maclalalaweblog

2006年 10月 24日

コラムニストの矜持:Paul Thurrott

SEC

ウインドウズのコラムニスト Paul Thurrott は、アップルについてなかなか手厳しいが、ストックオプションの問題については発言を控えている。

彼のコラムに興味深い意見が載った。「アップルのいわゆる自社株購入権の濫用について」だ。

Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Apple’s alleged stock options abuses“:10月22日

      *      *      *

アップルのストックオプション濫用調査について、どうして私が議論に加わらないのかと、何人ものひとから聞かれた。問題は複雑に絡み合っていても、答えは簡単だ。何が起き、何が起きなかったかという情報が私にはないからだ。したがって、議論をしても付け加えるべき何ものもない。私は法律専門家ではないし、それに興味もない。

I’ve been asked by a number of people why I haven’t weighed in on Apple’s stock options abuses investigation. The answer is simple, if multi-tiered: I have no information about what did or did not happen and therefore have nothing to add to the discussion. I’m not a lawyer. And I just don’t care.

私の関心事のほとんどはテクノロジーだ。その観点からすると、アップルは驚くほど素晴らしい会社だ。だから、10年前に第1号を出した私のウインドウズ向けニュースレター WinInfo でアップルについて議論するのだ。人間そのものについてはさして興味ない。Jobs 信仰(その意味では Gates 信仰も同じだが)は私にはこれっぽっちも興味ない。Jobs に興味があるのは、エンジニアとしての経歴を全く欠いているにも拘らず、明らかに彼こそがアップルの偉大なるテクノロジーの責任者だからだ。ほとんど独学で叩き上げた設計者であり、企業人でありながら、Jobs は彼のなすべきこと(his stuff)を十分に心得ている。Bill Gates がマイクロソフトと同義語である以上に、Jobs はアップルそのものなのだ。

For the most part, my concern is the technology. From this perspective, Apple is a phenomenally fascinating company, and the reason I’ve been discussing Apple even in my Windows-oriented newsletter, WinInfo, since its inception over a decade ago. I’m less interested in personalities. The cult of Jobs (or the cult of Gates for that matter) is of no interest to me in the slightest. Jobs is only interesting insomuch as he is clearly responsible for great Apple technology despite his complete lack of technical background. For a guy who is pretty much a self-taught designer and businessman, Jobs knows his stuff. Jobs is Apple, more even than Bill Gates is Microsoft.

時には、マイクロソフトの独禁法裁判のようなメロドラマが、そうでもなければ純粋に技術的な私の関心事に闖入(ちんにゅう)する。そんなときには舞台裏での政治工作がおもしろくなる。しかし、それがおもしろいのはテクノロジーに影響を及ぼすからだ。例えば、マイクロソフトはインターネットエクスプローラ(IE)をウインドウズに統合する道を選んだが、それは明らかな誤りだった。いつ、どこでそういう決定がなされたかという議論は確かにおもしろい。しかし、そのことがウインドウズ、ひいてはウインドウズユーザーに与えた影響の方がもっとずっと興味深いのだ。私はパーソナルコンピュータの歴史が好きだ。しかしそれはあくまで製品と技術という意味においてだ。いつ、いかにして技術が生まれたか、時の経過とともにどう変わったか、実世界で実際にひとびとが使ってみたときその出来具合はどうだったか、そういうことを私は知りたい。(ぴったりの実例。Windows NT の設計者である Marc Lucovsky や David Thompson と話すことの方が、私にとっては Gates に会うことよりはるかに有意義で、充実した体験だ。)

Occasionally, soap operas like the Microsoft antitrust trial intrude on my otherwise purely technical concerns. In these instances, the back room politics become interesting, but again, mostly because of their effects on technology. For example, Microsoft choosing to integrate IE into Windows was clearly a mistake. The why’s and wherefore’s of that decision are interesting. But its impact on Windows and Windows users is more interesting. I care about PC history, but only in the product and technology sense. I like to know when and how technologies are invented, how they change over time, and how they perform in the real world when used by real people. (Case in point. Getting to really talk to NT architects like Marc Lucovsky and David Thompson was far more meaningful and fulfilling to me than meeting Gates.)

そこで話は、アップルのストックオプション濫用に戻る。アップルは現在精査ないしは捜査を受けているたくさんの会社のひとつに過ぎない。「みんながやっている」からといって必ずしもアップルの疑いが晴れるわけではないし、何が起きているのか Steve Jobs は全く知らなかったというアップルの説明や、その発表を直ちに事実として受け入れるアップルコミュニティはまったくバカげていると思う。しかしそうだとしても、私にとってはどうでもいいことだ。みんながやっていたとしても、企業におけるごまかしにはもともと興味がない。このケースの場合、いかなるテクノロジーにも、そしてその延長としていかなるユーザーにも、影響をもたらすものは何もない。詰まるところ、私が興味ないのはそういうことだ。

So back to Apple and stock options abuses. Apple is just one of many companies currently under scrutiny or investigation. That “everyone else was doing it” doesn’t necessarily clear Apple, and I did find Apple’s own conclusions–that Steve Jobs knew nothing about what was going on–and the Apple community’s instant acceptance of that announcement as fact, to be pure silliness. But in the end, I just don’t care. Everyone else was doing it, but the corporate shenanigan stuff is still inherently uninteresting. In this case, it never affected any technology and, by extension, any users. Ultimately, that’s why this is so uninteresting.

この出来事のため、Steve Jobs が職を失う可能性がいくらかあるとしたら、話はまったく違ってくるだろう。そうなれば、私が書く本の中で、アップルのストックオプション濫用の話は、にわかにマイクロソフトの独禁法裁判と同じレベルに達することになる。しかし私のみるところそうなるとは思えない。

Now if Steve Jobs were in some danger of losing his job because of this episode, we’d have a different story, and suddenly Apple’s stock options abuses would rise to the level of the Microsoft antitrust trial in my book. But I don’t see that happening.

      *      *      *

ひとつの見識だと思う。

Technorati Tags: , ,

2006年 9月 2日

アップル流マスコミ操縦術

top_secret

アップルの秘密主義について興味深い記事がある。

RoughlyDrafted Magazine:”Why Is Apple so Secretive?” by Daniel Eran Dilge:8月29日

      *      *      *

アップルの秘密主義

未発表製品に対するアップルの秘密主義は悪名高い。批判的なひとたちは、アップルの秘密主義をオープンソースプロジェクトの透明性と比較する。他の民間デベロッパと比較するひともいる。例えばマイクロソフトは、これまで将来計画については詳細なロードマップを示してきた。なぜアップルは将来計画を隠したまま見せないのだろうか。

Apple has long been notoriously secretive about its unreleased products. Critics compare Apple’s secrecy against the transparent development efforts of open source projects, and even with other commercial developers. Microsoft, for example, has a history of providing detailed roadmaps of future plans. Why does Apple keep its future plans under wraps?

      *      *      *

このあと、なかなか出ない Windows Vista と Mac OS X Leopard のまだ隠された部分(Top Secret Leopard Features)を例にとり、あるいはマイクロソフトの iPod キラー Zune(non-PlaysForSure iPod Killer)とこれから出るという噂の iPod(sixth generation iPod)の例をとりながら、秘密主義の功罪について考える。

なかなかおもしろいのだが、ここでは省略する。実はその後にくるアップルのマスコミ対策の部分が痛烈なのだ。マスコミのことを「飼いならされたサルたち」(Trained Monkeys)というのだからすごい。

      *      *      *

飼いならされたサルたち(Trained Monkeys

アップルイベントで発表される新製品は一つか二つだ。そうすれば、限られた少数の製品にスポットライトを当てることができる。例えばアップルは、WWDC でたくさんの製品がスピートアップ(speed bump)したことについてこまごまと発表することもできたが、そうしていたらプレスは何を書いていいか分からなかっただろうし、重要な点を見落としたかもしれない。

Each Apple Event only gets one or two new products, because that keeps the spotlight on a small selection of items. If, for example, Apple had released minor details of speed bumps across its various product lines at WWDC, the press wouldn’t know what to talk about, and would likely miss the important details.

      *      *      *

大同小異のイベント記事

もしあなたがこれまで「ジャーナリスト」とのお付き合いをせずに済んでこられたとすればお分かりにならないかもしれないが、あなたがご覧になるニュースの大部分は実は宣伝係が書いたものなのだ。今日のジャーナリストは、手渡されたプレスリリースを鵜呑みにして反復する以上のことはほとんどしない。あるイベントのニュースを読んでも、どれも同じように聞こえるのはそういう訳だ。

If you haven’t ever had the pleasure to work with “journalists,” you might not know that most of your news is actually written for you by PR flacks. Today’s journalists can’t be bothered to do much beyond regurgitate the press releases they are handed. That’s why everyone’s coverage of events pretty much sounds the same.

      *      *      *

サルたちにダンスをさせる(make monkeys dance

monkey_dance

アップルはこれをよく計算していて、どうやったらサルたちにダンスをさせられるか心得ているのだ。あまりエサを与えすぎないこと、あまり頻繁(ひんぱん)に与えないこともそのひとつだ。プレスにあまり沢山与えすぎると、メディアの連中はなんでもかんでも書いてしまうので[記事が]メチャメチャになってしまう。しかも彼らは、センセーショナリズムという新しいエサを求めてすぐ他の所へ行ってしまうのだ。

Apple has figured this out, and knows how to make these monkeys dance. Part of that is not feeding them too much or too frequently. Too much press feeding and the media just throws everything up in a big mess, then walks away to find fresh plates of sensationalism elsewhere.

      *      *      *

毎週ベースのアップデート

製品アップデートについては、今やアップルは毎週のペースでエサを与えるようになっていることにお気付きだろう。イベントの興奮が一旦去ってしまったら、今度は主要製品のスピードアップについて週の初めに発表する。次の週は、ほかの製品について、という調子だ。こうして iMac、ラップトップ、コンシューマ向けラップトップ、デスクトップと続く。

You may have noticed that Apple now releases product updates in weekly feedings. Once the excitement of an event has blown over, they release a speed bump for a major product line at the beginning of the week. The next week gets the next line, and so on for several weeks: iMac, laptop, consumer laptop, desktop, etc.

      *      *      *

そして暫しの沈黙・・・

ニュースが十分行き渡ったら、アップルは暫(しば)し沈黙する。世界が(あることについて、いやアップルのことなら何でも)ニュースを求めてパニック状態になるまで。そうなんだ、そうなったらまさにその時に、次のアップルイベントが巡ってくるのだ。

Once everyone’s had enough of Apple bumps, the company goes quiet for a while until the whole world freaks out and demands some type of news about something, anything from the company. Sure enough, right about then another Apple Event rolls around.

      *      *      *

野良犬噂系

アップルからよろこんでエサをもらって、アップルのために芸をする「真の」ジャーナリストのほかに、実は野良犬ブロガーもいる。彼らは芸はしないが、他人がくれるエサならどんなゴミにでも飛びつく。守秘義務のあるデベロッパやメーカーからなにか聞き出そうとしては、噂系サイトでイベントの興奮を煽り、自分たちへのアクセスが増えることを期待するのだ。

Beyond the real journalists who are happy to get fed and do tricks for Apple, there are the stray dog bloggers that don’t do tricks, and will eat any garbage that anyone might throw them. By trying to get details out of developers and manufacturers who have signed confidentiality agreements, these rumor websites only deflate the excitement surrounding an event for their own short term ad-click profit.

      *      *      *

コンシューマの失望

それはアップルにとっていいことではない。プレスから我が身にも降り掛かってくるのだ。一般顧客もまた期待を膨らませすぎることになり、本来ならばドラマチックなアップルイベントの興奮が、「なに!そんなこと知ってるよ」式の失望に変わってしまう。このことから秘密主義の風土が助長されて、技術産業で通常みられる秘密情報アクセス制限以上のレベルになってしまう。

That’s no good for Apple, and it rains on the dance they play with the press. It’s also deflating for customers, because the regular excitement they get from dramatic Apple events is converted into, “what? we already heard about that” style disappointment. This has contributed to the climate of secrecy above and beyond the normal level of confidential information access common in the tech industry.

      *      *      *

アップル ニュースという現実

アップルがプレスリリースを注意深く小出しにするもう一つの理由は、アップル自体が全国ニュースのヘッドラインの常連であるというアップルの特殊事情にもよる。いいニュースであれ悪いニュースであれ、アップルに関するニュースは即消費者が知りたがるものになっている。アップルからひっきりなしにいいニュースが出てこないと、レポーターはその間隙を埋めるため悪いニュースを作り上げてしまう。

Another reason Apple carefully prepares news for the press in small doses has to do with Apple’s unique role as a fixture of national headlines. Regardless of whether the news is good or bad, it seems that news about Apple is nearly an obsession for consumers. If Apple doesn’t constantly release good news, reporters will make up bad news just to fill the void.

      *      *      *

秘密主義の功罪

アップルの秘密主義は、コンシューマ製品に対する興奮を盛り上げるという意味で有利に働く一方、パートナーとの友好的関係を維持するという努力に対しては逆方向に働くこともあり得る。とくにオープンソースプロジェクトや法人顧客の場合がそうだ。次号以降は、アップルが自分たちの将来計画をもっとオープンにしようとしている最近の努力について触れてみたい。

While Apple’s secrecy works to its advantage in creating excitement for consumer products, the same secrecy can work against Apple’s efforts to working with partners, particularly in Open Source projects, and in dealing with corporate customers. An upcoming article will look at Apple’s recent efforts to adapt and provide more open information about their future plans.

      *      *      *

なんとも辛辣な記事だ。

そうだとすると、「飼いならされたサル」や「野良犬噂系」を追っかける自分は一体何なのだろうと考えてしまう。

Technorati Tags: , , , ,