maclalalaweblog

2007年 6月 16日

Diana Krall Live in Paris

Filed under: 音楽 — shiro @ 21:21
Tags: ,

dianakrall

Diana Krall については Shigeki Kawahara 氏のサイトで初めて知った。

The Days of Smooth Jazz and Mac:”Diana Krall: “Chirstmas Songs”〜Jazzyなクリスマスソングはいかがでしょうか” by Shigeki Kawahara:2006 年12月23日

ハスキーな声とノリのいいピアノタッチがとても素敵だ。すっかり彼女のファンになってしまった。

YouTube で探してはせっせと聴いているが、パリ、オランピア劇場でのライブ(2001年)は特にすばらしい。

その中から、”I Love Being Here With You”

ジャズピアノとボーカルをたっぷり堪能させてくれる。彼女をサポートするバンドとの、特にギター(Anthony Wilson)との掛け合いがすばらしい。

これぞクールの女王だ!

パリの聴衆の反応もよく、みな楽しそうだ。

Shigeki Kawahara 氏に感謝。

Technorati Tags: ,

(more…)

広告

2007年 4月 23日

懐かしの70年代:Terry McMillan

Filed under: ビデオ,音楽 — shiro @ 22:24
Tags: , , , ,

terry_mcmillan

いまは亡き Terry McMillan のハーモニカ。

むせぶが如く、泣くが如く、ただすばらしい・・・

ナッシュビルで Chet Atkins に見いだされ、しばらくは彼と組んだ。

このビデオは 1978 年のライブ。ぴったりと息の合ったところを見せる。

YouTube Video:”Chet Atkins & Terry McMillan ‘Don’t Think Twice It’s Alright’“[03:39]| Added February 03, 2007 | From: PrancinFilly
YouTube Video:”Chet Atkins – ‘Don’t Think Twice It’s Alright’

Chet Atkins のギターと Terry McMillan のハーモニカ。夢の競演だ。

chet&terry

YouTube では70年代のこんなビデオも見つかるのだからうれしい。

Technorati Tags: , , , ,

(more…)

2007年 2月 9日

ビートルズの Yellow Submarine iPod

Filed under: アップル,音楽 — shiro @ 19:39
Tags: , ,

YellowSubmarine

ビートルズとの和解がもたらす非常に刺激的な話が Cult of Mac に載っている。

Wired News:”IPod Will Be the New CD” by Leander Kahney  [Cult of Mac]:2月6日

      *      *      *

ビートルズ との和解

ビートルズとの和解によって iPod に大きな変化が起きつつある。今や iPod は新しい CD になろうとしているのだ。

Big changes are afoot for the iPod in the wake of the Beatles settlement — the iPod is about to become the new CD.

ApplevsApple

アップル(Apple Inc.)とビートルズ(Apple Corps)は、15年に及ぶ「アップル」の商標についての訴訟が、Steve Jobs に有利な形で解決したと発表した

On Monday, Apple Inc. and the Beatles’ Apple Corps announced that a 15-year legal spat over the “Apple” trademark had been settled in Steve Jobs’ favor.

      *      *      *

音楽入り iPod

しかし、最大のニュースは共同プレスリリースには触れられていなかった。Jobs は新しい契約によって、あらかじめ音楽を入れた iPod を売れるようになったのだ。

But the biggest news wasn’t mentioned at all in the joint press release: The new contract clears the way for Jobs to sell iPods loaded with music.

だからどうしたって?

Who cares?

      *      *      *

iPod CD になる

それはこういうことだ。iPod が新しい CD になり得るということなのだ。もし、アップルが安価な iPod シャッフルにあらかじめ新しいホットなアルバムやアーチストのカタログを入れて提供できるとなったら尚更だ。想像してもご覧なさい。人気バンドの名前を冠した安いスペシャルエディション iPod が、そのバンドの新アルバムや全カタログを入れてどっと出てくるのを・・・

Well, the iPod could become the new CD, especially if Apple starts offering cheap shuffle iPods pre-loaded with hot new albums or artists’ catalogs. Imagine a whole range of inexpensive, special-edition iPods branded with popular bands containing a new album, or their whole catalogs.

      *      *      *

フラッシュメモリー

フラッシュメモリードライブはとても安くなったので、ソフトを入れて売るソフト会社まで出てきた。たとえば、H&R Block は税務申告用ソフトの最新バージョンをフラッシュドライブに入れて 40 ドルで販売している。これは CD バージョンと同じ価格だ。音楽を何曲か入れ、安いイヤフォンを付けたとして、アップルにとって如何ほどのコスト増になるだろうか。

Flash-memory drives are now so cheap, software companies are starting to use them to ship software. H&R Block, for example, is selling the latest version of its tax-preparation software on a flash drive for $40 — the same price as the CD version. How much would it cost Apple to add a few music chips and some cheap earbuds?

      *      *      *

15年契約の縛り

アップルコンピュータとビートルズ(Apple Corps)の間の15年を経た契約のせいで、アップルはそれが出来なかった。Jobs のアップルは、この契約のために、音楽会社として CD や「(ローリングストーンのコンパクトディスクみたいな)事前に録音されたコンテンツを提供する物理メディア」を販売することができなかった。

Apple was prevented from doing this until now by the 15-year-old contract between Apple Corps, the Beatles’ music company, and Apple Computer. This contract precluded Jobs’ Apple from acting as a music company and from selling CDs or “physical media delivering prerecorded content … (such as a compact disc of the Rolling Stones’ music).”

もちろんアップルは、ダウンロードによる音楽販売は永年にわたってやってきた。しかし、この条項のために、あらかじめ音楽のはいった iPod を販売することは出来なかったのだ。

Apple has been selling music as downloads for years, of course, but thanks to this clause, the company couldn’t sell an iPod with music already loaded onto it.

      *      *      *

U2 スペシャルエディション

U2_iPod

U2 スペシャルエディションの iPod が出荷されたとき、オンラインでカタログをダウンロードできるバウチャー[引換券]が付いていたのもそういうわけだ。ビートルズとの契約が、あらかじめ U2 iPod に U2 の音楽を入れることを禁じていたのだ。

That’s why the U2 special-edition iPod ships with a voucher for downloading the band’s catalog online. The Beatles contract prevents Apple from pre-loading the U2 iPod with U2’s music.

      *      *      *

Yellow Submarine iPod

Beatles

間違いなくこの状態は変わる。間もなくアップルは、曲の入ったいろいろな iPod を提供することになるだろう。

That is undoubtedly going to change. Apple will soon offer a range of iPods pre-loaded with tunes.

最初に登場するのは、噂のビートルズのスペシャルエディション Yellow Submarine iPod だろう。バレンタインズデーの週に出るという噂だ。

First up will likely be the widely rumored Beatles special-edition Yellow Submarine iPod, tipped to be released in just over a week on Valentine’s Day.

FabFour

ビートルズファンは、Fab Four[Fabulous Four、素晴らしき四人組、ビートルズの別名]の全カタログを熱望してきたが、現在マスターを新たに起こす作業が行われており、圧縮されていない形で入手できることになるだろう。あらかじめ iPod に入れて売るのよりいい方法なんてあるだろうか。ビートルズファンはギガバイト分のデータを iTunes からダウンロードしなくても済むのだから。

Beatles fans are hoping that the Fab Four’s entire catalog, currently being remastered, will be available in uncompressed format. What better way to deliver it than preloaded onto an iPod, instead of forcing fans to download gigabytes of data from iTunes?

      *      *      *

すべての iPod

また、アップルはすべての新しい iPod にサンプル曲を入れることになるだろう。マイクロソフトの Zune が現在やっているように。これでまたアップルは余分のキャッシュを手にすることになるだろうが、これはとてもうま味のある話だ。レコード会社は、曲が演奏される都度支払うものだ。飛ぶように売れる iPod にバンドの新曲(シングル)を入れるのはとても魅力的だから、新しいタイプのリベートも生まれようというものだ。

Apple will also start loading sample tunes onto all new iPods, just like Microsoft’s Zune currently does. This will be extra cash for Apple, and possibly quite lucrative — the labels will pay to play. Getting a band’s new single loaded onto a hot-selling iPod could prove so desirable that a new type of payola is born.

      *      *      *

限定版 iPod

その他、あらゆる種類の限定版 iPod が出るだろう。アーチストブランドのもの、バンドやジャンル別のものなどだ。当然ボックスセットも。Rolling Stones Sticky Fingers の iPod、Motown iPod、British Invasion iPod などなど。

Then there will be all kinds of new limited-edition iPods, branded by artist, band or genre. Boxed sets are a natural: the Rolling Stones Sticky Fingers iPod, the Motown iPod, the British Invasion iPod.

      *      *      *

格安 iPod シャッフル

ipodshuffle

なかでも、最もエキサイティングなのはアーチスト名を冠した格安 iPod シャッフルだ。新曲アルバムやカタログの一部がはいっている。アップルにとって最大のリスクは過剰在庫を抱えることだ。もし、Kevin Federline のスペシャル版が大失敗に終わったらどうするか。問題の解決は簡単だ。スキンが剥がれる(peel-off)形にしておいて、つぎのホットなバンドが登場したとき録音し直せばいいのだ。

But most exciting, there may be a whole range of dirt-cheap iPod shuffles branded by artist, containing their new albums or portions of their catalogs. The biggest risk for Apple is excess inventory. What if the new Kevin Federline special edition bombs? But that’s easily solved: Make the skin a peel-off and overdub leftovers when the next hot band comes along.

      *      *      *

何でも、どこでも

これらの新しい、安い iPod アルバムは、バス停でも空港でも販売できる。インスタントミュージックだ。コンピュータすら要らない。バンドなら、あらかじめ曲のはいった iPod をコンサートで売れる。終わったばかりのコンサートを入れてもいい。ブロードウェイショーの iPod や映画のサウンドトラックの iPod もあり得る。小売店でカスタムプレイリストを焼き付けてもいい。

These cheap album iPods could be sold at bus stations and airports: instant music, no computer required. Bands could sell pre-loaded iPods at concerts, maybe containing the concert they just played. There could be Broadway show iPods, movie soundtrack iPods and iPods burned at retail stores with custom play lists.

iPod にとって、2002 年に iTunes オンラインストアが登場して以来の最大の変化となるだろう。

It’s going to be the biggest change to the iPod since the iTunes online store debuted in 2002.

このアイデアを最初に取り上げた iLounge の Jeremy Horwitz に敬礼!

Hat tip to Jeremy Horwitz at iLounge for first floating this idea.

      *      *      *

なんだかゾクゾクしてくる話だ。これは革命だ。

ビートルズと和解して、名前から「コンピュータ」を落とした背景には、こんな深謀遠慮があったのか・・・

      *      *      *

参考:

・Wired News:”IPod Will Be the New CD” by Leander Kahney  [Cult of Mac]:2月6日
・iLounge:”3 Ways The Beatles May Change iPods and Apple” by Jeremy Horwitz:2月5日
・Infinite Loop:”iPods to become the next distribution medium? Some think so” by Jeff Smykil:2月6日
・MacNN:”Apple to preload iPods with music?“:2月6日
・JupiterResearch:”Beatles Beatles Beatles….” by Mark Mulligan:2月6日

Technorati Tags: , ,

2006年 12月 17日

懐かしの70年代

久しぶりに The Pointer Sisters を聞いた。

というか、YouTube で見たのだけれど・・・

YouTube Video:”Pointer Sisters With Gaylord Birch“:6月27日

1974 年のライブで、とてもノッてる。一緒の Gaylord Birch のドラムソロもいい。

実の4人姉妹で、リードボーカルは長女 Ruth だったと思う。最初のヒットが “Yes We Can Can” だったはず。

pointersisters1

70年代の雰囲気が蘇ってきたみたいだ。

      *      *      *

付記(12月23日)

ほかにも The Pointer Sisters のビデオがあった。1978年の「Fire」だ。

YouTube Video:”The Pointer Sisters – Fire (1978) HQ

YouTube Video:”The Pointer Sisters – Fire (1979)

3番目のボニーが抜けたあと、トリオとなった Sisters が最初に取り上げたプルース・スプリングスティーンの曲。彼女らの最高のヒットになった。

fire1

あのリズムとメローなボーカルがたまらない。

Technorati Tags: , , , ,