maclalalaweblog

2007年 6月 13日

デベロッパは侮辱された:John Gruber

iphone_ajax

[iPhone runs AJAX Apps]

「WWDC 2007」は「WWDC 2006 2.0」と呼んだ方がいい。内容が同じで、少しはっきりしてきたに過ぎないから。

WWDC 2007 feels more like “WWDC 2006 2.0” – the same news, now less vague. There are some interesting new details emerging, but I see three main points from today’s keynote:

そんな書き出しで John Gruber が、WWDC 07 について三つの感想を述べている。

1)Leopard の隠された機能(LEOPARD’S FEATURE SET)

2)iPhone のウェブアプリ開発環境(WEB APPS AS THE ROUTE FOR IPHONE DEVELOPMENT)

3)ウインドウズ向け Safari(SAFARI FOR WINDOWS)

Daring Fireball:”WWDC 2007 Keynote News” by John Gruber:6月11日

WWDC がデベロッパのための会議であることを考えると、第2の指摘が特に興味深い。

      *      *      *

鉛の風船(lead balloon)

主要メディアにはうまく対応したかもしれないが、ここはなんといってもデベロッパのための会議だ。「あなたにもすばらしい iPhone アプリが書ける。〈ウェブサイト〉という名のアプリだ」というアップルのメッセージは、デベロッパの眼には〈鉛の風船〉のように失敗として映ったのだ。

Perhaps it’s playing well in the mainstream press, but here at WWDC, Apple’s “you can write great apps for the iPhone: they’re called ‘web sites’” – message went over like a lead balloon.

      *      *      *

侮辱された

それは侮辱でもある。そんなやり方で iPhone のアプリは作らない。デベロッパにそんなデタラメをいってはダメだ。言い様があるだろう。アップルは、せめてつぎのようないい方をすべきだったのだ。「あなた方が iPhone のために本格的なアプリケーションを書きたいのは分かっている。我々もそう願っている。マックのアプリを作ってくれたように、iPhone についてもそんなアプリが出来るといいとは願っている。我々もそう考えて、その方向で一生懸命努力している。今日のところは、残念ながら特に発表できることはない。その代わり、iPhone は本格的 Safari ブラウザを使っているから、ウェブベースのアプリを書けば、それがちゃんと iPhone で動くすばらしいアプリとなるのだ。」

It’s insulting, because it’s not a way to write iPhone apps, and you can’t bullshit developers. It’s a matter of spin. What Apple should have announced is something like this: “We know that you want to write your own apps for iPhone, and we’d like to see that too. We love the apps you write for the Mac, and we’d love to see what you might be able to come up with for iPhone. We’re thinking about it, and working on ways that we might make that happen, but we don’t have anything to announce today. The good news, though, is that because iPhone has a real Safari web browser, you can write web-based apps that work great on iPhone.

そういわれても、デベロッパとしてはそんなことを WWDC で聞きたいわけではない。ただ少なくとも、侮辱されたとは考えないだろう。

That wasn’t what the developers here at WWDC wanted to hear, but at least it wouldn’t have been insulting.

      *      *      *

アップル自身そうしたら・・・

ウェブアプリ(web apps)こそ iPhone のアプリだと、デベロッパにいっても説得力はない。こういうふうに考えてみたらどうか。そもそもウェブアプリは、ネットワークからしかアクセスできず、iPhone のホームスクリーン上で独自のアイコンもなく、ローカルにデータを蓄えることもできない。そんなウェブアプリが iPhone のすばらしいアプリだというのなら、どうしてアップル自身がその技術を使った iPhone アプリを書かないのか。

Telling developers that web apps are iPhone apps just doesn’t fly. Think about it this way: If web apps – which are only accessible over a network; which don’t get app icons in the iPhone home screen; which don’t have any local data storage – are such a great way to write software for iPhone, then why isn’t Apple using this technique for any of their own iPhone apps?

      *      *      *

マックだって同じだ

あるいは、iPhone アプリの議論を押し進めて、マックでも同じことをいってみたらどうか。Safari 上で動くウェブアプリを書くことが iPhone アプリを作るすばらしい方法だというなら、同じように Safari 上で動くウェブアプリを書くことがマックのアプリを作るすばらしい方法だとなぜいわないのか。

Or, take Apple’s argument regarding iPhone development and apply it to the Mac. If web apps running in Safari are a great way to write iPhone apps, why aren’t web apps running in Safari a great way to write Mac apps?

クソみたいなサンドイッチしか作れないというのなら、そういえばいい。デベロッパがどんなにラッキーか、それがどんなにすばらしいアプリかなんてことはいわないでくれ。

If all you have to offer is a shit sandwich, just say it. Don’t tell us how lucky we are and that it’s going to taste delicious.

      *      *      *

ウェブアプリでは作れないもの

iPhone が Safari というキラーウェブブラウザを備えているのはすばらしいことだ。iPhone をターゲットとしたスゴいウェブアプリが将来登場するであろうことも疑いない。しかしまた、ウェブアプリなんかでは作れない本格的 iPhone ソフトのアイデアが山ほどあることも間違いないのだ。

It’s great that iPhone seems to have a killer Safari web browser. No doubt there are going to be some terrific web apps targeting iPhone. But there are a ton of great ideas for iPhone software that can’t be done as web apps.

      *      *      *

プロを相手に、本格的ソフトでなくてもウェブアプリでいいじゃないかというのは侮辱だということらしい。

NDA[nondisclosure agreement、守秘義務契約]で縛られた WWDC のクローズドセッションではそのあたりがデベロッパに開示されるのだろうか。

3週間足らず迫った iPhone 発表時に、新しい展開がみられるかどうかも興味深いところだ。

Technorati Tags: , , ,

広告

2007年 6月 7日

コマ−シャルのあるべき姿

Filed under: アップル,コマーシャル — shiro @ 22:01
Tags: , , , , ,

june-29

6月29日発売を知らせるアップルの iPhone コマーシャルはとてもよく出来ていて、筆者のようなケイタイ嫌いでも欲しくなるほどだ。

これを見た John Gruber が、そのすばらしさを細かく分析している。

Daring Fireball:”Taps” by John Gruber:6月4日

      *      *      *

何がすごいのか

iPhone の新しい3本のコマーシャルを昨日見た。そして、ユーザーインターフェイスを誇示することを宣伝にした携帯電話なんて他にないことに気付いた。もっといえば、ハイテク製品で使い方を見せるだけの宣伝なんてかつてなかったことにも・・・

Linking to Apple’s three new iPhone commercials yesterday, I observed that no other cell phone is advertised by showing off the user interface. Thinking about it some more, I can’t recall the last time I’ve seen any tech product advertised simply by demonstrating how it works.

      *      *      *

優れたユーザーインターフェイス

これは iPhone のユーザーインターフェイスが如何に優れているかということの証しであり、また競争相手のインターフェイスがいかにひどいかということの証しでもある。ウインドウズでやるのと同じことをマックでやる方がずっとクールだと示す、そんなコマーシャルを作るのは不可能だと思う。これは、DOS に比べてマックの方が圧倒的に使い易かった時代のことみたいだ。

It’s a testimony to just how clever the iPhone UI is, and just how bad the UIs are on the competition. I don’t think it’s possible to make a commercial for the Mac that makes any task seem that much cooler than doing the same thing on Windows. This is more like the overwhelming usability advantage from when the Mac was competing against DOS.

      *      *      *

優れた CM 制作者

これはまた、コマーシャルの制作者が如何に優れた才能を持っているかということの証しでもある。iPhone が如何に優れていても、たった30秒間で、見て楽しく、内容もいっぱい詰まったコマーシャルを作るのは至難の業(わざ)だ。

These spots are also a testimony to the talents of the makers of the ads themselves; no matter how clever the iPhone is, it’s hard to make 30-second spots that are both easy to follow and yet contain so much information.

      *      *      *

ひとつのスライド、8つのタッチ

slide

三つともすばらしいコマーシャルだが、三番目の「カラマリ」がベストだ。この中で、電話のロックをはずし、映画を再生し、Maps アプリでレストランをみつけ、そしてレストランに電話をかける。これらすべてのことが、アプリの切り替えも含めて、ひとつのスライド(slide)と8つのタッチ(tap)で行なわれるのだ。

All three ads are good, but the best is the third, “Calamari”. Here’s what we see: unlocking the phone, playing a movie, locating a restaurant with the Maps app, and calling the restaurant. All this – including switching between apps – with just one slide and eight screen taps:

1)スライドしてロックを外す
2)スクリーン下部のドックの iPod アイコンにタッチ、ビデオリストが現れる
3)「パイレーツ・オブ・カリビアン」をタッチ、映画が始まる
4)メインボタンにタッチ、映画は中断してローンチャー(launcher)に戻る
5)Maps アイコンにタッチ
6)Maps アプリの検索欄にタッチ、「シーフード」とタイプ
7)検索ボタンにタッチ、検索結果の地図が現れる
8)結果のひとつ「Pacific Catch」の隣の info ボタンにタッチ、レストラン情報が現れる
9)電話番号にタッチして電話をかける

1. Slide to unlock.
2. Tap iPod icon on bottom-of-the-screen dock. List of videos appears.
3. Tap “Pirates of the Caribbean”. Movie resumes playing.
4. Tap main button. Movie pauses and we switch back to launcher.
5. Tap Maps icon.
6. Tap search field in Maps. Type “seafood”.
7. Tap Search button. Results map appears.
8. Tap info button next to “Pacific Catch” in map results. Information listing for the restaurant appears.
9. Tap phone number to place call.

      *      *      *

理想的なワンタッチ効率

ワンタッチの効率という点からいうとほぼ理想的だ。映画を一時中断して別のアプリに切り替えるのに、メインボタンと Maps アイコンのたったの2タッチだ。Maps の結果から電話をかけるまでこれも2タッチ。

That seem pretty close to optimal, in terms of efficiency per tap. Pause a playing movie and switch to another app in two taps (main button, Maps icon). Maps results to phone call in two taps.

      *      *      *

スムーズなアニメーション

map

それぞれのモードを切り替えるときは楽しいアニメーション付きだ。アプリを開くと、画面中央からズームアウトしてくる。ローンチャーに戻るときは逆にズームインする。キーボードは下部からせり出してくる。検索結果で地図上の場所を示すピンは画面の上部から飛び出してくる。地図上のレストランの info ボタンは右向き矢印で、そちらから info パネルがせり出してくる。

Each mode switch is accompanied by a pleasant animated transition. Opening an app zooms it out from the center of the screen. Switching back to the launcher reverses the zoom. The keyboard slides out from the bottom. The pins denoting map results fly in from the top of the screen. The info button for the restaurant on the map is a rightward arrow, which points in the direction from which the info panel slides out.

このデモで無理にごまかしたところはほとんどない。iPod アプリを開くと、使い易いように映画はトップにリストされている。Map アプリはどういうわけか我々の現在地を知っている。多分 Mac OS X の Weather ウィジェットみたいに、初期設定で zip コードを入力したためだと思われる。(アップルが密かに FCC 認可のうらで GPS を使っていると考えるのも楽しいかもしれない。)

There’s very little room for fudging in this demo. The movie is conveniently listed at the top of the list when the iPod app opens. The Map app somehow knows where we are: my guess is that it’s like the Mac OS X Weather widget, with a preference setting for a default zip code. (Keep dreaming if you think Apple has secretly added GPS behind the FCC’s back.)

      *      *      *

魔法の home ボタン

何より、スクリーンタッチに止まらず、ユーザー経験がとても分かりやすいということだ。iPod や PC を使えるひとなら誰でも、他人の助けを借りなくても iPhone の使い方が分かる。唯一の秘密は、魔法の home ボタンの使い方を覚えることだ。

Best of all, the experience isn’t just short on screen taps, it’s high on obviousness. It seems obvious that anyone who can use an iPod or a PC ought to be able to figure out on their own how to use iPhone. The fundamental trick to learn is the magic home button.

      *      *      *

いろいろなアプリ

apps

ローンチャー(launcher)即ち home アプリのフル画面を見ると、1月発表当時からほんの少し変化している。アプリの種類に変化はないが、並べ方が少し異なっている。Text、Calendar、Photos、Camera、Stocks、Maps、Weather、Clock、Calculator、Notes、Settings の順序だ。スクリーン下部のドックには Phone、Mail、Safari、iPod がある。(ウェブブラウザは、1月には Web という名前だったが、今は Safari となっている。)

The full-screen view of the launcher/home app reveals a few subtle changes from the iPhone images from January. The app list remains unchanged, but in a slightly different order (so no iChat when iPhone debuts, apparently). In the regular list: Text (SMS), Calendar, Photos, Camera, Stocks, Maps, Weather, Clock, Calculator, Notes, Settings. In the bottom-of-the-screen dock: Phone, Mail, Safari, iPod. (Note that in Apple’s January screenshots, the web browser was called “Web”, not “Safari”.)

      *      *      *

使い方を見せるだけで、機能のすばらしさとインターフェイスの優秀さを示す。これぞまさにコマーシャルの在るべき姿ではないか。

John Gruber の説明からは、その思いが切々と伝わってくるようだ。

流れるようなコマーシャルは、かつて流布したことのある iTalk コマーシャルとは異なった意味での流麗さを感じさせる。

初期の時代からアップルのコマーシャルを作ってきた Chiat/Day[現在は TBWA/Chiat/Day]だからこそ出来たのかもしれない。

日本でも Get a Mac の焼き直しでない、真の意味でのコマーシャルが出来るといいと思う。

Technorati Tags: , , ,

2006年 9月 17日

元気をとりもどした Steve Jobs

APPLE13_004_CAG.JPG

[Jobs at Special Event, Sept. 12, 2006]

John Gruber が、9月12日のスペシャルイベントを積極的に評価しているが、その中で Steve Jobs についておもしろいコメントをしている。

Daring Fireball:”Showtime: The Big Picture” by John Gruber:9月13日

      *      *      *

ほぼ期待どおりの Showtime

アップルは、昨日の “Showtime” イベントで、みんなのすごい期待に応えなければならなかった。

Apple came into yesterday’s “Showtime” special event with an awfully high set of expectations to meet…

昨日の発表はみんなの期待にほぼ応えるものだった。確かに奇跡は起きなかった。新しい iPod のスクリーンは大きくなかったし、iTunes ムービーストアはディズニーの 75 作品だけで、待ちに待ったテレビとつなぐ未発表製品(missing link to the TV)は来年までお預けだった。しかしながら、いつ始めてもおかしくない映画ビジネスにアップルが参入したという点からみると、実に幸先のいいスタートを切ったことは明らかだ。

Yesterday’s announcements came remarkably close to satisfying all of these expectations. They haven’t performed any miracles — the new iPods don’t have larger screens; the new iTunes movie store debuted with only 75 titles, all from Disney; and the long-awaited missing link to the TV isn’t shipping until next year — but it was clearly an auspicious start to Apple’s inevitable entry into the movie business.

John Gruber の “Showtime” を評価する視点も大変おもしろいのだが、ここでは割愛して、Steve Jobs について触れているところに進もう。

      *      *      *

やる気のなかった WWDC

lieutenants

Steve Jobs は、ひと月前の WWDC で、プレゼンテーションの大部分を三人の副官たちにまかせた。Phil Schiller は Mac Pros を、Scott Forstall は開発中の Mac OS X 10.5 の新しい機能紹介とデモを、Bertrand Serlet はマイクロソフトバッシングを行なった。WWDC では、Jobs があまりやる気がないように見え、かつまた体重が減ったように見えたことから、最近膵臓がんを患ったという恐ろしい記憶と相俟(あいま)って、Jobs は病気ではないかというが広がった。病状が進んで疲労がひどいので、キーノート全部をひとりでこなすのはムリだとか、アップルのショーマンの役ができる後継者を育てているのではないか、などという噂が流れた。この噂はずいぶん尾を引いたので、「Jobs は元気ぱりぱりだ」とアップルが声明を出したほどだった。元気なことは結構なのだが、それにしてもなぜ WWDC のプレゼンテーションをタッグチームでやったのかは不明だった。

At the WWDC keynote a month ago, Steve Jobs delegated much of the presentation to three of his top lieutenants: Phil Schiller introduced the Mac Pros, Scott Forstall introduced and demoed many of the new features coming in Mac OS X 10.5, and Bertrand Serlet did all the Microsoft bashing. This — combined with the fact that Jobs, at WWDC, struck many as not quite fully enthused and appeared to have lost some weight ム fueled speculation that he was ill, a scary thought given his recent bout with a rare but treatable form of pancreatic cancer. The theory being that he was either too ill or too tired to conduct the entire keynote solo, and/or that he was beginning to groom potential successors for the role of company showman.2 This rumor had enough legs that Apple issued a statement that “Steve’s health is robust”, which is great, but doesn’t explain the tag-team WWDC keynote presentation.

jobs_wwdc

[Jobs at WWDC, Aug. 7, 2006]

私の考えはこうだ。Jobs は今年の WWDC キーノートがイヤだった。なぜなら彼はまだ仕上がっていないものを見せるのを嫌うからだ。現在進行中の仕事について語るのが好きなひとや会社もある。しかし、Jobs は(従ってアップルは)そうではない。現在の10.5 シードの仕上がり状況と 2007 年春という出荷予定日を考えると、Leopard はとても完成したとはいえない。しかし WWDC に出席している誰もが次期プラットフォームの改訂に係わっているのだから、Leopard はキーノートでもカンファレンスでも、その中心テーマたらざるを得ない。

My theory is that Jobs hated this year’s WWDC keynote, because he hates showing unfinished work. Some people, and some companies, love to talk about work in progress. But not Jobs, and, therefore, not Apple. Given the state of the current 10.5 seed and the estimated “spring 2007” ship date, Leopard is obviously far from finished. But as the next revision of the platform that everyone attending WWDC works on, it had to be the central theme of both the conference and the keynote.

Jobs の並外れた売り込みの手腕と、かの有名なる「現実歪曲空間」(reality distortion field、現実歪曲オーラ、催眠術)のせいで、彼を才能ある「うそつき」(fabulist)だと思うひともいる。それは間違いだ。私の考えるところ、Jobs はうそつきとしても役者としてもまるで下手だ。なにか本物でないもの、あるいは実際以上に誇張したものをひとに信じ込ませることができるとしたら、それは彼が自分自身の喋ることを信じているからだ。現実歪曲空間なるものは彼が意図してやっているのではない。自分が確信したことの延長上にあるのだ。昨年彼がやった Motorola Rokr(iTunes と互換性のある電話)のステージデモを覚えているだろうか。彼がそのデバイスを軽蔑しているのは明らかだった。音楽再生モードから受信モードに切り替えるのを失敗したとき、Jobs はそれをステージの外へおっ放り出して、このガラクタめと叫ぶのではないかと思われたほどだ。

Jobs’s extraordinary marketing savvy and famed reality distortion field leave some people with the impression that he’s a talented fabulist. That’s wrong, though — Jobs, in my opinion, is a terrible liar and a poor actor. When he’s able to convince people of things that aren’t true, or that are exaggerations of the truth, it’s because he believes what’s he saying. The reality distortion field isn’t something he projects willfully; it’s an extension of his own certainty. Remember his on-stage demo last year [of the Motorola Rokr] iTunes-compatible phone? His contempt for the device was palpable; when he failed to successfully switch from song playback to accept a call, he seemed poised to just toss the thing off-stage and cry out that it was a piece of garbage.

もし Jobs が WWDC のステージでなんとなく「やる気がない」ように見えたとしたら、それは実際彼にやる気がなかったからだ。まだ発表する段階に達していない Leopard の諸機能をみんなに見せて楽しむ気にはなれなかったのだ。だから Forstall にやらせてよかった。Forstall は完成半ばの 10.5 を WWDC でデモるのを心底楽しんでいるようだった。

If he struck you as at least somewhat unenthusiastic on-stage at WWDC, I say it’s because he was unenthusiastic, because he really couldn’t bring himself to be happy about showing these Leopard features that aren’t ready to be shown.3 Better then, to trot out Forstall, who seemed to have genuine enthusiasm for the 10.5 works-in-progress demonstrated at WWDC.

      *      *      *

Showtime では生き返った

昨日の「Showtime」は、前とは異なっていた。舞台における Jobs の才能を如実に示す格好の例だった。先月の WWDC と違って、これらの製品は完成されたものであり、Jobs の完璧な物差しからみても満足すべきものだった。 iTV のデモは明らかに例外だった。しかし、これは特異なケースだ。出荷までまだ数か月のものを発表した理由がなんであれ、アップルとしては本当は今の段階で見せたくなかったのじゃないかと私は思う。Vaporware[注:宣伝ばかりが派手に行われ、いつまでたっても出荷されない製品]が前びろに発表されると、現在入手可能な製品から消費者の目を背けてしまうことになる。しかしこのケースの場合、今発表しなければならないとアップルが感じたのだと思う。もしそうしなければ、「このビデオをテレビで見るにはどうしたらいいの」という疑問への解答がなく、折角の iPod や iTunes の発表が、iTV という Vaporware より、ずっと損なわれる結果になってしまっただろう。

Yesterday’s “Showtime” event, however, was another story. File this one away as a primo example of Jobs’s on-stage talent. The difference from last month’s WWDC is that these are products that are done, that have already been raised to satisfy Jobs’s impeccable standards. The iTV demo was clearly an exception, but it is a unique case. Whatever the reason for its months-away ship date, I don’t think Apple really wanted to show it now. Vaporware pre-announcements distract customers from currently available products, but in this particular case I think Apple felt they had to reveal this now, because if they hadn’t, the lack of an answer to the “But how do I play these videos on my TV?” question would been more of a distraction from yesterday’s iPod and iTunes announcements than the iTV vaporware announcement was.

      *      *      *

アップルの発表は常に一歩ずつの積み重ねで、決して一度にすべてを出したりはしないという、このあとに続く下りも、また最後の注記もたいへん興味深い。

Technorati Tags: , , ,

2006年 7月 28日

iPod キラー「Zune」の未来を占う

John Gruber が Zune について皮肉たっぷりな記事を書いている。

Daring FireballMagic 8-Ball Answers Your Questions Regarding Microsoft’s ‘Zune’” by John Gruber:7月25日

Magic 8-Ball[占い用のオモチャ]にその未来を占わせようというのだ。

      *      *      *

どこかで見たような・・・

ついにマイクロソフトは iPod/iTunes キラーの Zune プロジェクトが本物だと認めたわけだ。Zune については Engadget がこの数週間追いつづけてきたが、これは「音楽とエンターテインメント」のプロジェクトで、ポータブルプレーヤ、オンライン配信ストア、プレーヤにコンテンツを取り込み編集するソフトが全部一体になったものだ。専らマイクロソフトだけがこれを販売する。これって、どこかで聞いたような気がしないかい

Q:  So Microsoft has confirmed that Zune, the “iPod/iTunes killer” project that Engadget has been reporting on for a few weeks, is for real. It’s a “music and entertainment” project that will involve portable players, an online media store, and desktop software for managing media and getting content from the store onto the players; all of it integrated and all of it produced and sold exclusively by Microsoft themselves. Does this sound familiar?

Magic 8-Ball:ハイ、マッタクソノ通リデス。

A:  YES — DEFINITELY.

最初に Engadget がリークした Zune だという写真を見たかい。白いプラスチックでスクロールホイールもあって、これまたどこかで見たような気がしないかい?

Q:  Have you seen the photo of the first Zune gadget “leaked” to Engadget? Seems, uh, a bit familiar, too, what with the white plastic and scroll wheel:

Magic 8-Ball:ワタシノ見ルトコロデモ、ソウデス。

A:  AS I SEE IT, YES.

      *      *      *

このあと、Zune は iPod デザインのひどい物真似(rip-off)なので xPod ないしは Ipod(i が大文字なので、iPod とはまったく異なる名前だ!)と呼ぶべきだとしている。

      *      *      *

自己矛盾だ

Engadget によれば、Zune の機器やサービスはマイクロソフトの PlaysForSure プラットフォーム[WMAとの互換性を保証するマイクロソフトのプログラム]と別だというだけでなく、まったく互換性もないそうだ。Creative Labs や Napster のような、「PlaysForSure」のお仲間たちはさぞかしうれしいだろうねえ。

Q: According to Engadget, the Zune service and devices won’t just be separate from Microsoft’s PlaysForSure platform, they’ll be wholly incompatible with each other. I’ll bet that’s just delightful news to all of Microsoft’s “PlaysForSure” partners like Creative Labs and Napster.

Magic 8-Ball:確カニソウデス。

A: YOU MAY RELY ON IT.

でも Engadget によれば、「マイクロソフトは PlaysForSure の開発およびサポートを継続する。PlaysForSure に関するすべては全く独立した部門で取り仕切られ、他の部門とはいささかも重複しない」そうだ。これって、大会社官僚主義の症状が転移する典型的な例じゃないかしら。マイクロソフトの一部門が1億ドル以上を投じてメディアプレーヤのクローズドシステムを立ち上げる一方で、別の部門が門前市をなす PlaysForSure プラットフォームの「お仲間」に対しては、自社のメディアプレーヤ部門はあまりよくないというのだから。

Q: But yet Engadget reports, “Microsoft will continue to support and develop for their PlaysForSure initiative, but all things PlaysForSure are handled by [an] entirely separate division that will not have any crossover.” Is that not the epitome of metastatic corporate bureaucracy? One division within Microsoft spending $100 million or more to launch their own closed media player system; another division charged with lining up “partners” for the PlaysForSure platform that Microsoft’s own media player division deems not good enough.

Magic 8-Ball:ハイ。

A: YES.

お客さんを夕食に招いておいて、お客さんにはホットドッグをだし、自分たちはステーキを食べるみたいなものじゃないか。

Q: Isn’t that like inviting guests to your home for dinner and serving them hot dogs while you yourself eat a steak?

Magic 8-Ball:ワタシノ見ルトコロ、ソウデス。

A: AS I SEE IT, YES.

今やマイクロソフトは、すべてを自分でコントロールできるクローズドモデルの方がいいからと、自らのライセンスモデルを放棄する(少なくとも軽視する)わけだ。これまで専門家と称する連中はこの四年間ずっと iPod はもうダメになると宣(のたま)わってきた。これからは、アップルが1980年代にマッキントッシュで犯したのと同じ間違いを、マイクロソフトが今度は Zune によって犯したというようになるのだろうか。

Q: And so now that Microsoft is abandoning the licensing model (or at least deprecating it) in favor of a closed model that they completely control, will all those pundits who’ve been predicting doom for the iPod for the last four years declare that Microsoft, like Apple, is now making the same mistake with Zune that Apple made with the Macintosh in the 1980s?

Magic 8-Ball:ソウデハナイデショウ。

A: DON’T COUNT ON IT.

アホ。

Q: Jackasses.

Magic 8-Ball:確カニ。

A: WITHOUT A DOUBT.

      *      *      *

ベイパーウェアの類いか

別な言い方をすれば、マイクロソフトの例のお馴染みのベイバーウェア(vaporware)キャンベーンそっくりだ。出荷期日をひどく楽観的に見積もり(今年の11月)、iPod や iTunes に欠けている機能を挙げ連ねる(Wi-Fi、ソーシャルネットワーキング、ビデオゲームモード、調節可能なフェースプレート、Sirius や XM サテライトラジオ)という訳だ。きっと期日どおりに出荷され、すべての機能を備え、とても軽くて、薄くて、バッテリーの持続時間も長いことだろう。

Q: So in other words, this has all the hallmarks of a good old-fashioned Microsoft vaporware campaign: wildly optimistic ship date (“this November”) and a laundry list of features missing from the iPod and iTunes (Wi-Fi, social networking, a video game mode, adjustable faceplates, and maybe even Sirius and/or XM satellite radio). I’ll bet it will ship on schedule, with all those features, and will be lightweight, thin, and get great battery life.

Magic 8-Ball:トテモ疑ワシイ。

A: VERY DOUBTFUL.

皮肉をいってみたのさ。いいたかったのは、もう7月末で、写真や性能(腕に抱えきれないほど沢山)についてリークがあるのに、実際に動くプロトタイプを見たひとは誰もいないということだ。噂される機能のいくつか、例えばピアツーピアのファイルシェアリングやプロクシミティベース勧告を実現するには沢山の作業が必要じゃないのか。ほんとにクリスマスに間に合うよう出荷されるのだろうか。

Q: I was being sarcastic. My point is that it’s now late July, and despite the fact that there are leaked photos and a features list the length of your arm, no one has claimed to have actually seen a working prototype. And some of these proposed features, like peer-to-peer file sharing and proximity-based recommendations, sound rather like a lot of work. Do they honestly expect to have this on the shelves in time for Christmas?

Magic 8-Ball:ワタシノ答ハ「ノー」デス。

A: MY REPLY IS NO.

それじゃ、出荷は11月だ、それに性能は(つぎの iPod がどんなに頑張ったところで出来っこないような)スゴいものだとリークしておいて、Zune が出るのをみんなが待ってくれるように祈るということじゃないか。クリスマスシーズンに間に合わなくて2007年にずれ込んだとしても、あるいはまた約束した機能が盛り込まれなかったとしても、(Zune を出す意味は自分たちが隅から隅までコントロールできるシステムを出すということであるにも拘らず)自分たちのせいじゃない、とにかく待つだけの価値はあるのだ、というのだろうなあ。

Q: So what they’ve done is leak a November release date and a fantastic feature list — a feature list that the next batch of new iPods, no matter how cool, are unlikely to match — and hope that people will wait for the Zune. And then even when it misses the holiday season and slips into 2007, and won’t include all of the previously-promised features, they’ll say it wasn’t their fault (despite the fact that the whole point of the Zune platform model is that Microsoft controls the entire system) but that it’ll be worth the wait anyway. That sound right?

Magic 8-Ball:四囲ノ状況ヲ見ルニ、ソノヨウデス。

A: SIGNS POINT TO YES.

      *      *      *

ITMS 変換ソフト

噂される機能のひとつは ITMS converter だ。Zune ソフトが、iTunes のミュージックライブラリを覗いて ITMS から購入した曲を調べ、それとまったく同じ曲を Zune ミュージックストアで無料提供するという。レコード会社の勘定はマイクロソフトが持つのだそうだ。なかなか賢いやり方じゃないか。

Q: … One of their rumored features is an ITMS converter, where the Zune desktop app will go through your iTunes music library and look for songs purchased through the ITMS, and they’ll give you “free” versions of those same songs from the Zune music store, and Microsoft will just pick up the tab with the record labels. That’s actually a pretty clever idea, isn’t it?

Magic 8-Ball:ヨク分カリマセン。モウ一度オ願イシマス。

A: REPLY HAZY, TRY AGAIN.

「ITMS から買った曲ならそれをもう一曲マイクロソフトが買います」という噂のことさ。なかなか頭がいいじゃないか。

Q: Microsoft’s rumored “we’ll just buy them another copy of every song they bought from ITMS” feature — pretty clever, isn’t it?

Magic 8-Ball:確カニソウデス。

A: IT IS CERTAIN.

      *      *      *

Xbox の二の舞か

今度はハードウェアについて考えてみよう。もしマイクロソフトが本気なら、Xbox でやったのと同じことをやるだろう。400ドルの箱に800ドル分のパーツを詰め込んで、一台売れるたびに何百ドルも損を出す。マイクロソフトが最近出したもので成功したのは Xbox だけだという意地の悪い見方もあるが、Forbes 誌によるとその累積損失は2001〜2005年で40億ドルにもなるという。たいていの会社なら潰れてしまう額だが、マイクロソフトが溜め込んだ額に比べればほんの少しだ。アップルが同じことをやろうとしてもとても難しいだろうね。

Q: And hardware-wise, if they’re really serious about this, they’ll do what they’ve done with the Xbox: cram $800 worth of components into a $400 box and lose hundreds of dollars on each unit sold. There’s something perverse about the fact that the only recent brand-new product from Microsoft that’s considered a success is the Xbox, which according to Forbes lost $4 billion from 2001-2005. That’s enough money to sink most companies, but it was just a small slice of Microsoft’s cash hoard. A similar strategy with the Zune would prove difficult for Apple to follow, would it not?

Magic 8-Ball:キットソウデショウ。

A: MOST LIKELY.

一方、Xbox 360 は最初の Xbox に比べれば良くなったとはいうものの、PS2 や GameCube に比べればまだまだ大きく、ダサく、熱く、(ファンの音が)うるさい。ゲーセンにおくゲームマシンならOKだけれど、ポケットに入れて持ち運ぶメディアプレーヤとしてはとてもOKとはいえない。600億ドルの銀行預金をもってしても簡単・明瞭・エレガントなものを作る体質ができなかったのなら、もう金輪際ダメなんじゃないか。

Q: On the other hand, although the Xbox 360 is slicker than the original Xbox, it’s still bigger, clunkier, hotter, and louder (fan-wise) than the PS2 and GameCube. Those traits are OK for a game console that goes in your entertainment center, but they’re not OK for a portable media player that goes in your pocket. If their $60 billion bank account hasn’t yet helped Microsoft develop a penchant for the simplicity/clarity/elegance thing, it never will, will it?

Magic 8-Ball:見通シハアマリ良クアリマセン。

A: OUTLOOK NOT SO GOOD.

      *      *      *

Zune がマックでも動くようになるかどうか尋ねてもいいだろうか。

Q: Should I even bother asking whether Zune will work on the Mac?

Magic 8-Ball:今ハオ答エシナイ方ガイイト思イマス。

A: BETTER NOT TELL YOU NOW.

Technorati Tags: ,

2006年 4月 7日

Boot Camp のロゴに隠された秘密

bootcamp_logo

アップルが新しく発表した Boot Camp の名前やロゴについてはうがった見方があるようだ。

まず、ロゴについて・・・

Daring Fireball:”Windows: The New Classic” by John Gruber:4月6日

Boot Camp のロゴもこの考え[注:ウインドウズは二流になった]をサポートしているように思える。このロゴはウインドウズのロゴを粗悪にしたものだ。カラーをモノクロに変え、4枚のパネルの間に X を隠して。(FedEx のロゴに矢印が隠されているように。)

Even the Boot Camp logo reinforces this. It’s a bastardized variant of Microsoft’s Windows logo, sans color, and with the whitespace between the four panels forming a hidden “X”, à la the hidden arrow in FedEx’s logo.

fedexlogo

撃ち合いをしたら Mac OS X の方が勝つというにっちもさっちもいかない状態にマイクロソフトはおかれている。マックの方が見栄えもよく、デザインもよく、もっとエキサイティングで、もっと魅力的で、もっと満足がいくものなのだから・・・

They (Microsoft, that is) are stuck with the fact that in a fair shoot-out, Mac OS X is better. It looks better, itユs better designed, itユs more exciting, more intriguing, more satisfying.

      *      *      *

また、マックのソフトとしては異様な「新兵訓練所」(Boot Camp)という名前について問題と感じるひともいるようだ。

bootcamp-1

BusinessWeek:”Boot Camp — What’s in a name?” by Peter Burrows:4月6日

同僚にいわれて、Boot Camp という名前について考えさせられた。起動する(booting up)ということばと関連があるのは明らかだ。それは分かる。しかし、この名前にはそれ以上の隠された攻撃的意図があるのではないか。たいていの人は boot camp ということばで、精神的にも肉体的にも惨めな状態で訓練を強制され、精神的にも肉体的にももっと惨めな戦争に狩り出されるというイメージを思い浮かべるのではないか。あなたはそれでもいいかもしれない。しかし、面白半分でやるようなことではないと思う。

Our Tech Channel editor Tom Giles got me thinking about the name Apple chose for the beta of its new software to let users load Windows on their Intel-based Macs. There’s the obvious reference to booting up. That I get. But the name seems more than a little passive aggressive, no? After all, most people’s perception of an actual boot camp is of a miserable, mentally and physically taxing form of forced training that is imposed on people before they go into an even more mentally and physically taxing experience: war. It may be good for you, but it’s not something you do for kicks.

      *      *      *

はてさて、どんな意味が込められているものか・・・

Technorati Tags: ,

2005年 8月 21日

慣れ親しんだものは

Filed under: デザイン,OS — shiro @ 13:26
Tags: , ,

自分が慣れ親しんだものは、そう簡単には変えられないようだ。

Mac OS X のデザインがどうのこうのという話題が、このところネットを賑わしている。

macwin

意表を衝いていているのが、マックもウインドウズからもっと学ぶべきだというのもの。(ここ

デザインの一貫性を、自分が慣れ親しんだものと合っているかどうかで論じているひとが多いように思える。

OS X のインターフェイス・デザインに批判的なことで知られている John Gruber のインタビューがとくに面白い。(ここ

例えば、OS X のファインダーの二律背反を問題にする。

To boil it down, the fundamental problem with the OS X Finder is that it’s trying to support two opposing paradigms at once – the browser metaphor (metal windows and column view) and the spatial metaphor from the original Mac Finder (Aqua windows in list and icon view), and it ends up doing neither one very well.

その原因を、昔からある Mac と NeXT の間のせめぎ合いが背後にあるからだという。たとえば、click-through を例にとって、つぎのようにいう。

On the old Mac OS, there was a very strong culture of only supporting click-through as an exception; on the old NeXT, there was a strong culture of supporting click-through by default, and only disabling it as an exception.

I don’t think either group of developers has changed their minds, even within Apple itself.

OS 9 から OS X に移行したとき、なんともいえない居心地の悪さを感じたものだが、それもこういうところから来ているのかもしれないと思った。

ひとは、一旦慣れ親しんだものからなかなか離れることができない。

Technorati Tags: ,