maclalalaweblog

2006年 6月 25日

Parallels のつぎは VMware か

vmware_logo

あっという間に正式版の発表に漕ぎ着けた Parallels Desktop for Mac の話題で持ち切りだが、仮想化ソフトの老舗(しにせ)VMware もマック向けマーケットに乗り出すとの観測が浮上している。

きっかけは、仮想化技術を専門とするサイト virtualization.info のインタビューだ。

VMware 社の Platform Products 担当副社長 Raghu Raghuram がインタビューに答えている。

virtualization.info:”Interview: virtualization.info interviews Raghu Raghuram” by Alessandro Perilli:6月20日

      *      *      *

データセンター向けの仮想化ソフト VMware Virtual Infrastructure 3 (VI3) が出たのをきっかけにインタビューがもたれた。

リリースされたばかりの VI3 や一般的戦略に関する話が大部分で、マックについては次のやり取りだけだ。

OS X 向けに仮想化ソフトを検討中

vmware-workstation

virtualization.info仮想化技術のマーケットに参入した一番新しい会社である Parallels Inc. が、アップルのインテルマック OS X 向けデスクトップ製品をどこよりも早く発表しました。VMware は、VMware Workstation のような高品位のデスクトップ製品で成功を収めたマーケットリーダーですが、アップル OS に向けた製品をだすのかどうか未だ沈黙を守っているのにはいささか驚かされます。VMware はアップルのマーケットには興味がないのでしょうか。

VI: Parallels Inc., the last company entered in the virtualization market, just released a desktop virtualization product for new Apple Mac OS X for Intel architectures, beating any competitor on time.

Customers are a bit surprised the market leader, founding its success on a high quality desktop product like VMware Workstation, is still mum about a possible presence in the Apple operating system. Isn’t VMware interested in Apple market?

raghu_raghuram

Raghu Raghuram:アップルが x86 ベースのプロセッサに移行したので、[我々の]強固で実績のある仮想化技術をアップルユーザーに対して提供する大きなチャンスだと考えています。実際我々のラボでは、VMware が Mac OS X 上でも動いているということを明らかにしてきました。この分野での将来の発表をどうぞご期待ください。

RR: With Apple switching to x86-based processors, robust and proven virtualization capabilities for Apple users is an interesting opportunity. We have stated that we do have VMware running on Mac OS X in our labs – stay tuned for future announcements in this area.

非常に慎重な言い回しながら、マック版を検討中だと示唆している。

      *      *      *

慎重な言い回しは、Raghu Raghuram の他の回答にも共通している。

WMware ACE のアップデート

virtualization.info興味深い製品なのに長い間アップグレードされていないのが WMware ACE[IT セキュリティマネージャ向け法人デスクトップ用製品]ですが、今年中になにか新しいものが出ると考えてよいですか。それとももうこの製品は終わりということでしょうか。

VI: A very interesting product VMware is not updating since a while is ACE. Can customers expect something new within this year or the product is going to be dismissed?

Raghu Raghuram:デスクトップマシンの管理およびセキュリティ能力を ACE が非常に高めてくれるものと我々は期待しています。次のメジャーなバージョンについて精力的に作業中です。ベータ版の準備が整い次第、もっと詳しい情報を提供したいと思います。

RR: We are excited by the potential of ACE to improve desktop manageability and security. We are hard at work on the next major version. As the product is readied for beta we will offer more details.

競合相手マイクロソフトのサポート

virtualization.info最後にマイクロソフトとの競争についてお尋ねします。マイクロソフトは二年後に Windows Server Virtualization や Virtual Machine Manager を発表するといわれていますが、その時点で VMware はどうするのでしょうか。

VI: A last question about Microsoft competition. Where VMware will be at the time Microsoft will release Windows Server Virtualization and Virtual Machine Manager, 2 years from now?

Raghu Raghuram:仮想化技術の第一世代は、シングルサーバーでのパーティショニング(single-server partitioning)でした。第二世代では、バーチャルマシン(Virtual Machine)の管理レイヤーが提供されました。そして VMware Virtual Infrastructure 3 (VI3) によって仮想化の第三世代にはいりました。シングルサーバーのパーティショニングからスタートした仮想化は、接続されたインフラ全体をカバーする分散コンピューティング上の仮想化技術へと発展し、次世代のシステムインフラストラクチャの基礎を提供するものとなりました。次世代システムインフラとは、業界標準のハードウェアコンポーネント全体を束ね、何百万ドルもするメインフレームコンピュータでしか可能でなかった稼働率、信頼性、可能性、そしてセキュリティを提供しようとするものです。VMware の使命はこうした次世代システムインフラを可能にすることにあります。たとえば他のベンダー[マイクロソフト]が二年後にやろうとしている基礎的パーティショニングやマネジメントに関するものを含めてです。

RR: The first generation of virtualization was single-server partitioning. The second generation of virtualization provided a layer of management for Virtual Machines. With VI3, we have entered the third generation of virtualization. Virtualization has evolved from being a static single-server partitioning technology to a distributed, infrastructure-wide virtualization technology that provides the foundation for next generation systems infrastructure. The next generation systems infrastructure will harness a collection of industry-standard hardware components and deliver the utilization, reliability, availability and security that was previously possible only with million-dollar mainframes. VMware’s mission is to enable this next generation of systems infrastructure even as other vendors focus on basic partitioning and management two years from now.

      *      *      *

さて、マックに関して興味深いのは、「ラボでは Mac OS X 上で VMware が動いている」という部分だろう。

diane_greene

この点に関しては布石があり、USA TODAY での Diane Greene(VMWare CEO)のコメントがベースになっている。

USA TODAY:”Mac and XP: a virtual moot issue?” by Kevin Maney:4月6日

複数の OS を切り替える

複数の OS を切り替える(toggle)ことができるようになるのにそんなに時間はかからないだろう。仮想化ソフトの最大手である VMware の Diane Greene によれば、すでに 400 万台の PC が同社の仮想化技術を利用しているという。目下のところ、同社の製品はマックでは動かないし、コンシューマ向けの製品も出していない。VMware は例えばウインドウズマシンでリナックスを動かしているようなひとたちによって使われている。

And that’s not long in coming. Virtualization is already running on at least 4 million PCs, says Diane Greene, who runs the leading virtualization software company, VMware. The company’s products won’t run on Macs yet, and they’re not ready for the mass market. VMware is used, for instance, by people who run Linux on Windows machines.

どんなマシンでも、どんな OS でも

「どんなマシン上でも好きな OS を動かせるようにしたい」と Greene はいう。「そうすれば、OS が何かということを心配せずに、自分の欲しいアプリケーションを買えるようになる。」

“We’d like to let anybody run any operating system (OS) on any machine,” Greene says. “You’ll be able to buy any application you want and not worry what OS it runs on.”

仮想化ソフトのトリック

仮想化ソフトは、それぞれの OS がマシン上にある唯一の OS だとコンピュータに思い込ませるトリックを使う。そうすると複数の OS が同時に、しかもお互いの邪魔をすることなく動くのだ。

Virtualization software tricks the computer into thinking each OS is the only one on the machine – so multiple operating systems can run simultaneously but not get in each others’ way.

マックでも動いている

VMware は今後コンシューマ向けの仮想化ソフトを出す計画だ。「我が社のラボでは Mac OS 上で仮想化ソフトを動かすことがすでに可能だ」と Greene はいう。

VMware has plans to roll out virtualization for consumers over coming years. “We can run it on the Mac OS in our labs already,” Greene says.

      *      *      *

1998 年に設立された VMware は、業界標準を念頭において仮想化技術を広めてきた会社のようだ。400 万人の PC ユーザーと 2 万の法人に支えられているというのは大きな実績だろう。

virtualization.info のインタビューでも、Raghu Raghuram は「mission-critical」ということばを使っているが、ユーザーの9割が生産現場(年中無休で中断やミスが許されない)に関わるものだということが同社ソフトに対する信頼性の高さを窺わせる。

マックの仮想化ソフトの世界も、先頭を走る新規参入の Parallels、近日中に参入することを示唆した老舗の VMware、まだ態度を明らかにしないマイクロソフトと、この三者の三つ巴の戦いになるのだろう。

マックのインテル移行がもたらした影響が徐々に姿を現している。コンピュータ世界の景色が大きく変わろうとしているようだ。

      *      *      *

参考:

・virtualization.info:”Interview: virtualization.info interviews Raghu Raghuram” by Alessandro Perilli:6月20日
・Macworld UK:”VMWare hints at Mac plans” by Jonny Evans:6月22日
・Mac Rumors:”VMWare On Mac OSX Coming?“:6月22日
・USA TODAY:”Mac and XP: a virtual moot issue?” by Kevin Maney:4月6日
・Mac Rumors:”Apple, Parallels, VMWare and Microsoft“:4月10日

Technorati Tags: , , , ,