maclalalaweblog

2007年 5月 12日

株主総会での Jobs 発言集

Filed under: ひと,アップル — shiro @ 10:45
Tags: , , ,

jobs-2

向かうところ敵無しという感じの Steve Jobs だ。

5月10日の株主総会でアップルの取締役会は再選され、アップルの株価も上がった。

株主総会での Jobs の発言はおもしろい。彼の片言隻語を捉えてこれから多くのことが語られるだろう。

主として Macworld の記事をベースに Jobs の発言を以下に集めた。

Macworld:”Jobs addresses backdating, environment at shareholder meeting” by Jim Dalrymple:5月10日

      *      *      *

ストックオプション

「私の分のストックオプションは、[実際にはアップルの株価が下がって、行使価格の方が]高いものだった。でも、会社に[損した分を]弁償しろとはいわなかった。」

“I actually got my options at a higher price, but I didn’t ask the company to reimburse me,” said Jobs.

Fred Anderson のコメント

「Fred Anderson はいくつかのコメントをしている。彼とは長い間一緒に仕事をして、とてもいいヤツだと思っている。しかし、彼のコメントはいささか間違っていると思う。」

“Fred Anderson did make some comments,” Jobs said. “I’ve worked with Fred for many years and I think he’s an awfully good guy, but I thought his comments were a little wrong.”

グリーンピース

「あなた方の団体[Greenpeace]は原理原則に偏り過ぎ、事実を十分見ていないと思う。あなたたちは、ずっと遠い将来何をするかという計画だけで企業を判断している。実際に何をやっているかを見るべきだ。あなたたちは輝かしき原理原則(glorified principles)に重点を置き過ぎ、科学やエンジニアリングにはあまりに重点を置いていない。あなたの団体がもう少しエンジニアを雇って、実際に企業と話をし、彼らがやっていることを調べるといいと思う。彼らが語る美しいことば(flowery language)を聞くだけでだめだ。ほとんどの会社は現実には何もやっていないのだから。これが私の考えだ。」

“I think your organization particularly depends too much on principle and not enough on fact,” Jobs said to the Greenpeace representatives. “You guys rate people based on what people say their plans are in the distant future, not what they are doing today. I think you put way too much weight on these glorified principles and way too little weight on science and engineering. It would be very helpful if your organization hired a few more engineers and actually entered into dialog with companies to find out what they are really doing and not just listen to all the flowery language when in reality most of them aren’t doing anything. That’s my opinion.”

役員報酬

「私の分[1ドルの報酬]についてはとても簡単だ。出社することで年間50セント貰う。残りの50セントは私の業績に対するものだ。」

“It’s a pretty simple meeting when it comes to me,” Jobs said. “I get 50 cents a year just for showing up, and the other 50 cents is based on my performance.”

Leopard の遅れ

「Leopard は待つだけの価値がある。」

“Leopard will be worth the wait,” Jobs promised.

開発者の人材不足

「偉大な製品の開発が、小切手を切るみたいに簡単なことだったらいいと思う。もしそうなら、マイクロソフトはすばらしい製品をたくさん作ったことだろう。」

“I wish developing great products was as easy as writing a check,” Jobs said. “If so, then Microsoft would have great products.”

iPhone

「我々はビギナーで、学ぶべきことが多い。携帯電話市場は大きく、可能性も大だ。我々のうちの何人かは iPhone をずっと使っている。どうしても iPhone が欲しいということなら、死んだ我々の手からもぎ取るより他ない。」

“We’re beginners and we have a lot to learn,” said Jobs. “The market is large and the opportunities are great. A few of us have been using the iPhone a lot and if you wanted it back, you would have to pry it from our dead hands.”

iPhone ソフトへのサードパーティ参加

アップルはその決定について「取り組んでいる。」

Jobs did acknowledge that the company is still struggling to decide if third-party developers will be able to create software that will run on the iPhone. It’s a decision Apple “is wrestling with,” according to Jobs.

映画のレンタル

「だれにも分からない」とナゾの微笑みを浮かべて CEO はいった。

… the CEO smiled. “One never knows,” he said cryptically.

SEC に責任を問われなかったこと

米証券取引委員会(SEC)による調査では、アップルおよび Jobs は一切責任を問われなかった。

Jobs氏は「SECまでもが関与する陰謀でもないかぎり、私にはなんとも言いようがない」と答えた。[CNET Japan]

“Unless you think there’s a conspiracy involving the SEC too, I don’t know what to say,” Jobs said…

.Mac のサービス

Jobs氏は、.Macが「まだポテンシャルを完全に発揮していないという意見には同意する」と語っている。[CNET Japan]

“We agree with you that we have not achieved our full potential” when it comes to .Mac, he said.

      *      *      *

参考:

・Macworld:”Jobs addresses backdating, environment at shareholder meeting” by Jim Dalrymple:5月10日
・CNET:”Apple’s Jobs brushes aside backdating concerns” by Tom Krazit:5月10日
・CNET Japan:”S・ジョブズ氏、バックデート問題を一蹴アップル株主総会“:5月11日
・Bloomberg.com:”Steve Jobs Says SEC Probe Put Options Scandal to Rest (Update3)” by Connie Guglielmo:5月10日
・Ars Technica:”Apple shareholder meeting talks iTunes video rentals, iPhone” by Jacqui Cheng:5月10日
・AppleInsider:”Jobs: ‘I make fifty cents just for showing up‘” by Aidan Malley:5月10日
・AppleInsider:”Apple’s Jobs addresses critics, new product directions” by Daniel Eran Dilger:5月11日
・MacNN:”Notes from Apple shareholder meeting“:5月10日
・MacNN:”Apple re-elects Board, wrestles with options“:5月10日
・RoughlyDrafted:”Answers from Steve Jobs at Apple’s Shareholder Meeting” by Daniel Eran Dilger:5月10日
・Engadget:”Jobs chided, answers questions at shareholder meeting” by Ryan Block:5月11日
・New York Times:”Out of Chaos, Order. Or So Google Says.” by Miguel Helft:5月11日

Technorati Tags: , ,

2007年 4月 24日

Jobs は起訴をまぬがれる?

sec

アップルのストックオプションスキャンダルについて各紙がいっせいに書き始めた。

最初に報じたのはサンノゼマーキュリー。これまでの書類を精査し、関係者に聞いた結果をまとめて、Jobs が起訴をまぬがれるだろうと書いた。

San Jose Mercury News:”Apple’s Steve Jobs likely to avoid criminal charges in options probe” by Howard Mintz and Troy Wolverton:4月21日

      *      *      *

刑事罰の可能性はほとんどない

サンノゼマーキュリーは、Jobs に対する2001 年の膨大なストックオプション[株式購入権]付与について精査した。連邦当局は、バックデートが虚偽の書類でなされた点を問題としている。精査の結果は、シリコンバレーの偶像が刑事罰を課せられる可能性はほとんどないというものだ。

A Mercury News examination of a massive 2001 stock-options grant to Jobs that was backdated through bogus documentation – the central focus of the federal probe – shows there is scant evidence, if any, to support criminal charges against the Silicon Valley icon.

アップルは、広範囲に及ぶバックデートを Jobs が承認していたことを明らかにしたが、監督機関への報告および本件に精通する弁護士(氏名は明かせない)に聞いた話をベースにすると、自らに対するオプション付与のバックデートをJobs が命じた証拠はなく、事後にそれを隠蔽しようとした証拠もみられない。

Despite Apple’s disclosure that Jobs approved widespread backdating at Apple, there is no evidence he directed the backdating of his own grant or covered it up afterward, based on a review of regulatory filings and interviews with lawyers intimately familiar with the grant who asked not to be identified.

      *      *      *

何が問題だったか

当初から問題の焦点は、2001 年に Jobs が付与された 750 万のストックオプションをバックデートしたのが、偽造された架空の役員会の議事録によるものだったことだ。偽造書類に関わったものはそれ相応の罰を受けることになるだろうが、Jobs は刑事訴追(criminal prosecution)を受けずにすみそうだ。そして多分米証券取引委員会(SEC)の法的措置も・・・

From the start, the focus has been Jobs’ receipt of 7.5 million options in 2001 that were backdated through minutes of a board of directors meeting that never occurred. But while others involved in the falsified minutes may face consequences, Jobs appears insulated against criminal prosecution and perhaps SEC action.

      *      *      *

Jobs は関わっていない

Jobs にとって都合のいい付与日を実際に承認したのは Jobs ではなくて、キラ星のごとく有名人でいっぱいのアップルの役員会だった。アップルを窮境から救い出してくれた Jobs の労苦に報いようと、議論を重ねた挙げ句、役員会に名を連ねるつぎの著名人が決めたのだ。すなわち、Genentech の社長兼 CEO の Arthur Levinson、Oracle の強力なリーダー Larry Ellison、Intuit の前 CEO William Campbell、Gap の前社長兼 CEO の Millard Drexler だ。もちろん Jobs も役員会のメンバーだが、自分に関する決定には参加しなかった。

But it was a star-studded board of directors that actually approved the favorable grant date, not Jobs, to end a tough negotiation to compensate him for his company leadership. Among the board notables who approved the grant were Arthur Levinson, Genentech’s president and CEO; Larry Ellison, Oracle’s powerful leader; William Campbell, Intuit’s former CEO; and Millard Drexler, former president and CEO of The Gap. Jobs is also on the board, but did not vote on his own grant.

ストックオプションに詳しい法律家や弁護士によれば、Jobs 自身のバックデートを決めたのは役員会なので、検察当局が Jobs に対して証券詐欺罪(securities fraud)を立件することは難しいだろうという。通常証券詐欺罪が起訴されるのは、役員会が騙されたことを問題にするものだからだ。

Legal experts and lawyers familiar with the grant say it would be difficult for prosecutors to base a securities fraud case against Jobs on the backdating of his own grant when it was approved by the board, particularly because most securities fraud indictments allege corporate boards were deceived.

      *      *      *

Jobs に報いようとしたことが始まり

それじゃ、2001 年に実際に起きたことは何だったのか。本件に精通し、アップルが提出した書類を調査した弁護士(複数)によれば、アップルを建て直した Jobs に対し、役員会がその努力に報いようとしたことからストックオプションの問題が始まったのだという。

So what actually happened with the 2001 grant? According to lawyers familiar with the matter – and a review of the company’s public filings – the grant began with an effort by the board to reward Jobs for helping resurrect Apple.

      *      *      *

このあとサンノゼマーキュリーは、瀕死のアップルを蘇らせた Jobs の労苦に報いるべく、いろんな措置を役員会がとろうとしたことを事細かに述べる。4400 万ドルの自家用ジェット機 Gulfstream V もそのひとつだ。

しかしその後の株価低迷によって、Jobs のストックオプションの行使価格は市価を割って(under water)しまう。

Jobs をなんとかなだめようとする過程で、2001 年の架空の役員会議事録の問題が発生したのだという。

      *      *      *

それでいいのか

ついてサンノゼマーキュリーは、アップルのストックオプション問題に関する株主訴訟の主任弁護士 Mark Molumphy の発言を引用している。

「これが適切だったと当然のように信ずることができるだろうか」と Molumphy は尋ねる。「問題は・・・偽造した議事録のことを誰が知っていたかということだ。それが6万4千ドルに相当する問題だ。」

“Could you justifiably believe this was an appropriate thing to do?” Molumphy asked. “The question is … who knew about the falsified minutes? That’s the $64,000 question.”

      *      *      *

サンノゼマーキュリーの第二報は、SEC がアップルの元法律顧問に的を絞ったことを報じたものだ。

San Jose Mercury News:”SEC closes in on ex-Apple lawyer” by  Howard Mintz:4月23日

      *      *      *

今週にも・・・

今週 SEC は、アップルのバックデート捜査について、初めて法的措置をとるものと思われる。オプションの不正に関わったとしてアップルの前弁護士に狙いを絞っている。

The Securities and Exchange Commission is expected this week to bring its first legal action in the Apple backdating probe, targeting the company’s former top lawyer for her alleged role in rigging options, according to sources familiar with the matter.

前総合弁護士(General Counsel)の Nancy Heinen は、アップルの有名な Steve Jobs が関係することから異常な関心を呼ぶこととなった捜査のスケープゴートにされたのだ、SEC の告発に対しては徹底的に戦うと、彼女の弁護士は語る。・・・

Former General Counsel Nancy Heinen’s lawyers are vowing to fight any SEC charges, saying she’s the scapegoat in an investigation that has generated unusual attention because it involves Apple and Steve Jobs, its famous CEO…

・・・SEC の法的制裁には、多額の罰金から、企業における役員として一生勤務できなくなることまで含まれている。

… SEC sanctions can range from hefty fines to being barred for life from serving as an officer or director at a public company.

      *      *      *

このあとは各紙がどっと書き始めている。

今週 SEC の制裁措置がとられれば、ニュースの大洪水になるだろう。

      *      *      *

参考:

・San Jose Mercury News:”Apple’s Steve Jobs likely to avoid criminal charges in options probe” by Howard Mintz and Troy Wolverton:4月21日
・Ars Technica:”SEC unlikely to indict Steve Jobs” by Charles Jade:4月22日
・San Jose Mercury News:”SEC closes in on ex-Apple lawyer” by  Howard Mintz:4月23日
・Ars Technica:”Former Apple General Counsel in hot water with the SEC” by Justin Berk:4月23日
・Bloomberg.com:”Ex-Apple Lawyer May Face Options Suit, Attorney Says (Update6)” by Joel Rosenblatt:4月23日
・Barron’s Online:”Apple: Report Jobs In The Clear On Options Probe; But SEC Charges Seen For Former Counsel” by Eric Savitz:4月23日
・JURIST:”Ex-Apple lawyer could face SEC lawsuit for options backdating” by James M Yoch Jr:4月23日
・CNET [Reuters]:”Apple’s ex-CFO reportedly settles options probe“:4月23日
・SFGate [San Francisco Chronicle]:”Ex-Apple execs in SEC crosshairs: Deal likely with former CFO; counsel faces suit” by Jessica Guynn:4月23日
・Forbes:”SEC to File Suit Against Ex-Apple Lawyer” by May Wong:4月23日
・MarketWatch:”Tech stocks drop; Apple CEO Jobs likely won’t face charges” by John Letzing:4月23日
・New York Times:”Ex-Officers of Apple Await Suit” by John Markoff and Eric Dash:4月24日

Technorati Tags: , ,

2007年 4月 7日

ボクの Apple TV に触るな!

Filed under: アップル,テレビ — shiro @ 20:20
Tags: , ,

sgoldenberg

[Stuart Goldenberg]

Apple TV の使い易さについて書かれた楽しい Macworld の記事がある。

Macworld:”Get away from my Apple TV” by Jim Dalrymple:4月5日

      *      *      *

今週 Apple TV が届いた。すぐにテレビにつないでセットした。わが家のホームシアターになっている部屋以外のところでやればよかったのだ。セットが終わるや否や、うちの子供たちが新しい肉を狙うハゲタカのようにやったきた。

I received my Apple TV this week and immediately set out to get the device hooked up to my television. I should have set it up somewhere other than in my home theater room because as soon as it was done, my kids were like vultures with fresh meat.

セットアップは比較的簡単だった。AirPort Extreme のパスワードに小文字を使わなかった私がバカだったけれど。よもやそれが問題になるなんて思いもしなかった。

The setup was relatively easy, except for my stupidity of not using lowercase for my AirPort Extreme password. Little did I know that would be the least of my problems.

セットアップが済んで、私のお宝の Zakk Wylde と Ozzy Osbourne の音楽やビデオ、コンサートに同期が終わると、すぐ再生を始めた。いつものように大きな音で聴いたのだ。それはハゲタカどもにお前たちの出番だぞと教えたようなものだった。

As soon as it was setup and synced with all my treasured Zakk Wylde and Ozzy Osbourne music, videos and concerts, I started playing. And typical for me, I played it loud—all that did was alert the vultures that their time had come.

「パパ、何やってるの?」と11才の息子。

“Hey Dad, what are you doing?” my 11-year-old son asked.

「Apple TV をセットアップしたんだ」と私。

“I just setup the Apple TV,” I said.

「クールだね。それで何ができるの?」

“Cool. What can you do with it?” he asked.

その時点で私は「たいしたことはできない。宿題でもやってなさい」というべきだった。そうはしなかった。Apple TV を使えば、コンピュータからホームシアターに音楽をストリーミングできると Michael に説明してやったのだ。それだけではない。下の階のホームサーバーに保存してあるコンサートのビデオも全部見れるといっちゃったのだ。

At this point I should have said, “Nothing much—go do your homework.— But I didn’t. I explained to Michael that the Apple TV could stream music from my computer to the home theater. What’s more, it can also play all of the concert videos I have stored downstairs on my server.

またひとつ、大きなミスを犯してしまったというわけだ。

That was another terrible mistake on my part.

「それにはどうしたらいいの?」と息子。

“How do you do that?” he asked.

そこで、よき父親の私は、iTunes ライブラリーを切り替える方法を教えてやった。自分のライブラリーのものも Apple TV につなげるだろうかと聞かれて、もちろんだよと、すぐそうしてやった。なんと間抜けなことに、娘にも、妻にも同じことをしてやったのだ。

So, being a good father, I showed him how to switch between iTunes libraries. When he asked if his library could connect to the Apple TV, I said, of course and promptly did it. Because I am obviously not to bright, I did the same for his sister and my wife.

・・・その結果、私は新しいオモチャのコントロールを失ってしまった。

And with that, I lost control of my new toy.

昨夜テレビを見ている最中に電話をしなければならなくなった。戻ってきてみると、誰かのアルバムカバーが画面を漂っていて(Apple TV のスクリーンセーバー)、スピーカーからは Zakk Wylde が大音響をたてている。

I was watching television last night and had to make a quick call—when I got back, someone else’s album covers floating on the screen (the Apple TV screensaver) and Zakk Wylde was blasting from the speakers.

「Mike、パパはテレビを見ていたんだぞ!」

“Mike, I was watching TV,” I said.

「パパ、コイツすげえクールだよ。見てごらん」と私のいったことを無視して息子。そのままオプションをいくつか変え、iTunes のライブラリーをやすやすと切り替える。

“This is really cool, Dad. Check this out,” he replied, ignoring what I just said. He went on to change some options and switch iTunes libraries with ease.

今朝起きたときも同じだった。Michael は朝食中で、Apple TV をつけている。で、私は犬の散歩に追いやられた。

I got up this morning to the same thing. Michael was eating his breakfast, the Apple TV was on and I was relegated to letting the dog out.

今日は子供たちが学校に行く日だ。ハゲタカどもが帰ってくるまでの数時間、やっと Apple TV を楽しめる。

The kids have to go to school today, so I’ll get a few hours with the Apple TV before the vultures come home.

      *      *      *

ことほど左様に Apple TV は簡単だということか。アップルの「使い易さ」の勝利だ。

Technorati Tags: ,

2007年 3月 28日

Leopard のヒミツは 3D

Filed under: アップル,OS — shiro @ 21:06
Tags: , , ,

core_anim

[Core Animation]

Leopard の秘密に絡む記事を二つ・・・

Ars Technica が「Leopard はいつの間にか三次元になっている」という興味深い記事を書いている。

Ars Technica:”Leopard is secretly three-dimensional” by Iljitsch van Beijnum:3月26日

      *      *      *

3D ユーザーインターフェイス

我々は iPhone で、ズームインしたりズームアウトしたり、またアイコンやウインドウ、スクリーンの向きをシームレスに変えることができるのを見てきた。本物のコンピュータならどうなるか考えてみて欲しい。カバーフローや多人数 iChat ビデオは、光源や反射映像などを使うと三次元(3D)に進化したユーザーインターフェイス(UI)がどんなものになるか垣間見させてくれるのだ。

We’ve already seen the iPhone seamlessly zoom in, zoom out, and flip icons, windows, and screens. Think about what a real computer could do here. Cover flow and multi-party iChat video show a glimpse of what a 3D accelerated user interface could look like, with light sources, reflections, and more.

OS はアプリケーションの助けを借りずにそれ自体で、簡単にウインドウを前面に持って来たり、背後に隠したりできる。Exposé の場合と一緒だ。しかし、あきれたことにアプリケーションではそうはいかない。新しい三次元ユーザーインターフェイス(3D UI)をサポートして、Leopard の三次元空間内におけるそれぞれ異なったウインドウ、インスペクタ、リクエスタの動きを処理しなければならない。Core Animation がこれらの動きを処理し、解像度から独立している(resolution independence)ことによって、ズームレベルが変わってもテキストと UI の各要素がキチンと並んできれいに見えるようにする。あと欠けているのは、オブジェクトを仮想三次元空間内で簡単に操作する方法だけだ。それともオブジェクトをつまめばそれで済むのだろうか。

Obviously the OS can simply move windows to the front and to the the back without support from the application itself, much like how Exposé  works, but to really flabbergast us, applications would have to support the new 3D user interface and have different windows, inspectors, and requesters move around through Leopard’s three dimensional space. Core Animation takes care of the movement, and resolution independence makes sure text and UI elements align and look good at different zoom levels. The only thing missing is an easy way to manipulate virtual objects in three dimensions. Or do we just pinch them?

      *      *      *

お馴染みの Carl Howe が、さらにその考えを推し進めて、Leopard の隠された秘密を探っている。

Blackfriars’ Marketing:”Another vote on Leopard’s secret ingredients: it’s all 3D, all the time” by Carl Howe:3月27日

      *      *      *

3D グラッフィックス

timemachine

[Time Machine]

Ars Technica の記事は、アップルの次期 Mac OS X 10.5、すなわち Leopard のトップシークレットのひとつを解き明かしてくれたと思う。完璧な 3D グラッフィックスとアニメーションだ。これまで見聞きしてきた Time Machine や iChat といった Leopard の機能、それに FrontRow のような既存のアプリケーションを考え併せると、この話はぴったり辻褄が合うと思う。3D が OpenGL で実行されるのであれば尚更だ。3D の世界では、アプリケーションはそれぞれ独自のキャンバス(canvas)を使うが、キャンバスそのものを更新したり、縦横いろんな方向に変えるのは OS 側の責任となる。すべてのアプリケーションがひとつの 3D イメージングモデル(visual 3D imaging model)を使い、それを OS が管理し整理する。素晴らしいじゃないか。

Ars Technica’s Infinite Loop blog has, in my opinion, unraveled one of the top secret ingredients in Apple’s upcoming Mac OS X 10.5 release, aka Leopard: complete 3D graphics and animations. Given what we know and have seen of Leopard features such as Time Machine and the new iChat and in existing apps like FrontRow, this would make perfect sense, especially if it were implemented in OpenGL. Applications get their own canvases in a 3D world, and the OS is responsible for keeping those canvases updated and visible in various orientations. One visual 3D imaging model for all apps that the OS manages and keeps sorted. Sweet.

      *      *      *

リナックスでは当たり前

もっともこれは、リナックスのギークにとっては、大したことではないかもしれない。リナックスには Beryl(リンクのビデオ参照)や XGL/Compiz といった統合インターフェイス(compositing interface)がたくさんあるので、それに似ていると思うかもしれない。しかしリナックスではこの世のありとあらゆるグラフィックスカードをサポートする必要があるのに対して、アップルではそんなことはない。それはこの際とてもいいことなのだ。アップルはインターフェイスをスムーズで、一貫性のある、きめ細かいものにしようと気を配る。このため、どんなユーザーでも使えるものになり、グラフィックスドライバが動くように四苦八苦する必要はない。

Now to any Linux geek worth his salt, this sounds like no big deal: it’s like and Beryl (movie at the link), XGL/Compiz and a bunch of other compositing interfaces available today on Linux. But unlike Linux, Apple has no requirement to support every flavor of graphics card in the world, and that’s a good thing in this case. Apple’s attention to interface smoothness, consistency and detail will create a user experience anyone can use, and won’t require users to gather eye of newt and sacrifice a goat to get the graphics drivers to work.

      *      *      *

3D ファインダは強力な武器

アップルのユーザーにしてみれば、Leopard の新しいファインダが登場するだろうということなのだ。以前私は Leopard がマルチタッチ・ジェスチャ(Multi-touch gestures)と新しいセンサーをサポートし、そのことによってユーザーインターフェイスは次のレベルに達するだろうと書いたことがある。競争相手のマイクロソフトにとっては、この 3D ファインダが最大の威嚇射撃になると思われる。何故か。マイクロソフト Windows XP と Vista の主たる違いは Aero 3D インターフェイスだ。Vista のその他の機能は一般ユーザーにはなかなか見えにくい。しかも Vista では、これらの機能はハイエンドの PC でしか使えない。これに対してアップルは、アップル製のすべてのデバイスでこの 3D 機能が使えるようにしようとしているのではないだろうか。Leopard だけでなく、iPod でも iPhone でも、それに Apple TV でも、すべてで 3D 機能が使えるということなのだ。これらの機能のいくつかはハードウェア自体に組み込まれるだろうから、iPhone の場合と同じで、特許を設定し、保護するのがとても容易になる。

What this means for Apple users is that we can expect a new Finder in Leopard. I’ve written before that I believe that Leopard will also support Multi-touch gestures and new sensors to take the user interface the next step for users. From a competitive point of view, this 3D Finder will probably be the biggest shot across the bow for rival Microsoft. Why? Because the Aero 3D interface is the major differentiator today for Vista over Windows XP; most of the other features of Vista are significantly less visible to average users. But on Vista, these features are usable only on the highest end PCs, while I believe that Apple intends its 3D features to become a part of every device it builds. That means we’ll see 3D features on iPods, iPhones, Apple TV boxes, and of course in Leopard. And since some of these features will be built into hardware devices, it will be straightforward for Apple to patent and protect these features as it has with the iPhone

      *      *      *

シェフの腕次第

結論をいうと、3D ファインダが Leopard の秘密のひとつだという考え方に私は賛成だ。これはバニラアイスクリームもクレームブルレも両方ともバニラが材料だというのに似ている。香り付けとして使われているだけかもしれないし、すごいデザートを作るベースとして使われているかもしれない。それはまさにシェフの腕次第なのだ。

creme_brulee

[Crème Brulée]

The bottom line: I second the notion that a 3D finder is one of the secret ingredients of Leopard. That’s a little bit like saying vanilla is the secret ingredient in both a vanilla ice cream and a great creme brulee. It can be just a flavor or it can be the base of a transporting dessert. It just depends on how the chef uses it.

      *      *      *

参考:

・Blackfriars’ Marketing:”Another vote on Leopard’s secret ingredients: it’s all 3D, all the time” by Carl Howe:3月27日
・Ars Technica:”Leopard is secretly three-dimensional” by Iljitsch van Beijnum:3月26日

Technorati Tags: , , ,

(more…)

2007年 3月 17日

アップル秘密主義の原点

アップルの秘密主義について、そうかもしれないと思わせるような記事がある。

Wired News:”Steve Jobs, Spymaster” by Leander Kahney:3月6日

      *      *      *

70万ドルの判決



[Asteroid mockup]

昨年1月、二つのウェブサイトに対する70万ドルの法廷費用支払いを判事がアップルに対して命じた。そのサイトは、未発表の「アステロイド」(Asteroid)というコードネームの製品についての記事を載せたのだ。アップルはこれらのサイトを訴え、情報を漏らしたアップル社員の名前を明らかにするように求めていたが、敗訴したものだ。

A judge ordered Apple last January to pay the $700,000 legal fees of two websites that reported on an unreleased product code-named “Asteroid.” Apple had sued the sites seeking the identities of leakers within its ranks, but lost the case.

      *      *      *

カナリアの罠

最近、アップルの元スタッフと話す機会があった。彼は何年にもわたってアップルで高い地位にあり、しばしば Steve Jobs とも仕事上密接な関係にあった。

I was talking recently with an ex-Apple staffer who worked high up at the company for many years, often closely with CEO Steve Jobs.

匿名を希望したこのプログラマーは、アステロイドという製品が、Jobs の想像力から生まれた虚構の製品だと信じていた。情報漏洩元を見つけるための、いわゆる「カナリアの罠」(canary trap)だ。

The programmer, who asked not to be named, was convinced the Asteroid product was invented, a figment of Jobs’ imagination dreamed up to find the source of leaks — the old “canary trap.”

これはスパイ活動で使われるもので、情報の漏洩元を探し出すためのトリックだ。組織内のそれぞれの人間に、少しずつ異なった情報を与え、誰が漏らすかを調べるのだ。この名称は Tom Clancy の小説からきている。英国のスパイはこのやり方を「バリウム食」と呼ぶ。消化器を調べるX線検査で呑ませるやつだ。

It’s an espionage trick used to find the source of a leak: Feed each person in the organization a slightly different piece of information, and see who sings. The name comes from the novels of Tom Clancy; British spies called the tactic a “barium meal,” after a drink given before stomach X-rays to illuminate the digestive system.

「如何に心がねじ曲がっているかということだ」とこのプログラマーはいう。「実際の製品ではやらない。実際の製品では項目が多すぎて、しかも情報が出ていってもおかしくないケースが無数にあるからだ。しかし架空の製品なら、どの情報がどこへ行ったか Steve に分かるわけだ。偽物だという証拠は、その製品が発表されないことだ。今日に至るも・・・」

“That’s how devious they are,” the programmer said. “They wouldn’t do it with a real product. There’s too many details and too many legitimate ways information could leak out. But with a phony product, Steve knows what information went where. The proof is that the product hasn’t come out — and still hasn’t.”

      *      *      *

なぜ噂サイトまで

最初話を聞いたときは、もっともらしく思えた。Jobs なら確かにやりかねない。しかしもう少し考えてみた。

At first I thought this was plausible — Jobs certainly seems capable of it — but think about it for a second.

もし Jobs がカナリアの罠を仕掛けたとしても、どうして流した偽情報の出口のサイトまで訴える必要があったのか。もし罠だとしたら、彼が仕掛けた情報が公になるだけで十分ではないか。出版したサイトまで訴える必要はない。(彼がカナリアの罠を隠蔽しようとしているのなら別だが、しかしそこまでとなるとスパイ小説以上にひねくれている。)

If Jobs was setting a canary trap, why would he need to sue the outlets of his misinformation? If it were a trap, the publication of any information he’d planted would be all he needed. Going on to sue the publications is an unnecessary step. (Unless he were trying to cover up the canary trap — but this is too devious even for a spy novel).

      *      *      *

産業スパイをあぶり出す

カナリアの罠は産業スパイをあぶり出すために広く使われている。ある私立探偵が話してくれたことがあるが、80年代半ば、シリコンバレーのある会社が、競争相手に重要な顧客を奪われるという事態が生じた。この私立探偵は、複数の顧客名簿をでっち上げた。偽の電話番号を仕組んでおいたのだ。それぞれ異なったひとにそれぞれ異なった名簿を手渡した。あとは仕掛けたどの偽電話が鳴るか、それを待つだけでよかった。

Canary traps are widely used to uncover industrial espionage. A private investigator once told me about a Silicon Valley company in the mid-’80s that had a problem losing key customers to the competition. The investigator had several lists of customers made up, each sprinkled with bogus phone numbers. Different lists were given to different people. The investigator just waited to see which of the phony phone lines he’d set up began ringing.

Jobs がこの手のスパイゲームをもてあそぶということが、最近みんなの知るところとなった。iPhone の秘密が如何に守られたかという最近の話で、守秘義務契約(nondisclosure agreement)、誤った情報、偽物のプロトタイプなどを使うやり方が表面化した。これらの話はブログや Slashdot、Digg などで広く語られている。

Recently, it seems to have become common knowledge that Jobs plays these kind of espionage games. Recent stories about how the iPhone was kept secret mentioned tactics like nondisclosure agreements, misinformation and phony prototypes. These stories were much discussed on blogs, Slashdot and Digg.

      *      *      *

Jobs の手法

確かに Jobs は非常に秘密主義的だ。しかし、スパイゲームのようなひねくれたやり方は決してしない。

It’s true that Jobs is very secretive — but he certainly doesn’t play devious spy games.

彼が秘密を守るやり方はこうだ。シリコンバレーのみんなと同じように、アップルは守秘義務契約とコードネームを使う。そうせねばならない場合を除いて、競争相手に今やっていることを教えてもなんにもならない。

Here’s how Jobs keeps secrets. Like every company in the Valley, Apple uses nondisclosure agreements and code names. There’s no point telegraphing to the competition what you’re up to if you don’t have to.

Jobs はまた、情報は必要な範囲で(need-to-know basis)与えることにしている。それぞれ異なった製品グループは、自分たちの担当部分を完成するのに必要なことだけを教えられる。これは、スパイ組織などでみられる典型的な「細胞」(cell structure)だ。全体像を知るのはトップの幹部チームだけだ。

Jobs also keeps information on a need-to-know basis. Different product groups are told only what they must know to finish their parts of the product. It’s a classic cell structure, like a spy organization. The executive team members are the only ones who know the big picture.

      *      *      *

コード名を使う

iPod の名前ついて考えてみよう。アップル内部で製品発表前に当該 iPod の名前を知っているのは、グラフィック部門だけだ。製品の包装や、広告を準備する必要があるからだ。それ以外のみんなは「Dulcimer」[楽器の一種]といったコードネームを使う。

Take the iPod name. The only department in Apple that knew the name of the iPod ahead of its unveiling was the graphics department, because it designed the product packaging and advertising materials. Everyone else referred to its code name, “Dulcimer.”

      *      *      *

形を隠す

また、最終製品の形が分からないように、大きなポリカーボネートの箱に隠されたプロトタイプのハードウェアがあるという噂もある。アップルの元重役のひとりによれば、ハードウェアは Radio Shack のプロジェクトボックスみたいな大きな箱に入れて、デバッグし易くしてあるという。最終製品がどんな形になるか誰にも分からないが、それで困るわけではない。外部のパートナーにテストや開発を委ねるときは特にそうだ。ただし、そのことが主たる目的ではない。

And then there are the rumors of hardware prototypes disguised in big polycarbonate boxes to hide their final shape. One ex-Apple executive told me that the hardware is put in big boxes to make it easy to debug, just like a Radio Shack project box. It doesn’t hurt that no one can see what the final product will look like — especially when prototypes are shipped to outside partners for testing or development — but that’s not their primary purpose.

      *      *      *

偽名を使った Ron Johnson

アップルが採っている秘密保持策のいくつかはいささか極端だ。アップルストアをやらせるため、Target から Ron Johnson を引き抜いたときは、数か月の間 Jobs は彼に偽名を使わせた。マックのメーカーが小売店鋪を検討しているなどと嗅ぎ付けられないためだ。Johnson はアップルの電話番号簿には別名で記載され、ホテルにチェックインするときもその名前を使った。

Some of Apple’s secrecy measures get a little extreme. When Jobs hired Ron Johnson from Target to head up Apple’s retail effort, he asked him to use an alias for several months lest anyone get wind the Mac maker was working on retail stores. Johnson was listed on Apple’s phone directory under a false name, which he used to check in to hotels.

      *      *      *

家族にも話さない Phil Schiller

アップルのマーケティングのトップ Phil Schiller の場合、今やっている仕事については妻にも、子供にも話すことを許されない。ティーンエイジャーの息子は熱烈な iPod ファンだ。パパがなにをやっているのか必死になって知ろうとする。しかしパパは息子に知られてはならない。さもないと首になるかもしれないからだ。

Apple’s head of marketing, Phil Schiller, said he’s not allowed to tell his wife or kids what he’s working on. His teenage son, an avid iPod fan, was desperate to know what his dad was cooking up at work, but daddy had to keep his trap shut because he might get canned.

      *      *      *

Jobs だって

Jobs ですら自分の決めた制限を守らなければならない。彼は iPod hi-fi boombox をテストのため自宅に持ち帰ったが、黒い布をかけて隠したままだった。周囲に誰もいないことを確かめてそれから初めて聴いたのだった。

Even Jobs himself is subject to his own strictures: He took an iPod hi-fi boombox home for testing, but kept it covered with a black cloth. And he listened to it only when no one else was around.

      *      *      *

秘密主義の原点

なぜアップルはそれ程までに秘密主義なのか。何事もコントロールしたいという Jobs の奇癖のためだと多くのひとが考える。そうではない。それは優れたビジネスであり、優れたマーケティングに過ぎないのだ。

Why is Apple so secretive? Many think it’s a quirk of Jobs’ control freakery, but it’s simply good business and good marketing.

      *      *      *

イベントマーケティング

Jobs がステージに登場して新製品を発表するたびに、何百万ドルにも相当する宣伝費をタダで獲得している。それは「イベントマーケティング」(event marketing)と呼ばれる手法なのだ。Jobs はそれを、彼のマーケティングの教師 John Sculley から学んだ。1983 年に Jobs はその Sculley をアップルの CEO にリクルートしてきたのだ。

Jobs makes millions of dollars in free advertising every time he steps onto a stage to reveal a new product. It’s called “event marketing,” and he learned it from his marketing mentor, John Sculley, who Jobs recruited to be Apple’s CEO in 1983.

Sculley は製品発表をイベントに、ひとつの舞台劇に仕立てた。するとプレスはよろこんでテレビクルーを送り込み、取材する。1984 年に初代マックを発表して以来、Jobs は同じ戦術を使っているのだ。

Sculley made product announcements an event, a piece of theater, and the press happily rolled the TV crews to cover it. And since the unveiling of the original Mac in 1984, Jobs has used the same strategy.

製品についてみんなが事前に知っていたら、それはニュースにならない。だから Jobs は、彼の何百万ドルにも相当する秘密を守るのだ。

If everyone knows what the product is ahead of time, it’s not news. And that’s why Jobs keeps his million-dollar secrets.

      *      *      *

アップルの秘密主義に触れた記事では、これまでで一番説得力があるように思える。

スパイや左翼組織における「細胞」が、アメリカのトップの会社で生きているというのはなかなか興味深い。

アップルの秘密主義の原点が、Jobs を追い出すことになる John Sculley から学んだ「イベントマーケティング」だといわれると、これはもう因縁話のような気すらしてくる。

Technorati Tags: , , , , , , ,

2007年 3月 12日

アップルストアの秘密

Filed under: ひと,アップル — shiro @ 07:01
Tags: , , , ,

applestore1

アップルストアの秘密について Fortune がすばらしい記事を書いた。その記事についてこれまたすばらしい記事を Carl Howe が書いている。

Blackfriars’ MarketingThe secret to Apple stores: they sell benefits, not products” by Carl Howe:3月8日

     *      *      *

Fortune の記事

Fortune がすばらしい記事を載せている。「アップルがアメリカの小売りチェーン店でベストである理由。」このサイトでも触れたことのある数字を引用している。床面積1平方フィート当たりのアップルの売り上げが 4000 ドルだというのだ。これに比べると Tiffany & Co. 2600 ドル、Best Buy は僅か 930 ドルだ。しかし、私にとって Fortune の記事で一番印象に残ったのは、2000 年当時に Jobs が経験したつぎの話だった。

Fortune magazine has a great article on Why Apple is the best retailer in America. They cite a figure I’ve referenced before: the fact that Apple pulls in about $4,000 per square foot in its stores, compared with $2,600 for Tiffany & Co. and a measly $930 for Best Buy. But I thought the most telling part of the story was about an experience Jobs had when they were designing them back in 2000:

     *      *      *

Ron Johnson

ron_johnson1

[Ron Johnson]

MickeyMickey DrexlerJobs Gap からスカウト]のアドバイスで一番よかったことは、デザインするだけでなく、実際に倉庫を借りて、模擬店舗を作り、それを20ぐらい作って、うまく行くかどうか試してみたらということだった」と Jobs は語る。言い換えれば、製品の場合と同じようにデザインしろということだ。アップルストアのバージョン 0.0 は、アップルキャンパスの近くの倉庫の中で生まれた。「RonRon JohnsonJobs Target から引き抜いた]と二人でストアのデザインをすべてやった。」そのとき、彼らにあることがひらめいたのだ。コンピュータは単なる仕事のツールから、ビデオや写真、音楽、情報などなどを扱う「ハブ」(hub)に変化してきている。だから売り上げも、マシンそのものより、マシンで出来ることからの方が大きくなっている。然るに彼らがデザインした店は、商品カテゴリー別のレイアウトになっていて、会社の内部組織の区別と同じだった。実際に買おうとする顧客が望む形ではない。「なんだ、これじゃ失敗じゃないか!」と Jobs はいった。[Fortune

“One of the best pieces of advice Mickey ever gave us was to go rent a warehouse and build a prototype of a store, and not, you know, just design it, go build 20 of them, then discover it didn’t work,” says Jobs. In other words, design it as you would a product. Apple Store Version 0.0 took shape in a warehouse near the Apple campus. “Ron and I had a store all designed,” says Jobs, when they were stopped by an insight: The computer was evolving from a simple productivity tool to a “hub” for video, photography, music, information, and so forth. The sale, then, was less about the machine than what you could do with it. But looking at their store, they winced. The hardware was laid out by product category – in other words, by how the company was organized internally, not by how a customer might actually want to buy things. “We were like, ‘Oh, God, we’re screwed!'” says Jobs.

     *      *      *

アップルストア第1号

しかし、彼らは失敗したわけではなかった。その店はモックアップだったから。「そこで我々はデザインし直した。ハッキリ覚えていないが、6か月ないし9か月ぐらい掛かっただろうか。しかしそれはどう考えても正しい決断だった。」最初のアップルストアがバージニア州 Tysons Corner でやっと開店に漕ぎ着けたとき、商品を展示したスペースはほんの一部で、あとは興味の対象別に並んでいた。右側には写真、ビデオ、子供向け、左側には問題対応、そして第三のものとして奥の方に Genius Bar だ。これは Johnson のアイデアによるものだ。[Fortune

But they weren’t screwed; they were in a mockup. “So we redesigned it,” he says. “And it cost us, I don’t know, six, nine months. But it was the right decision by a million miles.” When the first store finally opened, in Tysons Corner, Va., only a quarter of it was about product. The rest was arranged around interests: along the right wall, photos, videos, kids; on the left, problems. A third area – the Genius Bar in the back – was Johnson’s brainstorm.

     *      *      *

Genius Bar の誕生

genius_bar1

Ron Johnson は回想する。「アップルストアを立ち上げたとき、いろんな職業の経験をもったひとたちがやってきました。みんなの緊張をほぐすため、『これまでであなたたちが一番素晴らしいと思ったサービスは何だろうか』と尋ねました。答えは予期しないものでした。18人中16人がホテルでのサービスだと答えました。ホテルのコンシエルジュデスクは何かを売っているわけではありません。お客の世話をするためにあるのです。『それじゃ、たとえばフォーシーズンズホテルの親しみやすい雰囲気を備えた店は、どうやったら作れるだろうか?』その答えが、『じゃあ、私たちの店にもバーを作ろう。ただし、アルコールではなく、アドバイスを提供しよう』ということでした。」[Fortune

“When we launched retail, I got this group together, people from a variety of walks of life,” says Johnson. “As an icebreaker, we said, ‘Tell us about the best service experience you’ve ever had.'” Of the 18 people, 16 said it was in a hotel. This was unexpected. But of course: The concierge desk at a hotel isn’t selling anything; it’s there to help. “We said, ‘Well, how do we create a store that has the friendliness of a Four Seasons Hotel?'” The answer: “Let’s put a bar in our stores. But instead of dispensing alcohol, we dispense advice.”

     *      *      *

成功の秘密

2000 年という年は、デルが PC の王様だった。PC を売る秘訣は低価格だ。だから Johnson の考えは完全な異端だった。しかし、それこそがアップルストアの成功の秘密だった。アップルの製品を売るのではなく、アップルから得られるメリットと体験を売れ、と。

In 2000 when Dell was king of PCs and low prices were the mantra of PC retailing, this insight was complete heresy. But it also held the key to Apple’s retail success: sell Apple benefits and experiences, not Apple products.

     *      *      *

Staples の場合

このことに気付いた小売業者は他にもいる。Davis Freeberg SeekingAlpha.com で文房具店 Staples のテレビマーケッティングのやり方を褒めている。何故か。それは競争相手の Office Depot と違って、30秒の CM スポットを買う代わりに、自分たちの商品を「The Office」のようなテレビ番組に登場させて一体化する方にカネをかけ始めたからだ。テレビ番組と一体化する方が、視聴者お気に入り番組をコマーシャルで中断するより彼らの利益に叶うと判断したからだ。要すれば、コマーシャルのあとに笑顔が残るか、それともしかめっ面が残るかということだ。

There are some other retailers that have figured this out. Davis Freeberg writes over at SeekingAlpha.com that he’s particularly pleased with Staples’ approach to marketing on TV. Why? Because unlike competitor Office Depot, Staples is now spending more of its marketing money on product placement in TV shows like The Office instead of buying 30-second commercial spots. Staples realized that integrating their products with a TV show produced more customer benefit than interrupting their favorite TV show with a commercial. In short, it left them smiling rather than frowning at the marketing experience.

     *      *      *

メリットを売るか、製品を売るか

ここですべての事業者やマーケッティング会社に二つの質問をしたい。

So here are two questions for all business owners and marketers out there:

・あなた方が売っているものは製品(product)か、それともそのメリット(benefit)か?

Are you selling benefits or products?

・あなた方は顧客に満足できる経験を与えているだろうか。おカネさえあればよろこんであなた方の製品を買いたいと思わせるようないい経験を。それとも、あなた方の製品はもう買いたくないと思わせるような経験だろうか。

Are you delivering an experience that makes customers happy to spend as much money as they can afford with you, or one that leaves them wanting to spend the least they can?

この質問には慎重に答えて欲しい。この質問への答が、アメリカのベストの小売店チェーンになるか、それともワーストになるのかの分かれ目だから。

Answer the questions carefully; the answers to these questions are the difference between the best and the worst of US retailers.

     *      *      *

単にアップル製品を売るのではなく、そのメリットと体験を売ること、それが成功の秘密というわけだ。

「アップルが望むのは製品を売ることだけでなく、それから始まる美しく(かつ利益にもなる)友情関係なのだ」ということばも、そういう考えを背景にして初めて出てくる。[Fortune の記事

Apple wants the purchase to be the beginning, not the conclusion, of a beautiful – and, it hopes, profitable – friendship.

アップルのマーケティング戦略にとって、不可分の一体となっているのがアップルストアなのだ。

元になっている Fortune の記事もすばらしいので、ぜひこちらもご一読ください。

     *      *      *

参考:

Blackfriars’ MarketingThe secret to Apple stores: they sell benefits, not products” by Carl Howe:3月8日
SeekingAlphaThe Key to Apple’s Retail Success” by Carl Howe:3月9日
CNN [Fortune]Why Apple is the best retailer in America” by Jerry Useem:3月8日
Ars TechnicaFortune basks in Apple’s retail glow” by Grover Saunders:3月9日

Technorati Tags: , , , ,

2007年 2月 23日

iPhone の真の敵はだれか

Filed under: アップル — shiro @ 18:47
Tags: , ,

iPhone の真の競争相手はスマートフォンなんかじゃない。もっと先があるのだという。

Streamingmedia.com:”Emerging Media: The Big Apple” by Damien Stolarz:2月20日

      *      *      *

メディア配信の未来

まだマックワールドのキーノートスピーチを全部とおして見ておられないようだったら、是非ご覧いただきたい。Steve Jobs が iPhone を紹介した例のキーノートのことだ。たとえあなたがアップルのファンでも Jobs のファンでなくても、Jobs が語っていることは、未来の携帯メディアの配信にとってあなたがお考えになる以上の大きな意味を持つのだ。

If you haven’t watched the full keynote speech from Macworld—you know, the one where Steve Jobs introduced to the iPhone—you owe it to yourself to do so. Even if you’re not an Apple or Jobs fan, what he discussed has broader implications for the future of mobile media delivery than you’d think.

      *      *      *

よく練られたアップルの計画

アップルの携帯電話市場への参入計画はとてもよく練られている。2年間にわたって開発されたアップル製品への取り組みは、まさにアップルの教本どおりだ。ソフトウェアを制せよ、ハードウェアも制せよ、さらにネットワークに付加価値を加えよ、という訳だ。例えば、Cingular との協同の成果である「目で見るボイスメール」(visual voicemail)は、ボイスメールにランダムにアクセスすることを可能にする。これは20世紀の原始的な、7つから9つのキーを押さなければならないやり方に別れを告げるものだ。

Apple’s entrance into the mobile phone market was very well planned. Two years in development, the product approach is right out of the Apple playbook: control the software, control the hardware, and even add value to the network (their “visual voicemail” collaboration with Cingular allows random access to voicemails, abandoning a primitive 20th-century ritual involving the 7 and 9 keys).

      *      *      *

完全タッチスクリーン

iPhone は完全なタッチスクリーン方式だ。ホームボタンがたったひとつあるだけ。みんながアップル製品に期待するスタイルやデザインを体現している。「マルチタッチ」インターフェイスを備え、指でつまんで(squeeze)画像を大きくしたり、小さくしたりできる。この機能を気が利いていると受け取るひともいれば、革新的と捉えるひともいるだろう。どちらであるかは、一般大衆がこの電話機に触ってみたときに分かるだろう。

The phone is entirely touch screen-based, has only a single button to go “home,” and embodies the style and minimalist design you’d expect from Apple. It has a “multi-touch” interface, where you can use both fingers to “squeeze” pictures to grow or shrink them, a feature that will either be considered cute or revolutionary; the jury is still out until the general public can get their hands on the phones.

      *      *      *

アップル公認のパイプ iTV

またアップルは、マックワールドで iTV のお披露目をし、2月に発表した[ママ]。みんなが予想したとおりだ。洗練され、使い方がシンプルで、メディアを HDTV に流し込むアップル公認のパイプだ。HDMI 端子と各部品を備えていて、過去5年間に登場したいろんな(メディアをテレビにつなぐ)製品に似ている。iTunes につなぐことが出来るという点は別だが・・・

Apple also premiered its iTV at Macworld and released it in February. It’s much as predicted—it’s svelte, it’s simple to use, and it’s the Apple-sanctioned conduit for getting your media to the HDTV. It has component and HDMI connectors, and it’s much like the various media-bridge-to-the-TV products that have been coming out for the last five years. Except, this time, it works with iTunes.

      *      *      *

サプライズ?

マックワールドでは、いろんな意味でこれといってサプライズはなかった。アップルは名前からコンピュータという文字を削った。(今や Apple, Inc. という名前だ。)デジタルリビングルームの手のうちも見せた。それに電話マーケットにも初めて手を出した。いくつかサプライズがあったことも確かだ。OS X が iPhone で動く。(iPod で OS X が動くようになるにはあと何世代かかかるだろうけれど。)QWERTY キーボードを廃して 100% タッチスクリーン化したのは大胆だった。(こいつに文字を入力するのが簡単かどうかはもう少し待たなきゃ分からない。)

In a lot of ways, nothing unexpected was released at the show. Apple dropped Computer from their name (they’re now just Apple, Inc.), they showed their hand on the digital living room, and they made their first foray into the phone market. OK, there were a few surprises—iPhone runs OS X (I didn’t expect iPods to run OS X until a few versions from now), and going 100% touch screen without even a QWERTY keyboard is pretty bold (we’ll all have to see how easy it is to punch in letters on that thing).

      *      *      *

最大の悪夢

しかし、ここで問題が起きた。今やアップルが最大の悪夢だということに家電業界が気付いたのだ。やって来て騒ぎを起こすのは数年先だろうと考えられていた眠れる巨人が、このマーケットの様子を窺い、原子爆弾を投下したのだ。

But here’s the rub: CE manufacturers now realize that Apple is their new worst nightmare, the sleeping giant who can rumble in several years late to the party, look around, and drop an atom bomb on the market segment.

      *      *      *

最後の牙城

多くの専門家は、iTunes/iPod の成功はまぐれだとはじめは考えた。今になって専門家たちは、アップルの収益が如何に iTunes/iPod の売り上げに移行したかということを噛み締めている。今やアップルは、家電業界の牙城に対して、ゼンマイをゆっくり巻き上げるように、相手の体力を消耗させる戦術(rope-a-dope)で、自分に都合の良い比喩を使って[?]、公然と攻撃を再開したのだ。家電業界の最後の牙城である電話やテレビに対して・・・

Many experts first thought the success of iTunes/iPod was a fluke. Today, pundits painstakingly track how Apple’s revenues shifted so much towards iTunes/iPod sales. And now Apple is rather overtly repeating its slow-wind-up, rope-a-dope, pick-your-own-metaphor attack on the rest of the CE strongholds: phones and TVs.

      *      *      *

スマートフォン

Jobs はキーノートで、iPhone とキーボードを内蔵した Palm Treos や Windows Mobile のスマートフォンと比べてみせた。しかし真のターゲットはスマートフォンじゃない。

During the keynote, Jobs pitted the iPhone against smartphones—Palm Treos and Windows Mobile devices with built-in keyboards. But smartphones aren’t really the target.

最初の一週間はつぎのような分析でいっぱいだった。「OS X のクローズドバージョンだ」、「特定のサードパーティのアプリケーションが使える半分だけオープンな OS X だ」、「RIM や HTC などのスマートフォンにはたいして影響なさそうだ」・・・

The first week of analysis was filled with comments like “It’s a closed version of OS X.” “OK, it’s a semi-open version of OS X for blessed 3rd party apps.” “It’s not going to have much of an impact on smartphones from RIM or HTC or . . .”

要は、どの分析もポイントが外れているということだ。スマートフォン業界はアップルが競争を挑んできたとうぬぼれているがそうではない。アップルが挑んでいるのは電話そのものなのだ。ピリオド。

The thing is, so much of the analysis missed the point. Smartphone manufacturers are flattering themselves by thinking that Apple is competing with them. Apple is competing with phones, period.

      *      *      *

第6番目のミュージックストア

アップルが本当はどう考えているかを理解するにはキーノートを見るだけで十分だ。Jobs はアップルがアメリカの第7番目[ママ]のミュージックストアから第6番目[ママ]になったと自慢した。つぎの目標は Target だ。そして間もなく Best Buy であり、最後にトップの Wal-Mart なのだ。

To really understand how Apple thinks, you just have to watch the speech. In it, Jobs brags that Apple has now gone from the 7th largest music store in the U.S. to the 6th. Next target: Target. Before long, Best Buy, and eventually top-dog Wal-Mart.

      *      *      *

アップルを追い落とす試み

デジタル配信の小規模事業者の多くは、ロングテールのオーディオ・ビデオ出版社、インディーアーチスト、ユーザー投稿コンテンツなどに焦点を当てている。アップルはその多くを自由に、しかもタダで使っている。それらは「ポッドキャスト」[ママ]と呼ばれて、競争相手を悔しがらせている。彼らはアップルを追い落とすためにあらゆることを試みた。曲を単独で売る代わりに、支払いが継続する限り好きなだけ提供するサブスクリプション方式まで試した。消費者の答えは概ねノーだった。マイクロソフトは業界を広くカバーする「PlaysForSure」規格を試みたが、その後 180 度方針転換して iPod キラーとして独自規格の Zune を出すに至った。

So many of the smaller competitors in digital distribution are focused on long-tail audio/video publishers, indie artists, and user-generated content. Apple has co-opted a good chunk of that as well—for free—and they’re called “podcasts”, much to the competitors’ chagrin. They’ve tried everything to displace Apple, especially subscriptions instead of individual songs, giving you all you can eat as long as you keep your payments up. Consumers by and large have said “no.” Microsoft tried a broad, industry-wide standard—PlaysForSure—and then had to about-face and try an iPod killer with their proprietary Zune.

      *      *      *

敵は大型量販店

そしてまたここでも、自分たちがいわゆる「デジタル音楽」の「競争相手」だとうぬぼれ、アップルが彼らに競争を挑んできたと考えのだ。しかしアップルは、Zune も、Napster も URGE、Rio、Creative のどれも競争相手だなどとは考えていない。何故か。アップルが考えている競争相手とは Wal-Mart なのだ。Best Buy も競争相手だ。CD の大型量販店、それがアップルの競争相手なのだ。

But that’s once again where these so called “competitors” in “digital music” are flattering themselves—they think Apple is competing with them. Apple doesn’t even really consider Zune, Napster, URGE, Rio, or Creative a competitor. Why? They consider Wal-Mart a competitor. They consider Best Buy a competitor. Big-box distributors of CDs—that’s their competitor.

      *      *      *

ポンドのゴリラ

私が初めてこの業界にやってきたとき、マイクロソフトはみんなの弁当を全部食ってしまう 800 ポンドのゴリラだった。ベンチャーキャピタルから耳にタコができるほど聞かされたのが「一体全体どうしてレドモンドのあいつらがお前が作ったものを真似しないと考えられるのだ」という台詞だった。

When I was coming up in the industry, Microsoft was the 800 lb gorilla that was going to eat your lunch. The oft-repeated refrain I’ve heard from too many VC’s is “what makes you think those guys at Redmond won’t just clone what you’ve made?”

      *      *      *

新しいモンスター

さて、今度はアップルがみんなの弁当を食ってしまう新しいモンスターに(こんどはゴジラかな)なったようだ。デジタル融合電話だって? もうアップルがやっちゃってる。デジタル製品をリビングルームに持ち込むだって? なんで今さら。これぞアップルの領域じゃないか。(市場に出ている何百万というデジタル接続の Xbox のことなんか気にしない、気にしない。)

Well, it seems like Apple’s the new monster (perhaps Godzilla in this case?) that will eat your lunch. Thought of making a digital convergence phone? Apple’s got that one covered, thanks. Thought of bringing digital assets into the living room? Why bother, that’s Apple’s territory (never mind the millions of digitally connected Xboxes in market).

      *      *      *

考えるべきは・・・

古いメディアを革新的なデジタル技術で処理する事業計画を考えるというのなら、むしろアップルの戦略本から借用するほうがいいのではないか。他の小規模の相手[デジタルビット bit の再生機 player と懸けたつもり]と戦うのに褌(ふんどし)を締め直したりしなくていい。流通チャンネルに目を向けるだけでいいのだ。レンガとモルタル造りの在来型の、古びた、轍(わだち)の跡のついた流通チャンネル、それなのに製品を未来永劫動かし続ける流通チャンネルにどうやってとって代わるか、それを考えればいいのだ。

Next time you’re writing your business plan for how you’re going to take out old media with your revolutionary digital technology, perhaps take a play from Apple’s book. Don’t gird your loins for a fight with the other bit players (pun intended); look at what it’s going to take to displace the brick-and-mortars, the ancient, grooved-in distribution channels that have been pushing product forever.

それから、もうひとつ。まだアップルが手をつけていない分野を選ぶのを忘れないこと。

Oh, and pick a category Apple hasn’t already taken.

      *      *      *

敵は本能寺にあり、というわけだ。

もはやアップルはコンピュータメーカーに甘んじてはいない。テレビや電話、それに流通チャンネルにも狙いを定めたのだ。

Technorati Tags: , ,

2007年 2月 18日

アップルがいいといわなければ・・・

rudolphpogue

[Benjamin Rudolph, Parallels & David Pogue, New York Times]

仮想化技術を使えば OS X が普通の PC で動くという話には後日談がある。

どうやら Parallels も VMWare もその発言を取り消して姿勢を後退させたらしい。

Infinite Loop:”Parallels: ‘We won’t virtualize OS X until Apple says so‘” by Jacqui Cheng:2月9日

     *      *      *

尾を引く Fortune の記事

ひと月ほど前、Parallels が実は企業向けソフトメーカー SWSoft の子会社だと分かったとき、それを伝えた Fortune[Forbes?]の記事には、それ以外にもなかなか興味深いことが書かれていた。SWSoft の CEO が、仮想化環境で OS X を動かすのはそれほど難しいことではないと仄(ほの)めかしたのだ。その同じ記事で VMWare も、すいぶん長い間その誘惑に抗(あらが)っていたと述べて、Parallels のコメントを追認している。「彼らが望む方向でやろうとしたのだけれど、今考えてみれば自分たちのやり方で進めればよかったと思う。Steve Jobs がどうする気なのか分からない。というのも、Mac OS をマック以外のマシン(non-Macs)で動かそうとするプレシャーがすごいからだ」と VMWare の CEO Diane Greene は語っている。

When the news came out that Parallels was actually owned by enterprise software maker SWSoft about a month ago, there was a not-so-tiny detail from Forbes [sic] article that drew a lot of interest. That detail was that SWSoft’s CEO hinted that it wouldn’t be difficult to run OS X in a virtualization environment. In the same article, VMWare confirmed the comment, saying that they’ve been resisting temptation to do so for seemingly too long. “We were trying to do it the way they wanted to, but in hindsight we should have just gone ahead. I wonder what Steve Jobs is going to do, because there is so much pressure to run Mac OS on non-Macs,” VMWare’s CEO Diane Greene said.

     *      *      *

でも、Parallels はアップルに従う

ところで、この問題で VMWare が精神的葛藤に陥ったのと違って、Parallels は当分の間、アップルの目からみて善人の役を演じることにやましさを感じないことにしたのだ。この問題について回答を求めたところ、マーケティングマネージャの Ben Rudolph はつぎのように答えた。OS X の EULA[End User License Agreement、使用許諾契約書]により仮想化が禁じられているので、近い将来ユーザーに OS X を仮想化させることは考えていない、と。

Well, Parallels has decided that unlike VMWare’s moral conflict over the issue, they have no qualms over being the good guys (in Apple’s eyes), for the time being. Marketing Manager Ben Rudolph responded to my pleas for an answer on the topic, and said that due to the EULA in OS X that forbids virtualization, Parallels will not be enabling users to virtualize OS X anytime soon.

     *      *      *

模範解答

Rudolph は Ars [Technica] に対して次のように語った。「いくつか理由があるので、アップルがOKを出すまでは、我々としてはこの種の機能を仮想化することはしない。まず第一に、我々は自分たちのユーザーについて心配しているのだ。ユーザーがマシンを乗っ取られたり、訴訟に巻き込まれたりする恐れのある違法な行動を、我々は決してユーザーに勧めはしない。それと同じ理由で、完全なライセンスを取得した、純正の Windows のコピーをバーチャルマシンで使うよう求めている。その方がより安全で、より安定しており、サポートも十分で、かつ完全に合法的なのだ。」

“We won’t enable this kind of functionality until Apple gives their blessing for a few reasons,” Rudolph told Ars. “First, we’re concerned about our users—we are never going to encourage illegal activity that could open our users up to compromised machines or  any sort of legal action. This is the same reason why we always insist on using a fully-licensed, genuine copy of Windows in a virtual machine—it’s safer, more stable, fully supported, and completely legal.”

     *      *      *

アップルの機嫌を損ないたくない

法的な問題を別にしても、Parallels としてはアップルとの関係を損ないたくはない。アップルは得てしてどの会社が気に入っているかということについては気まぐれだからだ。「アップルとはとてもいい関係を保っている。双方に取ってとても貴重なパートナー関係を危険に晒したくはない。」

Legal issues aside, Parallels doesn’t want to strain its relationship with Apple, who can be rather fickle at times about which companies are in its favor. “We have a very good working relationship with Apple, and we don’t want to do anything to jeopardize the great partnership that’s been so valuable to both of us,” he added.

     *      *      *

技術的にはどうか

じゃあ、「決して」[OS X の仮想化は起きない]ということか? 今のところそれが答えのようだ。アップル OS のライセンスにあたっては、アップル以外のマシンで OS を使用することには非常に厳しい(全く出来ない)ということは誰もが知っている。では、技術的に可能かという点についてはどうか。Ben はその点についてもうっかりしゃべったりはしない。「バーチャルマシンで OS X を走らせることも可能でない訳ではない」と彼はいう。お〜お、何たるミステリー!

So, “never,” then? That seems like the answer we’re getting, as it’s no secret that Apple has been very strict on (absolutely not) licensing its operating system for use on anything but Apple hardware. As to whether it’s technically possible or not, Ben’s not spilling the beans. “It may be possible to run OS X in a virtual machine,” he says. Ooooh, the mystery.

     *      *      *

引き続き VMWare も、アップルに恭順の意を示したようだ。

Infinite Loop:”VMWare on (not) virtualizing OS X: ‘Oh yeah, us too.’” by Jacqui Cheng:2月11日

     *      *      *

VMWare もノー

krishnamurti

[Srinivas Krishnamurti, VMWare]

Parallels の話のフォローアップとして、この件に関する VMWare の公式見解を得るため Srinivas Krishnamurti(Director of Product Management and Market Development)に接触することができた。以前同社は、アップルの思惑とは裏腹に、アップル以外のハードウェアのバーチャルマシン上でユーザーが OS X を動かすことを可能にする誘惑に駆られたともとれる言い方をしたが、Krishnamurti はそうではないという。「アップルは今のところ Mac OS X がバーチャルマシンで動くことを許していない。アップルは大切なパートナーであり、VMware としてはアップルの知的財産を尊重する。」

As a followup to that statement from Parallels, I was able to also get in touch with Srinivas Krishnamurti, VMWare’s Director of Product Management and Market Development in order to get VMWare’s official position on the matter. Previously, the company indicated that they might perhaps give into temptation and allow users to run OS X in a virtual machine on non-Apple hardware despite what Apple thinks, but Krishnamurti says that’s not so. “Apple does not currently allow running Mac OS X in a virtual machine,” he said. “Apple is an important partner and VMware respects Apple’s intellectual property.”

よし、ここまではちゃんとフォローしている。

Right, we’re following so far.

Krishnamurti 曰く、「バーチャルマシンで Mac OS X を走らせることについて我々は大変な興味を持っている。いろんなおもしろい使い方に門戸を開くことになるからだ。しかしアップルが使用許諾方針(licensing policy)を変えるまでは、仮想化環境で Mac OS X を走らせることについてあれこれ推測したくはない。」

“We’re very interested in running Mac OS X in a virtual machine because it opens up a ton of interesting use cases, but until Apple changes its licensing policy, we prefer to not speculate about running Mac OS X in a virtualized environment,” Krishnamurti added.

     *      *      *

アップルがいいといわなければ・・・

分かった。これは Parallels がいったのとまったく同じことをもっと間接的に述べたものだと受け取りたい。アップルがいいといわなければ、バーチャルマシンで OS X はなしというわけか?

Right. We’ll take that as a less direct way of saying the exact same thing as what Parallels said. No okay from Apple? No OS X in a virtual machine.

以上から分かったことは何か。VMWare、Parallels の両社とも、多少ソフトが余計売れるからといって、アップルに坐(ま)します神々を怒らせるようなリスクは侵さないということだ。アップルと密接に協同しているいろんなデベロッパ(もちろん Parallels や VMWare のデベロッパではない、念のため)から得たインサイド情報によると、ほんのちょっとした、つまらない問題でアップルの恩顧を失うことになるのはいとも簡単だという。それでも、アップルの高圧的かつ独裁的なバブルカプセルの外側で、すべてを厳しく締め付けられるのに比べれば、アップルと同じ側にいる方がずっとましだという。アップルは Wal-Mart みたいになっちゃったのだろうか。

So what can we take away from all of this? Neither VMWare nor Parallels is willing to risk angering the deities that reside at Apple corporate just for a few extra software sales. Based off of inside reports that I’ve received from various developers who have to work closely with Apple (no one at Parallels or VMWare, just in case you were curious), it can be very easy to fall out of Apple’s favor for even the slightest, most petty of issues. And yet, they say that being on the outside of Apple’s heavy-handed, dictatorial bubble is a much worse fate than being inside—heavy hands and all. What was I saying again about Apple being like Wal-Mart?

     *      *      *

上記の記事は「PC で OS X が動く」といっているのも同然だ。

それを阻んでいるのは技術ではなく、ビジネス上の配慮にあるというわけだ。

インテル移行によって x86 ベースのハードウェアなら如何なる OS にでも仮想化できる状況が現実のものとなっているらしい。仮想化技術とはそれほど強力だいうことか。

iTunes でダウンロードした曲を iPod というハードに縛り付けているのが FairPlay だとすると、OS X をマックというハードに縛り付けているものは何だろう。

ハッカーの目がそちらに向かってもおかしくはない。

Boot Camp や Parallels、VMWare などの登場で一応収まっているかに見える OSx86 ハッキングだが、仮想化という現実がまたもやパンドラの箱を開くのかもしれない。

それにしても、先の Fortune の記事の「既に一部のユーザーは、デルや、HP、その他の PC 上で Mac OS を走らせるのに、現行の VMWare x86 向けデスクトップ製品を使っている」という下りはとても気になる。

Technorati Tags: , , , ,

2007年 1月 27日

Jobs の価値は200億ドル

Jobs_portrait

200億ドルといえば、邦貨になおして(計算間違いでなければ)2兆円だ。Jobs の価値はそんなになるという。あまりに大き過ぎてピンとこないほどだ。

最近明らかになった事情聴取以前に書かれた記事だが、アップルにとって Steve Jobs が如何にかけがえのない存在であるか説明している。

Bloomberg:”Apple’s Steve Jobs Is Company’s $20 Billion Asset (Update3) ” by Connie Guglielmo:1月17日

      *      *      *

200億ドルの資産

アップル株式会社の最も貴重な資産は、特許でも、機密でも守ることのできないものだ。CEO の Steve Jobs そのひとだからだ。

Jan. 17 (Bloomberg) — Apple Inc. may find its most valuable asset is something it can’t protect through patents or secrecy: Chief Executive Officer Steve Jobs.

もし Jobs が辞めることになれば、クパチーノの会社の株価は 25% あるいはそれ以上下落するかもしれないとアナリストはいう。そうなれば、アップルの時価から 200 億ドルが吹っ飛んでしまうことになる。

If Jobs were to leave, shares of the Cupertino, California- based company might drop 25 percent or more, analysts say. That would erase about $20 billion in Apple’s market value.

「それは大惨事になるだろう」と Gene Munster(ミネアポリスの Piper Jaffray & Cos. のアナリスト)はいう。2004 年6月以来彼はアップルの株を「アウトパフォーム」[outperform、水準以上:買いと同じ]に格付けしている。「彼に取って代わるひとを探すのはほとんど不可能だ」と。

“It would be a disaster,” said Gene Munster, an analyst with Piper Jaffray & Cos. in Minneapolis, who’s had an “outperform” rating on Apple’s shares since June 2004. “He would be almost impossible to replace.”

      *      *      *

Jobs がアップルだ

このコンピュータメーカーが如何にその CEO に依存しているか、12月最終週の出来事で明らかになった。サンフランシスコの法律専門誌 Recorder が、アップルはストックオプションをバックデートするために書類を偽造したと報じた直後、アップルの株価は 5.8% も下落したからだ。

The computer maker’s dependence on its CEO was illustrated the last week of December, when the stock dropped as much as 5.8 percent after the Recorder, a San Francisco-based legal publication, reported Apple had faked documents to backdate stock options.

他の如何なるフォーチュン500企業の CEO よりも、Steve Jobs はアップルの将来を左右する影響がある、と Charlie Wolf(ニューヨークの Needham & Co. Inc. のアナリスト)はいう。彼によれば、もし Jobs が辞めることになれば、アップルの価値の三分の一は減ることになるだろう。

Jobs may be more closely linked to Apple’s prospects than any CEO in the Fortune 500, said Charlie Wolf, an analyst at Needham & Co. Inc. in New York. Apple’s valuation might fall as much as a third if Jobs were to depart, he said.

      *      *      *

創造性の火花

「Jobs は最高に鋭い目を持っている。デザインについてだけではない。みんなが惹き付けられる機能をどれにするか正確に特定するときはなおさらだ。彼こそ創造性の火花なのだ」と Wolf はいう。彼は Bloomberg がフォローする24人のアナリストのひとりで、アップル株に「買い」の格付けをしている。

“He has one of the keenest eyes in the world when it comes to pinning down not only the design, but the features that will attract the most people,” said Wolf, one of 24 analysts tracked by Bloomberg who rate Apple’s shares “buy.” “He’s the creative spark.”

「アップルはテクノロジーのファッションハウスみたいなものだ」と Jane Snorek(ミネアポリスの First American Funds の資産管理担当者:同社はアップル株を含む 550 億ドルの資産を運用している)はいう。「彼らは実にコンシューマデザインに長(た)けている。」

“Apple’s like a technology fashion house,” said Jane Snorek, a portfolio manager at First American Funds in Minneapolis, which oversees $55 billion in assets including Apple shares. “They really have their finger on consumer design.”

      *      *      *

「ワオ」といわせる

21才のとき Steve Wozniak と一緒にアップルを設立して以来、Jobs はこの役回りを演じてきた。Wozniak の天才に対して、Jobs は宣伝マン(pitchman)だ。二人が出した Apple II によって、彼らはパーソナルコンピュータを大衆化した。1984 年に出したマッキントッシュによって、アップルの名前は誰でも知っているものとなった。マックは、使いやすく、ポイント&クリックインターフェイスを備えており、それまでどの消費者も見たことがないものだった。

Jobs has played this role since founding Apple at the age of 21 with Steve Wozniak, acting as the pitchman to Wozniak’s geek. Together they helped popularize the personal computer with the Apple II. In 1984, Jobs turned Apple into a household name with the Macintosh, offering a PC with a simple-to-use, point-and- click interface unlike anything consumers had seen before.

1月12日のインタビューで Wozniak はつぎのように語っている。「ひとがモノをどう見るか、彼らにとって価値あるものが何で、何がそうでないか、Steve はそういうことを見抜くセンスを持っている。Steve にとっては、凡庸な、まあまあのモノを排除することがすべてなのだ。」Jobs はひとに「ワオ」といわせる製品を作る術(すべ)を知っているのだと Wozniak はいう。

“He has a sense for how people perceive things, what strikes people as having value and not,” said Wozniak in a Jan. 12 interview. “For Steve, it’s all about not accepting the adequate.” Jobs knows how to build products that make people say “Wow!” said Wozniak.

      *      *      *

その例として、先週の iPhone の発表について触れた後、Bloomberg の記事はつぎのように締めくくる。

      *      *      *

誰が継ぐか

誰が Jobs の後を継ぐかという問題は未だ未定のままだ。もっとも、アップルにはジーンズを着た一群の幹部役員がいることは確かだ。彼らはアップルのテクノロジーを説明するのに、「クールだ」だとか「スゴい」、「革命的だ」などという Jobs の口真似をしてみせる。

The question of who might succeed Jobs remains open though he’s surrounded by a cadre of jeans-attired executives who mimic his use of the words “cool,” “awesome” and “revolutionary” to describe Apple’s technology.

Wozniak はいう。「ひとりの人間がコントロールし、決定をするとき初めて偉大な製品が出来るのだ、と Steve が語ったことがある。しかし、Steve がいなくても、彼ならどう考えるか、何を好み、なにがそうでないか、そういうことを十分に知るにいたった、たくさんの才能あるひとがアップルにはいると思う。」

“Steve has spoken about how great products come only if one mind is in control of it, making decisions,” said Wozniak. “But I think even if Steve wasn’t here, there are talented and good people there who have gotten to know how Steve thinks and what he’s going to like and not like.”

その中には Timothy Cook(46才)も含まれる。2004 年8月、Jobs が膵臓がんの闘病中、彼は最高執行責任者(COO)を命じられた。Wolf を含むアナリストは、Ronald Johnson(48才)に注目する。この5年間、彼はアップルストアの拡大を率いてきた。

They include Timothy Cook, 46, who led Apple while Jobs battled pancreatic cancer in August 2004 and who was named chief operating officer in 2005. Analysts, including Wolf, also single out Ronald Johnson, 48, who has led Apple’s retail store expansion over the past five years.

「アップルにとっての最大の危機は、競争でもなければ、マーケットでも、製品でも、そのいずれでもない。それは多分、いずれかの時点で Steve Jobs が辞めるということが現実のものとなることだ。それは予測不可能だが投資家としては対処せざるを得ないことだ」と Piper Jaffray の Munster はいう。

“The biggest risk to Apple is not competition or markets or products,” Piper Jaffray’s Munster said. “It’s probably the reality that at some point Steve Jobs is going to leave. That’s just the wild card that investors have to deal with.”

      *      *      *

アップルのファンだけでなく、投資家を含めた世界のすべてが、固唾を飲んで成り行きを見守っているようだ。

Technorati Tags: ,

2007年 1月 24日

Steve Jobs 尋問を受ける

jobs_qtd

ショッキングなニュースが流れてきた。

ストックオプションをめぐる最新の動きをとりあえず・・・

Bloomberg:”Apple’s Jobs Questioned in Options Probe, Lawyers Say (Update3) ” by Karen Gullo and Connie Guglielmo:1月23日

      *      *      *

Jobs が尋問を受けた

アップルの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs は、同社に係るストックオプション[株式購入権]のバックデートを捜査する米国捜査当局の尋問を受けた、と本件に詳しい弁護士(複数)が語った。

Jan. 23 (Bloomberg) — Apple Inc. Chief Executive Officer Steve Jobs was questioned by government investigators leading the U.S. probe into backdated stock options grants at the company, lawyers familiar with the matter said.

Jobs は先週サンフランシスコで、米国証券取引委員会(SEC)および米国司法省(Justice Department)の捜査官に会った、とソース(複数)は語っている。ただし、この尋問が極秘であることに鑑み、彼らは身元を明かすのを避けている。先月アップルは、内部調査によると Jobs や現経営陣には「不法行為」はなかったと語っていた。

Jobs met with officials from the Securities and Exchange Commission and the Justice Department last week in San Francisco, said the people, who asked not to be identified because the interviews are confidential. Apple said last month an internal review found “no misconduct” by Jobs or current management.

この会合は、先週アップルがベストセラー iPod の記録的売り上げを発表したその同じ週に行なわれたが、Jobs や他のひとの疑いは晴れたと同社が報告した後もなお、バックデートにおいて Jobs が果たした役割について米国政府当局が情報を求めていることを示すものだ、と Nell Minow(ポートランドの企業統治に関する Corporate Library の編集者)はいっている。

The meeting, which took place the same week Apple announced record sales of its best-selling iPod music player, shows the U.S. government is still seeking information about Jobs’s role in the backdating even after the company’s report clearing him and others, said Nell Minow, editor at the Corporate Library, a corporate governance research firm in Portland, Maine.

Minow はいう。「結局、問題となるのは彼の有責性(culpability)であって、アップルの内部調査ではない、という SEC の見解を示すものだ。」

It is after all the SEC’s view on his culpability that matters, not the internal investigation at Apple,” Minow said.

      *      *      *

ノーコメント

Jobs が尋問を受けた内容、彼が捜査官に答えた内容、さらには再度会合が持たれるのかどうか、そういったことについてソースは明らかにしようとしない。

The people wouldn’t disclose specifics about what Jobs was asked, what he told investigators and whether there would be additional meetings.

Jobs の弁護士 Mark Pomerantz はコメントを避けた。アップルの捜査を担当する米国連邦検事 Kevin Ryan のスポークスマン Luke Macaulay も、ワシントンの SEC のスポークスマン John Nester もコメントを避けた。

Mark Pomerantz, an attorney for Jobs, declined to comment. Luke Macaulay, a spokesman for U.S. Attorney Kevin Ryan, whose office is investigating Apple, declined to comment, as did SEC spokesman John Nester in Washington.

アップルの株価は、ナスダックの午後4時の時点で 1.09 ドル下げて 85.70 ドルとなった。

Shares of Cupertino, California-based Apple fell $1.09 to $85.70 at 4 p.m. in Nasdaq Stock Market trading.

      *      *      *

問題となったストックオプション

1997 年から 2002 年までの間、アップルの従業員に対しておおよそ 6500 件のストックオプションの付与がなされた。そのうちのひとつ、Jobs に対する付与は特別取締役会で承認されたとされていたが、実際にはその会議は開かれなかった、とアップルは12月29日に明らかにした。アップルがいうには、自分以外のオプションの幾つかについて Jobs が日付を選んだのだという。

Almost 6,500 grants to Apple employees were backdated between 1997 and 2002, including one grant to Jobs marked as approved at a special board meeting that never occurred, Apple said Dec. 29. Jobs chose dates for some options other than his own, the company said.

Jobs がバックデートしたのがどのオプションだったか、バックデートされたオプションを受け取った役員が他にもいたか、なぜ役員会を偽造したのか、それらの点をアップルは明らかにしていない。現経営陣の他のメンバーは、偽造された会合に係る「不法行為」については関知していない、とアップルはいっている。

Apple hasn’t publicly disclosed which options Jobs backdated, which other executives received backdated options or why it faked a board meeting. The company said no member of current management was aware of the “irregularity” concerning the fictitious meeting.

1月17日のカンファレンスコールで、最高財務責任者(CFO)の Peter Oppenheimer は、「アップルは引き続き、調査結果を政府捜査官に自発的かつ積極的に通知し、彼らの質問に回答していく」とアナリストに答えている。

Apple continues to “voluntarily and proactively” inform government investigators of its findings and continues to answer their questions, Chief Financial Officer Peter Oppenheimer told analysts on a conference call on Jan. 17.

      *      *      *

最初に報じたのは・・・

Jobs に対する尋問について最初に報道したのは、1月19日付けのサンフランシスコの法律紙 The Recorder だ。

The interview with Jobs was first reported Jan. 19 by The Recorder, a legal newspaper in San Francisco.

       *      *      *

バックデートの問題点

ストックオプションの権利付与日を変更してその価値を水増ししようとした疑いで、少なくとも 200 社が捜査を受けている。バックデートされたストックオプションの付与に関して、疑いを持たれている額および再修正された額は 81 億ドルにも及ぶ。

At least 200 companies are being investigated for changing the dates of options grants to inflate their value. Companies have taken over $8.1 billion in charges or restatements to account for backdated options grants.

ストックオプションにより購入権者は、後の日付(通常は付与された当日)の株価で購入する権利を有する。権利付与日をより株価の低い期日にバックデートすると、オプションの価値が水増しされることになる。この行為は、適切に開示されない場合は違法となる。真のコストが株主および監督機関の目から隠されることになるからだ。

Stock options allow holders to buy shares at a later date, usually at the market price the day they were granted. Backdating options to days with low prices inflates their value. If not properly disclosed, the practice may break laws because it hides costs from shareholders and regulators.

      *      *      *

架空の取締役会

2001 年に、当時51才の Jobs は、750 万株のオプションを付与された。付与の条件は、2001 年12月18日で完了したが、当日のアップルの株価はアップルによれば21ドル1セントだった。オプションの権利付与日として10月19日が選ばれ、Jobs はより低い18ドル30セントという行使価格を与えられた。

In 2001, Jobs, 51, received options on 7.5 million shares. The terms of the grant were completed Dec. 18, 2001, when Apple’s shares were trading at $21.01, Apple said. Oct. 19 was chosen as the grant’s date, giving Jobs a lower exercise price of $18.30.

アップルは株主に対して、2002 年3月に監督当局に提出した報告で、このオプション付与は 2001 年10月の特別取締役会において承認されたことを明らかにした。先月アップルは、この会議は実際は存在しなかったと述べた。

The company told shareholders in a March 2002 regulatory filing that the grant was approved at a special board meeting in October 2001. Apple said last month the meeting never took place.

      *      *      *

従業員のため・・・

バックデートされたオプションに係る会計処理を訂正するため、アップルは 8400 万ドルを計上した。その中には Jobs に対する2000 万ドル(750 万株分)が含まれる。Jobs は、この分の付与と併せて、2003 年の時点で未行使となっていた他のオプションを自発的に辞退した。アップルが当時 SEC に提出した報告によれば、Jobs がそうしたのは従業員が取得できる株を増やすためだったと述べている。

Apple said it recorded $84 million in charges to correct its accounting for the backdated options, including $20 million for Jobs’s 7.5 million share award. Jobs voluntarily canceled that grant and other outstanding options in March 2003. He chose to do so to make more stock available for employees, Apple said in an SEC filing at the time.

その代わり、役員会は Jobs に対し 500 万株の制限付き株式(2006 年3月に権利行使可能)を与えた。当時その株は6億 4660 万ドルの価値があった。

Instead, the board gave Jobs 5 million shares of restricted stock, which vested in March 2006. At the time, the shares were worth $646.6 million.

[付記]:本件の question は「尋問」ではなく「事情聴取」程度に訳すべきだったと考える。

      *      *      *

参考:

当局の尋問 —

・Bloomberg:”Apple’s Jobs Questioned in Options Probe, Lawyers Say (Update3) ” by Karen Gullo and Connie Guglielmo:1月23日
・Reuters:”Apple’s Jobs questioned by authorities“:1月23日
・MarketWatch:”SEC has questioned Jobs: report“:1月23日

これまでのおさらい —

・NBonline:”ジョブズがアップルを辞めるという噂” by 市村佐登美:1月17日

Technorati Tags: , ,

« 前のページ次のページ »