maclalalaweblog

2007年 6月 17日

アップルバッシングが始まるぞ:FSJ

Filed under: ひと,アップル,ユーモア — shiro @ 11:53
Tags: , ,

jobs_rdf1

Steve Jobs が愛読しているといったせいでもあるまいが、「偽 Jobs」(FSJ:Fake Steve Jobs)がとても興味深い記事を書いている。

The Secret Diary of Steve Jobs:”Apple faithful, we must prepare together for the media backlash“:6月16日

      *      *      *

アップルファンよ、上の写真で自己催眠をかけてくれ。アンチアップルの記事がどっと押し寄せてくるから。ほんとに始まりそうなんだよ・・・

Apple fans, re-hypnotize yourselves with the photo above and get ready for the wave of anti-Apple stories, because I can feel it coming…

      *      *      *

ライターなんて・・・

ライターは、話を書いてもコントロールはできない。我々はついライターを非難してしまうが、実のところ彼らに罪はない。彼らは、やれといわれたことをやっているに過ぎない。彼らは求めに応じて書いているだけだ。ヒーローが何かを達成し、勝利する。そして大失敗し、転落する。それから、埃を払って障害を克服し、リングに立ち戻る、などなど。ライターは話をおもしろくする彩りを添えるだけだ。

It’s also worth remembering that the writers don’t have any control either. We tend to blame the reporters but really it’s not their fault. They have to do as they’re told. The story has certain demands. Heroes achieve things and win; then they fuck up and fall; then they dust themselves off and overcome obstacles and climb back into the ring, blah blah blah. The writers just make up the details to keep it colorful.

      *      *      *

アップルバッシングの始まりだ

ともかく、バッシングが始まる。いずれ、ひとより頭がいいと考えるバカが、ひととは逆の、アップルなんてクズだという「コントラリアン」[contrarian:反対意見の:逆バリ専門の投資家の意から]記事を書き始める。実のところ、これは決して「コントラリアン」的ではない。必然なのだ。我々みんながその一部である、大掛かりなドラマの展開にはつきものなのだ。ともあれ、そいつは自分が大物で、みんなが言い出す前に大声で話せると考えている。なぜかって? メディアで食を食(は)んでいるバカどもは、たいていが無慈悲で、自らが進行しつつある大掛かりなドラマの一部に過ぎないということが分かっていないからだ。彼らは映画マトリックスに出てくるポッドにはいった人間と同じだ。自分の生きている現実が分からないまま、ひたすらコンピュータの中に自分を混ぜ込んでいるのだ。彼らは自分が書いているソープオペラに利用されているだけだということに気付いていない。特ダネを書いているとばかり信じ込んでいる間抜けだ。これまで会ったジャーナリストはみな、信じられないほどのウブか、知識はさしてないのにエゴだけはバカデカイかのどちらかだ。インタビューの相手より自分の方がずっと賢いと思い込んでいるようなヤツばかりだ。そうでもなきゃ、こんな仕事はやってられない。

Anyway, the backlash is coming. Sooner rather than later some a-hole who thinks he’s really smart is going to write the “contrarian” piece saying Apple is crap. Of course this point of view is not really contrarian at all; in fact it’s inevitable, and it’s a requirement of the overarching narrative that we’re all part of. But whatever. He’ll think he’s a big bad ass who’s figured something out before everyone else and dares to say it out loud. You know why this is? Because most of the poor dimwits who work in the media are so clueless that they don’t realize they’re part of a big overarching ongoing story. They’re like the pod people in “The Matrix,” churning away at their computers, totally unaware of the reality in which they’re living. They don’t realize that they’re just harnessed to the soap opera that’s writing itself with or without them; most of them really think they’re “breaking” stories and shaping the news. Poor saps. The fact is that all the journalists I’ve ever met boasted a combination of incredible naivete and limited intelligence with an exaggerated sense of self-importance and a wrongheaded belief that they are a great deal smarter than the people they interview. Without those things you just couldn’t do their job.

      *      *      *

バッシングのシナリオ

で、今回の場合だが、バッシングは***な[悪口省略]Dvorak から始まった。アップル株の空売り[shorting]を始めるときがきたと彼はいう。つい最近の WWDC のキーノートでは、めぼしいものがなかったとみんな不満たらたらだ。メディアのすごいところは、この進行中のドラマが完全に予測可能だったといってしまうところだ。昨日 Steve Dowling[アップルのスポークスマン]と一緒に PR 戦略を検討し、彼らがどうでるか予想した。たとえばこんなことだ。

In our case right now the backlash started with Dvorak, that grumpy old liver-spotted bastard, saying maybe it’s time to start shorting Apple stock. More recently we’ve seen the general grumbling about the WWDC keynote and how it lacked sparkle. The great thing about the press and their ongoing narrative is that this makes them utterly friggin predictable. Steve Dowling and I sat around yesterday in a PR strategy session and mapped out exactly what the papers will do. Here are some data points:

・株価が高すぎる。しかもテンポが早い。株価の「修正」が必要だ。

* The stock is too high, has gone up too fast, is due for a “correction.”

・iPhone を煽り過ぎたので、みんなの期待に添うのが難しく、失望させるのは違いない。タッチスクリーンはみんなをイライラさせるだろう。

* We’ve hyped the iPhone so much that it can never live up to the expectations we’ve created and therefore is bound to be a disappointment. The touch screen is going to drive people nuts.

・iPod は確かにたいしたものだが、もうこれ以上は売れない。後は売れ行きが下がるだけ。

* The iPod is great but at this point we can’t sell any more than we already do, so there’s no way to go but down.

・Apple TV は失敗作だ。

* Apple TV is a flop.

・Leopard は遅れる。開発がうまくいっていない証拠だ。

* Leopard is late, a sign we’re struggling in the labs.

・Leopard はがっかりだ。おざなりのレビュー記事がその現われだ。 Mary Jo Creepy なんかは Vista のマネだとさえいっている。

* Leopard is a letdown. The first glimpse of it got tepid reviews in general and some, like Mary Jo Creepy, actually claimed we’re stealing from Vista.

・現行の iMacs や Mac Mini なんか 300 日以上もアップグレード無しだ。我々は失速してしまった。

* The current iMacs and Mac Mini have gone nearly 300 days without a refresh; we’ve lost our way.

・テクノロジーは時々刻々変化する。これからは iTunes-to-iPod モデルは役に立たない。ストリーミングテクノロジーの時代で、我々には活躍できる場がない。

* Technology is changing again and iTunes-to-iPod model isn’t the way of the future; it’s going to be streaming technology and we don’t play a role there.

・映画会社は iTunes にはなかなか参加しない。

* Movie companies aren’t getting on board with iTunes.

・Vista はハード能力を必要以上に要求すると悪口をいわれたが、Leopard だってパワーハングリーだ。ちゃんと動かすためには2ギガの RAM がいる。

* Vista got bashed for being such a hardware hog but Leopard is going to be just as power hungry, needing at least 2 gigs of RAM to run decently.

      *      *      *

で、どう対処するか

問題はどう対処するかだ。闘うべきか。いやそうは思わない。津波と闘うみたいなものだ。高地に避難して、嵐をやり過ごすのだ。オビワン・ケノービ式防衛術だ。茶色の法衣をまとい、ライトセイバーのスイッチを切り、悪いヤツらの攻撃に身をまかせる。これまたドラマで必要な展開なのだ。ドラマでは、今私が失敗しなければならないのだ。苦しんで、それから栄光あるカムバックを遂げる。イエスキリストと同じだ。磔なければ復活はない。メディアのならず者どもよ、よく聞くがいい。私を打ちのめしても、お前たちが想像できないほど強くなって私は蘇るのだ。

The question is, how do we respond? Do we fight it? We think not. It would be like fighting a tsunami. Better off to get to high ground and ride out the storm. I call it the Obi-Wan Kenobi defense. I put on my brown robe, turn off my light saber, and just let the bad guys attack me. It’s a necessary part of the story. The story needs me to fail now, to suffer, so that then I can come back in even greater glory. It’s like Jesus — no crucifixion, no resurrection. Media whores, listen to me: If you strike me down, I shall become more powerful than you could possibly imagine.

      *      *      *

なんだか FSJ が RSJ[Real Steve Jobs]に成り代わって彼の本音を語っているようにすら聞こえる。それにしても皮肉は効き過ぎだが・・・

これを読んだ各紙の反応がおもしろい。

HipMojo.com

ひょっとして、偽 Jobs は本物だったりして・・・。本気でいってるんじゃないよ。でも・・・

What are the chances that the Fake Steve Jobs is in fact the real one.  I’m not serious, I don’t think so anyway… but:

HipMojo.com:”What if Fake Steve Was the Real Steve?“:6月16日

Scobleizer

誰が「偽 Jobs」のブログを書いているにせよ、実に上手い。・・・本物の Steve だって読んでいるくらいだから。

Whoever writes the Fake Steve blog is pretty damn good… Even the real Steve reads it.

Scobleizer:”Fake Steve prepares Apple faithful for media backlash” by Robert Scoble:6月16日

Mickeleh’s Take

偽 Steve は、いつものように真実と知恵とコメディを提供する。それにしてもなんと上手い文章だ。

Fake Steve, as usual, offers truth, wisdom, comedy, and darn good writing.

Mickeleh’s Take:”Krya Sedgwick Blurts About a Demo Steve Jobs Never Showed Us” by Michael Markman:6月16日

Technorati Tags: , ,

広告

2007年 4月 29日

こんなあなたはブログ中毒!

Filed under: ユーモア — shiro @ 09:09
Tags: ,

[Blog Addict]

洋の東西を問わずブログにはハマるものらしい。

海の向こうでは10の症状が出たらブログ中毒だという。日本と比べてどうだろうか。

SearchRank Blog:”10 Signs That You May Be a Blog Addict” by David Wallace:4月27日

      *      *      *

日常生活のどんな些細なことでもブログの題材になる。毎日毎日いろんなブログが新しく登場する。読者にブログを新規登録させ、毎回読もうという気にさせるのはなんだろうか。まずは創造性(creativity)、それに献身的なこと(dedication)。しかしそれ以上に、ブログを書くという行為にハマる(addiction)ことが必要だ。

Blogs exist on just about every variety of subject one can imagine. And more and more blogs come online each and every day. But what does it take to really have an active blog that people will subscribe to and come back again and again to read? It requires creativity. It requires dedication. Even more so, it requires an addiction to the act of blogging itself.

あなたの場合はどうか。あなたはブログ中毒だろうか。友よ、つぎの10項目に当てはまればあなたは中毒だ!

How about you? Are you a blog addict? Here are ten signs that may indicate that you have an addiction, my friend.

1)コンピュータの画面上に、いつも Bloglines や Google Reader などの RSS リーダーが開いている

1. Bloglines, Google Reader or some other RSS reader is constantly open on your computer’s desktop.

2)今日は「ある用事」があってブログが書けなかったと読者にいいながら、その実、そのことをブログに書いている

2. You tell customers that you missed a project deadline because “some things” came up but in reality, you were blogging.

3)ブログをやっていることを夢にまでみる

3. You periodically dream that you are blogging.

4)妙なときにブログのネタを思いつく。ジャグージに入っているとき、トイレに座っているとき、夫婦の営み(エヘン、エヘン)・・・そのう、分かるだろう?

4. You get inspiration for new blog posts at the strangest times – in the Jacuzzi, sitting on the toilet, during marital activities (cough, cough)… you get the picture.

5)ブログを書く前に子供たちを寝かしつける。それから自分が寝る前に、未承認のコメントをチェックする

5. Before blogs, you used to tuck the kids into bed at night. Now you check for unapproved blog comments before heading to bed yourself.

6)自分の様子を知らせるため、家族にブログを読ませる。それだけでなく、ブログのコメントであなたとの連絡をさせる

6. In order for your family to keep up with what’s going on in your life, they have to read your blog. Furthermore, if they want to communicate with you, they have to comment on your blog.

7)ペットのためのブログを立ち上げることを考えたことがある。ペットのつもりでエントリーを書くために(なんて変人!)

7. You have actually considered setting up a blog for your pet of which you would post the entries pretending you are your pet (weirdo).

8)結婚記念日や子供の誕生日は忘れても、テクノラティのランキングはちゃんと覚えている

8. You can’t remember dates for your wedding anniversary, kids birthdays, etc., but you know what your Technorati rank is.

9)ありとあらゆることをブログのネタにする。まずかった食事、ペット、雪の中のエンスト、トイレでの会話などなど・・・

9. You blog about anything and everything including bad meals, your pets, getting your car stuck in snow, conversations you have in the bathroom, etc.

10)ブログに書くだけでは飽き足らず、なにをしたか逐一 Twitter に記録する

10. Keeping a blog is no longer enough but you now have to record your every move on Twitter.

      *      *      *

あなたが思い当たることはいくつあるだろうか。

日本との共通項も少なくないようだ。日記風というのはもはや日本だけではないらしい。

ブログ中毒は世界共通ということか・・・

      *      *      *

追記:

上の記事に登場する「トイレでの会話」がとてもおもしろいので・・・

DaveN:”Friday Funny” by Dave Naylor:4月27日

      *      *      *

昨夜公衆トイレにはいった。個室は二つだけで、ひとつには先客がいたので、空いている方にはいった。ドアを閉じて、座り、おもむろにズボンを下ろした・・・

Last night I walked into a pub toilet, there were 2 cubicles, someone was already in one of them. So I went into the other one, closed the door, dropped my trousers and sat down.

すると、隣から声が聞こえた。「やあ、相棒! 何やってる?」

A voice came from the cubicle next to me: “Hello mate, how are you doing?”

いささか変だと思ったが、黙っているのもどうかと思って答えた。「うん、まあまあだ。ありがとう。」

I thought it a bit strange but not wanting to be rude I replied “Yeah, not too bad thanks.”

しばらく間をおいて、また声が聞こえた。「で、今何やってるんだ、相棒!」

After a short pause, I heard the voice again “So, what are you up to mate?”

あまり気乗りしなかったが、なんていっていいのか分からないまま、また返事をした。「うーん、ちょっとウンチを・・・。あんたはどうだい?」

Again I answered, somewhat reluctantly it must be said. Unsure what to say, I replied “Umm, just having a quick poo.. How about yourself?”

三度目の声が聞こえた・・・

I then heard the voice for the third time…..

「悪いな、相棒! また掛け直すから。隣のバカがオレのいうことに一々答えやがるんだ・・・」

“Sorry mate, I’ll have to call you back. I’ve got some Dickhead in the loo next to me answering everything I say.”

      *      *      *

追記2:

小咄に疎い筆者は知らなかったが、読者のナカノ氏によると「トイレでの会話」は「2ch 発祥の有名なネタ」らしい。

教えていただいた「ID:Musa8NpS」で検索したら、確かに 2004 年の記事「2ちゃんねるベストヒット: トイレで交わした会話」がみつかった。

場所こそ高速道路サービスエリアのトイレになっているが、確かに DaveN の記事はこれとそっくりだ。

DaveN の書き込みにも digg の書き込みにも特段の指摘がないところを見ると、この話は海の向こうではあまり知られていないのだろうか。

2004 年発の日本の記事が、世界を巡ってこの記事になったとすると、これはスゴいことだ。

ナカノ氏の貴重な情報に感謝します。

      *      *      *

追記3:(5月1日)

「トイレでの会話」について、読者のマックス氏と Rad 氏から追加情報をいただいた。

プレイボーイ誌の小咄集に掲載されていたものではないかという。だいぶ古い話で、日本発祥ではないのではないかとのことだ。

改めて読んでみると、これがなかなかよく出来ている。どこの国でも、どこの都市でも当てはまりそうだ。何度も語り継がれてきたといわれても納得できそうだ。

その意味では Jan Harold Brunvand のいう「都市伝説」(Urban Legend)に近いのではないかという気もする。多くのひとびとの記憶に残っている点でもそうだ。

この話には、ひとの知らない意外な歴史もあるのかもしれない。

そんな興味をかき立てていただいた両氏のコメントに感謝したい。

Technorati Tags: ,

2007年 1月 21日

サヨナラの代償

Filed under: ブログ — shiro @ 22:12
Tags: , , , ,

black_lady

[Black Lady – Václav Širc]

愛する者ほど別れの代償は大きい。

とうとう黒いレディに別れを告げなくてはならなくなった。

     *      *      *

・・・と気取ってみたいところだが、要は古くなったマックを捨てろと迫られたのだ。

筆者にとっては Black Lady でも、家族の目から見れば古くなったテレビと一緒だ。

performa5420

[Performa 5420]

マックでテレビが見れるなんて、なんと先進的なのだろう。それが黒の Performa 5420 だった。

ハードディスクの換装はもちろん、CPU カードを G3 に替え、イーサネットカードも装着してインターネットもすいすいできた。

初代 iMac を買ったころから、ほとんど使わなくなった。

使わずに置いてあるだけのガラクタに、とうとう家族が堪忍袋の緒を切らした。

年末の大掃除のとき、といってもマックワールド直前で掃除を手伝うどころではなかったけれど、なんとかしなければ自分の存在すら危うくなる、そんな危機的状況に追い込まれてついに決心した。

     *      *      *

区役所に家電製品など粗大ゴミ回収の電話をした。 500 円で持っていってもらうつもりだった。

しかしそうは問屋が下ろさない。コンピュータは製造メーカー以外は廃棄できないのだそうだ。

そのままアップルの回収センターに回された。

本体だけなら 3500 円、Performa みたいな一体型は 4200 円で使用済みの「排出パソコン」として回収するのだという。

今やタダでは捨てられない。切り刻んで捨てる訳にもいかない。

まず、カネを振り込むのが先で、それからやっと郵便局が引き取りにくる。

愛しのブラックレディとは 4200 円で別れをつげた。

     *      *      *

ところがこれは皮切りに過ぎないのだ。

se30

[Macintosh SE/30]

引き続いて、Macintosh SE/30、Macintosh IIci、PowerBook Duo 270c、Macintosh G3 DT(ベージュ)、iMac G3・・・とまだまだ続く。なかには、中味を取り出して空になった Macintosh LC(ピザボックス)もある。(初代 Macintosh 128K は親戚にあげたら捨てられてしまった。)

どれも思い出と愛着がいっぱい詰まったものばかり・・・

ウジウジと思い切ることができず手元に置いたばっかりに罰を受けることとなった。

いずれも手切れ金を持たせて見送らなければならない。

いつまでも捨てないからだ、と家族の目は冷たい。

     *      *      *

マッキントッシュが登場した頃の新聞雑誌の切り抜き、ユーザークラブ(MUG)のニュースレター、Macworld や MacUser の創刊号を含む雑誌のいろいろ、1984 年のコマーシャルを収めたビデオテープ、128K マック付属のシステムディスクをはじめとするたくさんのフロッピー、ZIP ドライブ他の周辺機器、各種接続コードの数々・・・これらとすっかり別れを告げるのは大変だ。

つくづくマイクロソフトの MacBU が羨ましいと思う。いろいろなマックが古いものまで動いていて、まるでマックの博物館だ。

こんな博物館がどこかにあれば寄贈するのに・・・

今や本家のアップルでも、古いモノは鼻にも引っかけない。

サヨナラの代償は大きい。

     *      *      *

後記(1月27日)

classic_ii_bar

[Classic II Bar]

つくづくマック好きにはすごいひとがいるものだと思った。これはもう私設のマック博物館だ。

Chip Chick:”One Fanboy’s Ultimate Apple Collection with 74 Macs and a Mac Bar“:1月25日

     *      *      *

ミズーリ州セントルイスの Jeremy Mehrle のコンピュータコレクションにはどんなマック好きでもヨダレを垂らすだろう。地下室には74台のマックが展示され、そのうち30台はクラシックバーに鎮座まします。全体では、18種類の CRT iMac、Next Cube、Apple II が4台、それに20周年記念モデルだ。写真は flickr で見れる。(出典:MacLife Magazine 2007 年2月号)

line_of_macs

[Line of Macs]

Jeremy Mehrle of St. Louis, Missouri has a computer collection that would have most Mac aficionados drooling uncontrollably. His basement has 74 Macs on display, with 30 of them situated at his Classic bar. Overall, his collection contains 18 different CRT based iMacs, a Next Cube, four different Apple II computers, and a 20th a Anniversary Mac. Check out flickr for more photos. (Source: MacLife Magazine, February ‘07)

     *      *      *

まったくスゴい。筆者なぞ足下にも及ばない。

こんなスペースがあったら、自分だって家の中に(微々たる数だけれど)マックコーナーを作りたいと思う。日本の住宅事情では夢のまた夢だけれど・・・

羨ましくて涙がでた。

Technorati Tags: ,

2006年 7月 28日

iPod キラー「Zune」の未来を占う

John Gruber が Zune について皮肉たっぷりな記事を書いている。

Daring FireballMagic 8-Ball Answers Your Questions Regarding Microsoft’s ‘Zune’” by John Gruber:7月25日

Magic 8-Ball[占い用のオモチャ]にその未来を占わせようというのだ。

      *      *      *

どこかで見たような・・・

ついにマイクロソフトは iPod/iTunes キラーの Zune プロジェクトが本物だと認めたわけだ。Zune については Engadget がこの数週間追いつづけてきたが、これは「音楽とエンターテインメント」のプロジェクトで、ポータブルプレーヤ、オンライン配信ストア、プレーヤにコンテンツを取り込み編集するソフトが全部一体になったものだ。専らマイクロソフトだけがこれを販売する。これって、どこかで聞いたような気がしないかい

Q:  So Microsoft has confirmed that Zune, the “iPod/iTunes killer” project that Engadget has been reporting on for a few weeks, is for real. It’s a “music and entertainment” project that will involve portable players, an online media store, and desktop software for managing media and getting content from the store onto the players; all of it integrated and all of it produced and sold exclusively by Microsoft themselves. Does this sound familiar?

Magic 8-Ball:ハイ、マッタクソノ通リデス。

A:  YES — DEFINITELY.

最初に Engadget がリークした Zune だという写真を見たかい。白いプラスチックでスクロールホイールもあって、これまたどこかで見たような気がしないかい?

Q:  Have you seen the photo of the first Zune gadget “leaked” to Engadget? Seems, uh, a bit familiar, too, what with the white plastic and scroll wheel:

Magic 8-Ball:ワタシノ見ルトコロデモ、ソウデス。

A:  AS I SEE IT, YES.

      *      *      *

このあと、Zune は iPod デザインのひどい物真似(rip-off)なので xPod ないしは Ipod(i が大文字なので、iPod とはまったく異なる名前だ!)と呼ぶべきだとしている。

      *      *      *

自己矛盾だ

Engadget によれば、Zune の機器やサービスはマイクロソフトの PlaysForSure プラットフォーム[WMAとの互換性を保証するマイクロソフトのプログラム]と別だというだけでなく、まったく互換性もないそうだ。Creative Labs や Napster のような、「PlaysForSure」のお仲間たちはさぞかしうれしいだろうねえ。

Q: According to Engadget, the Zune service and devices won’t just be separate from Microsoft’s PlaysForSure platform, they’ll be wholly incompatible with each other. I’ll bet that’s just delightful news to all of Microsoft’s “PlaysForSure” partners like Creative Labs and Napster.

Magic 8-Ball:確カニソウデス。

A: YOU MAY RELY ON IT.

でも Engadget によれば、「マイクロソフトは PlaysForSure の開発およびサポートを継続する。PlaysForSure に関するすべては全く独立した部門で取り仕切られ、他の部門とはいささかも重複しない」そうだ。これって、大会社官僚主義の症状が転移する典型的な例じゃないかしら。マイクロソフトの一部門が1億ドル以上を投じてメディアプレーヤのクローズドシステムを立ち上げる一方で、別の部門が門前市をなす PlaysForSure プラットフォームの「お仲間」に対しては、自社のメディアプレーヤ部門はあまりよくないというのだから。

Q: But yet Engadget reports, “Microsoft will continue to support and develop for their PlaysForSure initiative, but all things PlaysForSure are handled by [an] entirely separate division that will not have any crossover.” Is that not the epitome of metastatic corporate bureaucracy? One division within Microsoft spending $100 million or more to launch their own closed media player system; another division charged with lining up “partners” for the PlaysForSure platform that Microsoft’s own media player division deems not good enough.

Magic 8-Ball:ハイ。

A: YES.

お客さんを夕食に招いておいて、お客さんにはホットドッグをだし、自分たちはステーキを食べるみたいなものじゃないか。

Q: Isn’t that like inviting guests to your home for dinner and serving them hot dogs while you yourself eat a steak?

Magic 8-Ball:ワタシノ見ルトコロ、ソウデス。

A: AS I SEE IT, YES.

今やマイクロソフトは、すべてを自分でコントロールできるクローズドモデルの方がいいからと、自らのライセンスモデルを放棄する(少なくとも軽視する)わけだ。これまで専門家と称する連中はこの四年間ずっと iPod はもうダメになると宣(のたま)わってきた。これからは、アップルが1980年代にマッキントッシュで犯したのと同じ間違いを、マイクロソフトが今度は Zune によって犯したというようになるのだろうか。

Q: And so now that Microsoft is abandoning the licensing model (or at least deprecating it) in favor of a closed model that they completely control, will all those pundits who’ve been predicting doom for the iPod for the last four years declare that Microsoft, like Apple, is now making the same mistake with Zune that Apple made with the Macintosh in the 1980s?

Magic 8-Ball:ソウデハナイデショウ。

A: DON’T COUNT ON IT.

アホ。

Q: Jackasses.

Magic 8-Ball:確カニ。

A: WITHOUT A DOUBT.

      *      *      *

ベイパーウェアの類いか

別な言い方をすれば、マイクロソフトの例のお馴染みのベイバーウェア(vaporware)キャンベーンそっくりだ。出荷期日をひどく楽観的に見積もり(今年の11月)、iPod や iTunes に欠けている機能を挙げ連ねる(Wi-Fi、ソーシャルネットワーキング、ビデオゲームモード、調節可能なフェースプレート、Sirius や XM サテライトラジオ)という訳だ。きっと期日どおりに出荷され、すべての機能を備え、とても軽くて、薄くて、バッテリーの持続時間も長いことだろう。

Q: So in other words, this has all the hallmarks of a good old-fashioned Microsoft vaporware campaign: wildly optimistic ship date (“this November”) and a laundry list of features missing from the iPod and iTunes (Wi-Fi, social networking, a video game mode, adjustable faceplates, and maybe even Sirius and/or XM satellite radio). I’ll bet it will ship on schedule, with all those features, and will be lightweight, thin, and get great battery life.

Magic 8-Ball:トテモ疑ワシイ。

A: VERY DOUBTFUL.

皮肉をいってみたのさ。いいたかったのは、もう7月末で、写真や性能(腕に抱えきれないほど沢山)についてリークがあるのに、実際に動くプロトタイプを見たひとは誰もいないということだ。噂される機能のいくつか、例えばピアツーピアのファイルシェアリングやプロクシミティベース勧告を実現するには沢山の作業が必要じゃないのか。ほんとにクリスマスに間に合うよう出荷されるのだろうか。

Q: I was being sarcastic. My point is that it’s now late July, and despite the fact that there are leaked photos and a features list the length of your arm, no one has claimed to have actually seen a working prototype. And some of these proposed features, like peer-to-peer file sharing and proximity-based recommendations, sound rather like a lot of work. Do they honestly expect to have this on the shelves in time for Christmas?

Magic 8-Ball:ワタシノ答ハ「ノー」デス。

A: MY REPLY IS NO.

それじゃ、出荷は11月だ、それに性能は(つぎの iPod がどんなに頑張ったところで出来っこないような)スゴいものだとリークしておいて、Zune が出るのをみんなが待ってくれるように祈るということじゃないか。クリスマスシーズンに間に合わなくて2007年にずれ込んだとしても、あるいはまた約束した機能が盛り込まれなかったとしても、(Zune を出す意味は自分たちが隅から隅までコントロールできるシステムを出すということであるにも拘らず)自分たちのせいじゃない、とにかく待つだけの価値はあるのだ、というのだろうなあ。

Q: So what they’ve done is leak a November release date and a fantastic feature list — a feature list that the next batch of new iPods, no matter how cool, are unlikely to match — and hope that people will wait for the Zune. And then even when it misses the holiday season and slips into 2007, and won’t include all of the previously-promised features, they’ll say it wasn’t their fault (despite the fact that the whole point of the Zune platform model is that Microsoft controls the entire system) but that it’ll be worth the wait anyway. That sound right?

Magic 8-Ball:四囲ノ状況ヲ見ルニ、ソノヨウデス。

A: SIGNS POINT TO YES.

      *      *      *

ITMS 変換ソフト

噂される機能のひとつは ITMS converter だ。Zune ソフトが、iTunes のミュージックライブラリを覗いて ITMS から購入した曲を調べ、それとまったく同じ曲を Zune ミュージックストアで無料提供するという。レコード会社の勘定はマイクロソフトが持つのだそうだ。なかなか賢いやり方じゃないか。

Q: … One of their rumored features is an ITMS converter, where the Zune desktop app will go through your iTunes music library and look for songs purchased through the ITMS, and they’ll give you “free” versions of those same songs from the Zune music store, and Microsoft will just pick up the tab with the record labels. That’s actually a pretty clever idea, isn’t it?

Magic 8-Ball:ヨク分カリマセン。モウ一度オ願イシマス。

A: REPLY HAZY, TRY AGAIN.

「ITMS から買った曲ならそれをもう一曲マイクロソフトが買います」という噂のことさ。なかなか頭がいいじゃないか。

Q: Microsoft’s rumored “we’ll just buy them another copy of every song they bought from ITMS” feature — pretty clever, isn’t it?

Magic 8-Ball:確カニソウデス。

A: IT IS CERTAIN.

      *      *      *

Xbox の二の舞か

今度はハードウェアについて考えてみよう。もしマイクロソフトが本気なら、Xbox でやったのと同じことをやるだろう。400ドルの箱に800ドル分のパーツを詰め込んで、一台売れるたびに何百ドルも損を出す。マイクロソフトが最近出したもので成功したのは Xbox だけだという意地の悪い見方もあるが、Forbes 誌によるとその累積損失は2001〜2005年で40億ドルにもなるという。たいていの会社なら潰れてしまう額だが、マイクロソフトが溜め込んだ額に比べればほんの少しだ。アップルが同じことをやろうとしてもとても難しいだろうね。

Q: And hardware-wise, if they’re really serious about this, they’ll do what they’ve done with the Xbox: cram $800 worth of components into a $400 box and lose hundreds of dollars on each unit sold. There’s something perverse about the fact that the only recent brand-new product from Microsoft that’s considered a success is the Xbox, which according to Forbes lost $4 billion from 2001-2005. That’s enough money to sink most companies, but it was just a small slice of Microsoft’s cash hoard. A similar strategy with the Zune would prove difficult for Apple to follow, would it not?

Magic 8-Ball:キットソウデショウ。

A: MOST LIKELY.

一方、Xbox 360 は最初の Xbox に比べれば良くなったとはいうものの、PS2 や GameCube に比べればまだまだ大きく、ダサく、熱く、(ファンの音が)うるさい。ゲーセンにおくゲームマシンならOKだけれど、ポケットに入れて持ち運ぶメディアプレーヤとしてはとてもOKとはいえない。600億ドルの銀行預金をもってしても簡単・明瞭・エレガントなものを作る体質ができなかったのなら、もう金輪際ダメなんじゃないか。

Q: On the other hand, although the Xbox 360 is slicker than the original Xbox, it’s still bigger, clunkier, hotter, and louder (fan-wise) than the PS2 and GameCube. Those traits are OK for a game console that goes in your entertainment center, but they’re not OK for a portable media player that goes in your pocket. If their $60 billion bank account hasn’t yet helped Microsoft develop a penchant for the simplicity/clarity/elegance thing, it never will, will it?

Magic 8-Ball:見通シハアマリ良クアリマセン。

A: OUTLOOK NOT SO GOOD.

      *      *      *

Zune がマックでも動くようになるかどうか尋ねてもいいだろうか。

Q: Should I even bother asking whether Zune will work on the Mac?

Magic 8-Ball:今ハオ答エシナイ方ガイイト思イマス。

A: BETTER NOT TELL YOU NOW.

Technorati Tags: ,

2006年 5月 21日

気分転換:映像ラ・ラ・ラ

Filed under: ビデオ,ユーモア — shiro @ 08:50
Tags: , ,

wow

アップルやマックの話題が目白押しでパンクしそうだ。

こんなときは気分転換が必要だ。

・・・というわけで、なんとなくおかしいビデオを集めてみました。

◆ Google Video:”Reklama z domieszk? pikanterii“:5月3日[30 sec]

うーん、カッコいい!

     *     *     *

dalmation

◆ Google Video:”Dalmation dog riding a bike in Japan“:4月6日[42 sec]

乗るところが様になっている!

     *     *     *

beckahm

◆ Google Video:”Pepsi – Bavarians vs. Professionals“:4月13日[1 min 59 sec]

ベッカムやロナウジーニョも大活躍?

     *     *     *

dancedance

◆ Google Video:”The Evolution of Dance“:5月10日[5 min 59 sec]

振りでこれだけこなせれば・・・

Technorati Tags:

2006年 5月 3日

二人の大統領

Filed under: ひと,ビデオ,ユーモア — shiro @ 16:42
Tags: , , ,

2presidents

YouTube Video:”Two Presidents“:4月30日

喋らないとどちらが本物か分からないほどだ。

aud2

ホワイトハウス記者クラブの夕食会。(White House Correspondents’ Association Dinner)

2bush

大受けでおもしろそうなのだが、肝心のオチや決め台詞(ぜりふ)が分からないのでもどかしい。

aud1

long tail world の satomi 氏のところならと思って覗いてみたが、まだ上梓(じょうし)されていないようだ。

どこかでこのビデオのスクリプトが分かるといいのだが・・・

     *     *     *

追記:ビデオが削除された(5月4日午後2時)

YouTube のサイトから上記ビデオが削除された。

「このビデオは著作権侵害により削除されました」(This video has been removed due to copyright infringement.)というメッセージを残して・・・

「Two Presidents」と同じ内容のビデオがいろんなタイトルでほかにも投稿されていたが、それも全部削除されている。

colbert

実は、ホワイトハウス記者クラブ晩餐会には、この他にも Comedy Central の Stephen Colbert が登場して大統領について語った。

◆ YouTube:”Colbert Roasts Bush 1-3“:4月30日

全三部作のビデオで、「Two Presidents」よりはるかに強烈なものだ。

いつも風刺の対象となる大統領を目の前にして、グサリとやったのだ。

特に世論調査での大統領の人気について述べた下りはすごかった。

“Now I know there’s some polls out there saying this man has a 32-percent approval rating,” Mr. Colbert said a few moments later. “But guys like us, we don’t pay attention to the polls. We know that polls are just a collection of statistics that reflect what people are thinking ‘in reality.’ And reality has a well-known liberal bias.”[New York Times]

さすがに最後の頃には、大統領の笑いも凍りついてきたという。

晩餐会後、ブログでも盛んに取り上げられたようだが、ニューヨークタイムズの記事が詳しい。

New York Times:”After Press Dinner, the Blogosphere Is Alive With the Sound of Colbert Chatter” by JACQUES STEINBERG:5月3日

Gawker:”Stephen Colbert, Greatest American Hero?“:5月2日

YouTube からは、Stephen Colbert のビデオもきれいさっぱり消えてしまった。

backsoon

それだけではない。YouTube を開いても、いまは「We’ll be back soon… 」というサインしかない。

     *     *     *

追々記:(5月6日)

楽しみにしていた記事が long tail world に載った。同時に satomi 氏からトラックバックとコメントをいただいた。

long tail world:”マスコミとブロガーの直接対決?コルベア暴言報道:Was Colbert Funny or Not?“:5月4日

colbertvideo1

さすがに satomi 氏はスゴい。

YouTube から削除された Stephen Colbert のビデオを早速探し出してこられた。

Colbert 発言の全文も、また ABC のニュースビデオも揃っている。

それに、Technorati の様子や火付け役となったスクープ記事、問題発言の要旨と至れり尽くせりだ。

ご興味のある方は、是非とも long tail world を覗いていただきたい。

また、「SEVEN DEGREES」という素晴らしいサイトを紹介していただいたのもありがたい。

SEVEN DEGREES:”なんちゃってジャーナリズム vs リアル・ジャーナリズム“:5月2日

なかなかユニークなブログのようで、訪れる楽しみが増えた。

satomi さん、ありがとうございました。

     *     *     *

さらに追記:(5月13日)

bushbush

YouTube から削除されたホワイトハウス記者クラブ晩餐会(2006 White House Correspondents Dinner)の C-SPAN ビデオが戻ってきた。

◆ Google Video:”President Bush Impersonation – 2006 White House Correspondents Dinner“:4月29日[11 分 24 秒]

Steve Bridges が Bush 大統領の物真似をして本音を語る

◆ Google Video:”Colbert Roasts President Bush – 2006 White House Correspondents Dinner“:4月29日[24 分 10 秒]

スティーブン・コルベア(Stephen Colbert)の問題発言

◆ Google Video:”2006 White House Correspondents Dinner with Stephen Colbert“:4月29日[1 時間 35 分 17 秒]

ホワイトハウス記者クラブ晩餐会の全容

◆ Google Video:”Google Current Cantaloupe“:5月2日[3 分 46 秒]

グーグルサーチのトップにきた「C-SPAN」や「Stephen Colbert」について

Technorati Tags: , , ,

2005年 11月 18日

Steve Ballmer の眼力とダンス

いやあ、圧倒的迫力だ。度肝を抜かれること間違いない。

とにかく Solid Inspiration Blog を訪れて、自分自身の目で確かめていただきたい。

Steve Ballmer going crazy | YouTube]

いつも楽しいブログだが今回はまた格別。Solid Inspiration 氏の文章も実に絵画的で目に浮かぶようだ。

モンキーダンスは絶対の必見。もう、ことばがない・・・

また Steve Ballmer の「眼力(めぢから)」もすごい。

なにしろ Solid Inspiration 氏が前から4列目の席で確かめたというのだから間違いない。

あとは何をいっても余分、何を書いても蛇足だ。

蛇足:

モンキーダンスはほかにもある → NTK’s CEO of The Dance Page

また「眼力(めぢから)」についてはここも参照 → Uncyclopedia の Steve Ballmer の項

最近ご難続きのマイクロソフトについては → Microsoft’s Bad Press

スーパースター Ballmer の remix については → Steve Ballmer Remix

Technorati Tags: , ,