maclalalaweblog

2007年 4月 22日

とびきりのプレゼン

don_mcmillan

プレゼンテーションに関心がある方に、とびきりのプレゼン二つをご紹介。

いずれもプレゼンの達人 Garr Reynolds 氏のブログで紹介されているものだ。

Presentation Zen:”PowerPoint: sometimes you have to laugh to keep from crying” by Garr Reynolds:4月15日

     *      *      *

こんな使い方は避けましょう:Don McMillan

Video by Don McMillan:”Life after Death by PowerPoint”[Presentation Zen:”PowerPoint: sometimes you have to laugh to keep from crying” by Garr Reynolds の最初のビデオ]

まず最初のビデオは、Don McMillan によるプレゼンテーション。彼はスタンフォード大 Electrical Engineering の修士号をもつ多彩な職歴のエンジニアだが、パワーポイントの特徴を駆使したプレゼンがめちゃおもしろい。

「Life after Death by PowerPoint」と題するビデオで、Don McMillan はパワーポイントの間違った使用法を列挙する。

1)話す内容をなんでもかんでもスライドに書き込むんじゃない

2)誤記、脱字がないように、ちゃんとスペルチェックをしろよ!

3)ブレットポイントを使い過ぎると要点が分からなくなる

4)変な色使いは、見るだけで気分が悪くなる

5)スライドの枚数が多いほど、話の内容が薄くなる

6)一枚のスライドに盛り込む内容が増えるほど、その効用が失われる

7)アニメーションの多用は混乱させるだけ

8)フォントは注意して選ばないと、性格まで見抜かれる

     *      *      *

パワーポイントの正しい使い方の反面教師だ。

パワーポイントを駆使したコメディタッチのプレゼンは秀逸。

こんな特技を持つエンジニアがいるなんてすごい。アメリカのエンジニアは裾野が広い。

     *      *      *

少ないことばでも伝わるか:Doug Zongkers

もうひとつは、なるべく話すことばを少なくして、あとはパワーポイントの技術を駆使することによって、いいプレゼンが出来るかどうかという実験。

その名も「Chicken, chicken, chicken」

Video by Doug Zongkers:”Chicken chicken chicken”[YouTube Video:”Chicken chicken chicken“:2月22日]

メッセージを伝えるとき、ことばで表現される部分はたったの7%だといわれる。それでは、従来のパワーポイントのテクニックと、たった一語に絞ったことばだけで、聴衆との連帯感を築き、かつ、意味のあるプレゼンをすることが可能だろうか。この Doug Zongkers のプレゼンを見て、ご自分で判断していただきたい。

It is said that only about 7% of our messages are expressed verbally. Is it possible, then, to make a connection with an audience and make meaning using traditional death-by-PowerPoint techniques and limiting your vocabulary to one word? Watch this presentation below by Doug Zongkers and find out.

     *      *      *

百聞は一見に如かずとはまさにこのことだ!

Steve Jobs のプレゼンのすばらしい分析をしたCarl Howe もお薦めだ。

プレゼンのテクニックを磨きたいと考えているあなたに必見のビデオだ。

     *      *      *

参考:

・Presentation Zen:”PowerPoint: sometimes you have to laugh to keep from crying” by Garr Reynolds:4月15日
・Blackfriars’ Marketing:”The new rules of presentations” by Carl Howe:4月17日
・Technically Funn:”Corporate Comedy by Corporate Comedian Don McMillan
・YouTube Video:”Chicken chicken chicken“:2月22日

Technorati Tags: , , ,

2006年 11月 2日

心を打つプレゼン

53

歴史的キーノートなど、Jobs のプレゼンテーションについて書いている Garr Reynolds 氏が、また素晴らしいプレゼンテーションを紹介している。

Presentation Zen:”Inspiring visual presentations” by Garr Reynolds:10月18日

      *      *      *

素晴らしい二つのビデオ

二つのビデオによるプレゼンテーションがある。二つとも強力な映像とテキストと音楽を使っている。ナレーションはない。最初は、力強く大きなイメージにテキストを添えるとどうなるかということを示す素晴らしい例だ。テキストはイメージの近くに添えられているのではなく、イメージの中にある。二つ目のプレゼンテーションは、非常にシンプルなことを伝えているが、私の好きな肯定的メッセージが添えられている。

Here are a couple of video presentations of a different sort. Both employ the use of strong visual elements, text, and audio; neither has narration. The first one is a great example of what can happen if you combine powerful, large images with text — text that is *in* the image not just near it. The second video presentation tells a very simple story with a positive message that I just love.

      *      *      *

Miniature Earth

bank

The Miniature Earth Project ::: since 2001

これに似たものを過去に見たことがあるかもしれない。この「小さな地球」(Miniature Earth)のオンラインスライドは、ハイクオリティ、フルスクリーンの映像がテキストと一体化したときどんなに効果的になるかということを示す素晴らしい例だ。ナレーションはついていないが、このスライドと一緒に誰かが話しかけているのを想像することができる。三か国語のプレゼンテーションへのリンクを付けたおいた。テキスト以外はどのスライドも同じだ。

You may have something similar to this in the past. This on-line slide presentation from Miniature Earth is a wonderful example which demonstrates the effectiveness of high-quality, full screen images combined with text. There is no narration with this, but you can imagine a speaker giving a talk with slides of this sort. Below are the links to the presentation (in three languages) and some sample slides. The slides are the same except for the language of the text.

John Lennon の音楽を付けた YouTube 版もあるが、これはまた違った感じがする。

There is a YouTube version with a John Lennon sound track for a different effect.

      *      *      *

無料のハグ(Free Hugs

YouTube Video:”Free Hugs Campaign. Inspiring Story! (music by sick puppies)“:9月22日

もうひとつのプレゼンテーションはとても違ったタイプだ。ビデオと、ほんの少しのテキストと、そして音楽が、見た目に、そして心に、シンプルで、忘れられない、心を打つ物語を語る。私はこのミュージックプレゼンテーションがとても好きだ。まったく加工しておらず、とてもシンプルで、とても効果的だ。ご覧になってください。

The next presentation is of a very different sort. This presentation uses video, a bit of text, and a song to visually and emotionally tell a simple, memorable, and inspirational story. I absolutely love this music video presentation. Very raw. Very simple. Very effective. Enjoy.

      *      *      *

「もし地球が100人のひとが住むムラだったら・・・」で始まるプレゼンテーション。

「Miniature Earth」も「Free Hugs」も、明快なメッセージが込められていることがその素晴らしさの秘密だ。

こんなプレゼンテーションの真似事でもできたらいいなあと思う。

Garr Reynolds 氏のいうとおり、ぜひご覧になってください。

Technorati Tags: ,

2005年 11月 26日

プレゼン名人 Jobs vs. Gates

Steve Jobs と Bill Gates のプレゼンテーションを比較した記事がおもしろい。“Gates, Jobs, & the Zen aesthetic” by Garr Reynolds

片や名人の域に達したプレゼン名人、もう一方はプレゼンツール PowerPoint を生んだ会社の総帥だ。

プレゼンテーションの内容に注意を集中させるため、時には「カラのスライド」(empty slides)を効果的に使うことが重要だという指摘には頷(うなず)かされる。

Jobs と Gates の典型的な例を並べてみるとそれがよく分かる。

jobs_presen_01

大事な話をするとき、Jobs は自分に注意を集中させるために、背景のスライドは消してカラッポにする。

… Steve Jobs, allows the screen to fade completely empty at appropriate, short moments while he tells his story. … A blank screen from time to time also makes images stronger when they do appear.

… The thought of allowing the screen to become completely empty is scaring. Now all eyes are on you.

gates_presen_01

一方 Gates の場合、スライドが賑やかすぎて後ろに注意がいき、話の印象が散漫になってしまう。しかも、スライドの出来が悪いため尚更だ。

Gates here explaining the Live strategy. A lot of images and a lot of text. … Good graphic design guides the viewer and has a clear hierarchy or order so that she knows where to look first, second, and so on.

こんな感じで、具体的な例を挙げながら Jobs と Gates のプレゼンテーションを比較していくので、なかなか説得力がある。

スライドのデザインが重要なことを分からせるため、つぎのような例を挙げる。

jobs_presen_02

いわゆる bullet points の多用は、論点を分かりにくくし、ゴチャゴチャさせるだけだ。

gates_presen_02

禅の美意識の話や、「簡素」、「見え隠れ」、「八分で押さえる」といったことばが出てくるところはご愛嬌だが、アップルにいたことがあり、関西外大に勤務する、ユニークな経歴の持ち主のようだ。

また、「自然体」という観点から、Gates がよくやる胸の前で指を合わせるジェスチャは居心地の悪さを感じさせるのでよくないとか、ポケットに手を突っ込んで話すのはインフォーマルにすぎてアメリカですら通用しないなど、なかなか教えられる点が多い。

One unfortunate habit he [Mr. Gates] has is constantly bringing his finger tips together high across his chest while speaking. Often this leads to his hands being locked together somewhere across his chest. This gesture makes him seem uncomfortable and is a gesture reminiscent of The Simpsons’ Mr. Burns. By contrast, Steve Jobs has a more open style and at least seems comfortable and natural with his gestures.

Fundamental presentation rule: Do not stick your hands in your pockets. Informality is fine, but this is inappropriate even in the USA (and especially in cultures outside the U.S.).

良いプレゼンテーションに関心を持つひとにとって一読に値する記事だ。

参考:

“Gates, Jobs, & the Zen aesthetic” by Garr Reynolds
“Bill Gates and visual complexity” by Garr Reynolds
“The Zen of Jobs: presentation skills” by Scott McNulty (TUAW)

Technorati Tags: ,