maclalalaweblog

2006年 11月 19日

8コアのその先は・・・

Filed under: ハードウェア,マック — shiro @ 16:25
Tags: , , , , ,

8coresMac

インテルのクワッドコアプロセッサ(Clovertown)が発表されたばかりなのに、もうクワッドコアを二つ積んだ8コア(4コア×2)の Mac Pro が登場した。

ただしアップルが出したのではない。ハッカーやハードコアゲーマーでもなく、なんと正統派メディアの CNET がプロセッサの換装とベンチマークテストをやってのけたのだ。

Infinite Loop:”Octuple your pleasure in the Mac Pro, this time with benchmarks” by Jeff Smykil:11月16日

      *      *      *

Anadtech の試み

近々出るインテルのクワッドコア(quad-core)プロセッサ Clovertown を Anandtech がテストしたという9月のニュースを覚えているだろうか。Anadtech の試みはうまくいったが、みんなの好きなベンチマークについてはあまり触れていなかった。

You might remember back in September that we reported that Anandtech had tested the upcoming Clovertown, Intel’s quad-core CPU, in the Apple Mac Pro. You might also remember that Anadtech was sucessful in their endeavor, but they were a little sparse on what many of you love: benchmarking.

Clovertown の換装

4_core

心配はいらない。CNET が Mac Pro の保証を無効にしてまで、Xeon 5355 プロセッサ(コード名中毒のひとのためにいえば Clovertown だ)を二つ差し替え、そこそこの 2.6GHzのスピードで走らせてくれたのだ。

Well have no fear, because CNet has gone and voided their Mac Pro warranty by sticking a couple of Xeon 5355 processors—Clovertowns for you code name junkies—running at a not-to-shabby 2.6GHz.

ベンチマーク

ベンチマークを測るという試みは、PyMOL 生体分子構造グラフィックス(PyMOL molecular-modeling rendering test)の人気が出たことで始まった。驚いたことに、2.6GHz、8コアで作動する Mac Pro より、3.0 および 2.6GHz で作動する4コアマシンの方がスピードが勝(まさ)っているのだ。この状況はどのベンチマークでもほとんど同じだ。すなわち、マルチスレッドのアプリケーションでは8コアが勝(まさ)るが、すべてのコアのフル稼働を要しない Quake FPS[注:Doom と並ぶファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)](これ以上にベンチマークを必要とするものがあるだろうか)や iTunes のエンコーディングなどでは4コアマシンが勝るのだ。

The benchmarking adventure begins with the ever-so-popular PyMOL molecular-modeling rendering test in which, surprise, the Mac Pro running at 2.6GHz with 8 cores pretty much owned the 4-core machines running at 3.0 and 2.6GHz. The story is the same in most of the benchmarks—the 8 core machine wins in the multithreaded applications but the 4 core machine wins in things that don’t take advantage of every core available like Quake FPS (do you really need any other benchmark?) and iTunes encoding.

それだけの価値はあるか

アップルが直ちにクワッドコアのバンドワゴンに飛びつくとは思えない。現時点では、アップルにとってもほとんどのユーザーにとってもあまり得るところがないからだ。科学計算の世界を除けば、ほとんどのアプリケーションは4コアは勿論のこと2コアの恩恵すら与(あずか)っていないのだ。クワッドコアチップのコストは大変高額になると思われるが、ユーザーが実感できない程度の性能向上ではほとんどメリットはないと思われる。たぶん可能性として考えられるのは、Mac Pro ラインより前に XServe ラインにクワッドコアチップが搭載されるのが先だろうということだ。それも時が経ってみなければ分からない。

I don’t see Apple jumping on the quad-core bandwagon any time soon. There isn’t much in it, at this point, for Apple or most consumers. Most applications, bar those that are used in the scientific world, don’t take advantage of 2 cores, let alone 4 per processor. The elevated cost of the new quad core chips likely wont be worth the performance boost most users won’t even see from all those cores. Perhaps a more likely scenario will be seeing quad core chips in the XServe line before we ever see them in the Mac Pro line, but only time will tell.

      *      *      *

元になっている CNET Labs のベンチマークテストはつぎのとおりだ。

CNET:”The unofficial eight-core Apple Mac Pro” by Daniel A. Begun:11月13日

CNET Labs:”アップル非公認「8コア Mac Pro–CNET Labsでさっそくベンチマーク“:11月17日[坂和敏訳]

      *      *      *

Xeon 5355で換装

clovertown-1

Mac Proに搭載されたXeon 5160と、新登場したXeon 5355は同じソケットにさせることから、CNET Labsではこの換装を思い立ったらしい。そして、2つあるデュアルコアチップをそれぞれ4コアチップに載せ換え、以下5つの異なる構成のマシンで比較を行ったという(Windows XP稼働マシンについてはBootCampを利用、またIntel QX6700 4コアは他社製マシンを使用。システム構成の詳細は文末を参照のこと)。[坂和敏訳]

Today marks Intel’s first official day of the quad-core processor era with the release of quad-core processors for enthusiasts (the Intel Core 2 Extreme QX6700) and for servers and workstations (the Intel Xeon 5355)–and Intel was kind enough to supply CNET Labs with a pair of 2.66GHz Xeon 5355 processors. As the Xeon 5355 is pin-compatible with the Xeon 5160 processors that came installed in our Mac Pro, we proceeded to swap out the two dual-core processors with the new quad-core processors.

      *      *      *

結果は・・・

PyMOL_test

以上のような結果をふまえ、CNET Labsでは、「8コアは(少なくとも現時点では)やり過ぎ」としながら、「今後マルチスレッド/マルチプロセッサをサポートするアプリケーションが増えていけば、4ないし8コアといったマルチコアプロセッサのもたらす威力も実感されるだろう」との結論を出している。[坂和敏訳]

It will be interesting to see how long it is before Apple migrates the Mac Pro over to the new quad-core Xeon chip and makes an eight-core system publicly available. But unless you do work normally relegated to high-end workstations, perform massively multitasking workloads, or just want the bragging rights, eight cores is definitely overkill…at least for now. As more applications become available that support multithreading across multiple processing cores, the benefits of quad- and octo-cores will be realized.

      *      *      *

ハッカーでもなくゲーマーでもない CNET が火をつけたことは、この先にあるものを暗示させるような気がする。

インテルが新しいチップを投入するたびに、望むと望まざるとに拘らずアップルはそれに対応していかなければならない。

Dual-Core Xeon の Mac Pro がやっとユーザーの手に届こうとしているその矢先に、みんなの目は4コア、8コアに向いてしまう。

アップルがやるとなれば、チップの換装だけでは済まされない。マザーボードや OS、アプリケーションに至るまで、新しいチップが効果を発揮するものでなければならない。アップルといえども容易なことではあるまい。

アップルの意図とは別のところで、新しいプロセッサへの圧力が増していくのだ。

インテル移行で行き着いたその先には、どんな未来が開けるのだろうか。

      *      *      *

参考:

8コア Mac Pro —

・Infinite Loop:”Octuple your pleasure in the Mac Pro, this time with benchmarks” by Jeff Smykil:11月16日
・CNET:”The unofficial eight-core Apple Mac Pro” by Daniel A. Begun:11月13日
・CNET Labs:”アップル非公認「8コア Mac Pro–CNET Labsでさっそくベンチマーク“:11月17日[坂和敏訳]
・ZDNet:”Benchmarks: the unofficial eight-core Mac Pro” by Daniel A. Begun [CNET]:11月14日
・TUAW:”CNET violates Mac Pro warranty, installs eight cores in Mac Pro” by Erica Sadun:11月15日
・iTWire:”Intel plays Kentsfield and Clovertown” by Stan Beer:11月14日
・MacBidouille:”Mac Pro 8 Cores in Action“:11月16日
・MacNN:”Forums: Eight core ‘Mac Pro’, Mousehand“:11月17日
・AppleInsider:”Ripe in Cupertino: an Apple with 8 cores” by Kasper Jade:10月26日
・Mac Rumors:”8-Core (Clovertown) Mac Pro Benchmarks“:11月15日
・Mac Rumors:”8-Core Mac Pro (Clovertown)“:9月13日
・AnandTech:”Apple’s Mac Pro – Upgrading CPUs, Memory & Running XP” by Anand Lal Shimpi:9月12日
・気になる、記になる… :”Mac Pro(Octo Core)のベンチマーク“:11月15日
・気になる、記になる… :”8(Octo)CoreMac Proが来月に登場??“:10月26日
・気になる、記になる… :”‘Mac Pro’Quad Core Xeon(Clovertown)に換装可能みたい“:9月13日
・My Sleepless Nights in the Big Apple:”8コア(ClovertownMac Proのベンチマーク“:11月16日
・平成鸚鵡籠中記・新館:”8Core MacProキタ━━\(TT)/━━ !!!!!“:11月18日

Intel quad-core CPU —

・Intel:”Intel Ignites Quad-Core Era”:11月14日
・CNET:”Intel’s quad-core processors go live” by Tom Krazit :11月13日
・CNET Japan:”インテル、クアッドコアプロセッサを発表“:11月15日
・MacNN:”Intel debuts quad-core processors“:11月14日
・AppleInsider:”Intel introduces Mac Pro-bound quad-core chips“:11月14日

Technorati Tags: , , , ,

広告

2006年 7月 23日

ハイエンドの Mac Pro は Xeon で決まり

Filed under: インテルマック — shiro @ 18:10
Tags: , ,

Xeon

書くとなったら徹底的に書く Ars Technica が Mac Pro の予測をしている。

Ars Technica:”Peering inside the aluminum ball: Woodcrest, Conroe, and the ‘pro’ Macs” by Eric Bangeman:7月16日

インテルのプロセッサを徹底吟味して、ハイエンドのデスクトップマシンがどれを採用するか分析している。噂情報やアナリスト報告の受け売りではなく、自分自身の分析で16ページにも及ぶ。

      *      *      *

新しいタワー時代の幕開け(The dawn of a new tower

WWDC が近づくにつれて、すばらしい Leopard に加えて、Steve Jobs がどんなハードウェアを披露するかという推測が熱を帯びてきている。新しいマシンの内部を予測するのは前よりちょっと易しくなった。というのは、アップルがインテルの CPU を採用したからだ。それにインテルは、そのロードマップの詳細を何か月も(何年もとはいわないが)前に示してくれるからだ。

As we draw ever closer to Macworld Boston the Worldwide Developers Conference, speculation is heating up as to what we’ll see hardware-wise once Steve Jobs has finished unveiling the wonders of Leopard. Reading the entrails of the sacrificial dogcow is a bit easier these days, now that Apple uses Intel CPUs and Intel lays out its processor roadmap months—if not years—in advance.

それを参考にすると、インテルの手持ちのコマを調べれば、アップルが「プロ・コンシューマー:デスクトップ・ポータブル」というマトリックスにそれをどう当てはめるか比較的容易に推測できるように思える。Yonah(Core Duo や Core Solo という名前になったプロセッサ)については簡単だった。このポータブル用の 32 ビットプロセッサは、当然のことに MacBook と MacBook Pro に使われた。ちっちゃな Mac mini は発熱量の少ないプロセッサが必要だったので、これまた当然 Core Duo が最適だった。

With that in mind, it would seem easy to look at what Intel has in store and then extrapolate that to Apple’s pro-consumer/desktop-portable matrix. It was a simple matter with Yonah, the CPU now known as the Core Duo (and Core Solo). It’s a 32-bit CPU targeted at portables, so the MacBook and MacBook Pro were naturals for the Core Duo. The Mac mini is a little guy with the need for a cool-running processor, so again, the Core Duo was a perfect fit.

二つのアプローチ

つぎに出るアップルのプロ仕様デスクトップがどんなものか予測するには二つの方法がある。ひとつは、インテルのプロセッサのラインナップをよく見て、どれをどこで使うのが一番論理的か考えることだ。もうひとつは、これまでアップルが自社のマシンにしてきたことを振り返って、それを新しいマシンに当てはめて考えることだ。

There are a couple of ways to approach the question of what Apple’s upcoming pro desktops might look like. The first is to look at Intel’s CPU lineup and see what fits logically and where. The second is understanding what Apple has done historically with its machines and try and extrapolate that to an all-new architecture.

では、その両方をやってみよう。

Let’s do both.

      *      *      *

まず Ars Technica は、2006年中に入手可能な次の四つのプロセッサについて検討を加える。

・Yonah (Core Solo/Duo)
・Woodcrest (Core Xeon)
・Conroe (Core 2 Duo)
・Merom

インテルのプロセッサについては、Core Duo と名前が変わり、そのバリエーションが目まぐるしく登場するので、どれがどれやら完全に混乱していたところだった。

Ars Technica は大変手際よく解説するので、それぞれの違いが頭にストンとはいる。

インテルプロセッサに興味のある方はぜひ一読をお勧めする。

      *      *      *

インテルのロードマップ

例えばハイエンドの Xeon(Woodcrest)プロセッサについては、つぎのような書き出しだ。

Xeon_logo

名前こそ Xeon だが、Xeon 5100 シリーズは前身の Netburst プロセッサとは全く異なる。それまでの Xeon とは、名前を除くとほとんど共通性がない。Netburst より Core 2 のアーキテクチャをベースに設計されているのだ。

While Woodcrest has carried on the Xeon name, the Xeon 5100 series is quite a different animal from its Netburst predecessor. It shares little more than a name with past Xeons, as it’s built on Intel’s Core 2 architecture rather than Netburst.

Xeon の概要はつぎのとおりだ。

• Introduced June 2006
• 64-bit
• 65nm process
• Dual-core
• 4MB L2 cache shared between the cores
• Socket LMA 771
• Likely to be used in: Xserve, Mac pro desktop

このあと、インテルプロセッサの中での位置付け、最大放熱量(TDP、thermal design power)、フロントサイドバス(FSB)、キャッシュ、ソケットなどについてそれぞれ詳細にみていく。

詳しくは直接読んでいただくとして、他のプロセッサについても簡にして要を得た説明なので、頭にスッキリとはいる。

Mac Pro 搭載の可能性ありとして検討されるのは、以下のプロセッサだ。

Core 2 Duo(Conroe)
Core 2 Extreme(Conroe XE)
Xeon 5160
Xeon 5150
Xeon 5140

      *      *      *

アップルの歴史:アップグレードの可能性はどうか

アップルの全モデルを見渡すと、ここ数年にわたって次第にアップグレードしにくい方向へ向かっていることに気付く。

Looking across Apple’s entire product line, the move has been towards less upgradeability over the past couple of years…

結論的にいえば、アップルは次第にアップグレードしにくい方向にユーザーをもっていこうとしているようにみえる。ほとんどのマックがインテルのアーキテクチャを採用していることを考えるとアップグレードは容易であるべきだ。しかし、Mac mini を Core 2 Duo のプレリリース版でアップグレードしたという話はあるものの、アップルとしては明らかにユーザーがその方向にいかないことを望んでいるようだ。

In short, Apple seems to be interested in steering consumers away from easy-to-upgrade machines. Now that its computers are mostly on Intel’s architecture, upgrading should be easy. There have been reports of Mac minis upgraded with prerelease Core 2 Duo parts. For obvious reasons, Apple would prefer its customers not go that route.

なお、アップグレードついては、インテルの TPM(Trusted Platform Module)や EFI を使って、ユーザーのプロセッサ換装を防ぐ方法についても触れられているが、ここでは割愛する。

      *      *      *

結論:Xeon 5100 シリーズで決まり

で、Ars Technica の結論はつぎのとおりだ。

マックで PowerPC が確実に消滅するまでもうひと月をきってしまったが、Power Macintosh G5 の後継機についてアップルにどんな選択肢があるのか明らかだ。プロセッサは Core 2 Duo、Core 2 Extreme、Xeon 5100 の中から選ぶだろう。筐体についてはデザインし直され、拡張性の高いものになるだろう。そして、ユーザーによる CPU アップグレードの可能性は制限されるようだ。

With less than one month between now and the all-but-certain death of the PowerPC in the Mac, we have a clear idea of what Apple’s options are with the Power Macintosh G5 replacement. The computer maker can choose between the Core 2 Duo, Core 2 Extreme, and the Xeon 5100 series; will give Mac users a redesigned enclosure with greater expandability; and may curtail users’ ability to upgrade CPUs.

CPU に関するアップルの選択肢は明白だと思う。奇妙に聞こえるかもしれないが、Xeon 5100 シリーズがマックにとって最適だ。もしアップルが「クワッド」(Quad 四倍)という名称を残しておきたいと考えるなら、それしかない。デューアル CPU という構成を使うにはインテルではこれしかないので、アップルがデューアル CPU で四つのコアにしようと思うなら、Xeon が唯一の選択肢となる。ベンチマークでみたように、Core 2 Duo は AMD 製のどのプロセッサよりも優れた性能を示す。じゃあ Xeon はどうか。高速 FSB と別メモリーのおかげで Core 2 Duo よりもっと早いのだ。

I think Apple’s CPU choice is clear cut. Strange as it sounds, the Xeon 5100 series is the best fit for the Mac. If Apple wants to keep the Quad name alive, it’s the only option. Dual CPU configurations are not possible with anything else in Intel land, so if Apple wants to offer two CPUs and four cores, Xeon is the only game in town. With the benchmarks we have seen, the Core 2 Duo is a clear winner for Intel, outperforming anything AMD has to offer. The Xeon? With its faster FSB and different memory, it’s even faster than the Core 2 Duo.

ミッドレンジモデルは Xeon Core 2 Duo

Xeon はミッドレンジのコンピュータにも適している。Xeon のロジックボードがたくさん作られれば作られるほどコストも安くなるというものだ。Xeon のクロックスピードは最初は Core 2 Duo よりやや早め、2.0GHz から 3.0GHz にセットされるだろう。これに対して Core 2 Duo の方は当初 1.86GHz、最終的には 2.67GHz になるだろう。Core 2 Extreme は 2.93GHz から提供されるだろうが、値段の方はぐんと高くつくきそうだ。CPU 一個当たり 3.0GHz Xeon 5160 が 851 ドルに対して、Core 2 Extreme は 999 ドルにもなるからだ。

Xeon also makes sense for the midrange box or boxes. The more Xeon logic boards it uses, the lower Apple’s costs will be. The clock speeds on the Xeons will initially be a bit higher than the Core 2 Duos as well, ranging from 2.0GHz to 3.0GHz at launch. In contrast, the Core 2 Duo will start at 1.86GHz and go all the way up to 2.67GHz. The Core 2 Extreme will be available at 2.93GHz, but will be much more expensive at US$999 per CPU vs. US$851 for the 3.0GHz Xeon 5160.

ハイエンドの Xeon はフロントサイドバス(FSB、frontside bus)の点でも有利だ。Xeon が 5130 から 5160 までどれも 1333MHz FSB なのに対して、Core 2 Duo は最大でも 1066MHz だからだ。

The high-end Xeons also have an advantage in the frontside bus department. The Xeon 5130 through 5160 all have a 1333MHz FSB, while the Core 2 Duo maxes out at 1066MHz.

ローエンドモデルは Core 2 Duo

Core 2 Duo はローエンドの Mac Pro でも使われるだろう。Xeon モデルとローエンドの差は CPU とメモリータイプの違いだけになる筈だ。もっともアップルは、ローエンドモデルを Xeon モデルから差別化するため、これ以外にも何らかの方法で機能を損なわせるかもしれない。一番安いモデルで Core 2 Duo を使えば、アップルのコストは下がり、したがってマージンも大きくなるだろう。

We should see the Core 2 Duo in the low-end pro Mac. The CPU and memory type should be the only substantial difference between the low-end Mac and the Xeon models, although Apple might find another way to cripple differentiate a Core 2 Duo model from a Xeon. Using a Core 2 Duo in the least-expensive Mac will also help Apple to keep its costs down (and its margins up).

Core 2 Duo Mac Pro 以外にも使われる

Core 2 Duo を使うのが Mac Pro のどれかひとつのモデルか、あるいは全部かということとは無関係に、Core 2 Duo はプロ仕様のデスクトップに限られなくなるだろう。いずれ iMac でも Core 2 Duo が使われると私はみている。将来のある時点でアップルは Mac OS X の 64 ビットバージョンに移行することになると思われるが、それはとりもなおさず 32 ビットマシンの販売を止めるということだ。思いのほか早い時期にそうなるのではないか。現在 iMac は Core Duo とラップトップのチップセットを使用しているが、Core 2 Duo を搭載すれば必然的にデスクトップのチップセットが必要になる。

Regardless of whether one or all of the pro Macs use the Core 2 Duo, the pro desktops won’t be the only place the Core 2 Duo shows up. I would expect the Core 2 Duo to eventually make its way into the iMac. At some point in the indeterminate future, Apple will likely move to a 64-bit version of Mac OS X, which means it will want to stop selling 32-bit machines sometime, presumably soon. Although the iMac currently uses the Core Duo and a laptop chipset, a move to the Core 2 Duo will necessitate a desktop chipset.

もちろんアップルは私が述べたこととまったく違うことをすることも出来る。しかし、彼らが大きく逸れるとは思えない。私が述べた「Woodcrest – Conroe(Xeon – Core 2 Duo)」というシナリオはいろんなレベルのマックについてうまく適合するように思われる。ともあれ、8月に WWDC が開かれれば分かることだ。そうなれば、アップルのラップトップで Merom が登場するのはいつかということも予測できるようになる。

Naturally, Apple could do something completely different from what I have outlined. But I don’t think they’ll deviate too far. The Woodcrest-Conroe/Xeon-Core 2 Duo scenario makes a lot of sense on a number of different levels. Either way, we will know once WWDC rolls around in August. And then we can begin speculating about when Merom will show up in Apple’s portables.

      *      *      *

筐体は大幅に変わる

なお、Ars Technica は筐体についても大きな変更を予測している。

G5

お馴染みになったブラッシュアルミニュームのタワーを見るのも終わりになるということがほぼ確実になった。現在の Power Mac G5 はエレガントなデザインで PowerPC 970 という灼熱のプロセッサを効率的に冷却するが、プロ仕様のデスクトップとしてベストだという訳ではない。デューアル 2.5GHz G5のレビューを書いたとき、とくにドライブベイが少ない点に失望した。ハードディスク2台、光学式ドライブ1台というのは我慢できないと思った。PC メーカーの Shuttle なら、同じものをもっと小さな筐体に収められるのだから。

It’s all but certain that we will be seeing the end of the now-familiar brushed aluminum tower. Although elegant and quite capable of cooling the torrid PowerPC 970 CPUs, it’s not the best solution for a pro desktop. When I reviewed the dual 2.5GHz G5, I was dismayed in particular by the scarcity of drive bays. Two hard drives and a single optical drive is hard to stomach, especially when PC manufacturers like Shuttle can fit the same into a much smaller enclosure.

Xeon 5100 や Core 2 Duo は現在の PowerPC 970 プロセッサよりずっと放熱量が少ない。したがってアップルは筐体の内部をすっかりデザインし直すことが出来る筈だ。希望としては、Power Mac G4 のように、光学式ドライブベイ2基、ハードディスクベイ4基が欲しい。Power Mac G5 の内部には、PowerPC 970 の上に巨大なヒートシンクとエアダクトないしは液体冷却用の大きなスペースがある。しかし新しい Mac pro ではそんなものはなくなる。それだけは確かだ。

Since the Xeon 5100s and Core 2 Duos will run much cooler than the RISC processors they will be replacing, they should allow Apple to radically redesign the interior of the case. I would hope to see something along the lines of what Apple users became accustomed to in the Power Macintosh G4: two optical drive bays and four hard drive bays. If you look inside a Power Mac G5, you’ll see that the big space hog is the giant heat sink and air duct or liquid cooling over the PowerPC 970 processor(s). You won’t see anything like that in the new Mac pro desktops, that’s for certain.

筐体の外見に関しては、ベージュのプラスチックだけはあり得ないというに止めておこう。

As far as the exterior goes, I’m not making any predictions, other than it won’t be beige plastic.

      *      *      *

Ars Technica の予測がどの程度当たるか分からないが、なかなか説得力があるように思われる。

Technorati Tags: , ,

2006年 7月 15日

Mac Pro は新しいケースを採用するか

Filed under: インテルマック — shiro @ 11:18
Tags: ,

macpro_mockup

ハイエンドインテルマック Mac Pro の筐体は、と違って、現行の Power Mac G5 とあまり変わらないと AppleInsider が伝えている。

AppleInsider:”Apple’s Mac Pro to sport modified Power Mac enclosure” by Kasper Jade:7月14日

      *      *      *

筐体は現行のまま

インテルベースの新しいハイエンドデスクトップ Mac Pro のロジックボードは、現行の Power Mac G5 のロジックボードと形やサイズがよく似ているため、Power Mac G5 の筐体が Mac Pro にも適していると考えられる。(2003年6月の AppleInsider の指摘を参照。 )

The current Power Mac G5 enclosure — first detailed by AppleInsider back in June of 2003 — is believed to be well suited for Apple’s first Intel-based professional desktops due to the similarities in size and shape between the new Mac Pro logic-board and the one presently shipping in the Power Mac G5.

アップルの次世代デスクトップに詳しいひとの話によると、Mac Pro と Power Mac G5 の筐体に関しては表面的な違いが二、三あるだけだという。たとえば新 Mac Pro では二基目の光学式ドライブを収納するスロットが前面に配置されている。

People familiar with plans for the next-generation Apple desktops say there appear to be only a couple of cosmetic differences between the Mac Pro and Power Mac G5 casings, specifically the addition of a second optical disc drive slot on the face of the Mac Pro.

同じくアップルは、最近のウインドウズ PC のデザインに習うかのように、電源を底の部分から上の方に移動させたようだ。

In a move that is somewhat reminiscent of recent Windows PC designs, Apple also appears to have relocated the computer’s power supply from the base of the unit up towards the top, those same people say.

二基目の光学式ドライブはハイデフィニション用か

最初に出荷される Mac Pro では、二基目の光学式ドライブのスロットやベイは空のままになると思われる。ここには、いずれ出現する Blu-ray や HD-DVD のようなハイデフィニション DVD ドライブの基準に合致した高価なドライブを、ユーザーの好みに応じて収納することになるだろう。

The additional optical disc drive slot and bay are likely to ship empty in the first Mac Pros, which will allow users to adopt emerging but pricey high-definition DVD drive standards, such as Blu-ray and HD-DVD, at their discretion.

      *      *      *

未確認のスペックシート

以前の情報によれば、アップルは次期デスクトップにインテルの比較的新しいデューアルコア Xeon 5100(Woodcrest)シリーズのプロセッサを採用し、シングルコアとデューアルコアの構成で提供するという。

Sources previously reported that Apple has chosen Intel’s relatively new dual-core Xeon 5100 (Woodcrest) series of processors to power the next-generation desktops, and that models will be available in both single and dual processor configurations.

その後、Mac Pro に関する未確認のスペックシートが出回っているようだ。それによると、Mac Pro の三つの標準仕様にはインテルの 3.0GHz Xeon 5160 チップは採用されていない。

Since AppleInsider’s report on the subject, an unauthenticated Mac Pro product specifications sheet has been making the rounds, indicating that Apple may forgo inclusion of Intel’s 3.0GHz Xeon 5160 chip in its three Mac Pro standard configurations.

この未確認スペックシートは AppleInsider 以外のマックサイトにも送付されているが、こういうものもあるということで一応載せた。なお、スペックシートによればプロ向けのデスクトップでは、インテル iMac や MacBook Pro と同様に、ATI Technologies のグラフィックチップを採用する方針の戻ったようだ。

The spec sheet, which was sent to several other Mac news sites, is being posted by AppleInsider purely for speculative purposes. Of interest, it suggests that Apple will return to using graphics chips from ATI Technologies within its professional Mac desktops, similar to a move it made with the Intel-based iMac and MacBook Pro.

Technorati Tags: ,