maclalalaweblog

2006年 9月 20日

iTV はまだ大化けする

Filed under: アップル,ウワサ,テレビ — shiro @ 19:00
Tags: , , , , ,

アップルの Showtime イベント直後の感想だが、その後の展開からみて、大変興味深い記事がある。

Blackfriars’ Marketing:”Three markets that are different today after Apple’s Showtime event” by Carl Howe:9月13日

今回の発表で影響を受ける分野が、Zune と TiVO と、そしてもう一つあるというのだ。

      *      *      *

iPod の新価格はマイクロソフト Zune を膝からぶった切る

The new iPod pricing just cut off Microsoft’s Zune at the knees.

マイクロソフトの Zune 第一号機(東芝 Gigabeat の名前を変えたものだが)は、299 ドルで発売される予定だった。しかし、マーケットの覇者  Video iPod  が 249 ドルから始まる価格を付けたので、もはやその値段[299 ドル]では成功の見込みがなくなってしまった。マイクロソフトはこのマーケットではリーダーではなく挑戦者だから、みんなの注意を惹き付けるにはアップルより安い価格設定をする必要がある。マイクロソフトの Robbie Bach は、当初の打ち上げ計画に数百万ドルの赤字を上乗せされて頭にきて、今頃 Steve Jobs の写真にダーツの矢を投げまくっているのではないか。

Microsoft’s first Zune device is a rebranded Toshiba Gigabeat, which was planned to launch at $299. But with the dominant market share video iPod now starting at $249, that price is a non-starter. And since Microsoft is not the leader but the challenger in this market, Zune will have be be priced less than Apple’s offering to get any traction. Microsoft’s Robbie Bach is probably spending this week throwing darts at Steve Jobs’ photo, since he just added several million dollars of red ink to Robbie’s launch plans.

      *      *      *

アップル iTV の価格は TiVO Series3 ビデオレコーダに強打を与えた

Apple’s iTV pricing also whacked TiVO’s Series3 video recorder.

私自身は TiVO の大ファンだ。今週にも最新の HDTV Series 3 が発表されるのではないかとワクワクしている。しかし、発表価格は 799 ドルだ。しかも、私の終身購読契約を解除しなければならないので更に 199 ドル必要だ。アップル iTV の発売価格が 299 ドルで、TiVO と(全部ではないが)同じような機能を提供してくれることになると、TiVO との契約を続けるのは突如として難しくなる。アップルが事前発表をしたことは、少なくともクリスマス商戦を迎える DVR マーケットに冷水を浴びせ、TiVO 製品を待ちかねている顧客に買い控えをさせることになるだろう。

I’m a huge TiVO fan, and I was excited to see the latest HDTV Series 3 launch this week. But it’s launch price is $799 — and it would cost me another $199 to move over my lifetime service subscription. With Apple’s iTV planning to launch at $299 and offering many (not all) of the same features of TiVO, suddenly, the decision to stick with TiVO may be a lot tougher to make. And at the very least, Apple’s pre-announcement will put a chill on the DVR market over the Christmas selling season and hurt TiVO’s pipeline of customers.

      *      *      *

iTV はアップルのリビングルーム戦略の最終製品ではない

Apple’s iTV isn’t Apple’s final living room play.

Steve Jobs が見せた iTV ボックスとは、実はビデオ Airport Express のことだった。多分ワイヤレスネットワーキング 802.11n を採用するだろう。しかし、Steve が iTV を見せたのは、リビングルームに映画を配信するという彼の構想の完璧さを証明するためであって、リビングルーム戦略の全貌を明かすためではなかった。iTV は本当のところ既存の「レガシー TV」、すなわち既にあなたが持っているテレビをサポートするためにあるのだ。iTV の部品は Mac mini のケースに納まるだけでなく、先週発表された 24 インチ iMac の LCD ディスプレーにも、あるいはプラズマテレビの内部にもぴったりと納まる。もっといいことは、iTV にはゴチャゴチャしたコネクタがまったく要らないことだ。昨日アップルが、ソニーや松下のようなテレビメーカーに一矢(いっし)報いなかったからといって、アップルが STB(set-top box)メーカーとして終わる保証はない。まだ・・・、まだ今のところアップルは、手持ちのコマを全部揃えて、みんなをぶっ魂消(たま)させるには至っていないというに過ぎないのだ。

The iTV box Steve Jobs showed is really a video Airport Express, probably with 802.11n wireless networking. But Steve showed that product just to demonstrate the completeness of his vision for delivering movies to the living room, not to give away his living room strategy. iTV really exists just to support “legacy TVs” — that is, ones you already own. But the components that fit so nicely into a Mac mini case fit just as well inside an LCD display (as demonstrated by the 24-inch iMac announced last week) or a plasma TV — better in fact, since it wouldn’t require all the myriad connectors on the iTV. The fact that Apple didn’t fire a shot across the bow of TV makers like Sony and Matsushita yesterday doesn’t mean that it only intends to be a set-top box maker. It only means that Apple doesn’t have all the pieces in place to  completely blow people away — yet.

      *      *      *

こういう先の展開を読んだ記事に出会うとぞくぞくする。目の前の視界がすーっと開けたような感じがするからだ。

そういえば、アップルのディスプレーの名前は「シネマ」ディスプレーだった。23 インチ、30 インチモデルには、わざわざ「HD」の語までついている。

これに iTV が加わると、まさにインターネットコンテンツが見れる大型テレビだ。また先の楽しみが増えた。

ところで、Zune の価格が Wal-Mart のサイトから一瞬リークされたらしい。

TiVO Series3 も人気は高いものの、価格に逡巡(しゅんじゅん)するひとも多いようだ。

アップルの「お茶の間侵攻作戦」の全容が明らかになるにつれて、各方面に影響が出始めた。

Technorati Tags: , , , , ,

2006年 9月 11日

本命は Video Express:Cringely

シリコンバレーきっての事情通 Robert X. Cringely が、アップルのスペシャルイベントについて大変興味深い記事を書いている。

PBS:”Apple controls Amazon?” by Robert X. Cringely:9月7日

      *      *      *

来週火曜日にアップルの発表があるというので、一体なんだろうとそこら中のコンピュータやビジネス系のメディアが書き立てている。どうしてもう少し待てないのか、そうしたら何だか分かるのに・・・ でも、新聞を売るためには(本誌のような電子媒体も、あるいは紙媒体も含めて)そういう訳にはいかないのだ。今回の「一体全体 Steve は何を考えているのか」騒動から、ひとつの教訓を学ぶことができるのではないかと思う。

So Apple has an announcement to make next Tuesday and the tech and business publications are falling all over themselves guessing what the news is likely to be. Why not just wait and find out? Because that’s not how newspapers (whether electronic, such as this one, or cellulose) are sold, that’s why. But I think there is something to be learned from taking a look at this entire “What-is-Steve-Planning?” experience AS an experience.

      *      *      *

同日キャンセルの怪

アップルには先の7月6日にも発表する計画があったが、土壇場でキャンセルされた。おもしろいことにアマゾンも7月の同じ日に発表の計画があったが、こちらもアップルと同じときにキャンセルされた。両社とも、映画やテレビのインターネットダウンロードサービスについて発表する筈だった。両社とも同じときに発表をキャンセルしたということは、Wall Street Journal の報道を考えると大変奇妙に思える。同紙によれば、アップルとアマゾンは全く異なる技術を用いる、即ちアマゾンはマイクロソフトのコードを使うからだ。

Apple had an announcement planned for July 6th but cancelled at the last moment. Interestingly enough, Amazon.com also had an announcement scheduled for that same day in July and it too was cancelled at the same time as Apple’s. Both companies planned to talk about their movie and TV Internet download services. The fact that both announcements were cancelled at the same time is especially curious given that the Wall Street Journal tells us that Apple and Amazon are using completely different technologies, with Amazon’s being based on Microsoft code.

      *      *      *

キャンセルは Jobs の圧力だ

今にして Steve Jobs の考えを思うと、計画に遅れが生じたのはこういうことだったのではないかと思う。アップルとしては、ちゃんとした映画会社の参加リストが未だに出来ないでいるため、発表を延期して、Jobs が相当数の映画界の大物の尻を叩いてまわることにしたのじゃないか。アマゾンが発表を延期したのは、Steve からの間接的圧力だ。Steve は、アマゾンの Jeff Bezos がたくさんの、それもとてもたくさんの映画タイトルを発表するのが気に入らなかったのだ。

Channeling Steve Jobs now, I’d say the delay came down to this: Apple was still struggling to put together the right list of participating movie companies and needed to postpone the announcement so Steve could beat up on a few more studio honchos. What got Amazon to postpone their announcement was indirect pressure from Steve, who didn’t want to be shown up by Bezos & Company delivering more titles — a LOT more titles.

こうしてアップルはアマゾンが発表するのを延期させた。後々ディズニーがアマゾン側に参加するかもしれないとちらつかせることによって。WSJ や他紙によれば、アマゾンが擁(よう)していない唯一の映画会社がディズニーだというが、アマゾンとしては喉から手が出る思いに違いない。一方、アップル側についたのはディズニー1社だけだという。ディズニーの役員(最大の株主)という Jobs の立場が、ディズニーを通じてアマゾンに圧力をかけることを可能にしたのだ。そういう訳だがお分かりいただけただろうか。

So Apple got Amazon to postpone its announcement by holding out the lure that Amazon might get Disney to participate in a later event. According to the Journal and elsewhere, the only major studio Amazon doesn’t have is Disney, which I am sure they would sorely like to have. Meanwhile, the only major studio Apple reportedly has IS Disney. That connection and Jobs’ role on the Disney board (as well as being the company’s largest shareholder) made it possible for him to force Disney to force Amazon — well you get it.

      *      *      *

クリスマスシーズン

にも拘らず、来週のアップルの発表ではディズニーのタイトルしかないといわれている。このことから、他の映画会社が一団となって Jobs に圧力をかけ、噂されている 9.99 ドルおよび 14.99 ドルという価格を変更させようとしているのだと思われる。どうやらこの交渉はうまくいかず、クリスマスシーズンを完全に棒に振ることをおそれたアップルが、今動きに出るか、それとも来年まで待つかということになったのだ。

And yet, next week’s announcement reportedly still has Apple with only Disney films to sell. This suggests the other studios are ganging up on pricing, trying to force Jobs to change the $9.99 and $14.99 price points that have been bandied about. Evidently these discussions have failed and Apple, not wanting to miss the Christmas season entirely, has to move forward now or wait until next year.

アップルは最後の最後まで映画会社と交渉するだろう。しかし、クリスマスシーズンはアマゾンが完全に席巻(せっけん)して、交渉結果が日の目を見るには至らないかもしれない。

I am sure Apple will be negotiating with the studios until the last possible moment, but it may take Amazon trouncing Apple during the Christmas shopping season to have any real impact on those negotiations.

      *      *      *

発表はデカイぞ

多くの専門家が、アップルは新しい iMac を特段のイベント無しに今週発表しようとしていると予測しているのは正しいだろう。まったく Jobs らしいマーケティングのやり方だ。本来ならば、かなりのビッグニュースになりそうなものを何気ないそぶりで出す。それは、来週発表されるものがなんであれ、すごくデカイことを窺わせる。

… Many pundits correctly predicted that Apple was about to announce new iMacs only to have that announcement take place earlier this week without an associated event. That’s typical Jobs marketing, casually presenting what we would have accepted as pretty big news in itself, which implies that whatever is coming next week, well it is REALLY big.

そうなるかもしれないし、そうならないかもしれない。それはすべて映画会社との交渉結果如何だ。

Maybe, maybe not, depending on those studio negotiations.

      *      *      *

このあと Robert Cringely は、なぜデジタル配信が DVD そのものを買うより優れているかということについて、Cringely 家の二才のおチビちゃんのエピソードを交えて語る。なかなか微笑ましいのだが、ここでは割愛して、つぎの本命の部分に移る。

ここからが Cringely の本領だ。

      *      *      *

1月に発表される筈だったもの

来週発表されるのは、去る1月にアップルが発表しようとして土壇場で取りやめたものとまったく同じだと思う。いくつもの iPod、二つのテレビ、それに私が18か月前に予測した Video Express アダプターが発表されることになるだろう。

What I think is coming next week is exactly what I thought was coming last January when Apple at the last moment changed its mind about an earlier set of announcements. We’ll see a bunch of iPods, two televisions, and the Video Express adapter I first wrote about more than 18 months ago.

      *      *      *

no-brainer

もちろん、スクリーンの大きいビデオ iPod や、大容量フラッシュベースの iPod 、それに大きな HDD を備えた iPod も出るだろう。これらはどれも特段目新しいものではない(no-brainer)。テレビだって全然目新しくない。もともとゲートウェイが始めたことだが、いまでは HP やデルまで HDTV の販売している。したがってアップルだってそうするだろうと考えるのが論理的だ。この1月、アップルはプラズマのモデルを出すところだった。今じゃ LCD ディスプレーに変わっているかもしれないがよく分からない。ただ、HDTV マーケットがブームになっているので、アップルだってそのパイが死ぬほど欲しいに違いない。

Yes, we’ll probably see a larger screen video iPod, a larger capacity flash-based iPod, and some models with yet larger hard drives. All of those are no-brainers. The televisions are no-brainers, too. Gateway started this trend, but now HP and Dell both sell HDTVs so it’s logical for Apple to do so, too. Apple was set to deliver a pair of plasma models back in January, but those may now have LCD displays, I don’t really know. But with the HDTV market booming, Apple would be crazy not to grab a piece of that action.

      *      *      *

本命は Video Express

しかし、私が一番期待しているのは Video Express だ。遂に夢が叶うときがきたのだ。覚えておられない方のためにいうと、Video Express は AirPort Express[日本名 AirMac Express]のように電源プラグにつないで使う装置だ。 AirPort Express が家庭内で送信するのは WiFi とオーディオだけだが、Video Express は WiFi とオーディオとそしてビデオを送信するのだ。

However, the most interesting announcement I am expecting will be the Video Express, which I sure hope is finally here. If you don’t remember, this is a gizmo that plugs into a power outlet just like an AirPort Express, only where the AirPort Express sends WiFi AND audio around your house, the Video Express will send WiFi and audio AND video.

      *      *      *

テレビにつなぐことがポイント

これこそキーとなるものだ。インターネットテレビへの転換に関するこれまでの議論でまったく欠けていたのが、みんなが使いたいと思う機器をどう取り込むかということだ。みんなが使いたい機器とはテレビのことだ。本当のところ誰もコンピュータで映画を見たいとは思わない。そうしたいひとがいるのは事実だが、ほとんどのひとはそうではない。インターネットのビデオダウンロードマーケットが本来の姿で爆発的に伸びるためには、コンピュータからテレビに映画を転送する、なんらかの簡単な方法が必要なのだ。エレガントで、とてもアップルらしいやり方でこれをやってくれるのが Video Express だ。Video Express はとても簡単な機器だ。ユーザーインターフェイスなどまったくない。あるのはポートだけ。Video Express を電源に差し込むだけでいい。あとは自分で WiFi ネットワークとビデオサーバーを探し、テレビにつないでくれる。iPod みたいに HDD の中味がテレビ画面上で見れる。もちろん、Front Row と iTunes 以外では使えないので念のため。H.264[注:HDTV 対応のコーデック]のビデオデコーディングは、Video Express のハードの内部でやるので、テレビ自体は HDTV 対応の高価なヤツでなくてもいい。

This is key, because what’s been missing throughout this conversion to Internet television has been a way to incorporate our user device of choice — the TV. People don’t really want to watch movies on their computer screens. They’ll do it, some of them, but most people won’t, so for the Internet and downloadable video market to explode the way it is supposed to do, we need an easy way to get the movies out of our computers and onto our TV screens. The Video Express will do this in an elegant and typically-Apple fashion. It’s a simple device with no user interface at all, just ports. You plug it in the wall, it finds your WiFi network and video servers, then makes those servers available to your TV. But of course it is Front Row and iTunes-only, thanks — an iPodlike extension of your hard drive, viewable through your TV. And since the H.264 video decoding takes place in hardware inside the Video Express, your TV doesn’t even have to be a fancy one.

今度発表されると私が考えていることは以上だ。一周間後[予想がはずれて]私はバカみたいにみえるかもしれない。でも、アップルと Steve Jobs のやることだから、これはもう大したショーになるに違いない。

That’s what I think is coming. A week from now I may look like a dope, but thanks to Apple and Steve Jobs, I’m sure it will be a heck of a show.

      *      *      *

Robert Cringely の話を聞くと例によってこちらまで興奮してくる。

スペシャルイベントの発表まであと数時間だ。

Technorati Tags: , , , , ,

2006年 9月 2日

アップル流マスコミ操縦術

top_secret

アップルの秘密主義について興味深い記事がある。

RoughlyDrafted Magazine:”Why Is Apple so Secretive?” by Daniel Eran Dilge:8月29日

      *      *      *

アップルの秘密主義

未発表製品に対するアップルの秘密主義は悪名高い。批判的なひとたちは、アップルの秘密主義をオープンソースプロジェクトの透明性と比較する。他の民間デベロッパと比較するひともいる。例えばマイクロソフトは、これまで将来計画については詳細なロードマップを示してきた。なぜアップルは将来計画を隠したまま見せないのだろうか。

Apple has long been notoriously secretive about its unreleased products. Critics compare Apple’s secrecy against the transparent development efforts of open source projects, and even with other commercial developers. Microsoft, for example, has a history of providing detailed roadmaps of future plans. Why does Apple keep its future plans under wraps?

      *      *      *

このあと、なかなか出ない Windows Vista と Mac OS X Leopard のまだ隠された部分(Top Secret Leopard Features)を例にとり、あるいはマイクロソフトの iPod キラー Zune(non-PlaysForSure iPod Killer)とこれから出るという噂の iPod(sixth generation iPod)の例をとりながら、秘密主義の功罪について考える。

なかなかおもしろいのだが、ここでは省略する。実はその後にくるアップルのマスコミ対策の部分が痛烈なのだ。マスコミのことを「飼いならされたサルたち」(Trained Monkeys)というのだからすごい。

      *      *      *

飼いならされたサルたち(Trained Monkeys

アップルイベントで発表される新製品は一つか二つだ。そうすれば、限られた少数の製品にスポットライトを当てることができる。例えばアップルは、WWDC でたくさんの製品がスピートアップ(speed bump)したことについてこまごまと発表することもできたが、そうしていたらプレスは何を書いていいか分からなかっただろうし、重要な点を見落としたかもしれない。

Each Apple Event only gets one or two new products, because that keeps the spotlight on a small selection of items. If, for example, Apple had released minor details of speed bumps across its various product lines at WWDC, the press wouldn’t know what to talk about, and would likely miss the important details.

      *      *      *

大同小異のイベント記事

もしあなたがこれまで「ジャーナリスト」とのお付き合いをせずに済んでこられたとすればお分かりにならないかもしれないが、あなたがご覧になるニュースの大部分は実は宣伝係が書いたものなのだ。今日のジャーナリストは、手渡されたプレスリリースを鵜呑みにして反復する以上のことはほとんどしない。あるイベントのニュースを読んでも、どれも同じように聞こえるのはそういう訳だ。

If you haven’t ever had the pleasure to work with “journalists,” you might not know that most of your news is actually written for you by PR flacks. Today’s journalists can’t be bothered to do much beyond regurgitate the press releases they are handed. That’s why everyone’s coverage of events pretty much sounds the same.

      *      *      *

サルたちにダンスをさせる(make monkeys dance

monkey_dance

アップルはこれをよく計算していて、どうやったらサルたちにダンスをさせられるか心得ているのだ。あまりエサを与えすぎないこと、あまり頻繁(ひんぱん)に与えないこともそのひとつだ。プレスにあまり沢山与えすぎると、メディアの連中はなんでもかんでも書いてしまうので[記事が]メチャメチャになってしまう。しかも彼らは、センセーショナリズムという新しいエサを求めてすぐ他の所へ行ってしまうのだ。

Apple has figured this out, and knows how to make these monkeys dance. Part of that is not feeding them too much or too frequently. Too much press feeding and the media just throws everything up in a big mess, then walks away to find fresh plates of sensationalism elsewhere.

      *      *      *

毎週ベースのアップデート

製品アップデートについては、今やアップルは毎週のペースでエサを与えるようになっていることにお気付きだろう。イベントの興奮が一旦去ってしまったら、今度は主要製品のスピードアップについて週の初めに発表する。次の週は、ほかの製品について、という調子だ。こうして iMac、ラップトップ、コンシューマ向けラップトップ、デスクトップと続く。

You may have noticed that Apple now releases product updates in weekly feedings. Once the excitement of an event has blown over, they release a speed bump for a major product line at the beginning of the week. The next week gets the next line, and so on for several weeks: iMac, laptop, consumer laptop, desktop, etc.

      *      *      *

そして暫しの沈黙・・・

ニュースが十分行き渡ったら、アップルは暫(しば)し沈黙する。世界が(あることについて、いやアップルのことなら何でも)ニュースを求めてパニック状態になるまで。そうなんだ、そうなったらまさにその時に、次のアップルイベントが巡ってくるのだ。

Once everyone’s had enough of Apple bumps, the company goes quiet for a while until the whole world freaks out and demands some type of news about something, anything from the company. Sure enough, right about then another Apple Event rolls around.

      *      *      *

野良犬噂系

アップルからよろこんでエサをもらって、アップルのために芸をする「真の」ジャーナリストのほかに、実は野良犬ブロガーもいる。彼らは芸はしないが、他人がくれるエサならどんなゴミにでも飛びつく。守秘義務のあるデベロッパやメーカーからなにか聞き出そうとしては、噂系サイトでイベントの興奮を煽り、自分たちへのアクセスが増えることを期待するのだ。

Beyond the real journalists who are happy to get fed and do tricks for Apple, there are the stray dog bloggers that don’t do tricks, and will eat any garbage that anyone might throw them. By trying to get details out of developers and manufacturers who have signed confidentiality agreements, these rumor websites only deflate the excitement surrounding an event for their own short term ad-click profit.

      *      *      *

コンシューマの失望

それはアップルにとっていいことではない。プレスから我が身にも降り掛かってくるのだ。一般顧客もまた期待を膨らませすぎることになり、本来ならばドラマチックなアップルイベントの興奮が、「なに!そんなこと知ってるよ」式の失望に変わってしまう。このことから秘密主義の風土が助長されて、技術産業で通常みられる秘密情報アクセス制限以上のレベルになってしまう。

That’s no good for Apple, and it rains on the dance they play with the press. It’s also deflating for customers, because the regular excitement they get from dramatic Apple events is converted into, “what? we already heard about that” style disappointment. This has contributed to the climate of secrecy above and beyond the normal level of confidential information access common in the tech industry.

      *      *      *

アップル ニュースという現実

アップルがプレスリリースを注意深く小出しにするもう一つの理由は、アップル自体が全国ニュースのヘッドラインの常連であるというアップルの特殊事情にもよる。いいニュースであれ悪いニュースであれ、アップルに関するニュースは即消費者が知りたがるものになっている。アップルからひっきりなしにいいニュースが出てこないと、レポーターはその間隙を埋めるため悪いニュースを作り上げてしまう。

Another reason Apple carefully prepares news for the press in small doses has to do with Apple’s unique role as a fixture of national headlines. Regardless of whether the news is good or bad, it seems that news about Apple is nearly an obsession for consumers. If Apple doesn’t constantly release good news, reporters will make up bad news just to fill the void.

      *      *      *

秘密主義の功罪

アップルの秘密主義は、コンシューマ製品に対する興奮を盛り上げるという意味で有利に働く一方、パートナーとの友好的関係を維持するという努力に対しては逆方向に働くこともあり得る。とくにオープンソースプロジェクトや法人顧客の場合がそうだ。次号以降は、アップルが自分たちの将来計画をもっとオープンにしようとしている最近の努力について触れてみたい。

While Apple’s secrecy works to its advantage in creating excitement for consumer products, the same secrecy can work against Apple’s efforts to working with partners, particularly in Open Source projects, and in dealing with corporate customers. An upcoming article will look at Apple’s recent efforts to adapt and provide more open information about their future plans.

      *      *      *

なんとも辛辣な記事だ。

そうだとすると、「飼いならされたサル」や「野良犬噂系」を追っかける自分は一体何なのだろうと考えてしまう。

Technorati Tags: , , , ,

2006年 8月 26日

Back to the Future: 1997

future

以前プレゼンテーションについてすばらしい記事を書いた Garr Reynolds 氏が、また Steve Jobs について書いている。

Presentation Zen:”Steve Jobs and the summer keynote” by Garr Reynolds:8月11日

      *      *      *

ご承知のとおり、月曜日、サンフランシスコのモスコーニセンターで、Steve Jobs は 2006 年度の WWDC キーノートを行った。すでに沢山の記事が書かれているのでここでは繰り返さない。Steve の正統派のやり方については何度も何度も書いてきた。彼は最高だ。それなのに、沢山のひとがキーノートの内容についても、プレゼンテーションのやり方についても失望したというのは興味深いことだ。私としては奇妙に感じるが、驚くべきことではないのかもしれない。確かにこれまでに比べ、2006 年の WWDC のキーノートはいささか精彩を欠いたかもしれない。しかし、それは彼(ら)がいつもいまいましいほどうまいからだ。全体的にみて、やはり卓越した例だったといいたい。大勢のひとに向かって、如何に材料を発表し、短いデモを行うかというすばらしいお手本だ。他の会社のキーノートと比べてほしい。たいていひどいものだ。月曜日に Jobs とその仲間たちは立派にやってのけた。月曜日のキーノートについては、Macworld の Chris Breen が大変すばらしい記事を書いている。また、Les Posen のコメントも興味深い。

jobs_execs

As you know, Steve Jobs gave his WWDC ’06 keynote presentation Monday at the Moscone Center in San Francisco. Many people have written about it, so I won’t go in to any depth here as I have talked about Steve’s authentic approach many, many, many times before. He’s the best. Interestingly, many in the media were disappointed in the keynote, both the content and the delivery of the presentation. I find this odd, but I guess I should not be surprised. Sure, the WWDC ’06 keynote may have paled a bit when compared to other Jobs keynotes, but that’s just because they (and he) are always so friggin’ good. All ‘n all, I’d say it was still another great example of how to run short demos and present material to a very large room. Compared to the majority of corporate keynote addresses, which are dreadful, Jobs and his staff did a good job Monday. Here’s the most intelligent piece on Jobs’ keynote Monday by Macworld’s Chris Breen. (Also interesting comments by Les Posen).

      *      *      *

今年の夏のキーノートについて触れる代わりに、Steve Jobs のキーノートで、多分あなたが(お聞きになったことはあるかもしれないが)ご覧になったことがないものについてお話したい。・・・ 1997 年夏のことだ。窮地に立たされたアップルに Steve Jobs が戻ってきた。まだ、CEO ではなかった。Gil Amelio が身を引いた後、CEO や会長はまだ決まっていなかった。(その後誰がなったかはお分かりだろう。)ボストンで 1997 年に Macworld が行われたとき、アップルはまったく先行き不透明だった。当時のメディアは、アップルはもう終わったと思っていた。忠実なるマックファンですら、技術的なことが分かり、ブランドの何たるかが分かるひとは心配し始めていた。この Wired マガジンの表紙が一番よく物語っていると思う。そんな中で Steve Jobs は、35分の Macworld キーノートを行ったのだ。とくに魅力的な製品発表があった訳でもなかったが、これまで Macworld で Steve Jobs が行った一番いいスピーチのひとつだ。

jobs

Instead of talking about this summer’s keynote, I’d like to point you to a Steve Jobs Macworld keynote you probably have never seen, though you may have heard about it… In the summer of 1997, Steve Jobs was back in the saddle again at the “beleaguered” Apple, though not yet as CEO. In fact, no CEO or Chair had been named yet since Gil Amelio was asked to step down (guess who would eventually take these titles). At the time of Macworld Boston in 1997, Apple’s future was not at all certain. The press thought they were dead, and even Mac loyalist who knew the technology and what the brand meant were beginning to worry. Perhaps this Wired magazine cover sums it up best. In this context, then, Steve Jobs delivered a 35-minute Macworld keynote address. No sexy product launches, but one of the best talks by Steve Jobs at a Macworld ever.

このプレゼンテーションは、これからお話するように、いくつもの点で歴史的なものだった。私がとくに好きなのは、(私の左脳を満足させるほど)短く、論理的かつ理にかなったもので、それと同時に(私の感情を満足させるほど)希望と共感と、そして未来に対する明るい気持ちに満たされたものだったことだ。出来のいいビデオがいいタイミングでキーノートに挿入されて、彼のメッセージに力と真実味を与えた。プレゼンテーションを行うひとは、戦略的に十分に練られ、かつ内容的に関連のあるビデオをプレゼンテーションで使ってほしいと思う。

boston

… This presentation is historic, for more reasons than one, as you will see. But I like it most because it’s short, logical and reasonable (satisfying my left brain), and yet filled with hope, empathy, and optimism (satisfying my whole mind). The use of a well-made video in the middle of the keynote was well placed and added strength and credibility to his message. I wish other presenters would make better use of strategically placed relevant videos within their presentations.

Jobs は、司会の「満場のみなさん、Jobs 氏をご紹介するのはまことに光栄です」ということばに続いて、「おはよう」と短く切り出す。今見ても、私はそこが好きだ。なにか不都合があるといっているのではない。シンプルで控えめな Jobs の始め方が好きなのだ。Jobs は舞台に(たいてい満場の拍手を受けながら)足を進め、そして語り始める。他の有名な CEO の始め方がいかに禅の簡潔さにふさわしくないものか比べてほしい。

…. Today, I like the fact that Jobs starts his presentations with a simple “good morning,” rather than the usual “Ladies and gentlemen, please welcome….” over the PA and the “It’s an honor to be here…” from the presenter. I am not suggesting there is anything wrong with this, but I like the simple and humble beginnings of the Jobs keynote; he just walks on stage (often to thunderous applause) and gets started. Contrast this to the more unzen-like introductions of some other famous CEOs.

1997 年のキーノートの最後のところが私は一番好きなだ。ビデオの36分目の Jobs の結びのことばを聞いてほしい。彼がここで語ったことの真髄は、その後受賞に輝く「Think Different」キャンペーンで何度も何度も繰り返されることになる。(「Behind “Think Different”」は大変よく書けているので、ブランド戦略に興味のある方は是非読んでほしい。)Jobs の結びのことばの一部を次ぎに掲げる。

Mt favorite part of the 1997 keynote is at the end. Go to the 36:00 min mark to hear Jobs conclude his talk. The essence of what he says here will play out over the next year in the award-winning Think Different campaign. (Read Behind “Think Different” — excellent stuff for those interested in branding or marcom). Here’s an excerpt from Jobs’ closing comments:

think_different

今でもアップルコンピュータを買うには、みんなと違う考え方をする必要がある。アップルコンピュータを買うひとはみんなと違った考え方をする・・・ 彼らこそこの世におけるクリエイティブな精神なのだ。ただ仕事さえすればいいというのではない。彼らは世界を変えるのだ・・・ 多くの場合、みんなは彼らのことをクレージーだと考える。しかしそのクレージーさの中に、われわれは天才を見る。そして、そういうひとたちのためのツールをわれわれは作っているのだ。(1997 年 Macworld、Steve Jobs)

“…You still have to think differently to buy an Apple computer. The people who do buy them do think differently…they are the creative spirits of this world. They’re the people who are not just out to get a job done, they are out to change the world…A lot of times people think they’re crazy. But in that craziness, we see genius. And those are the people we’re making tools for.”

— Steve Jobs, Macworld 1997

もしこれが、あなたの耳には傲慢に聞こえ、あるいは古びた宣伝文句としか聞こえないというのなら、あなたはアップルとその忠実なユーザーについてよく理解していない。確かに Jobs は文章をよく練ったかもしれない。しかし彼は、文章をそのまま読んだり、暗記した文章を繰り返したりはしなかった。すくなくともそうは見えなかった。そして、そこが大事なのだ。彼は腹の底から、心の底から語っているようだった。アップルがどん底にあったとき、そのとき彼はボストンの舞台で語った。そして Jobs のスピーチは、忠実なユーザーたちがまさにそのとき必要としていたものを与えたのだ。厳しい現実の認識と、将来の計画と、そしてインスピレーションと信頼だ。忠実なユーザーがアップルの大義に身を委ねたことが無駄ではなかったと語りかけるものだ。その後九年経って、これほど立派にアップルが成し遂げるとは誰も想像し、予測することができなかった。Jobs と忠実なマックユーザーを別にすれば・・・ 彼らはそうなることを知っていたのだ。そうじゃないか。

If you think this sounds like hubris or just plain old marketing crappola, then you don’t really understand Apple and its loyal base. Perhaps Jobs planned these words out, but he was in no way reading them or repeating a memorized script, at least it did not appear that way (which is the point). It came across as coming straight from his gut, from his heart. He spoke on that stage in Boston at a time when Apple was at one of its lowest points. And yet Jobs’ presentation gave the loyal base exactly what they needed then: a hard dose of reality coupled with a plan, and an injection of inspiration and confidence that said the loyal users’ commitment to “the cause” was not in vain. Nine years later, I’d say Apple has done even better than anyone had dreamed or predicted, except, of course, for Jobs and the Mac faithful. They knew it all along (right?).

      *      *      *

Jobs の歴史的キーノートもすばらしいが、Garr Reynolds 氏の文章もすばらしいと思う。この文章自体がすばらしいプレゼンテーションだ。

Garr Reynolds 氏は、心底マックファンなのだろう。

1997 年の歴史的キーノートを、YouTube で是非ご覧いただきたい。

YouTube:”Macworld Boston 1997 – Full Version“:2006年3月6日

こんな歴史的資料までみつかる YouTube は、最早おもしろテレビの域を抜け出してきているようだ。

      *      *      *

参考:

・Presentation Zen:”Steve Jobs and the summer keynote” by Garr Reynolds:8月11日
・YouTube:”Macworld Boston 1997 – Full Version“:2006年3月6日

Technorati Tags: , , , , ,

2006年 8月 25日

膨らみ過ぎた期待

Filed under: アップル,イベント,ウワサ — shiro @ 19:00
Tags: , ,

apple_logo

先日の WWDC の発表にがっかりしたって? 問題は発表された内容じゃなく、あなたの過度の期待にあったのじゃないか、と Macworld の Christopher Breen はいう。

Macworld:”Not-so-great expectations” by Christopher Breen:8月8日

      *      *      *

私にとって、月曜日の WWDC キーノートは完璧に満足のいくものだった。たぶん、新しい iPod とか、アップルブランドの携帯電話、同じくアップルブランドの tablet コンピュータやマルチメディアボックス、それにアップルブランドの健康冷凍食品など、そんなものを期待していなかったためだろう。私にとっては期待どおりのものだった。 Mac Pro や Xserve というインテルマックへの移行完了であり、Leopard の新しい機能の一部を垣間みたことだ。

In my mind, Monday’s offering was a perfectly satisfactory keynote. But maybe that’s because I wasn’t expecting a new iPod, an Apple-branded phone, an Apple-branded tablet computing device, an Apple-branded multimedia set-top box, and Apple-branded line of organic frozen foods. I was expecting pretty much what I got—the completion of the Intel-based Macintosh line with the introduction of the Mac Pro and Xserve and a glimpse at some of Leopard’s new features.

十分注意して見ていれば、物事の進み具合は最近は予想したとおりになるのだ。アップルがどこで、なぜ発表やキーノートを行うのか、あなたにはよく分からない、ミステリーだというのなら、一年のサイクルにしたがって、はっきりと説明してあげよう。

And honestly, if you pay attention, that’s pretty much how things are done these days. If the whys and wherefores of Apple’s announcements and keynotes are a mystery to you, let me spell it out clearly by the seasonal year:

      *      *      *

冬:Macworld Expo

mwsf06

Expo はコンシューマのためのショーだ。クールで比較的軽いものが発表される。ここで発表される確率が高いのは、新しい Mac や iPod、iLife/iWork のアップデート、iChat のようなコンシューマ的アプリのカスタマイズ、それにコンシューマの視点からみた次期 OS の新しい機能(直前の夏の WWDC はデベロッパの視点からみたもの)などだ。もし「One More Thing」があるとすれば、このキーノートで登場する可能性が一番高い。

Winter: Macworld Expo

Expo is the “consumer’s show,” the exposition where Apple shows off cooler and lighter fare. Here you can expect announcements of brand new Macs, iPods, iLife/iWork updates, consumery application tweaks (iChat, for example), and the consumer’s look at an upcoming major revision of the Mac OS (following the Developer’s look at WWDC the previous summer). If there’s going to be a “One More Thing” slide, this is the keynote in which it will most likely appear.

冬:全米楽器商協会(NAMM)ショー

このトレードショーは Macworld Expo の数週間あとに行われる。ここでは音楽関連のアプリケーション(主として Logic Pro や Logic Express)とかハードウェアが発表される。

Winter: National Association of Music Merchants (NAMM) Show

At this trade show taking place a couple of weeks after Macworld Expo, Apple shows off its music-related applications—largely Logic Pro and Logic Express—and some of its hardware.

初春:全米放送事業者協会(NAB)大会

この催しでは、アップルのプロ向けビデオ制作アプリケーションに関連したものが期待される。

Early Spring: National Association of Broadcasters (NAB) convention

Look for announcements and releases related to Apple’s pro video applications at this event.

晩春:学校関係の購買時期

アップルが教育機関向けに新しいマックを準備中なら、この時期に耳にすることになる。

Late Spring: School buying season

If Apple’s got a new Mac for schools in the pipeline, this is when you’ll hear about it.

夏:WWDC

wwdc06

夏の Macworld Expo はなくなったので、年一度の WWDC(Worldwide Developer Conference)の機会を使ってアップルは、デペロッバ向けに情報をアップデートしたり、主要メディア向けにアップルの最新事情を説明する。WWDC の焦点はデベロッパにあるので、Jobs は純粋にコンシューマ向けのもの(iPod や iLife など)を避けて、ハイエンドのハードウェアとか OS の世界の話に時間を割く。今週の発表がそうだった。

Summer: WWDC

Now that there is no summer Macworld Expo, Apple uses its annual Worldwide Developer Conference to update developers and the mainstream press on what it’s up to. Because the focus of WWDC is developers, Jobs tends to stay away from strictly consumer items like the iPod and iLife and, instead, spends time talking about the company’s high-end hardware and OS space, as illustrated by this week’s unveilings.

アップルは、スペシャルイベントをやると発表するだけで、いつでも好きな時期に主要メディアの注目を集めることが可能になった。WWDC の最後に「One more thing」を必要とする時代は終わったのだ。

Apple is now in a position to muster the attention of the mainstream press at any time of its choosing by announcing a special event. The days when Jobs needs to tack on a “One more thing” to the end of a WWDC keynote are over.

初秋:フランスの Apple Expo

アップルは、欧州マーケットの状況(例えば EU における iTunes や Apple Store の拡大ぶり)を説明するためパリに行くのが通例だ。WWDC キーノートで発表したことの焼き直しをやることもある。アップルは好きなときにスペシャルイベントを満席にできるので、フランスでの Apple Expo はビッグな発表をする場ではなくなった。

Early Autumn: Apple Expo France

Apple generally uses its time in Paris to talk up what it’s doing in the European market—iTunes and Apple Store expansion in the EU, for example. You may also get a rehash of some of the material offered during the WWDC keynote. Now that Apple can call well-attended special events, Apple Expo France isn’t the place to look for Big Announcements.

中秋:コンシューマ製品のスペシャルイベント

クリスマスツリーの下におく商品[注:クリスマスプレゼント]にしてもらいたいと思う会社ならどこでそうだが、クリスマスに間に合うようにホットで新しい製品を出す必要があることをアップルも心得ている。9月、10月は、アップルが新しい iPod やピカピカの製品を発表する月だ。

Mid-Autumn: Special events for consumer products

Like any other company whose products are likely to be found under December’s decapitated Douglas Fir, Apple understands the need to have hot new products out in time for the High Holidays. September and October are the months when Apple creates special events to announce and release new iPods and other consumer gewgaws.

中秋:オーディオ技術学会 AES)大会

アップルは10月の AES 大会によく出展する。プロ向けのオーディオソフト(Logic や Soundtrack)やハイエンドのビデオソフト、より強力なコンピュータなどをそこで出展する。

Mid-Autumn: Audio Engineering Society (AES) convention

Apple is generally well represented at October’s AES convention where it shows off its professional audio applications (Logic and Soundtrack), high-end video applications, and more-powerful computers.

こうしてまた Macworld Expo に戻り、新しいサイクルが始まる。

And then back to Macworld Expo where the cycle begins anew.

      *      *      *

アップルが革新的で、極端に秘密主義だからといって、そのやることが予測できないという訳ではない。次にくるプレゼンテーションで発表される基本的なものがなにかということは、アップルの製品とプレゼンテーションのサイクルを併せ考えればある程度合理的に予想がつく。そういう過去の例がたくさんあるのだ。それ以上のこと、即ちガッカリするのを避けるコツは、理不尽に膨らむ期待を抑えることだ。

Just because Apple’s innovative (and highly secretive) doesn’t make its actions unpredictable. We’ve had plenty of evidence of how Apple’s product and presentation cycles work to make reasonable guesses about the fundamental elements of upcoming presentations. Beyond that, the trick to avoiding disappointment is keeping unreasonable expectations in check.

      *      *      *

このサイクルでいうと、次はフランスの Apple Expo だ。

過度の期待を煽るものが出てきたら、ご用心、ご用心!

Technorati Tags: , , ,

2006年 8月 9日

Steve Jobs になにが起きたか

Filed under: ひと,アップル,イベント — shiro @ 01:07
Tags: , ,

steve_jobs-2

今回のキーノートがいつもと違っていたのは、Steve Jobs の独壇場ではなかったことだ。

Infinite Loop(Ars Technica)が、「我らがよく知り、愛している Steve になにが起きたのか」と書いている。

Infinite Loop:”What happened to The Steve we know and love?” by Jacqui Cheng:8月8日

      *      *      *

読者の多くは、昨日の WWDC キーノートの結果を十分ご承知だろう。新しい Mac Pro が紹介され、お待ちかねの Leopard のデモがあった。キーノートスピーチの内容はすべて予想されたとおりだった。そして、Wired News によれば、そのことが引っ掛かるのだ。

Most of our dear readers are pretty well aware of the results of yesterday’s WWDC keynote, with the introduction of the new Mac Pro and the eagerly-anticipated Leopard demo. Everything that happened during the keynote speech was pretty much exactly what was expected, and therein lies the rub, according to an article at Wired News.

Steve Jobs はマジックを失ったか」というタイトルの記事で Wired News は、Steve Jobs がアップルのトップの座から降りたときアップルのマーケティングに大問題が起きると分析している。私個人としては、それに我々の多くも、IRC(Internet Relay Chat)の文字による実況中継の間、あるいは他のサイトの実況中継においても全然気付かなかったのだが、Steve Jobs はいつものようにプレゼンテーションのほとんどをやるということがなかった。プレゼンテーションの大部分は、いろいろなプレゼンターによるつまらない見せ物という感じだった。キーノートのハイライトともいうべき Mac Pro すら、紹介したのは Steve 本人ではなかった。いったいどうしたのだろう。Wired は、Steve の最近の健康問題がその原因ではないかと考えているようだ。

The article, entitled “Has Steve Jobs Lost His Magic?” examines what the author considers to be evidence that Apple marketing is in major trouble when and if Steve Jobs ever steps down from his pedestal at Apple. For one—and many of us weren’t even aware of this during our live transcribed coverage of the keynote in IRC or even from other websites with live coverage—Steve Jobs didn’t even do most of the presenting like he normally does. There was somewhat of a dog & pony show going on, with various presenters taking the stage for the majority of the presentation. Even the highlight of the keynote, the presentation of the Mac Pros, wasn’t done by The Steve himself. What’s the deal with that? Wired seems to think that Steve’s recent health problems may have been the cause:

「昨年ガンの治療を受けた Jobs が具合が悪いのではないかと思う。体力を消耗しないようにプレゼンテーションを案配したのではないか。5か月ほど前の今年の二月に、アップルの本部で iPod Hi-Fi が発表あったとき Jobs を見たが、すぐ疲れて、はやく終わってくれてほっとしているようにみえた。」

“I wondered if Jobs, who was treated for cancer last year, was sick. Was he sharing presentation duties to save energy? When I saw Jobs introducing the iPod Hi-Fi at Apple’s headquarters in late February, about five months ago, it looked to me like he was tiring quickly and was glad to get it over.”

同じとき Steve に直接会ったほかの人は、元気にみえたといっているけれど・・・

Apparently other people who were there and saw Steve in person reported that he “looked fine,” though.

また Wired は、キーノートの順序が、重要なアナウンスメントを最初の10分に持ってきて、残りの80分をつまらないこまごましたことでだらだらと長引かせる、いつもとは完全に逆の構成になっていたと指摘する。(Leopard のもっと素晴らしい機能のいくつかは、マイクロソフトにすぐ真似られないように秘密にしてあるといったけれど、それはとりもなおさずまだ安定したものになっていないということではないか。)昨年のアップルの不可思議な「ミュージックイベント」でも、最初の10分間で iPod nano が発表された。観客は、ほんとにおもしろいものが出るまでの一時間はつまらない話を聞き、プレゼンテーションの途中まで頭にスイッチもはいらない、そんな状態に観客がなっていることをアップルは知ったのだ。時にはやり方をちょっと変えてみるのもいいことだ。

Wired also addresses what he thinks was a completely backwards keynote, with the “big” announcement of the day coming in the first ten minutes and then all of the other boring details being stretched out into the remaining 80 minutes (noting that some of Leopard’s more awesome features were being kept secret to prevent Microsoft from copying—read: they’re not stable yet). However, we are reminded of last year’s mysterious “Music Event” held by Apple where the iPod nano was thrown out there within the first 10 minutes as well. Maybe Apple is learning that its audience had grown accustomed to an hour of bullshit before the interesting stuff comes in and started not even tuning in their brains until halfway through the presentation. Sometimes, it’s just time to mix it up a bit.

昨日のキーノートに対するマックユーザーの反応はおおむねマアマアというところだった。だいたい予想されたとおりにものごとが進み、みんなおおむね Mac Pro をよろこんだ。例の「One More Thing」もなく終わって、期待していた多くのひとががっかりした。(一時間もつまらない話をきいたのに・・・) Steve がマジックを失ったとは敢えて言わないが、こんなやり方のキーノートが続くとそうなるのかもしれない。

Overall, though, the sentiment amongst Mac users after yesterday’s keynote was “…meh.” Things happened just as expected, and people are generally happy about the Mac Pro. There was no “One More Thing,” which ended up disappointing many of us who had grown accustomed to expecting it (even after an hour of bullshit!). I hesitate to suggest that Steve has already “lost his magic,” but if this pattern of keynotes continues, then maybe he has.

Technorati Tags: , ,

2005年 10月 5日

One more thing…

Filed under: アップル,イベント,ウワサ — shiro @ 20:00
Tags: ,

「あ、それからもうひとつあるんだ・・・」

新製品を発表するときの Jobs の決まり文句を真っ赤なカーテンに刷り込んだアップルの招待状が発出された。

onemorething

例によって何があるかは伏せたまま、10月12日の出席者だけに発表されるスペシャルイベントだ。これまたアップルの好きな水曜日。

前回 iPod nano を発表したときも、同じような招待状が発出されたが、このときの図柄はリーバイスのジーンズだった。

当日は iPod nano 登場の段で、リーバイスのポケット、それも小さな小銭入れから、これまた小さな iPod nano を引っ張りだしてみせた。

リーバイスの図柄にはちゃんと意味があったのだ。

じゃあ、今回はどうか。真っ赤なカーテンだ。

幕が開くと・・・ そう、映画の上映が始まる。なにか映画やビデオに関係するものではないか。いや、きっとそうに違いない。

前回のイベントで、フラシュメモリーベースの iPod mini = iPod nano と iTunes 携帯は紹介済みだから、あと残っているのはビデオ iPod だけだ。どうやらそんな感じではないか。

John Markoff 流にいえば、ホーム映画劇場用の video set-top box か、palmtop device か、あるいはなんらかの portable video player ということかもしれない。

いずれ噂系の Think Secret あたりが詳細を報じるだろう。アップルに訴えられて以来、Think Secret の信憑性はとみに増した感がある。

ほんとにビデオ・映画関係なら、ハードはもちろんだが、コンテンツやネット配信も絡むから、そのうち映画会社・レコード会社やネット配信会社の関係者から情報が漏れてくるに違いない。

大手メディア、噂系サイトとも、早くもエンジン全開だ。(AppleInsider は、60GB iPod photo player を心持ち薄くしたようなビデオ機能搭載の iPod だろうと予想している。)

発表は米国西海岸の朝10時、日本時間では翌日明け方2時だ。目が覚めた頃には、全貌が明らかになっているだろう。

マックファンとしてはまたぞろ一週間の間気が気でなくなるが、そんなことじゃ Jobs が舞台に上がる前から彼の術中に嵌っているといわれるのがオチかもしれない。

Technorati Tags: ,

2005年 9月 8日

(速報)出た! iTunes phone、iPod nano

Filed under: アップル,イベント — shiro @ 07:24
Tags: ,

9月7日のアップルのメディア・イベント。サンフランシスコの朝10時は、日本時間の翌8日明け方2時。

日本のメディア招待者が衛星中継(録画)を見る8時間前には発表の内容が分かってしまった。500 を超えるメディアが一斉に報じてネット上は大騒動だ。

rokr

iTunes phone “Rokr” はほぼ Think Secret が報じたとおり。 iTunes に接続可能な Motorola/Cingular の携帯電話。Motorola E790 とデザインが同工異曲でいまいちという感じか。

ipodnano

すごいのは iPod nano の方だろう。2GB と 4GB だが、iPod のラインナップががらりと変わってしまいそうだ。小さいのにカラースクリーンまで備えて、また欲しくなりそう。

アップルサイトも iPod nano 中心だし、PC Magazine まで興奮しているのが分かる。

メディアも沸き立ち、株価も上がるで、アップルは以て瞑すべしか・・・

噂系 Think Secret の健闘に対して、いつも提灯記事を書く Walt Mossberg はやっと今日になって書くありさま。

割を食ったのが、パリのアップル EXPO か。Steve Jobs のキーノートが吹っ飛んでしまった。

Technorati Tags: ,