maclalalaweblog

2007年 1月 14日

Steve Jobs はなぜ説得力があるのか

jobs_iphone

マックワールドで Steve Jobs のプレゼンテーションを客席からじっと見ていたひとがいる。Carl Howe だ。

偉大なるコミュニケータ(communicator)としての Jobs のプレゼンテーションを、Carl Howe は次のように分析している。

SeekingAlpha:”Steve Jobs’ Reality Distortion Field: As Powerful As Ever” by Carl Howe:1月12日

      *      *      *

現実歪曲空間

今年のマックワールドに出席して得難い経験をしたことのひとつは、Steve Jobs 本人のプレゼンテーションスタイルをじかに見るチャンスが与えられたことだ。(ビデオストリーミングならアップルサイトで見れる。)キーノートの進行中、私は必死になって携帯電話でブログしていたが、彼のプレゼンテーションのやり方についても簡単なメモを残しておいた。例の「現実歪曲空間」(reality distortion field)と愛情を込めて呼ばれるものを彼がどうやって構築するのかということについてのメモだ。私の結論はこうだ。魔法なんてないのだ。偉大なコミュニケーターが為すべきことを全てやっているに過ぎない。みんなが教わるいろんなテクニックのことだ。Jobs に説得力があるのは、彼が次のことをやっているからだ。

One of the benefits of being at MacWorld this year was that it gave me the chance to dissect Steve Jobs’ presentation style in person (you can stream it yourself from Apple’s Web site). And while I was madly blogging on my cell phone while the keynote was going on, I did jot some notes about just how he sets up what is fondly referred to as his reality distortion field. My conclusion: there’s no magic here. He simply does all the things that a great communicator is supposed to, including many techniques that we teach. Jobs is so persuasive because he:

      *      *      *

練習

それは、Jobs が練習するからだ。それも何度も。Jobs はステージではとても落ち着いている。彼が完璧に内容を把握していることは、彼が話し始める前でも目をみれば分かる。彼は壇上で立ち往生したりしない。いつ興奮を呼び起こしたらよいか、いつ抑えたらよいか、彼は知っている。これはどれも難しいことではない。話す内容を頭に叩き込んでおけばの話だが。その内容を何度もなんども繰り返し練習することによって、初めて可能になるのだ。

• Rehearses — a lot. Jobs is extremely comfortable on stage. You can see in his eyes that he knows his content cold before he even starts. He isn’t trapped behind a podium. He knows when to get excited and when he needs to pull back. All of these things aren’t hard — provided you have the entire story you want to tell in your head. Jobs does — and that only happens if you have done the story over and over again in rehearsal.

      *      *      *

等身大の自分

それは、Jobs が等身大の自分でいるからだ。他人の真似をしたり、なにか自分と違うものになろうとしたりはしない。自分が話すことで興奮したり、感情的になることも厭(いと)わない。例えば、終わりの方でアップル従業員の家族に感謝を述べるところがあるが、彼が家族の示した献身に言及するとき声を詰まらせるのが聞いていて分かった筈だ。聴衆は彼のことばの背後に彼の感情を感じる。その感情が、何事であれ Jobs が語ることにインパクトを与えるのだ。

• Is himself. Jobs doesn’t try to imitate other people or be something he isn’t. He’s not afraid to get excited and emotional over what he is talking about. As an example, when he thanks the families of Apple employees at the end, you can hear him getting choked up about the commitment and dedication they had. The audience can feel the emotion behind his words, and that adds impact to anything Jobs says.

      *      *      *

効果的な視覚効果

それは、Jobs が効果的な視覚効果を使うからだ。Jobs はプレゼンテーションの映像をことばを多用することで混乱させたりはしない。彼が頭上のスライドで用いたことばは、これまで他のスライドで使ったものと似たようなものだ。スライドの文言は、「2.0B」(これまでの iTunes の販売曲数)とか「Ads」(コマーシャル)といったハッキリしたものだ。読むことに注意を向けなくても済むので、聴衆は Jobs のことばに耳を傾け、Jobs が語ることばがよりインパクトを持つ。Jobs の行なうデモも効果的だ。どれも短いデモで、ごちゃごちゃしていない。なぜシンプルにするのか。それはシンプルなアイデアほど伝わりやすく、聴衆に理解されやすいからだ。

• Uses visuals effectively. Jobs doesn’t clutter up his presentation visuals with a lot of words. In fact, the slide shown above probably had the most words of any slide he used. Most of his slides have such illuminating reading as 2.0B (the number of iTunes songs sold to date), or “Ads”. Without a lot of reading to do, the audience listens to Jobs more, giving the words he says more impact. Jobs also uses demos effectively; all of them use very simple examples rather than complicated ones. Why simplicity? Because simple ideas are easier to convey and easier for the audience to absorb.

      *      *      *

焦点を絞る

それは、Jobs が解決すべき問題に焦点を絞るからだ。iPhone を紹介する初めの7〜8分(26分から33分の間)を見て欲しい。その間ずっと Jobs はスマートフォンがどんなにバカでダサイか語り続ける。自分にどんな答えがあるのかは示さない。終わりの方になって、このマーケットで商品が成功するのに必要な特徴を三度聴衆に語る。驚いたことに彼が紹介する製品はまさにこの特徴を持っているのだ。これは効果的なマーケティング手法というに止まらない。ドラマと緊張を、さもなければ存在しなかったかもしれない場に造り出すのだ。

• Focuses on the problem he’s solving in detail. Watch Jobs’ first 7 or 8 minutes of the iPhone introduction (starting about 26 minutes in and running until 33 minutes). All of that time he spends setting up why smartphones are dumb and clunky. He doesn’t even talk about his solution to the problem until he’s told the audience no fewer than three times what criteria a successful product in this market must have. And amazingly, the product he introduces has exactly those criteria. It’s not only an effective marketing technique, but it creates drama and tension where there would be none otherwise.

      *      *      *

三度繰り返す

3in1

それは、Jobs が何事も三度繰り返すからだ。Jobs が新しいアイデアを紹介するときは、まずリストとして紹介する。ついでリストのそれぞれについて個別に語り、そのあとでまたリスト全体をまとめる。しかも、毎回必ず同じことばを使う。一番いい例が、iPhone の三つの機能、すなわち、iPod、電話、革新的インターネットコミュニケータ(Internet communicator)の三つだ。そのどれも、キーノートで語られるべき場があり、その都度繰り返されるアイコンがある。彼は三つのことばを聴衆に何度もなんども唱えさせることまでやってのける。その結果、集中して聞いていないひとにまでメッセージが伝わるのだ。

• Says everything three times. Jobs always introduces new ideas first as a list, then he talks about each member of the list individually, and then he summarizes the list later. And, he always uses exactly the same words each time. A great example is the three functions that the iPhone has: an iPod, a phone, and a revolutionary Internet communicator. Every aspect had its own section of the keynote, and its own icon that kept being repeated. He even got the audience to chant the three items sequentially with him over and over. The result: even listeners who aren’t paying attention get the message.

      *      *      *

当意即妙の話

それは、Jobs が当意即妙に話をするからだ。後半のプレゼンテーションで、スライド用リモコンが効かなくなった場面があった。予備のリモコンも動かない。そこで彼がやったことは何だったか。彼は Steve Wozniak との話をしたのだ。二人がテレビ撹乱器(TV jammer)を作り、学校に持っていって、そっとテレビ室で使って、テレビ画面を撹乱させたという話を。この話はプレゼンテーションとはなんの関係もない。しかし観客を笑わせ楽しませている間に、舞台裏ではクルーが問題を解決したのだ。この話は、iPhone 全体のストーリーの中では見事にかみ合ったという訳だ。

• Tells stories. At one point late in the presentation, Jobs’ slide advancing clicker failed. He switched to the backup, and it wasn’t working either. So what did he do? He told a story about how he and Steve Wozniak build a TV jammer and used it in college TV rooms to stealthily mess up TV signals. The story had nothing to do with the presentation, but it kept the audience laughing and amused while the backstage crew fixed the problem. Yet, the story fit beautifully into the larger iPhone story overall.

      *      *      *

沈黙の間合い

それは、Jobs が緊張をもたらす沈黙の間合い(dramatic pause)を恐れないからだ。Jobs が話題を変えようとしたり、なにか重要なことを話そうとするときは、決して急いだりはしない。そんなとき、彼はよく舞台の袖に行ってボトルから水を飲む。ステージの脇によって「すごいじゃないか?」といったことを口にし、そのまま待つ。この間合いが、聴衆が飽きるのを防ぎ、彼らに Jobs のいったことを反芻(はんすう)させるのだ。そして大切なことは、この間合いこそがその後に続くものに対する期待とドラマを造り出すのだ。

• Isn’t afraid of the dramatic pause. When Jobs switches topics or is about to say something important, he doesn’t rush into it. Often, he will go to the side of the stage and grab a drink of water. Or, he’ll just stand to the side of the stage and say something like, “Isn’t that amazing?” and just wait. The pauses both keep the audience from getting tired out and allows them to absorb what he has said. And more importantly, they create drama and anticipation for what is to come.

      *      *      *

特徴を比較する

それは、Jobs が特徴を示すのに比較の手法を用いるからだ。みんなに覚えてほしい特徴があるとき、彼は必ず他のなにかと比較する。iPhone を紹介したとき、彼はそれを他のスマートフォンと比較した。彼がかつて iPod nano を紹介したときは、他のフラッシュプレーヤと比較したものだ。比較することによって、その製品のセールスポイントを強調し、他の競争相手を自分の言葉で一蹴できるのだ。この Jobs のプレゼンテーションは、他に比べて抜きん出ている。

• Uses comparisons to demonstrate features. When Jobs has a feature he really wants people to remember, he always compares it to something else. In the iPhone introduction, he compared the iPhone with other smartphones. When he introduced the iPod nano, he compared it with other flash players. Comparisons allow him to emphasize the unique selling propositions of his products and paint the competitive landscape on his terms. This one feature of Jobs’ presentations puts his presentations head and shoulders above others.

      *      *      *

stan_sigman

プレゼンテーションでどんなに差がつくか、もっと確とした証拠がほしいというのなら、昨日 Jobs と一緒にプレゼンテーションをした Cingular の CEO Stan Sigman と比較してみるといい。その内容はプロに相応(ふさわ)しいものだったが、話し方たるやあまりに平板すぎて精彩がなかった。聴衆は途中で拍手をはじめ、短くするよう彼にシグナルを送り始めたほどだ。アウチ!

If anyone needs more convincing of how much of a difference presentation technique makes, just contrast Cingular CEO Stan Sigman’s presentation yesterday with Jobs’. Despite his professionally written content, his presentation just falls flat on too many words and not enough life. The audience started clapping at once point just to try to convince him to cut it short. Ouch.

アップルは顧客のために細部にこだわるという評判を勝ち得た。Jobs も聴衆のため同じことをする。同じことを他の会社が始めるまでは、アップルに比肩(ひけん)できる会社は殆どないだろう。それまでは、Jobs の現実歪曲空間はますます強固なものになるのだ。

Apple has built its reputation by sweating the details for its customers. Jobs does the same for his audiences. Few companies will effectively compete against Apple until they start doing the same. Until then, Jobs’ reality distortion field will be as powerful as ever.

      *      *      *

キーノートを見るひともさまざまだ。

Jobs のキーノートと同様、Carl Howe の文章も非常に説得力があるように思う。

Jobs のプレゼンテーションについては、以前 Garr Reynolds が Bill Gates と比較して書いたことがあったが、双方の記事に共通点が多いことに気付く。

見るひとは、ちゃんと見ている・・・

      *      *      *

「説得力」キーノートあとがき(1月27日)

phonespan

さすがに今ではアクセスもポツリポツリとなったが、合計するとどうやら1万を大きく超える方に来ていただいたようだ。

こんなマイナーなブログにそんなアクセスは初めてのこと。Carl Howe の記事はそれだけインパクトが大きかったということだろう。

ただ、これまでとはなにか違う感じがしている。

どんな方に、どんな読まれ方をしたのか今ひとつ分からないまま、アクセス数にとまどってしまって、頂いたコメントに返事が書けなくなってしまった。

返事の書けないコメント欄は、オープンエンドのままだ。

      *      *      *

あちこち巡っているうちに、このエントリーに対する感想らしきものが載っているサイトをいくつか見つけた。

はてなブックマーク

del.icio.us

livedoor クリップ

こうしてみると、Steve Jobs 本人(プレゼン上手、現実歪曲空間)と、仕事術としてのプレゼンテーション(ハウツー)という二つの関心を軸に、その二つがないまざったいろいろな観点から興味を持っていただいたように思える。

当ブログと関係のないところで、その反応を見れるというのも、ネット時代のおかげだろうか。

このエントリーをきっかけに、予期しない方からメールをいただいたりしてうれしかった。これも偏に Carl Howe のお蔭だ。

Technorati Tags: , , ,

広告

2007年 1月 10日

We are calling it iPhone…

Filed under: アップル,イベント — shiro @ 07:34
Tags: , , ,

original_iphone

いやあ、ショック・・・

ポケットコンピュータではなかった。名前まで iPhone そのままだ。

満幅の信頼をおいた John Markoff が完全ポカだったとは・・・

一番正確な予測は、皮肉にもこのフェイクコマーシャルだった。

      *      *      *

訂正:Markoff は正しかった(1月10日)

John Markoff は決して「完全ポカ」などではなかった。もう一度読み直してみると100%正しい。

間違っていたのは自分の方だ。

「ポケットコンピュータ」(personal computers in pocket form)という言葉に魅せられて、過剰な期待と妄想を膨らませた筆者に原因がある。

ノートブックより小さいタブレット型のマックが欲しいという永年の思いが背景にあって、「アップル電話」(Apple phone)をわざわざ「アップルのポケットコンピュータ」に読み替えてしまった。

非は100%当方にあり、John Markoff は与(あずか)り知らない。

Technorati Tags: , ,

2007年 1月 9日

ケイタイではなくポケットコンピュータだった!

Filed under: アップル,イベント,ウワサ — shiro @ 00:02
Tags: , , ,

mwsf07

ニューヨークタイムズの John Markoff がスゴい記事を書いている。実際にモノを見たとしか思えないような書きぶりだ。

New York Times:”A Personal Computer to Carry in a Pocket” by John Markoff:1月8日

      *      *      *

爆発的ワイヤレス通信

デスクトップコンピュータの世界はついにモバイルの時代にはいった。携帯電話事業者のワイヤレスデータ量が爆発的に増加していることを見れば、その転換が起きていることが分かる。

The world of desktop computing is finally going mobile, and the shift can be seen in the explosive growth of wireless data for cellular carriers.

      *      *      *

新モバイルコミュニケーション戦略

アップルの CEO の Steven P. Jobs はアップルの新しいモバイルコミュニケーション戦略を象徴するアップル製電話(Apple phone representing his company’s new mobile communications strategy)を明日発表する予定だが、それはこの転換を裏付けるものとなるだろう。スリムなセラミックのケースや透明なタッチスクリーンを特徴とする、Jobs 風の洗練されたデバイスとなるだろう。

That shift may well be underscored tomorrow when Steven P. Jobs, the chief executive of Apple Computer, is expected to unveil an Apple phone representing his company’s new mobile communications strategy — highlighted by a device that may include Jobsian refinements such as a sleek ceramic case and a transparent touch screen.

      *      *      *

ポケット型コンピュータ

業界幹部や競争相手は、アップルが新世代のデバイスを開発したと信じている。それはポケット型のパーソナルコンピュータ(personal computers in pocket form)に近いものだ。音楽やエンタテインメント、生産性ツールを容易に扱え、携帯電話やワイヤレス機器との通信もできる。

Industry executives and competitors believe that Apple has developed the first of a new generation of devices that are closer to personal computers in pocket form, meaning that they will easily handle music, entertainment, productivity tasks and communications on cellular and other wireless networks.

      *      *      *

競争相手がいっぱい

2001 年に iPod を出したときは、音楽プレーヤのカテゴリーで急速に独占的地位を固めることが出来た。しかし電話への挑戦はずっと難しいものと思われる。

But while Apple was able to monopolize the music-player category quickly after it introduced the iPod in 2001, its challenge with a phone would be far more difficult.

アップルは比較的早い時期に携帯デジタル音楽の世界に登場した。しかし、インターネットで接続されたデジタルハンドヘルドデバイス(Internet-connected digital hand-helds)の世界に参入するのは明らかに遅かった。アップルに対抗して、 ノキア、モトローラ、ソニーエリクソン、マイクロソフトといった巨人たちがおり、さらに Palm や Research in Motion のような既に確立した会社がある。

While Apple was early to portable digital music, it would be distinctly late in entering the world of Internet-connected digital hand-helds. Arrayed against it are giants including Nokia, Motorola, Sony Ericsson and Microsoft, in addition to entrenched hand-held companies like Palm and Research in Motion.

また、グーグルのような強力なインターネットの会社も争いに加わろうとしている。これまでデスクトップの世界でグーグルに頼ってきたユーザーを切り離すことなどできないのだ。

Also waiting to enter the fray are powerful Internet companies like Google, who cannot afford to be cut off from users who now rely on them in the desktop computing world.

      *      *      *

核戦争の始まり

「アップルはまさに核戦争を起こそうとしている」と Paul Mercer(パロアルトをベーストする Iventor の社長、ハンドヘルドのソフトウェアデザイナー)はいう。「ノキアやモトローラも応戦せざるを得ないのだ。」

“Apple is about to touch off a nuclear war,” said Paul Mercer, a software designer and president of Iventor, a designer of software for hand-helds based in Palo Alto, Calif. “The Nokias and the Motorolas will have to respond.”

      *      *      *

ハイブリッドデザイン

uxpremiummicro

[UX Premium Micro PC]

携帯電話とデスクトップコンピュータの来るべき転向、というよりむしろ衝突はハイブリッドなデバイスの新しい形態(new forms of hybrid devices)を生み出す。ノキアとソニーは、革新的なデザインで通信機能を備えたハンドヘルドを最近発表した。

And the coming convergence — or possibly collision — between cellphones and desktop computers is also yielding new forms of hybrid devices. Nokia and Sony have recently introduced hand-helds with innovative physical designs and new combinations of communication features.

そのデザインに共通しているのは、ラップトップコンピュータよりもっとポータブルで、携帯電話よりもっと見やすいスクリーンを備えていることだ。

What they share is designs that make them more portable than laptop computers and screens that are more readable than those on cellphones.

      *      *      *

oqo_model2

[Oqo Model 2]

このあと John Markoff は、今週 CES で Bill Gates も触れたハンドヘルドコンピュータの Oqo Model 2 を取り上げる。そして、「我々の目的は、PC をポケットに入れて運べる形に発明し直すことだ」(Our main goal is to reinvent the PC in a pocketable form.)と Jory Bell(Oqo の創設者)にいわせている。

      *      *      *

携帯電話事業者が牛耳る

アップルがワイヤレスデータ通信のマーケットに参入するにあたって有利な点は、自らの電話のハードもソフトも自分たちで開発できるということだ。それでもなお携帯電話事業者に頼らざるを得ない。

For Apple, one advantage in entering the wireless data market may be that it can develop both the hardware and the software for its own phone. But it would still need to rely on the cellular carriers.

かつて Jobs 氏は、アップル電話を投入しない理由のひとつは、アメリカにおいては携帯電話事業者が携帯端末をコントロールしているからだといったことがある。しかし今や明らかに事情は変わった。アップル電話を提供するというアップルのビジネス戦略は、アップルのインダストリアルデザインと同様に魅力的なものとなってきたのだ。

In the past Mr. Jobs has cited the carriers’ control of handsets in the United States as a reason he had not introduced an Apple phone. Now that has apparently changed, and Appleユs business strategy in offering an Apple phone will potentially be as intriguing as its industrial design.

      *      *      *

Cingular と仲直り?

Jobs 氏は Cingular とも同盟を結んだといわれている。ということは、2005 年に Cingular と同じ日にアップルは iPod Nano を、そしてモトローラは iPod と互換性のある Rokr を発表したが、そのことによって生じた亀裂を Jobs 氏が修復したということを意味する。

Mr. Jobs has been rumored to have entered into an alliance with Cingular. That would suggest he has patched up a reported split in 2005 that came when Apple introduced its iPod Nano on the same day that Cingular and Motorola introduced the Rokr, an iPod-compatible phone.

      *      *      *

マッキントッシュ以上

Jobs 氏のビジネス戦略がどんなものであれ、それは大きな衝撃もたらすことになるだろう。最近 Jobs 氏は二人の同僚(Jobs 氏との関係悪化を防ぐため匿名を希望)に、このプロジェクトについてはマッキントッシュのとき以上の興奮を覚えていると語ったという。

Whatever his business strategy, Mr. Jobs is certain to have an impact. Recently, he told two associates, who asked not to be identified to avoid damaging their relationship with him, that he was more excited about his current project than he was about the Macintosh.

      *      *      *

これなら、「説明を受けた上級役員の何名かは絶句した」というのも理解できる。

どうやら John Markoff は「アップル電話」を実際に見ているようだ。NDA(nondisclosure agreement、守秘義務契約)のためハッキリ書けないのだろう。それでもヒントはいっぱい残している。「アップル電話」を「アップルのポケットコンピュータ」と読み替えてくれということだろう。

そしてその形(form factor)は、ノキアやソニーエリクソンの携帯電話より、パームや RIM のようなスマートフォンの流れを汲み、Oqo Model 2 に近く、アップルらしくもっと格好いいものになるということだと思う。

ポケット型コンピュータということなら、名前は「Mac portable」だろうか、それとも「Mac pocket」か。

これはとても楽しいことになってきた。

Technorati Tags: ,

2007年 1月 3日

Just the beginning…

Filed under: ひと,アップル,イベント — shiro @ 18:15
Tags: , ,

welcome2007

来週に迫ったマックワールドへの期待を込めた楽しい記事がある。

大きな夢を持つひとには大きな期待が(小さな夢しか持てないひとには小さな期待が)と思わせるような記事だ。

わが愛する Rob Griffiths の楽しい夢に是非付き合ってください。

Macworld:”Reading between Apple’s lines” by Rob Griffiths:1月2日

      *      *      *

アップルのメッセージ

みなさんはもうアップルの新しいホームページをご覧になったことと思う。「これまでの30年は、始まりにすぎない・・」(The first 30 years were just the beginning.)というメッセージだ。

By now, I’m sure you’ve all seen Apple’s new home page. As Macworld reported earlier, Apple’s site now features the phrase, “The first 30 years were just the beginning.”

とても簡単なメッセージだが、その意味するところはとても興味深い。具体的になにを意味するのだろうか。単にアップルの新年のメッセージか。それとも、来週のマックワールドエクスポに登場する予想もしない製品のティーザ[teaser、先行広告]か。それとも、これまでの30年と同じように、これからも未来に向けてアップルがエキサイティングな製品を発表し続けるというメッセージだろうか。あるいはまた、何かまったく異なるものだろうか。

A simple statement, yet one loaded with intrigue. What exactly does it mean? Is it simply Apple’s New Year’s announcement for its Web site? Some sort of teaser for an unexpected product introduction at next week’s Macworld Expo? Or is it just a general statement that this, Apple’s 30th year in business, will be a year filled with continual product announcements designed to take the company in exciting new directions? Or is it something else entirely?

      *      *      *

何かまったく新しいもの

このメッセージはいわゆる新年のご挨拶ではないと思う。また、2007 年に向けてのアップルの決意表明でもあるまい。これは来週のマックワールドエキスポへの期待をいやが上にも高めるためのものであることは明らかだ。ということは、なにか「新しい」タイプの製品発表があるということだ。

I don’t think the slogan on the home page is a generic New Year’s announcement, nor do I think it’s a general statement on Apple’s mission for 2007. I think it’s clearly targeted to up the hype level for next week’s Macworld Expo, which means there must be some “now” [sic] type of product announcements behind it.

しかし、目下噂にあがっているものとは関係ないと思う。たとえば、デューアルクワッドコア(dual quad-core)Mac のことでも、本物のビデオ iPod のことでも、また「今いわれている」Leopard の発売のことでもないと思う。さらにまた iTV ホームシアターボックスのことでもないと思う。いずれもアップルのメッセージに含まれた「ワオ」という驚きに応えるには不十分だと思うからだ。もし Jobs が来週火曜日に「これまでの30年は始まりに過ぎなかった・・・これがその理由だ。新しい iTV だ」といったとしたら、みんなの反応はパッとしないものじゃないだろうか。アップルのホームページに掲げられたメッセージへの期待はそんなものじゃすまないということだ。

However, I don’t think it really has much of anything to do with the currently rumored products. That is, I don’t feel a new dual quad-core Mac, a true video iPod, Leopard shipping as of “now,” or even an iTV home-theater box represent enough of a “wow!” announcement to merit the direction implied by the marketing statement. If Steve Jobs stands up next Tuesday and says “We told you the first 30 years were just the beginningノand here’s why: the new iTV,” he’s going to get a very flat response. That’s because the expectations bar has been set quite high by the statement on Apple’s home page.

      *      *      *

Just the beginning…

私は「始まりに過ぎない」という部分が未来に向けた真の何かを意味しているように思えてならない。アップルは、現在のアップルに到達するのにこれまでの30年を要した、これまでの持てる知識のすべてを使って真に何ができるかということを示したい、といっているのだ。

To me, at least, the “just the beginning” portion of the phrase implies something truly forward-thinking. Apple is basically stating that it’s taken the past 30 years for the company to get where it is now, and that it plans to use all that knowledge to really show us what it can do.

      *      *      *

99%当たらない

以下述べることが当たらない確率は99%以上だ。だから、近所の居酒屋で賭けに負けるのが好きだということでなければ、10セントたりとも賭けてはならない。私が間違っているということに賭けるのなら別だが。それに、つぎに述べることは「こんなものが見たかった!」という私の心から湧き出してくるものだということを分かっておいてほしい。来週になればはっきりすることだから、賭け率はもっと下がるだろう。

The odds that the following scenario is wrong are something greater than 99 percent. So unless you like losing money at the local watering hole, don’t bet a single dime on these words—unless you’re betting I’ll be wrong, that is. And again, keep in mind that the following springs only from the “I’d love something like that!” area of my mind, further lowering the odds that this is what we’ll see revealed next week.

2002 年エクスポの先行ティーザで使われた「噂サイトを凌ぐ。それ以上・・・」(Beyond the rumor sites. Way beyond)という文句を覚えているだろうか。いくつもの製品が発表されるだろうと思う。(昔のことを忘れた方のためにいうと、2002 年のエクスポではフラットパネル iMac、14インチ iBook、iPhoto が登場したけれど、多くのひとががっかりした。マックワールドに対する期待はもっとずっと大きかったのだ。)

I think, much as when Apple last ran this type of pre-Expo publicity in 2002—remember the company’s “Beyond the rumor sites. Way beyond” teaser?—we’ll see a suite of products. (In case you’ve forgotten your history, that Expo saw the debut of the flat-panel iMac, the 14-inch iBook, and iPhoto—and many people found themselves disappointed by the overwhelming amount of hype that had built up for the event.)

      *      *      *

iPhone

まず最初に登場すると考えられるのは iPhone だ。噂があまり大きくなり過ぎて無視できない。しかし、競争相手であふれる携帯電話マーケットに参入するためには、アップルも違った考え方(Think Different)をすることが必要だ。デザインには「アップルらしさ」がなきゃいけない。(といっても、ワンボタン電話という考えを Steve は捨て去ることができるだろうか。)iPod の使いやすさを踏襲したユーザーインターフェイスで、OS X の Address Book や iCal ともシームレスに統合されていることが必要だ。もちろんウインドウズのカレンダーやコンタクトソフトともなんらかの形で連携していなければならない。それに、携帯からオンラインで購入できるように iTunes ともうまく統合されていることが必要だ。

First out of the gate will be the iPhone. The rumors on this one seem too strong to ignore. To make a dent in the crowded, competitive phone market, Apple’s phone will have to Think Different. The phone will have the “Apple touch” on the design side (though not even Steve can really get away with a one-button phone—can he?), a user interface that borrows heavily from the iPod’s ease of use, and features seamless integration with OS X’s Address Book and iCal. Apple must also figure out some way to talk to Windows’ calendar and contact apps as well, of course. And, of course, there will be some form of iTunes integration, perhaps going as far as allowing online purchases from the phone itself.

      *      *      *

iWork suite

次の製品は、 iWork アプリケーションの改訂版だ。FileMaker Pro を簡単にしたものをベースにして表計算とデータベースの双方の機能を持たせる。この二つを加えれば AppleWorks もいよいよお役目御免だ。表計算は Excel には及ばないが、ときどきしか計算ソフトを使わないユーザーにとっては90%満足できるものだ。データベースも同じだ。FileMaker Pro のデベロッパになるには不十分かもしれないが、ドラッグ&ペーストのインターフェイスを持ち、簡単なデータベースならすぐに作れる。

Next up will be the revised iWork suite, now featuring a spreadsheet and a database application, based on a simplified version of FileMaker Pro. With the inclusion of both a spreadsheet and a database, AppleWorks can finally be put to rest for good. The spreadsheet won’t rival Excel for features, but will be sufficient for 90 percent of users who need to occasionally crunch numbers. Same with the database; it won’t let you become a FileMaker Pro expert developer, but it will feature a very simple drag-and-drop GUI designed to quickly create simple databases.

      *      *      *

iTV

最後は、iTV の正式名称と出荷時期の発表だ。マックや PC とシームレスに繋ぐ実演が行なわれる。ビデオレコーダ機能が含まれるかどうかは分からないが、必要最小限バージョンの OS X で動く。観衆は拍手喝采だ。

The final name and release date for the iTV will be announced, and its seamless integration with a network of Macs and PCs will be demonstrated. It may or may not include video recorder capabilities, and it will be running a stripped-down version of OS X. People will cheer.

当然このほかにもいくつか発表があるだろう。Leopard の発売時期は 2007 年3月24日になるだろう。OS X 10.0  が 2001 年に登場した記念日だ。iSight を内蔵した新しいディスプレーも登場するだろう。噂のクワッドコア(quad-core)Mac Pro も発表される。iPod 関連の発表もあるかもしれない。もっとも昨年のエキスポでは、このイベントはマックの行事であって iPod のものではないといって、iPod のことを意識的に抑えたけれど。

There will be some other announcements, obviously. Leopard’s ship date will be announced as March 24, 2007—the sixth anniversary of the launch of OS X 10.0 back in 2001. There will be new displays, with built-in iSight cameras. Perhaps the rumored dual quad-core Mac Pro will be announced. There may even be some iPod-related announcements, though Apple intentionally downplayed the iPod at last year’s Expo, stating that the event was about the Mac, not about the iPod.

      *      *      *

One More Thing

もし以上のことがすべて実現したら、マックワールドは大成功となるだろう。それでも「ほんの始まりに過ぎない」という新しいメッセージからするとちょっと物足りない。もうひとつ「One More Thing」があるというわけだ。

If all of that comes to pass, Apple will have had a very successful event, yet falling fall short of meeting the “just the beginning” tidbit in its new catch-phrase. So that leaves just One More Thing.

      *      *      *

まったく新しいマック

TAM

アップルは、30年の歴史で学んだことをどうやって我々に示してくれるのだろうか。10年前にアップルは20周年モデル(TAM、20th Anniversary Macintosh)を発表した。今年は30周年モデルのマッキントッシュが登場するだろうと私は思う。最初の20周年記念モデルと同じように、新しいモデルもコンピュータ技術とデザインに対するアップルの考え方の偉大な集大成となるだろう。TAM(20周年モデル)は当時デスクトップコンピュータの最先端を示すものだった。価格だけはとても高かったけれど。30周年モデルについていえば、デスクトップという形態(form factor)は役目を終えたと思う。

So what’s Apple going to do to show us how much it’ learned in 30 years? Well, 10 years ago the company gave us the 20th Anniversary Macintosh (TAM for short); this year, I think we’ll get the 30th Anniversary Macintosh. As with the first Anniversary Macintosh, this machine will represent Apple’s greatest thinking on the on state of design in computer technology. In its day, the TAM represented the bleeding edge of design in a desktop computer, albeit one at an amazingly high price point. For the 30th Anniversary Mac, though, I think the desktop form factor is out.

      *      *      *

軽くて、小さくて、フル装備

その代わりアップルは、30周年モデルではラップトップの新しい標準を創造するのではないだろうか。軽くて、小さいけれど、フル装備のラップトップのことだ。解像度 1280 x 800 の、11インチワイドスクリーンを備え、とても軽いマシンだ。しかもこのスクリーンは水平に回転して、ラップトップ型がタブレット型となり、アップルの手書き文字認識の最新エンジンを備えることになる。まさにこの機能こそ、まだ誰も見たものはいないけれどバージョン 10.5 の隠された秘密のひとつだろうと想像する。Bluetooth で簡単に iPhone とも接続され、インターネットの Skype モード機能を備えることによって iPhone と一体化する。みんなの期待どおり iSight カメラも登場するだろう。ただし、このカメラは 360 度方向を変えられる装置が付いていて、スクリーンの向きとは関係なくどの方向にでもカメラを向けられる。

Instead, for the 30th anniversary, Apple will create a new standard for laptops. Specifically for light, small, and yet full-featured laptops. Featuring a widescreen 11-inch design running at 1,280-by-800 resolution, this machine will be very light. And the screen will flip horizontally, transforming the laptop into a tablet that uses an advanced version of Apple’s handwriting recognition engine—I’m guessing that this will turn out to be one of the secret 10.5 features that nobody has seen yet. iPhone integration will be there, too, with easy linking via Bluetooth and the ability to use the phone in Skype-mode to make calls over that network. As expected, there will be an integrated iSight camera. But this one will be mounted on a piece that can swivel in a full circle, allowing the camera to be used in either direction, regardless of how the screen is oriented.

デザインの主眼は薄さと、軽さと、使いやすさだ。11インチスクリーンということは、それなりにちゃんとしたキーボードがつくということであり、ちゃんとしたバッテリーを収納できるだけの厚さを持つ形状(form factor)になるということだ。これまでの一部のラップトップと同じように、DVD 装置を外してバッテリーと交換し、駆動時間を倍増することもできる。新しいマシンは当然インテルの Core 2 Duo を採用する。そして、グラフィックカードは MacBook Pro のものだ。これで 3-D ソフトを使うときの制限もなくなる。

The design will focus on thinness, lightness, and usability—using an 11-inch screen means that there’s still room for a decently-sized keyboard, and the form factor is deep enough for a good sized battery. Like some Apple laptops of yesteryear, the DVD mechanism can be removed and replaced with another battery, thereby doubling the battery time. The machine will run on an Intel Core 2 Duo, of course, but will feature the MacBook Pro’s graphics card, so users aren’t limited in their ability to use 3-D applications.

      *      *      *

私の夢・・・

以上、出来るだけクールなマシンを想像してみた。しかし、仰天動地の新技術を採用したということではない。いずれも既知のものを一番使い出があるように組み合わせたに過ぎない。もっとも、ここまで書いてみて「始まりに過ぎない」というメッセージに見合うだけのものかどうかまだ自信がない。

OK, as cool as I think the above machine would be, really, it’s not all that earth-shattering. It’s just a combination of known technologies put together in a most useful manner. But as I read what I’ve written, I’m still not sure it fulfills the “just the beginning” phrase.

アップルが何を準備しているのか、私はまったく知らない。何が登場するか想像するだけでも楽しいが、実際マックワールドに行って自分の目で確かめると思うとわくわくする。アップルのホームページが変わったことでエキスポへの期待はいやが上にも増している。私としては発表されるものがその期待に違(たが)わないことを願うのみだ。

The reality is that I have no idea what Apple has in store for next week. As much fun as it can be to think about what could be, I’m thrilled that I’ll be there in person to see what really will be. There’s no doubt that Apple’s home page changes have hyped the already-high interest in the Expo even further; I’m just hoping the reality will match the newly-raised expectations.

      *      *      *

Rob Griffiths の文章を読むとこちらまでわくわくする。

マック好きが考える「何かまったく新しいもの」はなんとすばらしいことか・・・

個人的にはタブレット型マックの登場を長いあいだ願ってきた。この夢が実現したらほんとうにうれしい。

マックワールドに夢を与えてくれた Rob Griffiths に心から感謝。

Technorati Tags: , ,