maclalalaweblog

2007年 6月 4日

Leopard の秘密はウインドウズか

Filed under: アップル,OS,仮想化 — shiro @ 21:53
Tags: , , , , ,

leopard_secret

いよいよ WWDC まで一週間を切った。

Leopard の秘密はウインドウズではないかと、ビジネスウィークの Arik Hesseldahl が書いている。

BusinessWeek:”Buzz Building On Secret Features In Leopard” by Arik Hesseldahl:6月1日

      *      *      *

二つの出来事

Leopard でウインドウズはどう扱われるのか、6月11日の WWDC で Jobs は何を語り、何を語らないか、という予想に影響を与える二つの大きな出来事が今日あった。

So there’s a double-whammy today in the way of speculation on the subject of Windows functionality in Leopard, and what Steve Jobs may or may not say at WWDC on June 11.

      *      *      *

バーチャルマシンをテスト

American Technology Research のアナリスト Shaw Wu が、この件に関する分析ノートを今日出した。それによれば彼は依然として、Leopard が10月まで遅れたのは iPhone が原因ではなくて、マックの OS 環境で複数の OS をシームレスに動かすバーチャルマシンを Leopard でテストしているためだと信じている。このことは売り上げを大幅に伸ばすきっかけとなるだろうと彼はいう。

Shaw Wu of American Technology Research in San Francisco has a new research note out today on the subject. He continues to believe that the reason that Leopard was delayed until October has less to do with the iPhone and more to do with testing virtual machine technology within Leopard that would allow the seamless operation of several operating systems within the Mac OS environment at once. That he says, could turn out to be a major sales catalyst.

      *      *      *

ウインドウズがなくてもアプリが動く

Wu の分析ノートが出る前日、 Crunchgear の Matt Hickey は「バカげて正気とは思えない噂」というエントリーを書いた。これは、ウインドウズがなくても Leopard 上でウインドウズのアプリケーションを動かせる可能性について空想した Les Posen のエントリーについて触れたものだ。

Wu’s note hit the wires a day after Matt Hickey at Crunchgear blogged about “A stupid, insane Mac rumor” keyed in part off this Blog post by Les Posen who is fantasizing about the possibility that Leopard would be able to run Windows applications without Windows.

      *      *      *

コヒーレンスモードを一歩進めるだけ

実のところ、そう考えるのはたいして難しいことではない。Parallels for Mac の最新バージョンで可能になった「コヒーレンスモード」(Coherence mode)を考えてみよう。コヒーレンスモードでは、ウインドウズのデスクトップ環境は隠されているので、ウインドウズのアプリケーションはマックのデスクトップ上のウインドウの中で動いているようにしか見えない。

Say what? Well, its really not that hard to imagine, actually. Consider the Coherence mode available in the latest versions of Parallels for Mac. When in Coherence mode, the Windows desktop environment is shunted aside, and all you see is the Windows application you happen to running, but within a Window directly on your Mac desktop.

      *      *      *

ゲームではすでに可能

ここで Cider が登場する。これはウインドウズのゲームをマックで直接動かせるようにするゲーム開発環境だ。Cider を使うとゲームの移植(port)が不要となる。普通のことばでいえば、ウインドウズのゲームをマックで動くようにするため、ほぼ完全に書き替えなくてもいいことを意味する。ウインドウズの二つのゲームソフト(Heroes of Might and Magic VMyst Online: URU Live)がすでに Cider で、したがってインテルマックで動かせるようになっているという。

Then there’s Cider a gaming development environment that allows Windows games to be adapted for running on the Mac directly, without the need to “port” the game — which in English means taking a Windows game and then rebuilding it more or less from the ground up for the Mac. Already two Windows games, Heroes of Might and Magic V and Myst Online: URU Live are said to be Cider-enabled, and as such playable on an Intel Mac.

      *      *      *

定番 Boot Camp Fusion

これに加えて、VMWare の Fusion for the Mac やアップル自身の Boot Camp があるというわけだ。これらは Leopard ではさらに強力になっていると思われる。

On top of this, there’s VMWare Fusion for the Mac, and Apple’s own Boot Camp, which could conceivably be vastly improved in Leopard.

      *      *      *

ウインドウズをインストール済のマック

これらすべてを考え合わせると、サードパーティのベンダーがやったのと同じことをアップルがやってもおかしくない。すなわち、ウインドウズをインストール済のマックを、CTO[Configure To Order、注文仕様生産]モデルのようなオプションとして売るのだ。[注:ウインドウズをインストール済で、各種設定も不要、箱から出してすぐ使えるという意味?]私自身先月この話を耳にしている。こういった需要があることは明らかだ。さもなくば Parallels は成功しなかっただろうし、VMWare も Fusion を作ったりはしないだろう。

All of this activity leads me to wonder if perhaps Apple might do as some third-party vendors have done — I heard about one last month — and offer Macs with Windows installed and configured on board as a configure-to-order option. Clearly there’s a demand for it, or Parallels wouldn’t be successful, and VMWare wouldn’t be building Fusion.

      *      *      *

バーチャルマシンは福音だ

マックにおけるウインドウズのプレゼンスを最小限に抑え、かつ、希望するアプリケーションを見えないバーチャルマシン内で信じられないほど簡単に動かす、そんな方法をアップルが可能にするなら、私みたいな人間にとってそれは革命以外の何ものでもない。だって私は、ウインドウズと OS X の二つのコンピュータの間を行き来するのに大変な時間を費やしているのだから。Shaw Wu のいうバーチャルマシンの技術が Leopard の「秘密の機能」だというのなら、これはもう大変なニュースだ。

If there is some way that Apple could minimize the presence of Windows within the Mac, and make it incredibly easy to run pretty much any application you want within a largely invisible virtual machine, that would be nothing short of revolutionary for people like me who spend a great deal of time shuttling between two computers — one running Windows and one running OS X. If a virtual machine technology is as Shaw Wu suggests the marquis “secret feature” of Leopard it would indeed be very big news.

Technorati Tags: , , , , ,

2007年 3月 28日

Leopard のヒミツは 3D

Filed under: アップル,OS — shiro @ 21:06
Tags: , , ,

core_anim

[Core Animation]

Leopard の秘密に絡む記事を二つ・・・

Ars Technica が「Leopard はいつの間にか三次元になっている」という興味深い記事を書いている。

Ars Technica:”Leopard is secretly three-dimensional” by Iljitsch van Beijnum:3月26日

      *      *      *

3D ユーザーインターフェイス

我々は iPhone で、ズームインしたりズームアウトしたり、またアイコンやウインドウ、スクリーンの向きをシームレスに変えることができるのを見てきた。本物のコンピュータならどうなるか考えてみて欲しい。カバーフローや多人数 iChat ビデオは、光源や反射映像などを使うと三次元(3D)に進化したユーザーインターフェイス(UI)がどんなものになるか垣間見させてくれるのだ。

We’ve already seen the iPhone seamlessly zoom in, zoom out, and flip icons, windows, and screens. Think about what a real computer could do here. Cover flow and multi-party iChat video show a glimpse of what a 3D accelerated user interface could look like, with light sources, reflections, and more.

OS はアプリケーションの助けを借りずにそれ自体で、簡単にウインドウを前面に持って来たり、背後に隠したりできる。Exposé の場合と一緒だ。しかし、あきれたことにアプリケーションではそうはいかない。新しい三次元ユーザーインターフェイス(3D UI)をサポートして、Leopard の三次元空間内におけるそれぞれ異なったウインドウ、インスペクタ、リクエスタの動きを処理しなければならない。Core Animation がこれらの動きを処理し、解像度から独立している(resolution independence)ことによって、ズームレベルが変わってもテキストと UI の各要素がキチンと並んできれいに見えるようにする。あと欠けているのは、オブジェクトを仮想三次元空間内で簡単に操作する方法だけだ。それともオブジェクトをつまめばそれで済むのだろうか。

Obviously the OS can simply move windows to the front and to the the back without support from the application itself, much like how Exposé  works, but to really flabbergast us, applications would have to support the new 3D user interface and have different windows, inspectors, and requesters move around through Leopard’s three dimensional space. Core Animation takes care of the movement, and resolution independence makes sure text and UI elements align and look good at different zoom levels. The only thing missing is an easy way to manipulate virtual objects in three dimensions. Or do we just pinch them?

      *      *      *

お馴染みの Carl Howe が、さらにその考えを推し進めて、Leopard の隠された秘密を探っている。

Blackfriars’ Marketing:”Another vote on Leopard’s secret ingredients: it’s all 3D, all the time” by Carl Howe:3月27日

      *      *      *

3D グラッフィックス

timemachine

[Time Machine]

Ars Technica の記事は、アップルの次期 Mac OS X 10.5、すなわち Leopard のトップシークレットのひとつを解き明かしてくれたと思う。完璧な 3D グラッフィックスとアニメーションだ。これまで見聞きしてきた Time Machine や iChat といった Leopard の機能、それに FrontRow のような既存のアプリケーションを考え併せると、この話はぴったり辻褄が合うと思う。3D が OpenGL で実行されるのであれば尚更だ。3D の世界では、アプリケーションはそれぞれ独自のキャンバス(canvas)を使うが、キャンバスそのものを更新したり、縦横いろんな方向に変えるのは OS 側の責任となる。すべてのアプリケーションがひとつの 3D イメージングモデル(visual 3D imaging model)を使い、それを OS が管理し整理する。素晴らしいじゃないか。

Ars Technica’s Infinite Loop blog has, in my opinion, unraveled one of the top secret ingredients in Apple’s upcoming Mac OS X 10.5 release, aka Leopard: complete 3D graphics and animations. Given what we know and have seen of Leopard features such as Time Machine and the new iChat and in existing apps like FrontRow, this would make perfect sense, especially if it were implemented in OpenGL. Applications get their own canvases in a 3D world, and the OS is responsible for keeping those canvases updated and visible in various orientations. One visual 3D imaging model for all apps that the OS manages and keeps sorted. Sweet.

      *      *      *

リナックスでは当たり前

もっともこれは、リナックスのギークにとっては、大したことではないかもしれない。リナックスには Beryl(リンクのビデオ参照)や XGL/Compiz といった統合インターフェイス(compositing interface)がたくさんあるので、それに似ていると思うかもしれない。しかしリナックスではこの世のありとあらゆるグラフィックスカードをサポートする必要があるのに対して、アップルではそんなことはない。それはこの際とてもいいことなのだ。アップルはインターフェイスをスムーズで、一貫性のある、きめ細かいものにしようと気を配る。このため、どんなユーザーでも使えるものになり、グラフィックスドライバが動くように四苦八苦する必要はない。

Now to any Linux geek worth his salt, this sounds like no big deal: it’s like and Beryl (movie at the link), XGL/Compiz and a bunch of other compositing interfaces available today on Linux. But unlike Linux, Apple has no requirement to support every flavor of graphics card in the world, and that’s a good thing in this case. Apple’s attention to interface smoothness, consistency and detail will create a user experience anyone can use, and won’t require users to gather eye of newt and sacrifice a goat to get the graphics drivers to work.

      *      *      *

3D ファインダは強力な武器

アップルのユーザーにしてみれば、Leopard の新しいファインダが登場するだろうということなのだ。以前私は Leopard がマルチタッチ・ジェスチャ(Multi-touch gestures)と新しいセンサーをサポートし、そのことによってユーザーインターフェイスは次のレベルに達するだろうと書いたことがある。競争相手のマイクロソフトにとっては、この 3D ファインダが最大の威嚇射撃になると思われる。何故か。マイクロソフト Windows XP と Vista の主たる違いは Aero 3D インターフェイスだ。Vista のその他の機能は一般ユーザーにはなかなか見えにくい。しかも Vista では、これらの機能はハイエンドの PC でしか使えない。これに対してアップルは、アップル製のすべてのデバイスでこの 3D 機能が使えるようにしようとしているのではないだろうか。Leopard だけでなく、iPod でも iPhone でも、それに Apple TV でも、すべてで 3D 機能が使えるということなのだ。これらの機能のいくつかはハードウェア自体に組み込まれるだろうから、iPhone の場合と同じで、特許を設定し、保護するのがとても容易になる。

What this means for Apple users is that we can expect a new Finder in Leopard. I’ve written before that I believe that Leopard will also support Multi-touch gestures and new sensors to take the user interface the next step for users. From a competitive point of view, this 3D Finder will probably be the biggest shot across the bow for rival Microsoft. Why? Because the Aero 3D interface is the major differentiator today for Vista over Windows XP; most of the other features of Vista are significantly less visible to average users. But on Vista, these features are usable only on the highest end PCs, while I believe that Apple intends its 3D features to become a part of every device it builds. That means we’ll see 3D features on iPods, iPhones, Apple TV boxes, and of course in Leopard. And since some of these features will be built into hardware devices, it will be straightforward for Apple to patent and protect these features as it has with the iPhone

      *      *      *

シェフの腕次第

結論をいうと、3D ファインダが Leopard の秘密のひとつだという考え方に私は賛成だ。これはバニラアイスクリームもクレームブルレも両方ともバニラが材料だというのに似ている。香り付けとして使われているだけかもしれないし、すごいデザートを作るベースとして使われているかもしれない。それはまさにシェフの腕次第なのだ。

creme_brulee

[Crème Brulée]

The bottom line: I second the notion that a 3D finder is one of the secret ingredients of Leopard. That’s a little bit like saying vanilla is the secret ingredient in both a vanilla ice cream and a great creme brulee. It can be just a flavor or it can be the base of a transporting dessert. It just depends on how the chef uses it.

      *      *      *

参考:

・Blackfriars’ Marketing:”Another vote on Leopard’s secret ingredients: it’s all 3D, all the time” by Carl Howe:3月27日
・Ars Technica:”Leopard is secretly three-dimensional” by Iljitsch van Beijnum:3月26日

Technorati Tags: , , ,

(more…)

2006年 12月 22日

Vista は OS X のパクリか:David Pogue

Filed under: マイクロソフト,OS — shiro @ 18:27
Tags: , , , , ,

david_pogue

ニューヨークタイムズの才人コラムニスト David Pogue が皮肉たっぷりのビデオを作っている。

「マイクロソフトの Windows Vista はアップルの Mac OS X のパクリか。」(つぎのどちらのサイトでも見れる。)

New York Times Video:”Windows Vista“:12月14日

YouTube Video:”NYT: Did Microsoft rip-off Apple Mac OS X in Windows Vista?“:12月14日

YouTube Video:”NYT’s David Pogue on Windows Vista“:2006 年12月

      *      *      *

巷間 Windows Vista は Mac OS X のパクリだといわれているが本当にそうか。いや、パクリなんかじゃない。Vista はちゃんと独自のキャラを持った OS だ。

だって・・・、と Pogue は主張する。

・だって、Mac OS X の Spotlight と同じ働きをする Instant Search の入力ウインドウは、マックでは右上にあるのに、ウインドウズでは左下にあるじゃないか

・だって、マックの widgets と同じ働きをする Sidebar(gadgets)は、そもそも名前が違うじゃないか

・・・という調子だ。

なんといえばいいのだろう。一種の「ほめ殺し」とでもいうのだろうか。

      *      *      *

ビデオのほかにテキスト版もあって、数ページにわたるもっと詳しいものだが、そのエッセンスはビデオ版に尽きる。

New York Times:”Vista Wins on Looks. As for Lacks …” by David Pogue:12月14日

その一部だけつぎに紹介する

      *      *      *

Looks, Locks, Lacks

では5年も経って Windows Vista はどうなったのだろうか。マイクロソフトが何百万ドルもかけたコマーシャルでこれからたっぷりお目にかかることになるが、その文句は「Clear, Confident, Connected」というものだ。しかし本当のところは「Looks[不気味なほど似ている], Locks[セキュリティは高まった], Lacks[バラバラで統一性に欠ける]」の方が真実に近いだろう。

So after five years, how is Windows Vista? Microsoft’s description, which you’ll soon be seeing in millions of dollars’ worth of advertising, is “Clear, Confident, Connected.” But a more truthful motto would be “Looks, Locks, Lacks.”

これを真似しろ!

これまでの説明で、Vista がマックにとても似ていると思ったら、それは正しい。マイクロソフトのマネージャが Mac OS X をみんなの前において、「これを真似しろ」とプログラマーにいっている感じがするのだ。

If the description so far makes Vista sound a lot like the Macintosh, well, you’re right. You get the feeling that Microsoft’s managers put Mac OS X on an easel and told the programmers, “Copy that.”

      *      *      *

この話にはさらに続きがある。

「レッドモンドのコピーマシン」というフォローだ。

New York Times:”The Redmond Copying Machine?” by David Pogue:12月18日

      *      *      *

マイクロソフトは Windows Vista の「革新性」について誇らしげに語っている。(しかも Mac OS X に大きな借りがあることをおくびにも出さずにだ。)私がそれをチクリとやるビデオを作ったらたくさんの反応があった。コメントの書き込みが「どちらが優れているか」という論争に移行していったのも驚くにはあたらない。その論争はなかなか終わらないだろうが・・・

My recent video, which tweaked Microsoft for crowing about its “innovation” in Windows Vista (without acknowledging its huge debt to Mac OS X), triggered plenty of reaction. It probably comes as no surprise that your comments quickly devolved into “which is better” bickering, which will proably never end.

一部の読者は、アップルだって逆にマイクロソフトから同じように盗用していると怒り、ののしった。

Some of you claim, with much anger and swearing, that Apple steals from Microsoft just as much as the other way.

そんなときの私の答えはこうだ。「あなたのいうことは正しい。アップルがゼロから造ったものなんてとても少ない。マウス、メニュー、重なるウインドウ、CD ドライブ、ワイヤレス Wi-Fi など、これらはみな誰かが開発したものはかりだ。」

My response to one such response: “You’re right—very few things were actually invented wholesale by Apple. The mouse, menus, overlapping windows, the CD drive, Wi-Fi wireless, and so on—all of these things were developed elsewhere.

「しかしアップルはそれを『標準化』したのだ。特定のものを選択し、その可能性を見抜き、仕上げて、アップル流に造り直し、そして大衆にもたらした。」

“But Apple *standardized* them. Chose them, recognized their potential, perfected them, made them over in its own way, and brought them to the masses.

「ところが Vista でマイクロソフトがやったことといえば、まだ採用されていない機能を選んだ訳ではなかったし、何がうまくいき、何がそうでないかを見抜く力もなく、マイクロソフトとしての印をつけることもなかった。アップルが優れた技術を見抜いて、完成させるのを待ち、それをひとつひとつ模倣しただけのことだ。その挙げ句、厚かましくも自分たちは革新のリーダーだと主張したけれどね。これは大した違いじゃないか。」

“In Vista, on the other hand, Microsoft did not select unrecognized features, did not have any particular vision in knowing what would work and what wouldn’t, did not put its own stamp on anything. It simply waited for Apple to recognize and perfect good technologies, then duplicated them bit for bit. Oh, and then claim to be a leader in innovation. That’s quite a difference!”

今日こんなEメールが届いた。2003 年から 2004 年までマイクロソフトで臨時に働いたというひとからのものだ。名前は伏せておくことにした。

Then this e-mail message, which arrived today from a guy who says he worked as a Microsoft temp employee from 2003 to 2004. I’ve agreed not to publish his name.

「親愛なる David:12月14日の記事で、

マイクロソフトのマネージャが Mac OS X をみんなの前において、「これを真似しろ」とプログラマーにいっている感じがするのだ。

と書いていましたね。」

“Dear David: In your article on December 14, 2006, you stated: ‘You get the feeling that Microsoft’s managers put Mac OS X on an easel and told the programmers, ‘Copy that.’

「[マイクロソフトで仕事をしていたとき]私はマイクロソフトのほとんどのビルに入れるバッジをもらいました。私が目にしたのは、あるビルの廊下の壁にあった大きな格子状のボードでした。そこは Windows Media Player の仕事をしているエンジニアがいるところで、第50ビルの2階と3階です。」

“[When I worked at Microsoft,] I was given a badge that allowed me entry to all but a few of the Microsoft buildings. One of the things that caught my eye was a large grid on the wall of a hallway in the building that housed the engineers that worked on Windows Media Player—building 50, on the 2nd or 3rd floor.

battleship

「その格子には、戦艦ゲームのように上にはA・B・C・・・、左には上から1・2・3・・・と番号がふってありました。ひとつひとつのマス目の大きさは 8.5 x 11 インチサイズのページを横向きにおいた形で、それぞれにアップルの iTunes のカラーのスクリーンショットが張られていました。環境設定パネルの各ページから info ウインドウまで、あらゆるページのスクリーンショットです。」

“The grid was labeled across the top with A, B, C, etc., and down the left with 1,2,3, like a game of Battleship. The grid was made of 8.5×11-inch pages, landscape orientation, showing color screenshots from Apple’s iTunes software. Each sheet was a different screen of the application: each tab of a preference panel, each info window, everything.

「廊下を曲がるとまた別の格子状ボードがありました。こんどは RealPlayer のものです。A1 はユーザーが見る最初のページで、iTunes のボードと同じ配置になっています。」

“Around the corner was another grid, showing the RealPlayer application. This grid was the same: grid A1 was the front user view of the application, mirroring what was on the iTunes wall/grid.

「つぎの角を曲がると、また別のボードです。こんどはなんと Windows Media Player のバージョン9のものなんです。このボードにはいくつか欠けている部分があって、これを見ると[iTunes や RealPlayer の]どの機能が細部に至るまでコピーされたか、作業の進捗状況が分かるのです。」

“Around the next corner was *another* grid, this one showing Windows Media Player version 9 !! This one was missing a few tiles in the grid, but you could actually see the progress as each feature [of iTunes and RealPlayer] was copied, square for square.

「驚くじゃありませんか。新しいソフトが出ると、マネージャはそれをチェックして、カラーのスクリーンショットを撮るという創造的な仕事を一日中して、その結果をコピー・チーム・・・じゃなかった、エンジニア・チームに渡すのです。」

“Amazing. New software is put out, a manager sees it and decides that the creative part of their day is making color screen captures of the software and presenting it to the copying—er, engineering team.”

読者はこれを読んでどう思われるかだろうか。[意地悪な笑い]読者の反応を聞いてみたいと思った。これは合法的な行為だろうか。それとも、怒りの炎にまた火を注ぐことになるのだろうか。

I doubt you’ll have any reactions to THIS (evil grin), but thought I’d share it with you just the same. Could it be legit? Or are we being put on by yet another fanner of the flames?

      *      *      *

マイクロソフトの「創造的」作業がどういうものか目に浮かぶようではないか。

Jobs の例のビデオを思い出した。

それにしても、こんな激しい記事を書く David Pogue も、それを載せるニューヨークタイムズも、これはもう大変なものだ。

日本にもそういう日がくるのだろうか。

Technorati Tags: , , , ,

2006年 11月 12日

OSx86 ハックにアップルが対抗策

Filed under: ハッキング,OS — shiro @ 10:04
Tags: , ,

osx-hack

あと一歩で OS X を普通の PC 動かすところまで近づいていたハッカーに、どうやら問題が生じたようだ。

アップルがソースコードのライセンスを変更したというのだ。

TUAW:”Apple modifies Public Source License to thwart hackers” by David Chartier:11月11日

      *      *      *

アップルが Public Source License を変更したという記事が InsanelyMac フォーラムに載っている。同ライセンスは、Mac OS X の中の Darwin と呼ばれる Unix カーネルのようなオープンソースの部分を保護するためにある。InsanelyMac フォーラムが指摘している変更は、Mac OS X をアップル以外のマシンで動かそうとするハッキングに対して新たな防御措置を講じようとしているように見える。ただ、アップルサイトのライセンスに関する部分を見ると、最新のバージョンは 2003 年8月付けとなっている。はっきりしないところがあるのはさておいて、InsanelyMac フォーラムが指摘した変更は、ユーザーがアップルサイトからダウンロードしたソースコードを勝手に変更しないように、アップルがしらみつぶしの対応策をとっていることを示している。残念なことだ。Vista について意見が分かれているところで、Michael Dell だって顧客によりよい OS の選択肢を与えたいと思っているだろうに・・・

The InsanelyMac Forum has a post concerning an apparent modification Apple made to their Public Source License, the license that guards the open source portions of Mac OS X such as its Unix kernel, called Darwin. The changes the InsanelyMac Forum cite seem to have been made to set up another roadblock for those who are trying to hack Mac OS X to work on non-Apple hardware, though Apple’s site for the license say the latest version is dated August of 2003. Semantics aside, the changes quoted in the forum reflect the application of another fine-toothed comb to what users are not allowed to do with the source they download from Apple’s site. Too bad; with Vista receiving mixed reviews, I’m sure Michael Dell would still be interested in offering customers a better choice.

      *      *      *

osx86-1

一方、ハッカー御用達の InsanelyMac Forum では、つぎのような議論がなされている。

InsanelyMac Forum:”Apple Changes APSL License“:11月11日

      *      *      *

sHARD>>(アドミニストレータ、Administrator):

OSx86 カーネルハッキングの裏をかいて、アップルはオープンソース APSL ライセンスを変更した。カーネルハックをやっていた Semthex がその変更をみつけた。

In an attempt to out-maneuver OSx86 kernel hackers, Apple has changed their APSL open-source license. Semthex, who has worked on a few of the more popular hacked kernels himself, found this passage in their new license:

bofors(デベロッパ、X Lab Developers):

アップルは OSx86 にコントロールが及ばなくなることを望まない。そこで、新しいライセンスによれば(必ずしも十分明確ではないが)Semthex のようなハッカーを訴えることができるようになった。裁判管轄権の問題はあるものの、Semthex の行為は DMCA 違反(コピーガード迂回策の配布)にあたるとして争う立場が強化されたのではないか。

However, Apple wants to make sure that OSx86 does not get out of its control either, the new license gives them grounds (albeit weak ones) to sue someone like Semthex with the new terms of the license. Depending on jurisdiction of course, Apple would probably have stronger grounds arguing that what Semthex is doing is somekind of DMCA violation (distribution of a circumvention) and part of a conspiracy to violate copyright.

したがって、Semthex や他の連中は APSL ライセンスの陰に隠れてももはや安全ではない。アップル法務部の追求に対し、Maxxuss がやったように身元を隠す手段を講じるべきだ。ハッカーへの寄付自体に反対ではないが、送金の跡を辿られないようにする必要はある。

The point is that Semthex and others should no longer feel safe hiding behind Apple’s open-source license (APSL). Rather they need to take steps to protect themselves from Apple Legal by masking their true identity, just like Maxxuss did. While I support the idea of making donations to them, these recipients need to make sure that the money cannot be traced.

semthex(グールー、Gurus):

自分の国には DMCA なんて(今のところ)ない。だからアップルは自分を訴えることはできないと思う。APSL 第7条には、ライセンスが変更されても旧条項に従えば現在やっているものを配布できると書いてある。身元を隠しているのはアップル以外の理由だ。

However in my Country, there is no such thing like DMCA (yet). So I can be sure, Apple can’t sue me for what I do, also it should be mentioned §7 of APSL clearly stats [sic] that if the License is changed, I am still allowed to redistribute current work under old terms. Masking my identy has far more other reasons than Apple.

でも残念ながら、今回の変更によってカーネルソースコード、すなわち Leopard のハッキングは難しくなると思う。これ以上は許されなくなるだろう。

But sad to say, I think this change will affect further development with kernel sources i.e. with Leopard. We won’t be allowed anymore to do so.

      *      *      *

どうやら Semthex は DMCA の及ばない海外にいるようだ。

ハッカーがどんなことを考えているのか、その一端が垣間見える。

Technorati Tags: , ,

2006年 10月 28日

OS X が普通の PC で動く

Filed under: インテルマック,ハッキング,OS — shiro @ 14:58
Tags: , ,

hacked1

マックでウインドウズが動くのは、まったく当たり前のことになってしまった。

インテルマックに移行した最大の成果のひとつだろう。

では、x86 ベースの普通の PC で Mac OS X は動くだろうか。

またぞろハッカーが活躍しはじめたようだ。

Reg Hardware:”Mac OS X 10.4.8 runs on any PC…” by Tony Smith:10月25日

     *      *      *

hacked2

いまや Mac OS X 10.4.8 は、x86 ベースの PC[generic x86-based PC]ならどの PC でも動く・・・というか、ほとんどそれに近い。カーネルプログラマーの Semthex が、完全に合法的だと称する Mac OS の基礎レイヤーを公開した。唯一の欠点は、起動してもお馴染みのユーザーインターフェイス画面(GUI)にならないことだが・・・

Mac OS X 10.4.8 will now run on any generic x86-based PC. Well, almost. Kernel coder Semthex has posted what he claims is an entirely legal release of the Mac operating system’s foundation layer. The only snag: you can’t boot into the familiar GUI.

これまでのところ、Mac OS X の x86 版はカーネルの追加コード(add-ons)に依拠してきた。アップルの Trusted Platform Module[TPM、技術参照モデル]を使って純正のハードとつなぐのだ。しかし、核となるコードの大部分は TPM とは別になっていて、アップルのソースコードライセンスを持っているひとなら誰でもその全てにアクセスできる。

To date, the version of Mac OS X for x86 processors has relied on kernel add-ons to anchor the software to Apple’s own hardware through the machines’ Trusted Platform Module (TPM). Much of the core code is independent of it, however, and available for access to all and sundry via Apple’s own source code licence.

semthex

Semthex がやったのは、基本的にいえば TPM 関係の部分をバイパスするコードを書いたことだ。しかもアップルのライセンスの範囲内で。実際に自分で試してみたいということなら、必要なファイルはここ[注:リンクをはずしてある]でみつかる。

What Semthex has claimed to do – and the files you need can be found here if you fancy trying them yourself – is produce code that essentially bypasses the TPM stuff yet stays within the Apple licence.

で、この後は自分のリスクでおやんなさいと Semthex はいう。ともかく、このコードによってシングルユーザーモード[Single User Mode]で起動する。Unix のガチガチのプロ(command-line geeks)にはおもしろいかもしれないが、一般マックユーザーがアップルマシンの代わりに安価なデルに殺到するという事態にはなりそうにない。

Well, so Semthex claims – proceed at your own risk. In any case, the code will boot up into single-user mode, which has a certain interest for Unix and command-line geeks, but isn’t going to get Mac fans rushing off to buy cheap Dells instead of Apple machines.

     *      *      *

元の記事および下記の参考記事にはたくさんのリンクがある。

なお、10月27日付けの semthex の記事によれば、アップルのサイトから 10.4.8 Darwin のソースが削除されたという。

またアップル対ハッカーの戦いが再燃するのだろうか。

     *      *      *

参考:

・Reg Hardware:”Mac OS X 10.4.8 runs on any PC…” by Tony Smith:10月25日
・InsanelyMac Forum:”Briefly: OSx86 10.4.8 Cracked….Legally?” by sHARD>> :10月25日
・InsanelyMac Forum:”10.4.8 without HPET/NX and SSE2, gui for everyone! Working 10.4.8 Kernel Source Build” by semthex:10月25日
・Infinite Loop:”OS X on AMD legally, maybe” by Charles Jade:10月26日
・Macbidouille:”A new hack to run OS X on a PC” by Lionel:10月27日

Semthex のサイト

・Semthex’s Dev Page:”Some Screenshots which should tell you somethin’” by semthex:10月25日
・Semthex’s Dev Page:”Screenshots” by semthex:10月25日
・Semthex’s Dev Page:”Source gone from Apple’s dev-site (read updates)” by semthex:10月27日

Technorati Tags: , ,

2006年 8月 23日

プロの視点:John Siracusa の場合

Filed under: ひと,イベント,OS — shiro @ 20:27
Tags: , , , , , , ,

wwdc

Steve Jobs の WWDC キーノートに熱い視線を注いでいたひとたちがいる。その一人が John Siracusa だ。

FatBits:”Time Machine and the future of the file system” by John Siracusa:8月15日

      *      *      *

キーワードはタイムマシン

「タイムマシン」というキーワードを聞いた瞬間、John Siracusa の頭の中が弾けてつぎのような連鎖反応が起きたという。

タイムマシン・・・タイムトラベル・・・時を遡り古いバージョンのファイルを取り戻す・・・過去に存在したファイルシステムの状態を見る・・・なんてことだ!スナップショットだ!Leopard に新しいファイルシステムができた!Leopard の新しいファイルシステムだ!

Time Machine….time travel…go back in time to get older versions of files…to see the state of the file system as it existed in the pastOMG, snapshots! New file system in Leopard! New file system in Leopard!

ファイルシステムマニア(file system nerd)なら、「スナップショット」(snapshot)が今使われているファイルシステムに簡単にくっつけられる代物ではないことを知っている。HFS+ はオリジナルが持っていた能力を遥かに超えて拡張されている。スナップショットの追加は拡張の範囲を大きく超えてしまうだろう。したがって、スナップショットがあるということは新しいファイルシステムを前提にしているのではないか。

File system nerd knows that snapshots are not the kind of feature that’s easy to tack onto an existing file system. HFS+ has already been extended significantly past its original abilities. Trying to add snapshots is probably one extension too far. So snapshots probably mean a new file system.

タイムマシンのデモが進行しても新しい「ファイルシステム」ということばは出てこない。そこで John Siracusa は考える。

まてよ、アップルが何も言わないということは、ひょっとしたら誰かほかのひとが作ったものを使っているのではないか。もしかしたらアップルは、Leopard で ZFS[注:オープンソースのフリーのファイルシステムで、Sun Microsystems が Solaris OS のために開発]に移行しようとしているのではないか。

Wait! Maybe Apple didn’t say anything about a new file system because the one they’re using was created by someone else. Maybe Apple is moving to ZFS in Leopard!

この数週間というもの、マックのフォーラムやブログの住人たちは、アップルが ZFS に移行しつつあると信じたように思える。Time Machine は、みんなが期待していたこのことを公式に認めるものではないのか。「zfs leopard snapshots」をググってみれば、Time Machine がアナウンスされたときどれほど沢山のひとが同じことを考えたか分かる。ジクソーバズルのようにすべてのピースがぴったりはまる。・・・ そうでなかったのはつくづく残念だ。

In the past few months, it’s seemed like accepted wisdom among the denizens of Mac web forums and blogs that Apple was moving to ZFS. Time Machine seemed like an official confirmation of what everyone expected. Just google for “zfs leopard snapshots” to see how many people came to the same conclusion when Time Machine was announced. All the pieces fit. Too bad it’s not true.

      *      *      *

みんなが期待した新しいファイルシステムとはなにか。John Siracusa は ZFS や ReiserFS[注:GNU/Linux がサポートするファイルシステムで、Namesys の Hans Reiser チームが開発]を例に挙げながらつぎのように説明する。

zfs

[ZFS – The Last Word in File System]

新しいファイルシステムとは

ひとことでいえばそのとおりだ。HFS は時代の最先端をいくパーソナルコンピュータのファイルシステムだ、・・・いや、だったのだ。21年前に発表されたときには、だが。HFS+ はまだ8年しかたっていない。ただし、その設計デザインの多くは HFS に基づいている。その後多くの進展がみられた。多くの追加がなされてもなお HFS+ にはない次のような機能が、最新最良のファイルシステムにはある。

・非常に小さいファイルの効率的保存と処理

・プールストレージモデル(pooled storage model)による論理的なボリューム管理

・全てのデータをチェックサム(checksum)するデータの一体化

・スナップショット(snapshot)

In a word, yes. HFS was a state-of-the-art personal computer file system when it was first released…twenty-one years ago. HFS+ is only eight years old, but it’s built on many of the design decisions of HFS. Progress marches on. Today, there are new capabilities that the best modern file systems have, but that HFS+, even with all of its recent additions, does not. Here’s a short list.

• Efficient storage and handling of very small files.

• Logical volume management through a pooled storage model.

• Improved data integrity using checksums on all data.

• Snapshots.

      *      *      *

スナップショット

スナップショット(snapshot)とは、特定の時点におけるファイルシステム全体の状態を保存したものだ。バックアップと同じに聞こえるかもしれないが、重要な点で違いがある。

Snapshots. A snapshot preserves the state of an entire file system at a given point in time. This may sound a lot like a backup, but there are some important differences.

まず第一に、スナップショットはいかなる時点についてであれ、ファイルシステム全体の状態を、ファイルひとつひとつに至るまでそのままの状態で保存する。そういう意味で完全に自己完結的だ。

First, a snapshot is entirely self-consistent, exactly preserving the state of each file at a particular instant in time across an entire file system. A traditional backup running on an active file system makes no such guarantees without invasive locking schemes or the even more onerous requirements.

さらに、スナップショットはバックアップに比べ相当効率的にスペースを使う。変更された個別のディスクブロック(disk block)を記憶するだけなので、従来のバックアップに比べほんの少しのスペースを使うだけだ。

Second, snapshots are considerably more space-efficient than backups. By recording only the individual disk blocks that have changed, a snapshot takes a fraction of the disk space required by a traditional backup.

最後に、多分これが一番大切なのだが、バックアップを完全にしようとすれば、ファイルシステムのサイズが大きくなるにつれてバックアップにかかる時間も大きくなる。ところがスナップショットなら、ファイルシステムの大きさに関係なく一定の時間しかかからない。スナップショットが「瞬間的」といわれることが多いのはこのためだ。通常スナップショットにかかる時間はとても短いので、スナップショットにはまったく時間がかからないように見える。しかも、覚えておいてほしいのだが、ディスクが大きくなってもかかる時間は増えないのだ。

Finally, and perhaps most importantly, while a full backup takes an amount of time that’s proportional to the size of the file system, a snapshot can happen in constant time, regardless of file system size. This is why you’ll often see snapshots referred to as “instantaneous.” The time required is usually so small that a snapshot appears to take no time at all. And remember, this time does not increase as disks get bigger.

      *      *      *

Time Machine は新しいファイルシステムとは無関係だった

Time Machine は、ZFS を使っている訳ではない。最初はこの点について大きな混乱があった。それは Leopard が DTrace(もうひとつの有名なオープンソースプロジェクトで、Sun の OpenSolaris に遡る)を移植したものを部分的に含んでいるためだ。しかし、ZFS がないからといってショックではなかった。

Time Machine does not use ZFS. There was a lot of initial confusion about this, partially because Leopard does include a port of DTrace, the “other” high-profile open source project to come out of Sun’s OpenSolaris efforts. But the absence of ZFS was no surprise to me.

私は ZFS の移植を額面どおりに受け取っていた。HFS+ の後継ではなく、これまでとは異なったファイルシステムが移植されると。どうせ Leopard には間に合わないだろう。で、私が期待したのは、アップルから新しいファイルシステムが出るのではないかということだった。移植されたものではなく、オープンソースのファイルシステムをいじったものでもない、アップルのエンジニアチームによる、自家製の、まっさらで、クールなファイルシステムのことだ。残念ながら、そうはならなかった。

I took the ZFS port at face value—as a port of a foreign file system, not as a replacement for HFS+ (certainly not in the Leopard time frame, anyway). But what I did expect was a new file system from Apple. Not a port or a fork of an open source file system, but a brand-new, home-grown, kick-ass file system created by Apple’s own team of engineers. Unfortunately, that didn’t happen either.

      *      *      *

Time Machine とはなんだったか

読者はもうお分かりのように、結論をいえば、Time Machine は新しい現代的なファイルシステムのいかなるものも使っておらず、そのスナップショットをベースとするものでもなかった。そうではなくて、旧来の HFS+ 上で動く自動化されたバックアップシステムなのだ。Time Machine のある時点でのビュー(point-in-time views)とは、実は外付けディスクないしはサーバーの「スパースディレクトリ階層」(sparsely populated directory trees)なのだ。それは、書き換えられなかったディレクトリのハードリンク(hard link)と、最後のバックアップ以降に書き換えられた少数のファイルの完全コピーで構成されている。

The upshot, as readers probably know by now, is that Time Machine is not an interface to file system snapshots built on any sort of new, modern file system. Instead, it’s an automated backup system that works with plain old HFS+. The point-in-time views in Time Machine are actually sparsely populated directory trees on an external disk or server containing mostly hard links to unchanged directories, plus full copies of the few files that have been created or modified since the last backup.

Mac OS X 10.0 がリリースされたとき、アップルは HFS+ に旧来のハードリンク(hard link)、すなわちファイルへのハードリンクを付け加えた。Leopard では、HFS+ は任意のディレクトリについてもハードリンクを作成できる。私の知る限り、ほかの Unix ライクな OS ではこういう機能は全く見られない。Time Machine は次のようにして「スパース階層」を作成する。最初のバックアップでは完全コピーを作る。それ以降のバックアップには、[書き換えられた部分のコピーに加え、]書き換えられなかった部分のハードリンクが含まれる。

Apple added traditional hard links (that is, hard links to files) to HFS+ back before Mac OS X 10.0 was released. In Leopard, HFS+ supports the safe creation of arbitrary hard links to directories as well—an ability wholly alien to any other Unix-like operating system that I can think of. This is how Time Machine builds its sparse trees. The very first backup is a full copy. All subsequent backups contain hard links to the unchanged portions of the previous backup.

      *      *      *

過去のしがらみを断ち切った Time Machine

Time Machine の最も目立つ特徴[注:スナップショット]は、下部構造のファイルシステムやコピーエンジンとは全く関係ない。これまでの[バックアップソフトに見られる]「ユーティリティアプリケーション」モデルは、多くのひとに対し心理的プレシャーや混乱を与えてきたが、アップルはそれから解き放ったのだ。

The most significant feature of Time Machine has nothing to do with the underlying file system or copy engine. Apple has set backups free from the traditional “utility application” model that so many people find intimidating and confusing.

バックアップ自体を自動化することはとても簡単だ。ほかの多くのバックアップソフトもそうやっている。アップルの巧いところは、復元のプロセスを、これまた従来のバックアップ専用ソフトがもつ繰り返し作業から解放したことだ。簡単で、楽しくなるようなインターフェイスを使って、標準的なファイルマネージャの中で簡単にファイルが復元される。もっといいことに、アップルのアプリケーションのみならず、ほかのアプリケーションでもデータ復元が可能だ。サードパーティのデベロッパは、彼らのアプリケーションに Time Machine を取り込むことが出来るのだ。

Making the actual backup process automatic is pretty easy. Lots of existing backup products do that. The ingenious bit is that Apple has made the recovery process similarly free of any interaction with a dedicated backup application. Files are recovered from a simple—fun, even!—interface right in the standard file manager. Even better, data can be recovered from within individual applications, and not just those from Apple. Third-party developers can also integrate Time Machine into their applications.

ついで John Siracusa は、Macworld の Rob Griffiths が指摘した Time Machine の問題点についても同じように触れているが、ここでは割愛する。

むしろおもしろいのは、Time Machine のデモを見ながら想像したというつぎの点だ。

      *      *      *

マイクロソフトだったら・・・

Time Machine のデモを見ながら考えていたことといえば、これがアップルでなくマイクロソフトが同じことをやったとしたらどんなインターフェイスになっただろうかということだった。私が想像したのは、つぎのようなファイル復元ウィザード(File Recovery Wizard)だった。復元するフォルダのコピー元、コピー先を特定するため、たくさんの日付指定やブラウズボタンが付いている。5段階にも及ぶステップが完了すると「完了」ボタンをクリックすることになる。ひょっとしたらワンちゃんのアニメも付いてくるかもしれない。

When I saw the demo of Time Machine, all I could think of is what kind of interface the same set of basic requirements would have produced if created by Microsoft instead of Apple. I pictured some sort of File Recovery Wizard, replete with date-picker widgets and multiple “Browse…” buttons to select target and destination folders. The five-step process would end by clicking a button named “Finish.” There may or may not be an animated cartoon dog.

      *      *      *

スナップショットの利点

すべてはスナップショットに話が戻るのだ。もう一度いうが、スナップショットはバックアップとは異なる。スナップショットを使えば、Time Machine のような自動化されたバックアップシステムをより効率的にできる。スナップショットの機能をもった(snapshot-enabled)ファイルシステムがコピー元とコピー先の両方のボリュームにあれば、ファイルレベルではなく、ブロックレベル(block level)でのバックアップが可能になる。500MB のファイルの中のたった1バイトを変更しただけなら、バックアップボリュームではたったの1ブロック(4KB 程度)で済むのだ。

All of this comes back to snapshots. Again, snapshots are not the same thing as backups. But they can certainly be used to more efficiently implement an automated backup system like Time Machine. With snapshot-enabled file systems on both the primary and backup volumes, backups could be done at the block level rather than the file level. A one byte change to a 500MB file would then cause only a single block (say, 4KB) of new storage to be used on the backup volume.

      *      *      *

私は待つ・・・

私としては、未来の Mac OS X では、現行の HFS+ に代わって、もっと近代的な、なんらかのシステムにとって代わることを期待する。

As for the future of file systems in Mac OS X, I continue to hold out hope that something more modern will replace HFS+…

だから私は待ち続ける。Time Machine が発表されたあとの数分間は、ファイルシステムマニアにとっては至福の瞬間だった。その後、実は新しいファイルシステムなんてないのだと分かったときは残念だったけれど。私のウォッチリストには Mac OS X 10.6 が正式に加わった。さあ、2008 年の WWDC を待つぞ!

And so I continue to wait. The few minutes between the announcement of Time Machine and the eventual revelation that there’s no new file system under the covers represents the best experience for Mac file system nerds in a keynote in many years. (Sad, but true.) Mac OS X 10.6 has officially been added to my watch list. WWDC 2008, here I come!

      *      *      *

門外漢には難しすぎて、どの程度訳出できたか自信ないが、WWDC の主役だったデベロッパがどう感じたかということの一端は窺い知ることができるのではないだろうか。

WWDC 直後のネットの様子から、(まだ Jobs のキーノートを見る前だったけれど)、迂闊にも「なんだ、噂にあがっていたことだけじゃないか」と思ってしまった。しかしそれは、噂に毒されたシロウトの考えることで、本当のプロは別の視点から見ていたのだ。

デベロッパとは夢を持つひとびとなのだなあと思った。

Technorati Tags: , , ,

2006年 8月 18日

64ビットサポートとは

Filed under: OS — shiro @ 18:32
Tags: , ,

64bit

Leopard の強化機能の第一に挙げられたのは 64 ビットサポートだった。

先進的な次世代アーキテクチャらしいということを除けば、漠然としてよく分からない。

Henry Norr が簡潔な解説を書いている。

Macworld:”Leopard first looks: 64-bit support” by Henry Norr:8月16日

      *      *      *

64 ビットサポートの意味

64 ビットの完全サポートは、WWDC における Jobs のキーノートでも重要な地位を占めていた。Leopard の強化された諸機能の中でも、バックアップ兼復元技術である衝撃的な Time Machine を差し置いてリストのトップにきた。しかし、64 ビットサポートがトップバッターになったのは、デベロッパ会議においてすらいささか奇妙だった。というのも、アップルも認めるとおり、ほとんどのアプリケーションにとってまだ意味をなさないからだ。

Full 64-bit support got top billing in Steve Jobs’ Worldwide Developers Conference keynote—it was first on the list of Leopard enhancements he previewed, ahead even of Apple’s striking Time Machine backup-and-restore technology. Even at a developer conference, however, 64-bit support was an odd choice for the lead-off position, because it’s an option even Apple admits doesn’t yet make sense for most applications.

Henry Norr はつぎのようにいう。PowerPC G5 プロセッサは Tiger 以降 64 ビットコードも扱えるようになったけれど、ソフトとハードの現状は基本的にはまだ 32 ビット環境なのだ、と。その上でつぎのように続ける。

      *      *      *

64 ビット移行のメリットはなにか

Leopard では様子が異なる。デベロッパは今でも 64 ビット稼働が可能な本格的マックアプリケーションを作ることができる。ただし、現行のマックソフトを[64 ビットに]変換しようとすると、かなりの作業に遭遇するハメになる。プログラムのコードのみならず、プログラムが使うことになるライブラリやフレームワーク、プラグインといったものまで書き換え、再度コンパイルする必要があるからだ。

Things will be different in Leopard: Developers can now build full-fledged Mac apps that are 64-bit-capable. But developers converting existing Mac programs will face a fair bit of work. Not only their own code, but every library, framework, and plug-in their programs use will have to be modified and recompiled.

そこまでしても、64 ビットに移行するメリットがいまひとつ分からない。まず第一に、64 ビットコードは G5 ないしは Core 2 プロセッサでしか動かない。PowerPC の G3 や G4 を使用するマック、あるいは新しいインテルマックでも第一世代の Core Duo や Core Solo を使用するものについては、やはりデベロッパは 32 ビットのバージョンを作らなければならない。それらのマックとは、MacBook、MacBook Pro、iMac、Mac mini、すなわち現行のマックのほとんどだ。

Even then, there’s not always a clear-cut case to move to 64 bits. First, 64-bit code will work only on G5 or Core 2 processors—developers will still have to deliver 32-bit versions for users with Macs based on G3 and G4 PowerPCs or even with Intel’s first-generation Core Duo and Core Solo CPUs (in other words, the current MacBook, MacBook Pro, iMac and Mac mini product lines).

第二点目として、64 ビットのプログラムの中には 32 ビットバージョンに比べ、かなり遅いものがある。特に G5 のマックでそうだ。たいていの場合、64 ビットに移行することによってパフォーマンスがよくなると考えられるが、それでも圧倒的というわけにはいかない。新しい Mac Pro や Core 2 プロセッサを使う未来のモデルですらそうだ。問題は 32 ビットから 64 ビットに移行すると、コードが膨れ上がってしまうことだ。プロセッサの L1 キャッシュや L2 キャッシュにはいりきらず、メモリーからの呼び出しが比較的遅くならざるを得ないのだ。

Second, some 64-bit programs will actually perform more slowly than 32-bit equivalents, particularly on G5 Macs. Although most applications are likely to pick up some performance by going 64-bit, the benefits are not likely to be overwhelming, even on the new Mac Pro and future models with Core 2 processors. The main problem is that going from 32- to 64-bits results in inflated code, which means less of it fits in the processor’s L1 and L2 caches, and more relatively slow calls to memory are required.

      *      *      *

では、誰のためのものか

膨大なデータ量を扱うソフトのデベロッパなら、Leopard がネイティブで 64 ビットコンピューティングをサポートすることに感謝するだろう。科学計算ソフト、大規模データベース、データマイニング(data-mining)システム、大規模 CAD/CAM ソフトなどだ。とくにゼロからソフトを構築する場合で、 PowerPC や第一世代 Core ユーザーのことなど考える必要がなく、未来の Core 2 プロセッサで動きさえすればいいという場合だ。

Developers of certain types of programs that work with huge amounts of data—some scientific computing applications, large database and data-mining systems, large-scale CAD/CAM apps, and specialized image processing programs, to name a fewムwill appreciate Leopardユs full, native support for 64-bit computing, especially if they are creating new applications from scratch and if they are targeting only future Core 2 CPUs, leaving PowerPC and first-generation Core users behind.

      *      *      *

結論は・・・

十年か二十年もすれば、32 ビットコンピューティングのことなぞ歴史の彼方に消え去っているかもしれない。Mac OS(名前は変わっているかもしれないが)とそれで動くハードウェアは、64 ビットオペレーションに完全最適化されているだろう。その時になって初めて、Leopard で 64 ビットのアプリケーションサポートを行ったことが、その後の発展における重要な一里塚であったことに気付くだろう。しかしそれまでの間は、主として特定の技術ソフトのデベロッパだけの関心事だといえる。プロのクリエイターやパワーユーザーを含め、ほとんどのマックファンにとっては、これは飛躍のひとつに過ぎない。来年春、Leopard が野に放たれても、さほど騒ぎ立てられることはないだろう。

In a decade or two, 32-bit computing may only be a distant memory, and the Mac OS (or whatever succeeds it) and the hardware it runs on will be fully optimized for 64-bit operation. By then, in hindsight, the addition of 64-bit application support in Leopard will look like a milestone on an important evolutionary path. But in the near term, it’s mostly of interest to developers of specialized technical applications. For most Mac fans—even graphics professionals and other power users—this is one leap forward that’s not likely to produce much of a splash when Leopard is unleashed next spring.

Technorati Tags: , ,

2006年 5月 3日

アップルがデスクトップを制覇するための究極の秘策

appleadobe

Robert X. Cringely が連続して繰り出すパンチが冴えている。

先週 Cringely は、OS X 10.5 に Windows API を実装することによってマックで Windows が動くようにするだろうと書いた。

PBS:”Native Speaker: There May Be an End-run for Apple Around Windows After All” by Robert X. Cringely:4月20日

事情をよく知っていると自認するひとたちは、Cringely が書いたものを読むと居ても立ってもいられない気持ちになるようだ。「そんなバカなことがあるか」という訳だ。

Daring Fireball の John Gruber もそのひとりだ。

Daring Fireball:”Several Asinine and/or Risky Ideas Regarding Apple’s Strategy That Boot Camp Does Not Portend” by John Gruber:4月10日

Cringely のような輩(やから)は、マイクロソフトとアップルのことを大袈裟なドラマに仕立てて、テクノコラムを書くネタにしているのだと手厳しい。

いちばん直裁(ちょくさい)な反発を示したのは Buzz Out Loud の Veronica Belmont だろう。

Buzz Out Loud from CNET:”BuzzCast 04/21/06 – Tom is lazy“:4月22日[ポッドキャスト → Download MP3

そんなバカな! そんなこと起きるわけないでしょ。マイクロソフトが許さないわよ。・・・ 決して。 あ〜、クリンジリー、気が狂いそうだわ! 本当よ!

Stop being crazy!  That’s not going to happen.  Microsoft would not allow that happen…  There is no way.  Ah! Cringely, you drive me crazy! You really really do!

ポッドキャストのせいもあって、生の感情が良く伝わる。

      *      *      *

今週の Cringely は、アップルがデスクトップの覇権を握るための秘策を披露している。なんと Adobe を買収しろというのだ!

PBS:”Killer Apps: For Apple’s Windows Strategy to Work, It Must Replace Microsoft Office and Buy Adobe Systems” by Robert X. Cringely:4月27日

Cringely にペンを取らせた背景は二つある。ひとつは、マックで Windows が動くことをアップルが「公然と」(Boot Camp で)認めたこと。このあとアップルがどこへ向かうのか興味津々(しんしん)という訳だ。もう一つは、アップルが Apperture の開発チームの首をすげ替えたこと。いったい何があったかという訳だ。

      *      *      *

今週の Cringely のタイトルは「キラーアプリ」(Killer Apps)だ。

この大胆な戦略[注:Mac OS X に Windows API を実装する]は、来年一月に Windows Vista なるものが出荷されても、それは実のところ Windows XP SP4 に新しい名前を付けたにすぎないという非常に蓋然性(がいぜんせい)の高い予想を踏まえているものだ。マイクロソフトはあまりに肥大化し、麻痺しすぎたので、そうなる可能性が大なのだ。ここで欠けているのは、マイクロソフトの OS 戦略に対しアップルがどんなアプリケーション戦略(application strategy)で応えるかという視点だ。というのも、マイクロソフトの本当の力の源泉は Windows ではなく Microsoft Office にあるからだ。幸いなことに、アップルには「アプリケーション計画」があり、しかもそれが稼働中だと私は信ずる。それをここで説明していきたい。

This bold strategy is based on the high probability that — if something called Windows Vista ships at all next January — it will really be Windows XP SP4 with a new name. Microsoft is so bloated and paralyzed that this could happen, but what’s missing is an Apple application strategy to go with this operating system strategy, because Microsoft’s true power lies not in Windows, but in Microsoft Office. Fortunately for Apple, I believe there is an application plan in the works, and I will describe it here.

今日の Windows は以前に比べてセキュリティの面でより脆弱(ぜいじゃく)になっている。Windows は、上り坂の OS というより、それに堪えて付いていかなければならない代物(しろもの)になっている。

The two key differences between that time and this are that Apple isn’t IBM, and this isn’t 1989. Windows is far more vulnerable today than it was then from a security standpoint. Rather than being an OS on the way up, as it was then, today Windows is the OS we tolerate.

Microsoft Office がなければ、マイクロソフトは時代遅れで安全性に欠ける OS を持った会社というに過ぎない。もしアップルが、本気で Windows ユーザーを獲得する気があり、そのためにはマイクロソフトと真正面からぶっつかることも辞さないということなら、アップル版の Office を作るという考えを場合によっては引っ込めて、ウインドウズ版の Office が不思議なことにマックでも動くと認めるぐらいでなければならない。もっとも、そうなりそうにない理由はいっぱいある。マイクロソフトがインテルマック用 Mac Office に力を入れる(それは Windows が動くということでもあるのだが)というのもそのひとつだ。そんな Office は[異なるプラットフォームにまたがる]ハイブリッド製品であり、ウインドウズ版より見栄えがよく、尚かつ 100 %の互換性があり、しかもマイクロソフトに新規に大きな利益をもたらすのだ。これこそマイクロソフトがアップルに対して破壊的行為に出るのを防ぐニンジンの役割を果たすものだ。

Without Office, Microsoft is just a company with an archaic and insecure OS. If Apple does go ahead to compete head-to-head with Microsoft for Microsoft’s own Windows customers, Cupertino will have to be ready in case Mac Office is withdrawn and Windows Office mysteriously breaks on Apple hardware. There is a good likelihood this won’t happen, especially if Microsoft can find a way to rev Mac Office for IntelMacs sorta running Windows — a hybrid product that would look better than the Windows version while retaining 100 percent compatibility and generating an enormous new revenue stream for Redmond. This is the carrot Apple will use to keep Microsoft from doing something truly destructive.

しかしながら、Microsoft Office の代替品を作ったからといって問題が解決する訳ではない。アップルのアプリケーション構成にはまだ脆弱性(application vulnerability)がある。一般事務ソフトについてマイクロソフトに頼っているように、コアとなるメディアやグラフィックソフトについても、アップルは Adobe に頼っているのだ。

But finding an alternative to Microsoft Office won’t fully solve Apple’s application vulnerability. That’s because for its core media and graphics markets Apple is as dependent on Adobe as it is Microsoft for the general office market. And now that Adobe owns Macromedia, Apple is even more vulnerable.

それなのに、Adobe はアップルと一定の距離を置いているようにみえる。

Steve Jobs は、Windows のアプリケーションがアップルのハイブリッドなプラットフォームで猛烈なスピードで動くことを望む一方、そのソフトがクズみたいなひどいものに見えることも望んでいる。単に抜け穴をうまく利用してではなく、実力でマイクロソフトを打ち負かしたいと、Jobs は心の奥底で思っているのだ。したがって、OS X のソフトを作っている独立系ソフトウェア会社(ISV = Independent Software Vendors)の筆頭については、これからも OS X のソフトを作り続けてもらわなければ困るのだ。他でもない、Adobe のことをいっているのだ。

Steve wants Windows applications to run like crazy on his hybrid platform but to look like crap. In his heart of hearts, he’d still like to beat Microsoft on the merits, not just by leveraging some clever loophole. So he needs the top ISVs who are currently writing for OS X to continue writing for OS X, and that especially means Adobe.

ma

確実にそうする方法はたったひとつしかない。アップルが Adobe を買収することだ。

There’s only one way to make that happen for sure, and that’s for Apple to buy Adobe.

・・・Adobe 買収案はこういうことなのだ。

アップルにはたっぷりカネがあるから、難しいことではない。マーケットだってよろこぶだろう。そうなれば、Adobe の Premiere はやめて Final Cut Pro の勝ちになるだろうし、Aperture はボツにして Photoshop が王座を占めることになるだろう、と Cringely はいう。

そして、最後をつぎのように結ぶ。

ほら、今週アップルが Aperture 開発チームを全員首にしたというもそういう訳じゃないのか。

Hey, could that be why Apple is rumored to have this week just laid-off its entire Aperture development group?

かもしれないぞ。

Could be.

      *      *      *

ここでは割愛したが、マイクロソフトがマック版 Internet Explorer から手を引くのに備えて Safari を開発したことや、インテルから AMD へのスイッチをも視野に入れたコンティンジェンシープラン(非常事態計画、contingency plan)について言及しているところもおもしろい。

本当の意味でのオープンフォーマットとは、ソフトメーカーがなくなってもなおドキュメントファイルが読めるようなものでなくてはならないと論じているところや、それにも拘らずオープンという点で問題のあるマイクロソフトの Open XML format(次期 Office バージョンに搭載予定)をアップルが支持し、なおかつ ECMA への提出まで支持した背景にある深謀遠慮に触れているところも実に興味深い。

例によって、Cringely 流のおもしろい話がこれでもかと随所にちりばめられているが、残念ながらここでは割愛する。

Cringely の面目躍如(めんもくやくじょ)というところだが、こんどはどんな「反発」を招くだろうか。

Technorati Tags: , , , , , , ,

2006年 4月 7日

Boot Camp のロゴに隠された秘密

bootcamp_logo

アップルが新しく発表した Boot Camp の名前やロゴについてはうがった見方があるようだ。

まず、ロゴについて・・・

Daring Fireball:”Windows: The New Classic” by John Gruber:4月6日

Boot Camp のロゴもこの考え[注:ウインドウズは二流になった]をサポートしているように思える。このロゴはウインドウズのロゴを粗悪にしたものだ。カラーをモノクロに変え、4枚のパネルの間に X を隠して。(FedEx のロゴに矢印が隠されているように。)

Even the Boot Camp logo reinforces this. It’s a bastardized variant of Microsoft’s Windows logo, sans color, and with the whitespace between the four panels forming a hidden “X”, à la the hidden arrow in FedEx’s logo.

fedexlogo

撃ち合いをしたら Mac OS X の方が勝つというにっちもさっちもいかない状態にマイクロソフトはおかれている。マックの方が見栄えもよく、デザインもよく、もっとエキサイティングで、もっと魅力的で、もっと満足がいくものなのだから・・・

They (Microsoft, that is) are stuck with the fact that in a fair shoot-out, Mac OS X is better. It looks better, itユs better designed, itユs more exciting, more intriguing, more satisfying.

      *      *      *

また、マックのソフトとしては異様な「新兵訓練所」(Boot Camp)という名前について問題と感じるひともいるようだ。

bootcamp-1

BusinessWeek:”Boot Camp — What’s in a name?” by Peter Burrows:4月6日

同僚にいわれて、Boot Camp という名前について考えさせられた。起動する(booting up)ということばと関連があるのは明らかだ。それは分かる。しかし、この名前にはそれ以上の隠された攻撃的意図があるのではないか。たいていの人は boot camp ということばで、精神的にも肉体的にも惨めな状態で訓練を強制され、精神的にも肉体的にももっと惨めな戦争に狩り出されるというイメージを思い浮かべるのではないか。あなたはそれでもいいかもしれない。しかし、面白半分でやるようなことではないと思う。

Our Tech Channel editor Tom Giles got me thinking about the name Apple chose for the beta of its new software to let users load Windows on their Intel-based Macs. There’s the obvious reference to booting up. That I get. But the name seems more than a little passive aggressive, no? After all, most people’s perception of an actual boot camp is of a miserable, mentally and physically taxing form of forced training that is imposed on people before they go into an even more mentally and physically taxing experience: war. It may be good for you, but it’s not something you do for kicks.

      *      *      *

はてさて、どんな意味が込められているものか・・・

Technorati Tags: ,

2006年 4月 6日

Boot Camp はチョー簡単!:テストレポートとインストールビデオ

bootloader

アップル自ら Windows XP をインテルマックにインストールする道を開いたことで騒然となっている。

先日、narf と blanka のハッカー版を試した Macworld の Rob Griffiths が、早速アップルのブートローダ Boot Camp を試した。

まだとりあえずの報告だが、先日のレポートと同じで説得力がある。

Macworld:”Signing up for Boot Camp: Apple software simplifies XP installation” by Rob Griffiths:4月5日

まず全体の印象はどうか

アップルの Boot Camp パブリックベータを Mac mini Core Duo にインストールしながら頭に浮かんだことばがある。「簡単」ということばだ。Windows XP をインストールするのは、とても簡単だ。起動する OS の選択も、とても簡単だ。必要なドライバをインストールするのも、何度も繰り返して恐縮だが、簡単・かんたん・カンタンだ。

One word kept coming to mind Wednesday, as I sat down to install Apple’s Boot Camp public beta on my Mac mini Core Duo—simple. Using the software to install Windows XP on my machine? A very simple process. Choosing which OS to boot? Also simple. Installing the necessary drivers? At the risk of repeating myself, simple, simple, and did I mention simple?

前回のハッカー版(OnMac project)のときとは大違いだ。

That’s a far cry from my previous experience trying to get Windows XP to run on an Intel-based Mac. A few weeks ago, I used the OnMac.net project’s work to install Windows XP on a Mac mini Core Duo. I enjoyed some success with the hack, but not without my share of adventures.

ハッカー版とはなにが違うか

ハッカー版とアップルの Boot Camp とは何が違うのか。コンピュータの知識の多少に拘らず、誰がやっても完璧で使用可能(complete and usable)だということだ。

The biggest difference between Apple’s Boot Camp and the OnMac project is that Apple’s solution is complete and usable by someone of nearly any level of computing knowledge.

インストール作業はどんなものか

始めてから完了するまで、かかった時間は40分というところか。(ハッカー版の場合はたっぷり9時間はかかった。)作業の大半は XP のインストール時間だった。準備作業は10分くらい。非常に重要なことは、一切 PC を必要としないという点だ。それだけでも作業がとても簡単になる。

From start to finish, while working on the daily hints updates at the same time, the whole process took me maybe 40 minutes. I spent most of that time in the XP installer; the preparation steps took only about 10 minutes. Most important, you don’t need access to a PC in any way to do this; that alone makes installing Windows XP on a Mac much more doable for many people.

By way of comparison, using the OnMac.net hack took me a total of nine hours to get everything up and running.

ハッカー版の難しさを10中9とすれば、Boot Camp は2に過ぎない。

インストール作業について

Partitionxp-1

作業の詳細はレポートを見ていただくとして、いくつかのポイントだけ・・・

・作業に必要な Windows XP Drivers CD の作成もチョー簡単

・パーティションを切るときも、ハードディスクを初期化する必要がないので、データも失われない

・Windows XP そのもののインストール時間は20分ぐらい

・ブートローダ(起動ディスクの選択)もとても簡単

・起動時間:OS X 19 秒、XP 36 秒

唯一困った点

Windows XP のインストール回数には制限があるので、その限度を超えたときはサービスデスクから新しい番号をもらう必要がある。自分のインストールディスクがそうだったが、サービスデスクはなんとインドにあった・・・

I had one minor issue when I went to activate my Windows XP installation—I wasn’t allowed to do so. Due to all the reinstalls during the previous experiment, I’d used up all my grace activations, I guess. Thankfully, the fix is easy, if not a bit annoying. An onscreen helper appears with a really long number (nine sets of six digits per set) and a phone number. Dial the number, read all 54 digits to a computer (which takes a while). After a brief chat with a representative in India, you get a new activation number to use in the assistant. At no point did anyone ask what type of machine I was installing XP on (though I kept hoping they would ask). After I entered the new number, Windows XP activated without any issues.

ゲームができる!

・Windows XP Drivers CD には Windows XP を使うのに必要なドライバが全て(video, audio, wireless, Bluetooth, and everything else)はいっている

アップルがセットにしてくれた一番重要なもの、それはネイティブのビデオドライバだ。mini の分だけでなく iMac や MacBook Pro の分まではいっている。ネイティブのビデオサポートがあれば DirectX や OpenGL を使うソフト、即ち QuickTime HD movie、Windows Media Player movie、CAD プログラム、3D  レンダリングソフトが使える。それだけではない、ゲームもできる!

The most important drivers that Apple brings to the XP party are the native video drivers—not just for the mini, but for the MacBook Pro and iMac as well. With native video support, you can now run things that depend on DirectX and OpenGL—things like QuickTime HD movies, Windows Media Player HD movies, CAD programs, 3D rendering applications, and…games!

ハッカー版のときもそうだったが、Boot Camp でも、XP mini の使用感はフル装備の PC と変わらない。むしろ、ドライバやきびきびした動作のためもっと速く感じられる。

As with the OnMac project, using a Boot Camp-installed XP on the mini is like using XP on any full-fledged PC—only more so since all the driver support is present. Everything I tested just worked.

みんなの関心があるのはゲームだろう。DirectX や OpenGL がサポートされるおかげで、PC のゲームの世界が突如としてインテルマックでも可能になったのだ! (mini のミニマムメモリーでは十分でないゲームもあるが・・・)

The difference in XP’s speed with native video drivers is very noticeable. You can quickly drag windows—their contents display and scroll very quickly, and the overall interface just feels more responsive. But nobody cares about the user interface. What everyone really cares about is gaming, of course! With DirectX and OpenGL support, the whole world of PC gaming is suddenly available for Intel-based Mac users.

結論はどうか

先に「ウインドウズ XP のインストールは、ガチガチのハッカー(hardcore dedicated techie type)を除いてはとても勧められない」と書いた。それからまだ二週間も経っていないのが信じられない。Boot Camp はまだベータ版だが、それでも私の考えは変わってしまった。インテルマックに XP をインストールするのは、新しい PC に自分でインストールするのと変わらない。いやむしろ簡単になったといえるかもしれない。

Hard to believe it was not even two weeks ago when I wrote: メノI donユt think that installing and using Windows XP on an Intel Mac is at a point today where I could recommend it to anyone other than a hardcore dedicated techie type.” With the release of Boot Camp, even in beta form, my opinion has changed. Installing XP on an Intel Mac is no harder than installing it on a new PC yourself—you might even say that it’s simpler.

      *      *      *

ポッドキャスはこちら

Macworld は早速ポッドキャストで、Rob Griffiths に Boot Camp について語らせている。

Macworld:”Macworld Podcast #35: Boot Camp” by Cyrus Farivar:4月5日

Rob Griffiths はハッカー版で苦労しまくっただけに、アップル版のクールさに興奮しているように見える。

      *      *      *

インストールビデオも登場

Install-Video

さっそく Boot Camp のインストール作業をビデオにするところも現れた。

先にハッカー版のインストールビデオを作成した UNEASYsilence だ。その手際のよさには恐れ入る。

UNEASYsilence:”VIDEO of the NEW “Boot Camp” Windows XP loader“:4月5日

まさに百聞は一見に如かず、だ。

      *      *      *

追記:(4月7日)

もうひとつ、すてきなポッドキャストがあった。

某店パソコン販売員のポッドキャスティング:”ラジオ第122回“:4月7日

MacBook Pro で Windows XP がサクサク動く様子を報告。写真もあってとても楽しい。

ボブさんの興奮の声を是非お聞きください。

Technorati Tags: , , ,

(more…)

次ページへ »