maclalalaweblog

2007年 6月 13日

デベロッパは侮辱された:John Gruber

iphone_ajax

[iPhone runs AJAX Apps]

「WWDC 2007」は「WWDC 2006 2.0」と呼んだ方がいい。内容が同じで、少しはっきりしてきたに過ぎないから。

WWDC 2007 feels more like “WWDC 2006 2.0” – the same news, now less vague. There are some interesting new details emerging, but I see three main points from today’s keynote:

そんな書き出しで John Gruber が、WWDC 07 について三つの感想を述べている。

1)Leopard の隠された機能(LEOPARD’S FEATURE SET)

2)iPhone のウェブアプリ開発環境(WEB APPS AS THE ROUTE FOR IPHONE DEVELOPMENT)

3)ウインドウズ向け Safari(SAFARI FOR WINDOWS)

Daring Fireball:”WWDC 2007 Keynote News” by John Gruber:6月11日

WWDC がデベロッパのための会議であることを考えると、第2の指摘が特に興味深い。

      *      *      *

鉛の風船(lead balloon)

主要メディアにはうまく対応したかもしれないが、ここはなんといってもデベロッパのための会議だ。「あなたにもすばらしい iPhone アプリが書ける。〈ウェブサイト〉という名のアプリだ」というアップルのメッセージは、デベロッパの眼には〈鉛の風船〉のように失敗として映ったのだ。

Perhaps it’s playing well in the mainstream press, but here at WWDC, Apple’s “you can write great apps for the iPhone: they’re called ‘web sites’” – message went over like a lead balloon.

      *      *      *

侮辱された

それは侮辱でもある。そんなやり方で iPhone のアプリは作らない。デベロッパにそんなデタラメをいってはダメだ。言い様があるだろう。アップルは、せめてつぎのようないい方をすべきだったのだ。「あなた方が iPhone のために本格的なアプリケーションを書きたいのは分かっている。我々もそう願っている。マックのアプリを作ってくれたように、iPhone についてもそんなアプリが出来るといいとは願っている。我々もそう考えて、その方向で一生懸命努力している。今日のところは、残念ながら特に発表できることはない。その代わり、iPhone は本格的 Safari ブラウザを使っているから、ウェブベースのアプリを書けば、それがちゃんと iPhone で動くすばらしいアプリとなるのだ。」

It’s insulting, because it’s not a way to write iPhone apps, and you can’t bullshit developers. It’s a matter of spin. What Apple should have announced is something like this: “We know that you want to write your own apps for iPhone, and we’d like to see that too. We love the apps you write for the Mac, and we’d love to see what you might be able to come up with for iPhone. We’re thinking about it, and working on ways that we might make that happen, but we don’t have anything to announce today. The good news, though, is that because iPhone has a real Safari web browser, you can write web-based apps that work great on iPhone.

そういわれても、デベロッパとしてはそんなことを WWDC で聞きたいわけではない。ただ少なくとも、侮辱されたとは考えないだろう。

That wasn’t what the developers here at WWDC wanted to hear, but at least it wouldn’t have been insulting.

      *      *      *

アップル自身そうしたら・・・

ウェブアプリ(web apps)こそ iPhone のアプリだと、デベロッパにいっても説得力はない。こういうふうに考えてみたらどうか。そもそもウェブアプリは、ネットワークからしかアクセスできず、iPhone のホームスクリーン上で独自のアイコンもなく、ローカルにデータを蓄えることもできない。そんなウェブアプリが iPhone のすばらしいアプリだというのなら、どうしてアップル自身がその技術を使った iPhone アプリを書かないのか。

Telling developers that web apps are iPhone apps just doesn’t fly. Think about it this way: If web apps – which are only accessible over a network; which don’t get app icons in the iPhone home screen; which don’t have any local data storage – are such a great way to write software for iPhone, then why isn’t Apple using this technique for any of their own iPhone apps?

      *      *      *

マックだって同じだ

あるいは、iPhone アプリの議論を押し進めて、マックでも同じことをいってみたらどうか。Safari 上で動くウェブアプリを書くことが iPhone アプリを作るすばらしい方法だというなら、同じように Safari 上で動くウェブアプリを書くことがマックのアプリを作るすばらしい方法だとなぜいわないのか。

Or, take Apple’s argument regarding iPhone development and apply it to the Mac. If web apps running in Safari are a great way to write iPhone apps, why aren’t web apps running in Safari a great way to write Mac apps?

クソみたいなサンドイッチしか作れないというのなら、そういえばいい。デベロッパがどんなにラッキーか、それがどんなにすばらしいアプリかなんてことはいわないでくれ。

If all you have to offer is a shit sandwich, just say it. Don’t tell us how lucky we are and that it’s going to taste delicious.

      *      *      *

ウェブアプリでは作れないもの

iPhone が Safari というキラーウェブブラウザを備えているのはすばらしいことだ。iPhone をターゲットとしたスゴいウェブアプリが将来登場するであろうことも疑いない。しかしまた、ウェブアプリなんかでは作れない本格的 iPhone ソフトのアイデアが山ほどあることも間違いないのだ。

It’s great that iPhone seems to have a killer Safari web browser. No doubt there are going to be some terrific web apps targeting iPhone. But there are a ton of great ideas for iPhone software that can’t be done as web apps.

      *      *      *

プロを相手に、本格的ソフトでなくてもウェブアプリでいいじゃないかというのは侮辱だということらしい。

NDA[nondisclosure agreement、守秘義務契約]で縛られた WWDC のクローズドセッションではそのあたりがデベロッパに開示されるのだろうか。

3週間足らず迫った iPhone 発表時に、新しい展開がみられるかどうかも興味深いところだ。

Technorati Tags: , , ,

広告

2007年 6月 10日

iPhone の隠し味はグーグル?

googleapple2

少し前になるが、iPhone を契機にアップルとグーグルがさらに強固な同盟を組むことを予言したひとがいる。タイムの Jeremy Caplan だ。

Time:”iPhone’s Secret Ingredient: Google” by Jeremy Caplan:6月1日

      *      *      *

隠し味

アップルとグーグルは切り離せない仲となった。YouTube ビデオがまもなく Apple TVで再生できるようになると、今週 Steve Jobs は語った。グーグルは最近、マックユーザー向けのデスクトップ検索プログラムを発表した。グーグルのツールは、6月に登場するアップル特製の iPhone の重要な隠し味(secret sauce)になってきているようだ。

Apple and Google just can’t stand to be apart. Apple CEO Steve Jobs announced this week that Apple TV will soon play YouTube videos. Google recently unveiled a desktop search program especially for Mac users. And Google tools increasingly appear to be a key part of the secret sauce behind Apple’s signature new gadget, the iPhone, set for release in June.

      *      *      *

Gapple

この二つのブランドには熱心なファンがついている。それにグーグルの Eric Schmidt がアップル取締役会に加わっていることもあって、両社はその結びつきの相乗効果を享受するに至っている。これはまさに Gapple[Google + Apple]の力だ。

Both brands are beloved by legions of fans, and with Google CEO Eric Schmidt embedded on Apple’s board of directors, the companies have gotten wise to the benefits of synergistic coupling. Call it the power of Gapple.

      *      *      *

一括登録(universal access

グーグルのモバイル製品マネージャ Sumit Agarwal はつぎのように語る。グーグルはずっとアップルと協同しており、検索その他一連のモバイル向けソフトをユニバーサルアクセス(universal access)に持っていきつつある、と。「一般的にいえば、マックで動くものはすべてモバイルソフトに移行するだろう。モバイル機器の技術が許す範囲内での話だが・・・。」それは、個別にグーグルサービスを登録しなくても済む一括登録(universal sign-on)も含むようだ。

Sumit Agarwal, product manager for Google Mobile, says Google has been working with Apple and is moving in the direction of universal access to its suite of search and software applications on mobile devices. “Generally speaking, everything that you see on Macs, pending the technical ability of the device itself, will migrate into mobile applications,” Agarwal says. That’s likely to include a universal sign-on, so that you don’t have to sign into each of Google’s services separately.

      *      *      *

リアルタイムに本質を捉える

グーグルのモバイルソフトは、大きなソフトをそのまま小さなデバイスに取り込むものではなく、外出中のユーザーが実際に使う基本的な機能に焦点をあてて、必要最小限にスリム化したものとなる。「例えばブロガーについていえば、たくさんのコメントが投稿できることは重要でない。その瞬間の本質を捉え、リアルタイムでシェアできるからだ。スナップ写真を撮って、音声の説明を加えればいい。」

Rather than dumping huge applications onto small devices, Google’s mobile applications are streamlined and stripped down to focus on the primary ways consumers use them on the go. “With Blogger, for example, it isn’t as important that I be able to leave lots of comments, as that I can capture the essence of what I’m doing at that moment and share it in real time,” Agarwal says. “I may want to snap a photo of a monument and store a voice annotation.”

      *      *      *

ウィジェットいろいろ

グーグルとして他にオファーできるものは何か。グーグルリーダー(Google Reader)ウィジェットか。[グーグルが LG と一緒に立ち上げた]ポータルでは最近ブログ閲覧ツールを発表し、オフラインでのアクセスも可能になった。iPhone はリーダーにアクセスできるブラウザを持っているが、高速アクセスができないような場面では、ウィジェットは特に有用だと考えられる。それに今や YouTube が Apple TV で見れるのだから YouTube iPhone ウィジェットなんかどうだろうか。

What else might Google offer? Possibly a Google Reader widget. The portal recently announced that its blog-reading tool can now be accessed offline. And though the iPhone could access Reader through its browser, a widget would be particularly useful when speedy mobile Web access isn’t available. And why not a YouTube iPhone widget, now that YouTube is on Apple TV?

      *      *      *

途中はしょったが、要はグーグルが iPhone にとって欠かせないパートナーになるというわけだ。

アップル・グーグル同盟の噂は、WWDC を一両日後に控えてにわかに大きくなっている。

Wired Blogs [Epicenter]:”A big Google-Apple partnership next week? Bet on it.” by Fred Vogelstein:6月7日

      *      *      *

クラウド・コンピューティング(cloud computing

いつもなら、Steve Jobs がつぎにどんな動きに出るかなどと騒々しく噂をする連中には加わらないのだけれど、今回はどうにも堪(こら)えきれない。Jobs は月曜日にサンフランシスコの WWDC の舞台に立って彼が最も得意とすること、アップルの最新製品について語り、地球上でもっともカリスマチックな CEO としての座を確固たるものにすることになる。彼は多分新しい iPod や iPhone などについて発表するだろう。ひとつだけ、彼が間違いなく発表すると確信していることがある。未来にとって影響の大きいグーグルとの「クラウド・コンピューティング」(cloud computing)に関するパートナーシップだ。両社は、この数か月というも、この点に関してずっとヒントを与えてきた。そしてこのことは実に辻褄(つじつま)が合うのだ。

I don’t typically join the gaggle of folks trying to guess what Steve Jobs’ next move is going to be, but for once I can’t resist. On Monday Jobs is taking the stage at Apple’s worldwide developers conference in San Francisco to do what he does best – tell us all about Apple’s latest products and reinforce his place as the most charismatic CEO on the planet. He’ll probably announced a new Ipod, tell us more about the iPhone  etc etc. One announcement I’m almost sure of, however : A far reaching, cloud computing partnership with Google. Both companies have been hinting about it for months, and it makes perfect sense.

      *      *      *

ドット・マック(.Mac

クラウド・コンピューティング(cloud computing)は、技術の世界でいま最もホットな話題だ。アップルは完全に立ち後れていて、なんとかしなければならないと考えている。アップルはすばらしいハードを作る。しかし、クラウド・ベースのストレージ・サービスである「.Mac」(ドット・マック)については何年も改善できずにいる。.Mac では1年 100 ドルで 1GB のストレージを利用できる。その倍をタダで利用できる時代だというのにこれではお笑い草だ。

Cloud computing is the hot new thing in the world of technology right now; Apple is a complete laggard; and it knows it needs to fix it. Apple makes beautiful hardware, but it hasn’t improved on .Mac, its cloud based storage offering, in years. You get 1GB of storage on .Mac for $100. That’s laughable in an era where you can get double that for nothing.

      *      *      *

グーグルの狙い

一方グーグルは、クラウド・ベースのハードとソフトを世界の誰よりも上手に、かつ安く運用している。どうやって稼いでいるのか。検索サービスやその他のソフトで可能な限りたくさんの利用者を確保することによってだ。想像してみてほしい。マックを買ったひとが自動的にグーグルの無料アカウントを取得し、それから発生することになるアクセスの量を・・・

Meanwhile, Google runs cloud based hardware and software better and cheaper than anyone in the world right now. How does it make money? By getting as many people as possible looking at advertising alongside search and other various software offerings. Imagine all the traffic from the following: You buy a Mac and you automatically get a free Google account.

      *      *      *

得意分野を足し合わせる

グーグルの CEO でアップルの役員でもある Eric Schmidt も、アップルのボスの Steve Jobs も、二人ともその方向に向けて真正面から取り組んでいることを示唆している。私が4月に Schmidt をインタビューしたとき、いずれそういう協力関係になると彼は述べた。「アップルが解決しようとしている問題に対して、我々は完璧なバックエンドを提供できる。彼らのユーザーインターフェイスや消費者に対する判断は大変優れている。しかし彼らは、グーグルが持っているようなスーパーコンピュータ(データセンターのこと)は持っていない。彼らが得意なのはモノを作ることで、それは大変優れているのだ。」

And the hints from Eric Schmidt, Google’s CEO and Apple board member and from Apple boss Steve Jobs point squarely in that direction. Schmidt said in April in an interview with me that he envisioned just such a relationship eventually. “We’re a perfect back end to the problems that they’re trying to solve,” Schmidt told me. “They have very good judgment on user interface and people. But they don’t have this supercomputer (that Google has), which is the data centers. What they have is a manufacturing business that’s doing quite well.”

      *      *      *

失われた時の埋め合わせ

.Mac について Jobs はどう考えているのだろうか。彼は先週のD会議でつぎのように語ってそのことを認めた。「待っていてほしい。あなたのいうことはそのとおりだ。ごく近い将来、我々は失われた時の埋め合わせをするつもりだ。」

Jobs’ response to .Mac’s whithered state? In response to a question last week he actually agreed, adding “stay tuned.” said “I couldn’t agree with you more and we will make up for lost time in the very near future.”

      *      *      *

Dでのクラウド・コンピューティング(Cloud Computing)とリッチ・クライアント(Rich Client)に関する議論はいささか分かりにくかったが、こんな形に発展するものだったのか・・・

アップルにとってグーグルは大きな隠し球(隠し味)であり,その一方グーグルにとってもアップルの魅力は大きいということだ。

イノベーションの最強の組み合わせからは何が生まれるのだろうか。

      *      *      *

参考:

・Time:”iPhone’s Secret Ingredient: Google” by Jeremy Caplan:6月1日
・TheStreet.com:”Apple, Google Connect on iPhone” by Daniel Del’Re:6月7日
・Wired Blogs [Epicenter]:”A big Google-Apple partnership next week? Bet on it.” by Fred Vogelstein:6月7日
・BusinessWeek:”Could .Mac Move To Google?” by Arik Hesseldahl:6月8日
・MacNN:”Apple, Google at WWDC: .Mac, partnership?“:6月8日
・Computerworld:”Opinion: Why a .Mac-Google Apps integration makes sense” by Seth Weintraub:6月8日
・Ars Technica:”Whither .Mac?” by Charles Jade:6月9日

Technorati Tags: , , , , , , ,

2007年 6月 7日

コマ−シャルのあるべき姿

Filed under: アップル,コマーシャル — shiro @ 22:01
Tags: , , , , ,

june-29

6月29日発売を知らせるアップルの iPhone コマーシャルはとてもよく出来ていて、筆者のようなケイタイ嫌いでも欲しくなるほどだ。

これを見た John Gruber が、そのすばらしさを細かく分析している。

Daring Fireball:”Taps” by John Gruber:6月4日

      *      *      *

何がすごいのか

iPhone の新しい3本のコマーシャルを昨日見た。そして、ユーザーインターフェイスを誇示することを宣伝にした携帯電話なんて他にないことに気付いた。もっといえば、ハイテク製品で使い方を見せるだけの宣伝なんてかつてなかったことにも・・・

Linking to Apple’s three new iPhone commercials yesterday, I observed that no other cell phone is advertised by showing off the user interface. Thinking about it some more, I can’t recall the last time I’ve seen any tech product advertised simply by demonstrating how it works.

      *      *      *

優れたユーザーインターフェイス

これは iPhone のユーザーインターフェイスが如何に優れているかということの証しであり、また競争相手のインターフェイスがいかにひどいかということの証しでもある。ウインドウズでやるのと同じことをマックでやる方がずっとクールだと示す、そんなコマーシャルを作るのは不可能だと思う。これは、DOS に比べてマックの方が圧倒的に使い易かった時代のことみたいだ。

It’s a testimony to just how clever the iPhone UI is, and just how bad the UIs are on the competition. I don’t think it’s possible to make a commercial for the Mac that makes any task seem that much cooler than doing the same thing on Windows. This is more like the overwhelming usability advantage from when the Mac was competing against DOS.

      *      *      *

優れた CM 制作者

これはまた、コマーシャルの制作者が如何に優れた才能を持っているかということの証しでもある。iPhone が如何に優れていても、たった30秒間で、見て楽しく、内容もいっぱい詰まったコマーシャルを作るのは至難の業(わざ)だ。

These spots are also a testimony to the talents of the makers of the ads themselves; no matter how clever the iPhone is, it’s hard to make 30-second spots that are both easy to follow and yet contain so much information.

      *      *      *

ひとつのスライド、8つのタッチ

slide

三つともすばらしいコマーシャルだが、三番目の「カラマリ」がベストだ。この中で、電話のロックをはずし、映画を再生し、Maps アプリでレストランをみつけ、そしてレストランに電話をかける。これらすべてのことが、アプリの切り替えも含めて、ひとつのスライド(slide)と8つのタッチ(tap)で行なわれるのだ。

All three ads are good, but the best is the third, “Calamari”. Here’s what we see: unlocking the phone, playing a movie, locating a restaurant with the Maps app, and calling the restaurant. All this – including switching between apps – with just one slide and eight screen taps:

1)スライドしてロックを外す
2)スクリーン下部のドックの iPod アイコンにタッチ、ビデオリストが現れる
3)「パイレーツ・オブ・カリビアン」をタッチ、映画が始まる
4)メインボタンにタッチ、映画は中断してローンチャー(launcher)に戻る
5)Maps アイコンにタッチ
6)Maps アプリの検索欄にタッチ、「シーフード」とタイプ
7)検索ボタンにタッチ、検索結果の地図が現れる
8)結果のひとつ「Pacific Catch」の隣の info ボタンにタッチ、レストラン情報が現れる
9)電話番号にタッチして電話をかける

1. Slide to unlock.
2. Tap iPod icon on bottom-of-the-screen dock. List of videos appears.
3. Tap “Pirates of the Caribbean”. Movie resumes playing.
4. Tap main button. Movie pauses and we switch back to launcher.
5. Tap Maps icon.
6. Tap search field in Maps. Type “seafood”.
7. Tap Search button. Results map appears.
8. Tap info button next to “Pacific Catch” in map results. Information listing for the restaurant appears.
9. Tap phone number to place call.

      *      *      *

理想的なワンタッチ効率

ワンタッチの効率という点からいうとほぼ理想的だ。映画を一時中断して別のアプリに切り替えるのに、メインボタンと Maps アイコンのたったの2タッチだ。Maps の結果から電話をかけるまでこれも2タッチ。

That seem pretty close to optimal, in terms of efficiency per tap. Pause a playing movie and switch to another app in two taps (main button, Maps icon). Maps results to phone call in two taps.

      *      *      *

スムーズなアニメーション

map

それぞれのモードを切り替えるときは楽しいアニメーション付きだ。アプリを開くと、画面中央からズームアウトしてくる。ローンチャーに戻るときは逆にズームインする。キーボードは下部からせり出してくる。検索結果で地図上の場所を示すピンは画面の上部から飛び出してくる。地図上のレストランの info ボタンは右向き矢印で、そちらから info パネルがせり出してくる。

Each mode switch is accompanied by a pleasant animated transition. Opening an app zooms it out from the center of the screen. Switching back to the launcher reverses the zoom. The keyboard slides out from the bottom. The pins denoting map results fly in from the top of the screen. The info button for the restaurant on the map is a rightward arrow, which points in the direction from which the info panel slides out.

このデモで無理にごまかしたところはほとんどない。iPod アプリを開くと、使い易いように映画はトップにリストされている。Map アプリはどういうわけか我々の現在地を知っている。多分 Mac OS X の Weather ウィジェットみたいに、初期設定で zip コードを入力したためだと思われる。(アップルが密かに FCC 認可のうらで GPS を使っていると考えるのも楽しいかもしれない。)

There’s very little room for fudging in this demo. The movie is conveniently listed at the top of the list when the iPod app opens. The Map app somehow knows where we are: my guess is that it’s like the Mac OS X Weather widget, with a preference setting for a default zip code. (Keep dreaming if you think Apple has secretly added GPS behind the FCC’s back.)

      *      *      *

魔法の home ボタン

何より、スクリーンタッチに止まらず、ユーザー経験がとても分かりやすいということだ。iPod や PC を使えるひとなら誰でも、他人の助けを借りなくても iPhone の使い方が分かる。唯一の秘密は、魔法の home ボタンの使い方を覚えることだ。

Best of all, the experience isn’t just short on screen taps, it’s high on obviousness. It seems obvious that anyone who can use an iPod or a PC ought to be able to figure out on their own how to use iPhone. The fundamental trick to learn is the magic home button.

      *      *      *

いろいろなアプリ

apps

ローンチャー(launcher)即ち home アプリのフル画面を見ると、1月発表当時からほんの少し変化している。アプリの種類に変化はないが、並べ方が少し異なっている。Text、Calendar、Photos、Camera、Stocks、Maps、Weather、Clock、Calculator、Notes、Settings の順序だ。スクリーン下部のドックには Phone、Mail、Safari、iPod がある。(ウェブブラウザは、1月には Web という名前だったが、今は Safari となっている。)

The full-screen view of the launcher/home app reveals a few subtle changes from the iPhone images from January. The app list remains unchanged, but in a slightly different order (so no iChat when iPhone debuts, apparently). In the regular list: Text (SMS), Calendar, Photos, Camera, Stocks, Maps, Weather, Clock, Calculator, Notes, Settings. In the bottom-of-the-screen dock: Phone, Mail, Safari, iPod. (Note that in Apple’s January screenshots, the web browser was called “Web”, not “Safari”.)

      *      *      *

使い方を見せるだけで、機能のすばらしさとインターフェイスの優秀さを示す。これぞまさにコマーシャルの在るべき姿ではないか。

John Gruber の説明からは、その思いが切々と伝わってくるようだ。

流れるようなコマーシャルは、かつて流布したことのある iTalk コマーシャルとは異なった意味での流麗さを感じさせる。

初期の時代からアップルのコマーシャルを作ってきた Chiat/Day[現在は TBWA/Chiat/Day]だからこそ出来たのかもしれない。

日本でも Get a Mac の焼き直しでない、真の意味でのコマーシャルが出来るといいと思う。

Technorati Tags: , , ,

2007年 2月 23日

iPhone の真の敵はだれか

Filed under: アップル — shiro @ 18:47
Tags: , ,

iPhone の真の競争相手はスマートフォンなんかじゃない。もっと先があるのだという。

Streamingmedia.com:”Emerging Media: The Big Apple” by Damien Stolarz:2月20日

      *      *      *

メディア配信の未来

まだマックワールドのキーノートスピーチを全部とおして見ておられないようだったら、是非ご覧いただきたい。Steve Jobs が iPhone を紹介した例のキーノートのことだ。たとえあなたがアップルのファンでも Jobs のファンでなくても、Jobs が語っていることは、未来の携帯メディアの配信にとってあなたがお考えになる以上の大きな意味を持つのだ。

If you haven’t watched the full keynote speech from Macworld—you know, the one where Steve Jobs introduced to the iPhone—you owe it to yourself to do so. Even if you’re not an Apple or Jobs fan, what he discussed has broader implications for the future of mobile media delivery than you’d think.

      *      *      *

よく練られたアップルの計画

アップルの携帯電話市場への参入計画はとてもよく練られている。2年間にわたって開発されたアップル製品への取り組みは、まさにアップルの教本どおりだ。ソフトウェアを制せよ、ハードウェアも制せよ、さらにネットワークに付加価値を加えよ、という訳だ。例えば、Cingular との協同の成果である「目で見るボイスメール」(visual voicemail)は、ボイスメールにランダムにアクセスすることを可能にする。これは20世紀の原始的な、7つから9つのキーを押さなければならないやり方に別れを告げるものだ。

Apple’s entrance into the mobile phone market was very well planned. Two years in development, the product approach is right out of the Apple playbook: control the software, control the hardware, and even add value to the network (their “visual voicemail” collaboration with Cingular allows random access to voicemails, abandoning a primitive 20th-century ritual involving the 7 and 9 keys).

      *      *      *

完全タッチスクリーン

iPhone は完全なタッチスクリーン方式だ。ホームボタンがたったひとつあるだけ。みんながアップル製品に期待するスタイルやデザインを体現している。「マルチタッチ」インターフェイスを備え、指でつまんで(squeeze)画像を大きくしたり、小さくしたりできる。この機能を気が利いていると受け取るひともいれば、革新的と捉えるひともいるだろう。どちらであるかは、一般大衆がこの電話機に触ってみたときに分かるだろう。

The phone is entirely touch screen-based, has only a single button to go “home,” and embodies the style and minimalist design you’d expect from Apple. It has a “multi-touch” interface, where you can use both fingers to “squeeze” pictures to grow or shrink them, a feature that will either be considered cute or revolutionary; the jury is still out until the general public can get their hands on the phones.

      *      *      *

アップル公認のパイプ iTV

またアップルは、マックワールドで iTV のお披露目をし、2月に発表した[ママ]。みんなが予想したとおりだ。洗練され、使い方がシンプルで、メディアを HDTV に流し込むアップル公認のパイプだ。HDMI 端子と各部品を備えていて、過去5年間に登場したいろんな(メディアをテレビにつなぐ)製品に似ている。iTunes につなぐことが出来るという点は別だが・・・

Apple also premiered its iTV at Macworld and released it in February. It’s much as predicted—it’s svelte, it’s simple to use, and it’s the Apple-sanctioned conduit for getting your media to the HDTV. It has component and HDMI connectors, and it’s much like the various media-bridge-to-the-TV products that have been coming out for the last five years. Except, this time, it works with iTunes.

      *      *      *

サプライズ?

マックワールドでは、いろんな意味でこれといってサプライズはなかった。アップルは名前からコンピュータという文字を削った。(今や Apple, Inc. という名前だ。)デジタルリビングルームの手のうちも見せた。それに電話マーケットにも初めて手を出した。いくつかサプライズがあったことも確かだ。OS X が iPhone で動く。(iPod で OS X が動くようになるにはあと何世代かかかるだろうけれど。)QWERTY キーボードを廃して 100% タッチスクリーン化したのは大胆だった。(こいつに文字を入力するのが簡単かどうかはもう少し待たなきゃ分からない。)

In a lot of ways, nothing unexpected was released at the show. Apple dropped Computer from their name (they’re now just Apple, Inc.), they showed their hand on the digital living room, and they made their first foray into the phone market. OK, there were a few surprises—iPhone runs OS X (I didn’t expect iPods to run OS X until a few versions from now), and going 100% touch screen without even a QWERTY keyboard is pretty bold (we’ll all have to see how easy it is to punch in letters on that thing).

      *      *      *

最大の悪夢

しかし、ここで問題が起きた。今やアップルが最大の悪夢だということに家電業界が気付いたのだ。やって来て騒ぎを起こすのは数年先だろうと考えられていた眠れる巨人が、このマーケットの様子を窺い、原子爆弾を投下したのだ。

But here’s the rub: CE manufacturers now realize that Apple is their new worst nightmare, the sleeping giant who can rumble in several years late to the party, look around, and drop an atom bomb on the market segment.

      *      *      *

最後の牙城

多くの専門家は、iTunes/iPod の成功はまぐれだとはじめは考えた。今になって専門家たちは、アップルの収益が如何に iTunes/iPod の売り上げに移行したかということを噛み締めている。今やアップルは、家電業界の牙城に対して、ゼンマイをゆっくり巻き上げるように、相手の体力を消耗させる戦術(rope-a-dope)で、自分に都合の良い比喩を使って[?]、公然と攻撃を再開したのだ。家電業界の最後の牙城である電話やテレビに対して・・・

Many experts first thought the success of iTunes/iPod was a fluke. Today, pundits painstakingly track how Apple’s revenues shifted so much towards iTunes/iPod sales. And now Apple is rather overtly repeating its slow-wind-up, rope-a-dope, pick-your-own-metaphor attack on the rest of the CE strongholds: phones and TVs.

      *      *      *

スマートフォン

Jobs はキーノートで、iPhone とキーボードを内蔵した Palm Treos や Windows Mobile のスマートフォンと比べてみせた。しかし真のターゲットはスマートフォンじゃない。

During the keynote, Jobs pitted the iPhone against smartphones—Palm Treos and Windows Mobile devices with built-in keyboards. But smartphones aren’t really the target.

最初の一週間はつぎのような分析でいっぱいだった。「OS X のクローズドバージョンだ」、「特定のサードパーティのアプリケーションが使える半分だけオープンな OS X だ」、「RIM や HTC などのスマートフォンにはたいして影響なさそうだ」・・・

The first week of analysis was filled with comments like “It’s a closed version of OS X.” “OK, it’s a semi-open version of OS X for blessed 3rd party apps.” “It’s not going to have much of an impact on smartphones from RIM or HTC or . . .”

要は、どの分析もポイントが外れているということだ。スマートフォン業界はアップルが競争を挑んできたとうぬぼれているがそうではない。アップルが挑んでいるのは電話そのものなのだ。ピリオド。

The thing is, so much of the analysis missed the point. Smartphone manufacturers are flattering themselves by thinking that Apple is competing with them. Apple is competing with phones, period.

      *      *      *

第6番目のミュージックストア

アップルが本当はどう考えているかを理解するにはキーノートを見るだけで十分だ。Jobs はアップルがアメリカの第7番目[ママ]のミュージックストアから第6番目[ママ]になったと自慢した。つぎの目標は Target だ。そして間もなく Best Buy であり、最後にトップの Wal-Mart なのだ。

To really understand how Apple thinks, you just have to watch the speech. In it, Jobs brags that Apple has now gone from the 7th largest music store in the U.S. to the 6th. Next target: Target. Before long, Best Buy, and eventually top-dog Wal-Mart.

      *      *      *

アップルを追い落とす試み

デジタル配信の小規模事業者の多くは、ロングテールのオーディオ・ビデオ出版社、インディーアーチスト、ユーザー投稿コンテンツなどに焦点を当てている。アップルはその多くを自由に、しかもタダで使っている。それらは「ポッドキャスト」[ママ]と呼ばれて、競争相手を悔しがらせている。彼らはアップルを追い落とすためにあらゆることを試みた。曲を単独で売る代わりに、支払いが継続する限り好きなだけ提供するサブスクリプション方式まで試した。消費者の答えは概ねノーだった。マイクロソフトは業界を広くカバーする「PlaysForSure」規格を試みたが、その後 180 度方針転換して iPod キラーとして独自規格の Zune を出すに至った。

So many of the smaller competitors in digital distribution are focused on long-tail audio/video publishers, indie artists, and user-generated content. Apple has co-opted a good chunk of that as well—for free—and they’re called “podcasts”, much to the competitors’ chagrin. They’ve tried everything to displace Apple, especially subscriptions instead of individual songs, giving you all you can eat as long as you keep your payments up. Consumers by and large have said “no.” Microsoft tried a broad, industry-wide standard—PlaysForSure—and then had to about-face and try an iPod killer with their proprietary Zune.

      *      *      *

敵は大型量販店

そしてまたここでも、自分たちがいわゆる「デジタル音楽」の「競争相手」だとうぬぼれ、アップルが彼らに競争を挑んできたと考えのだ。しかしアップルは、Zune も、Napster も URGE、Rio、Creative のどれも競争相手だなどとは考えていない。何故か。アップルが考えている競争相手とは Wal-Mart なのだ。Best Buy も競争相手だ。CD の大型量販店、それがアップルの競争相手なのだ。

But that’s once again where these so called “competitors” in “digital music” are flattering themselves—they think Apple is competing with them. Apple doesn’t even really consider Zune, Napster, URGE, Rio, or Creative a competitor. Why? They consider Wal-Mart a competitor. They consider Best Buy a competitor. Big-box distributors of CDs—that’s their competitor.

      *      *      *

ポンドのゴリラ

私が初めてこの業界にやってきたとき、マイクロソフトはみんなの弁当を全部食ってしまう 800 ポンドのゴリラだった。ベンチャーキャピタルから耳にタコができるほど聞かされたのが「一体全体どうしてレドモンドのあいつらがお前が作ったものを真似しないと考えられるのだ」という台詞だった。

When I was coming up in the industry, Microsoft was the 800 lb gorilla that was going to eat your lunch. The oft-repeated refrain I’ve heard from too many VC’s is “what makes you think those guys at Redmond won’t just clone what you’ve made?”

      *      *      *

新しいモンスター

さて、今度はアップルがみんなの弁当を食ってしまう新しいモンスターに(こんどはゴジラかな)なったようだ。デジタル融合電話だって? もうアップルがやっちゃってる。デジタル製品をリビングルームに持ち込むだって? なんで今さら。これぞアップルの領域じゃないか。(市場に出ている何百万というデジタル接続の Xbox のことなんか気にしない、気にしない。)

Well, it seems like Apple’s the new monster (perhaps Godzilla in this case?) that will eat your lunch. Thought of making a digital convergence phone? Apple’s got that one covered, thanks. Thought of bringing digital assets into the living room? Why bother, that’s Apple’s territory (never mind the millions of digitally connected Xboxes in market).

      *      *      *

考えるべきは・・・

古いメディアを革新的なデジタル技術で処理する事業計画を考えるというのなら、むしろアップルの戦略本から借用するほうがいいのではないか。他の小規模の相手[デジタルビット bit の再生機 player と懸けたつもり]と戦うのに褌(ふんどし)を締め直したりしなくていい。流通チャンネルに目を向けるだけでいいのだ。レンガとモルタル造りの在来型の、古びた、轍(わだち)の跡のついた流通チャンネル、それなのに製品を未来永劫動かし続ける流通チャンネルにどうやってとって代わるか、それを考えればいいのだ。

Next time you’re writing your business plan for how you’re going to take out old media with your revolutionary digital technology, perhaps take a play from Apple’s book. Don’t gird your loins for a fight with the other bit players (pun intended); look at what it’s going to take to displace the brick-and-mortars, the ancient, grooved-in distribution channels that have been pushing product forever.

それから、もうひとつ。まだアップルが手をつけていない分野を選ぶのを忘れないこと。

Oh, and pick a category Apple hasn’t already taken.

      *      *      *

敵は本能寺にあり、というわけだ。

もはやアップルはコンピュータメーカーに甘んじてはいない。テレビや電話、それに流通チャンネルにも狙いを定めたのだ。

Technorati Tags: , ,

2007年 1月 14日

Steve Jobs はなぜ説得力があるのか

jobs_iphone

マックワールドで Steve Jobs のプレゼンテーションを客席からじっと見ていたひとがいる。Carl Howe だ。

偉大なるコミュニケータ(communicator)としての Jobs のプレゼンテーションを、Carl Howe は次のように分析している。

SeekingAlpha:”Steve Jobs’ Reality Distortion Field: As Powerful As Ever” by Carl Howe:1月12日

      *      *      *

現実歪曲空間

今年のマックワールドに出席して得難い経験をしたことのひとつは、Steve Jobs 本人のプレゼンテーションスタイルをじかに見るチャンスが与えられたことだ。(ビデオストリーミングならアップルサイトで見れる。)キーノートの進行中、私は必死になって携帯電話でブログしていたが、彼のプレゼンテーションのやり方についても簡単なメモを残しておいた。例の「現実歪曲空間」(reality distortion field)と愛情を込めて呼ばれるものを彼がどうやって構築するのかということについてのメモだ。私の結論はこうだ。魔法なんてないのだ。偉大なコミュニケーターが為すべきことを全てやっているに過ぎない。みんなが教わるいろんなテクニックのことだ。Jobs に説得力があるのは、彼が次のことをやっているからだ。

One of the benefits of being at MacWorld this year was that it gave me the chance to dissect Steve Jobs’ presentation style in person (you can stream it yourself from Apple’s Web site). And while I was madly blogging on my cell phone while the keynote was going on, I did jot some notes about just how he sets up what is fondly referred to as his reality distortion field. My conclusion: there’s no magic here. He simply does all the things that a great communicator is supposed to, including many techniques that we teach. Jobs is so persuasive because he:

      *      *      *

練習

それは、Jobs が練習するからだ。それも何度も。Jobs はステージではとても落ち着いている。彼が完璧に内容を把握していることは、彼が話し始める前でも目をみれば分かる。彼は壇上で立ち往生したりしない。いつ興奮を呼び起こしたらよいか、いつ抑えたらよいか、彼は知っている。これはどれも難しいことではない。話す内容を頭に叩き込んでおけばの話だが。その内容を何度もなんども繰り返し練習することによって、初めて可能になるのだ。

• Rehearses — a lot. Jobs is extremely comfortable on stage. You can see in his eyes that he knows his content cold before he even starts. He isn’t trapped behind a podium. He knows when to get excited and when he needs to pull back. All of these things aren’t hard — provided you have the entire story you want to tell in your head. Jobs does — and that only happens if you have done the story over and over again in rehearsal.

      *      *      *

等身大の自分

それは、Jobs が等身大の自分でいるからだ。他人の真似をしたり、なにか自分と違うものになろうとしたりはしない。自分が話すことで興奮したり、感情的になることも厭(いと)わない。例えば、終わりの方でアップル従業員の家族に感謝を述べるところがあるが、彼が家族の示した献身に言及するとき声を詰まらせるのが聞いていて分かった筈だ。聴衆は彼のことばの背後に彼の感情を感じる。その感情が、何事であれ Jobs が語ることにインパクトを与えるのだ。

• Is himself. Jobs doesn’t try to imitate other people or be something he isn’t. He’s not afraid to get excited and emotional over what he is talking about. As an example, when he thanks the families of Apple employees at the end, you can hear him getting choked up about the commitment and dedication they had. The audience can feel the emotion behind his words, and that adds impact to anything Jobs says.

      *      *      *

効果的な視覚効果

それは、Jobs が効果的な視覚効果を使うからだ。Jobs はプレゼンテーションの映像をことばを多用することで混乱させたりはしない。彼が頭上のスライドで用いたことばは、これまで他のスライドで使ったものと似たようなものだ。スライドの文言は、「2.0B」(これまでの iTunes の販売曲数)とか「Ads」(コマーシャル)といったハッキリしたものだ。読むことに注意を向けなくても済むので、聴衆は Jobs のことばに耳を傾け、Jobs が語ることばがよりインパクトを持つ。Jobs の行なうデモも効果的だ。どれも短いデモで、ごちゃごちゃしていない。なぜシンプルにするのか。それはシンプルなアイデアほど伝わりやすく、聴衆に理解されやすいからだ。

• Uses visuals effectively. Jobs doesn’t clutter up his presentation visuals with a lot of words. In fact, the slide shown above probably had the most words of any slide he used. Most of his slides have such illuminating reading as 2.0B (the number of iTunes songs sold to date), or “Ads”. Without a lot of reading to do, the audience listens to Jobs more, giving the words he says more impact. Jobs also uses demos effectively; all of them use very simple examples rather than complicated ones. Why simplicity? Because simple ideas are easier to convey and easier for the audience to absorb.

      *      *      *

焦点を絞る

それは、Jobs が解決すべき問題に焦点を絞るからだ。iPhone を紹介する初めの7〜8分(26分から33分の間)を見て欲しい。その間ずっと Jobs はスマートフォンがどんなにバカでダサイか語り続ける。自分にどんな答えがあるのかは示さない。終わりの方になって、このマーケットで商品が成功するのに必要な特徴を三度聴衆に語る。驚いたことに彼が紹介する製品はまさにこの特徴を持っているのだ。これは効果的なマーケティング手法というに止まらない。ドラマと緊張を、さもなければ存在しなかったかもしれない場に造り出すのだ。

• Focuses on the problem he’s solving in detail. Watch Jobs’ first 7 or 8 minutes of the iPhone introduction (starting about 26 minutes in and running until 33 minutes). All of that time he spends setting up why smartphones are dumb and clunky. He doesn’t even talk about his solution to the problem until he’s told the audience no fewer than three times what criteria a successful product in this market must have. And amazingly, the product he introduces has exactly those criteria. It’s not only an effective marketing technique, but it creates drama and tension where there would be none otherwise.

      *      *      *

三度繰り返す

3in1

それは、Jobs が何事も三度繰り返すからだ。Jobs が新しいアイデアを紹介するときは、まずリストとして紹介する。ついでリストのそれぞれについて個別に語り、そのあとでまたリスト全体をまとめる。しかも、毎回必ず同じことばを使う。一番いい例が、iPhone の三つの機能、すなわち、iPod、電話、革新的インターネットコミュニケータ(Internet communicator)の三つだ。そのどれも、キーノートで語られるべき場があり、その都度繰り返されるアイコンがある。彼は三つのことばを聴衆に何度もなんども唱えさせることまでやってのける。その結果、集中して聞いていないひとにまでメッセージが伝わるのだ。

• Says everything three times. Jobs always introduces new ideas first as a list, then he talks about each member of the list individually, and then he summarizes the list later. And, he always uses exactly the same words each time. A great example is the three functions that the iPhone has: an iPod, a phone, and a revolutionary Internet communicator. Every aspect had its own section of the keynote, and its own icon that kept being repeated. He even got the audience to chant the three items sequentially with him over and over. The result: even listeners who aren’t paying attention get the message.

      *      *      *

当意即妙の話

それは、Jobs が当意即妙に話をするからだ。後半のプレゼンテーションで、スライド用リモコンが効かなくなった場面があった。予備のリモコンも動かない。そこで彼がやったことは何だったか。彼は Steve Wozniak との話をしたのだ。二人がテレビ撹乱器(TV jammer)を作り、学校に持っていって、そっとテレビ室で使って、テレビ画面を撹乱させたという話を。この話はプレゼンテーションとはなんの関係もない。しかし観客を笑わせ楽しませている間に、舞台裏ではクルーが問題を解決したのだ。この話は、iPhone 全体のストーリーの中では見事にかみ合ったという訳だ。

• Tells stories. At one point late in the presentation, Jobs’ slide advancing clicker failed. He switched to the backup, and it wasn’t working either. So what did he do? He told a story about how he and Steve Wozniak build a TV jammer and used it in college TV rooms to stealthily mess up TV signals. The story had nothing to do with the presentation, but it kept the audience laughing and amused while the backstage crew fixed the problem. Yet, the story fit beautifully into the larger iPhone story overall.

      *      *      *

沈黙の間合い

それは、Jobs が緊張をもたらす沈黙の間合い(dramatic pause)を恐れないからだ。Jobs が話題を変えようとしたり、なにか重要なことを話そうとするときは、決して急いだりはしない。そんなとき、彼はよく舞台の袖に行ってボトルから水を飲む。ステージの脇によって「すごいじゃないか?」といったことを口にし、そのまま待つ。この間合いが、聴衆が飽きるのを防ぎ、彼らに Jobs のいったことを反芻(はんすう)させるのだ。そして大切なことは、この間合いこそがその後に続くものに対する期待とドラマを造り出すのだ。

• Isn’t afraid of the dramatic pause. When Jobs switches topics or is about to say something important, he doesn’t rush into it. Often, he will go to the side of the stage and grab a drink of water. Or, he’ll just stand to the side of the stage and say something like, “Isn’t that amazing?” and just wait. The pauses both keep the audience from getting tired out and allows them to absorb what he has said. And more importantly, they create drama and anticipation for what is to come.

      *      *      *

特徴を比較する

それは、Jobs が特徴を示すのに比較の手法を用いるからだ。みんなに覚えてほしい特徴があるとき、彼は必ず他のなにかと比較する。iPhone を紹介したとき、彼はそれを他のスマートフォンと比較した。彼がかつて iPod nano を紹介したときは、他のフラッシュプレーヤと比較したものだ。比較することによって、その製品のセールスポイントを強調し、他の競争相手を自分の言葉で一蹴できるのだ。この Jobs のプレゼンテーションは、他に比べて抜きん出ている。

• Uses comparisons to demonstrate features. When Jobs has a feature he really wants people to remember, he always compares it to something else. In the iPhone introduction, he compared the iPhone with other smartphones. When he introduced the iPod nano, he compared it with other flash players. Comparisons allow him to emphasize the unique selling propositions of his products and paint the competitive landscape on his terms. This one feature of Jobs’ presentations puts his presentations head and shoulders above others.

      *      *      *

stan_sigman

プレゼンテーションでどんなに差がつくか、もっと確とした証拠がほしいというのなら、昨日 Jobs と一緒にプレゼンテーションをした Cingular の CEO Stan Sigman と比較してみるといい。その内容はプロに相応(ふさわ)しいものだったが、話し方たるやあまりに平板すぎて精彩がなかった。聴衆は途中で拍手をはじめ、短くするよう彼にシグナルを送り始めたほどだ。アウチ!

If anyone needs more convincing of how much of a difference presentation technique makes, just contrast Cingular CEO Stan Sigman’s presentation yesterday with Jobs’. Despite his professionally written content, his presentation just falls flat on too many words and not enough life. The audience started clapping at once point just to try to convince him to cut it short. Ouch.

アップルは顧客のために細部にこだわるという評判を勝ち得た。Jobs も聴衆のため同じことをする。同じことを他の会社が始めるまでは、アップルに比肩(ひけん)できる会社は殆どないだろう。それまでは、Jobs の現実歪曲空間はますます強固なものになるのだ。

Apple has built its reputation by sweating the details for its customers. Jobs does the same for his audiences. Few companies will effectively compete against Apple until they start doing the same. Until then, Jobs’ reality distortion field will be as powerful as ever.

      *      *      *

キーノートを見るひともさまざまだ。

Jobs のキーノートと同様、Carl Howe の文章も非常に説得力があるように思う。

Jobs のプレゼンテーションについては、以前 Garr Reynolds が Bill Gates と比較して書いたことがあったが、双方の記事に共通点が多いことに気付く。

見るひとは、ちゃんと見ている・・・

      *      *      *

「説得力」キーノートあとがき(1月27日)

phonespan

さすがに今ではアクセスもポツリポツリとなったが、合計するとどうやら1万を大きく超える方に来ていただいたようだ。

こんなマイナーなブログにそんなアクセスは初めてのこと。Carl Howe の記事はそれだけインパクトが大きかったということだろう。

ただ、これまでとはなにか違う感じがしている。

どんな方に、どんな読まれ方をしたのか今ひとつ分からないまま、アクセス数にとまどってしまって、頂いたコメントに返事が書けなくなってしまった。

返事の書けないコメント欄は、オープンエンドのままだ。

      *      *      *

あちこち巡っているうちに、このエントリーに対する感想らしきものが載っているサイトをいくつか見つけた。

はてなブックマーク

del.icio.us

livedoor クリップ

こうしてみると、Steve Jobs 本人(プレゼン上手、現実歪曲空間)と、仕事術としてのプレゼンテーション(ハウツー)という二つの関心を軸に、その二つがないまざったいろいろな観点から興味を持っていただいたように思える。

当ブログと関係のないところで、その反応を見れるというのも、ネット時代のおかげだろうか。

このエントリーをきっかけに、予期しない方からメールをいただいたりしてうれしかった。これも偏に Carl Howe のお蔭だ。

Technorati Tags: , , ,

2007年 1月 10日

We are calling it iPhone…

Filed under: アップル,イベント — shiro @ 07:34
Tags: , , ,

original_iphone

いやあ、ショック・・・

ポケットコンピュータではなかった。名前まで iPhone そのままだ。

満幅の信頼をおいた John Markoff が完全ポカだったとは・・・

一番正確な予測は、皮肉にもこのフェイクコマーシャルだった。

      *      *      *

訂正:Markoff は正しかった(1月10日)

John Markoff は決して「完全ポカ」などではなかった。もう一度読み直してみると100%正しい。

間違っていたのは自分の方だ。

「ポケットコンピュータ」(personal computers in pocket form)という言葉に魅せられて、過剰な期待と妄想を膨らませた筆者に原因がある。

ノートブックより小さいタブレット型のマックが欲しいという永年の思いが背景にあって、「アップル電話」(Apple phone)をわざわざ「アップルのポケットコンピュータ」に読み替えてしまった。

非は100%当方にあり、John Markoff は与(あずか)り知らない。

Technorati Tags: , ,

2007年 1月 9日

ケイタイではなくポケットコンピュータだった!

Filed under: アップル,イベント,ウワサ — shiro @ 00:02
Tags: , , ,

mwsf07

ニューヨークタイムズの John Markoff がスゴい記事を書いている。実際にモノを見たとしか思えないような書きぶりだ。

New York Times:”A Personal Computer to Carry in a Pocket” by John Markoff:1月8日

      *      *      *

爆発的ワイヤレス通信

デスクトップコンピュータの世界はついにモバイルの時代にはいった。携帯電話事業者のワイヤレスデータ量が爆発的に増加していることを見れば、その転換が起きていることが分かる。

The world of desktop computing is finally going mobile, and the shift can be seen in the explosive growth of wireless data for cellular carriers.

      *      *      *

新モバイルコミュニケーション戦略

アップルの CEO の Steven P. Jobs はアップルの新しいモバイルコミュニケーション戦略を象徴するアップル製電話(Apple phone representing his company’s new mobile communications strategy)を明日発表する予定だが、それはこの転換を裏付けるものとなるだろう。スリムなセラミックのケースや透明なタッチスクリーンを特徴とする、Jobs 風の洗練されたデバイスとなるだろう。

That shift may well be underscored tomorrow when Steven P. Jobs, the chief executive of Apple Computer, is expected to unveil an Apple phone representing his company’s new mobile communications strategy — highlighted by a device that may include Jobsian refinements such as a sleek ceramic case and a transparent touch screen.

      *      *      *

ポケット型コンピュータ

業界幹部や競争相手は、アップルが新世代のデバイスを開発したと信じている。それはポケット型のパーソナルコンピュータ(personal computers in pocket form)に近いものだ。音楽やエンタテインメント、生産性ツールを容易に扱え、携帯電話やワイヤレス機器との通信もできる。

Industry executives and competitors believe that Apple has developed the first of a new generation of devices that are closer to personal computers in pocket form, meaning that they will easily handle music, entertainment, productivity tasks and communications on cellular and other wireless networks.

      *      *      *

競争相手がいっぱい

2001 年に iPod を出したときは、音楽プレーヤのカテゴリーで急速に独占的地位を固めることが出来た。しかし電話への挑戦はずっと難しいものと思われる。

But while Apple was able to monopolize the music-player category quickly after it introduced the iPod in 2001, its challenge with a phone would be far more difficult.

アップルは比較的早い時期に携帯デジタル音楽の世界に登場した。しかし、インターネットで接続されたデジタルハンドヘルドデバイス(Internet-connected digital hand-helds)の世界に参入するのは明らかに遅かった。アップルに対抗して、 ノキア、モトローラ、ソニーエリクソン、マイクロソフトといった巨人たちがおり、さらに Palm や Research in Motion のような既に確立した会社がある。

While Apple was early to portable digital music, it would be distinctly late in entering the world of Internet-connected digital hand-helds. Arrayed against it are giants including Nokia, Motorola, Sony Ericsson and Microsoft, in addition to entrenched hand-held companies like Palm and Research in Motion.

また、グーグルのような強力なインターネットの会社も争いに加わろうとしている。これまでデスクトップの世界でグーグルに頼ってきたユーザーを切り離すことなどできないのだ。

Also waiting to enter the fray are powerful Internet companies like Google, who cannot afford to be cut off from users who now rely on them in the desktop computing world.

      *      *      *

核戦争の始まり

「アップルはまさに核戦争を起こそうとしている」と Paul Mercer(パロアルトをベーストする Iventor の社長、ハンドヘルドのソフトウェアデザイナー)はいう。「ノキアやモトローラも応戦せざるを得ないのだ。」

“Apple is about to touch off a nuclear war,” said Paul Mercer, a software designer and president of Iventor, a designer of software for hand-helds based in Palo Alto, Calif. “The Nokias and the Motorolas will have to respond.”

      *      *      *

ハイブリッドデザイン

uxpremiummicro

[UX Premium Micro PC]

携帯電話とデスクトップコンピュータの来るべき転向、というよりむしろ衝突はハイブリッドなデバイスの新しい形態(new forms of hybrid devices)を生み出す。ノキアとソニーは、革新的なデザインで通信機能を備えたハンドヘルドを最近発表した。

And the coming convergence — or possibly collision — between cellphones and desktop computers is also yielding new forms of hybrid devices. Nokia and Sony have recently introduced hand-helds with innovative physical designs and new combinations of communication features.

そのデザインに共通しているのは、ラップトップコンピュータよりもっとポータブルで、携帯電話よりもっと見やすいスクリーンを備えていることだ。

What they share is designs that make them more portable than laptop computers and screens that are more readable than those on cellphones.

      *      *      *

oqo_model2

[Oqo Model 2]

このあと John Markoff は、今週 CES で Bill Gates も触れたハンドヘルドコンピュータの Oqo Model 2 を取り上げる。そして、「我々の目的は、PC をポケットに入れて運べる形に発明し直すことだ」(Our main goal is to reinvent the PC in a pocketable form.)と Jory Bell(Oqo の創設者)にいわせている。

      *      *      *

携帯電話事業者が牛耳る

アップルがワイヤレスデータ通信のマーケットに参入するにあたって有利な点は、自らの電話のハードもソフトも自分たちで開発できるということだ。それでもなお携帯電話事業者に頼らざるを得ない。

For Apple, one advantage in entering the wireless data market may be that it can develop both the hardware and the software for its own phone. But it would still need to rely on the cellular carriers.

かつて Jobs 氏は、アップル電話を投入しない理由のひとつは、アメリカにおいては携帯電話事業者が携帯端末をコントロールしているからだといったことがある。しかし今や明らかに事情は変わった。アップル電話を提供するというアップルのビジネス戦略は、アップルのインダストリアルデザインと同様に魅力的なものとなってきたのだ。

In the past Mr. Jobs has cited the carriers’ control of handsets in the United States as a reason he had not introduced an Apple phone. Now that has apparently changed, and Appleユs business strategy in offering an Apple phone will potentially be as intriguing as its industrial design.

      *      *      *

Cingular と仲直り?

Jobs 氏は Cingular とも同盟を結んだといわれている。ということは、2005 年に Cingular と同じ日にアップルは iPod Nano を、そしてモトローラは iPod と互換性のある Rokr を発表したが、そのことによって生じた亀裂を Jobs 氏が修復したということを意味する。

Mr. Jobs has been rumored to have entered into an alliance with Cingular. That would suggest he has patched up a reported split in 2005 that came when Apple introduced its iPod Nano on the same day that Cingular and Motorola introduced the Rokr, an iPod-compatible phone.

      *      *      *

マッキントッシュ以上

Jobs 氏のビジネス戦略がどんなものであれ、それは大きな衝撃もたらすことになるだろう。最近 Jobs 氏は二人の同僚(Jobs 氏との関係悪化を防ぐため匿名を希望)に、このプロジェクトについてはマッキントッシュのとき以上の興奮を覚えていると語ったという。

Whatever his business strategy, Mr. Jobs is certain to have an impact. Recently, he told two associates, who asked not to be identified to avoid damaging their relationship with him, that he was more excited about his current project than he was about the Macintosh.

      *      *      *

これなら、「説明を受けた上級役員の何名かは絶句した」というのも理解できる。

どうやら John Markoff は「アップル電話」を実際に見ているようだ。NDA(nondisclosure agreement、守秘義務契約)のためハッキリ書けないのだろう。それでもヒントはいっぱい残している。「アップル電話」を「アップルのポケットコンピュータ」と読み替えてくれということだろう。

そしてその形(form factor)は、ノキアやソニーエリクソンの携帯電話より、パームや RIM のようなスマートフォンの流れを汲み、Oqo Model 2 に近く、アップルらしくもっと格好いいものになるということだと思う。

ポケット型コンピュータということなら、名前は「Mac portable」だろうか、それとも「Mac pocket」か。

これはとても楽しいことになってきた。

Technorati Tags: ,

2005年 11月 6日

Dream phone Applele style:夢の携帯電話

Filed under: コンセプトデザイン — shiro @ 09:21
Tags: , , ,

携帯電話ほどみんなに親しまれているポータブル機器はないだろう。

A cellphone is, without doubt, the most popular handheld gadget.

アップルル新林檎研究所(Applele.com)の夢のデザインには心が躍る。

Each new dream phone, designed by Applele.com, grabs away the hearts of phone-lovers.

また真田勇氏の新しいデザインが出た。iPhone R04 だ。

iphone_r04b

[iPhone R04]

Mr. Sanada came up again with another new model “iPhone R04,” to seize hold of phone aficionados.

また、iPod nano と au Talby の一体型ネックストラップ付きシリコンケースもすばらしい。

nano_au01

And, how do you like this transparent silicon case with lanyard, which houses iPod nano and au Talby together?

nano_au02

マックファン12月号(196 頁)のためにデザインされたものだが、コンセプト・モデルで終わらせるにはもったいない。

Originally designed for Japanese Mac magazine MacFan, this silicon case is a shining example, beyond concept design, of reaching the realm of iPod ecosystem.

Technorati Tags: , ,