maclalalaweblog

2006年 12月 1日

センチメンタルジャーニー

Filed under: ブログ,旅行 — shiro @ 23:03
Tags: ,

satsuma_hanto2
[薩摩半島]

鹿児島の薩摩半島を海岸沿いに走ってきた。

指宿(いぶすき)からさらに南下し、山川、頴娃(えい)、枕崎と海岸に沿って国道226号線を走る。

Kaimon_dake

[開聞岳]

薩摩富士の異名をもつ開聞岳(かいもんだけ)の姿はどこからでも見える。

神風特攻隊の少年飛行士は、開聞岳を二周して日本に別れを告げ、南の海に散った。

      *      *      *

その後がスゴかった。

Noma_daka

[野間岳]

野間岳(のまだけ)をまいて笠沙(かささ)にはいる。さして高くはないが姿形の美しい山だ。

右は高い山、左は眼下の海だ。バスがやっと通れる曲がりくねった道を、木々に触れんばかりに進む。

釣り人以外は滅多に来ない道だという。

海に出て陸地が見えなくなっても、右に開聞岳、左に野間岳を見てその間に向かえば必ず陸地に着くといわれた。台風もこの方角からやってくる。

人間魚雷の秘密基地、島津の密貿易港、鑑真和上がやっと辿り着いた秋目(あきめ)の湊、みなこのあたりだ。

バスに酔ったのは久しぶりだった。

      *      *      *

指宿温泉での同窓会には、全国から80人も集まった。

会が始まってしばらくすると、紳士・淑女の顔に、昔のやんちゃな少年や可愛い少女の顔が重なってくるのだから不思議。

ここでも活躍するのは女性たち。薩摩の「よかおごじょ」だ。

男尊女卑で知られる鹿児島だが、家庭の中で実権を握っているのは女性だということは、鹿児島のひとなら誰でも知っている公然の秘密。

Kirishima

[霧島]

昔にタイムスリップして、まさにセンチメンタルジャーニーだった。

      *      *      *

マックとも、インターネットとも無縁の数日間だった。

そして・・・

また、表情のない都会の顔に戻って電車に乗っている。

Technorati Tags: