maclalalaweblog

2006年 11月 12日

OSx86 ハックにアップルが対抗策

Filed under: ハッキング,OS — shiro @ 10:04
Tags: , ,

osx-hack

あと一歩で OS X を普通の PC 動かすところまで近づいていたハッカーに、どうやら問題が生じたようだ。

アップルがソースコードのライセンスを変更したというのだ。

TUAW:”Apple modifies Public Source License to thwart hackers” by David Chartier:11月11日

      *      *      *

アップルが Public Source License を変更したという記事が InsanelyMac フォーラムに載っている。同ライセンスは、Mac OS X の中の Darwin と呼ばれる Unix カーネルのようなオープンソースの部分を保護するためにある。InsanelyMac フォーラムが指摘している変更は、Mac OS X をアップル以外のマシンで動かそうとするハッキングに対して新たな防御措置を講じようとしているように見える。ただ、アップルサイトのライセンスに関する部分を見ると、最新のバージョンは 2003 年8月付けとなっている。はっきりしないところがあるのはさておいて、InsanelyMac フォーラムが指摘した変更は、ユーザーがアップルサイトからダウンロードしたソースコードを勝手に変更しないように、アップルがしらみつぶしの対応策をとっていることを示している。残念なことだ。Vista について意見が分かれているところで、Michael Dell だって顧客によりよい OS の選択肢を与えたいと思っているだろうに・・・

The InsanelyMac Forum has a post concerning an apparent modification Apple made to their Public Source License, the license that guards the open source portions of Mac OS X such as its Unix kernel, called Darwin. The changes the InsanelyMac Forum cite seem to have been made to set up another roadblock for those who are trying to hack Mac OS X to work on non-Apple hardware, though Apple’s site for the license say the latest version is dated August of 2003. Semantics aside, the changes quoted in the forum reflect the application of another fine-toothed comb to what users are not allowed to do with the source they download from Apple’s site. Too bad; with Vista receiving mixed reviews, I’m sure Michael Dell would still be interested in offering customers a better choice.

      *      *      *

osx86-1

一方、ハッカー御用達の InsanelyMac Forum では、つぎのような議論がなされている。

InsanelyMac Forum:”Apple Changes APSL License“:11月11日

      *      *      *

sHARD>>(アドミニストレータ、Administrator):

OSx86 カーネルハッキングの裏をかいて、アップルはオープンソース APSL ライセンスを変更した。カーネルハックをやっていた Semthex がその変更をみつけた。

In an attempt to out-maneuver OSx86 kernel hackers, Apple has changed their APSL open-source license. Semthex, who has worked on a few of the more popular hacked kernels himself, found this passage in their new license:

bofors(デベロッパ、X Lab Developers):

アップルは OSx86 にコントロールが及ばなくなることを望まない。そこで、新しいライセンスによれば(必ずしも十分明確ではないが)Semthex のようなハッカーを訴えることができるようになった。裁判管轄権の問題はあるものの、Semthex の行為は DMCA 違反(コピーガード迂回策の配布)にあたるとして争う立場が強化されたのではないか。

However, Apple wants to make sure that OSx86 does not get out of its control either, the new license gives them grounds (albeit weak ones) to sue someone like Semthex with the new terms of the license. Depending on jurisdiction of course, Apple would probably have stronger grounds arguing that what Semthex is doing is somekind of DMCA violation (distribution of a circumvention) and part of a conspiracy to violate copyright.

したがって、Semthex や他の連中は APSL ライセンスの陰に隠れてももはや安全ではない。アップル法務部の追求に対し、Maxxuss がやったように身元を隠す手段を講じるべきだ。ハッカーへの寄付自体に反対ではないが、送金の跡を辿られないようにする必要はある。

The point is that Semthex and others should no longer feel safe hiding behind Apple’s open-source license (APSL). Rather they need to take steps to protect themselves from Apple Legal by masking their true identity, just like Maxxuss did. While I support the idea of making donations to them, these recipients need to make sure that the money cannot be traced.

semthex(グールー、Gurus):

自分の国には DMCA なんて(今のところ)ない。だからアップルは自分を訴えることはできないと思う。APSL 第7条には、ライセンスが変更されても旧条項に従えば現在やっているものを配布できると書いてある。身元を隠しているのはアップル以外の理由だ。

However in my Country, there is no such thing like DMCA (yet). So I can be sure, Apple can’t sue me for what I do, also it should be mentioned §7 of APSL clearly stats [sic] that if the License is changed, I am still allowed to redistribute current work under old terms. Masking my identy has far more other reasons than Apple.

でも残念ながら、今回の変更によってカーネルソースコード、すなわち Leopard のハッキングは難しくなると思う。これ以上は許されなくなるだろう。

But sad to say, I think this change will affect further development with kernel sources i.e. with Leopard. We won’t be allowed anymore to do so.

      *      *      *

どうやら Semthex は DMCA の及ばない海外にいるようだ。

ハッカーがどんなことを考えているのか、その一端が垣間見える。

Technorati Tags: , ,

2006年 10月 28日

OS X が普通の PC で動く

Filed under: インテルマック,ハッキング,OS — shiro @ 14:58
Tags: , ,

hacked1

マックでウインドウズが動くのは、まったく当たり前のことになってしまった。

インテルマックに移行した最大の成果のひとつだろう。

では、x86 ベースの普通の PC で Mac OS X は動くだろうか。

またぞろハッカーが活躍しはじめたようだ。

Reg Hardware:”Mac OS X 10.4.8 runs on any PC…” by Tony Smith:10月25日

     *      *      *

hacked2

いまや Mac OS X 10.4.8 は、x86 ベースの PC[generic x86-based PC]ならどの PC でも動く・・・というか、ほとんどそれに近い。カーネルプログラマーの Semthex が、完全に合法的だと称する Mac OS の基礎レイヤーを公開した。唯一の欠点は、起動してもお馴染みのユーザーインターフェイス画面(GUI)にならないことだが・・・

Mac OS X 10.4.8 will now run on any generic x86-based PC. Well, almost. Kernel coder Semthex has posted what he claims is an entirely legal release of the Mac operating system’s foundation layer. The only snag: you can’t boot into the familiar GUI.

これまでのところ、Mac OS X の x86 版はカーネルの追加コード(add-ons)に依拠してきた。アップルの Trusted Platform Module[TPM、技術参照モデル]を使って純正のハードとつなぐのだ。しかし、核となるコードの大部分は TPM とは別になっていて、アップルのソースコードライセンスを持っているひとなら誰でもその全てにアクセスできる。

To date, the version of Mac OS X for x86 processors has relied on kernel add-ons to anchor the software to Apple’s own hardware through the machines’ Trusted Platform Module (TPM). Much of the core code is independent of it, however, and available for access to all and sundry via Apple’s own source code licence.

semthex

Semthex がやったのは、基本的にいえば TPM 関係の部分をバイパスするコードを書いたことだ。しかもアップルのライセンスの範囲内で。実際に自分で試してみたいということなら、必要なファイルはここ[注:リンクをはずしてある]でみつかる。

What Semthex has claimed to do – and the files you need can be found here if you fancy trying them yourself – is produce code that essentially bypasses the TPM stuff yet stays within the Apple licence.

で、この後は自分のリスクでおやんなさいと Semthex はいう。ともかく、このコードによってシングルユーザーモード[Single User Mode]で起動する。Unix のガチガチのプロ(command-line geeks)にはおもしろいかもしれないが、一般マックユーザーがアップルマシンの代わりに安価なデルに殺到するという事態にはなりそうにない。

Well, so Semthex claims – proceed at your own risk. In any case, the code will boot up into single-user mode, which has a certain interest for Unix and command-line geeks, but isn’t going to get Mac fans rushing off to buy cheap Dells instead of Apple machines.

     *      *      *

元の記事および下記の参考記事にはたくさんのリンクがある。

なお、10月27日付けの semthex の記事によれば、アップルのサイトから 10.4.8 Darwin のソースが削除されたという。

またアップル対ハッカーの戦いが再燃するのだろうか。

     *      *      *

参考:

・Reg Hardware:”Mac OS X 10.4.8 runs on any PC…” by Tony Smith:10月25日
・InsanelyMac Forum:”Briefly: OSx86 10.4.8 Cracked….Legally?” by sHARD>> :10月25日
・InsanelyMac Forum:”10.4.8 without HPET/NX and SSE2, gui for everyone! Working 10.4.8 Kernel Source Build” by semthex:10月25日
・Infinite Loop:”OS X on AMD legally, maybe” by Charles Jade:10月26日
・Macbidouille:”A new hack to run OS X on a PC” by Lionel:10月27日

Semthex のサイト

・Semthex’s Dev Page:”Some Screenshots which should tell you somethin’” by semthex:10月25日
・Semthex’s Dev Page:”Screenshots” by semthex:10月25日
・Semthex’s Dev Page:”Source gone from Apple’s dev-site (read updates)” by semthex:10月27日

Technorati Tags: , ,

2006年 2月 19日

ハッカー対アップル:戦線拡大(続報)

Filed under: インテルマック,ハッキング,OS — shiro @ 15:45
Tags: , , ,

mac_hacker

ハッカーとアップルの対決は新しい段階にはいったようだ。

シカゴトリビューンの記事が詳しい。

Chicago Tribune:”Mac-User Sites Shut for Possible Violation” by May Wong:2月17日

May Wong 記者の伝えるところによれば、Mac OS のハック情報(Mac OS X をアップル以外の PC で走らせる)へのリンクを載せた二つの人気サイトが閉鎖されたという。

Two busy Web sites that focus on Apple Computer Inc.’s Mac OS X operating system went silent Friday just days after they featured links to information on how to hack the software and run it on non-Apple PCs.

OSx86 Project は、アップルから「デジタルミレニアム著作権法」(DMCA)違反の通告を受け、それに従った。

The OSx86 Project Web site stated Apple had served it with a notice on Thursday citing violations of the 1998 Digital Millennium Copyright Act, and the site was reviewing all of its discussion forum postings as a result. The site has always aimed to adhere to copyright laws and is working with Apple to ensure no violations exist, according to a statement by the site administrator.

もうひとつのサイト Win2OSX.net は完全閉鎖され、連絡もとれない。

The other Web site, Win2OSX.net, was completely shut down. Administrators there could not be immediately reached for comment.

確かにググってみても、Win2OSX.net のサイト自体が削除され、そのキャッシュの痕跡も無い。

deleted

Mac OS のハッキングが問題になってきたのはマックのインテル移行を発表して以降だ。

目下のところハックできるのは、コンピュータのことを知り抜いているほんの一握りに限られるが、いずれ他のソフトと同じように簡単にインストールできる海賊版が登場するのではないか、とアップルが恐れていることを裏付けるものとなった。

The hacking endeavors are, for now, relegated to a small, technically savvy set, but it underscores a risk Apple faces if a pirated, functional version eventually becomes as accessible and straightforward as installing other software on a computer.

もはや、詩の形で OS コードにメッセージを隠すなどということでは済まなくなった。アップルとしては断固たる決意を示したことになる。

      *      *      *

一方、OSx86 Project も今回の経緯を明らかにしている。「我々が死んだというニュースは大げさすぎる」と。

OSx86 Project:”Reports of our death have been greatly exaggerated…“:2月18日

OSx86 Project はフォーラム閉鎖の経緯についてつぎのように述べている。

・アップルから警告を受けたこと

・アップルが問題にしたのは、Mac OS X をクラックした Maxxuss のパッチへのリンクを一部の読者がフォーラムに載せたことだ

・アップルの(弁護士の)いうとおり、Maxxuss への直接のリンクはフォーラムからすべて削除した

・10.4.4 パッチへのリンクだけでなく、ホームページにあった Maxxuss のサイトへのリンクも削除した

As most of you know, two days ago we were contacted by an Apple representative concerning links, posted by our members, to the newest patches by Maxxuss on his site. Since the beginning, we have made it known that we would be very willing to work with Apple regarding any concerns they had with their intellectual property and this site (I actually wrote Steve about it a few months ago… but that’s another story…). After speaking with the lawyer representing Apple, we’ve removed the handful of links to Maxxuss’ website from the Forum.

… We have in the past linked to the homepage of Maxxuss – but not to the offending 10.4.4 patches – in the interest of news, but we’ve removed those links just in case.

1998 年のデジタルミレニアム著作権法(DMCA)が、いかに厳しいものであるかを窺わせるに十分だ。

興味深かかったのは、そもそも OSx86 Project を立ち上げた理由が、マックのインテル移行にあったという点だ。Wiki のページから始まって、Forum、そしてニュースページと拡大していったらしい。

Back in the summer, after Steve announced the Intel transition and the Net was filled with rumors of faked leaks, it became apparent to a few of us that the transition was one that many people would want to discuss. We first started the wiki, then the forum, then the full-fleged news portion of the site. Since that time, we’ve been recognized as the leader in discussion of all things “OS X on x86” related.

当ブログを開始したのも、マックのインテル移行が背景にあるが、筆者の関心と重なる部分があるのも興味深かい。

OSx86 フォーラム閉鎖のニュースは、DMCA がらみだったこともあって、瞬く間に世界中に広がった。しかし、このサイトは CNET が報じたような「ハッカーの巣」ではない。

News of Apple’s DMCA concerns with the links on our site have traveled far and wide over the past 24 hours. Most major tech news site have covered it in one way or another, some accurately, some not. …

This site was not founded to be a “watercooler for hackers” as CNet posited. Instead, it was simply meant to be welcoming Mac community for switchers and experts alike.

アップルは我々に対して特別の恨みがあるわけではない。アップルが心配した点は削除して解決した。そういう訳で、我々はまた復活した。

So that’s the story. Apple doesn’t “have it in” for our site; they were simply concerned with a few links posted by our members. Those links have been removed and we’re back.

・・・という訳で、OSx86 Project 側が折れたことにより本件は一応落着した形になっている。

Technorati Tags: , , ,

2006年 2月 18日

ハッカー対アップル:戦線拡大

Filed under: インテルマック,ハッキング,OS — shiro @ 15:37
Tags: , , ,

DMCA

最初は Mac OS X のコード内の隠しメッセージのやり取りという長閑(のどか)な展開だった。

詩の形で隠された「品のないハックはやめて」というメッセージは、結構注目を浴びた。

・CNET:”New MacOS 10.4.4 hacked for non-Apple x86 PCs” by Tom Krazit:2月15日
・SFGate:”Apple Hackers Encounter a Poetic Warning” by MAY WONG:2月16日
・ITmedia:”Apple、ハッカーに「詩の警告」” by MAY WONG:2月17日
・CNN:”Apple’s ode to hackers“:2月17日

ところが、OSx86 Project が、Mac OS X for Intel (OSx86) 10.4.4 のクラック宣言をした頃から様子が違ってきた。

「デジタルミレニアム著作権法」(DMCA)違反の通告がなされ、OSx86 Project の全フォーラムが閉鎖されたのだ。

同フォーラムには、違法な OSx86 10.4.4 をどこでダウンロードしたらよいか、インストールするにはどうしたらよいかという情報が掲載されていたという。

比較的詳しい記事を載せているのがマックの専門サイト Macworld だ。

・Macworld:”Mac OS X on PC site accused of copyright violation” by Peter Cohen:2月17日

インテル移行が発表された昨年6月の WWDC 直後から、デベロッパに配布された developer transition kit (DTK) の不法コピーの流出と OS X ハッキングが始まったと、Macworld は書いている。

… however — shortly after Apple CEO Steve Jobs took the keynote stage of Apple’s 2005 Worldwide Developer Conference, the company began shipping “developer transition kit” systems that used Intel hardware inside.

Shortly thereafter, reports began circulating around the Internet that the version of Mac OS X included on those kits could be modified to be installed on standard PCs. To do so is a violation of Apple’s license, but that hasn’t stopped enterprising programmers from giving it a go.

「デジタルミレニアム著作権法」(DMCA)は、とくにコピープロテクションを外すことについては厳しい態度で臨んでおり、その意味で企業寄りともいわれている。

The DMCA is a United States copyright law that, among other things, criminalizes the release of technology developed to circumvent copyright protection. The OSx86 Project’s coordinators have claimed their site “is fully compliant with the DMCA,” and “intends only to provide a forum for those interested in running OS X on Intel hardware.”

フォーラム閉鎖のニュースは、ハッカー系サイト以外メディアでも取り上げられている。

当初は、誰が違反通告をしたのか明示していなかった。

・MacDailyNews:”OSx86 Project served with DMCA violation notice, pulls forum until futher notice“:2月17日
・The Unofficial Apple Weblog:”OSX86 Forums Closed by DMCA Violation Notice” by Damien Barrett:2月17日

ところが次第に、OSx86 フォーラムを閉鎖したのはアップルだと書くところが多くなった。

Apple’s legal team this week notified the OSx86 Project — a site dedicated to enabling Mac OS X to run on non-Apple-branded machines — that it is in violation of the United States DMCA (Digital Millennium Copyright Act), forcing the site to close down its user forms and post notice.  [AppleInsider]

Apple の法務チームは今週、OSx86 Project — Mac OS X を非 Apple ブランドのマシーン上で動作させようと取り組んでいるサイト — に対して、合衆国の DMCA (Digital Millennium Copyright Act) に違反しているとして、同サイトのユーザーフォーラムを閉鎖し、告知を出すように通告した。(silvervine の定点観測所訳)

・AppleInsider:”Apple serves DMCA notice to OSx86 Project“:2月17日
・silvervine の定点観測所:”Apple OSx86 Project に対して DMCA による警告を送付“:2月18日
・MacNN:”Apple serves DMCA notice to OSx86“:2月17日
・engadget:”RIP OSx86 Project?” by Thomas Ricker:2月17日
・Le MacBidouille:”Apple silences OSX86project“:2月17日
・Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Apple shuts down OSx86 Project“:2月17日

アップルが法的手段に訴えたのは、OSx86 10.4.4 のクラックの重大さに危機感を抱いたためだと思われるが、だとすれば却って OSx86 以外のフォーラムでハッカーの動きを煽る結果になるのかもしれない。

ハッカーとアップルの対決はどうやら激化しそうだ。

Technorati Tags: , , ,

2006年 2月 15日

早くも OS X 10.4.4 がクラックされたらしい

Filed under: インテルマック,ハッキング,OS — shiro @ 23:24
Tags: , , ,

hacked

Mac OS 10.4.5 のアップデートが伝えられているが、その直前にどえらいニュースが飛び込んできた。

Mac OS X for Intel (OSx86) 10.4.4 が遂にクラックされたというのだ。

OSx86 Project:”OSx86 10.4.4 Security Broken. (Guess Who Done It?)“:2月13日

「OSx86 10.4.4 のセキュリティが破られた。誰がやったと思う?・・・Maxxuss からのハッピーバレンタイン!」

OSx86 Project はこんな調子でこの大ニュースを伝えている。

例の Maxxuss のサイトには、OSx86 10.4.4 のパッチが公表され、つぎのように書かれている。

Feb 14th, 2006 – Mac OS X x86 10.4.4 8G1165 Base Patches

This is a preliminary release of my Patch Solution for the official Mac OS X on the Intel platform. Ultimately, it would allow you to run this Mac OS X release on a generic x86 computer (SSE2 required).

(このパッチはまだ仮のものだが、いずれ普通の PC(generic x86 computer)で Mac OS X を動かせることになる筈だ。ただし、SSE2(ストリーミング SIMD 拡張命令 2)が必要だけれど・・・)

There’s still a lot of work and documentation to do, like support for SSE2-only CPUs, a proper installation procedure and a PPF patch. However, if you like to play around, this will get you started.

(まだ、仕残した作業がたくさんあるが、いろいろ試してみるのには差し支えないだろう。)

興奮の面持ちの OSx86 Project は、つぎのように述べている。

The significance of this event is huge. …

Onlookers have told us that 10.4.4 is a serious step forward in security, utilizing many of the same technologies as the 10.4.1 and 10.4.3, as well as the obfuscated code that Apple filed a patent for a few months ago. Few expected this final version – or at least the version that shipped with the first Macintels – to be easy to hack.

(この意味するところは非常に大きい。・・・

これまで伝えられたところによると、10.4.4 のセキュリティは 10.4.1 や 10.4.2 の技術だけでなく、先にアップルが特許申請した「コード難読化」の技術まで利用して、大幅に強化されたといわれる。したがって、Mac OS X の最終バージョン(少なくともインテルマックに搭載されたバージョン)が簡単にハックできると考えたものなどほとんどいなかった。)

What this means is that Apple’s best attempts to secure their OS have, ultimately, failed. For its best efforts, the company is unable to lock OS X to their hardware.  Without doubt, this will have profound impacts on the company’s future as running OSx86 on a PC becomes less a hacker’s trick and more mainstream.

(つまるところ、OS をハックできないようにするというアップルの試みは失敗したのだ。懸命の努力にも拘らず、アップルのマシンでしか OS X を動かせないようにすることはできなかった。PC で OSx86 を動かそうとするのは、もはやハッカーだけの試みにとどまらず、誰でもがやろうとすることになった訳で、これはアップルの将来にとって重大な意味を持つことになる。)

このニュースを伝える他のサイトも、なんだかはしゃいでいるようだ。

・endgadget

engadget:”Apple’s OS X 10.4.4 for Intel already cracked?” by Paul Miller:2月14日

It’s just a preliminary release, not all hardware is supported and it requires a bit of futzing around to get it to work, but seeing as we weren’t expecting this kind of breakthrough this early, we really can’t complain. Thanks Maxxuss, we love you too.

(まだあちこちいじらなければ動かないとはいえ、こんなに早く突破できるとはだれも思わなかった。Maxxuss ありがとう、愛してるよ。)

・Le MacBidouille (HardMac)

Le MacBidouille (HardMac):”10.4.4 MacIntel on an off-the-shelf PC“:2月14日

OSX86project website, one of Apple’s nightmares, has announced that a patch makes it possible to run the latest OSX versions – those that come with MacIntels – on off-the-shelf PCs. According to the website, the level of the system’s protection implemented by Apple was lower than expected.

(インテルマックに付属する最新の OS X がどこでも手に入る PC で動くというのはアップルにとって悪夢だ。アップルのセキュリティは思ったほどではなかったということだ。)

追記:(2月17日)

OSx86 Project のフォーラムが閉鎖された。つぎのような通知文とともに・・・

We’re sorry to report that despite our best efforts, the OSx86 Project has been served with a DMCA violation notice. The forum will be unavailable while we evaluate its contents to remove any violations present. We thank you for your patience in this matter.

法律遵守の我々の努力にも拘らず、残念ながら OSx86 Project は「デジタルミレニアム著作権法」(Digital Millenium Copyright Act, DMCA)に違反しているとの通告を受けた。内容を検討し、違反しているものを削除するまでの間、フォーラムは利用できない。各位のご理解を乞う。

フォーラムにはクラックされたパッチの入手方法などが載せられていた。

閉鎖について報じたのは、さすが Macin’ Blog 氏が早かった。

Macin’ Blog:”思わず笑ってしまいました“:2月17日
Mac Rumors:”Apple vs. Mac OS X Hackers“:2月17日
digg:”OSX86Project served with DMCA Violation notice and it’s closed“:n.d.

Technorati Tags: , , ,

2005年 11月 21日

インテルマックを自作する(その2)

Filed under: インテルマック,ハッキング — shiro @ 20:29
Tags: , ,

インテルマックの自作記事が目白押しだ。

thinkx868mw

正確にいうと、ハードそのものの自作記事ではない。インテルマックは、パーツからみたら PC そのものだからだ。

大部分の記事は、アップルからデベロッパに貸与された開発マシンと同じ環境にするには、どんなパーツ(マザーボードやチップセットなど)を選んだらよいか、そのマシンに Mac OS X をインストールするにはどうしたらよいか、ということを解説している。

インストールするのは、不正流出したインテルマック用 Mac OS X for Intel(OSx86)10.4.1 のコピーだ。さすがに不正コピーの入手方法については触れていないが、記事によっては温度差がある。

これまで、OSx86 Project を除くと、もっぱらアングラ系サイトしか扱わなかったこの手の記事が、大手サイトにも載るようになったことが大きな変化だろう。

先に紹介した ExtremeTech の記事は、PC Magazine にも掲載された。

いよいよインテルマックの登場が間近になってきたことを感じさせる。

その後、気が付いたものはつぎのとおり。(自作記事というよりハックものといった方がいいかもしれない。)

1)i-hacked:“Building the $200 OSx86 Mac”

この記事によれば、デベロッパ向けのマシン(OSx86 Development machines)と同じものが 200 ドルで出来ることになっている。具体的なパーツ番号の分かるリストもある。

長文の記事だが、内容はつぎのとおりだ。

・$200 OSx86 Mac Parts List

・Obtaining the software

・Putting it all together

記事の大部分が OSx86 をハードディスクにインストールする方法に充てられていて詳しい。画像だけでも 18 枚もある。

2)ZDNet Germany“Apple Mac OS X on x86: a first test” by Kai Schmerer

こちらは、東芝のノートブック Protégé M300 に、bootable DVD を使って Mac OS X 10.4.1 をインストールしたテスト記事だ。PC ならどれにでも OSx86 をインストールできるというのが結論だ。

これも長文の記事で、全体の章立てはつぎのようになっている。

・Introduction

・Installation

・Performance and power consumption

・The Mac OS advantage

・Conclusion

この記事にも Image gallery として豊富な写真が 17 枚も添えられている。

3)MacBidouille“Running Windows apps on OSX86”

慎重な MacBidouille(英語名 HardMac)ですら、記事にし始めた。

We’ve been hesitating a long time before putting these findings online, but since plenty of sites have published articles about the installation of OSX X86 on branded PCs without facing censorship, here they are…

OSx86 と Darwine(Wine の OSx86 版)をインストールしたあと、Notepad.exe を走らせることに成功したという簡単な記事。

Technorati Tags: ,

2005年 11月 16日

インテルマックを自作する

Filed under: インテルマック,ハッキング — shiro @ 21:50
Tags: , ,

自作ブームもここまできたかと思う。

いよいよインテルマックの自作記事が登場した。”How to Build an Intel Mac” by Jamie Lendino だ。

OSx86_PC_1

そもそも始まりはこうだ。

・OS X はインテルのプラットフォーム(デベロッパ用)で既に動いている

・PC の部品はどれも互換性がある

・それなら普通の PC で OS X を動かせる筈じゃないか

So if OS X will already run on the Intel platform, and all Intel-compatible stuff is more or less interchangeable, doesn’t that mean you could get an early build of it running right now on a PC?

もちろん Mac OS X の不法コピーの入手方法なんかは教えてはくれない。すべては OS X のコビーが手元にあるという前提での話である。

In short, you aren’t supposed to own a copy of the OSx86 build unless you’re a registered developer with Apple. And we’re certainly not going to tell you how to get hold of the image file.

コピーさえあれば、あとは普通の PC 部品を使って自作できるということなのだ。ハード的には PC そのものなのだから・・・

But just for a moment, let’s say you do happen to have a copy of the build lying around. Obviously it works only on certain PC hardware. Could we build a PC using inexpensive parts that would run it cleanly and reliably? (Strictly for test purposes, of course; we’ll erase the hard drive when we’re done. Really.)

ポイントは、マザーボードとビデオ・チップセットにある特定のものを選択するという点らしい。必要な部品がこと細かにリストアップしてある。ドライブだけは二つ要る。

組み立てられた PC に OS X をインストールするのだが、まず、第一のドライブにウインドウズをインストールし、第二のドライブに Mac OS X をコピーする。そのドライブから OS X を立ち上げて出来上がり。

We did it the simplest way possible: We installed Windows, blasted the Mac OS X image to a second drive, and then rebooted the system with that drive.

OS X をコピーするところが肝心で、七つのステップに分けて詳細に説明する。

OSx86_PC_2

結果オーライ。インターネットサーフィンも iTunes もスイスイだという。

興味のある方は下記のサイトへどうぞ・・・

ExtremeTech: “How to Build an Intel Mac” by Jamie Lendino

あるいは、

PC Magazine: “Can You Build a Mac on Intel Hardware?” by Jamie Lendino

Technorati Tags: ,

2005年 8月 22日

マックがハックされている

Filed under: インテルマック,ハッキング,OS — shiro @ 20:36
Tags: , ,

・・・といっても、マックのウイルスやワームが増えたのではない。

これから発売されることとなるインテルマックの OS がハックされているのだ。

cmoski

cmoski’s screenshot

アップル製のインテルマックでしか走らないはずの Mac OS X が、普通のインテル(はいってる)PC で動くようにハックされているらしい。

WiredPC World マガジンでも採り上げている。

あちこちのサイトで、その証拠写真とやらが掲載されている。(OSx86:Galleryflickr

フランスの MacBidouille のビデオはなかなかインパクトがあったが、これはアップルの抗議で削除されてしまった。(ここ

Technorati Tags: ,