maclalalaweblog

2007年 5月 16日

インターネットの功罪

21389_600

[Angel Boligan, Mexico]

バーチャル化はどこまで進む?

Technorati Tags:

2007年 3月 5日

ネットの人気を左右するインフルエンサー

インフルエンザのことではない。インフルエンサー(influencer)、ネット上の人気を左右する影響力を持った、知られざるひとたちのことだ。

少し前になるが、ウォールストリートジャーナル(WSJ)がインフルエンサーについて非常に興味深い記事を載せている。

WSJ:“The Wizards of Buzz” by Jamin Warren & John Jurgensen:2月10日

大変長文の記事だが、ブログをやっているものにとってはとても興味深い話題なので、以下大要を紹介してみたい。

      *      *      *

バカ売れ海賊船

この冬、国中のあちこちで、たくさんの親が子供たちのために、床に広げたたくさんの厚紙の上に座って、カッターナイフや特別のびょうを使って海賊船を作っていた。いったい何が起きたのか。45歳の Cliff Worthington のせいだ。

This winter, many parents across the country are sitting on the floor with slabs of cardboard, box cutters and special rivets, and building pirate ships for their kids. How did this happen? Thank 45-year-old Cliff Worthington.

大阪にいるこの英語教師は、人気ウェブサイト Digg.com でこのボックスプロジェクトの話をしたのだ。その直後 MrMcGroovys.com では、ボックス用のびょうが底をついてしまった。

An English teacher in Osaka, Japan, he mentioned the box projects on a popular Web site called Digg.com. Soon, supplies of the rivets needed to make them sold out at MrMcGroovys.com.

「これだけのびょうを売るとしたら1年はかかった筈だ」と Andy McGrew はいう。彼は Mr. McGroovy’s のオーナ−で、自家製海賊船やその他のプロジェクトの青写真を無料で提供している。

“It would have taken me a year to sell that many rivets,” says Andy McGrew, owner of Mr. McGroovy’s, which offers free blueprints for the homemade pirate ships and other projects.

      *      *      *

ソーシャルネットワーキング

次回あなたが話題のウェブサイトを訪れて、おもしろいビデオクリップを見たり、変わったニュースの話を読むとすると、それはひょっとして Worthington 氏みたいなひとのせいかもしれない。新しい世代の、知られざるインフルエンサー(influencer)がネット上に生まれ始めている。いろんなウェブサイトでユーザーに好みを投票させて競わせる流行がそれに拍車を掛けている。これらは、MySpace や Facebook がもたらした熱狂的ソーシャルネットワーキング(social-networking)の第二の波なのだ。中でも Digg が一番有名だろう。いろんなラベルを貼られているが、Digg とはソーシャルブックマーキングないしはソーシャルニュースのことだ。この他にも Reddit.com(最近 Condé Nast に買収された)、Del.icio.us(Yahoo が買収)、Newsvine.com、StumbleUpon.com などがある。

The next time you visit a buzzy Web site, see a funny video clip online or read an unusual take on the news, chances are you owe it to someone like Mr. Worthington. A new generation of hidden influencers is taking root online, fueled by a growing love affair among Web sites with letting users vote on their favorite submissions. These sites are the next wave in the social-networking craze — popularized by MySpace and Facebook. Digg is one of the most prominent of these sites, which are variously labeled social bookmarking or social news. Others include Reddit.com (recently purchased by Condé Nast), Del.icio.us (bought by Yahoo), Newsvine.com and StumbleUpon.com. Netscape relaunched last June with a similar format.

      *      *      *

広告会社も注目

これらのメインユーザーの意見は、インターネット広告に大金を払わざるを得ない広告主や、若者の間で何がクールかを見定めようとしているトレンドウォッチャー、自社の製品やサービスに注意を惹く必要のある会社などにとって大変重要な意味を持つ。マーケティング会社はこれらの票を買収しようとするので、新しい形のリベート[payola:袖の下、賄賂とも]に火を付けることになるのだ。

The opinions of these key users have implications for advertisers shelling out money for Internet ads, trend watchers trying to understand what’s cool among young people, and companies whose products or services get plucked for notice. It’s even sparking a new form of payola, as marketers try to buy votes.

      *      *      *

サブカルチャー

ごく普通の、特別の影響力持つわけでもないひとたちが、カネ目的ではなく純粋にスリルを求めて、自分たちのネットワークで共有すべき話題を求めてサイバースペースを渉猟する、そんなことに取り憑かれたサブカルチャー(obsessive subculture)が生まれている。18才の Smaran Dayal もそのひとり。高校生だが、毎週40もの話題を Digg に投稿し、アップルに関する話題なら頼りになる情報源となっている。カリフォルニア Idyllwild の栄養士 Diane Put(Netscape でのハンドル名は idyll)は、健康に関するニュースの主な情報源となっていて、毎日 190 万人以上がそのサイトを訪れる。Amardeep Sahota はインパクトのある写真を探し出してくることで知られているが、最近もあるアマチュア写真家のサイトに約10万人のユニークビジター[unique visitor、重複のない訪問者数]を送り込んだ。

It’s also giving rise to an obsessive subculture of ordinary but surprisingly influential people who, usually without pay and purely for the thrill of it, are trolling cyberspace for news and ideas to share with their network. They include people like 18-year-old Smaran Dayal, a high-school student who submits some 40 stories a week on Digg and has become a go-to source there for news about Apple. Diane Put, a nutritionist in Idyllwild, Calif., known to Netscape users by her handle, “idyll,” has become a major source for health-related news on that site, which is viewed by more than 1.9 million people daily. A Reddit user known for scoping out striking images on the Web, Amardeep Sahota recently helped drive about 100,000 unique visitors to one amateur photographer’s site.

      *      *      *

投票モデル

これらのサイトの大部分は投票モデル(voting model)を採用している。メンバーは常時ウェブを見て回ってはおもしろいものを探す。ビデオクリップ、ブログの記事、ニュースなどだ。見つけたら、キャッチコピーをつけてリンクと一緒に投稿する。他のメンバーが同じようにおもしろいと思って、電子賛成票を投じてくれることを期待するのだ。十分な票が集まるとランキングが上がり、フロントページに登場して、何千何百という読者が見ることになる。人気の高い、影響力のあるメンバー(他のみんながその投稿に注目しているような)が投稿すると、フロントページに載るチャンスが大きくなるのだ。

Most sites are based on a voting model. Members look around the Web for interesting items, such as video clips, blog entries or news articles. A member then writes a catchy description and posts it, along with a link to the material, on the site, in hopes that other members find it just as interesting and show their approval with an electronic thumbs-up vote. Items that receive enough votes rise in the rankings and appear on the front page, which can be seen by hundreds of thousands of people. When an item is submitted by a popular or influential member — one whose postings are closely followed by fellow members — it can have a much better shot at making the front page.

      *      *      *

流行はどうして生まれるか

これまで長い間、どうしてビーニー・ベビー[Beanie Babies、動物のぬいぐるみ]や cardio-boxing[格闘技をベースにしたエクササイズ]のような現象が流行るのか、マーケティング会社だけでなく、好奇心を持ったひとたちまで突き止めようとしてきた。Reddit や Digg のようなサイトは、初期の段階に(場合によっては最初に)噂を広げてくれる特定のひとたちに狙いをつけることを可能にするかもしれないのだ。ただ、これらの影響力を行使するひとびと(influencer)を特定しようとすると、とても複雑で難しい。

Marketers and the merely curious have long tried to pin down how phenomena from Beanie Babies to cardio-boxing get popular. Sites like Reddit and Digg now raise the possibility that you can home in on the specific people who generated the early — or, in some cases, the first — buzz. But identifying these influencers is complicated.

      *      *      *

WSJ の分析手法

主要インフルエンサーを探し出すため、 WSJ は6つの主要なサイトの 25000 以上のエントリーを分析した。ウェブに投稿された情報を追跡するソフトを作っている Dapper という会社の助けを借りて、各サイトのホームページを30分おきにスナップショットで取り、3週間にわたって追い続けた。得られたデータには、投稿したユーザーが誰か、仲間のユーザーから何票もらったかという情報が含まれている。また、どのユーザーがコミュニティのより広い支持を獲得できたか知るために、数十人に及ぶ個人ユーザーに直接当たった。

To find the key influencers, The Wall Street Journal analyzed more than 25,000 submissions across six major sites. With the help of Dapper, a company that designs software to track information published on the Web, this analysis sifted through snapshots of the sites’ home pages every 30 minutes over three weeks. The data included which users posted the submissions and the number of votes each received from fellow users. We then contacted scores of individual users to find which ones are tracked by the wider community.

      *      *      *

90万人中の30人


[Digg ユーザー1人当たりの投稿掲載数はロングテールになっている:Publishing 2.0 から]

これらのサイトでホットエントリーのリスト入りするためには何百何千という票を得なければならないが、WSJ が調べたところ、相当数のエントリーは一握りのユーザーによるものだということが分かった。Digg では、90万人のユーザーのうち、たった30人がホームページの三分の一のエントリーを投稿している。Netscape.com では、2週間にわたってトップ人気リスト入りしていた 217 のエントリー(全体の13%)は、STONERS(実生活ではオハイオ州デイトンのコンピュータプログラマ Ed Southwood)という名前のたった一人のユーザーによるものだった。(同名のブラウザで有名になった Netscape は、今では Time Warner のユニット AOL の傘下となってニュースサイトを運営している。)

Though it can take hundreds or thousands of votes to make it onto the hot list at these sites, the Journal’s analysis found that a substantial number of submissions originated with a handful of users. At Digg, which has 900,000 registered users, 30 people were responsible for submitting one-third of postings on the home page. At Netscape.com, a single user named “STONERS” — in real life, computer programmer Ed Southwood of Dayton, Ohio — was behind fully 217 stories over the two-week period, or 13% of all stories that reached the most popular list. (Netscape, which gained fame with its namesake browser, is now owned by Time Warner’s AOL unit and operates a news site.)

      *      *      *

12歳のインフルエンサー

Reddit で最も影響力のあるインフルエンサーのひとりは、12歳の少年 Adam Fuhrer だ。トロントの閑静な郊外 Thornhill にある両親の家で、彼は自分のデスクトップコンピュータで 100 以上のサイトをモニターしている。刑事裁判、ソフトウェアの発売、お気に入りのホッケーチーム Maple Leafs などに関するニュースだ。マイクロソフトが今年 Vista を発表したときには、セキュリティ上の欠陥、値段などを論ずるエントリーを投稿し、500 を超える賛成票を獲得した。

On Reddit, one of the most influential users is 12-year-old Adam Fuhrer. At his desktop computer in his parents’ home in the quiet northern Toronto suburb of Thornhill, Mr. Fuhrer monitors more than 100 Web sites looking for news on criminal justice, software releases — and the Toronto Maple Leafs, his favorite hockey team. When Microsoft launched its Vista operating system this year, he submitted stories that discussed its security flaws and price tag, which attracted approving votes from more than 500 users.

エレキギターと iPod を除くと、「世界で一番好きなものはコンピュータだ」と Fuhrer 少年はいう。最近では6月にあるバル・ミツバー[ユダヤ教の成人式]の勉強をしている。特定のサイト(YouTube ほか)は見ないように両親によってコンテンツフィルタを掛けられているが、それでも少年はコンスタントに Reddit のトップリスト入りを果たしている。

Besides an electric guitar and an iPod, “my favorite thing in the whole world is my computer,” says Mr. Fuhrer, who has lately also been studying for his bar mitzvah in June. In spite of a content filter his parents use to block him from viewing certain sites (including YouTube), he has managed to consistently make it onto the list of Reddit’s highest performers.

「仕事中も息子のページを見ている。そして仲間に息子の手柄を喋りまくっている」と父親の Gerald Fuhrer はいう。

“I watch my son’s page while I’m at work,” says his father, Gerald Fuhrer, and “gush about his achievements to my co-workers.”

      *      *      *

リベートシステム

これらのインフルエンサーを隠していたカーテンを開けるのは問題が多い。多くのサイトは、リベート[payola:袖の下、賄賂とも]の可能性を高め、システムをゲーム化することになると懸念する。昨年夏、Digg の一群のトップユーザーたちがお互いのエントリーに票を投じ合って、その存在を増幅していると、一部のブロガーから非難を受けた。

Pulling back the curtain on these hidden influencers is a controversial subject. Many of these sites say it can heighten the risk of payola and attempts to game the system. Last summer, some bloggers posted accusations that a cabal of top Digg users were banding together to vote for one another’s stories, thereby boosting their profiles.

リベートシステム(Payola schemes)は、これらのサイトが採用している投票方法に依存している。マーケティング会社の一部のものが、Digg ないしは他のソーシャルブックマーキングサイトのトップページに顧客を載せることを約束し、その代わり料金を取るというものだ。その約束を実行するため、マーケティング会社は自分のサイトで、顧客にリンクされたエントリーに賛成票を投じてくれればカネを払うといってメンバーを募る。もし、カネを支払われた十分な数のメンバーがすべてそのエントリーに投票すれば、理論上は顧客をトップページに押し上げることができ、顧客は広くネット上に露出されることになる。これに対し、Digg や他のサイトは、みんなが一致してやろうとすればそれを検知する防御措置があるといっている。

Payola schemes depend on the voting system these sites employ. Some marketing companies promise clients they can get a client front-page exposure on Digg or one of the other social-bookmarking sites in exchange for a fee, according to marketers. To deliver on that promise, the company then recruits members at the site, offering to pay them for thumbs-up votes on the posting that links to the client. If enough paid-off members all vote for that posting, it could theoretically push the client’s link onto the front, where it receives wide exposure. Digg and other sites say their systems have safeguards that can detect concerted attempts.

      *      *      *

終わりなきプロセス

この追いつ追われつのイタチごっこの中心地は、サンフランシスコの Potrero Hill の近くにある Digg の本部だ。ここでは専用モニターが全てのエントリーに目を通す。禁止された内容、ユーザーが人気度を押し上げ、あるいはそれにカネを出すという共謀の証拠などをチェックする。Digg の36才の共同設立者で CEO の Jay Adelson によれば、ユーザーの投票を分析し、エントリーの人気度を決めるのに使われるアルゴリズムを磨くことは終わりなきプロセスだという。

Ground zero of this cat-and-mouse game is the headquarters of Digg in San Francisco’s Potrero Hill neighborhood. Here, dedicated site monitors track every submission that comes in, looking for restricted content and evidence of users colluding to drive up an entry’s popularity or plugging services for pay. Jay Adelson, Digg’s 36-year-old co-founder and chief executive, says refining the algorithms that analyze users’ votes and determines a submission’s popularity rank is a constant process.

      *      *      *

ユーザーランキング

先週 Digg は、もっとドラスティックな手段をとった。ユーザーランキング(user rankings)を引っ込めたのだ。このランキングはみんながベストエントリーを選ぶよう仕向ける。「システムを操ろうとするひとたちのターゲットになってきているからだ」と Adelson 氏はいう。

Last week, Digg took a more dramatic step, pulling down the user rankings that had served as a prod to people on the site to post their best findings. “It became a target for those trying to manipulate the system,” Mr. Adelson says.

      *      *      *

ゲームのコスト

このゲームの対極にいるのが User/Submitter.com のような会社だ。これらの会社は、ユーザーが Digg.com に「投票」(digging)することで簡単にカネを稼げる(easy money)と約束する。そのやり方はとても簡単だ。ユーザーは1回投票するごとに1ドル払うよう Digg.com に要求する。すると Digg.com がユーザーに支払うというわけ。ユーザーは3票(diggs)につき50セントを稼ぎ、残りは User/Submitter のポケットに入る。だいたいどの時点でも、Digg のトップのエントリーは 800 から 3000 票だから、広告キャンペーンがうまくいった場合のコストは数千ドルになる。WSJ が接触した複数の User/Submitter.com 代表たち(身元を伏せた)は、同社が顧客を Digg のホームページに載せることに成功していると述べた。

On the other side of this battle are companies like User/Submitter.com. The site promises to pay users “easy money” for “digging,” or voting on, links on Digg.com. Its offer is simple: Pay User/Submitter $1 for every “digg,” or vote, you request and in turn it’ll pay a user. Users can earn 50 cents for every three “diggs,” and User/Submitter pockets the difference. At any given time, a top submission on Digg has anywhere from 800 to 3,000 votes, meaning a successful campaign could cost thousands of dollars. When contacted by the Journal, representatives of User/Submitter.com declined to identify themselves but said the company has successfully placed items on Digg’s home page on behalf of its clients.

Digg ユーザーの Karim Yergaliyev は12月に追放された。国際電話のサービスプロバイダ Jetnumbers にリンクを貼ったためだ。同社からリンクに対する報酬をオファーされた(が受けなかった)複数のユーザーが、事前にこの件を Digg に通知していた。Yergaliyev 氏(オンライン上のハンドルネームは「supernova17」)は、実際には報酬を受け取っていないといっている。Digg は彼を復帰させることに同意した。Jetnumbers は、同サイトに触れてくれた Digg ユーザーに対して30回までの無料使用を提供したといっている。「我が社の名前を PR するのが私の仕事だ」と Nathan Schorr(Jetnumbers のビジネス開発マネージャ)はいう。

In December, Digg user Karim Yergaliyev was banned from the site after submitting a link to Jetnumbers, an international phone service provider. Other users who said they were offered compensation by the company to plug it — but didn’t accept — had previously notified Digg of the offer. Mr. Yergaliyev, who uses the name “supernova17″ online, says he didn’t actually receive any compensation from the company. Digg agreed to reinstate him. Jetnumbers says it offered a free trial to 30 Digg users in exchange for a mention on the site. “It’s my job to get our name out,” says Nathan Schorr, business development manager for the company.

      *      *      *

モデルへの批判

これらのサイトの人気は否定できないが、投票でコンテンツを選別するモデル(model of filtering content)が、伝統的なメディアにとって代わり得るかどうかについては今でも議論がある。投票サイトという手法の方が、ビジネスリーダーにとって大切なものをより早く抽出できるというひともいる。

Though these sites are undeniably popular, there’s ongoing debate about whether the model of filtering content through voting ultimately will pose a challenge to traditional media. Some say the voting-site approach can more quickly distill what’s important for busy readers.

しかしこれは、借用されたコンテンツの集約(aggregate of borrowed content)に過ぎず、比較的少数のブログ集団へのリンクに過ぎないという批判もある。確かに取り上げられたウェブサイトにアクセスを急増させるが、急増現象は一時的であることが多い。「相手の気持ちをこちらが変え得るというのが影響力の意味だが、相手が必ずしもそうするわけではない」と Duncan Watts(コロンビア大社会学教授)はいう。

But critics say it’s simply an aggregate of borrowed content and links to a relatively small pool of blogs. And while they sometimes drive traffic to Web sites that are spotlighted, the spike can be temporary. “Influence implies that I can change your mind and they’re not necessarily doing that,” says Duncan Watts, a professor of sociology at Columbia University.

      *      *      *

うまくやるコツ

17才の Henry Wang が、毎月 2000 万人の Digg ユーザーを惹き付ける情報を見つける仕事に取りかかるのは、テニスの練習が終わった後だ。Wang 氏はイリノイ州オーロラの Illinois Mathematics and Science Academy の3年生で、Digg に割く時間は1日3時間だ。ある時点で彼はナンバ−2のユーザーだった。彼はそのことを大学受験の願書に特記した。

For 17-year-old Henry Wang, the job of finding compelling information for Digg’s 20 million monthly users starts when tennis practice ends. Mr. Wang, a senior at Illinois Mathematics and Science Academy in Aurora, Ill., says he spends three hours a day doing his Digg work, and highlighted his success on the site — at one point, he was ranked the No. 2 user — on his college applications.

Digg ユーザーになって3か月ほどして、初めてあまりぱっとしない投稿をしたとき、どうしたらうまくいくのか考えついた。科学と技術の分野の話題に絞るのだ。もともと Digg ユーザーの大部分はこの分野に興味を持っているからだ。しかし目立つためには、ときどき変化球的な記事を投稿することだ。コンピュータ科学の背後にある乱数公式を説明したサイトへのリンクでは、600 以上の票とフロントページへの掲載を確保できた。次の投稿は物体の直径(陽子対電子のような)をビジュアルに比較したものだったが、これも急激にランクを駆け上った。

After first posting some duds, three months after joining he says he finally figured out what works: Focus primarily on science and technology, fields that a bigger percentage of Digg users are naturally interested in, but throw in the occasional oddball story to stand out. His link to a site that explains the formula behind randomness in computer science earned more than 600 Diggs and a spot on the front page. His next post, a visual comparison of the diameter between objects (protons vs. electrons, among others), also rose quickly.

      *      *      *

Netscape への売り込み

昨年 Wang 氏は自分の技術を Netscape に売り込んだ。他のサイトでは無料でやっていたのに Netscape は彼に対し毎月 1000 ドルを支払った。これは彼にとって初めての有給の仕事だった。Wang 氏はこの仕事について友人とあまり話をしないという。摩擦を起こしたくないからだ。「彼らはスターバックスで長時間やっている。私は一日中コンピュータの前に座っているのだ。」

Last year, Mr. Wang took his skills to Netscape, which pays him $1,000 a month to do what he was already doing for free elsewhere. It’s his first paying job. Mr. Wang says he doesn’t talk about the gig with his friends very often because he doesn’t want to rub it in: “They’re working long hours at Starbucks and I’m at the computer all day.”

      *      *      *

恐ろしいほどだった

Henry Wang に大変感謝しているというサイトのひとつが Famster.com だ。MySpace.com に似ているが、Famster の主たる対象は家族だ。メンバーが自分のサイトを作って、写真や家族の系図から、ブログエントリーまでなんでも追跡記録できる。Famster が昨年8月7日に開設したときは、ほんのパラパラとしかアクセスがなかったという。

One site that says it has a lot to thank Henry Wang for is Famster.com. Similar to MySpace.com but aimed primarily at families, Famster allows people to set up their own sites to keep track of everything from photos to family trees and blog entries. When it went live on August 7 of last year, the site says it had only a trickle of visitors.

Wang 氏は Digg につぎのようなコメントをつけてリンクを貼った。「これだけの機能を備えているのにみんなに知られていなんて信じられない。写真のシェアも、ビデオのストリーミングも可能、さらにはブログも、ファイルのアップロードも、また RSS フィードの追跡も可能だ・・・すべてがあっという間! しかもタダ! バカげてる。」その5日後、1700 人以上のユーザーがリンクに投票、その結果、Digg のホームページに掲載された一週週間の間、Famster へのアクセスは1日当たり5万ユニークビジター[unique visitor、重複のない訪問者数]に達した。「恐ろしいほどだった」と Bryan Opfer(同サイトの CTO、最高技術責任者)はいう。

Five days later, Mr. Wang posted a link to it on Digg, with the comment, “I can’t believe that this site isn’t widely known, even with all its features: share photos, stream videos, create a blog, upload files, keep track of RSS feeds… all in Flash? and for free? Ridiculous.” More than 1,700 users voted on the link, driving traffic to Famster up to 50,000 unique visitors per day during the week it was on Digg’s home page. “I was in awe,” says Bryan Opfer, the site’s chief technology officer.

      *      *      *

みんなの集合知がネットの人気度を決めるというのは幻想だということか・・・

アクセス数やブックマーク数が違って見えてくる。

こういう分析が出来るのはさすが WSJ だと思う。

この記事の最後には20人のインフルエンサーが顔写真付きで紹介されている。そのひとりが記事の冒頭に登場した大阪在住のひと。

喧(かまびす)しいストックオプションスキャンダルも、もともとは WSJ の調査が一石を投じた結果だともいわれている。

全貌の把握がむずかしい事態に遭遇したとき、どう対処するかでメディアの真価が決まるということなのだろう。

インフルエンサーについては、メディア・パブに簡にして要を得たすばらしい記事がある。その後の状況や日本についても触れられている。

メディア・パブ:“ソーシャルサイト,一部インフルエンサーが牛耳る心配も” by Kilimanjaro:2月15日

      *      *      *

参考:

・WSJ:“The Wizards of Buzz” by Jamin Warren & John Jurgensen:2月10日

・Publishing 2.0:“Digg Tries To Flatten The Head Of Its Long Tail Participation Curve” by Scott Karp:2月2日

・メディア・パブ:“ソーシャルサイト,一部インフルエンサーが牛耳る心配も” by Kilimanjaro:2月15日

Technorati Tags: Digg, Influencer

2006年 3月 28日

インターネットの功罪

chat_Lauzan

[Alen Lauzan Falcon]

ちょっとやりすぎじゃありません?

禁コン(ピュータ)日を設けたら?

Technorati Tags:

2006年 1月 3日

先週のブログから

Filed under: リンク,先週のブログから — shiro @ 15:58
Tags: , ,

後になって、あのブログのあの記事はどこだったろうと探すことが多くなった。

そんな日本のブログを、自分の備忘録を兼ねてリストアップさせていただいた。

blogging

まずは、2005年12月24日〜2006年1月1日の分から・・・

12月31日(土)
ユーザーの期待をコントロールする:POLAR BEAR BLOG:12月31日
2005年失敗した物TOP10:気になる、記になる…:12月31日
Intelの新ロゴ:気になる、記になる…:12月31日
2005年。忘れ得ぬこの一年に。:今しばらくは、インドにて。:12月31日

12月30日(金)
Appleの来た道、そして行く道:Solid Inspiration Blog:12月30日
みなさま、お世話になりました:AQUALOG:12月30日

12月29日(木)
2006年の抱負:POLAR BEAR BLOG:12月29日
intel inside シールは Mac に貼られるか!?:Apple Brothers:12月29日
第1四半期にJobsによるLeopard紹介のイベント:My Sleepless Nights in the Big Apple:12月29日
ジョブズが、来年早々 Mac OS X10.5 (Leopard) をプレビューするらしい。:Apple Brothers:12月29日
Mac OS X 10.4.4は初のインテルMac向けOS X?:My Sleepless Nights in the Big Apple:12月29日

12月28日(水)
つけるべきかつけざるべきか、それが問題だ!:ひとくちかじったその後に!:12月28日
Intel Apple に代わって次世代 PowerMac の開発を担当:silvervine の定点観測所:12月28日
Intel MacのマザーボードはIntel製?:Macin’ Blog:12月28日
Appleがハードの設計をIntelに依頼するらしい。:Cooking Mac!:12月28日
New iBook & Mac mini MWSF 2006 で発表されるかな? 来年中旬に PowerMac ??:Apple Brothers:12月28日
IIS襲撃情報(バンガロア):今しばらくは、インドにて。:12月28日

12月26日(月)
Coming Soon! 戦略は有効か否か?:POLAR BEAR BLOG:12月26日

2005年 12月 26日

IE の終焉:ソースコードを公開したら?

ながい間更新をほったらかされていた Internet Explorer for Mac だが、遂にサポートも終ることとなった。

マイクロソフトのダウンロードサイト mactopia は、12月22日付けで次のように通知している。

Internet Explorer ユーザーの皆様へ

(マイクロソフト マッキントッシュ ビジネス ユニットは)2005 年 12 月 31 日をもちまして Internet Explorer 5.1.7 および Internet Explorer 5.2.3 の無償サポートを終了いたします。・・・

加えて、2006 年 1 月 31 日をもちまして、当 Web サイトからの Internet Explorer 5.1.7 および Internet Explorer 5.2.3 の提供も終了いたします。今後は Apple 社の Safari 等の最新の Web ブラウザをお使いいただくことをお奨めします。

このニュースを知った大方の反応は、マックには Safari や Firefox があるので痛痒を感じないというものだった。

その中で BBC の Bill Thompson がおもしろい発言をしている。マック用 IE のソースコードを公開してはどうかというのだ。

・BBC:”Give Mac Explorer to the people” by Bill Thompson:12月23日

まず Bill Thompson は、マイクロソフトが独自仕様の ActiveX を使うため(通常は Java や Javascript を使う)、IE でないとアクセスできないサイトが生じることを問題視する。

The main reason is that many Microsoft-based sites use a technology called ActiveX to embed active content in their web pages. ActiveX is essentially a Windows-only way of doing the sorts of things that a standards-based website would use Java or Javascript for, and it is not supported by the standard releases of Firefox.

これは、長年にわたるマイクロソフトのユーザー囲い込み策の結果であり、ActiveX の仕様を変更することによりいつでも競争相手を閉め出せるということでもある。

This is hardly an ideal solution, and of course if Microsoft decides to change the ActiveX specification, which it may do at any time since they own it, then all the third-party software will stop working. … it can cut that support from users of a competing operating system and leave them potentially locked out of sites.

本来オープンであるべき情報システムが、ある特定のクローズド・システムに準拠して構築されたがために引き起こされた問題だという訳だ。

That’s the danger of building an open information system on closed standards. Microsoft’s behaviour over IE on the Mac is simply the latest example, and highlights a number of serious issues with the closed, proprietary approach to software development that characterises most of the industry today.

ハリケーン・カトリーナのとき IE でないとアクセスできない問題が生じたことも同根であり、今回のサポート終了もアップルに対する報復措置とみる向きが多いと指摘する。

The result has been a large number of companies who have developed a web presence that either requires or certainly benefits from the use of IE. In one famous example, victims of Hurricane Katrina who wanted to apply for public support could only do so if they used IE as their browse.

… this confound many of their critics, who see the decision to drop IE support as a retaliation against the new-found popularity of the Mac with the iPod generation…

マイクロソフトは EU と大きな問題を抱えているが、もしここで、マック IE のソースコードをなんらかの形で公開すれば、オープンソース・コミュニティの信頼が得られるだけでなく、EU にも好印象を与えることができるだろう、という。

Microsoft is currently in trouble with the European authorities over its failure to give competitors access to details of its server software after a ruling in March 2004. It may be fined up to 2m euros (£1.36m; $2.4m) a day if it does not comply.

If the company really wants to show that it has changed its approach to business it could take the radical step of placing the source code for the Mac version of IE into the hands of users.

… it would give it a massive credibility boost with the free/open source community.

なかなか傾聴に値する意見だと思うが、ビジネスウィークもこの記事をフォローして同感の意を表している。

・BusinessWeek:”Bye-Bye Explorer” by Arik Hesseldahl:12月23日

単にマック版の IE が消え去るだけという問題ではないようだ。

Technorati Tags:

2005年 11月 28日

メモとしてのブログ

Filed under: インターネット — shiro @ 20:32
Tags: , ,

ブログを自分のメモとして利用している。

tool

非公開で読者は自分ひとりだ。体裁かまわず、メモ用紙の要領で何でも書きとめておく。

ちょっとしたひとこと、ネットでみた画像、あとで引用したい文章などなど。

結構これが便利だ。どこでも書き込めるし、どこでも引き出せる。バーチャルな引き出しが空中にあるような感じ。

本来たくさんのひとに見てもらいたいブログを、自分のためだけに使うのは邪道だと思っていたら、どうやらそうでもないらしい。

ブログをツールとして使っているという記事をみつけた。(Using blogs as a tool

I am working on a new book and doing a lot of research on the Net. I set up a blog (private, pw protected) then publish postings with links to articles, sites, blogs etc relating to my subject, and add my own notes to myself. Categories and everything. This is faster, more detailed and more flexible for reviewing my sources, developing my ideas, and will be great for tracing the info I’ll later need for footnotes and bibliographies.

本を書いたり、リサーチをするために、自分用の資料保管庫としてブログを使っているというのだ。

ブログをメモとして使う効用は、意外と大きいのかもしれない。

Technorati Tags:

2005年 10月 29日

インターネットの功罪

do_not_call

[Alen Lauzan Falcon]

インターネットはいいことばかりじゃない。

[注]Alen Lauzán Falcón キューバ生まれ、チリー在住の漫画家。
   中南米で活躍。時評に冴えをみせるほか、文明評的なものも多数。

Technorati Tags:

2005年 9月 4日

ニュースが飛び込んでくる RSS

最近ではニュースの方から飛び込んできてくれる。

RSS(Really Simple Syndication)である。以前は Rich Site Summary ともいった。お手軽配信サービスとでも訳すか。

見たいサイトをあらかじめ予約しておくと、新しい記事が出るたびに知らせてくれるのだ。

特別なツールはいらない。ブラウザーでセットするだけでよい。ブックマークバー(お気に入りツールバー)に登録しておけば、クリックするだけでどのサイトにどんな新しい記事が出たか一目瞭然だ。

読みたいサイトをいつもウォッチしてくれるロボットみたいなものだ。一日おきでも、一時間おきでも、あるいは三十分おきでも、命じられたとおり忠実にチェックする。

以前はマックニュースのサイトをひとつずつ巡回して調べたものだったが、今や RSS のおかげで寝ている間に調べがついてしまう。ニュース探しの手間が大幅に省けるというわけ。

自分用にカスタマイズした Google ニュースがリストアップしてくれないときでも、RSS は間違いなく探し出してくる。

一度使うと、もう RSS 無しでは生きていけなくなる。

ただし、マックの場合、RSS の機能が使えるブラウザーは Safari と Firefox だけだ。Internet Explorer(Version 5 止まり)ではその恩恵に与れない。

Technorati Tags: