワオ」といわせる製品を作る術(すべ)を知っているのだと Wozniak はいう。

“He has a sense for how people perceive things, what strikes people as having value and not,” said Wozniak in a Jan. 12 interview. “For Steve, it’s all about not accepting the adequate.” Jobs knows how to build products that make people say “Wow!” said Wozniak.

      *      *      *

その例として、先週の iPhone の発表について触れた後、Bloomberg の記事はつぎのように締めくくる。

      *      *      *

誰が継ぐか

誰が Jobs の後を継ぐかという問題は未だ未定のままだ。もっとも、アップルにはジーンズを着た一群の幹部役員がいることは確かだ。彼らはアップルのテクノロジーを説明するのに、「クールだ」だとか「スゴい」、「革命的だ」などという Jobs の口真似をしてみせる。

The question of who might succeed Jobs remains open though he’s surrounded by a cadre of jeans-attired executives who mimic his use of the words “cool,” “awesome” and “revolutionary” to describe Apple’s technology.

Wozniak はいう。「ひとりの人間がコントロールし、決定をするとき初めて偉大な製品が出来るのだ、と Steve が語ったことがある。しかし、Steve がいなくても、彼ならどう考えるか、何を好み、なにがそうでないか、そういうことを十分に知るにいたった、たくさんの才能あるひとがアップルにはいると思う。」

“Steve has spoken about how great products come only if one mind is in control of it, making decisions,” said Wozniak. “But I think even if Steve wasn’t here, there are talented and good people there who have gotten to know how Steve thinks and what he’s going to like and not like.”

その中には Timothy Cook(46才)も含まれる。2004 年8月、Jobs が膵臓がんの闘病中、彼は最高執行責任者(COO)を命じられた。Wolf を含むアナリストは、Ronald Johnson(48才)に注目する。この5年間、彼はアップルストアの拡大を率いてきた。

They include Timothy Cook, 46, who led Apple while Jobs battled pancreatic cancer in August 2004 and who was named chief operating officer in 2005. Analysts, including Wolf, also single out Ronald Johnson, 48, who has led Apple’s retail store expansion over the past five years.

「アップルにとっての最大の危機は、競争でもなければ、マーケットでも、製品でも、そのいずれでもない。それは多分、いずれかの時点で Steve Jobs が辞めるということが現実のものとなることだ。それは予測不可能だが投資家としては対処せざるを得ないことだ」と Piper Jaffray の Munster はいう。

“The biggest risk to Apple is not competition or markets or products,” Piper Jaffray’s Munster said. “It’s probably the reality that at some point Steve Jobs is going to leave. That’s just the wild card that investors have to deal with.”

      *      *      *

アップルのファンだけでなく、投資家を含めた世界のすべてが、固唾を飲んで成り行きを見守っているようだ。

Technorati Tags: ,

2007年 1月 24日

Steve Jobs 尋問を受ける

jobs_qtd

ショッキングなニュースが流れてきた。

ストックオプションをめぐる最新の動きをとりあえず・・・

Bloomberg:”Apple’s Jobs Questioned in Options Probe, Lawyers Say (Update3) ” by Karen Gullo and Connie Guglielmo:1月23日

      *      *      *

Jobs が尋問を受けた

アップルの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs は、同社に係るストックオプション[株式購入権]のバックデートを捜査する米国捜査当局の尋問を受けた、と本件に詳しい弁護士(複数)が語った。

Jan. 23 (Bloomberg) — Apple Inc. Chief Executive Officer Steve Jobs was questioned by government investigators leading the U.S. probe into backdated stock options grants at the company, lawyers familiar with the matter said.

Jobs は先週サンフランシスコで、米国証券取引委員会(SEC)および米国司法省(Justice Department)の捜査官に会った、とソース(複数)は語っている。ただし、この尋問が極秘であることに鑑み、彼らは身元を明かすのを避けている。先月アップルは、内部調査によると Jobs や現経営陣には「不法行為」はなかったと語っていた。

Jobs met with officials from the Securities and Exchange Commission and the Justice Department last week in San Francisco, said the people, who asked not to be identified because the interviews are confidential. Apple said last month an internal review found “no misconduct” by Jobs or current management.

この会合は、先週アップルがベストセラー iPod の記録的売り上げを発表したその同じ週に行なわれたが、Jobs や他のひとの疑いは晴れたと同社が報告した後もなお、バックデートにおいて Jobs が果たした役割について米国政府当局が情報を求めていることを示すものだ、と Nell Minow(ポートランドの企業統治に関する Corporate Library の編集者)はいっている。

The meeting, which took place the same week Apple announced record sales of its best-selling iPod music player, shows the U.S. government is still seeking information about Jobs’s role in the backdating even after the company’s report clearing him and others, said Nell Minow, editor at the Corporate Library, a corporate governance research firm in Portland, Maine.

Minow はいう。「結局、問題となるのは彼の有責性(culpability)であって、アップルの内部調査ではない、という SEC の見解を示すものだ。」

It is after all the SEC’s view on his culpability that matters, not the internal investigation at Apple,” Minow said.

      *      *      *

ノーコメント

Jobs が尋問を受けた内容、彼が捜査官に答えた内容、さらには再度会合が持たれるのかどうか、そういったことについてソースは明らかにしようとしない。

The people wouldn’t disclose specifics about what Jobs was asked, what he told investigators and whether there would be additional meetings.

Jobs の弁護士 Mark Pomerantz はコメントを避けた。アップルの捜査を担当する米国連邦検事 Kevin Ryan のスポークスマン Luke Macaulay も、ワシントンの SEC のスポークスマン John Nester もコメントを避けた。

Mark Pomerantz, an attorney for Jobs, declined to comment. Luke Macaulay, a spokesman for U.S. Attorney Kevin Ryan, whose office is investigating Apple, declined to comment, as did SEC spokesman John Nester in Washington.

アップルの株価は、ナスダックの午後4時の時点で 1.09 ドル下げて 85.70 ドルとなった。

Shares of Cupertino, California-based Apple fell $1.09 to $85.70 at 4 p.m. in Nasdaq Stock Market trading.

      *      *      *

問題となったストックオプション

1997 年から 2002 年までの間、アップルの従業員に対しておおよそ 6500 件のストックオプションの付与がなされた。そのうちのひとつ、Jobs に対する付与は特別取締役会で承認されたとされていたが、実際にはその会議は開かれなかった、とアップルは12月29日に明らかにした。アップルがいうには、自分以外のオプションの幾つかについて Jobs が日付を選んだのだという。

Almost 6,500 grants to Apple employees were backdated between 1997 and 2002, including one grant to Jobs marked as approved at a special board meeting that never occurred, Apple said Dec. 29. Jobs chose dates for some options other than his own, the company said.

Jobs がバックデートしたのがどのオプションだったか、バックデートされたオプションを受け取った役員が他にもいたか、なぜ役員会を偽造したのか、それらの点をアップルは明らかにしていない。現経営陣の他のメンバーは、偽造された会合に係る「不法行為」については関知していない、とアップルはいっている。

Apple hasn’t publicly disclosed which options Jobs backdated, which other executives received backdated options or why it faked a board meeting. The company said no member of current management was aware of the “irregularity” concerning the fictitious meeting.

1月17日のカンファレンスコールで、最高財務責任者(CFO)の Peter Oppenheimer は、「アップルは引き続き、調査結果を政府捜査官に自発的かつ積極的に通知し、彼らの質問に回答していく」とアナリストに答えている。

Apple continues to “voluntarily and proactively” inform government investigators of its findings and continues to answer their questions, Chief Financial Officer Peter Oppenheimer told analysts on a conference call on Jan. 17.

      *      *      *

最初に報じたのは・・・

Jobs に対する尋問について最初に報道したのは、1月19日付けのサンフランシスコの法律紙 The Recorder だ。

The interview with Jobs was first reported Jan. 19 by The Recorder, a legal newspaper in San Francisco.

       *      *      *

バックデートの問題点

ストックオプションの権利付与日を変更してその価値を水増ししようとした疑いで、少なくとも 200 社が捜査を受けている。バックデートされたストックオプションの付与に関して、疑いを持たれている額および再修正された額は 81 億ドルにも及ぶ。

At least 200 companies are being investigated for changing the dates of options grants to inflate their value. Companies have taken over $8.1 billion in charges or restatements to account for backdated options grants.

ストックオプションにより購入権者は、後の日付(通常は付与された当日)の株価で購入する権利を有する。権利付与日をより株価の低い期日にバックデートすると、オプションの価値が水増しされることになる。この行為は、適切に開示されない場合は違法となる。真のコストが株主および監督機関の目から隠されることになるからだ。

Stock options allow holders to buy shares at a later date, usually at the market price the day they were granted. Backdating options to days with low prices inflates their value. If not properly disclosed, the practice may break laws because it hides costs from shareholders and regulators.

      *      *      *

架空の取締役会

2001 年に、当時51才の Jobs は、750 万株のオプションを付与された。付与の条件は、2001 年12月18日で完了したが、当日のアップルの株価はアップルによれば21ドル1セントだった。オプションの権利付与日として10月19日が選ばれ、Jobs はより低い18ドル30セントという行使価格を与えられた。

In 2001, Jobs, 51, received options on 7.5 million shares. The terms of the grant were completed Dec. 18, 2001, when Apple’s shares were trading at $21.01, Apple said. Oct. 19 was chosen as the grant’s date, giving Jobs a lower exercise price of $18.30.

アップルは株主に対して、2002 年3月に監督当局に提出した報告で、このオプション付与は 2001 年10月の特別取締役会において承認されたことを明らかにした。先月アップルは、この会議は実際は存在しなかったと述べた。

The company told shareholders in a March 2002 regulatory filing that the grant was approved at a special board meeting in October 2001. Apple said last month the meeting never took place.

      *      *      *

従業員のため・・・

バックデートされたオプションに係る会計処理を訂正するため、アップルは 8400 万ドルを計上した。その中には Jobs に対する2000 万ドル(750 万株分)が含まれる。Jobs は、この分の付与と併せて、2003 年の時点で未行使となっていた他のオプションを自発的に辞退した。アップルが当時 SEC に提出した報告によれば、Jobs がそうしたのは従業員が取得できる株を増やすためだったと述べている。

Apple said it recorded $84 million in charges to correct its accounting for the backdated options, including $20 million for Jobs’s 7.5 million share award. Jobs voluntarily canceled that grant and other outstanding options in March 2003. He chose to do so to make more stock available for employees, Apple said in an SEC filing at the time.

その代わり、役員会は Jobs に対し 500 万株の制限付き株式(2006 年3月に権利行使可能)を与えた。当時その株は6億 4660 万ドルの価値があった。

Instead, the board gave Jobs 5 million shares of restricted stock, which vested in March 2006. At the time, the shares were worth $646.6 million.

[付記]:本件の question は「尋問」ではなく「事情聴取」程度に訳すべきだったと考える。

      *      *      *

参考:

当局の尋問 —

・Bloomberg:”Apple’s Jobs Questioned in Options Probe, Lawyers Say (Update3) ” by Karen Gullo and Connie Guglielmo:1月23日
・Reuters:”Apple’s Jobs questioned by authorities“:1月23日
・MarketWatch:”SEC has questioned Jobs: report“:1月23日

これまでのおさらい —

・NBonline:”ジョブズがアップルを辞めるという噂” by 市村佐登美:1月17日

Technorati Tags: , ,

次ページへ »