maclalalaweblog

2006年 9月 25日

アップルが大型テレビを売る日


アップルの大型テレビ市場参入について、おもしろい記事がある。

Blackfriars’ Marketing:”The new flat panel TV retailers — and why Apple will become one” by Carl Howe:9月22日

前回に引き続いて、Carl Howe はアップルテレビの可能性について触れている。

      *      *      *

誰も彼も大型テレビ

昨日ウォールストリートジャーナルは、Office Depot、Home Depot、RadioShack などが大型フラットパネルテレビのマーケットに参入するという記事を書いた。Circuit City、Best Buy などで大型テレビの売れ行きが活発だといわれているから、これらの小売店が急にフラットテレビを扱うようになっても驚くにはあたらない。

Yesterday’s Wall Street Journal noted that companies like Office Depot, Home Depot, and RadioShack are branching out into flat-panel TVs.. With companies like Circuit City and Best Buy reporting robust profits driven by flat panels, we shouldn’t be surprised at these retailers suddenly embracing flat panels.

      *      *      *

PC ビジネスとは違う

しかし、どうやったらフラットパネルのハイデフィニションテレビ(HDTV)で成功するか、一筋縄ではいかない。例えばデルの HDTV は品質の悪さとマーケティングの拙(まず)さでポシャったといっていいだろう。HP の大型テレビ事業も四苦八苦している。部品の数を絞って、安い値段をつければみんなが買ってくれるという PC ビジネスとは違うのだ。部品に至るまでスタイリッシュなデザイン、コンシューママーケティング、他製品との差別化、高度の技術サポートといったものが必要なのだ。他とは区別されるキーとなるこれらの点を外注するのでは、小売店が成功することはあるまい。

But the recipe for flat panel HDTV success is complicated. Dell’s HDTV business, for example, has basically flopped because of poor quality and worse marketing. HP’s flat-panel business is similarly floundering. This isn’t the PC business where a few component choices and low prices drive mass adoptions; it requires equal parts of stylish design, consumer marketing, differentiation, and high-technology support. Retailers aren’t going to find success by outsourcing those key differentiators.

      *      *      *

独自ブランドでもダメ

大型小売店(big box retailer)でも、必ずしも解答を持っているわけではない。なぜなら Home Depot を始め、どの大型小売店でも、大型店舗製テレビが一番品質がいいとは限らないからだ。彼らは消費者に大いに売り込む。大型店舗製テレビを山ほどだ。唯一の問題は、それらがとてもリビングルーム向けとはいい難いことだ。多くの消費者が、コミッションを稼ごうと目を光らしているセールスマンいうことを聞いて、選択を誤ることになる。その結果、満足するに至らず、返品が出て、利益を損なうことになる。

And the big box retailers aren’t necessarily an answer. Why? Because any big box retailer like Home Depot isn’t just going to carry the best flat panels. They are going to promote choice for consumers, and that means the typical big box video wall of TVs. The only problem: that is nothing like the typical consumer’s living room, and that means a lot of consumers will make poor choices for their homes, especially under the watchful gaze of the commission-driven sales person. And that means dissatisfaction, returns, and lost profits.

      *      *      *

アップルの商法

しかしアップルとなると話は別だ。音楽や PC を見れば分かる。アップルにはたくさんの優れたデザイナーがいるが、それに加えてデザインの偶像の Jonathan Ive がいる。アップルは世界でもベストで最強のブランドだ。信じられないほど他と差別化されており、製品支持率は何度もナンバーワンになった。アップルには 161 のチェーンストアがあるが、Best Buy の10分の1のフロア面積で Best Buy の 67 %を売り上げる。更に大事なことは、アップルが売るのは安価なハードではなく、「経験」(experiences)そのものだということだ。アップルは製品の数を二つないし三つに絞り、選択肢がたくさんあり過ぎて混乱するのを避ける。そして、数少ない製品でより多くの利益を上げてはまたみんなを驚かすのだ。

But it is a different story for Apple, just as music and PCs were. Apple has design icon Jonathan Ive (among many other great designers), one of the best and most powerful brands in the world, incredible differentiation, and is repeatedly ranked number one for product support. It has a chain of 161 stores that generate 67% of the revenue of Best Buy with 10% of the floor space. And most importantly, Apple sells experiences, not low-priced hardware. They’ll offer two or three choices to avoid the tyranny of too much — and amaze everyone again by making more profits on fewer products.

      *      *      *

狙いはリビングルーム

アップルは先週 iTV set-top box を発表して、アップルが目指す次のフロンティアがリビングルームであることを明らかにした。299 ドルの STB(set-top box)では直ちにアップルの収益を押し上げるということにはならないかもしれないが、美しいデザインの、エレガントなフラットパネルのテレビなら話しは別だ。カッコいい店にそんな製品が置いてあったら、マックや iPod を買うひとという範囲を超えて、広範な消費者にアップルの手が届くことになる。そんな顧客は Home Depot などで 3000 ドル以上の買い物をしたりはしない。感性を大事にするライフスタイル商品を求めているのだから。

We saw Apple’s iTV set-top box last week, showing the company has targeted the living room as its next frontier. A $299 set-top isn’t going to boost Apple’s revenues to new heights, but beautifully designed, elegant flat panels would. And such products at stylish stores would extend the company’s reach far past computers and iPods into a wide swath of consumers who just aren’t going to drop $3,000 or more in a high-touch lifestyle purchase at Home Depot.

私の考えるところ、アップルが大型テレビのマーケットに参入するかどうかが問題なのではない。何時参入するかが問題なのだ。

In my view, it’s not a matter of if Apple will enter the flat panel market; the only question is when.

      *      *      *

このほか、iTV の登場をズバリ的中させた Robert X. Cringely も、”Showtime” イベント直後のコラムでテレビの可能性について簡単に触れている。

PBS:”Swimming With Sharks” by Robert X. Cringely:9月14日

クリスマス前には

どうやら私は[”Showtime” イベントの予想がはずれて]バカみたいに見えずに済んだようだ。

Apparently I’m not a dope after all.

先週のコラムで予想したように、火曜日のスペシャルイベントは私の予想どおりになった。当たらなかったのは、ハイデフィニションテレビ(HDTV)の二つのモデルだけだった。しかしこれも、先週 Steve Jobs のステージなしに iMac の三つのモデルが発表されたように、クリスマスシーズン前には大スクリーンテレビが登場すると思う。

As anticipated in last week’s column, Apple’s special event came and went this Tuesday and with the exception of the two HDTV models I predicted, it went the way I said it would. And those big screens are likely still coming before the Christmas season, just as Apple launched three new iMacs last week without putting Steve Jobs onstage.

Technorati Tags: , , , ,

広告

2006年 9月 11日

本命は Video Express:Cringely

シリコンバレーきっての事情通 Robert X. Cringely が、アップルのスペシャルイベントについて大変興味深い記事を書いている。

PBS:”Apple controls Amazon?” by Robert X. Cringely:9月7日

      *      *      *

来週火曜日にアップルの発表があるというので、一体なんだろうとそこら中のコンピュータやビジネス系のメディアが書き立てている。どうしてもう少し待てないのか、そうしたら何だか分かるのに・・・ でも、新聞を売るためには(本誌のような電子媒体も、あるいは紙媒体も含めて)そういう訳にはいかないのだ。今回の「一体全体 Steve は何を考えているのか」騒動から、ひとつの教訓を学ぶことができるのではないかと思う。

So Apple has an announcement to make next Tuesday and the tech and business publications are falling all over themselves guessing what the news is likely to be. Why not just wait and find out? Because that’s not how newspapers (whether electronic, such as this one, or cellulose) are sold, that’s why. But I think there is something to be learned from taking a look at this entire “What-is-Steve-Planning?” experience AS an experience.

      *      *      *

同日キャンセルの怪

アップルには先の7月6日にも発表する計画があったが、土壇場でキャンセルされた。おもしろいことにアマゾンも7月の同じ日に発表の計画があったが、こちらもアップルと同じときにキャンセルされた。両社とも、映画やテレビのインターネットダウンロードサービスについて発表する筈だった。両社とも同じときに発表をキャンセルしたということは、Wall Street Journal の報道を考えると大変奇妙に思える。同紙によれば、アップルとアマゾンは全く異なる技術を用いる、即ちアマゾンはマイクロソフトのコードを使うからだ。

Apple had an announcement planned for July 6th but cancelled at the last moment. Interestingly enough, Amazon.com also had an announcement scheduled for that same day in July and it too was cancelled at the same time as Apple’s. Both companies planned to talk about their movie and TV Internet download services. The fact that both announcements were cancelled at the same time is especially curious given that the Wall Street Journal tells us that Apple and Amazon are using completely different technologies, with Amazon’s being based on Microsoft code.

      *      *      *

キャンセルは Jobs の圧力だ

今にして Steve Jobs の考えを思うと、計画に遅れが生じたのはこういうことだったのではないかと思う。アップルとしては、ちゃんとした映画会社の参加リストが未だに出来ないでいるため、発表を延期して、Jobs が相当数の映画界の大物の尻を叩いてまわることにしたのじゃないか。アマゾンが発表を延期したのは、Steve からの間接的圧力だ。Steve は、アマゾンの Jeff Bezos がたくさんの、それもとてもたくさんの映画タイトルを発表するのが気に入らなかったのだ。

Channeling Steve Jobs now, I’d say the delay came down to this: Apple was still struggling to put together the right list of participating movie companies and needed to postpone the announcement so Steve could beat up on a few more studio honchos. What got Amazon to postpone their announcement was indirect pressure from Steve, who didn’t want to be shown up by Bezos & Company delivering more titles — a LOT more titles.

こうしてアップルはアマゾンが発表するのを延期させた。後々ディズニーがアマゾン側に参加するかもしれないとちらつかせることによって。WSJ や他紙によれば、アマゾンが擁(よう)していない唯一の映画会社がディズニーだというが、アマゾンとしては喉から手が出る思いに違いない。一方、アップル側についたのはディズニー1社だけだという。ディズニーの役員(最大の株主)という Jobs の立場が、ディズニーを通じてアマゾンに圧力をかけることを可能にしたのだ。そういう訳だがお分かりいただけただろうか。

So Apple got Amazon to postpone its announcement by holding out the lure that Amazon might get Disney to participate in a later event. According to the Journal and elsewhere, the only major studio Amazon doesn’t have is Disney, which I am sure they would sorely like to have. Meanwhile, the only major studio Apple reportedly has IS Disney. That connection and Jobs’ role on the Disney board (as well as being the company’s largest shareholder) made it possible for him to force Disney to force Amazon — well you get it.

      *      *      *

クリスマスシーズン

にも拘らず、来週のアップルの発表ではディズニーのタイトルしかないといわれている。このことから、他の映画会社が一団となって Jobs に圧力をかけ、噂されている 9.99 ドルおよび 14.99 ドルという価格を変更させようとしているのだと思われる。どうやらこの交渉はうまくいかず、クリスマスシーズンを完全に棒に振ることをおそれたアップルが、今動きに出るか、それとも来年まで待つかということになったのだ。

And yet, next week’s announcement reportedly still has Apple with only Disney films to sell. This suggests the other studios are ganging up on pricing, trying to force Jobs to change the $9.99 and $14.99 price points that have been bandied about. Evidently these discussions have failed and Apple, not wanting to miss the Christmas season entirely, has to move forward now or wait until next year.

アップルは最後の最後まで映画会社と交渉するだろう。しかし、クリスマスシーズンはアマゾンが完全に席巻(せっけん)して、交渉結果が日の目を見るには至らないかもしれない。

I am sure Apple will be negotiating with the studios until the last possible moment, but it may take Amazon trouncing Apple during the Christmas shopping season to have any real impact on those negotiations.

      *      *      *

発表はデカイぞ

多くの専門家が、アップルは新しい iMac を特段のイベント無しに今週発表しようとしていると予測しているのは正しいだろう。まったく Jobs らしいマーケティングのやり方だ。本来ならば、かなりのビッグニュースになりそうなものを何気ないそぶりで出す。それは、来週発表されるものがなんであれ、すごくデカイことを窺わせる。

… Many pundits correctly predicted that Apple was about to announce new iMacs only to have that announcement take place earlier this week without an associated event. That’s typical Jobs marketing, casually presenting what we would have accepted as pretty big news in itself, which implies that whatever is coming next week, well it is REALLY big.

そうなるかもしれないし、そうならないかもしれない。それはすべて映画会社との交渉結果如何だ。

Maybe, maybe not, depending on those studio negotiations.

      *      *      *

このあと Robert Cringely は、なぜデジタル配信が DVD そのものを買うより優れているかということについて、Cringely 家の二才のおチビちゃんのエピソードを交えて語る。なかなか微笑ましいのだが、ここでは割愛して、つぎの本命の部分に移る。

ここからが Cringely の本領だ。

      *      *      *

1月に発表される筈だったもの

来週発表されるのは、去る1月にアップルが発表しようとして土壇場で取りやめたものとまったく同じだと思う。いくつもの iPod、二つのテレビ、それに私が18か月前に予測した Video Express アダプターが発表されることになるだろう。

What I think is coming next week is exactly what I thought was coming last January when Apple at the last moment changed its mind about an earlier set of announcements. We’ll see a bunch of iPods, two televisions, and the Video Express adapter I first wrote about more than 18 months ago.

      *      *      *

no-brainer

もちろん、スクリーンの大きいビデオ iPod や、大容量フラッシュベースの iPod 、それに大きな HDD を備えた iPod も出るだろう。これらはどれも特段目新しいものではない(no-brainer)。テレビだって全然目新しくない。もともとゲートウェイが始めたことだが、いまでは HP やデルまで HDTV の販売している。したがってアップルだってそうするだろうと考えるのが論理的だ。この1月、アップルはプラズマのモデルを出すところだった。今じゃ LCD ディスプレーに変わっているかもしれないがよく分からない。ただ、HDTV マーケットがブームになっているので、アップルだってそのパイが死ぬほど欲しいに違いない。

Yes, we’ll probably see a larger screen video iPod, a larger capacity flash-based iPod, and some models with yet larger hard drives. All of those are no-brainers. The televisions are no-brainers, too. Gateway started this trend, but now HP and Dell both sell HDTVs so it’s logical for Apple to do so, too. Apple was set to deliver a pair of plasma models back in January, but those may now have LCD displays, I don’t really know. But with the HDTV market booming, Apple would be crazy not to grab a piece of that action.

      *      *      *

本命は Video Express

しかし、私が一番期待しているのは Video Express だ。遂に夢が叶うときがきたのだ。覚えておられない方のためにいうと、Video Express は AirPort Express[日本名 AirMac Express]のように電源プラグにつないで使う装置だ。 AirPort Express が家庭内で送信するのは WiFi とオーディオだけだが、Video Express は WiFi とオーディオとそしてビデオを送信するのだ。

However, the most interesting announcement I am expecting will be the Video Express, which I sure hope is finally here. If you don’t remember, this is a gizmo that plugs into a power outlet just like an AirPort Express, only where the AirPort Express sends WiFi AND audio around your house, the Video Express will send WiFi and audio AND video.

      *      *      *

テレビにつなぐことがポイント

これこそキーとなるものだ。インターネットテレビへの転換に関するこれまでの議論でまったく欠けていたのが、みんなが使いたいと思う機器をどう取り込むかということだ。みんなが使いたい機器とはテレビのことだ。本当のところ誰もコンピュータで映画を見たいとは思わない。そうしたいひとがいるのは事実だが、ほとんどのひとはそうではない。インターネットのビデオダウンロードマーケットが本来の姿で爆発的に伸びるためには、コンピュータからテレビに映画を転送する、なんらかの簡単な方法が必要なのだ。エレガントで、とてもアップルらしいやり方でこれをやってくれるのが Video Express だ。Video Express はとても簡単な機器だ。ユーザーインターフェイスなどまったくない。あるのはポートだけ。Video Express を電源に差し込むだけでいい。あとは自分で WiFi ネットワークとビデオサーバーを探し、テレビにつないでくれる。iPod みたいに HDD の中味がテレビ画面上で見れる。もちろん、Front Row と iTunes 以外では使えないので念のため。H.264[注:HDTV 対応のコーデック]のビデオデコーディングは、Video Express のハードの内部でやるので、テレビ自体は HDTV 対応の高価なヤツでなくてもいい。

This is key, because what’s been missing throughout this conversion to Internet television has been a way to incorporate our user device of choice — the TV. People don’t really want to watch movies on their computer screens. They’ll do it, some of them, but most people won’t, so for the Internet and downloadable video market to explode the way it is supposed to do, we need an easy way to get the movies out of our computers and onto our TV screens. The Video Express will do this in an elegant and typically-Apple fashion. It’s a simple device with no user interface at all, just ports. You plug it in the wall, it finds your WiFi network and video servers, then makes those servers available to your TV. But of course it is Front Row and iTunes-only, thanks — an iPodlike extension of your hard drive, viewable through your TV. And since the H.264 video decoding takes place in hardware inside the Video Express, your TV doesn’t even have to be a fancy one.

今度発表されると私が考えていることは以上だ。一周間後[予想がはずれて]私はバカみたいにみえるかもしれない。でも、アップルと Steve Jobs のやることだから、これはもう大したショーになるに違いない。

That’s what I think is coming. A week from now I may look like a dope, but thanks to Apple and Steve Jobs, I’m sure it will be a heck of a show.

      *      *      *

Robert Cringely の話を聞くと例によってこちらまで興奮してくる。

スペシャルイベントの発表まであと数時間だ。

Technorati Tags: , , , , ,

2006年 5月 3日

アップルがデスクトップを制覇するための究極の秘策

appleadobe

Robert X. Cringely が連続して繰り出すパンチが冴えている。

先週 Cringely は、OS X 10.5 に Windows API を実装することによってマックで Windows が動くようにするだろうと書いた。

PBS:”Native Speaker: There May Be an End-run for Apple Around Windows After All” by Robert X. Cringely:4月20日

事情をよく知っていると自認するひとたちは、Cringely が書いたものを読むと居ても立ってもいられない気持ちになるようだ。「そんなバカなことがあるか」という訳だ。

Daring Fireball の John Gruber もそのひとりだ。

Daring Fireball:”Several Asinine and/or Risky Ideas Regarding Apple’s Strategy That Boot Camp Does Not Portend” by John Gruber:4月10日

Cringely のような輩(やから)は、マイクロソフトとアップルのことを大袈裟なドラマに仕立てて、テクノコラムを書くネタにしているのだと手厳しい。

いちばん直裁(ちょくさい)な反発を示したのは Buzz Out Loud の Veronica Belmont だろう。

Buzz Out Loud from CNET:”BuzzCast 04/21/06 – Tom is lazy“:4月22日[ポッドキャスト → Download MP3

そんなバカな! そんなこと起きるわけないでしょ。マイクロソフトが許さないわよ。・・・ 決して。 あ〜、クリンジリー、気が狂いそうだわ! 本当よ!

Stop being crazy!  That’s not going to happen.  Microsoft would not allow that happen…  There is no way.  Ah! Cringely, you drive me crazy! You really really do!

ポッドキャストのせいもあって、生の感情が良く伝わる。

      *      *      *

今週の Cringely は、アップルがデスクトップの覇権を握るための秘策を披露している。なんと Adobe を買収しろというのだ!

PBS:”Killer Apps: For Apple’s Windows Strategy to Work, It Must Replace Microsoft Office and Buy Adobe Systems” by Robert X. Cringely:4月27日

Cringely にペンを取らせた背景は二つある。ひとつは、マックで Windows が動くことをアップルが「公然と」(Boot Camp で)認めたこと。このあとアップルがどこへ向かうのか興味津々(しんしん)という訳だ。もう一つは、アップルが Apperture の開発チームの首をすげ替えたこと。いったい何があったかという訳だ。

      *      *      *

今週の Cringely のタイトルは「キラーアプリ」(Killer Apps)だ。

この大胆な戦略[注:Mac OS X に Windows API を実装する]は、来年一月に Windows Vista なるものが出荷されても、それは実のところ Windows XP SP4 に新しい名前を付けたにすぎないという非常に蓋然性(がいぜんせい)の高い予想を踏まえているものだ。マイクロソフトはあまりに肥大化し、麻痺しすぎたので、そうなる可能性が大なのだ。ここで欠けているのは、マイクロソフトの OS 戦略に対しアップルがどんなアプリケーション戦略(application strategy)で応えるかという視点だ。というのも、マイクロソフトの本当の力の源泉は Windows ではなく Microsoft Office にあるからだ。幸いなことに、アップルには「アプリケーション計画」があり、しかもそれが稼働中だと私は信ずる。それをここで説明していきたい。

This bold strategy is based on the high probability that — if something called Windows Vista ships at all next January — it will really be Windows XP SP4 with a new name. Microsoft is so bloated and paralyzed that this could happen, but what’s missing is an Apple application strategy to go with this operating system strategy, because Microsoft’s true power lies not in Windows, but in Microsoft Office. Fortunately for Apple, I believe there is an application plan in the works, and I will describe it here.

今日の Windows は以前に比べてセキュリティの面でより脆弱(ぜいじゃく)になっている。Windows は、上り坂の OS というより、それに堪えて付いていかなければならない代物(しろもの)になっている。

The two key differences between that time and this are that Apple isn’t IBM, and this isn’t 1989. Windows is far more vulnerable today than it was then from a security standpoint. Rather than being an OS on the way up, as it was then, today Windows is the OS we tolerate.

Microsoft Office がなければ、マイクロソフトは時代遅れで安全性に欠ける OS を持った会社というに過ぎない。もしアップルが、本気で Windows ユーザーを獲得する気があり、そのためにはマイクロソフトと真正面からぶっつかることも辞さないということなら、アップル版の Office を作るという考えを場合によっては引っ込めて、ウインドウズ版の Office が不思議なことにマックでも動くと認めるぐらいでなければならない。もっとも、そうなりそうにない理由はいっぱいある。マイクロソフトがインテルマック用 Mac Office に力を入れる(それは Windows が動くということでもあるのだが)というのもそのひとつだ。そんな Office は[異なるプラットフォームにまたがる]ハイブリッド製品であり、ウインドウズ版より見栄えがよく、尚かつ 100 %の互換性があり、しかもマイクロソフトに新規に大きな利益をもたらすのだ。これこそマイクロソフトがアップルに対して破壊的行為に出るのを防ぐニンジンの役割を果たすものだ。

Without Office, Microsoft is just a company with an archaic and insecure OS. If Apple does go ahead to compete head-to-head with Microsoft for Microsoft’s own Windows customers, Cupertino will have to be ready in case Mac Office is withdrawn and Windows Office mysteriously breaks on Apple hardware. There is a good likelihood this won’t happen, especially if Microsoft can find a way to rev Mac Office for IntelMacs sorta running Windows — a hybrid product that would look better than the Windows version while retaining 100 percent compatibility and generating an enormous new revenue stream for Redmond. This is the carrot Apple will use to keep Microsoft from doing something truly destructive.

しかしながら、Microsoft Office の代替品を作ったからといって問題が解決する訳ではない。アップルのアプリケーション構成にはまだ脆弱性(application vulnerability)がある。一般事務ソフトについてマイクロソフトに頼っているように、コアとなるメディアやグラフィックソフトについても、アップルは Adobe に頼っているのだ。

But finding an alternative to Microsoft Office won’t fully solve Apple’s application vulnerability. That’s because for its core media and graphics markets Apple is as dependent on Adobe as it is Microsoft for the general office market. And now that Adobe owns Macromedia, Apple is even more vulnerable.

それなのに、Adobe はアップルと一定の距離を置いているようにみえる。

Steve Jobs は、Windows のアプリケーションがアップルのハイブリッドなプラットフォームで猛烈なスピードで動くことを望む一方、そのソフトがクズみたいなひどいものに見えることも望んでいる。単に抜け穴をうまく利用してではなく、実力でマイクロソフトを打ち負かしたいと、Jobs は心の奥底で思っているのだ。したがって、OS X のソフトを作っている独立系ソフトウェア会社(ISV = Independent Software Vendors)の筆頭については、これからも OS X のソフトを作り続けてもらわなければ困るのだ。他でもない、Adobe のことをいっているのだ。

Steve wants Windows applications to run like crazy on his hybrid platform but to look like crap. In his heart of hearts, he’d still like to beat Microsoft on the merits, not just by leveraging some clever loophole. So he needs the top ISVs who are currently writing for OS X to continue writing for OS X, and that especially means Adobe.

ma

確実にそうする方法はたったひとつしかない。アップルが Adobe を買収することだ。

There’s only one way to make that happen for sure, and that’s for Apple to buy Adobe.

・・・Adobe 買収案はこういうことなのだ。

アップルにはたっぷりカネがあるから、難しいことではない。マーケットだってよろこぶだろう。そうなれば、Adobe の Premiere はやめて Final Cut Pro の勝ちになるだろうし、Aperture はボツにして Photoshop が王座を占めることになるだろう、と Cringely はいう。

そして、最後をつぎのように結ぶ。

ほら、今週アップルが Aperture 開発チームを全員首にしたというもそういう訳じゃないのか。

Hey, could that be why Apple is rumored to have this week just laid-off its entire Aperture development group?

かもしれないぞ。

Could be.

      *      *      *

ここでは割愛したが、マイクロソフトがマック版 Internet Explorer から手を引くのに備えて Safari を開発したことや、インテルから AMD へのスイッチをも視野に入れたコンティンジェンシープラン(非常事態計画、contingency plan)について言及しているところもおもしろい。

本当の意味でのオープンフォーマットとは、ソフトメーカーがなくなってもなおドキュメントファイルが読めるようなものでなくてはならないと論じているところや、それにも拘らずオープンという点で問題のあるマイクロソフトの Open XML format(次期 Office バージョンに搭載予定)をアップルが支持し、なおかつ ECMA への提出まで支持した背景にある深謀遠慮に触れているところも実に興味深い。

例によって、Cringely 流のおもしろい話がこれでもかと随所にちりばめられているが、残念ながらここでは割愛する。

Cringely の面目躍如(めんもくやくじょ)というところだが、こんどはどんな「反発」を招くだろうか。

Technorati Tags: , , , , , , ,

2006年 4月 18日

こんどアップルを訴えた相手は手強そう・・・

Filed under: 特許 — shiro @ 22:08
Tags: , , , ,

burst

アップルが Burst.com という会社から訴えられた。

iPod、iTunes、Quicktime が Burst の特許を侵害しているというのだ。

CNET:”Burst.com sues Apple for patent infringement” by Tom Krazit:4月17日
CNET Japan:”Burst.com、アップルを反訴–iTunesiPodがコンテンツ配信特許を侵害“:4月18日[河部恭紀訳]
Burst.com:”Burst.com Files Patent Infringement Suit against Apple Computer“:417日[プレスリリース]
Macworld:”Apple sued for patent infringement” by Jim Dalrympre:4月17日
ITmedia:”Apple、メディア配信技術特許侵害で提訴される“:4月18日

      *      *      *

実は本件ついては、シリコンバレーの事情通 Robert X. Cringely が3か月前に予言していた。

最初読んだときはよく意味が分からなかったのだが、今にして思えば Burst.com 訴訟の背景をズバリ予言していた。

話は1月の Macworld San Francisco に遡る。

大番狂わせの MWSF

初めてのインテルマックが登場するというので、大変に盛り上がった MWSF だった。

中でも Think Secret は、インテル iBook とデジタルハブ Mac mini、それにデジタルコンテンツ配信を予想し、特に配信方式が時間のかかるダウンロードではなく iDisk に保存する方式だと仔細に予想した。

結果は大ハズレで、ほとんどのひとが予期しなかったインテル PowerBook(MacBook Pro)とインテル iMac だった。

ハズレたのはコンテンツ配信の計画が延びたせいだと Cringely は見る。Burst の訴訟が絡んだからだ、と。

Cringely は3か月前に、つぎのように予想した。

      *      *      *

about_bob

アップルは負け、Burst が勝つ

PBS:”Win Some, Lose Some: Bob’s Prediction Average Was Down for 2005, but 2006 Is Looking Better Thanks to Apple and Burst” by Robert X. Cringely:1月12日

アップルが MacWorld の発表内容を土壇場で変更したのは、Burst.com の特許を無効にすべく、数日前に同社を訴えていたからだ。アップルが訴訟を起こした途端、Burst の株は30%も上昇した。マーケットは滅多に間違いをしない。

The reason Apple changed its MacWorld announcements at the last minute was because the company sued little Burst.com a few days before, trying to invalidate the Burst patents. But since Apple sued Burst, Burst shares have gone UP by 30 percent. The market is rarely wrong.

Burst を訴えたのはアップルにとって大きなミスだった。それは同社のビデオ戦略に暗い影を投げかけ、ひいてはネットワークや映画会社と戦略的同盟を組む上でもマイナスとなる。今やこのことを理解したアップルは、どうしたら正しい方向に軌道修正できるか内部で苦慮している。

Suing Burst was an enormous mistake for Apple, casting a pall on their video strategy and potentially costing the company strategic alliances with networks and movie studios. Apple realizes this now and is struggling internally to find a way to change course and put a positive spin on the course correction.

アップルは負け、Burst が勝つだろう。法廷の裁きが出るまでのほほんと待つ余裕はアップルにはない。インターネットビデオ陣営に楔(くさび)を打ち込むための時間が限られているからだ。私は予測する。アップルは結局のところ Burst からライセンスを得ることになるだろう。ただし — ただし、だ — それまでにどこぞの会社が Burst をひっ攫(さら)っていかなければの話だが。Google だって、Real だって、それに Yahoo だって、いろんな会社があるんだから・・・

Apple will lose and Burst will win, and Apple won’t be able to afford to wait for the courts to decide anything, since time is critical in staking out Internet video turf. I predict that Apple will eventually take a license from Burst, that is UNLESS SOME OTHER COMPANY (Google? Real? Yahoo?) doesn’t snatch up Burst first.

大会社というものは、自分が持っている特許に限ってその権利を主張するもののようだ。というのも、Burst はサンタローザにある3人の小さな会社なので、マイクロソフトやアップルのような会社は得てして彼らを無視しようとするのだ。

Here’s something I’ve noticed lately: Big companies believe in patents as long as they are talking about THEIR patents. Because Burst is three guys in an office in Santa Rosa, companies like Microsoft and Apple tend not to take them seriously.

しかし、Burst が 21 年の歳月と 6600 万ドルの資金を費やして知的財産(IP)を確立したことは忘れてはならない。彼らが開発したコードはマーケットのどんなコードより優れており、マイクロソフトといえども見たことがないような代物だ。Burst は、どこかに買収されない限り訴訟に勝つだろう。そして世界に向けてライセンスすることになるだろう。まず、彼らは正義の側にいるのだ。それに、訴訟費用なら彼らを訴えるどんな会社にも負けないくらい持っている。アップルはこの会社には勝てないのだ。

They forget that Burst spent 21 years and $66 million developing that IP, and the company has code that is still better than anything else on the market — code not even Microsoft has seen. Unless someone buys the company first, Burst is going to win this and eventually license the world. They are in the right, for one thing, and in practical terms they now have as much money for legal bills as any of their opponents. Apple can’t win this one.

      *      *      *

さて、今回の報道ぶりを例えば CNET で見てみるとつぎのとおりだ。

CNET:”Burst.com sues Apple for patent infringement” by Tom Krazit:4月17日
CNET Japan:”Burst.com、アップルを反訴–iTunesiPodがコンテンツ配信特許を侵害“:4月18日[河部恭紀訳]

Burst.com は売られた喧嘩を買った

アップルが訴えたので、Burst も訴え返した(反訴 counterclaim)ということのようだ。

Burst.com has filed a countersuit against Apple Computer claiming that the iTunes software, the iPod and the Quicktime streaming software all infringe on patents held by Burst.com, Burst announced Monday.

Burst.comは米国時間4月17日、アップルの「iTunes」「iPod」「QuickTime」がBurst.comの保有する特許を侵害しているとして、アップルを反訴したことを明らかにした。[河部恭紀訳]

After being approached by Burst.com in late 2004, Apple had filed for a declaratory judgment in January that it isn’t infringing on Burst’s patents, but Burst is going ahead with its lawsuit, filed Monday in federal court in San Francisco. Burst is asking for royalties as well as an injunction, it said in a press release.

Burst.comは、2004年後半にAppleへの接触を図ったが、同特許の侵害はないとしてAppleから確認訴訟を1月に起こされていた。これに対して、Burstは17日にサンフランシスコの連邦裁判所に訴状を提出し、Appleを提訴した。同社は声明のなかで、ロイヤリティの支払いと差し止め命令を求めていると述べている。[河部恭紀訳]

マイクロソフトすら Burst に屈した

Burst has developed software that helps companies speed up the delivery of audio and video files over a network. The company was involved in a similar patent infringement dispute with Microsoft last year that ended with a $60 million settlement and a Microsoft license to the Burst technology.

Burstは、ネットワーク経由の音声/動画ファイルの配信を高速化するソフトウェアを開発している。同社は2005年、Microsoftを相手に今回と同様の特許権侵害訴訟を起こしており、6000万ドルの和解金と、同社技術のMicrosoftへのライセンスを獲得していた。[河部恭紀訳]

Three of the four patents at issue in the new lawsuit are the same as the ones involved in the Microsoft suit, Lang said. An Apple representative did not immediately return a call seeking comment.

今回の訴訟で問題となっている特許4件のうち3件は、Microsoftとの訴訟で争われた特許と同じだとLang氏は述べる。Appleの関係者からはコメントを得られていない。[河部恭紀訳]

争われている特許はコンテンツ配信に不可欠のもの

kingkong

Richard Lang, co-founder, chairman and chief executive officer of Burst, said the company’s patented technology involves the delivery of music or video over the Internet “faster than real-time.” A television program over a broadcast network is delivered in real-time, meaning an hour-long show is delivered over the course of an hour. But Burst holds patents that cover sending an hour-long video across a network in a few minutes, in addition to other technology involved in delivering that video or audio content, he said.

Burstの共同設立者で会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるRichard Lang氏は、同社特許は、インターネット上で楽曲ファイルや映像ファイルを「実際より速く」配信する技術を含んでいると述べた。通常の放送ネットワークでは、テレビ番組を実際と同じ時間をかけて配信するため、1時間の番組を提供するには1時間がかかる。しかしBurstでは、動画や音声などのコンテンツ配信に使われる他社技術に加えることで、1時間の映像を数分でネットワーク上を送信するための特許を保有していると同氏は述べた。[河部恭紀訳]

      *      *      *

どうやら、Burst が保有する特許は iPod や iTunes、それに QuickTime とも関連し、アップルのコンテンツ配信の根幹を揺るがしかねない大問題のようだ。

アップルの映画配信がなかなか進まないように見えるのも、本件が絡んでいるためかもしれない。

Robert X. Cringely の予言は、また的中するのだろうか。

Technorati Tags: , , ,

2005年 10月 22日

Digital Vessel という考え方

ビデオ iPod について書かれた記事の中で、Bob Cringely のコラムは特におもしろかった。

dvdstation

アメリカには DVDstation というキオスク(貸ビデオ屋みたいなもの?)があるという。DVD を貸すだけでなく、焼き付けもするらしい。

その DVDstation が、こんどの新しい iPod を店に持ってくれば、HD の映画を 90 秒以内でダウンロードすると発表したのだという。

Well, DVDstation just announced that you can plug your video-enabled iPod into their kiosk and download an HD movie in 90 seconds or less.

This is a compelling model, placing the equivalent of a completely automated Blockbuster video store in a few square feet at, say, The Gap or any other retailer that doesn’t presently have a competing video sales operation. The video-enabled iPod becomes the vessel for transporting movies from store to home and of course they don’t have to be returned. Apple, meanwhile, can sell iPods to people who like movies but don’t typically carry their music with them — a whole new class of iPod customers.

するとどうなるか。

iPod は、映画というデジタルコンテンツを家にもって帰るための容器(digital vessel)の役割を果たすことになる。iPod を使ったビデオストアの誕生だ。音楽を聞くというこれまでの iPod とはまったく違った新しい使い方と、そのマーケットが出現するという訳だ。

DVDstation がアップルストアの近くぞくぞくできれば、映画会社も参入してくるにちがいない。それを見計らってアップルは、次期ワイヤレスの 802.11n が可能な Video Express を投入するだろう、というのだ。

But wait, there’s more! When the Apple experiment is complete and successful, we’ll see the movie studios sign on, at which point Apple will finally announce that Video Express, which is the component still required to practically link this new video system to your TV. That rash of products will also include Apple’s much faster 802.11n version of its Airport access point, which suggests that the Video Express will be 802.11n as well, which figures.

いつもながらの Cringely 節だ。先の先を読んだビジネスモデルを示してくれるところが Cringely らしい。

iPod を直接映画を見るための機器ではなく、家に持って帰る容器(digital vessel)として捉えたところが新鮮でおもしろい。

・・・ここまで Cringely に刺激されたのなら、もう一歩進めて考えてみてはどうだろう。

Digital vessel は、iPod でなくてもいいのではないか。

十分な容量と大型テレビへの出力装置を持ったものを競合他社が作ったらどうなるか。いま iPod から閉め出されているメーカーにもチャンスができるのではないか。

もっといえば、こういうダウンロードサービスは iTunes Music (Video/Movie) Store とは別の選択肢になるのではないか。

考えれば考えるほどおもしろい。

Technorati Tags: ,