maclalalaweblog

2007年 6月 12日

重要なのは Leopard ではなく Safari だ:Paul Thurrott

Filed under: アップル,OS — shiro @ 21:32
Tags: , , , , ,


[Paul Sakuma, AP]

WWDC 07 を見た Paul Thurrott の感想・・・

Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Safari, Not Leopard, is the Real News at Apple Show“:6月11日
WinInfo:”Safari, Not Leopard, is the Real News at Apple Show” by Paul Thurrott:6月11日

      *      *      *

私がここでいいたいことはとても簡単だ。

My contention here is simple.

未来は Leopard にあるのではない。そもそも、そんなことはこれまでもなかった。ウインドウズのユーザーを大量に転向させるほどすばらしかったことなんてなかった。如何なるデスクトップ OS といえども、それが可能だったことはないのだ。

Leopard is not the future. How could it ever be? This isn’t good enough to make Windows users switch en masse. No desktop OS could ever make that happen.

ノーだ、未来は Safari にあるのだ。まず iPhone で動かす。それからたくさんのデバイスで動くようになる。コンピュータだろうと、コンピュータ以外のデバイスだろうと・・・。覚えておいてほしい。ケイタイのマーケットはデスクトップ PC よりはるかに大きいのだ。とても大きい・・・

No, the future is Safari. First, running on iPhone. Later, running on any number of devices. Traditional and non-computer devices. Remember that the cell phone market is much bigger than the market for desktop PCs. This is big.

私のいっていることが、陰謀説のように聞こえるかもしれないのは分かっている。しかしいつの日か、過去を振り返ってこう考える日がきっと来ると思う。デスクトップ OS(複数)について考えるのをやめ、モバイルというウェブベースの未来に焦点をあてることにしたのがまさにこの日であったことを・・・。これは、アップルがこれまでやったことで一番賢明なことだったといえるかもしれない。それにこれまでのところ、気付いているひとはほとんどいないのだ。いまのところは・・・

And yes, I know it all sounds like a conspiracy theory. But I think that we will all look back on this day as the time when we stopped thinking about desktop OSes and focused on the mobile, Web-based future. This might be the smartest thing Apple ever did. And so far, few have even noticed it. Yet.

      *      *      *

気になっていた Leopard のユーザーインターフェイスは、iTunes 風というか iPhone 風に変わったというのが第一印象だった。One more thing… が Safari だったのはそういうわけか・・・

Mac OS X をケイタイ向きに書き換えるには、手間もかかるだろうし、iPhone より先に出すわけにもいかないだろうし、なんとなく Leopard が10月まで遅れたことを納得してしまった。

Technorati Tags: , ,

2007年 1月 2日

疑いは晴れた・・・

jobs-5

以前ストックオプションの話には関心がないと書いた Paul Thurrott が、新年早々その話題を取り上げている。

Paul Thurrott’s Internet Nexus:”We call it ‘The Hurd Defense’“:1月1日

      *      *      *

アップルが今週やったことや、マックに好意的なブログやサイトが「アップルの CEO Steve Jobs の嫌疑は晴れた」と鵜呑みにして合唱したことほどおかしなことがあるだろうか。私のみるところ、アップルは Jobs が不正行為に関係していたことを認めたのだと思う。まったく違った角度から見てみるのもおもしろい。ここに、この矛盾をついてとてもよく書かれた記事がある。パロディとして書かれたのだろうが、ちょっと哀しくなる。

I’m not sure what’s funnier, what Apple actually did this week or the way Mac-friendly bloggers and Web sites lapped it up and declared that Apple CEO Steve Jobs had been “cleared” of wrongdoing. I’m pretty sure that Apple actually announced that Jobs knew about and participated in wrong-doing, but it’s fun to spin things in a completely new direction. Anywho, here’s the best write-up I’ve seen about this contradiction. I’m pretty sure this was meant to be funny, too, though I find it kind of sad:

[引用記事省略、下段参照]

これが実際に起きたことだ。でも、みんなの関心は Steve ちゃんがマックワールドで iPhone を発表するかどうかに向いているので、裁判所が取り上げたばかりの連邦独禁法訴訟ほか、アップルが直面しているあれやこれやたくさんの些細なことには気がまわらないのだ。ストックオプションの不祥事を無視したがるひとがいるのもムリはない。テクノロジーの楽しい話とは無関係だから。しかし、Jobs の嫌疑が晴れたなんてフリはしないでくれ。それはまったく事実とは異なるのだ。

So this is exactly what happened. But hey, we’re too concerned about whether Stevie will introduce the iPhone at Macworld to worry about trivials matters such as this or the numerous lawsuits now facing the company, including a federal monopoly suit that was just upheld by the by [sic] the courts. So I understand why someone might ignore the stock options misconduct, as it’s not exactly a fun technology issue. But please don’t pretend that Jobs was just exonerated. That’s simply not true.

      *      *      *

Paul Thurrott が引用した記事とはつぎのようなものだ。

Jobs の名前でパロディ記事を書いているサイト「Secret Diary of Steve Jobs」に掲載されたものだ。

Secret Diary of Steve Jobs:”We call it ‘The Hurd Defense’“:12月31日

      *      *      *

こういうことだ。不正行為が行なわれたのか? — イエスだ。その不正行為が行なわれたとき現 CEO はその責にあったか? — イエス。その不正行為を現 CEO は許可したか? — イエス。その利益を享受したか? — イエス。したがって・・・したがって、現 CEO には責任はない。彼が職にとどまり、不正をただすことが一番いいことだと考える。筋が通っていると思うだろう? これがいま証券取引委員会(SEC)や他の政府当局と我々が行なっている協議の内容だ。我々の立場はこういうことだ。ホラ、アンタのために調査をやってやったよ、それもトコトンね。だからアンタたちにまた調査をやって欲しくないんだ。だって繰り返しになるだろ。ハイ、これが調査報告書。好きなだけコピーして。この正月休みに読んでくれ。さあ、これで来年は新しいスタートを切ろうじゃないか。ステキな新製品に話を戻そうよ。きっとみんな子供のようによろこぶよ。法律屋タイプのガチガチさんにはまっさらの24インチ iMac はどうだい? それとも30インチの Cinema HD ディスプレーかな? U2 モデルの iPod がよければ Bono がサインしたものはどうだい? Bono とランチする? それとも Al Gore と? ボクと一緒に5分間だけ座って瞑想し、ボクの魔法がキミにかかるのを感じるのじゃどうかい? なんでもいってくれたまえ。キミのためにそうしたいと思うから。

Goes like this. Did illegal activities occur? Yes. Was the current CEO in charge at the time of the illegal activities? Yes. Did the current CEO authorize said activities? Yes. And benefit from them? Yes. Therefore, the CEO is not responsible. And we think it’s best that he stick around and clean house. Makes sense, right? This is what we are working with the SEC and other government authorities on right now. Our position is, Look, we’ve already done the investigation for you, we got to the bottom of it, and at this point we’re really not in the mood to authorize you folks to do your own investigations since you’ll just be duplicating efforts. So here’s our report, make as many copies as you’d like, read it over the holiday break, and let’s move on with a fresh start in the new year and get back to making beautiful products that restore a sense of childlike wonder to people’s lives. Meanwhile would any of you nice lawyer types enjoy a brand new 24-inch iMac or a 30-inch Cinema HD display? Maybe our U2 model iPod personally signed by Bono himself? Lunch with Bono? Or Al Gore? Or maybe you just want to sit in my presence for 5 minutes and meditate together and feel my magic rub off on you? Just let us know. We want to work with you.

でも辞めないよ、バカッタレ。一戦交えずにすむものか。もしそうさせたいと思っているのなら、Katie Cotton[アップルの corporate communications 担当副社長]とその仲間が城を守っている。弾丸をしこたま詰めて、臨戦態勢で。だから、かかってこいよ。

But I ain’t leaving, motherfriggers. Not without a fight. And if that’s the way you wanna roll, Katie Cotton and her team are still up in the guard towers, loaded and locked. So bring it on.

      *      *      *

参考:

アップルの発表 —

・Apple:”Apple Files 10-Q and 10-K“:12月29日

嫌疑が晴れた —

・New York Times:”Apple Filing to Tell All on Options” by John Markoff and Miguel Helft:12月29日
・New York Times:”Apple Says Options Probe Exonerates Executives” by John Markoff and Miguel Helft:12月29日
・New York Times:”Apple Panel on Options Backs Chief” by John Markoff and Eric Dash:12月30日
・Reuters:”Apple posts options expenses, stands by CEO Jobs” by Jim Finkle and Paul Thomasch:12月29日
・ThinkIT:”米アップルがSECに会計報告提出、ストックオプション問題でCEOを支持” [Reuters]:12月30日
・BusinessWeek:”Apple says options probe clears execs” by May Wong [AP]:12月29日
・BusinessWeek:”Apple Clears Jobs; Questions Remain” by Arik Hesseldahl:12月29日
・BusinessWeek:”Options expert Erik Lie, on Apple’s backdating disclosures” by Peter Burrows:12月30日
・MercuryNews:”Apple CEO ‘recommended backdating’” by Scott Duke Harris and John Boudreau:12月29日
・SFGate:”Apple inquiry clears CEO Jobs of wrongdoing on stock options” by Jessica Guynn [San Francisco Chronicle]:12月30日
・Times Online:”Apple chief could still face SEC investigation over options” by James Doran:12月30日
・Guardian Unlimited:”Apple admits board minutes were falsified over Jobs options” by Richard Wray:12月30日
・Telegraph:”Steve Jobs’ status upgraded to all clear” by Josephine Moulds and Richard Blackden:12月30日
・BBC:”Apple reveals stock option errors“:12月29日
・MarketWatch:”Apple says CEO Jobs recommended favorable grant dates” by Steve Goldstein & Matt Andrejczak:12月29日
・MarketWatch:”Apple CEO jobs got $1 salary, no bonus for FY 2006“:12月29日
・Bloomberg:”Apple Clears Jobs in Options Probe, Restates Earnings (Update7)” by Zimri Smith and Connie Guglielm:12月29日
・Barron’s Online:”Is Steve Jobs’s Character Indictable?” by Tiernan Ray:12月28日
・CNET:”Apple takes $84 million charge, defends Jobs” by Graeme Wearden :12月29日
・CNET:”Report: Apple facing several federal lawsuits” by Michelle Meyers :12月30日
・MacNN:”Apple 10-K reiterates previous conclusions“:12月29日
・MacNN:”Apple takes $84m charge for option scandal“:12月29日
・Macworld:”News: Apple clears current executives in stock option probe” by Jim Dalrymple:12月29日
・Infinite Loop:”Apple Computer files delayed financial statements” by Charles Jade:12月29日
・eWeek:”Apple Files Late Annual, Quarterly Reports” by Scott Ferguson:12月29日
・Mac Review:”ジョブズ、再びピンチ?:連邦検事がアップルを調査か“:12月28日
・NIKKEI NET:”アップル、ジョブズ氏の責任は否定・財務諸表の修正を発表” by 村山恵一:12月29日

その他の訴訟 —

・BusinessWeek:”Apple faces class action suits” [AP]:12月29日
・Mac Observer:”Apple’s SEC Filing Discusses Lawsuits” by Jeff Gamet:12月29日

Technorati Tags: , ,

2006年 10月 24日

コラムニストの矜持:Paul Thurrott

SEC

ウインドウズのコラムニスト Paul Thurrott は、アップルについてなかなか手厳しいが、ストックオプションの問題については発言を控えている。

彼のコラムに興味深い意見が載った。「アップルのいわゆる自社株購入権の濫用について」だ。

Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Apple’s alleged stock options abuses“:10月22日

      *      *      *

アップルのストックオプション濫用調査について、どうして私が議論に加わらないのかと、何人ものひとから聞かれた。問題は複雑に絡み合っていても、答えは簡単だ。何が起き、何が起きなかったかという情報が私にはないからだ。したがって、議論をしても付け加えるべき何ものもない。私は法律専門家ではないし、それに興味もない。

I’ve been asked by a number of people why I haven’t weighed in on Apple’s stock options abuses investigation. The answer is simple, if multi-tiered: I have no information about what did or did not happen and therefore have nothing to add to the discussion. I’m not a lawyer. And I just don’t care.

私の関心事のほとんどはテクノロジーだ。その観点からすると、アップルは驚くほど素晴らしい会社だ。だから、10年前に第1号を出した私のウインドウズ向けニュースレター WinInfo でアップルについて議論するのだ。人間そのものについてはさして興味ない。Jobs 信仰(その意味では Gates 信仰も同じだが)は私にはこれっぽっちも興味ない。Jobs に興味があるのは、エンジニアとしての経歴を全く欠いているにも拘らず、明らかに彼こそがアップルの偉大なるテクノロジーの責任者だからだ。ほとんど独学で叩き上げた設計者であり、企業人でありながら、Jobs は彼のなすべきこと(his stuff)を十分に心得ている。Bill Gates がマイクロソフトと同義語である以上に、Jobs はアップルそのものなのだ。

For the most part, my concern is the technology. From this perspective, Apple is a phenomenally fascinating company, and the reason I’ve been discussing Apple even in my Windows-oriented newsletter, WinInfo, since its inception over a decade ago. I’m less interested in personalities. The cult of Jobs (or the cult of Gates for that matter) is of no interest to me in the slightest. Jobs is only interesting insomuch as he is clearly responsible for great Apple technology despite his complete lack of technical background. For a guy who is pretty much a self-taught designer and businessman, Jobs knows his stuff. Jobs is Apple, more even than Bill Gates is Microsoft.

時には、マイクロソフトの独禁法裁判のようなメロドラマが、そうでもなければ純粋に技術的な私の関心事に闖入(ちんにゅう)する。そんなときには舞台裏での政治工作がおもしろくなる。しかし、それがおもしろいのはテクノロジーに影響を及ぼすからだ。例えば、マイクロソフトはインターネットエクスプローラ(IE)をウインドウズに統合する道を選んだが、それは明らかな誤りだった。いつ、どこでそういう決定がなされたかという議論は確かにおもしろい。しかし、そのことがウインドウズ、ひいてはウインドウズユーザーに与えた影響の方がもっとずっと興味深いのだ。私はパーソナルコンピュータの歴史が好きだ。しかしそれはあくまで製品と技術という意味においてだ。いつ、いかにして技術が生まれたか、時の経過とともにどう変わったか、実世界で実際にひとびとが使ってみたときその出来具合はどうだったか、そういうことを私は知りたい。(ぴったりの実例。Windows NT の設計者である Marc Lucovsky や David Thompson と話すことの方が、私にとっては Gates に会うことよりはるかに有意義で、充実した体験だ。)

Occasionally, soap operas like the Microsoft antitrust trial intrude on my otherwise purely technical concerns. In these instances, the back room politics become interesting, but again, mostly because of their effects on technology. For example, Microsoft choosing to integrate IE into Windows was clearly a mistake. The why’s and wherefore’s of that decision are interesting. But its impact on Windows and Windows users is more interesting. I care about PC history, but only in the product and technology sense. I like to know when and how technologies are invented, how they change over time, and how they perform in the real world when used by real people. (Case in point. Getting to really talk to NT architects like Marc Lucovsky and David Thompson was far more meaningful and fulfilling to me than meeting Gates.)

そこで話は、アップルのストックオプション濫用に戻る。アップルは現在精査ないしは捜査を受けているたくさんの会社のひとつに過ぎない。「みんながやっている」からといって必ずしもアップルの疑いが晴れるわけではないし、何が起きているのか Steve Jobs は全く知らなかったというアップルの説明や、その発表を直ちに事実として受け入れるアップルコミュニティはまったくバカげていると思う。しかしそうだとしても、私にとってはどうでもいいことだ。みんながやっていたとしても、企業におけるごまかしにはもともと興味がない。このケースの場合、いかなるテクノロジーにも、そしてその延長としていかなるユーザーにも、影響をもたらすものは何もない。詰まるところ、私が興味ないのはそういうことだ。

So back to Apple and stock options abuses. Apple is just one of many companies currently under scrutiny or investigation. That “everyone else was doing it” doesn’t necessarily clear Apple, and I did find Apple’s own conclusions–that Steve Jobs knew nothing about what was going on–and the Apple community’s instant acceptance of that announcement as fact, to be pure silliness. But in the end, I just don’t care. Everyone else was doing it, but the corporate shenanigan stuff is still inherently uninteresting. In this case, it never affected any technology and, by extension, any users. Ultimately, that’s why this is so uninteresting.

この出来事のため、Steve Jobs が職を失う可能性がいくらかあるとしたら、話はまったく違ってくるだろう。そうなれば、私が書く本の中で、アップルのストックオプション濫用の話は、にわかにマイクロソフトの独禁法裁判と同じレベルに達することになる。しかし私のみるところそうなるとは思えない。

Now if Steve Jobs were in some danger of losing his job because of this episode, we’d have a different story, and suddenly Apple’s stock options abuses would rise to the level of the Microsoft antitrust trial in my book. But I don’t see that happening.

      *      *      *

ひとつの見識だと思う。

Technorati Tags: , ,

2005年 8月 28日

こんなにできたらいいなあ:Paul Thurrott

いわずと知れた Windows techie。筋金入りのマックユーザーでもある。

paul

何を読み、何をいっているのか気になって、いつもチェックしている。

Paul Thurrott’s Internet Nexus

デザインもすっきりしていてとても読み易い。不要なものはバッサリ切り捨て、まさに KISS principle の典型。

こんなブログにできたらいいなあ・・・