maclalalaweblog

2007年 6月 10日

iPhone の隠し味はグーグル?

googleapple2

少し前になるが、iPhone を契機にアップルとグーグルがさらに強固な同盟を組むことを予言したひとがいる。タイムの Jeremy Caplan だ。

Time:”iPhone’s Secret Ingredient: Google” by Jeremy Caplan:6月1日

      *      *      *

隠し味

アップルとグーグルは切り離せない仲となった。YouTube ビデオがまもなく Apple TVで再生できるようになると、今週 Steve Jobs は語った。グーグルは最近、マックユーザー向けのデスクトップ検索プログラムを発表した。グーグルのツールは、6月に登場するアップル特製の iPhone の重要な隠し味(secret sauce)になってきているようだ。

Apple and Google just can’t stand to be apart. Apple CEO Steve Jobs announced this week that Apple TV will soon play YouTube videos. Google recently unveiled a desktop search program especially for Mac users. And Google tools increasingly appear to be a key part of the secret sauce behind Apple’s signature new gadget, the iPhone, set for release in June.

      *      *      *

Gapple

この二つのブランドには熱心なファンがついている。それにグーグルの Eric Schmidt がアップル取締役会に加わっていることもあって、両社はその結びつきの相乗効果を享受するに至っている。これはまさに Gapple[Google + Apple]の力だ。

Both brands are beloved by legions of fans, and with Google CEO Eric Schmidt embedded on Apple’s board of directors, the companies have gotten wise to the benefits of synergistic coupling. Call it the power of Gapple.

      *      *      *

一括登録(universal access

グーグルのモバイル製品マネージャ Sumit Agarwal はつぎのように語る。グーグルはずっとアップルと協同しており、検索その他一連のモバイル向けソフトをユニバーサルアクセス(universal access)に持っていきつつある、と。「一般的にいえば、マックで動くものはすべてモバイルソフトに移行するだろう。モバイル機器の技術が許す範囲内での話だが・・・。」それは、個別にグーグルサービスを登録しなくても済む一括登録(universal sign-on)も含むようだ。

Sumit Agarwal, product manager for Google Mobile, says Google has been working with Apple and is moving in the direction of universal access to its suite of search and software applications on mobile devices. “Generally speaking, everything that you see on Macs, pending the technical ability of the device itself, will migrate into mobile applications,” Agarwal says. That’s likely to include a universal sign-on, so that you don’t have to sign into each of Google’s services separately.

      *      *      *

リアルタイムに本質を捉える

グーグルのモバイルソフトは、大きなソフトをそのまま小さなデバイスに取り込むものではなく、外出中のユーザーが実際に使う基本的な機能に焦点をあてて、必要最小限にスリム化したものとなる。「例えばブロガーについていえば、たくさんのコメントが投稿できることは重要でない。その瞬間の本質を捉え、リアルタイムでシェアできるからだ。スナップ写真を撮って、音声の説明を加えればいい。」

Rather than dumping huge applications onto small devices, Google’s mobile applications are streamlined and stripped down to focus on the primary ways consumers use them on the go. “With Blogger, for example, it isn’t as important that I be able to leave lots of comments, as that I can capture the essence of what I’m doing at that moment and share it in real time,” Agarwal says. “I may want to snap a photo of a monument and store a voice annotation.”

      *      *      *

ウィジェットいろいろ

グーグルとして他にオファーできるものは何か。グーグルリーダー(Google Reader)ウィジェットか。[グーグルが LG と一緒に立ち上げた]ポータルでは最近ブログ閲覧ツールを発表し、オフラインでのアクセスも可能になった。iPhone はリーダーにアクセスできるブラウザを持っているが、高速アクセスができないような場面では、ウィジェットは特に有用だと考えられる。それに今や YouTube が Apple TV で見れるのだから YouTube iPhone ウィジェットなんかどうだろうか。

What else might Google offer? Possibly a Google Reader widget. The portal recently announced that its blog-reading tool can now be accessed offline. And though the iPhone could access Reader through its browser, a widget would be particularly useful when speedy mobile Web access isn’t available. And why not a YouTube iPhone widget, now that YouTube is on Apple TV?

      *      *      *

途中はしょったが、要はグーグルが iPhone にとって欠かせないパートナーになるというわけだ。

アップル・グーグル同盟の噂は、WWDC を一両日後に控えてにわかに大きくなっている。

Wired Blogs [Epicenter]:”A big Google-Apple partnership next week? Bet on it.” by Fred Vogelstein:6月7日

      *      *      *

クラウド・コンピューティング(cloud computing

いつもなら、Steve Jobs がつぎにどんな動きに出るかなどと騒々しく噂をする連中には加わらないのだけれど、今回はどうにも堪(こら)えきれない。Jobs は月曜日にサンフランシスコの WWDC の舞台に立って彼が最も得意とすること、アップルの最新製品について語り、地球上でもっともカリスマチックな CEO としての座を確固たるものにすることになる。彼は多分新しい iPod や iPhone などについて発表するだろう。ひとつだけ、彼が間違いなく発表すると確信していることがある。未来にとって影響の大きいグーグルとの「クラウド・コンピューティング」(cloud computing)に関するパートナーシップだ。両社は、この数か月というも、この点に関してずっとヒントを与えてきた。そしてこのことは実に辻褄(つじつま)が合うのだ。

I don’t typically join the gaggle of folks trying to guess what Steve Jobs’ next move is going to be, but for once I can’t resist. On Monday Jobs is taking the stage at Apple’s worldwide developers conference in San Francisco to do what he does best – tell us all about Apple’s latest products and reinforce his place as the most charismatic CEO on the planet. He’ll probably announced a new Ipod, tell us more about the iPhone  etc etc. One announcement I’m almost sure of, however : A far reaching, cloud computing partnership with Google. Both companies have been hinting about it for months, and it makes perfect sense.

      *      *      *

ドット・マック(.Mac

クラウド・コンピューティング(cloud computing)は、技術の世界でいま最もホットな話題だ。アップルは完全に立ち後れていて、なんとかしなければならないと考えている。アップルはすばらしいハードを作る。しかし、クラウド・ベースのストレージ・サービスである「.Mac」(ドット・マック)については何年も改善できずにいる。.Mac では1年 100 ドルで 1GB のストレージを利用できる。その倍をタダで利用できる時代だというのにこれではお笑い草だ。

Cloud computing is the hot new thing in the world of technology right now; Apple is a complete laggard; and it knows it needs to fix it. Apple makes beautiful hardware, but it hasn’t improved on .Mac, its cloud based storage offering, in years. You get 1GB of storage on .Mac for $100. That’s laughable in an era where you can get double that for nothing.

      *      *      *

グーグルの狙い

一方グーグルは、クラウド・ベースのハードとソフトを世界の誰よりも上手に、かつ安く運用している。どうやって稼いでいるのか。検索サービスやその他のソフトで可能な限りたくさんの利用者を確保することによってだ。想像してみてほしい。マックを買ったひとが自動的にグーグルの無料アカウントを取得し、それから発生することになるアクセスの量を・・・

Meanwhile, Google runs cloud based hardware and software better and cheaper than anyone in the world right now. How does it make money? By getting as many people as possible looking at advertising alongside search and other various software offerings. Imagine all the traffic from the following: You buy a Mac and you automatically get a free Google account.

      *      *      *

得意分野を足し合わせる

グーグルの CEO でアップルの役員でもある Eric Schmidt も、アップルのボスの Steve Jobs も、二人ともその方向に向けて真正面から取り組んでいることを示唆している。私が4月に Schmidt をインタビューしたとき、いずれそういう協力関係になると彼は述べた。「アップルが解決しようとしている問題に対して、我々は完璧なバックエンドを提供できる。彼らのユーザーインターフェイスや消費者に対する判断は大変優れている。しかし彼らは、グーグルが持っているようなスーパーコンピュータ(データセンターのこと)は持っていない。彼らが得意なのはモノを作ることで、それは大変優れているのだ。」

And the hints from Eric Schmidt, Google’s CEO and Apple board member and from Apple boss Steve Jobs point squarely in that direction. Schmidt said in April in an interview with me that he envisioned just such a relationship eventually. “We’re a perfect back end to the problems that they’re trying to solve,” Schmidt told me. “They have very good judgment on user interface and people. But they don’t have this supercomputer (that Google has), which is the data centers. What they have is a manufacturing business that’s doing quite well.”

      *      *      *

失われた時の埋め合わせ

.Mac について Jobs はどう考えているのだろうか。彼は先週のD会議でつぎのように語ってそのことを認めた。「待っていてほしい。あなたのいうことはそのとおりだ。ごく近い将来、我々は失われた時の埋め合わせをするつもりだ。」

Jobs’ response to .Mac’s whithered state? In response to a question last week he actually agreed, adding “stay tuned.” said “I couldn’t agree with you more and we will make up for lost time in the very near future.”

      *      *      *

Dでのクラウド・コンピューティング(Cloud Computing)とリッチ・クライアント(Rich Client)に関する議論はいささか分かりにくかったが、こんな形に発展するものだったのか・・・

アップルにとってグーグルは大きな隠し球(隠し味)であり,その一方グーグルにとってもアップルの魅力は大きいということだ。

イノベーションの最強の組み合わせからは何が生まれるのだろうか。

      *      *      *

参考:

・Time:”iPhone’s Secret Ingredient: Google” by Jeremy Caplan:6月1日
・TheStreet.com:”Apple, Google Connect on iPhone” by Daniel Del’Re:6月7日
・Wired Blogs [Epicenter]:”A big Google-Apple partnership next week? Bet on it.” by Fred Vogelstein:6月7日
・BusinessWeek:”Could .Mac Move To Google?” by Arik Hesseldahl:6月8日
・MacNN:”Apple, Google at WWDC: .Mac, partnership?“:6月8日
・Computerworld:”Opinion: Why a .Mac-Google Apps integration makes sense” by Seth Weintraub:6月8日
・Ars Technica:”Whither .Mac?” by Charles Jade:6月9日

Technorati Tags: , , , , , , ,

2006年 10月 11日

ほんとに買っちゃった YouTube

Filed under: ひと,ビデオ — shiro @ 00:02
Tags: , , ,


[YouTube の Steve Chen と Chad Hurley]

根も葉もない噂としてみんなが半信半疑だったグーグルの YouTube 買収は本物だった。

New York Times:”Google to Acquire YouTube for $1.65 Billion” by Andrew Ross Sorkin & Jeremy W. Peters:10月9日

      *      *      *

16 5000 万ドル

グーグルは本日午後、人気ビデオ共有サイト YouTube を買収すると発表した。買収は株式交換によって行い、買収額は 16 億 5000 万ドルに相当する。

Google announced this afternoon that it would buy YouTube, the popular video-sharing Web site, for stock that it valued at $1.65 billion.

グーグルが打ち負かした対抗馬には Microsoft、Viacom、Yahoo、News Corporation などがある。交渉を成功裡にまとめることで、グーグルはインターネットのメインプレーヤであることを証明した。

Google beat out a number of other YouTube suitors, including Microsoft, Viacom, Yahoo and the News Corporation. By successfully negotiating the deal, Google has once again proved that it is the Internet’s dominant player.

      *      *      *

したたかに売り抜けた YouTube

買収の条件として、YouTube はこれまでどおり独立した形で、その名称もカリフォルニア州サンブルーノの拠点(マウンテンビューのグーグル本部から 25 マイルしか離れていない)も温存する。

Under the terms of the deal, YouTube will retain much of its identity and will keep its name and its office in San Bruno, Calif., more than 25 miles from Google’s headquarters in Mountain View.

YouTube の共同設立者で CEO の Chad Hurley は、会社が独立した形で存続することを望んでいると何度も繰り返した。金融アナリストとのカンファレンスコールでその点について尋ねられた Hurley 氏は、彼の会社が独立して存続することを望むと答え、「グーグルと一緒に仕事をすることになってもそう望む」と付け加えた。

Chad Hurley, YouTube’s co-founder and chief executive, has repeatedly said he would prefer for his company to remain independent. Asked about such comments in a conference call with Wall Street analysts and investors held late this afternoon, Mr. Hurley said his company did want to stay independent, adding that メby working with Google, thatユs still the case.

もうひとりの共同設立者 Steve Chen は、技術の面でも会社のカルチャー風土という意味でも「これほどぴったりの二つの会社は考えられない」と述べた。

Steve Chen, also a YouTube co-founder, said, “It is hard for me to imagine a better fit for two companies,” both in terms of technology and company culture.

YouTube の登場は彗星のようだった。この会社が立ち上げてからまだ一年も経っていないが、既に世界で 5000 万の閲覧者がいる。

The rise of YouTube has been meteoric. The Internet start-up has been in operation for less than a year, yet it already has an estimated 50 million users worldwide.

      *      *      *

グーグルのシェア拡大

グーグルは、この非公開株式会社取得したことにより、インターネットでこれまで成功を収めていなかった分野に確たる足場を築くことになった。ウェブのアクセスをモニターしている Hitwise によると、YouTube 46 %、MySpace 23 %、Google Video 10 %といわれる、オンラインビデオマーケットのシェアの大半をグーグルが擁することとなる。

The acquisition of the privately held YouTube will enable Google to thrive in one area of the Internet where it has so far failed to gain footing. According to Hitwise, which monitors Web traffic, has the lion’s share of online video traffic. YouTube has a 46 percent share, MySpace has 23 percent and Google Video has 10 percent.

      *      *      *

著作権リスクの回避にも

今回の買収は YouTube が厄介な法律問題に対処するのにもたいへん役立つ。グーグルの組織や資金が助けになるからだ。これまでも YouTube の努力にも拘らず、著作権のあるビデオ映像がしばしば YouTube のページに登場した。グーグルと提携すれば、著作権違反を防止するためのソフトウェア開発にも役立つことになるだろう。

The deal will also greatly benefit YouTube, which would have Google’s vast resources to help it navigate some sticky legal issues. Copyrighted videos often find their way onto YouTube’s pages despite efforts by the site to prevent it. YouTube could also benefit from a Google alliance as it tries to develop new software to prevent copyright infringement.

これらの著作権問題は、業界関係者に YouTube も Napster のようになるのではないかという懸念を持たせてきた。Napster は音楽ファイル共有サービスだが、レコード会社との長引く法廷闘争のため結局は閉鎖に追い込まれた。

These copyright issues have led some in the technology industry to compare YouTube to Napster, the song file-sharing service that eventually had to shut down after a protracted legal fight with the recording industry.

一方 YouTube は、本日それぞれ個別に三つのコンテンツ契約を結んだ。これは著作権違反を回避する法的手段を与えることにもなる。そのひとつ、 CBS との契約は CBS の番組の公開を可能にし、Universal Music Group および Sony BMG Music Entertainment との契約は音楽ビデオの公開を可能にする。

Earlier today, YouTube signed three separate deals that should provide some legal protection from copyright infringement claims. One of the deals will allow YouTube to broadcast CBS programming. In addition, YouTube reached agreements with the Universal Music Group and Sony BMG Music Entertainment that will allow it to broadcast music videos.

      *      *      *

YouTube の陰にベンチャーキャピタル

YouTube、Google、Napster にはすべて共通点がある。若い技術オタクたちが、ゼロから出発して、自力で達成したサクセスストーリーだ。Hurley 氏と Chen 氏は、2005 年1月にパーティビデオを共有しようとして苦労したことから YouTube を始めた。まだ20代の二人は、ガレージから出発して、Sequoia Capital から 350 万ドルの資金を確保することができた。このベンチャーキャピタルは、グーグルがまだ羽も生えそろわない会社だったころ資金援助した会社だ。また Apple、Cisco、Oracle、Yahoo といったシリコンバレーのスター会社も援助している。

YouTube, Google and Napster all share one common thread: a bootstraps success story of young technology buffs who started with nothing. Mr. Hurley and Mr. Chen started YouTube after the two struggled to share videos of a dinner party in January 2005. Still in their 20’s and working from a garage, the two secured $3.5 million in capital from Sequoia Capital, the same firm that helped finance Google when it was still a fledgling company, as well as other Silicon Valley stars like Apple, Cisco, Oracle and Yahoo.

YouTube の買収は、シリコンバレーで最も成功を収めているベンチャーキャピタルのひとつ Sequoia Capital にとっても莫大な利益をもたらした。同社は YouTube に投資した唯一のベンチャーキャピタルで、これまで二度に渡って、計 1150 万ドルを投資している。

The YouTube deal represents a significant payday for Sequoia Capital, one of Silicon Valley’s most successful venture capital firms. Sequoia invested a total of $11.5 million in two separate rounds and was the only venture firm to invest in the company.

Sequoia の儲けは約 30 %とみられており、買収価格から試算すると約 4 億 9500 万ドルになるものと思われる。

Sequoia’s stake in YouTube has been estimated at approximately 30 percent, which means it would be worth about $495 million based on the acquisition price.

YouTube のケースで見られた「我独りといえども我行かん」式の Sequoia の強気の投資は有名だ。

Experts say Sequoia’s go-it-alone investment in YouTube represents the kind of aggressive move for which Sequoia is known. A more typical, and safer, approach would have been to bring in other investors, especially for an early stage investment in a company at risk of becoming the target of costly lawsuits.

「彼らは自分のやっていることに対しバカバカしいまでの自信を持っていた」と Paul Kedrosky(ベンチャーキャピタリストで、ブログ「Infectious Greed」の作者)は語っている。

“They had an absurdly high level of confidence with what they were doing,” said Paul Kedrosky, a venture capitalist and author of the blog Infectious Greed.

      *      *      *

相手の事情を熟知

Kedrosky 氏はつぎのように語っている。Sequoia のパートナーである Michael Moritz がグーグルの取締役におり、また同僚の Roelof Botha が YouTube 買収を率いたことから、グーグルは YouTube の持つ訴訟リスクについてよく知る立場にあり、したがって自信を持ったのだ、と。

The fact that a Sequoia partner, Michael Moritz, sits on the board of Google, while his colleague, Roelof Botha, led the investment in YouTube, could have given Google more insights, and therefore, more confidence, into the legal risks associated with YouTube, Mr. Kedrosky said.

      *      *      *

YouTube は桁外れのサイト閲覧者を誇りながらも、莫大な回線料と訴訟リスクからビジネスモデルを確立できずに悩んでいた。

買収が可能なのはグーグル、ヤフー、マイクロソフトぐらいだろうといわれながら、買収後の著作権訴訟をはばかって、何度噂が出ても立ち消えになった。

コンテンツ業界に放映の機会を与える代わりに、彼らに著作権違反のチェックをやらせるコンテンツ契約を結んだのはさすがだ。

結果的には、グーグルも YouTube もしたたかな計算に基づいて新たな地点に到達したように見える。

前人未到の分野に進むとき、アメリカの企業は思いもかけない力を発揮し、新しいスターを生み出すようだ。

Technorati Tags: , , ,

2006年 3月 18日

I left my heart in San Francisco …

Filed under: 翻訳 — shiro @ 10:48
Tags: ,

tony_bennett

Tony Bennett の絶唱で有名な歌だ。これをオンラインの機械翻訳にかけるとおもしろい訳ができる。

《例1》I left my heart in San Francisco.

[Google 訳]私はサンフランシスコに私の中心を残した。

[Yahoo! 訳]私はサンフランシスコに私の中心を残した。

[excite 訳]私はサンフランシスコに心臓を残しました。

「heart」が「中心」やら「心臓」では名歌も台無しだ。

ワンパターンの訳語を文脈に関係なくあてるところに問題がありそうだ。

      *      *      *

ちょっと複雑な文章になると、文意の通じない日本語訳ができる。

《例2》(3月12日

No cool cat names, no OS revisions. No OS revisions, no reason to go Mac. Unless Steve and company start genetically engineering new cats, the Mac is in serious trouble.

[Google 訳]

涼しい猫の名前すなわちos の修正。行くSteve と会社理由は遺伝的に新しい猫を設計し始めなければos の修正すなわち深刻な悩みにMac. mac ない。

[Yahoo! 訳]

ジャズファン名(OS改訂でない)でない。OS改訂(試みマックの理由でない)でない。スティーヴと会社が遺伝的にエンジニアリング新しい猫を始めない限り、マックは深刻なトラブルにあります。

[筆者仮訳]

(名前が底をついてくれば、)OS の開発もなし、したがってマックもなしという訳・・・ 遺伝工学的に新しいネコ科を早急に生み出さないとマックはヤバイことになるぞ!

逐語訳も単文なら不可能ではない。しかし、文節と文節の関係が複雑な複文になると、機械翻訳ではお手上げだ。

      *      *      *

トンチンカンで分からないというだけなら諦めれば済むが、問題が生じることになってはそれこそ問題だ。

アクセスをチェックしていると、ときどき当ブログを英語に翻訳している海外からのアクセスを見かける。グーグル翻訳だ。

どうやら、勝手にリンクして紹介した記事の主が、世界の片隅の、しかも日本語でいったい何を書いているのかチェックしようとしたものらしい。

グーグルの英訳を見てショックを受けた。

《例3》(1月27日

インテルマックのスピードをどう考えるか、大変おもしろい意見が二つ載った。まず、Tisvernicio.com の Pakitt の意見。

[Google 訳]

How you think of the Intel Mack speed, very much funny opinion was recorded two.  First, the opinion of Pakitt of Tisvernicio.com.

頭から逐語訳しているため英語の文章として体をなしていないが、それより「大変おもしろい意見」が「とてもヘンチクリンな意見」(very much funny opinion)となっているのにギョッとした。

アクセスした主は、「ヘンチクリン」を見て身構えたのではないか。

当方は「おもしろい=興味深い」と褒めたつもりだが、「funny=変な、ヘンチクリン」では悪口だと取るだろう。

他の訳例をみても、「おもしろい」とあれば常に「funny」という訳語を当てている。ボキャブラリが貧弱で、ワンパターンだ。

ワンパターンの訳語如何では、問題を起こしかねない。

      *      *      *

グーグルで翻訳しようとしたケースをもう少し見てみよう。

《例4》(2月1日

遂には、インテルマックでデューアルブート出来たら賞金を出すというコンテストまで現われた。企画したのはマックユーザーの Colin Nederkoorn だ。

[Google 訳]

Finally, when duel it can boot with the Intel Mack, it appeared to the contest that it produces the prize. What it plans is the Colin Nederkoorn of the Mack user.

カタカナ語の訳には苦労しているが、それより全体の意味がまったく通じない。言語構造の異なる日本語を頭から逐語訳しようとした結果こうなったものと思われる。

      *      *      *

《例5》(1月9日

記事の出たのが、CES オープニングの1月5日だというから驚きだ。世界にはやっぱりすごいひとがいる!

[Google 訳]

Because you say the fact that the article appears, is January 5th of CES opening it is the surprise coming.  After all enormous one is in the world!

なんとも意味不明の文章だ。一見英語が並んでいるようにみえて、ここまで意味が通じないのは恐ろしいくらいだ。

想像するに、西欧語の構文解析のアルゴリズムをベースに、日本語のボキャブラリーを当てはめたところに問題があるのではないか。残念ながら日本語には西欧語のアルゴリズムは通じない。

日本語としてはごく普通の文章も、西欧語の視点からするとどれが主語やら述語やら、日本語とはまったく構造不明のおかしな言語だということになるのがオチだろう。

チンプンカンプンで分からないのはまだ許せる。しかし、相手をドキッとさせるようなものが混じるとなるとこれは問題だ。

誰でも使える機械翻訳は、まだまだ道遠しということだろう。

しかし、考え方によってはここにこそビジネスチャンスがあるのではないかという気もするが、それは次稿で・・・

Technorati Tags: ,

2005年 11月 1日

機械翻訳はまだまだ:Lost in Translation

Filed under: 翻訳 — shiro @ 20:01
Tags: , ,

外国語のサイトを見るとき重宝するのがオンラインの翻訳サービスだ。

altavista の Babel Fish Translation は 12 か国語に対応して、スピードも結構速い。

altavista

最近ではグーグルも似たような翻訳サービスを始めた。

ブックマークバー(お気に入りツールバー)に登録しておくと、いつでも呼び出して使えるので、マルチリンガルな通訳を専属で雇っている気分になる。

ただし、逐語訳のレベルなので、だいたいの感じが掴めるという程度にすぎないけれど・・・

日本語は苦手のようで、英語から日本語に訳すだけでもお手上げのことが多い。言語構造がちがうと、機械翻訳も歯が立たないということか。

他のアジアの言語も似たような状況ではないかと想像する。

ときどき、自分のブログを英語に翻訳させてみるが、これがトンチンカンで結構楽しい。

(例1)原文

いつか自分で HTML が書けるようになりたい。・・・プログラム音痴の見果てぬ夢だ。

訳例:Babel Fish

Once upon a time, we would like it to reach the point where you can write HTML by your. … Seeing the program tone-deafness it is the dream which does not end.

「いつか」が「once upon a time」じゃ、とても実用にはならない。

(例2)原文

育児日記ブログだが、その天衣無縫ぶりが素晴らしい。

訳例:Google

It is the childcare diary Bu log, but the way of that heaven robe non sewing is splendid.

「天衣無縫」が「heaven robe non sewing」とはそういえばそうだが・・・

(例3)原文

ときどき、自分のブログを英語に翻訳させてみるが、これがトンチンカンで結構楽しい。

訳例:Google

Occasionally, you try making your own Bu log English  translate, but this is pleasant well enough in the ton chin can.

笑っちゃうね・・・

言語構造の異なる日本語は、機械翻訳の逐語訳には堪えられないということだろう。こうしてみると、日本の翻訳家や同時通訳は偉大なる天才に思えてくる。

翻訳に際しては微妙なニュアンスが抜け落るのが常だが、日本語の機械翻訳ではまだスッポリ抜け落ちて、人間には遠く及ばないのが現状のようだ。

Technorati Tags: ,

2005年 10月 28日

Splog:ブログにスパムがやってきた

Filed under: グーグル,スパム,ブログ — shiro @ 21:37
Tags: , , , , ,

電子メールで猛威を振るったスパムがブログの世界にもやってきた。

spam_skull

サンマイクロシステムズのウェブ技術者 Tim Bray が「スプログ」(Splog = spam + blog)の脅威について書いたのが先週末だったが、早くもその翌日には「スプログの大爆発」(Splogsplosion = splogs + explosion)を告げることになってしまった。「ブログ界のみなさん、大変なことになっていますよ」と。

… over this weekend, they [splogs] ’ve exploded. … this particular surge is using blogspot as an attack vector. The software that’s generating these things is pretty sophisticated, you might think they were real at first glance. Uh, ladies and gentlemen of the blogosphere, I think we have an emergency on our hands.  [Tim Bray]

グーグルのブログサービス Blogger/Blogspot が汚染源となって、猛烈な勢いでスプログが広がったため、コメント欄がスパムでいっぱいになり、RSS の配信が不可能になったり、検索エンジンのランキングも不正操作された可能性がでてきた。

たまりかねたブロガーのひとりは、グーグルに噛み付いた。「Blogspot はゴミ溜めだ、直ちに閉鎖しろ」と。

Blogspot has become nothing but a crapfarm, and your brand is going to go down with it. If your motto truly is to do no evil, then you need to start putting some resources behind an effort to curb this train wreck. … In other words: kill IT before they kill YOU.  [Chris Pirillo]

Dan Gillmor も、グーグルはちゃんと対応すべきだとこの問題を取り上げた。

なにが起きたか、どうやって広がったか、どんな影響が出たか、CNET がよくまとめている。

この大混乱も、たった一人の人間が、先週末数千もの偽造ブログを作成して操作しために生じたのだという。

電子メールのプログラムと異なり、ブログサービスにはスパムを検知したり、防いだりする機能がないというのだから、改めてブログの脆弱さを思い知らされたことになる。

いよいよブログもスパムの時代を迎えたということだ。

Technorati Tags: , ,

2005年 9月 2日

カスタム版 Google ニュース

Filed under: グーグル — shiro @ 20:13
Tags: , , , , ,

Google ニュースの日本版が出たときはすごいことになったと思ったものだ。

新聞各紙を集めては切り抜きをした昔が懐かしい。

さらに、この Google ニュースがカスタマイズできるというのだからすごい。

世界中から、自分が関心のある記事だけを集めて、自分用の新聞を編集するのも夢ではない。

筆者の場合は、テクノロジー、コンピュータ、アップル、ブログの四つのテーマに絞って日米の記事を一覧にして、ブラウザーを開いたとき最初のページにくるように設定している。

これで記事を読む効率がぐっとアップした。

すべては Google が勝手にやってくれるので、便利なことこの上もない。

なお、マックの場合、Internet Explorer(Version 5 止まり)ではこの機能が使えないので注意を要する。Safari、Firefox、Camino なら大丈夫だ。

Technorati Tags:

2005年 8月 25日

オタク小説の読み方

Filed under: ハッキング,本・雑誌 — shiro @ 21:17
Tags: , , ,

極め付けのオタク小説。ウイリアム・ギブスンの「パターン・レコグニション」。

pattern_recognition

サイバーパンクの帝王が、ニューヨーク、ロンドン、東京、モスクワと世界を股にかけ、現実の世界とネット上の仮想の世界とを織り交ぜながら描くハイブリッド・エンターテインメント。

これがメチャ面白い。(・・・ということはオレもオタクか。)

書きたかったのは中身のことではない。小説にちりばめられた小道具のお話。全編に商品名と固有名詞が氾濫する。

「バズ・リクソンの黒の MA-1 フライトジャケット」。ブランド・アレルギーに悩むヒロインのケイス・ポラードが大切にしているフライトジャケットだ。

のっけから出てくるのに、この方面に疎い身としては、さっぱりイメージが湧かない。

ところが、主人公の、言い換えれば作者の思い入れが込められているだけにほっておけない。・・・というか、よく分からないと先に読み進めない。

苦肉の策で、Google のイメージ検索。

あった、あった、フライトジャケットの画像がずらり。(しかもこれが日本人が作りだした完全復刻版だというのだから恐れ入る。)

buzz_rickson_ma1

Buzz Rickson’s MA-1

やっと全身黒ずくめで身を固めたヒロインの様子が目に浮かぶ。(ギブスンはこの装束を CPU と名付ける。ケイス・ポラード・ユニットの略。凝りに凝っているではないか。)

小説を読むのにインターネットを使ったのは初めてだった。オタク小説を読むにはググるのが一番だと悟った。

これがハマるのである。読み進むうちに知らない固有名詞が出てくるのが楽しみになる。その都度ググッた。

ところで、「クルタ」をご存知だろうか。これも小物のひとつとして登場する。

オーストリア人クルト・ヘルツシュターク の発明品で、電流も電子部品も使わない、世界最小の機械式計算機だ。見かけは手榴弾に似ている。

あなたもググって、画像を見つけてはいかが。(ググるのが面倒なひとは、こちらをどうぞ。)