maclalalaweblog

2007年 1月 3日

Just the beginning…

Filed under: ひと,アップル,イベント — shiro @ 18:15
Tags: , ,

welcome2007

来週に迫ったマックワールドへの期待を込めた楽しい記事がある。

大きな夢を持つひとには大きな期待が(小さな夢しか持てないひとには小さな期待が)と思わせるような記事だ。

わが愛する Rob Griffiths の楽しい夢に是非付き合ってください。

Macworld:”Reading between Apple’s lines” by Rob Griffiths:1月2日

      *      *      *

アップルのメッセージ

みなさんはもうアップルの新しいホームページをご覧になったことと思う。「これまでの30年は、始まりにすぎない・・」(The first 30 years were just the beginning.)というメッセージだ。

By now, I’m sure you’ve all seen Apple’s new home page. As Macworld reported earlier, Apple’s site now features the phrase, “The first 30 years were just the beginning.”

とても簡単なメッセージだが、その意味するところはとても興味深い。具体的になにを意味するのだろうか。単にアップルの新年のメッセージか。それとも、来週のマックワールドエクスポに登場する予想もしない製品のティーザ[teaser、先行広告]か。それとも、これまでの30年と同じように、これからも未来に向けてアップルがエキサイティングな製品を発表し続けるというメッセージだろうか。あるいはまた、何かまったく異なるものだろうか。

A simple statement, yet one loaded with intrigue. What exactly does it mean? Is it simply Apple’s New Year’s announcement for its Web site? Some sort of teaser for an unexpected product introduction at next week’s Macworld Expo? Or is it just a general statement that this, Apple’s 30th year in business, will be a year filled with continual product announcements designed to take the company in exciting new directions? Or is it something else entirely?

      *      *      *

何かまったく新しいもの

このメッセージはいわゆる新年のご挨拶ではないと思う。また、2007 年に向けてのアップルの決意表明でもあるまい。これは来週のマックワールドエキスポへの期待をいやが上にも高めるためのものであることは明らかだ。ということは、なにか「新しい」タイプの製品発表があるということだ。

I don’t think the slogan on the home page is a generic New Year’s announcement, nor do I think it’s a general statement on Apple’s mission for 2007. I think it’s clearly targeted to up the hype level for next week’s Macworld Expo, which means there must be some “now” [sic] type of product announcements behind it.

しかし、目下噂にあがっているものとは関係ないと思う。たとえば、デューアルクワッドコア(dual quad-core)Mac のことでも、本物のビデオ iPod のことでも、また「今いわれている」Leopard の発売のことでもないと思う。さらにまた iTV ホームシアターボックスのことでもないと思う。いずれもアップルのメッセージに含まれた「ワオ」という驚きに応えるには不十分だと思うからだ。もし Jobs が来週火曜日に「これまでの30年は始まりに過ぎなかった・・・これがその理由だ。新しい iTV だ」といったとしたら、みんなの反応はパッとしないものじゃないだろうか。アップルのホームページに掲げられたメッセージへの期待はそんなものじゃすまないということだ。

However, I don’t think it really has much of anything to do with the currently rumored products. That is, I don’t feel a new dual quad-core Mac, a true video iPod, Leopard shipping as of “now,” or even an iTV home-theater box represent enough of a “wow!” announcement to merit the direction implied by the marketing statement. If Steve Jobs stands up next Tuesday and says “We told you the first 30 years were just the beginningノand here’s why: the new iTV,” he’s going to get a very flat response. That’s because the expectations bar has been set quite high by the statement on Apple’s home page.

      *      *      *

Just the beginning…

私は「始まりに過ぎない」という部分が未来に向けた真の何かを意味しているように思えてならない。アップルは、現在のアップルに到達するのにこれまでの30年を要した、これまでの持てる知識のすべてを使って真に何ができるかということを示したい、といっているのだ。

To me, at least, the “just the beginning” portion of the phrase implies something truly forward-thinking. Apple is basically stating that it’s taken the past 30 years for the company to get where it is now, and that it plans to use all that knowledge to really show us what it can do.

      *      *      *

99%当たらない

以下述べることが当たらない確率は99%以上だ。だから、近所の居酒屋で賭けに負けるのが好きだということでなければ、10セントたりとも賭けてはならない。私が間違っているということに賭けるのなら別だが。それに、つぎに述べることは「こんなものが見たかった!」という私の心から湧き出してくるものだということを分かっておいてほしい。来週になればはっきりすることだから、賭け率はもっと下がるだろう。

The odds that the following scenario is wrong are something greater than 99 percent. So unless you like losing money at the local watering hole, don’t bet a single dime on these words—unless you’re betting I’ll be wrong, that is. And again, keep in mind that the following springs only from the “I’d love something like that!” area of my mind, further lowering the odds that this is what we’ll see revealed next week.

2002 年エクスポの先行ティーザで使われた「噂サイトを凌ぐ。それ以上・・・」(Beyond the rumor sites. Way beyond)という文句を覚えているだろうか。いくつもの製品が発表されるだろうと思う。(昔のことを忘れた方のためにいうと、2002 年のエクスポではフラットパネル iMac、14インチ iBook、iPhoto が登場したけれど、多くのひとががっかりした。マックワールドに対する期待はもっとずっと大きかったのだ。)

I think, much as when Apple last ran this type of pre-Expo publicity in 2002—remember the company’s “Beyond the rumor sites. Way beyond” teaser?—we’ll see a suite of products. (In case you’ve forgotten your history, that Expo saw the debut of the flat-panel iMac, the 14-inch iBook, and iPhoto—and many people found themselves disappointed by the overwhelming amount of hype that had built up for the event.)

      *      *      *

iPhone

まず最初に登場すると考えられるのは iPhone だ。噂があまり大きくなり過ぎて無視できない。しかし、競争相手であふれる携帯電話マーケットに参入するためには、アップルも違った考え方(Think Different)をすることが必要だ。デザインには「アップルらしさ」がなきゃいけない。(といっても、ワンボタン電話という考えを Steve は捨て去ることができるだろうか。)iPod の使いやすさを踏襲したユーザーインターフェイスで、OS X の Address Book や iCal ともシームレスに統合されていることが必要だ。もちろんウインドウズのカレンダーやコンタクトソフトともなんらかの形で連携していなければならない。それに、携帯からオンラインで購入できるように iTunes ともうまく統合されていることが必要だ。

First out of the gate will be the iPhone. The rumors on this one seem too strong to ignore. To make a dent in the crowded, competitive phone market, Apple’s phone will have to Think Different. The phone will have the “Apple touch” on the design side (though not even Steve can really get away with a one-button phone—can he?), a user interface that borrows heavily from the iPod’s ease of use, and features seamless integration with OS X’s Address Book and iCal. Apple must also figure out some way to talk to Windows’ calendar and contact apps as well, of course. And, of course, there will be some form of iTunes integration, perhaps going as far as allowing online purchases from the phone itself.

      *      *      *

iWork suite

次の製品は、 iWork アプリケーションの改訂版だ。FileMaker Pro を簡単にしたものをベースにして表計算とデータベースの双方の機能を持たせる。この二つを加えれば AppleWorks もいよいよお役目御免だ。表計算は Excel には及ばないが、ときどきしか計算ソフトを使わないユーザーにとっては90%満足できるものだ。データベースも同じだ。FileMaker Pro のデベロッパになるには不十分かもしれないが、ドラッグ&ペーストのインターフェイスを持ち、簡単なデータベースならすぐに作れる。

Next up will be the revised iWork suite, now featuring a spreadsheet and a database application, based on a simplified version of FileMaker Pro. With the inclusion of both a spreadsheet and a database, AppleWorks can finally be put to rest for good. The spreadsheet won’t rival Excel for features, but will be sufficient for 90 percent of users who need to occasionally crunch numbers. Same with the database; it won’t let you become a FileMaker Pro expert developer, but it will feature a very simple drag-and-drop GUI designed to quickly create simple databases.

      *      *      *

iTV

最後は、iTV の正式名称と出荷時期の発表だ。マックや PC とシームレスに繋ぐ実演が行なわれる。ビデオレコーダ機能が含まれるかどうかは分からないが、必要最小限バージョンの OS X で動く。観衆は拍手喝采だ。

The final name and release date for the iTV will be announced, and its seamless integration with a network of Macs and PCs will be demonstrated. It may or may not include video recorder capabilities, and it will be running a stripped-down version of OS X. People will cheer.

当然このほかにもいくつか発表があるだろう。Leopard の発売時期は 2007 年3月24日になるだろう。OS X 10.0  が 2001 年に登場した記念日だ。iSight を内蔵した新しいディスプレーも登場するだろう。噂のクワッドコア(quad-core)Mac Pro も発表される。iPod 関連の発表もあるかもしれない。もっとも昨年のエキスポでは、このイベントはマックの行事であって iPod のものではないといって、iPod のことを意識的に抑えたけれど。

There will be some other announcements, obviously. Leopard’s ship date will be announced as March 24, 2007—the sixth anniversary of the launch of OS X 10.0 back in 2001. There will be new displays, with built-in iSight cameras. Perhaps the rumored dual quad-core Mac Pro will be announced. There may even be some iPod-related announcements, though Apple intentionally downplayed the iPod at last year’s Expo, stating that the event was about the Mac, not about the iPod.

      *      *      *

One More Thing

もし以上のことがすべて実現したら、マックワールドは大成功となるだろう。それでも「ほんの始まりに過ぎない」という新しいメッセージからするとちょっと物足りない。もうひとつ「One More Thing」があるというわけだ。

If all of that comes to pass, Apple will have had a very successful event, yet falling fall short of meeting the “just the beginning” tidbit in its new catch-phrase. So that leaves just One More Thing.

      *      *      *

まったく新しいマック

TAM

アップルは、30年の歴史で学んだことをどうやって我々に示してくれるのだろうか。10年前にアップルは20周年モデル(TAM、20th Anniversary Macintosh)を発表した。今年は30周年モデルのマッキントッシュが登場するだろうと私は思う。最初の20周年記念モデルと同じように、新しいモデルもコンピュータ技術とデザインに対するアップルの考え方の偉大な集大成となるだろう。TAM(20周年モデル)は当時デスクトップコンピュータの最先端を示すものだった。価格だけはとても高かったけれど。30周年モデルについていえば、デスクトップという形態(form factor)は役目を終えたと思う。

So what’s Apple going to do to show us how much it’ learned in 30 years? Well, 10 years ago the company gave us the 20th Anniversary Macintosh (TAM for short); this year, I think we’ll get the 30th Anniversary Macintosh. As with the first Anniversary Macintosh, this machine will represent Apple’s greatest thinking on the on state of design in computer technology. In its day, the TAM represented the bleeding edge of design in a desktop computer, albeit one at an amazingly high price point. For the 30th Anniversary Mac, though, I think the desktop form factor is out.

      *      *      *

軽くて、小さくて、フル装備

その代わりアップルは、30周年モデルではラップトップの新しい標準を創造するのではないだろうか。軽くて、小さいけれど、フル装備のラップトップのことだ。解像度 1280 x 800 の、11インチワイドスクリーンを備え、とても軽いマシンだ。しかもこのスクリーンは水平に回転して、ラップトップ型がタブレット型となり、アップルの手書き文字認識の最新エンジンを備えることになる。まさにこの機能こそ、まだ誰も見たものはいないけれどバージョン 10.5 の隠された秘密のひとつだろうと想像する。Bluetooth で簡単に iPhone とも接続され、インターネットの Skype モード機能を備えることによって iPhone と一体化する。みんなの期待どおり iSight カメラも登場するだろう。ただし、このカメラは 360 度方向を変えられる装置が付いていて、スクリーンの向きとは関係なくどの方向にでもカメラを向けられる。

Instead, for the 30th anniversary, Apple will create a new standard for laptops. Specifically for light, small, and yet full-featured laptops. Featuring a widescreen 11-inch design running at 1,280-by-800 resolution, this machine will be very light. And the screen will flip horizontally, transforming the laptop into a tablet that uses an advanced version of Apple’s handwriting recognition engine—I’m guessing that this will turn out to be one of the secret 10.5 features that nobody has seen yet. iPhone integration will be there, too, with easy linking via Bluetooth and the ability to use the phone in Skype-mode to make calls over that network. As expected, there will be an integrated iSight camera. But this one will be mounted on a piece that can swivel in a full circle, allowing the camera to be used in either direction, regardless of how the screen is oriented.

デザインの主眼は薄さと、軽さと、使いやすさだ。11インチスクリーンということは、それなりにちゃんとしたキーボードがつくということであり、ちゃんとしたバッテリーを収納できるだけの厚さを持つ形状(form factor)になるということだ。これまでの一部のラップトップと同じように、DVD 装置を外してバッテリーと交換し、駆動時間を倍増することもできる。新しいマシンは当然インテルの Core 2 Duo を採用する。そして、グラフィックカードは MacBook Pro のものだ。これで 3-D ソフトを使うときの制限もなくなる。

The design will focus on thinness, lightness, and usability—using an 11-inch screen means that there’s still room for a decently-sized keyboard, and the form factor is deep enough for a good sized battery. Like some Apple laptops of yesteryear, the DVD mechanism can be removed and replaced with another battery, thereby doubling the battery time. The machine will run on an Intel Core 2 Duo, of course, but will feature the MacBook Pro’s graphics card, so users aren’t limited in their ability to use 3-D applications.

      *      *      *

私の夢・・・

以上、出来るだけクールなマシンを想像してみた。しかし、仰天動地の新技術を採用したということではない。いずれも既知のものを一番使い出があるように組み合わせたに過ぎない。もっとも、ここまで書いてみて「始まりに過ぎない」というメッセージに見合うだけのものかどうかまだ自信がない。

OK, as cool as I think the above machine would be, really, it’s not all that earth-shattering. It’s just a combination of known technologies put together in a most useful manner. But as I read what I’ve written, I’m still not sure it fulfills the “just the beginning” phrase.

アップルが何を準備しているのか、私はまったく知らない。何が登場するか想像するだけでも楽しいが、実際マックワールドに行って自分の目で確かめると思うとわくわくする。アップルのホームページが変わったことでエキスポへの期待はいやが上にも増している。私としては発表されるものがその期待に違(たが)わないことを願うのみだ。

The reality is that I have no idea what Apple has in store for next week. As much fun as it can be to think about what could be, I’m thrilled that I’ll be there in person to see what really will be. There’s no doubt that Apple’s home page changes have hyped the already-high interest in the Expo even further; I’m just hoping the reality will match the newly-raised expectations.

      *      *      *

Rob Griffiths の文章を読むとこちらまでわくわくする。

マック好きが考える「何かまったく新しいもの」はなんとすばらしいことか・・・

個人的にはタブレット型マックの登場を長いあいだ願ってきた。この夢が実現したらほんとうにうれしい。

マックワールドに夢を与えてくれた Rob Griffiths に心から感謝。

Technorati Tags: , ,

広告