maclalalaweblog

2007年 6月 17日

アップルバッシングが始まるぞ:FSJ

Filed under: ひと,アップル,ユーモア — shiro @ 11:53
Tags: , ,

jobs_rdf1

Steve Jobs が愛読しているといったせいでもあるまいが、「偽 Jobs」(FSJ:Fake Steve Jobs)がとても興味深い記事を書いている。

The Secret Diary of Steve Jobs:”Apple faithful, we must prepare together for the media backlash“:6月16日

      *      *      *

アップルファンよ、上の写真で自己催眠をかけてくれ。アンチアップルの記事がどっと押し寄せてくるから。ほんとに始まりそうなんだよ・・・

Apple fans, re-hypnotize yourselves with the photo above and get ready for the wave of anti-Apple stories, because I can feel it coming…

      *      *      *

ライターなんて・・・

ライターは、話を書いてもコントロールはできない。我々はついライターを非難してしまうが、実のところ彼らに罪はない。彼らは、やれといわれたことをやっているに過ぎない。彼らは求めに応じて書いているだけだ。ヒーローが何かを達成し、勝利する。そして大失敗し、転落する。それから、埃を払って障害を克服し、リングに立ち戻る、などなど。ライターは話をおもしろくする彩りを添えるだけだ。

It’s also worth remembering that the writers don’t have any control either. We tend to blame the reporters but really it’s not their fault. They have to do as they’re told. The story has certain demands. Heroes achieve things and win; then they fuck up and fall; then they dust themselves off and overcome obstacles and climb back into the ring, blah blah blah. The writers just make up the details to keep it colorful.

      *      *      *

アップルバッシングの始まりだ

ともかく、バッシングが始まる。いずれ、ひとより頭がいいと考えるバカが、ひととは逆の、アップルなんてクズだという「コントラリアン」[contrarian:反対意見の:逆バリ専門の投資家の意から]記事を書き始める。実のところ、これは決して「コントラリアン」的ではない。必然なのだ。我々みんながその一部である、大掛かりなドラマの展開にはつきものなのだ。ともあれ、そいつは自分が大物で、みんなが言い出す前に大声で話せると考えている。なぜかって? メディアで食を食(は)んでいるバカどもは、たいていが無慈悲で、自らが進行しつつある大掛かりなドラマの一部に過ぎないということが分かっていないからだ。彼らは映画マトリックスに出てくるポッドにはいった人間と同じだ。自分の生きている現実が分からないまま、ひたすらコンピュータの中に自分を混ぜ込んでいるのだ。彼らは自分が書いているソープオペラに利用されているだけだということに気付いていない。特ダネを書いているとばかり信じ込んでいる間抜けだ。これまで会ったジャーナリストはみな、信じられないほどのウブか、知識はさしてないのにエゴだけはバカデカイかのどちらかだ。インタビューの相手より自分の方がずっと賢いと思い込んでいるようなヤツばかりだ。そうでもなきゃ、こんな仕事はやってられない。

Anyway, the backlash is coming. Sooner rather than later some a-hole who thinks he’s really smart is going to write the “contrarian” piece saying Apple is crap. Of course this point of view is not really contrarian at all; in fact it’s inevitable, and it’s a requirement of the overarching narrative that we’re all part of. But whatever. He’ll think he’s a big bad ass who’s figured something out before everyone else and dares to say it out loud. You know why this is? Because most of the poor dimwits who work in the media are so clueless that they don’t realize they’re part of a big overarching ongoing story. They’re like the pod people in “The Matrix,” churning away at their computers, totally unaware of the reality in which they’re living. They don’t realize that they’re just harnessed to the soap opera that’s writing itself with or without them; most of them really think they’re “breaking” stories and shaping the news. Poor saps. The fact is that all the journalists I’ve ever met boasted a combination of incredible naivete and limited intelligence with an exaggerated sense of self-importance and a wrongheaded belief that they are a great deal smarter than the people they interview. Without those things you just couldn’t do their job.

      *      *      *

バッシングのシナリオ

で、今回の場合だが、バッシングは***な[悪口省略]Dvorak から始まった。アップル株の空売り[shorting]を始めるときがきたと彼はいう。つい最近の WWDC のキーノートでは、めぼしいものがなかったとみんな不満たらたらだ。メディアのすごいところは、この進行中のドラマが完全に予測可能だったといってしまうところだ。昨日 Steve Dowling[アップルのスポークスマン]と一緒に PR 戦略を検討し、彼らがどうでるか予想した。たとえばこんなことだ。

In our case right now the backlash started with Dvorak, that grumpy old liver-spotted bastard, saying maybe it’s time to start shorting Apple stock. More recently we’ve seen the general grumbling about the WWDC keynote and how it lacked sparkle. The great thing about the press and their ongoing narrative is that this makes them utterly friggin predictable. Steve Dowling and I sat around yesterday in a PR strategy session and mapped out exactly what the papers will do. Here are some data points:

・株価が高すぎる。しかもテンポが早い。株価の「修正」が必要だ。

* The stock is too high, has gone up too fast, is due for a “correction.”

・iPhone を煽り過ぎたので、みんなの期待に添うのが難しく、失望させるのは違いない。タッチスクリーンはみんなをイライラさせるだろう。

* We’ve hyped the iPhone so much that it can never live up to the expectations we’ve created and therefore is bound to be a disappointment. The touch screen is going to drive people nuts.

・iPod は確かにたいしたものだが、もうこれ以上は売れない。後は売れ行きが下がるだけ。

* The iPod is great but at this point we can’t sell any more than we already do, so there’s no way to go but down.

・Apple TV は失敗作だ。

* Apple TV is a flop.

・Leopard は遅れる。開発がうまくいっていない証拠だ。

* Leopard is late, a sign we’re struggling in the labs.

・Leopard はがっかりだ。おざなりのレビュー記事がその現われだ。 Mary Jo Creepy なんかは Vista のマネだとさえいっている。

* Leopard is a letdown. The first glimpse of it got tepid reviews in general and some, like Mary Jo Creepy, actually claimed we’re stealing from Vista.

・現行の iMacs や Mac Mini なんか 300 日以上もアップグレード無しだ。我々は失速してしまった。

* The current iMacs and Mac Mini have gone nearly 300 days without a refresh; we’ve lost our way.

・テクノロジーは時々刻々変化する。これからは iTunes-to-iPod モデルは役に立たない。ストリーミングテクノロジーの時代で、我々には活躍できる場がない。

* Technology is changing again and iTunes-to-iPod model isn’t the way of the future; it’s going to be streaming technology and we don’t play a role there.

・映画会社は iTunes にはなかなか参加しない。

* Movie companies aren’t getting on board with iTunes.

・Vista はハード能力を必要以上に要求すると悪口をいわれたが、Leopard だってパワーハングリーだ。ちゃんと動かすためには2ギガの RAM がいる。

* Vista got bashed for being such a hardware hog but Leopard is going to be just as power hungry, needing at least 2 gigs of RAM to run decently.

      *      *      *

で、どう対処するか

問題はどう対処するかだ。闘うべきか。いやそうは思わない。津波と闘うみたいなものだ。高地に避難して、嵐をやり過ごすのだ。オビワン・ケノービ式防衛術だ。茶色の法衣をまとい、ライトセイバーのスイッチを切り、悪いヤツらの攻撃に身をまかせる。これまたドラマで必要な展開なのだ。ドラマでは、今私が失敗しなければならないのだ。苦しんで、それから栄光あるカムバックを遂げる。イエスキリストと同じだ。磔なければ復活はない。メディアのならず者どもよ、よく聞くがいい。私を打ちのめしても、お前たちが想像できないほど強くなって私は蘇るのだ。

The question is, how do we respond? Do we fight it? We think not. It would be like fighting a tsunami. Better off to get to high ground and ride out the storm. I call it the Obi-Wan Kenobi defense. I put on my brown robe, turn off my light saber, and just let the bad guys attack me. It’s a necessary part of the story. The story needs me to fail now, to suffer, so that then I can come back in even greater glory. It’s like Jesus — no crucifixion, no resurrection. Media whores, listen to me: If you strike me down, I shall become more powerful than you could possibly imagine.

      *      *      *

なんだか FSJ が RSJ[Real Steve Jobs]に成り代わって彼の本音を語っているようにすら聞こえる。それにしても皮肉は効き過ぎだが・・・

これを読んだ各紙の反応がおもしろい。

HipMojo.com

ひょっとして、偽 Jobs は本物だったりして・・・。本気でいってるんじゃないよ。でも・・・

What are the chances that the Fake Steve Jobs is in fact the real one.  I’m not serious, I don’t think so anyway… but:

HipMojo.com:”What if Fake Steve Was the Real Steve?“:6月16日

Scobleizer

誰が「偽 Jobs」のブログを書いているにせよ、実に上手い。・・・本物の Steve だって読んでいるくらいだから。

Whoever writes the Fake Steve blog is pretty damn good… Even the real Steve reads it.

Scobleizer:”Fake Steve prepares Apple faithful for media backlash” by Robert Scoble:6月16日

Mickeleh’s Take

偽 Steve は、いつものように真実と知恵とコメディを提供する。それにしてもなんと上手い文章だ。

Fake Steve, as usual, offers truth, wisdom, comedy, and darn good writing.

Mickeleh’s Take:”Krya Sedgwick Blurts About a Demo Steve Jobs Never Showed Us” by Michael Markman:6月16日

Technorati Tags: , ,

広告

2007年 6月 15日

消えてしまった Mac mini

Filed under: イベント,マック — shiro @ 19:14
Tags: , ,

no_mini

フランスのマックサイト HardMac が、WWDC で Mac mini が消えてしまったことに気付いた。

HardMac:”Mac mini: Even Steve Jobs Forgot It…” by Lionel:6月14日

      *      *      *

Sebastien からの報告。

A report from Sebastien.

「Mac mini が無くなってしまうかもしれないというちょっとしたコメント・・・

キーノートの Leopard の64ビットに関する終わりのところで、すべてのハードウェアが64ビット対応だという写真が登場した。Mac mini はその中にはいっていなかった・・・」

a small remark concerning the potential EOL status of the Mac mini…

During the keynote, when ending its presentation about the 64-bits feature of Leopard, a photo was illustrating that all hardware are 64-bit ready.. the Mac mini was missing…

Mac mini が写真にないのは意図的だろうか。確かに現行の Core Duo を搭載した Mac mini は64ビット対応ではない。しかし前にも述べたように、 Core 2 Duo を積んだ64ビット対応モデルにアップグレードするのは簡単なことだけれど・・・

So, was on purpose that the Mac mini was omitted from the photo? Of course the current Core Duo installed in the Mac mini is not 64-bit compatible, but as we already showed it, it is really easy to upgrade it to a Core 2 Duo and turn it into a 64-bit ready model…

      *      *      *

この記事を読んで、オヤと思った。

今回キーノートを見たとき、どこかで Mac mini を見た記憶があったからだ。 Mac mini も17インチ iMac もあったので、まだ健在だなあと思った覚えがある。

さっそくキーノートのビデオ(WWDC 2007 Keynote Address)を見直してみると、確かに64ビットの下りでは Jobs の背後のスクリーンに Mac mini の姿はない。[上の画像:ビデオの 38:46 のあたり]

WWDC 当夜、リアルタイムで読んだ Engadget と MacRumors を探したところ、Engadget で写真がみつかった。ちゃんと Mac mini が鎮座ましましている。

intel_mac

[Engadget: Intel Macs]

よく比べてみると、背景(インテルロゴ)が違う。冒頭のイントロのときの写真だ。[ビデオの 03:39 あたり]

Mac mini はインテルマックには入っていても、64ビットマックからは欠けているというわけ。なんとも細かい気の配りようだ。

64ビットマックから故意に(?)落とされたことが Mac mini の終焉を意味するかどうか・・・

WWDC を機に模様替したアップルサイトでは、Mac mini はまだまだ健在だ。

      *      *      *

そういえば、64ビット対応の場面で Jobs がしゃべったときも、微妙な(聴き取りにくい)言い回しだった。[ビデオ 38:43]

Jobs:で、思い出してほしい。我々が出荷するほとんどのコンピュータは64ビット対応だ。

Jobs: And, please remember that almost every computer we ship is 64-bit capable.

Jobs:だからこれ[64ビット]は、スゴいことに我々が出荷するほとんどのマックで動くのだ。

Jobs: So this is gonna run great on almost every Mac we ship.

確かにこの場面では、全部のマックが64ビット対応だとはいっていない。

なお、この場面での Engadget のテキストはつぎのようになっている。

10:40AM – “… Almost every computer we ship is 64-bit capable, this is going to run great on almost every app we ship.”

「Mac」が「app」となっているが、ビデオは何度聞き直しても「Mac」に聞こえる。

      *      *      *

今回の WWDC では、上記の場面以外はマックは登場しなかった。

demo_machine

Jobs のデモも、ゲームのデモも、シネマディスプレーは見えるけれど、接続コードの先にあるはずの[新しい?]マックはサッパリ姿が見えない。

game_machine

新 OS Leopard を走らせ、64ビットの作業をこなし、ゲームまで可能なマシンとはどんなマックなのだろう。

Think Secret と AppleInsider が WWDC 直前に激しいつば迫り合いを演じたことは記憶に新しいが、その後は両者ともまったくのダンマリだ。

つぎに新しいマックを見れるのは何時になるのだろうか。

      *      *      *

追記:(1月16日)

HardMac より早く、Mac mini が消えたことを指摘していた方がいる。

DESIGN HUB 氏のキーノートライブだ。

DESIGN HUB:”WWDC2007 Keynote Live Coverage!!“:6月12日

日本のマックファンはつくづく層が厚いと思う。

[via 気になる、記になる…

Technorati Tags: , ,

2007年 6月 13日

デベロッパは侮辱された:John Gruber

iphone_ajax

[iPhone runs AJAX Apps]

「WWDC 2007」は「WWDC 2006 2.0」と呼んだ方がいい。内容が同じで、少しはっきりしてきたに過ぎないから。

WWDC 2007 feels more like “WWDC 2006 2.0” – the same news, now less vague. There are some interesting new details emerging, but I see three main points from today’s keynote:

そんな書き出しで John Gruber が、WWDC 07 について三つの感想を述べている。

1)Leopard の隠された機能(LEOPARD’S FEATURE SET)

2)iPhone のウェブアプリ開発環境(WEB APPS AS THE ROUTE FOR IPHONE DEVELOPMENT)

3)ウインドウズ向け Safari(SAFARI FOR WINDOWS)

Daring Fireball:”WWDC 2007 Keynote News” by John Gruber:6月11日

WWDC がデベロッパのための会議であることを考えると、第2の指摘が特に興味深い。

      *      *      *

鉛の風船(lead balloon)

主要メディアにはうまく対応したかもしれないが、ここはなんといってもデベロッパのための会議だ。「あなたにもすばらしい iPhone アプリが書ける。〈ウェブサイト〉という名のアプリだ」というアップルのメッセージは、デベロッパの眼には〈鉛の風船〉のように失敗として映ったのだ。

Perhaps it’s playing well in the mainstream press, but here at WWDC, Apple’s “you can write great apps for the iPhone: they’re called ‘web sites’” – message went over like a lead balloon.

      *      *      *

侮辱された

それは侮辱でもある。そんなやり方で iPhone のアプリは作らない。デベロッパにそんなデタラメをいってはダメだ。言い様があるだろう。アップルは、せめてつぎのようないい方をすべきだったのだ。「あなた方が iPhone のために本格的なアプリケーションを書きたいのは分かっている。我々もそう願っている。マックのアプリを作ってくれたように、iPhone についてもそんなアプリが出来るといいとは願っている。我々もそう考えて、その方向で一生懸命努力している。今日のところは、残念ながら特に発表できることはない。その代わり、iPhone は本格的 Safari ブラウザを使っているから、ウェブベースのアプリを書けば、それがちゃんと iPhone で動くすばらしいアプリとなるのだ。」

It’s insulting, because it’s not a way to write iPhone apps, and you can’t bullshit developers. It’s a matter of spin. What Apple should have announced is something like this: “We know that you want to write your own apps for iPhone, and we’d like to see that too. We love the apps you write for the Mac, and we’d love to see what you might be able to come up with for iPhone. We’re thinking about it, and working on ways that we might make that happen, but we don’t have anything to announce today. The good news, though, is that because iPhone has a real Safari web browser, you can write web-based apps that work great on iPhone.

そういわれても、デベロッパとしてはそんなことを WWDC で聞きたいわけではない。ただ少なくとも、侮辱されたとは考えないだろう。

That wasn’t what the developers here at WWDC wanted to hear, but at least it wouldn’t have been insulting.

      *      *      *

アップル自身そうしたら・・・

ウェブアプリ(web apps)こそ iPhone のアプリだと、デベロッパにいっても説得力はない。こういうふうに考えてみたらどうか。そもそもウェブアプリは、ネットワークからしかアクセスできず、iPhone のホームスクリーン上で独自のアイコンもなく、ローカルにデータを蓄えることもできない。そんなウェブアプリが iPhone のすばらしいアプリだというのなら、どうしてアップル自身がその技術を使った iPhone アプリを書かないのか。

Telling developers that web apps are iPhone apps just doesn’t fly. Think about it this way: If web apps – which are only accessible over a network; which don’t get app icons in the iPhone home screen; which don’t have any local data storage – are such a great way to write software for iPhone, then why isn’t Apple using this technique for any of their own iPhone apps?

      *      *      *

マックだって同じだ

あるいは、iPhone アプリの議論を押し進めて、マックでも同じことをいってみたらどうか。Safari 上で動くウェブアプリを書くことが iPhone アプリを作るすばらしい方法だというなら、同じように Safari 上で動くウェブアプリを書くことがマックのアプリを作るすばらしい方法だとなぜいわないのか。

Or, take Apple’s argument regarding iPhone development and apply it to the Mac. If web apps running in Safari are a great way to write iPhone apps, why aren’t web apps running in Safari a great way to write Mac apps?

クソみたいなサンドイッチしか作れないというのなら、そういえばいい。デベロッパがどんなにラッキーか、それがどんなにすばらしいアプリかなんてことはいわないでくれ。

If all you have to offer is a shit sandwich, just say it. Don’t tell us how lucky we are and that it’s going to taste delicious.

      *      *      *

ウェブアプリでは作れないもの

iPhone が Safari というキラーウェブブラウザを備えているのはすばらしいことだ。iPhone をターゲットとしたスゴいウェブアプリが将来登場するであろうことも疑いない。しかしまた、ウェブアプリなんかでは作れない本格的 iPhone ソフトのアイデアが山ほどあることも間違いないのだ。

It’s great that iPhone seems to have a killer Safari web browser. No doubt there are going to be some terrific web apps targeting iPhone. But there are a ton of great ideas for iPhone software that can’t be done as web apps.

      *      *      *

プロを相手に、本格的ソフトでなくてもウェブアプリでいいじゃないかというのは侮辱だということらしい。

NDA[nondisclosure agreement、守秘義務契約]で縛られた WWDC のクローズドセッションではそのあたりがデベロッパに開示されるのだろうか。

3週間足らず迫った iPhone 発表時に、新しい展開がみられるかどうかも興味深いところだ。

Technorati Tags: , , ,

2007年 6月 12日

重要なのは Leopard ではなく Safari だ:Paul Thurrott

Filed under: アップル,OS — shiro @ 21:32
Tags: , , , , ,


[Paul Sakuma, AP]

WWDC 07 を見た Paul Thurrott の感想・・・

Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Safari, Not Leopard, is the Real News at Apple Show“:6月11日
WinInfo:”Safari, Not Leopard, is the Real News at Apple Show” by Paul Thurrott:6月11日

      *      *      *

私がここでいいたいことはとても簡単だ。

My contention here is simple.

未来は Leopard にあるのではない。そもそも、そんなことはこれまでもなかった。ウインドウズのユーザーを大量に転向させるほどすばらしかったことなんてなかった。如何なるデスクトップ OS といえども、それが可能だったことはないのだ。

Leopard is not the future. How could it ever be? This isn’t good enough to make Windows users switch en masse. No desktop OS could ever make that happen.

ノーだ、未来は Safari にあるのだ。まず iPhone で動かす。それからたくさんのデバイスで動くようになる。コンピュータだろうと、コンピュータ以外のデバイスだろうと・・・。覚えておいてほしい。ケイタイのマーケットはデスクトップ PC よりはるかに大きいのだ。とても大きい・・・

No, the future is Safari. First, running on iPhone. Later, running on any number of devices. Traditional and non-computer devices. Remember that the cell phone market is much bigger than the market for desktop PCs. This is big.

私のいっていることが、陰謀説のように聞こえるかもしれないのは分かっている。しかしいつの日か、過去を振り返ってこう考える日がきっと来ると思う。デスクトップ OS(複数)について考えるのをやめ、モバイルというウェブベースの未来に焦点をあてることにしたのがまさにこの日であったことを・・・。これは、アップルがこれまでやったことで一番賢明なことだったといえるかもしれない。それにこれまでのところ、気付いているひとはほとんどいないのだ。いまのところは・・・

And yes, I know it all sounds like a conspiracy theory. But I think that we will all look back on this day as the time when we stopped thinking about desktop OSes and focused on the mobile, Web-based future. This might be the smartest thing Apple ever did. And so far, few have even noticed it. Yet.

      *      *      *

気になっていた Leopard のユーザーインターフェイスは、iTunes 風というか iPhone 風に変わったというのが第一印象だった。One more thing… が Safari だったのはそういうわけか・・・

Mac OS X をケイタイ向きに書き換えるには、手間もかかるだろうし、iPhone より先に出すわけにもいかないだろうし、なんとなく Leopard が10月まで遅れたことを納得してしまった。

Technorati Tags: , ,

2007年 6月 10日

iPhone の隠し味はグーグル?

googleapple2

少し前になるが、iPhone を契機にアップルとグーグルがさらに強固な同盟を組むことを予言したひとがいる。タイムの Jeremy Caplan だ。

Time:”iPhone’s Secret Ingredient: Google” by Jeremy Caplan:6月1日

      *      *      *

隠し味

アップルとグーグルは切り離せない仲となった。YouTube ビデオがまもなく Apple TVで再生できるようになると、今週 Steve Jobs は語った。グーグルは最近、マックユーザー向けのデスクトップ検索プログラムを発表した。グーグルのツールは、6月に登場するアップル特製の iPhone の重要な隠し味(secret sauce)になってきているようだ。

Apple and Google just can’t stand to be apart. Apple CEO Steve Jobs announced this week that Apple TV will soon play YouTube videos. Google recently unveiled a desktop search program especially for Mac users. And Google tools increasingly appear to be a key part of the secret sauce behind Apple’s signature new gadget, the iPhone, set for release in June.

      *      *      *

Gapple

この二つのブランドには熱心なファンがついている。それにグーグルの Eric Schmidt がアップル取締役会に加わっていることもあって、両社はその結びつきの相乗効果を享受するに至っている。これはまさに Gapple[Google + Apple]の力だ。

Both brands are beloved by legions of fans, and with Google CEO Eric Schmidt embedded on Apple’s board of directors, the companies have gotten wise to the benefits of synergistic coupling. Call it the power of Gapple.

      *      *      *

一括登録(universal access

グーグルのモバイル製品マネージャ Sumit Agarwal はつぎのように語る。グーグルはずっとアップルと協同しており、検索その他一連のモバイル向けソフトをユニバーサルアクセス(universal access)に持っていきつつある、と。「一般的にいえば、マックで動くものはすべてモバイルソフトに移行するだろう。モバイル機器の技術が許す範囲内での話だが・・・。」それは、個別にグーグルサービスを登録しなくても済む一括登録(universal sign-on)も含むようだ。

Sumit Agarwal, product manager for Google Mobile, says Google has been working with Apple and is moving in the direction of universal access to its suite of search and software applications on mobile devices. “Generally speaking, everything that you see on Macs, pending the technical ability of the device itself, will migrate into mobile applications,” Agarwal says. That’s likely to include a universal sign-on, so that you don’t have to sign into each of Google’s services separately.

      *      *      *

リアルタイムに本質を捉える

グーグルのモバイルソフトは、大きなソフトをそのまま小さなデバイスに取り込むものではなく、外出中のユーザーが実際に使う基本的な機能に焦点をあてて、必要最小限にスリム化したものとなる。「例えばブロガーについていえば、たくさんのコメントが投稿できることは重要でない。その瞬間の本質を捉え、リアルタイムでシェアできるからだ。スナップ写真を撮って、音声の説明を加えればいい。」

Rather than dumping huge applications onto small devices, Google’s mobile applications are streamlined and stripped down to focus on the primary ways consumers use them on the go. “With Blogger, for example, it isn’t as important that I be able to leave lots of comments, as that I can capture the essence of what I’m doing at that moment and share it in real time,” Agarwal says. “I may want to snap a photo of a monument and store a voice annotation.”

      *      *      *

ウィジェットいろいろ

グーグルとして他にオファーできるものは何か。グーグルリーダー(Google Reader)ウィジェットか。[グーグルが LG と一緒に立ち上げた]ポータルでは最近ブログ閲覧ツールを発表し、オフラインでのアクセスも可能になった。iPhone はリーダーにアクセスできるブラウザを持っているが、高速アクセスができないような場面では、ウィジェットは特に有用だと考えられる。それに今や YouTube が Apple TV で見れるのだから YouTube iPhone ウィジェットなんかどうだろうか。

What else might Google offer? Possibly a Google Reader widget. The portal recently announced that its blog-reading tool can now be accessed offline. And though the iPhone could access Reader through its browser, a widget would be particularly useful when speedy mobile Web access isn’t available. And why not a YouTube iPhone widget, now that YouTube is on Apple TV?

      *      *      *

途中はしょったが、要はグーグルが iPhone にとって欠かせないパートナーになるというわけだ。

アップル・グーグル同盟の噂は、WWDC を一両日後に控えてにわかに大きくなっている。

Wired Blogs [Epicenter]:”A big Google-Apple partnership next week? Bet on it.” by Fred Vogelstein:6月7日

      *      *      *

クラウド・コンピューティング(cloud computing

いつもなら、Steve Jobs がつぎにどんな動きに出るかなどと騒々しく噂をする連中には加わらないのだけれど、今回はどうにも堪(こら)えきれない。Jobs は月曜日にサンフランシスコの WWDC の舞台に立って彼が最も得意とすること、アップルの最新製品について語り、地球上でもっともカリスマチックな CEO としての座を確固たるものにすることになる。彼は多分新しい iPod や iPhone などについて発表するだろう。ひとつだけ、彼が間違いなく発表すると確信していることがある。未来にとって影響の大きいグーグルとの「クラウド・コンピューティング」(cloud computing)に関するパートナーシップだ。両社は、この数か月というも、この点に関してずっとヒントを与えてきた。そしてこのことは実に辻褄(つじつま)が合うのだ。

I don’t typically join the gaggle of folks trying to guess what Steve Jobs’ next move is going to be, but for once I can’t resist. On Monday Jobs is taking the stage at Apple’s worldwide developers conference in San Francisco to do what he does best – tell us all about Apple’s latest products and reinforce his place as the most charismatic CEO on the planet. He’ll probably announced a new Ipod, tell us more about the iPhone  etc etc. One announcement I’m almost sure of, however : A far reaching, cloud computing partnership with Google. Both companies have been hinting about it for months, and it makes perfect sense.

      *      *      *

ドット・マック(.Mac

クラウド・コンピューティング(cloud computing)は、技術の世界でいま最もホットな話題だ。アップルは完全に立ち後れていて、なんとかしなければならないと考えている。アップルはすばらしいハードを作る。しかし、クラウド・ベースのストレージ・サービスである「.Mac」(ドット・マック)については何年も改善できずにいる。.Mac では1年 100 ドルで 1GB のストレージを利用できる。その倍をタダで利用できる時代だというのにこれではお笑い草だ。

Cloud computing is the hot new thing in the world of technology right now; Apple is a complete laggard; and it knows it needs to fix it. Apple makes beautiful hardware, but it hasn’t improved on .Mac, its cloud based storage offering, in years. You get 1GB of storage on .Mac for $100. That’s laughable in an era where you can get double that for nothing.

      *      *      *

グーグルの狙い

一方グーグルは、クラウド・ベースのハードとソフトを世界の誰よりも上手に、かつ安く運用している。どうやって稼いでいるのか。検索サービスやその他のソフトで可能な限りたくさんの利用者を確保することによってだ。想像してみてほしい。マックを買ったひとが自動的にグーグルの無料アカウントを取得し、それから発生することになるアクセスの量を・・・

Meanwhile, Google runs cloud based hardware and software better and cheaper than anyone in the world right now. How does it make money? By getting as many people as possible looking at advertising alongside search and other various software offerings. Imagine all the traffic from the following: You buy a Mac and you automatically get a free Google account.

      *      *      *

得意分野を足し合わせる

グーグルの CEO でアップルの役員でもある Eric Schmidt も、アップルのボスの Steve Jobs も、二人ともその方向に向けて真正面から取り組んでいることを示唆している。私が4月に Schmidt をインタビューしたとき、いずれそういう協力関係になると彼は述べた。「アップルが解決しようとしている問題に対して、我々は完璧なバックエンドを提供できる。彼らのユーザーインターフェイスや消費者に対する判断は大変優れている。しかし彼らは、グーグルが持っているようなスーパーコンピュータ(データセンターのこと)は持っていない。彼らが得意なのはモノを作ることで、それは大変優れているのだ。」

And the hints from Eric Schmidt, Google’s CEO and Apple board member and from Apple boss Steve Jobs point squarely in that direction. Schmidt said in April in an interview with me that he envisioned just such a relationship eventually. “We’re a perfect back end to the problems that they’re trying to solve,” Schmidt told me. “They have very good judgment on user interface and people. But they don’t have this supercomputer (that Google has), which is the data centers. What they have is a manufacturing business that’s doing quite well.”

      *      *      *

失われた時の埋め合わせ

.Mac について Jobs はどう考えているのだろうか。彼は先週のD会議でつぎのように語ってそのことを認めた。「待っていてほしい。あなたのいうことはそのとおりだ。ごく近い将来、我々は失われた時の埋め合わせをするつもりだ。」

Jobs’ response to .Mac’s whithered state? In response to a question last week he actually agreed, adding “stay tuned.” said “I couldn’t agree with you more and we will make up for lost time in the very near future.”

      *      *      *

Dでのクラウド・コンピューティング(Cloud Computing)とリッチ・クライアント(Rich Client)に関する議論はいささか分かりにくかったが、こんな形に発展するものだったのか・・・

アップルにとってグーグルは大きな隠し球(隠し味)であり,その一方グーグルにとってもアップルの魅力は大きいということだ。

イノベーションの最強の組み合わせからは何が生まれるのだろうか。

      *      *      *

参考:

・Time:”iPhone’s Secret Ingredient: Google” by Jeremy Caplan:6月1日
・TheStreet.com:”Apple, Google Connect on iPhone” by Daniel Del’Re:6月7日
・Wired Blogs [Epicenter]:”A big Google-Apple partnership next week? Bet on it.” by Fred Vogelstein:6月7日
・BusinessWeek:”Could .Mac Move To Google?” by Arik Hesseldahl:6月8日
・MacNN:”Apple, Google at WWDC: .Mac, partnership?“:6月8日
・Computerworld:”Opinion: Why a .Mac-Google Apps integration makes sense” by Seth Weintraub:6月8日
・Ars Technica:”Whither .Mac?” by Charles Jade:6月9日

Technorati Tags: , , , , , , ,

2007年 6月 8日

新デザインの iMac は出る、出ない

himac_r16c

[New iMac? – Isamu Sanada]

WWDC をあと数日に控えて、Think Secret と AppleInsider が久しぶりにがっぷり四つに組んでいる。

新しいデザインの iMac が WWDC で登場するかどうか、予想が真っ二つに割れているのだ。

Think Secret:”Brushed aluminum iMac due next week“:7月7日

      *      *      *

ブラッシュアルミニュームの iMac 登場

アップルは、新しい iMac のラインナップを来週披露する準備が整ったようだ。このひと月でマックのアップグレードは3度目となる。予想的中率の高い信頼出来る情報筋によれば、新しい iMac はブラッシュアルミニュームの筐体を採用し、6月11日の WWDC 当日ないしはその直近に発表する狙いを定めているという。

June 7, 2007 – Apple is poised to deliver its third Mac revision in less than a month next week when the company takes the wraps off its new iMac line. Sources with reliable track records report the new iMac, wrapped in a brushed aluminum enclosure, is currently tracking for release at or around Apple’s Worldwide Developers Conference on June 11.

      *      *      *

MacBook Pro と共通の部品

iMac がインテルマックとして 2006 年1月に登場して以来、内部部品の多くはMacBook Pro と共通仕様になっている。ということは、先週アップグレードされた MacBook Pro の改良点を当然 iMac も享受できるということだ。インテルの Santa Rosa アーキテクチャの実装も含まれ、これによって、フロントサイドバス(front-side bus)はこれまでのものより20%速く、スピードは 2.4 GHz にも達する可能性がある。

Since the inception of Intel-based systems in January 2006, the iMac platform has shared many of its internals with the MacBook Pro, meaning the new iMac will surely benefit from the same improvements the MacBook Pro received earlier this week. This includes the implementation of Intel’s new Santa Rosa architecture, which features a 20 percent faster front-side bus than the outgoing models and processor speeds up to 2.4GHz.

      *      *      *

17インチモデルはなくなる

前にも述べたように、17インチモデルは新しい iMac のラインナップからは消えて、20インチと24インチモデルだけとなる。現在 1499 ドルの20インチモデルの価格は下がると思われるが、それでもエントリーレベルの17インチモデル(999 ドル)までは下がらないだろう。

As previously reported, the 17-inch model will not be included in the new iMac line-up, which will feature models with 20-inch and 24-inch displays only. Prices will drop accordingly on the models with larger displays, which current start at $1,499 for the 20-inch, but they are not expected to match the outgoing 17-inch Mac’s $999 entry-level price point.

      *      *      *

高級モデルとしての位置づけ

iMac の新しい筐体は、アップルのハイエンドシステムによりマッチしたものとなるだろう。アップルは iMac をより高級モデルとして位置づけし直そうとしているからだ。

The iMac’s new enclosure will better match that of Apple’s high-end systems as the company repositions the iMac as a more premium offering.

      *      *      *

Cinema Display

来週の WWDC では Mac OS X 10.4.10 のアップデートが予定されているが、併せてこの機会に23インチの Cinema Display を iMac と同じパネルを使う24インチモデルに入れ替えるかもしれない。

Also expected at WWDC next week is the Mac OS X 10.4.10 update, while Apple may also take advantage of the timing to replace its 23-inch Cinema Display with a 24-inch model that uses the same panel as the iMac.

      *      *      *

一方、これに対して AppleInsider は否定説を掲げる。Think Secret と異なる論点はつぎのとおり。

AppleInsider:”Poor bets placed on new iMacs at Apple’s developer conference” by Kasper Jade:7月6日

      *      *      *

WWDC での発表はない

この件に詳しいソースによると、アップルで一番売れ行きのよいコンシューマデスクテップマシン[iMac]の徹底的オーバーホールは今年後半を目途に進行中だが、月曜日の WWDC にはまだ時期尚早で、現行モデルの売れ行きを損なう恐れもり、発表はないだろうという。

People familiar with the matter say an extensive overhaul to the top-selling Apple consumer desktop machines remains on track for an unveiling later this year, adding that an introduction during company’s Worldwide Developer Conference on Monday would be premature and serve only to disrupt sales of existing models.

「アップルが、新しい iMac を入手可能になる何か月も前に発表しなければならない必然性はない」とマックメーカーの家電商品戦略に詳しい別のコンタクト先はいう。「iMac にはまだ寿命が残っているようだ。」

“There’s no compelling rationale for [Apple] to pre-announce new iMacs months in advance of availability,” said another contact familiar with Cupertino-based Mac maker’s consumer product strategy. “The current iMacs appear to have some life left in them.”

      *      *      *

WWDC では Leopard に集中する

その代わりアップルは、今度のデベロッパ会合では、次世代 Mac OS X Leopard の「秘密の」機能改良に的を絞るだろう。それは、昨年の会合で初めてちょっとだけ披露されて以来、事前配布のビルドが出るたびにうわさになってきたものだ。

Instead, Apple is expected to use its annual developer gathering to zero-in on “Top Secret” enhancements to its next-generation Mac OS X Leopard operating system that have been lingering beneath the surface of pre-release builds since the software was first previewed at last year’s conference.

      *      *      *

流通状況も変化なし

火曜日に MacBook Pro がアップデートされる直前のサプライチェーンの様子と違って、iMac については流通に特段の変化はなく、入手状況も普通だ。加えて、大量購入のディーラーも、かなり先までちゃんと入荷できる予定だという。

Unlike a supply-chain pattern that manifested in the weeks and days leading up to Tuesday’s MacBook Pro revamp, checks into the availability and channel flow of existing iMac models revealed no disruptions and normal availability. Additionally, high-volume dealers are expecting an uninterrupted stream of iMac shipments for the foreseeable future.

      *      *      *

よく読むと、Think Secret と AppleInsider が異なるのは、来週の WWDC で発表されるかどうかという点だけのようだ。

・ブラッシュメタルの新デザイン

・Santa Rosa アーキテクチャの採用

・17インチモデルはなくなる

などはいずれも共通だ。

こうなると iMac に大幅なデザイン変更が加えられるというのはどうも本当らしい。

では、WWDC で発表されるのかどうか。

アップルの発表は常に一歩ずつの積み重ねで、決して一度にすべてを出したりはしないこれまでの状況を見ると、AppleInsider の方に分がありそうな気がしないでもない。

      *      *      *

少し視点を変えてみよう。

WWDC 最大のテーマ Leopard の披露は、どのデモマシンを使って行われるのだろうか。

ひょっとして前触れなしに発表された8コアの Mac Pro が、Leopard の登場によって遂にその実力を発揮するのか。

それとも、Leopard 時代にふさわしい実力を備えた iMac が新たに登場するのか。

より高級モデルとして位置づけるという点がどうも気になる。

これはもう、月曜日の来るのが待ち遠しい・・・

      *      *      *

追記:

Think Secret の最新の記事には追加がある。

アップデート:情報筋はアップルが来週[iMac の]発表を行なう計画であると確信しているが、発表日時には変更があったもしれない。もしその場合には、アルミの iMac は翌週に出る可能性が高い。

Update: While sources are confident that the company’s plans have called for an announcement next week, they caution that the release schedule may have changed. If that proves to be the case, the aluminum iMacs would presumably follow in the ensuing weeks.

当初の記事に比べて Think Secret はいささか後退したようだ。いずれにせよ、あと数日すればハッキリする。

Technorati Tags: , ,

2007年 6月 7日

コマ−シャルのあるべき姿

Filed under: アップル,コマーシャル — shiro @ 22:01
Tags: , , , , ,

june-29

6月29日発売を知らせるアップルの iPhone コマーシャルはとてもよく出来ていて、筆者のようなケイタイ嫌いでも欲しくなるほどだ。

これを見た John Gruber が、そのすばらしさを細かく分析している。

Daring Fireball:”Taps” by John Gruber:6月4日

      *      *      *

何がすごいのか

iPhone の新しい3本のコマーシャルを昨日見た。そして、ユーザーインターフェイスを誇示することを宣伝にした携帯電話なんて他にないことに気付いた。もっといえば、ハイテク製品で使い方を見せるだけの宣伝なんてかつてなかったことにも・・・

Linking to Apple’s three new iPhone commercials yesterday, I observed that no other cell phone is advertised by showing off the user interface. Thinking about it some more, I can’t recall the last time I’ve seen any tech product advertised simply by demonstrating how it works.

      *      *      *

優れたユーザーインターフェイス

これは iPhone のユーザーインターフェイスが如何に優れているかということの証しであり、また競争相手のインターフェイスがいかにひどいかということの証しでもある。ウインドウズでやるのと同じことをマックでやる方がずっとクールだと示す、そんなコマーシャルを作るのは不可能だと思う。これは、DOS に比べてマックの方が圧倒的に使い易かった時代のことみたいだ。

It’s a testimony to just how clever the iPhone UI is, and just how bad the UIs are on the competition. I don’t think it’s possible to make a commercial for the Mac that makes any task seem that much cooler than doing the same thing on Windows. This is more like the overwhelming usability advantage from when the Mac was competing against DOS.

      *      *      *

優れた CM 制作者

これはまた、コマーシャルの制作者が如何に優れた才能を持っているかということの証しでもある。iPhone が如何に優れていても、たった30秒間で、見て楽しく、内容もいっぱい詰まったコマーシャルを作るのは至難の業(わざ)だ。

These spots are also a testimony to the talents of the makers of the ads themselves; no matter how clever the iPhone is, it’s hard to make 30-second spots that are both easy to follow and yet contain so much information.

      *      *      *

ひとつのスライド、8つのタッチ

slide

三つともすばらしいコマーシャルだが、三番目の「カラマリ」がベストだ。この中で、電話のロックをはずし、映画を再生し、Maps アプリでレストランをみつけ、そしてレストランに電話をかける。これらすべてのことが、アプリの切り替えも含めて、ひとつのスライド(slide)と8つのタッチ(tap)で行なわれるのだ。

All three ads are good, but the best is the third, “Calamari”. Here’s what we see: unlocking the phone, playing a movie, locating a restaurant with the Maps app, and calling the restaurant. All this – including switching between apps – with just one slide and eight screen taps:

1)スライドしてロックを外す
2)スクリーン下部のドックの iPod アイコンにタッチ、ビデオリストが現れる
3)「パイレーツ・オブ・カリビアン」をタッチ、映画が始まる
4)メインボタンにタッチ、映画は中断してローンチャー(launcher)に戻る
5)Maps アイコンにタッチ
6)Maps アプリの検索欄にタッチ、「シーフード」とタイプ
7)検索ボタンにタッチ、検索結果の地図が現れる
8)結果のひとつ「Pacific Catch」の隣の info ボタンにタッチ、レストラン情報が現れる
9)電話番号にタッチして電話をかける

1. Slide to unlock.
2. Tap iPod icon on bottom-of-the-screen dock. List of videos appears.
3. Tap “Pirates of the Caribbean”. Movie resumes playing.
4. Tap main button. Movie pauses and we switch back to launcher.
5. Tap Maps icon.
6. Tap search field in Maps. Type “seafood”.
7. Tap Search button. Results map appears.
8. Tap info button next to “Pacific Catch” in map results. Information listing for the restaurant appears.
9. Tap phone number to place call.

      *      *      *

理想的なワンタッチ効率

ワンタッチの効率という点からいうとほぼ理想的だ。映画を一時中断して別のアプリに切り替えるのに、メインボタンと Maps アイコンのたったの2タッチだ。Maps の結果から電話をかけるまでこれも2タッチ。

That seem pretty close to optimal, in terms of efficiency per tap. Pause a playing movie and switch to another app in two taps (main button, Maps icon). Maps results to phone call in two taps.

      *      *      *

スムーズなアニメーション

map

それぞれのモードを切り替えるときは楽しいアニメーション付きだ。アプリを開くと、画面中央からズームアウトしてくる。ローンチャーに戻るときは逆にズームインする。キーボードは下部からせり出してくる。検索結果で地図上の場所を示すピンは画面の上部から飛び出してくる。地図上のレストランの info ボタンは右向き矢印で、そちらから info パネルがせり出してくる。

Each mode switch is accompanied by a pleasant animated transition. Opening an app zooms it out from the center of the screen. Switching back to the launcher reverses the zoom. The keyboard slides out from the bottom. The pins denoting map results fly in from the top of the screen. The info button for the restaurant on the map is a rightward arrow, which points in the direction from which the info panel slides out.

このデモで無理にごまかしたところはほとんどない。iPod アプリを開くと、使い易いように映画はトップにリストされている。Map アプリはどういうわけか我々の現在地を知っている。多分 Mac OS X の Weather ウィジェットみたいに、初期設定で zip コードを入力したためだと思われる。(アップルが密かに FCC 認可のうらで GPS を使っていると考えるのも楽しいかもしれない。)

There’s very little room for fudging in this demo. The movie is conveniently listed at the top of the list when the iPod app opens. The Map app somehow knows where we are: my guess is that it’s like the Mac OS X Weather widget, with a preference setting for a default zip code. (Keep dreaming if you think Apple has secretly added GPS behind the FCC’s back.)

      *      *      *

魔法の home ボタン

何より、スクリーンタッチに止まらず、ユーザー経験がとても分かりやすいということだ。iPod や PC を使えるひとなら誰でも、他人の助けを借りなくても iPhone の使い方が分かる。唯一の秘密は、魔法の home ボタンの使い方を覚えることだ。

Best of all, the experience isn’t just short on screen taps, it’s high on obviousness. It seems obvious that anyone who can use an iPod or a PC ought to be able to figure out on their own how to use iPhone. The fundamental trick to learn is the magic home button.

      *      *      *

いろいろなアプリ

apps

ローンチャー(launcher)即ち home アプリのフル画面を見ると、1月発表当時からほんの少し変化している。アプリの種類に変化はないが、並べ方が少し異なっている。Text、Calendar、Photos、Camera、Stocks、Maps、Weather、Clock、Calculator、Notes、Settings の順序だ。スクリーン下部のドックには Phone、Mail、Safari、iPod がある。(ウェブブラウザは、1月には Web という名前だったが、今は Safari となっている。)

The full-screen view of the launcher/home app reveals a few subtle changes from the iPhone images from January. The app list remains unchanged, but in a slightly different order (so no iChat when iPhone debuts, apparently). In the regular list: Text (SMS), Calendar, Photos, Camera, Stocks, Maps, Weather, Clock, Calculator, Notes, Settings. In the bottom-of-the-screen dock: Phone, Mail, Safari, iPod. (Note that in Apple’s January screenshots, the web browser was called “Web”, not “Safari”.)

      *      *      *

使い方を見せるだけで、機能のすばらしさとインターフェイスの優秀さを示す。これぞまさにコマーシャルの在るべき姿ではないか。

John Gruber の説明からは、その思いが切々と伝わってくるようだ。

流れるようなコマーシャルは、かつて流布したことのある iTalk コマーシャルとは異なった意味での流麗さを感じさせる。

初期の時代からアップルのコマーシャルを作ってきた Chiat/Day[現在は TBWA/Chiat/Day]だからこそ出来たのかもしれない。

日本でも Get a Mac の焼き直しでない、真の意味でのコマーシャルが出来るといいと思う。

Technorati Tags: , , ,

2007年 6月 4日

Leopard の秘密はウインドウズか

Filed under: アップル,OS,仮想化 — shiro @ 21:53
Tags: , , , , ,

leopard_secret

いよいよ WWDC まで一週間を切った。

Leopard の秘密はウインドウズではないかと、ビジネスウィークの Arik Hesseldahl が書いている。

BusinessWeek:”Buzz Building On Secret Features In Leopard” by Arik Hesseldahl:6月1日

      *      *      *

二つの出来事

Leopard でウインドウズはどう扱われるのか、6月11日の WWDC で Jobs は何を語り、何を語らないか、という予想に影響を与える二つの大きな出来事が今日あった。

So there’s a double-whammy today in the way of speculation on the subject of Windows functionality in Leopard, and what Steve Jobs may or may not say at WWDC on June 11.

      *      *      *

バーチャルマシンをテスト

American Technology Research のアナリスト Shaw Wu が、この件に関する分析ノートを今日出した。それによれば彼は依然として、Leopard が10月まで遅れたのは iPhone が原因ではなくて、マックの OS 環境で複数の OS をシームレスに動かすバーチャルマシンを Leopard でテストしているためだと信じている。このことは売り上げを大幅に伸ばすきっかけとなるだろうと彼はいう。

Shaw Wu of American Technology Research in San Francisco has a new research note out today on the subject. He continues to believe that the reason that Leopard was delayed until October has less to do with the iPhone and more to do with testing virtual machine technology within Leopard that would allow the seamless operation of several operating systems within the Mac OS environment at once. That he says, could turn out to be a major sales catalyst.

      *      *      *

ウインドウズがなくてもアプリが動く

Wu の分析ノートが出る前日、 Crunchgear の Matt Hickey は「バカげて正気とは思えない噂」というエントリーを書いた。これは、ウインドウズがなくても Leopard 上でウインドウズのアプリケーションを動かせる可能性について空想した Les Posen のエントリーについて触れたものだ。

Wu’s note hit the wires a day after Matt Hickey at Crunchgear blogged about “A stupid, insane Mac rumor” keyed in part off this Blog post by Les Posen who is fantasizing about the possibility that Leopard would be able to run Windows applications without Windows.

      *      *      *

コヒーレンスモードを一歩進めるだけ

実のところ、そう考えるのはたいして難しいことではない。Parallels for Mac の最新バージョンで可能になった「コヒーレンスモード」(Coherence mode)を考えてみよう。コヒーレンスモードでは、ウインドウズのデスクトップ環境は隠されているので、ウインドウズのアプリケーションはマックのデスクトップ上のウインドウの中で動いているようにしか見えない。

Say what? Well, its really not that hard to imagine, actually. Consider the Coherence mode available in the latest versions of Parallels for Mac. When in Coherence mode, the Windows desktop environment is shunted aside, and all you see is the Windows application you happen to running, but within a Window directly on your Mac desktop.

      *      *      *

ゲームではすでに可能

ここで Cider が登場する。これはウインドウズのゲームをマックで直接動かせるようにするゲーム開発環境だ。Cider を使うとゲームの移植(port)が不要となる。普通のことばでいえば、ウインドウズのゲームをマックで動くようにするため、ほぼ完全に書き替えなくてもいいことを意味する。ウインドウズの二つのゲームソフト(Heroes of Might and Magic VMyst Online: URU Live)がすでに Cider で、したがってインテルマックで動かせるようになっているという。

Then there’s Cider a gaming development environment that allows Windows games to be adapted for running on the Mac directly, without the need to “port” the game — which in English means taking a Windows game and then rebuilding it more or less from the ground up for the Mac. Already two Windows games, Heroes of Might and Magic V and Myst Online: URU Live are said to be Cider-enabled, and as such playable on an Intel Mac.

      *      *      *

定番 Boot Camp Fusion

これに加えて、VMWare の Fusion for the Mac やアップル自身の Boot Camp があるというわけだ。これらは Leopard ではさらに強力になっていると思われる。

On top of this, there’s VMWare Fusion for the Mac, and Apple’s own Boot Camp, which could conceivably be vastly improved in Leopard.

      *      *      *

ウインドウズをインストール済のマック

これらすべてを考え合わせると、サードパーティのベンダーがやったのと同じことをアップルがやってもおかしくない。すなわち、ウインドウズをインストール済のマックを、CTO[Configure To Order、注文仕様生産]モデルのようなオプションとして売るのだ。[注:ウインドウズをインストール済で、各種設定も不要、箱から出してすぐ使えるという意味?]私自身先月この話を耳にしている。こういった需要があることは明らかだ。さもなくば Parallels は成功しなかっただろうし、VMWare も Fusion を作ったりはしないだろう。

All of this activity leads me to wonder if perhaps Apple might do as some third-party vendors have done — I heard about one last month — and offer Macs with Windows installed and configured on board as a configure-to-order option. Clearly there’s a demand for it, or Parallels wouldn’t be successful, and VMWare wouldn’t be building Fusion.

      *      *      *

バーチャルマシンは福音だ

マックにおけるウインドウズのプレゼンスを最小限に抑え、かつ、希望するアプリケーションを見えないバーチャルマシン内で信じられないほど簡単に動かす、そんな方法をアップルが可能にするなら、私みたいな人間にとってそれは革命以外の何ものでもない。だって私は、ウインドウズと OS X の二つのコンピュータの間を行き来するのに大変な時間を費やしているのだから。Shaw Wu のいうバーチャルマシンの技術が Leopard の「秘密の機能」だというのなら、これはもう大変なニュースだ。

If there is some way that Apple could minimize the presence of Windows within the Mac, and make it incredibly easy to run pretty much any application you want within a largely invisible virtual machine, that would be nothing short of revolutionary for people like me who spend a great deal of time shuttling between two computers — one running Windows and one running OS X. If a virtual machine technology is as Shaw Wu suggests the marquis “secret feature” of Leopard it would indeed be very big news.

Technorati Tags: , , , , ,

2007年 6月 1日

マイクロソフトは Surface Computing でアップルに追いつくか

surface

マイクロソフトの「サーフェスコンピュータ」(Surface Computing:コード名 Milan)がにわかに関心を呼んでいる。

マイクロソフトが、iPhone のようなマルチタッチのユーザーインターフェイスを急追するのではないかと考えられるためだ。

Surface Computing についてはこちら:

TechCrunch:”Microsoft Announces Surface Computer” by Duncan Riley:5月29日

TechCrunch Japanese:”Microsoft、「Surface」コンピュータを発表” by Duncan Riley:5月31日

Popular Mechanics:”Microsoft Surface: Behind-the-Scenes First Look (with Video)” by Glenn Derene:2007 年7月号[Video]

      *      *      *

しかし Surface Computing は、マルチタッチの技術とは別物だと Carl Howe はいう。

Blackfriars’ Marketing:”Apple’s answer to Microsoft’s Surface Computing initiative: real products” by Carl Howe:5月30日

      *      *      *

Surface Computing とは

コンセプトモデルで厄介なことが起きるのは細部においてだ。マイクロソフトの surface computing への動きは、アップルが iPhone で導入しようとしている技術とは異なっており、多分それと競合することはないと思われる。マイクロソフトの技術は、つぎのようなものだ。

But as with many concept demos, the devil here is in the details, and Microsoft’s surface computing initiative is very different from — and probably will never compete with — the technologies Apple is introducing in the iPhone. Microsoft’s technology:

1)その秘密はカメラとプロジェクタ

タッチスクリーンの技術(touch-screen technology)とは異なる光学的(optical)なものだ。ブラシを使って絵を描けるような大きな利点がある一方、いくつかの欠点もある。たとえば、スクリーンが白くなるのを防ぐため部屋を暗くする必要があるとか、物体を認識できるようにバーコードを付ける必要があるといったことだ。

Depends on cameras and projectors for its magic. This isn’t a touch-screen technology, but an optical one. That has some huge advantages, like the ability to use brushes to paint, but also has some disadvantages, like the need for dim lighting to avoid washing out the screen and the need to put bar codes on objects for the system to recognize them.

2)広範囲のコントロールが必要

マイクロソフトは、ウインドウズの携帯電話メーカーにも売り込んでいるといっているが、この技術は明らかにケイタイよりキオスクのような大きな環境を念頭に設計されている。光学プロジェクタやカメラを使うには広くて空っぽの平面(large empty spaces)が必要だ。だから、プラズマディスプレーや LCD ディスプレーのように投影用テレビを壁掛けにするわけにはいかない。携帯電話では、光学的に surface システムが実行可能なスペースはとれない。それにマルチタッチが可能なタッチスクリーンとなると、間違いなくアップルの特許に抵触するだろう。

Focuses on large interactions instead of small. Despite claims Microsoft has been shopping this technology to Windows Mobile phone makers, this technology is clearly designed to work primarily in large kiosk-like settings than mobile phones. You need large empty spaces for optical projectors and cameras — that’s why you can’t hang projection TVs on your wall like you can a plasma or LCD display. There’s no room in a mobile phone for the optics needed to implement this type of surface system there — and using a multi-touch enabled touch-screen would undoubtedly run afoul of Apple’s patents on that technology.

3)そもそも PC 体系に当てはまらない

たとえ消費者が、この surface システムが何立方フィートもの大きなものになっても構わないといっても、マイクロソフトは、主として International Game Technology との開発・配布協定を通じてこの技術を配布するつもりだといっている。どういうことかというと、この技術が見れるのは Venetian Casino[ラスベガスのカジノ]の次世代ビデオポーカーマシンになる可能性が高く、Best Buy から買ってくる PC などではないということだ。

Doesn’t fit in the PC ecosystem. Even if consumers were OK with the many-cubic-foot bulk of these surface systems, Microsoft says in its press release that it will distribute this technology largely through a distribution and development agreement with International Game Technology. That means you’re much more likely to see this technology in your next video poker machine at the Venetian casino than you are in the PC you get from Best Buy.

      *      *      *

iPhone PC 向きではない

そういうことで、surface computing は iPhone や PC 用の技術ではない。だからとうだというのだ。結局のところアップルはマルチタッチをコンピュータのために使っていないではないか。

So surface computing isn’t the iPhone or a PC technology. Does that matter? After all, Apple isn’t doing anything with multi-touch for computers, is it?

      *      *      *

Leopard の一部になる?

ちょっと待ってくれ。数週間もすればアップルがマルチタッチでやることを見てびっくりすることになるのだから。マルチタッチ用の小ソフトは、MacBooks や MacBook Pro で既に動いている。二本指スクロールはもう標準だ。それに前にも触れたように、新しい 3D ファインダ(3D finder)とマルチタッチのジェスチャ(multi-touch gesture)を一緒にすれば、PC のユーザーインターフェイスが革命的に変わる可能性があるのだ。しかもそのインターフェイスが次期 OS Leopard の一部になると我々は信じている。アップルが最近ディスプレー価格を下げて在庫を減らしていること、マルチタッチジェスチャやフラットタッチスクリーンに関する特許を申請していることなどを考え合わせると、タッチスクリーンをサポートするフラットパネルディスプレーやノートブックが Leopard と一緒に発表されるかもしれないのだ。

Well wait a few weeks and you may be surprised at how much Apple is doing with multi-touch. We’ve already seen small applications of multi-touch on Apple MacBooks and MacBook Pros, where two-finger scrolling has become the norm. But as we’ve noted before, multi-touch gestures combined with a new 3D finder have the potential to revolutionize the PC user interface — and we believe that that interface will be part of Apple’s next OS Leopard. And given that Apple has recently cut its display prices to reduce inventory and has several multi-touch gesture and flat touchscreen patents already filed, we may see touchscreen-supporting flat-panel displays and notebooks introduced along with Leopard too.

      *      *      *

デモより実機が重要

アップルは今日の D カンファレンスで、開発中のマルチタッチ技術を漏らしたりすることはないだろう。せいぜい iPhone を見せびらかすだけで、それ以上はないだろう。しかし間違いなくアップルは、同じような技術を開発している。ただアップルの場合は、開発中のデモを見せたりはしない。見せるのは、みんなが買える実際の製品になってからだ。

Our bet is that Steve Jobs won’t spill the beans on Apple’s multi-touch efforts at the D Conference today — he’ll just show off the iPhone and leave it at that. But make no mistake: Apple has similar technology in its development queue. But in Apple’s case, we won’t see it as a demo. It will come in actual products you can buy.

Technorati Tags: , , , , , ,

2007年 5月 23日

「1984」を紹介する Steve Jobs

映画「Blade Runner」を撮ったばかりの Ridley Scott が制作、たった一度しか放映されなかったアップルの伝説的コマーシャル「1984」の紹介ビデオが見つかった。それも Steve Jobs 自身が紹介しているものだ。

TUAW:”Found Footage: Steve introduces the ‘1984’ ad” by Dave Caolo:5月22日

YouTube Video: “1983 Apple Keynote” | Added:  March 04, 2007 | From:  misha1035

      *      *      *

彼(か)の有名なるアップルのコマーシャル「1984」を紹介するすばらしいビデオだ。1984 年のスーパーボウルで放映される一週間前のもので、マッキントッシュチームと思われるにぎやかな聴衆に向けたものだ。彼らはとても気に入ったようだ。

Here’s a great video of Steve introducing the famous “1984” ad to a boisterous crowd (we’re guessing the Macintosh team) a week before it aired during the 1984 Super Bowl. I’d say they liked it.

もし Steve の得意なことをひとつ挙げるとすれば、それは説得力のあるスピーチをすることだろう。

If Steve’s good at one thing, it’s making a persuasive speech.

      *      *      *

この記事には読者の書き込み(Comment #3 by cuda440)があって、株主総会のときだったという。

追記:株主総会だった

読者の cuda440 が知らせてくれた。「これは 1984 年1月の株主総会のときのものだ。クパチーノのデアンザカレッジ、フリントセンターだ。私自身その場にいたので知っている。同僚のアップル従業員のほとんどが出席した。明らかに MacWorld より前だ。主な製品発表は株主総会で行ったものだ。」

Update: Reader cuda440 says, “That was at the January 1984 annual shareholder’s meeting, held at the Flint Center, De Anza College, Cupertino. I know because I was there, as were nearly all of my fellow Apple employees. Obviously this was before MacWorld, and the shareholder’s meeting was where major product announcements were made.”

スゴい! cuda440、教えてくれてありがとう。

Cool! Thanks for the info, cuda440!

      *      *      *

さらには、別の書き込み(Comment #8 by Z)もあって、いやハワイでのセールス会議だったという。[注:Wikipedia の解説と合致する]

追記2:いやハワイのセールス会議だった

これは本当は株主総会の数か月前、ホノルルで開かれたアップルセールス会議(Apple Sales Meeting)で撮影されたものだ。「先頭を切って」(Leading the Way)が会議のテーマで、導入部の曲はこのイベントために特別に作曲されたものだ。この会議に参加したのはアップルのセールス部隊、アップルの幹部、新製品開発に関係した従業員、それに広告エージェンシーの Chiat/Day チームだった。

Acutally, this was shot at the Apple Sales Meeting held in Honolulu in the Fall of 1983, several months prior to the shareholder’s meeting. The theme of the sales meeting was “Leading the Way” and the lead-in music was specially written for the event. Attending this meeting were Apple’s sales force, Apple management, employees who were involved with new product introductions, and the Chiat/Day agency team.

セールス部隊の大部分が、アップルの流通チャンネルのディーラーたちだった。IBM がチャンネルを排除したため、たくさんのディーラーがアップルに戻ってきたと Steve が強調したとき、聴衆が大きな反応を示すのが聞き取れる。株主総会ならこんな反応はない。

Apple’s sales force was predominantly dealer channel oriented; you can hear how strongly the audience reacts when Steve highlights how dealers are increasing turning back to Apple as IBM is alienating the channel. Clearly not the type of reaction you’d hear at a shareholder’s meeting.

      *      *      *

何の会議だったにせよ、IBM がなぜビッグブラザーなのか、Jobs の説明を聞くと納得できる。

二十歳代の Steve Jobs は、既にこの時点でプレゼンテーションの天才だった。

それにしてもなんと若々しく、自信に満ち溢れていることか・・・

マックファンにとって必見のビデオだ。

Technorati Tags: , , , ,

(more…)

次ページへ »