maclalalaweblog

2006年 8月 26日

Back to the Future: 1997

future

以前プレゼンテーションについてすばらしい記事を書いた Garr Reynolds 氏が、また Steve Jobs について書いている。

Presentation Zen:”Steve Jobs and the summer keynote” by Garr Reynolds:8月11日

      *      *      *

ご承知のとおり、月曜日、サンフランシスコのモスコーニセンターで、Steve Jobs は 2006 年度の WWDC キーノートを行った。すでに沢山の記事が書かれているのでここでは繰り返さない。Steve の正統派のやり方については何度も何度も書いてきた。彼は最高だ。それなのに、沢山のひとがキーノートの内容についても、プレゼンテーションのやり方についても失望したというのは興味深いことだ。私としては奇妙に感じるが、驚くべきことではないのかもしれない。確かにこれまでに比べ、2006 年の WWDC のキーノートはいささか精彩を欠いたかもしれない。しかし、それは彼(ら)がいつもいまいましいほどうまいからだ。全体的にみて、やはり卓越した例だったといいたい。大勢のひとに向かって、如何に材料を発表し、短いデモを行うかというすばらしいお手本だ。他の会社のキーノートと比べてほしい。たいていひどいものだ。月曜日に Jobs とその仲間たちは立派にやってのけた。月曜日のキーノートについては、Macworld の Chris Breen が大変すばらしい記事を書いている。また、Les Posen のコメントも興味深い。

jobs_execs

As you know, Steve Jobs gave his WWDC ’06 keynote presentation Monday at the Moscone Center in San Francisco. Many people have written about it, so I won’t go in to any depth here as I have talked about Steve’s authentic approach many, many, many times before. He’s the best. Interestingly, many in the media were disappointed in the keynote, both the content and the delivery of the presentation. I find this odd, but I guess I should not be surprised. Sure, the WWDC ’06 keynote may have paled a bit when compared to other Jobs keynotes, but that’s just because they (and he) are always so friggin’ good. All ‘n all, I’d say it was still another great example of how to run short demos and present material to a very large room. Compared to the majority of corporate keynote addresses, which are dreadful, Jobs and his staff did a good job Monday. Here’s the most intelligent piece on Jobs’ keynote Monday by Macworld’s Chris Breen. (Also interesting comments by Les Posen).

      *      *      *

今年の夏のキーノートについて触れる代わりに、Steve Jobs のキーノートで、多分あなたが(お聞きになったことはあるかもしれないが)ご覧になったことがないものについてお話したい。・・・ 1997 年夏のことだ。窮地に立たされたアップルに Steve Jobs が戻ってきた。まだ、CEO ではなかった。Gil Amelio が身を引いた後、CEO や会長はまだ決まっていなかった。(その後誰がなったかはお分かりだろう。)ボストンで 1997 年に Macworld が行われたとき、アップルはまったく先行き不透明だった。当時のメディアは、アップルはもう終わったと思っていた。忠実なるマックファンですら、技術的なことが分かり、ブランドの何たるかが分かるひとは心配し始めていた。この Wired マガジンの表紙が一番よく物語っていると思う。そんな中で Steve Jobs は、35分の Macworld キーノートを行ったのだ。とくに魅力的な製品発表があった訳でもなかったが、これまで Macworld で Steve Jobs が行った一番いいスピーチのひとつだ。

jobs

Instead of talking about this summer’s keynote, I’d like to point you to a Steve Jobs Macworld keynote you probably have never seen, though you may have heard about it… In the summer of 1997, Steve Jobs was back in the saddle again at the “beleaguered” Apple, though not yet as CEO. In fact, no CEO or Chair had been named yet since Gil Amelio was asked to step down (guess who would eventually take these titles). At the time of Macworld Boston in 1997, Apple’s future was not at all certain. The press thought they were dead, and even Mac loyalist who knew the technology and what the brand meant were beginning to worry. Perhaps this Wired magazine cover sums it up best. In this context, then, Steve Jobs delivered a 35-minute Macworld keynote address. No sexy product launches, but one of the best talks by Steve Jobs at a Macworld ever.

このプレゼンテーションは、これからお話するように、いくつもの点で歴史的なものだった。私がとくに好きなのは、(私の左脳を満足させるほど)短く、論理的かつ理にかなったもので、それと同時に(私の感情を満足させるほど)希望と共感と、そして未来に対する明るい気持ちに満たされたものだったことだ。出来のいいビデオがいいタイミングでキーノートに挿入されて、彼のメッセージに力と真実味を与えた。プレゼンテーションを行うひとは、戦略的に十分に練られ、かつ内容的に関連のあるビデオをプレゼンテーションで使ってほしいと思う。

boston

… This presentation is historic, for more reasons than one, as you will see. But I like it most because it’s short, logical and reasonable (satisfying my left brain), and yet filled with hope, empathy, and optimism (satisfying my whole mind). The use of a well-made video in the middle of the keynote was well placed and added strength and credibility to his message. I wish other presenters would make better use of strategically placed relevant videos within their presentations.

Jobs は、司会の「満場のみなさん、Jobs 氏をご紹介するのはまことに光栄です」ということばに続いて、「おはよう」と短く切り出す。今見ても、私はそこが好きだ。なにか不都合があるといっているのではない。シンプルで控えめな Jobs の始め方が好きなのだ。Jobs は舞台に(たいてい満場の拍手を受けながら)足を進め、そして語り始める。他の有名な CEO の始め方がいかに禅の簡潔さにふさわしくないものか比べてほしい。

…. Today, I like the fact that Jobs starts his presentations with a simple “good morning,” rather than the usual “Ladies and gentlemen, please welcome….” over the PA and the “It’s an honor to be here…” from the presenter. I am not suggesting there is anything wrong with this, but I like the simple and humble beginnings of the Jobs keynote; he just walks on stage (often to thunderous applause) and gets started. Contrast this to the more unzen-like introductions of some other famous CEOs.

1997 年のキーノートの最後のところが私は一番好きなだ。ビデオの36分目の Jobs の結びのことばを聞いてほしい。彼がここで語ったことの真髄は、その後受賞に輝く「Think Different」キャンペーンで何度も何度も繰り返されることになる。(「Behind “Think Different”」は大変よく書けているので、ブランド戦略に興味のある方は是非読んでほしい。)Jobs の結びのことばの一部を次ぎに掲げる。

Mt favorite part of the 1997 keynote is at the end. Go to the 36:00 min mark to hear Jobs conclude his talk. The essence of what he says here will play out over the next year in the award-winning Think Different campaign. (Read Behind “Think Different” — excellent stuff for those interested in branding or marcom). Here’s an excerpt from Jobs’ closing comments:

think_different

今でもアップルコンピュータを買うには、みんなと違う考え方をする必要がある。アップルコンピュータを買うひとはみんなと違った考え方をする・・・ 彼らこそこの世におけるクリエイティブな精神なのだ。ただ仕事さえすればいいというのではない。彼らは世界を変えるのだ・・・ 多くの場合、みんなは彼らのことをクレージーだと考える。しかしそのクレージーさの中に、われわれは天才を見る。そして、そういうひとたちのためのツールをわれわれは作っているのだ。(1997 年 Macworld、Steve Jobs)

“…You still have to think differently to buy an Apple computer. The people who do buy them do think differently…they are the creative spirits of this world. They’re the people who are not just out to get a job done, they are out to change the world…A lot of times people think they’re crazy. But in that craziness, we see genius. And those are the people we’re making tools for.”

— Steve Jobs, Macworld 1997

もしこれが、あなたの耳には傲慢に聞こえ、あるいは古びた宣伝文句としか聞こえないというのなら、あなたはアップルとその忠実なユーザーについてよく理解していない。確かに Jobs は文章をよく練ったかもしれない。しかし彼は、文章をそのまま読んだり、暗記した文章を繰り返したりはしなかった。すくなくともそうは見えなかった。そして、そこが大事なのだ。彼は腹の底から、心の底から語っているようだった。アップルがどん底にあったとき、そのとき彼はボストンの舞台で語った。そして Jobs のスピーチは、忠実なユーザーたちがまさにそのとき必要としていたものを与えたのだ。厳しい現実の認識と、将来の計画と、そしてインスピレーションと信頼だ。忠実なユーザーがアップルの大義に身を委ねたことが無駄ではなかったと語りかけるものだ。その後九年経って、これほど立派にアップルが成し遂げるとは誰も想像し、予測することができなかった。Jobs と忠実なマックユーザーを別にすれば・・・ 彼らはそうなることを知っていたのだ。そうじゃないか。

If you think this sounds like hubris or just plain old marketing crappola, then you don’t really understand Apple and its loyal base. Perhaps Jobs planned these words out, but he was in no way reading them or repeating a memorized script, at least it did not appear that way (which is the point). It came across as coming straight from his gut, from his heart. He spoke on that stage in Boston at a time when Apple was at one of its lowest points. And yet Jobs’ presentation gave the loyal base exactly what they needed then: a hard dose of reality coupled with a plan, and an injection of inspiration and confidence that said the loyal users’ commitment to “the cause” was not in vain. Nine years later, I’d say Apple has done even better than anyone had dreamed or predicted, except, of course, for Jobs and the Mac faithful. They knew it all along (right?).

      *      *      *

Jobs の歴史的キーノートもすばらしいが、Garr Reynolds 氏の文章もすばらしいと思う。この文章自体がすばらしいプレゼンテーションだ。

Garr Reynolds 氏は、心底マックファンなのだろう。

1997 年の歴史的キーノートを、YouTube で是非ご覧いただきたい。

YouTube:”Macworld Boston 1997 – Full Version“:2006年3月6日

こんな歴史的資料までみつかる YouTube は、最早おもしろテレビの域を抜け出してきているようだ。

      *      *      *

参考:

・Presentation Zen:”Steve Jobs and the summer keynote” by Garr Reynolds:8月11日
・YouTube:”Macworld Boston 1997 – Full Version“:2006年3月6日

Technorati Tags: , , , , ,

2006年 8月 25日

膨らみ過ぎた期待

Filed under: アップル,イベント,ウワサ — shiro @ 19:00
Tags: , ,

apple_logo

先日の WWDC の発表にがっかりしたって? 問題は発表された内容じゃなく、あなたの過度の期待にあったのじゃないか、と Macworld の Christopher Breen はいう。

Macworld:”Not-so-great expectations” by Christopher Breen:8月8日

      *      *      *

私にとって、月曜日の WWDC キーノートは完璧に満足のいくものだった。たぶん、新しい iPod とか、アップルブランドの携帯電話、同じくアップルブランドの tablet コンピュータやマルチメディアボックス、それにアップルブランドの健康冷凍食品など、そんなものを期待していなかったためだろう。私にとっては期待どおりのものだった。 Mac Pro や Xserve というインテルマックへの移行完了であり、Leopard の新しい機能の一部を垣間みたことだ。

In my mind, Monday’s offering was a perfectly satisfactory keynote. But maybe that’s because I wasn’t expecting a new iPod, an Apple-branded phone, an Apple-branded tablet computing device, an Apple-branded multimedia set-top box, and Apple-branded line of organic frozen foods. I was expecting pretty much what I got—the completion of the Intel-based Macintosh line with the introduction of the Mac Pro and Xserve and a glimpse at some of Leopard’s new features.

十分注意して見ていれば、物事の進み具合は最近は予想したとおりになるのだ。アップルがどこで、なぜ発表やキーノートを行うのか、あなたにはよく分からない、ミステリーだというのなら、一年のサイクルにしたがって、はっきりと説明してあげよう。

And honestly, if you pay attention, that’s pretty much how things are done these days. If the whys and wherefores of Apple’s announcements and keynotes are a mystery to you, let me spell it out clearly by the seasonal year:

      *      *      *

冬:Macworld Expo

mwsf06

Expo はコンシューマのためのショーだ。クールで比較的軽いものが発表される。ここで発表される確率が高いのは、新しい Mac や iPod、iLife/iWork のアップデート、iChat のようなコンシューマ的アプリのカスタマイズ、それにコンシューマの視点からみた次期 OS の新しい機能(直前の夏の WWDC はデベロッパの視点からみたもの)などだ。もし「One More Thing」があるとすれば、このキーノートで登場する可能性が一番高い。

Winter: Macworld Expo

Expo is the “consumer’s show,” the exposition where Apple shows off cooler and lighter fare. Here you can expect announcements of brand new Macs, iPods, iLife/iWork updates, consumery application tweaks (iChat, for example), and the consumer’s look at an upcoming major revision of the Mac OS (following the Developer’s look at WWDC the previous summer). If there’s going to be a “One More Thing” slide, this is the keynote in which it will most likely appear.

冬:全米楽器商協会(NAMM)ショー

このトレードショーは Macworld Expo の数週間あとに行われる。ここでは音楽関連のアプリケーション(主として Logic Pro や Logic Express)とかハードウェアが発表される。

Winter: National Association of Music Merchants (NAMM) Show

At this trade show taking place a couple of weeks after Macworld Expo, Apple shows off its music-related applications—largely Logic Pro and Logic Express—and some of its hardware.

初春:全米放送事業者協会(NAB)大会

この催しでは、アップルのプロ向けビデオ制作アプリケーションに関連したものが期待される。

Early Spring: National Association of Broadcasters (NAB) convention

Look for announcements and releases related to Apple’s pro video applications at this event.

晩春:学校関係の購買時期

アップルが教育機関向けに新しいマックを準備中なら、この時期に耳にすることになる。

Late Spring: School buying season

If Apple’s got a new Mac for schools in the pipeline, this is when you’ll hear about it.

夏:WWDC

wwdc06

夏の Macworld Expo はなくなったので、年一度の WWDC(Worldwide Developer Conference)の機会を使ってアップルは、デペロッバ向けに情報をアップデートしたり、主要メディア向けにアップルの最新事情を説明する。WWDC の焦点はデベロッパにあるので、Jobs は純粋にコンシューマ向けのもの(iPod や iLife など)を避けて、ハイエンドのハードウェアとか OS の世界の話に時間を割く。今週の発表がそうだった。

Summer: WWDC

Now that there is no summer Macworld Expo, Apple uses its annual Worldwide Developer Conference to update developers and the mainstream press on what it’s up to. Because the focus of WWDC is developers, Jobs tends to stay away from strictly consumer items like the iPod and iLife and, instead, spends time talking about the company’s high-end hardware and OS space, as illustrated by this week’s unveilings.

アップルは、スペシャルイベントをやると発表するだけで、いつでも好きな時期に主要メディアの注目を集めることが可能になった。WWDC の最後に「One more thing」を必要とする時代は終わったのだ。

Apple is now in a position to muster the attention of the mainstream press at any time of its choosing by announcing a special event. The days when Jobs needs to tack on a “One more thing” to the end of a WWDC keynote are over.

初秋:フランスの Apple Expo

アップルは、欧州マーケットの状況(例えば EU における iTunes や Apple Store の拡大ぶり)を説明するためパリに行くのが通例だ。WWDC キーノートで発表したことの焼き直しをやることもある。アップルは好きなときにスペシャルイベントを満席にできるので、フランスでの Apple Expo はビッグな発表をする場ではなくなった。

Early Autumn: Apple Expo France

Apple generally uses its time in Paris to talk up what it’s doing in the European market—iTunes and Apple Store expansion in the EU, for example. You may also get a rehash of some of the material offered during the WWDC keynote. Now that Apple can call well-attended special events, Apple Expo France isn’t the place to look for Big Announcements.

中秋:コンシューマ製品のスペシャルイベント

クリスマスツリーの下におく商品[注:クリスマスプレゼント]にしてもらいたいと思う会社ならどこでそうだが、クリスマスに間に合うようにホットで新しい製品を出す必要があることをアップルも心得ている。9月、10月は、アップルが新しい iPod やピカピカの製品を発表する月だ。

Mid-Autumn: Special events for consumer products

Like any other company whose products are likely to be found under December’s decapitated Douglas Fir, Apple understands the need to have hot new products out in time for the High Holidays. September and October are the months when Apple creates special events to announce and release new iPods and other consumer gewgaws.

中秋:オーディオ技術学会 AES)大会

アップルは10月の AES 大会によく出展する。プロ向けのオーディオソフト(Logic や Soundtrack)やハイエンドのビデオソフト、より強力なコンピュータなどをそこで出展する。

Mid-Autumn: Audio Engineering Society (AES) convention

Apple is generally well represented at October’s AES convention where it shows off its professional audio applications (Logic and Soundtrack), high-end video applications, and more-powerful computers.

こうしてまた Macworld Expo に戻り、新しいサイクルが始まる。

And then back to Macworld Expo where the cycle begins anew.

      *      *      *

アップルが革新的で、極端に秘密主義だからといって、そのやることが予測できないという訳ではない。次にくるプレゼンテーションで発表される基本的なものがなにかということは、アップルの製品とプレゼンテーションのサイクルを併せ考えればある程度合理的に予想がつく。そういう過去の例がたくさんあるのだ。それ以上のこと、即ちガッカリするのを避けるコツは、理不尽に膨らむ期待を抑えることだ。

Just because Apple’s innovative (and highly secretive) doesn’t make its actions unpredictable. We’ve had plenty of evidence of how Apple’s product and presentation cycles work to make reasonable guesses about the fundamental elements of upcoming presentations. Beyond that, the trick to avoiding disappointment is keeping unreasonable expectations in check.

      *      *      *

このサイクルでいうと、次はフランスの Apple Expo だ。

過度の期待を煽るものが出てきたら、ご用心、ご用心!

Technorati Tags: , , ,

2006年 1月 3日

背広を着た Steve Jobs

Filed under: ひと,映像,本・雑誌 — shiro @ 16:04
Tags: , ,

Steve Jobs といえば、黒のタートルネックとジーンズがトレードマークだが、背広を着ている Jobs の珍しい写真がある。

jobs1984

Macworld 誌第一号の表紙だ。

思い出して、昔のものを詰め込んだほこりだらけの段ボール箱を引っ張りだしてみた。

あった、あった、Macworld がでてきた。表紙の Jobs はとても若くて、確かに背広を着ている。

次号が May/June 号となっているから、Premier Issue は 1984 年の4月に出たのだろう。執筆者には、Lon Poole、 Daniel Farber、Matthew Douglas、David Bunnell、Jeffrey S. Young、Andrew Fluegelman、Andrew T. Williams という面々が顔を連ねている。内部のロジックボードの写真や、Bill Gates のインタビューまである。いやもう、懐かしいの一語に尽きる。

ほかにも MacUser の Premier Issue(1985 年 10 月)やら、ユーザークラブ(MUG)の会報、当時の新聞雑誌の切り抜きなど、マックがこの世に登場したころの懐かしいあれやこれやが出てきた。マックのメモラビリア(memorabilia)だ。

新聞雑誌の切り抜きをみると、John Markoff(ニューヨークタイムズ)、Walt Mossberg(ウォールストリートジャーナル)、John Dvorak(Infoworld)などが活躍を始めたころだ。

懐かしくて拾い読みしていたら、また家族の一喝を受けた。暮れの掃除すら済んでいないのに、新年早々ゴミを広げるのかという訳だ。

捨てきれない古いマックがゴロゴロしていて、それでなくても貴重な家のスペースを占拠している。(初代 128K マックは、後生大事にアメリカから持って帰ったが、親戚にあげたらいつの間にやらゴミ屋に出されていた。これは惜しかった。)

自分にとっては懐かしいマック・メモラビリアでも、家族にとっては単なるゴミに過ぎず、それを云々されると弱い。今や昔の遺物など振り返えるひとは誰もいなくなった。

言われるとおりに、早々に詰め直してまた物置に放り込んだ。

参考:

・The Unofficial Apple Weblog:”Jobs in a suit” by C.K. Sample, III:1月2日

・digg:”Cover of Premier Issue of 1984 Macworld with a Young Steve Jobs” by CLIFFosakaJAPAN:1月2日

Macworld 誌の表紙(原寸大)

Technorati Tags: