maclalalaweblog

2007年 6月 1日

マイクロソフトは Surface Computing でアップルに追いつくか

surface

マイクロソフトの「サーフェスコンピュータ」(Surface Computing:コード名 Milan)がにわかに関心を呼んでいる。

マイクロソフトが、iPhone のようなマルチタッチのユーザーインターフェイスを急追するのではないかと考えられるためだ。

Surface Computing についてはこちら:

TechCrunch:”Microsoft Announces Surface Computer” by Duncan Riley:5月29日

TechCrunch Japanese:”Microsoft、「Surface」コンピュータを発表” by Duncan Riley:5月31日

Popular Mechanics:”Microsoft Surface: Behind-the-Scenes First Look (with Video)” by Glenn Derene:2007 年7月号[Video]

      *      *      *

しかし Surface Computing は、マルチタッチの技術とは別物だと Carl Howe はいう。

Blackfriars’ Marketing:”Apple’s answer to Microsoft’s Surface Computing initiative: real products” by Carl Howe:5月30日

      *      *      *

Surface Computing とは

コンセプトモデルで厄介なことが起きるのは細部においてだ。マイクロソフトの surface computing への動きは、アップルが iPhone で導入しようとしている技術とは異なっており、多分それと競合することはないと思われる。マイクロソフトの技術は、つぎのようなものだ。

But as with many concept demos, the devil here is in the details, and Microsoft’s surface computing initiative is very different from — and probably will never compete with — the technologies Apple is introducing in the iPhone. Microsoft’s technology:

1)その秘密はカメラとプロジェクタ

タッチスクリーンの技術(touch-screen technology)とは異なる光学的(optical)なものだ。ブラシを使って絵を描けるような大きな利点がある一方、いくつかの欠点もある。たとえば、スクリーンが白くなるのを防ぐため部屋を暗くする必要があるとか、物体を認識できるようにバーコードを付ける必要があるといったことだ。

Depends on cameras and projectors for its magic. This isn’t a touch-screen technology, but an optical one. That has some huge advantages, like the ability to use brushes to paint, but also has some disadvantages, like the need for dim lighting to avoid washing out the screen and the need to put bar codes on objects for the system to recognize them.

2)広範囲のコントロールが必要

マイクロソフトは、ウインドウズの携帯電話メーカーにも売り込んでいるといっているが、この技術は明らかにケイタイよりキオスクのような大きな環境を念頭に設計されている。光学プロジェクタやカメラを使うには広くて空っぽの平面(large empty spaces)が必要だ。だから、プラズマディスプレーや LCD ディスプレーのように投影用テレビを壁掛けにするわけにはいかない。携帯電話では、光学的に surface システムが実行可能なスペースはとれない。それにマルチタッチが可能なタッチスクリーンとなると、間違いなくアップルの特許に抵触するだろう。

Focuses on large interactions instead of small. Despite claims Microsoft has been shopping this technology to Windows Mobile phone makers, this technology is clearly designed to work primarily in large kiosk-like settings than mobile phones. You need large empty spaces for optical projectors and cameras — that’s why you can’t hang projection TVs on your wall like you can a plasma or LCD display. There’s no room in a mobile phone for the optics needed to implement this type of surface system there — and using a multi-touch enabled touch-screen would undoubtedly run afoul of Apple’s patents on that technology.

3)そもそも PC 体系に当てはまらない

たとえ消費者が、この surface システムが何立方フィートもの大きなものになっても構わないといっても、マイクロソフトは、主として International Game Technology との開発・配布協定を通じてこの技術を配布するつもりだといっている。どういうことかというと、この技術が見れるのは Venetian Casino[ラスベガスのカジノ]の次世代ビデオポーカーマシンになる可能性が高く、Best Buy から買ってくる PC などではないということだ。

Doesn’t fit in the PC ecosystem. Even if consumers were OK with the many-cubic-foot bulk of these surface systems, Microsoft says in its press release that it will distribute this technology largely through a distribution and development agreement with International Game Technology. That means you’re much more likely to see this technology in your next video poker machine at the Venetian casino than you are in the PC you get from Best Buy.

      *      *      *

iPhone PC 向きではない

そういうことで、surface computing は iPhone や PC 用の技術ではない。だからとうだというのだ。結局のところアップルはマルチタッチをコンピュータのために使っていないではないか。

So surface computing isn’t the iPhone or a PC technology. Does that matter? After all, Apple isn’t doing anything with multi-touch for computers, is it?

      *      *      *

Leopard の一部になる?

ちょっと待ってくれ。数週間もすればアップルがマルチタッチでやることを見てびっくりすることになるのだから。マルチタッチ用の小ソフトは、MacBooks や MacBook Pro で既に動いている。二本指スクロールはもう標準だ。それに前にも触れたように、新しい 3D ファインダ(3D finder)とマルチタッチのジェスチャ(multi-touch gesture)を一緒にすれば、PC のユーザーインターフェイスが革命的に変わる可能性があるのだ。しかもそのインターフェイスが次期 OS Leopard の一部になると我々は信じている。アップルが最近ディスプレー価格を下げて在庫を減らしていること、マルチタッチジェスチャやフラットタッチスクリーンに関する特許を申請していることなどを考え合わせると、タッチスクリーンをサポートするフラットパネルディスプレーやノートブックが Leopard と一緒に発表されるかもしれないのだ。

Well wait a few weeks and you may be surprised at how much Apple is doing with multi-touch. We’ve already seen small applications of multi-touch on Apple MacBooks and MacBook Pros, where two-finger scrolling has become the norm. But as we’ve noted before, multi-touch gestures combined with a new 3D finder have the potential to revolutionize the PC user interface — and we believe that that interface will be part of Apple’s next OS Leopard. And given that Apple has recently cut its display prices to reduce inventory and has several multi-touch gesture and flat touchscreen patents already filed, we may see touchscreen-supporting flat-panel displays and notebooks introduced along with Leopard too.

      *      *      *

デモより実機が重要

アップルは今日の D カンファレンスで、開発中のマルチタッチ技術を漏らしたりすることはないだろう。せいぜい iPhone を見せびらかすだけで、それ以上はないだろう。しかし間違いなくアップルは、同じような技術を開発している。ただアップルの場合は、開発中のデモを見せたりはしない。見せるのは、みんなが買える実際の製品になってからだ。

Our bet is that Steve Jobs won’t spill the beans on Apple’s multi-touch efforts at the D Conference today — he’ll just show off the iPhone and leave it at that. But make no mistake: Apple has similar technology in its development queue. But in Apple’s case, we won’t see it as a demo. It will come in actual products you can buy.

Technorati Tags: , , , , , ,

2006年 12月 22日

Vista は OS X のパクリか:David Pogue

Filed under: マイクロソフト,OS — shiro @ 18:27
Tags: , , , , ,

david_pogue

ニューヨークタイムズの才人コラムニスト David Pogue が皮肉たっぷりのビデオを作っている。

「マイクロソフトの Windows Vista はアップルの Mac OS X のパクリか。」(つぎのどちらのサイトでも見れる。)

New York Times Video:”Windows Vista“:12月14日

YouTube Video:”NYT: Did Microsoft rip-off Apple Mac OS X in Windows Vista?“:12月14日

YouTube Video:”NYT’s David Pogue on Windows Vista“:2006 年12月

      *      *      *

巷間 Windows Vista は Mac OS X のパクリだといわれているが本当にそうか。いや、パクリなんかじゃない。Vista はちゃんと独自のキャラを持った OS だ。

だって・・・、と Pogue は主張する。

・だって、Mac OS X の Spotlight と同じ働きをする Instant Search の入力ウインドウは、マックでは右上にあるのに、ウインドウズでは左下にあるじゃないか

・だって、マックの widgets と同じ働きをする Sidebar(gadgets)は、そもそも名前が違うじゃないか

・・・という調子だ。

なんといえばいいのだろう。一種の「ほめ殺し」とでもいうのだろうか。

      *      *      *

ビデオのほかにテキスト版もあって、数ページにわたるもっと詳しいものだが、そのエッセンスはビデオ版に尽きる。

New York Times:”Vista Wins on Looks. As for Lacks …” by David Pogue:12月14日

その一部だけつぎに紹介する

      *      *      *

Looks, Locks, Lacks

では5年も経って Windows Vista はどうなったのだろうか。マイクロソフトが何百万ドルもかけたコマーシャルでこれからたっぷりお目にかかることになるが、その文句は「Clear, Confident, Connected」というものだ。しかし本当のところは「Looks[不気味なほど似ている], Locks[セキュリティは高まった], Lacks[バラバラで統一性に欠ける]」の方が真実に近いだろう。

So after five years, how is Windows Vista? Microsoft’s description, which you’ll soon be seeing in millions of dollars’ worth of advertising, is “Clear, Confident, Connected.” But a more truthful motto would be “Looks, Locks, Lacks.”

これを真似しろ!

これまでの説明で、Vista がマックにとても似ていると思ったら、それは正しい。マイクロソフトのマネージャが Mac OS X をみんなの前において、「これを真似しろ」とプログラマーにいっている感じがするのだ。

If the description so far makes Vista sound a lot like the Macintosh, well, you’re right. You get the feeling that Microsoft’s managers put Mac OS X on an easel and told the programmers, “Copy that.”

      *      *      *

この話にはさらに続きがある。

「レッドモンドのコピーマシン」というフォローだ。

New York Times:”The Redmond Copying Machine?” by David Pogue:12月18日

      *      *      *

マイクロソフトは Windows Vista の「革新性」について誇らしげに語っている。(しかも Mac OS X に大きな借りがあることをおくびにも出さずにだ。)私がそれをチクリとやるビデオを作ったらたくさんの反応があった。コメントの書き込みが「どちらが優れているか」という論争に移行していったのも驚くにはあたらない。その論争はなかなか終わらないだろうが・・・

My recent video, which tweaked Microsoft for crowing about its “innovation” in Windows Vista (without acknowledging its huge debt to Mac OS X), triggered plenty of reaction. It probably comes as no surprise that your comments quickly devolved into “which is better” bickering, which will proably never end.

一部の読者は、アップルだって逆にマイクロソフトから同じように盗用していると怒り、ののしった。

Some of you claim, with much anger and swearing, that Apple steals from Microsoft just as much as the other way.

そんなときの私の答えはこうだ。「あなたのいうことは正しい。アップルがゼロから造ったものなんてとても少ない。マウス、メニュー、重なるウインドウ、CD ドライブ、ワイヤレス Wi-Fi など、これらはみな誰かが開発したものはかりだ。」

My response to one such response: “You’re right—very few things were actually invented wholesale by Apple. The mouse, menus, overlapping windows, the CD drive, Wi-Fi wireless, and so on—all of these things were developed elsewhere.

「しかしアップルはそれを『標準化』したのだ。特定のものを選択し、その可能性を見抜き、仕上げて、アップル流に造り直し、そして大衆にもたらした。」

“But Apple *standardized* them. Chose them, recognized their potential, perfected them, made them over in its own way, and brought them to the masses.

「ところが Vista でマイクロソフトがやったことといえば、まだ採用されていない機能を選んだ訳ではなかったし、何がうまくいき、何がそうでないかを見抜く力もなく、マイクロソフトとしての印をつけることもなかった。アップルが優れた技術を見抜いて、完成させるのを待ち、それをひとつひとつ模倣しただけのことだ。その挙げ句、厚かましくも自分たちは革新のリーダーだと主張したけれどね。これは大した違いじゃないか。」

“In Vista, on the other hand, Microsoft did not select unrecognized features, did not have any particular vision in knowing what would work and what wouldn’t, did not put its own stamp on anything. It simply waited for Apple to recognize and perfect good technologies, then duplicated them bit for bit. Oh, and then claim to be a leader in innovation. That’s quite a difference!”

今日こんなEメールが届いた。2003 年から 2004 年までマイクロソフトで臨時に働いたというひとからのものだ。名前は伏せておくことにした。

Then this e-mail message, which arrived today from a guy who says he worked as a Microsoft temp employee from 2003 to 2004. I’ve agreed not to publish his name.

「親愛なる David:12月14日の記事で、

マイクロソフトのマネージャが Mac OS X をみんなの前において、「これを真似しろ」とプログラマーにいっている感じがするのだ。

と書いていましたね。」

“Dear David: In your article on December 14, 2006, you stated: ‘You get the feeling that Microsoft’s managers put Mac OS X on an easel and told the programmers, ‘Copy that.’

「[マイクロソフトで仕事をしていたとき]私はマイクロソフトのほとんどのビルに入れるバッジをもらいました。私が目にしたのは、あるビルの廊下の壁にあった大きな格子状のボードでした。そこは Windows Media Player の仕事をしているエンジニアがいるところで、第50ビルの2階と3階です。」

“[When I worked at Microsoft,] I was given a badge that allowed me entry to all but a few of the Microsoft buildings. One of the things that caught my eye was a large grid on the wall of a hallway in the building that housed the engineers that worked on Windows Media Player—building 50, on the 2nd or 3rd floor.

battleship

「その格子には、戦艦ゲームのように上にはA・B・C・・・、左には上から1・2・3・・・と番号がふってありました。ひとつひとつのマス目の大きさは 8.5 x 11 インチサイズのページを横向きにおいた形で、それぞれにアップルの iTunes のカラーのスクリーンショットが張られていました。環境設定パネルの各ページから info ウインドウまで、あらゆるページのスクリーンショットです。」

“The grid was labeled across the top with A, B, C, etc., and down the left with 1,2,3, like a game of Battleship. The grid was made of 8.5×11-inch pages, landscape orientation, showing color screenshots from Apple’s iTunes software. Each sheet was a different screen of the application: each tab of a preference panel, each info window, everything.

「廊下を曲がるとまた別の格子状ボードがありました。こんどは RealPlayer のものです。A1 はユーザーが見る最初のページで、iTunes のボードと同じ配置になっています。」

“Around the corner was another grid, showing the RealPlayer application. This grid was the same: grid A1 was the front user view of the application, mirroring what was on the iTunes wall/grid.

「つぎの角を曲がると、また別のボードです。こんどはなんと Windows Media Player のバージョン9のものなんです。このボードにはいくつか欠けている部分があって、これを見ると[iTunes や RealPlayer の]どの機能が細部に至るまでコピーされたか、作業の進捗状況が分かるのです。」

“Around the next corner was *another* grid, this one showing Windows Media Player version 9 !! This one was missing a few tiles in the grid, but you could actually see the progress as each feature [of iTunes and RealPlayer] was copied, square for square.

「驚くじゃありませんか。新しいソフトが出ると、マネージャはそれをチェックして、カラーのスクリーンショットを撮るという創造的な仕事を一日中して、その結果をコピー・チーム・・・じゃなかった、エンジニア・チームに渡すのです。」

“Amazing. New software is put out, a manager sees it and decides that the creative part of their day is making color screen captures of the software and presenting it to the copying—er, engineering team.”

読者はこれを読んでどう思われるかだろうか。[意地悪な笑い]読者の反応を聞いてみたいと思った。これは合法的な行為だろうか。それとも、怒りの炎にまた火を注ぐことになるのだろうか。

I doubt you’ll have any reactions to THIS (evil grin), but thought I’d share it with you just the same. Could it be legit? Or are we being put on by yet another fanner of the flames?

      *      *      *

マイクロソフトの「創造的」作業がどういうものか目に浮かぶようではないか。

Jobs の例のビデオを思い出した。

それにしても、こんな激しい記事を書く David Pogue も、それを載せるニューヨークタイムズも、これはもう大変なものだ。

日本にもそういう日がくるのだろうか。

Technorati Tags: , , , ,

2006年 7月 28日

iPod キラー「Zune」の未来を占う

John Gruber が Zune について皮肉たっぷりな記事を書いている。

Daring FireballMagic 8-Ball Answers Your Questions Regarding Microsoft’s ‘Zune’” by John Gruber:7月25日

Magic 8-Ball[占い用のオモチャ]にその未来を占わせようというのだ。

      *      *      *

どこかで見たような・・・

ついにマイクロソフトは iPod/iTunes キラーの Zune プロジェクトが本物だと認めたわけだ。Zune については Engadget がこの数週間追いつづけてきたが、これは「音楽とエンターテインメント」のプロジェクトで、ポータブルプレーヤ、オンライン配信ストア、プレーヤにコンテンツを取り込み編集するソフトが全部一体になったものだ。専らマイクロソフトだけがこれを販売する。これって、どこかで聞いたような気がしないかい

Q:  So Microsoft has confirmed that Zune, the “iPod/iTunes killer” project that Engadget has been reporting on for a few weeks, is for real. It’s a “music and entertainment” project that will involve portable players, an online media store, and desktop software for managing media and getting content from the store onto the players; all of it integrated and all of it produced and sold exclusively by Microsoft themselves. Does this sound familiar?

Magic 8-Ball:ハイ、マッタクソノ通リデス。

A:  YES — DEFINITELY.

最初に Engadget がリークした Zune だという写真を見たかい。白いプラスチックでスクロールホイールもあって、これまたどこかで見たような気がしないかい?

Q:  Have you seen the photo of the first Zune gadget “leaked” to Engadget? Seems, uh, a bit familiar, too, what with the white plastic and scroll wheel:

Magic 8-Ball:ワタシノ見ルトコロデモ、ソウデス。

A:  AS I SEE IT, YES.

      *      *      *

このあと、Zune は iPod デザインのひどい物真似(rip-off)なので xPod ないしは Ipod(i が大文字なので、iPod とはまったく異なる名前だ!)と呼ぶべきだとしている。

      *      *      *

自己矛盾だ

Engadget によれば、Zune の機器やサービスはマイクロソフトの PlaysForSure プラットフォーム[WMAとの互換性を保証するマイクロソフトのプログラム]と別だというだけでなく、まったく互換性もないそうだ。Creative Labs や Napster のような、「PlaysForSure」のお仲間たちはさぞかしうれしいだろうねえ。

Q: According to Engadget, the Zune service and devices won’t just be separate from Microsoft’s PlaysForSure platform, they’ll be wholly incompatible with each other. I’ll bet that’s just delightful news to all of Microsoft’s “PlaysForSure” partners like Creative Labs and Napster.

Magic 8-Ball:確カニソウデス。

A: YOU MAY RELY ON IT.

でも Engadget によれば、「マイクロソフトは PlaysForSure の開発およびサポートを継続する。PlaysForSure に関するすべては全く独立した部門で取り仕切られ、他の部門とはいささかも重複しない」そうだ。これって、大会社官僚主義の症状が転移する典型的な例じゃないかしら。マイクロソフトの一部門が1億ドル以上を投じてメディアプレーヤのクローズドシステムを立ち上げる一方で、別の部門が門前市をなす PlaysForSure プラットフォームの「お仲間」に対しては、自社のメディアプレーヤ部門はあまりよくないというのだから。

Q: But yet Engadget reports, “Microsoft will continue to support and develop for their PlaysForSure initiative, but all things PlaysForSure are handled by [an] entirely separate division that will not have any crossover.” Is that not the epitome of metastatic corporate bureaucracy? One division within Microsoft spending $100 million or more to launch their own closed media player system; another division charged with lining up “partners” for the PlaysForSure platform that Microsoft’s own media player division deems not good enough.

Magic 8-Ball:ハイ。

A: YES.

お客さんを夕食に招いておいて、お客さんにはホットドッグをだし、自分たちはステーキを食べるみたいなものじゃないか。

Q: Isn’t that like inviting guests to your home for dinner and serving them hot dogs while you yourself eat a steak?

Magic 8-Ball:ワタシノ見ルトコロ、ソウデス。

A: AS I SEE IT, YES.

今やマイクロソフトは、すべてを自分でコントロールできるクローズドモデルの方がいいからと、自らのライセンスモデルを放棄する(少なくとも軽視する)わけだ。これまで専門家と称する連中はこの四年間ずっと iPod はもうダメになると宣(のたま)わってきた。これからは、アップルが1980年代にマッキントッシュで犯したのと同じ間違いを、マイクロソフトが今度は Zune によって犯したというようになるのだろうか。

Q: And so now that Microsoft is abandoning the licensing model (or at least deprecating it) in favor of a closed model that they completely control, will all those pundits who’ve been predicting doom for the iPod for the last four years declare that Microsoft, like Apple, is now making the same mistake with Zune that Apple made with the Macintosh in the 1980s?

Magic 8-Ball:ソウデハナイデショウ。

A: DON’T COUNT ON IT.

アホ。

Q: Jackasses.

Magic 8-Ball:確カニ。

A: WITHOUT A DOUBT.

      *      *      *

ベイパーウェアの類いか

別な言い方をすれば、マイクロソフトの例のお馴染みのベイバーウェア(vaporware)キャンベーンそっくりだ。出荷期日をひどく楽観的に見積もり(今年の11月)、iPod や iTunes に欠けている機能を挙げ連ねる(Wi-Fi、ソーシャルネットワーキング、ビデオゲームモード、調節可能なフェースプレート、Sirius や XM サテライトラジオ)という訳だ。きっと期日どおりに出荷され、すべての機能を備え、とても軽くて、薄くて、バッテリーの持続時間も長いことだろう。

Q: So in other words, this has all the hallmarks of a good old-fashioned Microsoft vaporware campaign: wildly optimistic ship date (“this November”) and a laundry list of features missing from the iPod and iTunes (Wi-Fi, social networking, a video game mode, adjustable faceplates, and maybe even Sirius and/or XM satellite radio). I’ll bet it will ship on schedule, with all those features, and will be lightweight, thin, and get great battery life.

Magic 8-Ball:トテモ疑ワシイ。

A: VERY DOUBTFUL.

皮肉をいってみたのさ。いいたかったのは、もう7月末で、写真や性能(腕に抱えきれないほど沢山)についてリークがあるのに、実際に動くプロトタイプを見たひとは誰もいないということだ。噂される機能のいくつか、例えばピアツーピアのファイルシェアリングやプロクシミティベース勧告を実現するには沢山の作業が必要じゃないのか。ほんとにクリスマスに間に合うよう出荷されるのだろうか。

Q: I was being sarcastic. My point is that it’s now late July, and despite the fact that there are leaked photos and a features list the length of your arm, no one has claimed to have actually seen a working prototype. And some of these proposed features, like peer-to-peer file sharing and proximity-based recommendations, sound rather like a lot of work. Do they honestly expect to have this on the shelves in time for Christmas?

Magic 8-Ball:ワタシノ答ハ「ノー」デス。

A: MY REPLY IS NO.

それじゃ、出荷は11月だ、それに性能は(つぎの iPod がどんなに頑張ったところで出来っこないような)スゴいものだとリークしておいて、Zune が出るのをみんなが待ってくれるように祈るということじゃないか。クリスマスシーズンに間に合わなくて2007年にずれ込んだとしても、あるいはまた約束した機能が盛り込まれなかったとしても、(Zune を出す意味は自分たちが隅から隅までコントロールできるシステムを出すということであるにも拘らず)自分たちのせいじゃない、とにかく待つだけの価値はあるのだ、というのだろうなあ。

Q: So what they’ve done is leak a November release date and a fantastic feature list — a feature list that the next batch of new iPods, no matter how cool, are unlikely to match — and hope that people will wait for the Zune. And then even when it misses the holiday season and slips into 2007, and won’t include all of the previously-promised features, they’ll say it wasn’t their fault (despite the fact that the whole point of the Zune platform model is that Microsoft controls the entire system) but that it’ll be worth the wait anyway. That sound right?

Magic 8-Ball:四囲ノ状況ヲ見ルニ、ソノヨウデス。

A: SIGNS POINT TO YES.

      *      *      *

ITMS 変換ソフト

噂される機能のひとつは ITMS converter だ。Zune ソフトが、iTunes のミュージックライブラリを覗いて ITMS から購入した曲を調べ、それとまったく同じ曲を Zune ミュージックストアで無料提供するという。レコード会社の勘定はマイクロソフトが持つのだそうだ。なかなか賢いやり方じゃないか。

Q: … One of their rumored features is an ITMS converter, where the Zune desktop app will go through your iTunes music library and look for songs purchased through the ITMS, and they’ll give you “free” versions of those same songs from the Zune music store, and Microsoft will just pick up the tab with the record labels. That’s actually a pretty clever idea, isn’t it?

Magic 8-Ball:ヨク分カリマセン。モウ一度オ願イシマス。

A: REPLY HAZY, TRY AGAIN.

「ITMS から買った曲ならそれをもう一曲マイクロソフトが買います」という噂のことさ。なかなか頭がいいじゃないか。

Q: Microsoft’s rumored “we’ll just buy them another copy of every song they bought from ITMS” feature — pretty clever, isn’t it?

Magic 8-Ball:確カニソウデス。

A: IT IS CERTAIN.

      *      *      *

Xbox の二の舞か

今度はハードウェアについて考えてみよう。もしマイクロソフトが本気なら、Xbox でやったのと同じことをやるだろう。400ドルの箱に800ドル分のパーツを詰め込んで、一台売れるたびに何百ドルも損を出す。マイクロソフトが最近出したもので成功したのは Xbox だけだという意地の悪い見方もあるが、Forbes 誌によるとその累積損失は2001〜2005年で40億ドルにもなるという。たいていの会社なら潰れてしまう額だが、マイクロソフトが溜め込んだ額に比べればほんの少しだ。アップルが同じことをやろうとしてもとても難しいだろうね。

Q: And hardware-wise, if they’re really serious about this, they’ll do what they’ve done with the Xbox: cram $800 worth of components into a $400 box and lose hundreds of dollars on each unit sold. There’s something perverse about the fact that the only recent brand-new product from Microsoft that’s considered a success is the Xbox, which according to Forbes lost $4 billion from 2001-2005. That’s enough money to sink most companies, but it was just a small slice of Microsoft’s cash hoard. A similar strategy with the Zune would prove difficult for Apple to follow, would it not?

Magic 8-Ball:キットソウデショウ。

A: MOST LIKELY.

一方、Xbox 360 は最初の Xbox に比べれば良くなったとはいうものの、PS2 や GameCube に比べればまだまだ大きく、ダサく、熱く、(ファンの音が)うるさい。ゲーセンにおくゲームマシンならOKだけれど、ポケットに入れて持ち運ぶメディアプレーヤとしてはとてもOKとはいえない。600億ドルの銀行預金をもってしても簡単・明瞭・エレガントなものを作る体質ができなかったのなら、もう金輪際ダメなんじゃないか。

Q: On the other hand, although the Xbox 360 is slicker than the original Xbox, it’s still bigger, clunkier, hotter, and louder (fan-wise) than the PS2 and GameCube. Those traits are OK for a game console that goes in your entertainment center, but they’re not OK for a portable media player that goes in your pocket. If their $60 billion bank account hasn’t yet helped Microsoft develop a penchant for the simplicity/clarity/elegance thing, it never will, will it?

Magic 8-Ball:見通シハアマリ良クアリマセン。

A: OUTLOOK NOT SO GOOD.

      *      *      *

Zune がマックでも動くようになるかどうか尋ねてもいいだろうか。

Q: Should I even bother asking whether Zune will work on the Mac?

Magic 8-Ball:今ハオ答エシナイ方ガイイト思イマス。

A: BETTER NOT TELL YOU NOW.

Technorati Tags: ,

2006年 5月 7日

マイクロソフトは本気だ

Filed under: マイクロソフト — shiro @ 23:07
Tags: , ,

microsoft_lab

インテルマックでウインドウズを動かそうという話ではない。

マイクロソフトでマック向けのソフトを開発している Microsoft Macintosh Business Unit(MacBU)の話だ。

あまり話題にならなかったけれど、少し前に MacBU の内部が紹介されたことがある。

MacBU の David Weiss が、写真付きの詳細な内部ツアーをブログに載せたのだ。

David Weiss:”A Tour of Microsoft’s Mac Lab“:4月19日

その記事を読んで、正直いって魂消(たまげ)た!

sandbox

MacBU のマックラボに置かれているマックの数が半端ではないのだ。古いマックから最新のものまで沢山あり、しかもそれが常時動いている。

マイクロソフトに対する見方が一変するような記事だ。

つい数か月前まで、我々のところには、これまでアップルがその黎明期から出したすべてのハードウェアが揃っていた。マックラボには「マック育児室」と愛情を込めて呼ばれている一角があるが、そこでは古いマックがちゃんと動いている。古い SE/30 や IIci、それにすごく高価な Mac II などが、 Spectre の動く PhoneNet で繋がっている。動かしているのは、まったく楽しみのためなのだけれど、これらの古いマシンで Word 1.0 や Excel 1.0 が動いているのを見るのはすごく楽しいし、その後の変化を実感させてくれる。

Up until a few months ago we had every significant hardware revision Apple has ever released since the dawn of time. We even had a section of the Lab we affectionately called the “Mac Nursery” where we kept all the older Macs going. We even had an old SE/30 and IIci and super expensive Mac II all connected via PhoneNet running Spectre, just for fun. It’s always super fun to boot Word 1.0 or Excel 1.0 on these old machines and see how much things have changed.

ラボには十分な広さがないので、以下のモデルは倉庫にしまっている。

Due to lack of space in the Lab we had to put all of these older machines into storage and recycled the following:

・・・といって、次のような古いマックがリストアップされている。

・Macintosh[初代マック]

・Macintosh SE

・Macintosh SE/30

・Macintosh Classic

・Macintosh Centris 610[Weiss が高校時代に使った機種]

・Macintosh IIci

・Macintosh IIsi

・Power Macintosh 7100/66

・Power Macintosh 7100/80

・Power Macintosh 7500/100

・Quadra 650

・Power Macintosh G3

・Duo Dock with Powerbook Duo 2300c

・Power Computing PowerCenter Pro 210

マックの中古販売店も顔負けだ。

マイクロソフトは、いや、マイクロソフトの MacBU は本気だ、と思った。

もちろんマックラボの目的は古いマシンをとっておくことではない。マック用のソフト「オフィス」(Mac Office)をテストするのが目的だ。200 台を超えるマックがサーバーに繋がれ、毎日作成される Mac Office のビルド(build)を自動的にテストするのだという。

Every day we get a new build of Office from the build machines, we copy it to our Xserve RAID connected to our dual G5 Xserve for access by our 249 automation machines. We then run thousands and thousands of tests on the new build. Typically we get 4 builds of Office each day: English Ship, English Debug, Japanese Ship and Japanese Debug. We run our entire battery of tests against all the builds and then report any failures to testers via email. The testers investigate the failures, log any bugs and then move on to their other duties as testers.

mac_mini_view

実際に作動しているマックの数もすごいが、圧巻は 150 台の Mac mini が連結され、ひとつのキーボードとモニターでコントロールされているところだろう。

mac_mini_control

ありとあらゆるプリンターが連結されて、みな動いているところもすごい。

print_lab

マイクロソフトというとアンチ・マックだと思い込んでいるひとにとってはすごいショックだろう。

このブログには 235 の書き込みがなされているが、率直な驚きを表しているものが多い。

Chris:考えてもみなかったマイクロソフトの一面だ。内部を見せてくれてありがとう。

Chris said…

That is one part of Microsoft I never really thought of. Thanks for showing us around!

Corsair:信じられない!とても楽しい仕事場のようにみえる。たとえマイクロソフトだとしても・・・

Corsair said…

That’s incredible! Looks like a very fun place to work. Even if it is Microsoft.

匿名:すごい! MS Office for Mac が動くようにするためカーテンの向こうでどんな作業が行われていたのか想像もできなかった。マックの忠実なユーザーとして、こんな内部ツアーをしてもらったことを心から感謝します。

Anonymous said…

Amazing! We users have no idea of how much work is done behind the curtains to make thigs like MS Office for Mac running. As a mac faithful I would like to thank you a lot for this trip.

・・・まさに、マイクロソフトの本気度が一目瞭然だ。

      *      *      *

実は、マックラボの様子を見て、別の意味で羨ましいと思った。

インテルマックへの移行に伴い、マックの世界が一変しつつある。

あれほど愛着を持った古いマックが、今や居場所がなくなり肩身の狭い思いをしている。

マック博物館のようなものが日本のどこかにあればいいなあと心から思う。

筆者の場合も、家中ごろごろしている古いマックをなんとかするよう家族の圧力が極限に達しつつある。

どのマックも、それに費やした時間と記憶はなにものにも代え難いのだが、そんな論理は家族には通じない。

かといって、クズ屋に叩き売る決心もつかなければ、Yahoo! のオークションに出すだけの甲斐性もない。

どこかマック博物館みたいな、寄贈できるところがあれは喜んで提供するのだが、そんな奇特なところもありそうにない。

アップルあたりがマック博物館的なものを考えてくれればいいとも思うけれど、古いレガシーマックを切り捨てていくアップルにはそれも望めまい。

MacBU のマックラボに、古き良き日のマックが勢揃いしているのをみて、心底羨ましいと思った。

Technorati Tags: ,

(more…)

2006年 5月 3日

アップルがデスクトップを制覇するための究極の秘策

appleadobe

Robert X. Cringely が連続して繰り出すパンチが冴えている。

先週 Cringely は、OS X 10.5 に Windows API を実装することによってマックで Windows が動くようにするだろうと書いた。

PBS:”Native Speaker: There May Be an End-run for Apple Around Windows After All” by Robert X. Cringely:4月20日

事情をよく知っていると自認するひとたちは、Cringely が書いたものを読むと居ても立ってもいられない気持ちになるようだ。「そんなバカなことがあるか」という訳だ。

Daring Fireball の John Gruber もそのひとりだ。

Daring Fireball:”Several Asinine and/or Risky Ideas Regarding Apple’s Strategy That Boot Camp Does Not Portend” by John Gruber:4月10日

Cringely のような輩(やから)は、マイクロソフトとアップルのことを大袈裟なドラマに仕立てて、テクノコラムを書くネタにしているのだと手厳しい。

いちばん直裁(ちょくさい)な反発を示したのは Buzz Out Loud の Veronica Belmont だろう。

Buzz Out Loud from CNET:”BuzzCast 04/21/06 – Tom is lazy“:4月22日[ポッドキャスト → Download MP3

そんなバカな! そんなこと起きるわけないでしょ。マイクロソフトが許さないわよ。・・・ 決して。 あ〜、クリンジリー、気が狂いそうだわ! 本当よ!

Stop being crazy!  That’s not going to happen.  Microsoft would not allow that happen…  There is no way.  Ah! Cringely, you drive me crazy! You really really do!

ポッドキャストのせいもあって、生の感情が良く伝わる。

      *      *      *

今週の Cringely は、アップルがデスクトップの覇権を握るための秘策を披露している。なんと Adobe を買収しろというのだ!

PBS:”Killer Apps: For Apple’s Windows Strategy to Work, It Must Replace Microsoft Office and Buy Adobe Systems” by Robert X. Cringely:4月27日

Cringely にペンを取らせた背景は二つある。ひとつは、マックで Windows が動くことをアップルが「公然と」(Boot Camp で)認めたこと。このあとアップルがどこへ向かうのか興味津々(しんしん)という訳だ。もう一つは、アップルが Apperture の開発チームの首をすげ替えたこと。いったい何があったかという訳だ。

      *      *      *

今週の Cringely のタイトルは「キラーアプリ」(Killer Apps)だ。

この大胆な戦略[注:Mac OS X に Windows API を実装する]は、来年一月に Windows Vista なるものが出荷されても、それは実のところ Windows XP SP4 に新しい名前を付けたにすぎないという非常に蓋然性(がいぜんせい)の高い予想を踏まえているものだ。マイクロソフトはあまりに肥大化し、麻痺しすぎたので、そうなる可能性が大なのだ。ここで欠けているのは、マイクロソフトの OS 戦略に対しアップルがどんなアプリケーション戦略(application strategy)で応えるかという視点だ。というのも、マイクロソフトの本当の力の源泉は Windows ではなく Microsoft Office にあるからだ。幸いなことに、アップルには「アプリケーション計画」があり、しかもそれが稼働中だと私は信ずる。それをここで説明していきたい。

This bold strategy is based on the high probability that — if something called Windows Vista ships at all next January — it will really be Windows XP SP4 with a new name. Microsoft is so bloated and paralyzed that this could happen, but what’s missing is an Apple application strategy to go with this operating system strategy, because Microsoft’s true power lies not in Windows, but in Microsoft Office. Fortunately for Apple, I believe there is an application plan in the works, and I will describe it here.

今日の Windows は以前に比べてセキュリティの面でより脆弱(ぜいじゃく)になっている。Windows は、上り坂の OS というより、それに堪えて付いていかなければならない代物(しろもの)になっている。

The two key differences between that time and this are that Apple isn’t IBM, and this isn’t 1989. Windows is far more vulnerable today than it was then from a security standpoint. Rather than being an OS on the way up, as it was then, today Windows is the OS we tolerate.

Microsoft Office がなければ、マイクロソフトは時代遅れで安全性に欠ける OS を持った会社というに過ぎない。もしアップルが、本気で Windows ユーザーを獲得する気があり、そのためにはマイクロソフトと真正面からぶっつかることも辞さないということなら、アップル版の Office を作るという考えを場合によっては引っ込めて、ウインドウズ版の Office が不思議なことにマックでも動くと認めるぐらいでなければならない。もっとも、そうなりそうにない理由はいっぱいある。マイクロソフトがインテルマック用 Mac Office に力を入れる(それは Windows が動くということでもあるのだが)というのもそのひとつだ。そんな Office は[異なるプラットフォームにまたがる]ハイブリッド製品であり、ウインドウズ版より見栄えがよく、尚かつ 100 %の互換性があり、しかもマイクロソフトに新規に大きな利益をもたらすのだ。これこそマイクロソフトがアップルに対して破壊的行為に出るのを防ぐニンジンの役割を果たすものだ。

Without Office, Microsoft is just a company with an archaic and insecure OS. If Apple does go ahead to compete head-to-head with Microsoft for Microsoft’s own Windows customers, Cupertino will have to be ready in case Mac Office is withdrawn and Windows Office mysteriously breaks on Apple hardware. There is a good likelihood this won’t happen, especially if Microsoft can find a way to rev Mac Office for IntelMacs sorta running Windows — a hybrid product that would look better than the Windows version while retaining 100 percent compatibility and generating an enormous new revenue stream for Redmond. This is the carrot Apple will use to keep Microsoft from doing something truly destructive.

しかしながら、Microsoft Office の代替品を作ったからといって問題が解決する訳ではない。アップルのアプリケーション構成にはまだ脆弱性(application vulnerability)がある。一般事務ソフトについてマイクロソフトに頼っているように、コアとなるメディアやグラフィックソフトについても、アップルは Adobe に頼っているのだ。

But finding an alternative to Microsoft Office won’t fully solve Apple’s application vulnerability. That’s because for its core media and graphics markets Apple is as dependent on Adobe as it is Microsoft for the general office market. And now that Adobe owns Macromedia, Apple is even more vulnerable.

それなのに、Adobe はアップルと一定の距離を置いているようにみえる。

Steve Jobs は、Windows のアプリケーションがアップルのハイブリッドなプラットフォームで猛烈なスピードで動くことを望む一方、そのソフトがクズみたいなひどいものに見えることも望んでいる。単に抜け穴をうまく利用してではなく、実力でマイクロソフトを打ち負かしたいと、Jobs は心の奥底で思っているのだ。したがって、OS X のソフトを作っている独立系ソフトウェア会社(ISV = Independent Software Vendors)の筆頭については、これからも OS X のソフトを作り続けてもらわなければ困るのだ。他でもない、Adobe のことをいっているのだ。

Steve wants Windows applications to run like crazy on his hybrid platform but to look like crap. In his heart of hearts, he’d still like to beat Microsoft on the merits, not just by leveraging some clever loophole. So he needs the top ISVs who are currently writing for OS X to continue writing for OS X, and that especially means Adobe.

ma

確実にそうする方法はたったひとつしかない。アップルが Adobe を買収することだ。

There’s only one way to make that happen for sure, and that’s for Apple to buy Adobe.

・・・Adobe 買収案はこういうことなのだ。

アップルにはたっぷりカネがあるから、難しいことではない。マーケットだってよろこぶだろう。そうなれば、Adobe の Premiere はやめて Final Cut Pro の勝ちになるだろうし、Aperture はボツにして Photoshop が王座を占めることになるだろう、と Cringely はいう。

そして、最後をつぎのように結ぶ。

ほら、今週アップルが Aperture 開発チームを全員首にしたというもそういう訳じゃないのか。

Hey, could that be why Apple is rumored to have this week just laid-off its entire Aperture development group?

かもしれないぞ。

Could be.

      *      *      *

ここでは割愛したが、マイクロソフトがマック版 Internet Explorer から手を引くのに備えて Safari を開発したことや、インテルから AMD へのスイッチをも視野に入れたコンティンジェンシープラン(非常事態計画、contingency plan)について言及しているところもおもしろい。

本当の意味でのオープンフォーマットとは、ソフトメーカーがなくなってもなおドキュメントファイルが読めるようなものでなくてはならないと論じているところや、それにも拘らずオープンという点で問題のあるマイクロソフトの Open XML format(次期 Office バージョンに搭載予定)をアップルが支持し、なおかつ ECMA への提出まで支持した背景にある深謀遠慮に触れているところも実に興味深い。

例によって、Cringely 流のおもしろい話がこれでもかと随所にちりばめられているが、残念ながらここでは割愛する。

Cringely の面目躍如(めんもくやくじょ)というところだが、こんどはどんな「反発」を招くだろうか。

Technorati Tags: , , , , , , ,

2005年 11月 18日

Steve Ballmer の眼力とダンス

いやあ、圧倒的迫力だ。度肝を抜かれること間違いない。

とにかく Solid Inspiration Blog を訪れて、自分自身の目で確かめていただきたい。

Steve Ballmer going crazy | YouTube]

いつも楽しいブログだが今回はまた格別。Solid Inspiration 氏の文章も実に絵画的で目に浮かぶようだ。

モンキーダンスは絶対の必見。もう、ことばがない・・・

また Steve Ballmer の「眼力(めぢから)」もすごい。

なにしろ Solid Inspiration 氏が前から4列目の席で確かめたというのだから間違いない。

あとは何をいっても余分、何を書いても蛇足だ。

蛇足:

モンキーダンスはほかにもある → NTK’s CEO of The Dance Page

また「眼力(めぢから)」についてはここも参照 → Uncyclopedia の Steve Ballmer の項

最近ご難続きのマイクロソフトについては → Microsoft’s Bad Press

スーパースター Ballmer の remix については → Steve Ballmer Remix

Technorati Tags: , ,