maclalalaweblog

2007年 6月 12日

重要なのは Leopard ではなく Safari だ:Paul Thurrott

Filed under: アップル,OS — shiro @ 21:32
Tags: , , , , ,


[Paul Sakuma, AP]

WWDC 07 を見た Paul Thurrott の感想・・・

Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Safari, Not Leopard, is the Real News at Apple Show“:6月11日
WinInfo:”Safari, Not Leopard, is the Real News at Apple Show” by Paul Thurrott:6月11日

      *      *      *

私がここでいいたいことはとても簡単だ。

My contention here is simple.

未来は Leopard にあるのではない。そもそも、そんなことはこれまでもなかった。ウインドウズのユーザーを大量に転向させるほどすばらしかったことなんてなかった。如何なるデスクトップ OS といえども、それが可能だったことはないのだ。

Leopard is not the future. How could it ever be? This isn’t good enough to make Windows users switch en masse. No desktop OS could ever make that happen.

ノーだ、未来は Safari にあるのだ。まず iPhone で動かす。それからたくさんのデバイスで動くようになる。コンピュータだろうと、コンピュータ以外のデバイスだろうと・・・。覚えておいてほしい。ケイタイのマーケットはデスクトップ PC よりはるかに大きいのだ。とても大きい・・・

No, the future is Safari. First, running on iPhone. Later, running on any number of devices. Traditional and non-computer devices. Remember that the cell phone market is much bigger than the market for desktop PCs. This is big.

私のいっていることが、陰謀説のように聞こえるかもしれないのは分かっている。しかしいつの日か、過去を振り返ってこう考える日がきっと来ると思う。デスクトップ OS(複数)について考えるのをやめ、モバイルというウェブベースの未来に焦点をあてることにしたのがまさにこの日であったことを・・・。これは、アップルがこれまでやったことで一番賢明なことだったといえるかもしれない。それにこれまでのところ、気付いているひとはほとんどいないのだ。いまのところは・・・

And yes, I know it all sounds like a conspiracy theory. But I think that we will all look back on this day as the time when we stopped thinking about desktop OSes and focused on the mobile, Web-based future. This might be the smartest thing Apple ever did. And so far, few have even noticed it. Yet.

      *      *      *

気になっていた Leopard のユーザーインターフェイスは、iTunes 風というか iPhone 風に変わったというのが第一印象だった。One more thing… が Safari だったのはそういうわけか・・・

Mac OS X をケイタイ向きに書き換えるには、手間もかかるだろうし、iPhone より先に出すわけにもいかないだろうし、なんとなく Leopard が10月まで遅れたことを納得してしまった。

Technorati Tags: , ,

広告

2007年 6月 4日

Leopard の秘密はウインドウズか

Filed under: アップル,OS,仮想化 — shiro @ 21:53
Tags: , , , , ,

leopard_secret

いよいよ WWDC まで一週間を切った。

Leopard の秘密はウインドウズではないかと、ビジネスウィークの Arik Hesseldahl が書いている。

BusinessWeek:”Buzz Building On Secret Features In Leopard” by Arik Hesseldahl:6月1日

      *      *      *

二つの出来事

Leopard でウインドウズはどう扱われるのか、6月11日の WWDC で Jobs は何を語り、何を語らないか、という予想に影響を与える二つの大きな出来事が今日あった。

So there’s a double-whammy today in the way of speculation on the subject of Windows functionality in Leopard, and what Steve Jobs may or may not say at WWDC on June 11.

      *      *      *

バーチャルマシンをテスト

American Technology Research のアナリスト Shaw Wu が、この件に関する分析ノートを今日出した。それによれば彼は依然として、Leopard が10月まで遅れたのは iPhone が原因ではなくて、マックの OS 環境で複数の OS をシームレスに動かすバーチャルマシンを Leopard でテストしているためだと信じている。このことは売り上げを大幅に伸ばすきっかけとなるだろうと彼はいう。

Shaw Wu of American Technology Research in San Francisco has a new research note out today on the subject. He continues to believe that the reason that Leopard was delayed until October has less to do with the iPhone and more to do with testing virtual machine technology within Leopard that would allow the seamless operation of several operating systems within the Mac OS environment at once. That he says, could turn out to be a major sales catalyst.

      *      *      *

ウインドウズがなくてもアプリが動く

Wu の分析ノートが出る前日、 Crunchgear の Matt Hickey は「バカげて正気とは思えない噂」というエントリーを書いた。これは、ウインドウズがなくても Leopard 上でウインドウズのアプリケーションを動かせる可能性について空想した Les Posen のエントリーについて触れたものだ。

Wu’s note hit the wires a day after Matt Hickey at Crunchgear blogged about “A stupid, insane Mac rumor” keyed in part off this Blog post by Les Posen who is fantasizing about the possibility that Leopard would be able to run Windows applications without Windows.

      *      *      *

コヒーレンスモードを一歩進めるだけ

実のところ、そう考えるのはたいして難しいことではない。Parallels for Mac の最新バージョンで可能になった「コヒーレンスモード」(Coherence mode)を考えてみよう。コヒーレンスモードでは、ウインドウズのデスクトップ環境は隠されているので、ウインドウズのアプリケーションはマックのデスクトップ上のウインドウの中で動いているようにしか見えない。

Say what? Well, its really not that hard to imagine, actually. Consider the Coherence mode available in the latest versions of Parallels for Mac. When in Coherence mode, the Windows desktop environment is shunted aside, and all you see is the Windows application you happen to running, but within a Window directly on your Mac desktop.

      *      *      *

ゲームではすでに可能

ここで Cider が登場する。これはウインドウズのゲームをマックで直接動かせるようにするゲーム開発環境だ。Cider を使うとゲームの移植(port)が不要となる。普通のことばでいえば、ウインドウズのゲームをマックで動くようにするため、ほぼ完全に書き替えなくてもいいことを意味する。ウインドウズの二つのゲームソフト(Heroes of Might and Magic VMyst Online: URU Live)がすでに Cider で、したがってインテルマックで動かせるようになっているという。

Then there’s Cider a gaming development environment that allows Windows games to be adapted for running on the Mac directly, without the need to “port” the game — which in English means taking a Windows game and then rebuilding it more or less from the ground up for the Mac. Already two Windows games, Heroes of Might and Magic V and Myst Online: URU Live are said to be Cider-enabled, and as such playable on an Intel Mac.

      *      *      *

定番 Boot Camp Fusion

これに加えて、VMWare の Fusion for the Mac やアップル自身の Boot Camp があるというわけだ。これらは Leopard ではさらに強力になっていると思われる。

On top of this, there’s VMWare Fusion for the Mac, and Apple’s own Boot Camp, which could conceivably be vastly improved in Leopard.

      *      *      *

ウインドウズをインストール済のマック

これらすべてを考え合わせると、サードパーティのベンダーがやったのと同じことをアップルがやってもおかしくない。すなわち、ウインドウズをインストール済のマックを、CTO[Configure To Order、注文仕様生産]モデルのようなオプションとして売るのだ。[注:ウインドウズをインストール済で、各種設定も不要、箱から出してすぐ使えるという意味?]私自身先月この話を耳にしている。こういった需要があることは明らかだ。さもなくば Parallels は成功しなかっただろうし、VMWare も Fusion を作ったりはしないだろう。

All of this activity leads me to wonder if perhaps Apple might do as some third-party vendors have done — I heard about one last month — and offer Macs with Windows installed and configured on board as a configure-to-order option. Clearly there’s a demand for it, or Parallels wouldn’t be successful, and VMWare wouldn’t be building Fusion.

      *      *      *

バーチャルマシンは福音だ

マックにおけるウインドウズのプレゼンスを最小限に抑え、かつ、希望するアプリケーションを見えないバーチャルマシン内で信じられないほど簡単に動かす、そんな方法をアップルが可能にするなら、私みたいな人間にとってそれは革命以外の何ものでもない。だって私は、ウインドウズと OS X の二つのコンピュータの間を行き来するのに大変な時間を費やしているのだから。Shaw Wu のいうバーチャルマシンの技術が Leopard の「秘密の機能」だというのなら、これはもう大変なニュースだ。

If there is some way that Apple could minimize the presence of Windows within the Mac, and make it incredibly easy to run pretty much any application you want within a largely invisible virtual machine, that would be nothing short of revolutionary for people like me who spend a great deal of time shuttling between two computers — one running Windows and one running OS X. If a virtual machine technology is as Shaw Wu suggests the marquis “secret feature” of Leopard it would indeed be very big news.

Technorati Tags: , , , , ,

2007年 6月 1日

マイクロソフトは Surface Computing でアップルに追いつくか

surface

マイクロソフトの「サーフェスコンピュータ」(Surface Computing:コード名 Milan)がにわかに関心を呼んでいる。

マイクロソフトが、iPhone のようなマルチタッチのユーザーインターフェイスを急追するのではないかと考えられるためだ。

Surface Computing についてはこちら:

TechCrunch:”Microsoft Announces Surface Computer” by Duncan Riley:5月29日

TechCrunch Japanese:”Microsoft、「Surface」コンピュータを発表” by Duncan Riley:5月31日

Popular Mechanics:”Microsoft Surface: Behind-the-Scenes First Look (with Video)” by Glenn Derene:2007 年7月号[Video]

      *      *      *

しかし Surface Computing は、マルチタッチの技術とは別物だと Carl Howe はいう。

Blackfriars’ Marketing:”Apple’s answer to Microsoft’s Surface Computing initiative: real products” by Carl Howe:5月30日

      *      *      *

Surface Computing とは

コンセプトモデルで厄介なことが起きるのは細部においてだ。マイクロソフトの surface computing への動きは、アップルが iPhone で導入しようとしている技術とは異なっており、多分それと競合することはないと思われる。マイクロソフトの技術は、つぎのようなものだ。

But as with many concept demos, the devil here is in the details, and Microsoft’s surface computing initiative is very different from — and probably will never compete with — the technologies Apple is introducing in the iPhone. Microsoft’s technology:

1)その秘密はカメラとプロジェクタ

タッチスクリーンの技術(touch-screen technology)とは異なる光学的(optical)なものだ。ブラシを使って絵を描けるような大きな利点がある一方、いくつかの欠点もある。たとえば、スクリーンが白くなるのを防ぐため部屋を暗くする必要があるとか、物体を認識できるようにバーコードを付ける必要があるといったことだ。

Depends on cameras and projectors for its magic. This isn’t a touch-screen technology, but an optical one. That has some huge advantages, like the ability to use brushes to paint, but also has some disadvantages, like the need for dim lighting to avoid washing out the screen and the need to put bar codes on objects for the system to recognize them.

2)広範囲のコントロールが必要

マイクロソフトは、ウインドウズの携帯電話メーカーにも売り込んでいるといっているが、この技術は明らかにケイタイよりキオスクのような大きな環境を念頭に設計されている。光学プロジェクタやカメラを使うには広くて空っぽの平面(large empty spaces)が必要だ。だから、プラズマディスプレーや LCD ディスプレーのように投影用テレビを壁掛けにするわけにはいかない。携帯電話では、光学的に surface システムが実行可能なスペースはとれない。それにマルチタッチが可能なタッチスクリーンとなると、間違いなくアップルの特許に抵触するだろう。

Focuses on large interactions instead of small. Despite claims Microsoft has been shopping this technology to Windows Mobile phone makers, this technology is clearly designed to work primarily in large kiosk-like settings than mobile phones. You need large empty spaces for optical projectors and cameras — that’s why you can’t hang projection TVs on your wall like you can a plasma or LCD display. There’s no room in a mobile phone for the optics needed to implement this type of surface system there — and using a multi-touch enabled touch-screen would undoubtedly run afoul of Apple’s patents on that technology.

3)そもそも PC 体系に当てはまらない

たとえ消費者が、この surface システムが何立方フィートもの大きなものになっても構わないといっても、マイクロソフトは、主として International Game Technology との開発・配布協定を通じてこの技術を配布するつもりだといっている。どういうことかというと、この技術が見れるのは Venetian Casino[ラスベガスのカジノ]の次世代ビデオポーカーマシンになる可能性が高く、Best Buy から買ってくる PC などではないということだ。

Doesn’t fit in the PC ecosystem. Even if consumers were OK with the many-cubic-foot bulk of these surface systems, Microsoft says in its press release that it will distribute this technology largely through a distribution and development agreement with International Game Technology. That means you’re much more likely to see this technology in your next video poker machine at the Venetian casino than you are in the PC you get from Best Buy.

      *      *      *

iPhone PC 向きではない

そういうことで、surface computing は iPhone や PC 用の技術ではない。だからとうだというのだ。結局のところアップルはマルチタッチをコンピュータのために使っていないではないか。

So surface computing isn’t the iPhone or a PC technology. Does that matter? After all, Apple isn’t doing anything with multi-touch for computers, is it?

      *      *      *

Leopard の一部になる?

ちょっと待ってくれ。数週間もすればアップルがマルチタッチでやることを見てびっくりすることになるのだから。マルチタッチ用の小ソフトは、MacBooks や MacBook Pro で既に動いている。二本指スクロールはもう標準だ。それに前にも触れたように、新しい 3D ファインダ(3D finder)とマルチタッチのジェスチャ(multi-touch gesture)を一緒にすれば、PC のユーザーインターフェイスが革命的に変わる可能性があるのだ。しかもそのインターフェイスが次期 OS Leopard の一部になると我々は信じている。アップルが最近ディスプレー価格を下げて在庫を減らしていること、マルチタッチジェスチャやフラットタッチスクリーンに関する特許を申請していることなどを考え合わせると、タッチスクリーンをサポートするフラットパネルディスプレーやノートブックが Leopard と一緒に発表されるかもしれないのだ。

Well wait a few weeks and you may be surprised at how much Apple is doing with multi-touch. We’ve already seen small applications of multi-touch on Apple MacBooks and MacBook Pros, where two-finger scrolling has become the norm. But as we’ve noted before, multi-touch gestures combined with a new 3D finder have the potential to revolutionize the PC user interface — and we believe that that interface will be part of Apple’s next OS Leopard. And given that Apple has recently cut its display prices to reduce inventory and has several multi-touch gesture and flat touchscreen patents already filed, we may see touchscreen-supporting flat-panel displays and notebooks introduced along with Leopard too.

      *      *      *

デモより実機が重要

アップルは今日の D カンファレンスで、開発中のマルチタッチ技術を漏らしたりすることはないだろう。せいぜい iPhone を見せびらかすだけで、それ以上はないだろう。しかし間違いなくアップルは、同じような技術を開発している。ただアップルの場合は、開発中のデモを見せたりはしない。見せるのは、みんなが買える実際の製品になってからだ。

Our bet is that Steve Jobs won’t spill the beans on Apple’s multi-touch efforts at the D Conference today — he’ll just show off the iPhone and leave it at that. But make no mistake: Apple has similar technology in its development queue. But in Apple’s case, we won’t see it as a demo. It will come in actual products you can buy.

Technorati Tags: , , , , , ,

2007年 5月 14日

ウインドウの終焉、それが Leopard の秘密

Filed under: アップル,OS — shiro @ 00:48

Leopardsecret

Aric Winton と Carl Howe が Leopard の秘密について非常に興味深い指摘をしている。

Blackfriars’ Marketing:”Leopard’s secret: the end of windows?” by Aric Winton and Carl Howe:5月11日

      *      *      *

飼いならされた犬みたいに

最近 Leopard は10月まで延期されたが、その理由は iPhone に予想以上の時間と労力がかかるというものだった。少なくとも Mac OS X チームから「借りてきたエンジニア」のお蔭で、iPhone の6月発表という目標は守れるわけだ。メディアはこのニュースに、飼いならされた犬みたいに(もっとハッキリいえば、無邪気だが世間知らずの子犬みたいに)飛びついた。

When Leopard was recently delayed until October, the reason given was that the iPhone was taking up more time and resources than expected, but with the “borrowed engineers” from the Mac OS X team the iPhone would at least still make its June launch target. The press picked it up and ran with it like a well-trained dog, or perhaps more succinctly, an innocent but ignorant puppy.

      *      *      *

Coding Headstart

Carl Howe が前回書いたように、アップルがデベロッパに向けて、Leopard のための一連の「Coding Headstart」ビデオ(「プログラミングの事前スタート」ビデオ)がすぐに入手できるというEメールを出したのはごく最近のことだった。アップルとしては、デベロッパが来月の WWDC までに Leopard に十分に習熟しておいて欲しいと望んでいるのだ。しかし Leopard が店頭に並ぶまでにはまだ3か月以上もあるというのにどうしてそんなに急ぐのか?

As Carl noted in our previous post, Apple’s most recent developers connection email announced the immediate availability of a series of Coding Headstart videos for Leopard. They want developers to be fully prepared and already familiar with Leopard when WWDC hits us next month, which is still more than three months before Leopard will actually hit the shelves. Why the rush?

たとえ密かに6月発売を予定していたとしても、Leopard の延期は我々にとって至極当然のことに思える。Leopard iPhone にぶっつけて二つの製品にメディアの注意を惹くなんて、 Jobs がやることとはとても思えない。とくに「Business school 101」ジョーク[注:Jobs が iPhone と競合製品の差別化をビジネススクール入門レベルの簡単なチャートで示したこと。こちら参照。]をキーノートでやった後となっては・・・

That Leopard was delayed seemed like a logical and obvious thing to do to us at Blackfriars, even if the product was secretly on schedule to launch in June. Pitting it against the iPhone and having the two products fight each other for media attention just didn’t seem like something Jobs would do, certainly not after making “Business school 101” jokes in his Keynote presentations.

      *      *      *

何かありそうだ

しかし何かがありそうだ。「Coding Headstart」の発表はそのヒントを与えてくれるように思う。

Yet, there could be more to it all, and the Coding Headstart announcement gives us some clues.

確かにアップルにとって、iPhone は元祖マッキントッシュ以来もっとも重要な製品だ。もし Leopard が延期された唯一の理由が iPhone のために時間を稼ぐことだとしたら、急いでデベロッパに Leopard のプログラミングを勉強させる必要なんかない。逆に、デベロッパに暫しの休息を与えるいい口実になっただろう。

If the only reason Leopard was delayed was to give the iPhone its fair chance — after all, this is Apple’s most significant product launch since the original Macintosh — there would be no reason to rush developers into learning how to code for Leopard. It would be the opposite, as it would give developers a good reason to breathe and relax a bit.

      *      *      *

Tiger とは非常に違う

だから、何か隠された理由があると考える方が筋が通っている。その理由のひとつは、Leopard のソフト開発が Tiger とは非常に異なるという可能性だ。それもちょっとやそっとではなく、大変違うということだ。

Thus, it’s reasonable to believe that there is an ulterior motive. A good motive would be that developing apps for Leopard is going to be very different from developing apps for Tiger, and by “different” we really mean different in every sense of the word.

Leopard には各種の新しい API[Application Programming Interface、アプリケーションが OS の公開機能を使うためのインターフェイス]が導入されることは周知の事実だ。その多くは、現在のものに代わって、パフォーマンスを最適化し、柔軟性を高め、デベロッパのプログラミングを容易にすると考えられている。また、アプリケーション開発に絶大なる影響を与えるいくつかの新しい API も登場するものと思われる。例えば Core Animation は、セクシーなアニメーションを追加する API であるという以上に、アプリケーションの動作やあり方を革命的に変えてしまうものなのだ。

It’s already known that Leopard will introduce a series of new APIs, many of which will replace existing ones to optimize performance, increase flexibility and generally just make the life of a developer much easier. There will also be several new APIs that have tremendous impact on application development – Core Animation is not just an API to add some sexy animations to your app, it’s something that can easily revolutionize the way applications work and exist entirely.

      *      *      *

Core Animation

事実、Core Animation によってこれまでと全く異なる新しいユーザーインターフェイスへの可能性が開けるのだ。Time Machine はそんなソフトの一つだ。アプリケーションのウインドウ、ウインドウの処理、ユーザーインターフェイス一般に関するこれまでのやり方をすっかり変えてしまう。Core Animation がそれを可能にするのだ。

In fact, Core Animation opens up the possibility of a brand new user interface. Time Machine is an example of an application that breaks a lot of conventions about window management, application windows and general user interfaces. Core Animation is what makes it all possible.

      *      *      *

20年も使ってきた

考えてもごらん、我々は伝統的なウインドウベースのインターフェイスを20年以上も使っているのだ。それはアップルが 1984 年にマッキントッシュを出したことで主流となった。2001 年の iPod でもそうだったし、さらに 2007 年の iPhone 登場でこの傾向はさらに続くように思われる。アップルはすばらしいインターフェイスを得意とする会社だ。それなら、過去7年にわたるコンシューマ家電製品の成功体験から学んだものを Leopard に反映させてみたらどうか。

When you think about it, we’ve been using the traditional windows-based interface for over 20 years now? Apple made it mainstream with the Macintosh in 1984, it did it again with the iPod in 2001, and it appears it will continue that trend with the iPhone in 2007. Apple is a company that specializes in great user interfaces, so why shouldn’t Leopard itself gain some of the experience gleaned from Apple’s consumer electronics successes of the last seven years?

      *      *      *

重なり合うウインドウ

いま指摘した点は、このところずっと続いている傾向だ。たとえば、アップルの新しいソフトのうち、ウインドウの重なりあう(overlapping windows)伝統的なインターフェイスを使っているものがいくつあるか考えてみよう。(ユニークなインターフェイスを囲む枠を除いての話だ。)Garageband は使っていない。iTunes はビデオを除くとほとんどない。Final Cut、Motion、Aperture などのようなプロ仕様のアプリケーションはすべて、重なり合うウインドウではなく、ペイン(pane、区画パネル)を主体とするインターフェイス(paned interfaces)を使う傾向にある。iPod、iPhone、Apple TV のような新しい製品では一切ウインドウを使っていない。その代わり、大幅に簡素化したボタンとインターフェイスを使っている。さらには、新しい HD-DVD や Blu-ray の映画の場合、消費者はウインドウの代わりに透明なペイン(transparent panes)を使うインターフェイスに慣れつつある。透明なオーバーレイ(transparent overlays)と複数の仮想スクリーンを可能にする Spaces によって、これまでデスクトップを散らかしていたたくさんの重なり合うウインドウを排除しつつあるのだ。かつて、コンピュータにはフロッピーディスクは不要だと初めて認識したのがアップルだったように、重なり合うウインドウを排除することがユーザー体験を抜本的にシンプルなものとする第一歩かもしれないのだ。

The trend we’re identifying here has been underway for a while. Think about it: how many of Apple’s new applications actually use traditional, overlapping windows for anything other than a frame around a unique interface? Garageband doesn’t. iTunes barely does except for video. All the Pro Apps like Final Cut, Motion, Aperture, and the like all trend toward paned, not overlapping window, interfaces. And new products like the iPod, iPhone, and Apple TV don’t use windows at all, relying instead on vastly simplified buttons and interfaces. Further, consumers are gaining experience with interfaces that rely on transparent panes instead of windows on new HD-DVD and Blu-ray movies. Between transparent overlays and Apple’s Spaces feature to allow multiple virtual screens, Apple has eliminating many of the needs for overlapping windows cluttering up desktops. And just as Apple first recognized that computers no longer needed floppy disks any more, ridding consumers of overlapping windows may be the first step in a radical simplification of user experiences.

      *      *      *

Leopard の画期的な新機能

そんな画期的なものが Leopard の新しい「機能」だとしたら、アップルがデベロッパを急(せ)かすのももっともではないだろうか。新しい API に習熟し、彼らのソフトに重大な変更を加えられるよう準備をしておくように、と。3〜4か月ではとても十分とはいえないが、少なくとも彼らに有利なスタートを切らせることはできるのではないか。

Such a radical new “feature” in Leopard would more than justify Apple’s efforts to rush developers into learning about the new APIs and preparing them to make some serious changes to their applications. For that, 3-4 months may not even be enough, but it will give them a pretty good head start.

      *      *      *

DOS みたいに古くさい

もう一点。重なり合うウインドウを OS からほぼ排除することによって、アップルはマイクロソフトに対してマーケティング上有効な武器を得ることになる。アイデアを競うマーケットで、マイクロソフトが6年もかけてやっと完成した Vista は完全に古い世界に属するものになってしまう。マイクロソフトの一番よく知られたブランド、すなわちWindows が、まるで DOS みたいに古くさいものになってしまうのだ。マーケティングの世界に銃声が響き、世界中が聞くことになる。しかも、マイクロソフトがそれをコピーするのにこれから何年もかかるのだ。

One more thing: doing away with overlapping windows in most of the OS would allow Apple a marketing bludgeon to use against Microsoft. In the marketplace of ideas, it would paint Microsoft’s six-years-in-the-making Vista as a completely old school effort. It would take Microsoft’s best-known and recognized brand — Windows — and make it appear as tired as DOS. It would be a marketing shot heard round the world — and it would be one that would take Microsoft years to copy.

      *      *      *

当たり障りのない理由

私たちの考えることは実際には存在していないのかもしれない。デベロッパの人手が iPhone に必要だというまったく当たり障りのない理由で Leopard が延期されたのかもしれない。しかし、アップルでこれほど重要なことが当たり障りのない理由で起きたのはいつのことだったろうか。

We might be looking for something that isn’t there, and that Leopard was delayed for the purely innocuous reason that developers were needed on the iPhone. But when was the last time that something this significant happened at Apple for an innocuous reason?

      *      *      *

ユーザーインターフェイスの変更は、単なるスキンなどではなくて、OS やアプリケーションのあり方を根本的に変える可能性があるという指摘は傾聴に値すると思う。

さらにはマイクロソフトに決定的打撃を与えるという点もすごい。

来月の WWDC がますます楽しみだ。

Technorati Tags: , , ,

(more…)

2007年 4月 18日

問題は Leopard じゃないんだ

Filed under: アップル,OS — shiro @ 21:15

Yardsign

Leopard 延期のニュースが、さまざまな議論に火をつけた。

問題は Leopard そのものではない。その背後にあるのだと Daniel Jalkut はいう。

Red Sweater Blog:”Leopard Isn’t The Problem” by Daniel Jalkut:4月12日

      *      *      *

リンクすらない

Leopard 延期に関するアップルの声明にはリンクすらついておらず、ホットニュースのひとつとして掲載されただけだ。たぶん自慢できるようなことではないと考えたせいだろう。

Apple announced yesterday that Mac OS X 10.5, code/marketing-named “Leopard,” will not ship in Spring as promised, but will instead ship in October. (Confoundingly, the “Hot News” item at Apple doesn’t even have its own link, naked among the other public relations tidbits. Perhaps a sign that they’re not proud of the statement).

      *      *      *

PR 用の作り話

私はこんな場面を想像する。広報担当が集まって、この困ったニュースをどう扱ったものか苦慮する。どうしよう、どうしよう。するとひとりがうまいことを思いつく。iPhone のせいにすればいいじゃないか。「問題」をすり替えて、「成功」だとみんなが考える iPhone のせいにすれば、その方がもっともらしいし、外部にも通りやすいのではないか。それがとうとうプレスリリースにまでなってしまったというわけ。よく考え抜かれ、かつ、率直な Steve Jobs の「Thoughts On Music」に比べて、この声明は作り話もいいところだ。素っ気なく、安っぽい、マーケティングのたわごとだ。

… I envision a bunch of PR folks sitting in an office toiling with the fact that they’ll have to break this unfortunate news. What to do, what to do. One of them has the brilliant idea that they can simply “blame” the iPhone. By blaming a problem on what’s widely perceived by the public to as a success, it will somehow make the company appear mature and well-reasoned in its decisions. Something more excusable than a company that occasionally fails to work a miracle. And somehow this idea made its way through some review process and all the way to public release. In stark contrast to Steve Jobs’s brilliantly candid Thoughts On Music, this statement sounds made-up and poorly thought-out. Bluntly crafted, sleazy marketing bullshit.

      *      *      *

もし本当なら・・・

マーケティングのたわごとであって欲しいのだが、もしこれが本当だとすると、悲劇的なことを白状したことになる。アップルにとって、すばらしい製品を開発できるのは一時にひとつだけだということを。確かに iPhone はすばらしい製品だろう。しかし、それにかかっている間は OS の開発ができないということなら、今後アップルの製品ラインナップを拡大しようとすれば極めて厳しいことになる。

The best we can hope for is that it is only sleazy marketing bullshit. Because if what Apple’s telling us is true, then they’ve confessed something tragic: they’re incapable of building more than one amazing product at a time. The iPhone looks like it will be an amazing product, but if Apple can’t keep an OS team focused and operational at the same time as they keep a cell phone team hacking away, then the company is destined for extremely rough waters as it attempts to expand the scope of its product line.

iPhone が出荷され、Mac OS X の開発でにっちもさっちもいかなくなった場合を考えてみよう。「残念ながら、2009 年までは iPhone 2.0 はなしです。みんなを Mac OS X に振り向けなければならないからです。」こうなると、ガラリと変わったすばらしい iPod が登場するのがいつかなんて予測出来なくなる。

What happens when the phone takes off, and Apple’s stuck following through on their Mac OS X commitments? “Sorry, no iPhone 2.0 until 2009 – we’ve had to move everybody back to OS X!” Needless to say, even with the apparent comingling of iPhone and iPod technologies, this situation leaves me unable to speculate as to when a dramatically new iPod might find time to be developed in this environment.

      *      *      *

人材確保

アップルが本当に、才能ある人材を一時にひとつの製品にしか充てられないということなら、社内に病気の症状が出てきたといわざるを得ない。ひょっとしたら、アップルはあまりに早く成功しすぎたのかもしれない。時価総額800億ドル、現金勘定が60億ドルもある会社が、最もアツい、みんなが欲しがっている三つの家電製品(iPod、Mac、iPhone のことだ)を作るのに充てる人材を確保できないのなら、そのやり方に問題があるということではないか。

If Apple is truly so strapped for talent that they can’t focus on more than one product at once, then it’s a symptom of a sickness within the company. Perhaps they’ve regained success too quickly. If a company with a market capitalization of $80 Billion, and a cash account of at least $6 Billion, cannot hire enough people to build three of the hottest, most demanded products in consumer electronics (the iPod, the Mac, and the iPhone, if it’s not obvious), then maybe it’s time to reevaluate their modus operandi for attracting and retaining talent.

アップルとしてまず為すべきは、広域的に考えることだ。アップルの製品は世界的に有名であるにも拘らず、エンジニアたちに対してはカリフォルニアに居住し、仕事をすることを要求している。それも、生活費の高いカリフォルニアの郊外地域にだ。確かに、世界的に分散したごく小さなチームがいることは事実だ。しかしこれは特定の買収などの結果によるものだ。マックデベロッパに対するアップルのメッセージは明らかだ。我々の革命に参加したければ、クパチーノに引っ越してこなければならない。引っ越す気があるものに従業員を限定しているため、才能のある多くのひとが除外されることになる。

The first thing Apple should do is go global. Their products are universally renowned, yet the company requires the vast majority of its engineering teams to live and work in California – in a suburban, high-cost area of California, at that. Sure, Apple has a few small teams scattered around the world, but mostly as side-effects of specific acquisitions. The message to all Mac developers I know is being heard loud and clear: if you want to be part of this revolution, you’ll have to move to Cupertino. By limiting the company’s ranks primarily to those people willing to live in this one particular geographical location, they shut down their ability to attract a huge number of talented individuals.

      *      *      *

真の解決策は・・・

ますます必要となってくる天才たちをアップルが十分採用できずにいるとするなら、それはカネや株以外の解決策、すなわち考え方の変更(change of attitude)が必要だということだ。

If Apple’s having trouble growing its ranks of geniuses, the solution may require something that no amount of cash or stock can buy: a change of attitude.

      *      *      *

確かにマンパワーの問題もあるだろう。しかし数で解決する話だろうか。人材の使い方とも関連してきそうな気がする。

まだ、いろんな議論が出てきそうだ。

      *      *      *

参考:

・Red Sweater Blog:”Leopard Isn’t The Problem” by Daniel Jalkut:4月12日

・Daring Fireball:”Bottleneck” by John Gruber:4月13日

Technorati Tags: ,

(more…)

2007年 4月 14日

Leopard は10月出荷:アップル声明

Filed under: アップル,OS — shiro @ 10:37

Broken Heart

[Broken Heart by Kiomi]

突然の Leopard 延期の発表には驚いた。

即日出荷を旨としてきたアップルとしては異例の発表だ。

Apple:”Apple Statement“:4月12日

Yahoo! Finance:”Apple Statement“:4月12日

      *      *      *

アップルの声明

iPhone は、既に認可のために必要ないくつかのテストをパスしており、計画通り6月末に出荷する予定だ。iPhone がいかに革新的で、魅力的な製品であるか、顧客が実際に手にとっていじってみるのが待ち切れない。

iPhone has already passed several of its required certification tests and is on schedule to ship in late June as planned. We can’t wait until customers get their hands (and fingers) on it and experience what a revolutionary and magical product it is.

しかしながら、iPhone はこれまでの携帯端末にはない最も高性能のソフトを搭載しているので、予定通り完成させようとするとそれなりのしわ寄せが生じる。すなわち、Mac OS X チームから何人かの主要なエンジニアと品質保証スタッフ[QA、quality assurance]の助けを借りているので、その結果として、6月初めの WWDC[Worldwide Developers Conference、デベロッパ会議]で当初の予定通り Leopard を発表することが出来なくなった。

However, iPhone contains the most sophisticated software ever shipped on a mobile device, and finishing it on time has not come without a price — we had to borrow some key software engineering and QA resources from our Mac OS X team, and as a result we will not be able to release Leopard at our Worldwide Developers Conference in early June as planned.

Leopard の諸機能はその時点までには完成済みだが、我々および顧客が求める水準のものを出荷することはできない。目下の計画では、WWDC では「ほぼ最終版に近いバージョン」の Leopard をデベロッパに披露し、かつ、最終テスト用にベータ版のコピーを提供するとともに、Leopard の出荷は10月とする予定だ。Leopard は待って頂く価値が十分あるものだと考えている。

While Leopard’s features will be complete by then, we cannot deliver the quality release that we and our customers expect from us. We now plan to show our developers a near final version of Leopard at the conference, give them a beta copy to take home so they can do their final testing, and ship Leopard in October. We think it will be well worth the wait.

人生ではあちら立てればこちら立たずということがよくあるものだ。今回は正しい選択をしたものと確信している。

Life often presents tradeoffs, and in this case we’re sure we’ve made the right ones.

      *      *      *

なかなか強気の文言だ。

日本なら「お客様にご迷惑をかけて」云々のお詫び文句が連発されるところだろうが、さすがはアップルというべきか・・・

文言自体は非常に練られており、余計な詮索をされないようにという配慮が滲(にじ)んでいるように思われる。

そうなると、ウラの意味を勘ぐるものもでてくる。

この声明文は次のように読み替えるべきだというのだ。

MarketWatch:”Translating the Latest Spin at Apple” by Herb Greenberg:4月12日

      *      *      *

声明のウラを読む

iPhone は既に必要なテストをクリアした → まだパスしていないテストがゴマンとある。

“iPhone has already passed several of its required certification tests and is scheduled to ship in late June as planned…” Translation: There are plenty of other tests it hasn’t passed.

iPhone を予定通り完成させようとするとしわ寄せが生じる → iPhone は思わぬ障害に突き当たり、予定を大きく割り込んだ。もともと iPod の伸び悩みから目をそらし、株価をつり上げるため、ばかばかしいほど時期を早めて発表されていたのだ。

“However, iPhone contains the most sophisticated software ever shipped on a mobile device, and finishing it on time has not come without a price…” Translation: iPhone has hit snags and is deeply behind schedule. It was introduced ridiculously prematurely to boost the stock and take eyes away from the slowdown in iPod.

Leopard は予定どおり発表できなくなった → つぎのことをハッキリさせておきたい。アップルの未来と株価は、コンピュータではなく iPhone などのデバイスが成功するかどうかに大きくかかっている。株価についていえば、誰も Leopard のことなんか気にしていない。それはマイクロソフトの Vista でも同じだった。

“…we had to borrow some key software engineering and QA resources from our Mac OSX team, and a result we will not be able to release Leopard at our Worldwide Developers Conference in early June as planned.” Translation: Make no mistake about it: Apple’s future and stock depend far more on the success on the iPhone and other devices than computers. When it comes to the stock, nobody cares about Leopard any more than they cared about Vista at Microsoft.

      *      *      *

ニュース発表の直後に出た反応をひとつだけ見ておこう。

GigaOM:”Why Apple shifted coders to iPhone” by Om Malik :4月12日

      *      *      *

Leopard より iPhone

OS のアップグレードは会社の利益アップにつながるのが常だが、今回のバタバタを見ていると、その利益を見送ってでも、アップルがつぎのドル箱 iPhone に賭けたことは明らかだ。

Typically, OS upgrades have provided a financial boost to the company’s profit margins, but this shuffle indicated that Apple is glad to forego those profits and instead opt for its next big cash cow – iPhone.

これで皮肉にも、アップルが社名からコンピュータを落としたことの意味が分かる。

Now we can smirk, and point to the fact, Apple did drop Computer from its name after all.

追記:今回の遅れによって人様[Vista]の遅れをネタにするジョークは止めるべきだ。所詮ガラスの城に住むものは決して石は投げないものだ。

PS: This delay should stop those Vista-delay jokes, because those who live in glass houses don’t throw stones.

      *      *      *

Leopard の遅れは果たして声明文のいうとおり iPhone が原因なのだろうか。

Leopard の開発自体の遅れを指摘した記事もある。

Apple 2.0:”Behind the Leopard Delay” by Philip Elmer-DeWitt:4月12日

      *      *      *

バグの多い Build 9A410

アップルに協力している外部のブログラマは、目下の Leopard の暫定バージョン(ビルド build と呼ばれている)が重要なアップグレードとしては今に至るもなお異常なほどバグが多いと不満を述べている。また、これらのシードがいつものパターン(慌ただしくビルドが出され、次第に整ったものとなり、最後に沈黙が来る)ではないともいっている。

But even then, outside programmers working with Apple were complaining that the interim versions of Leopard — the so-called builds — coming out of Cupertino were unusually buggy for a significant OS upgrade this late in the game, and that the seeds were not following the usually pattern: a flurry of increasingly refined builds followed by silence before the final release.

Leopard Build 9A410 がどの程度の出来になっているかという点については、Leopard 延期のニュースが出るほんの数分前に InsanelyMac Forum に投稿されたバグリストをみると様子が分かる。問題は、「インストール時に直近のバックアップをリストアできない」から「emac が起動時にクラッシュする」まで多岐にわたっている。

To get a feel for how much work is left to do on Leopard, see the list of problems still to be solved in Leopard Build 9A410, as described in a message posted on the InsanelyMac Forum a few minutes before news of the delay hit the wires. The known issues range from “Unable to restore from recent backups when installing” to “emacs crashes on launch.” (see here)

      *      *      *

Leopard の開発が遅れているという根強い噂も、にわかに信憑性を帯びてくるような気がする。

先日密かに更新された旗艦モデル Mac Pro も、本来ならばデザインを一新した8コアで、新しい Leopard を載せて、WWDC で発表したかったのではないか。

Leopard の遅れの真の理由を探る動きがこれから活発になりそうな気がする。

      *      *      *

参考:

アップルの声明文

・Apple:”Apple Statement“:4月12日

・Yahoo! Finance:”Apple Statement“:4月12日

報道ぶり

・TheStreet.com:”Apple Delays Leopard Release” by Priya Ganapati:4月12日

・BusinessWeek:”BREAKING: Leopard Delayed” by Arik Hesseldahl:4月12日

・Reuters:”Apple delays new operating system“:4月13日

・New York Times:”Apple Says It Will Delay OS X Release for 4 Months” by John Markoff:4月13日

・San Jose Mercury News:”Apple slicing itself a bit thin” by Troy Wolverton:4月13日

・CNET:”Apple puts a leash on its Leopard” by Tom Krazit:4月12日

・CNET Japan:”アップル、次期Mac OS Xリリースを10月に原因はiPhone開発“:4月13日

・MacNN:”Apple’s iPhone delays Leopard until October“:4月12日

・Ars Technica:”Breaking: Leopard delayed until October, says Apple” by Jacqui Cheng:4月12日

・Engadget:”Apple’s Leopard delayed to October, iPhone blamed” by Paul Miller:4月12日

・Macworld:”Apple delays Leopard until October because of iPhone” by Peter Cohen:4月12日

・Bloomberg.com:”Apple, Focused on IPhone, Delays Macintosh Software (Update4) ” by Connie Guglielmo:4月12日

意見

・GigaOM:”Why Apple shifted coders to iPhone” by Om Malik :4月12日

・Apple 2.0:”Behind the Leopard Delay” by Philip Elmer-DeWitt:4月12日

・MarketWatch:”Translating the Latest Spin at Apple” by Herb Greenberg:4月12日

・Blackfriars’ Marketing:”Apple delays Leopard to create the Summer of the iPhone” by Carl Howe:4月12日

・Seeking Alpha:”Apple Delays Leopard Launch in Favor of an iPhone Summer” by Carl Howe:4月12日

・Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Apple delays Leopard. Again.“:4月12日

・Macworld:”Apple’s not a computer company? Please” by Dan Frakes:4月12日

・TUAW:”Thoughts on the Leopard delay announcement and TUAW comments” by David Chartier:4月12日

・Mac Rumors:”What We Learn From Leopard’s Delay“:4月13日

・Notable Calls:”Color on Announcement: Apple (NASDAQ:AAPL)“:4月13日

Leopard の遅れ

・InsanelyMac Forum:”Mac OS X Leopard – 9a410 Seeded to ADC” by Adrian Fogge:4月12日

・Apple 2.0:”Behind the Leopard Delay” by Philip Elmer-DeWitt:4月12日

Technorati Tags: , , , ,

(more…)

2007年 4月 13日

トップシークレットなんてない?

Filed under: アップル,OS — shiro @ 06:58

Topsecret-1

2007 年春になったというのに Leopard の発表時期はまだはっきりしない。

ついには、トップシークレットなんてないのではないかという皮肉な記事まで現われる始末だ。

Apple Matters:”What If There Are No Top Secret Features in Leopard?” by Chris Howard :3月28日

      *      *      *

もう春になった

2007 年春に Leopard を発表する予定には変更ないとアップルはいい続けている。だが、数えるまでもなく春の終わりまで(アメリカでいう春季だとしても)日数が残り少なくなっている。どうやら「トップシークレット」のインパクトも重要性も減ってきているのではないか。

Apple says Leopard is still on schedule for a spring 2007 launch. But when you do the math, you see that as the number of days until the end of spring (even the U.S. spring) decreases, the likely impressiveness and significance of the “top secret features” also decreases.

特別機能の中味がなんであれ、トップシークレットというからには革命的なものだと、アップルとしてはみんなに信じて欲しいのだと思う。Vista が消費者の手に渡ってすでに数か月が過ぎた。Leopard の目新しい機能をマイクロソフトが駆け込みでコピーしようと思ってもそうはいくまい。だとすると、すごい機能とは一体全体何なのか、なぜこれほど手間取っているのか訝しく思えてくる。

Apple wants you to believe that whatever these features are, because they are top secret, they must be revolutionary. Vista has been in the hands of consumers for a couple of months now, so it’s not like Microsoft can do a last minute upgrade to it, copying Leopard’s amazing new top secret features. So it kinda makes you start to wonder about just how great these features really are and why it’s taking so long to reveal them.

      *      *      *

単なる見かけ以上のもの

ユーザーインターフェイスの刷新が秘密なのではないかという噂が絶えない。iPhone のように OS X でも黒のバックに明るいカラーになるのではというのだ。でもそれってスキンと一緒じゃないだろうか。ShapeShifter を使えば今でもできることだ。

The hottest tip for secret features is a revamped user interface. But is that nothing more than a skin? ShapeShifter can already do that for you. Predictions are that glossy black and bright colors, such as seen on the iPhone, will spread across OS X.

スキン的なものって果たして機能といえるのだろうか。見栄えだけならボーダーラインだ。

トップシークレットというからには、単なる見かけ以上のものをみんなは期待するのではないか。コンピュータの使い方を革命的に変えるもの、それなら「トップシークレット」と呼ぶに値する。しかし Leopard のチョイ見せ(preview)以来これといったものを耳にしない。

Wouldn’t you expect something that is top secret to be a bit more than a new look? Something that revolutionized the way you use your computer, that would be worth calling “top secret.” Yet I haven’t heard of any suggestions since Leopard’s preview that even come close to needing to be kept top secret.

      *      *      *

NAB で発表?

4月15日の NAB[National Association of Broadcasters、全米放送事業者協会]でアップルがなにか発表するという。WWDC の前にベータテスターに試す機会を与えるという意味では、トップシークレットを明らかにするいい機会だろう。もしもこの機会を逸して、WWDC にずれ込むということになればガッカリだ。WWDC の勢いだって削がれてしまう。WWDC で発表ということなら WWDC に出る意欲もなくなる。

Apple is planning a launch of something at NAB on the 15th of April. This would also be a good time to reveal these top secret features and give beta testers enough time to test them out before a WWDC launch. Although, I’d be disappointed if Leopard slipped out to WWDC, as I think it will take the edge off WWDC. Developers need some time for shipping Leopard before WWDC, or at least as close as possible to it. Launching at WWDC would kill that off and there’d be no momentum going into WWDC.

発表されるのが新しいユーザーインターフェイスでスキン程度のものだとしても、かなりのベータテストが必要だ。ShapeShifter の「テーマ」にしても、数はたくさんあるが問題も多いのだ。だからアップルが、真剣に春の出荷を考えているのなら一刻も早く公表する必要がある。アップルのスタッフは体力が尽きるほど頑張っているのかもしれない。Steve は長期にわたって耐えたことを家族に感謝するのが好きだ。それなら尚更早く出すべきだ。

Even a new user interface, though, would require a fair amount of beta testing, even if it is just a skin. There are plenty of ShapeShifter themes that still have problems. So again, Apple needs to reveal all soon if it wants to make a spring launch. You can imagine Apple staff will be working themselves into the ground. But Steve is fond of thanking their families for putting up with their long hours, so I guess that justifies it.

      *      *      *

本当にシークレットがあるのか

新しいインターフェイスを事前に見せることなく OS X が動き出したりするだろうか。そんなことはあり得ない。じゃあ、どのくらいギリギリまで見せないで済まされるだろうか。これほど最後まで見せないなんて、一体どんな秘密機能なのだろうか。もしかして、トップシークレットなんてないのだとしたら?

Could OS X go live without ever showing a new user interface? Never. But how late could they go without showing it? What other secret features could Apple release this late? What if there are no top secret features?

実はすべてがマーケティングの戦術に過ぎず、Leopard に話題をつなぎ止めておくだけのものだとしたら? トップシークレットを見たら Vista なんて時代遅れに見えるだろうと誰もが期待している。「Vista はそれなりに結構だ。しかし Leopard が出荷されたらどうかなるか見ものだ」と多くの批評家がいっている。

What if it was merely a marketing ploy to keep Leopard talked about favorably compared to Vista. Everyone has expected the top secret features will make Vista look so last year. It’s resulted in many reviews of Vista saying, “Vista is all well and good, but we’ll see how it compares when Leopard comes out.” If all the features of Leopard were already known, that comparison could already be made, which wouldn’t be good for Apple or Leopard, as the comparison would be based more on hearsay.

Leopard が Vista と比較されるのを「トップシークレット」ということで辛うじて食い止めているのだ。しかし、シークレットとは光沢のある黒いユーザーインターフェイスとタブ付きファインダに過ぎないかもしれない。それじゃとても秘密には値しない。

Instead, Apple has staved off those comparisons with its “top secret features” line. And yet, they may be nothing more than a glossy black user interface and a tabbed Finder. Hardly worth keeping secret.

      *      *      *

もう時間がない

春はどんどん過ぎつつある。こんなに遅くなっては、アップルとして付け加えられるものはほとんどない。Time Machine に勝る、アップルの基準からいっても革命的なものがあるのだろうか。

Spring may have only just begun, but the way time is slipping away, there’s nothing Apple could add this late that could top Time Machine for being revolutionary (by Apple’s standards).

もう一度いおう。残り時間はせいぜい・・・。ひょっとしたらトップシークレットなんて存在せず、騒ぎ立てるほどのこともないのかもしれない。

So, again, doing the math, it all adds up to…maybe no top secret features at all and nothing to get excited about.

      *      *      *

追記:4月13日午前6時

とんでもないニュースがはいってきた。

Leopard はさらに10月まで遅れるとアップル自身がいっている。

Apple:”Apple Statement“;4月12日

… and as a result we will not be able to release Leopard at our Worldwide Developers Conference in early June as planned. While Leopard’s features will be complete by then, we cannot deliver the quality release that we and our customers expect from us. We now plan to show our developers a near final version of Leopard at the conference, give them a beta copy to take home so they can do their final testing, and ship Leopard in October.

Technorati Tags: , ,

(more…)

2007年 3月 28日

Leopard のヒミツは 3D

Filed under: アップル,OS — shiro @ 21:06
Tags: , , ,

core_anim

[Core Animation]

Leopard の秘密に絡む記事を二つ・・・

Ars Technica が「Leopard はいつの間にか三次元になっている」という興味深い記事を書いている。

Ars Technica:”Leopard is secretly three-dimensional” by Iljitsch van Beijnum:3月26日

      *      *      *

3D ユーザーインターフェイス

我々は iPhone で、ズームインしたりズームアウトしたり、またアイコンやウインドウ、スクリーンの向きをシームレスに変えることができるのを見てきた。本物のコンピュータならどうなるか考えてみて欲しい。カバーフローや多人数 iChat ビデオは、光源や反射映像などを使うと三次元(3D)に進化したユーザーインターフェイス(UI)がどんなものになるか垣間見させてくれるのだ。

We’ve already seen the iPhone seamlessly zoom in, zoom out, and flip icons, windows, and screens. Think about what a real computer could do here. Cover flow and multi-party iChat video show a glimpse of what a 3D accelerated user interface could look like, with light sources, reflections, and more.

OS はアプリケーションの助けを借りずにそれ自体で、簡単にウインドウを前面に持って来たり、背後に隠したりできる。Exposé の場合と一緒だ。しかし、あきれたことにアプリケーションではそうはいかない。新しい三次元ユーザーインターフェイス(3D UI)をサポートして、Leopard の三次元空間内におけるそれぞれ異なったウインドウ、インスペクタ、リクエスタの動きを処理しなければならない。Core Animation がこれらの動きを処理し、解像度から独立している(resolution independence)ことによって、ズームレベルが変わってもテキストと UI の各要素がキチンと並んできれいに見えるようにする。あと欠けているのは、オブジェクトを仮想三次元空間内で簡単に操作する方法だけだ。それともオブジェクトをつまめばそれで済むのだろうか。

Obviously the OS can simply move windows to the front and to the the back without support from the application itself, much like how Exposé  works, but to really flabbergast us, applications would have to support the new 3D user interface and have different windows, inspectors, and requesters move around through Leopard’s three dimensional space. Core Animation takes care of the movement, and resolution independence makes sure text and UI elements align and look good at different zoom levels. The only thing missing is an easy way to manipulate virtual objects in three dimensions. Or do we just pinch them?

      *      *      *

お馴染みの Carl Howe が、さらにその考えを推し進めて、Leopard の隠された秘密を探っている。

Blackfriars’ Marketing:”Another vote on Leopard’s secret ingredients: it’s all 3D, all the time” by Carl Howe:3月27日

      *      *      *

3D グラッフィックス

timemachine

[Time Machine]

Ars Technica の記事は、アップルの次期 Mac OS X 10.5、すなわち Leopard のトップシークレットのひとつを解き明かしてくれたと思う。完璧な 3D グラッフィックスとアニメーションだ。これまで見聞きしてきた Time Machine や iChat といった Leopard の機能、それに FrontRow のような既存のアプリケーションを考え併せると、この話はぴったり辻褄が合うと思う。3D が OpenGL で実行されるのであれば尚更だ。3D の世界では、アプリケーションはそれぞれ独自のキャンバス(canvas)を使うが、キャンバスそのものを更新したり、縦横いろんな方向に変えるのは OS 側の責任となる。すべてのアプリケーションがひとつの 3D イメージングモデル(visual 3D imaging model)を使い、それを OS が管理し整理する。素晴らしいじゃないか。

Ars Technica’s Infinite Loop blog has, in my opinion, unraveled one of the top secret ingredients in Apple’s upcoming Mac OS X 10.5 release, aka Leopard: complete 3D graphics and animations. Given what we know and have seen of Leopard features such as Time Machine and the new iChat and in existing apps like FrontRow, this would make perfect sense, especially if it were implemented in OpenGL. Applications get their own canvases in a 3D world, and the OS is responsible for keeping those canvases updated and visible in various orientations. One visual 3D imaging model for all apps that the OS manages and keeps sorted. Sweet.

      *      *      *

リナックスでは当たり前

もっともこれは、リナックスのギークにとっては、大したことではないかもしれない。リナックスには Beryl(リンクのビデオ参照)や XGL/Compiz といった統合インターフェイス(compositing interface)がたくさんあるので、それに似ていると思うかもしれない。しかしリナックスではこの世のありとあらゆるグラフィックスカードをサポートする必要があるのに対して、アップルではそんなことはない。それはこの際とてもいいことなのだ。アップルはインターフェイスをスムーズで、一貫性のある、きめ細かいものにしようと気を配る。このため、どんなユーザーでも使えるものになり、グラフィックスドライバが動くように四苦八苦する必要はない。

Now to any Linux geek worth his salt, this sounds like no big deal: it’s like and Beryl (movie at the link), XGL/Compiz and a bunch of other compositing interfaces available today on Linux. But unlike Linux, Apple has no requirement to support every flavor of graphics card in the world, and that’s a good thing in this case. Apple’s attention to interface smoothness, consistency and detail will create a user experience anyone can use, and won’t require users to gather eye of newt and sacrifice a goat to get the graphics drivers to work.

      *      *      *

3D ファインダは強力な武器

アップルのユーザーにしてみれば、Leopard の新しいファインダが登場するだろうということなのだ。以前私は Leopard がマルチタッチ・ジェスチャ(Multi-touch gestures)と新しいセンサーをサポートし、そのことによってユーザーインターフェイスは次のレベルに達するだろうと書いたことがある。競争相手のマイクロソフトにとっては、この 3D ファインダが最大の威嚇射撃になると思われる。何故か。マイクロソフト Windows XP と Vista の主たる違いは Aero 3D インターフェイスだ。Vista のその他の機能は一般ユーザーにはなかなか見えにくい。しかも Vista では、これらの機能はハイエンドの PC でしか使えない。これに対してアップルは、アップル製のすべてのデバイスでこの 3D 機能が使えるようにしようとしているのではないだろうか。Leopard だけでなく、iPod でも iPhone でも、それに Apple TV でも、すべてで 3D 機能が使えるということなのだ。これらの機能のいくつかはハードウェア自体に組み込まれるだろうから、iPhone の場合と同じで、特許を設定し、保護するのがとても容易になる。

What this means for Apple users is that we can expect a new Finder in Leopard. I’ve written before that I believe that Leopard will also support Multi-touch gestures and new sensors to take the user interface the next step for users. From a competitive point of view, this 3D Finder will probably be the biggest shot across the bow for rival Microsoft. Why? Because the Aero 3D interface is the major differentiator today for Vista over Windows XP; most of the other features of Vista are significantly less visible to average users. But on Vista, these features are usable only on the highest end PCs, while I believe that Apple intends its 3D features to become a part of every device it builds. That means we’ll see 3D features on iPods, iPhones, Apple TV boxes, and of course in Leopard. And since some of these features will be built into hardware devices, it will be straightforward for Apple to patent and protect these features as it has with the iPhone

      *      *      *

シェフの腕次第

結論をいうと、3D ファインダが Leopard の秘密のひとつだという考え方に私は賛成だ。これはバニラアイスクリームもクレームブルレも両方ともバニラが材料だというのに似ている。香り付けとして使われているだけかもしれないし、すごいデザートを作るベースとして使われているかもしれない。それはまさにシェフの腕次第なのだ。

creme_brulee

[Crème Brulée]

The bottom line: I second the notion that a 3D finder is one of the secret ingredients of Leopard. That’s a little bit like saying vanilla is the secret ingredient in both a vanilla ice cream and a great creme brulee. It can be just a flavor or it can be the base of a transporting dessert. It just depends on how the chef uses it.

      *      *      *

参考:

・Blackfriars’ Marketing:”Another vote on Leopard’s secret ingredients: it’s all 3D, all the time” by Carl Howe:3月27日
・Ars Technica:”Leopard is secretly three-dimensional” by Iljitsch van Beijnum:3月26日

Technorati Tags: , , ,

(more…)

2007年 3月 27日

[噂]Leopard が NAB で発表か

Filed under: アップル,OS — shiro @ 07:12

Leopard Disk

いつもと違うところから Leopard 発表の噂が流れてきた。とりあえず・・・

T3:”Leopard launching at NAB“:3月21日

      *      *      *

上の画像のディスクが、来月あなたのマックで動くようになる。

This disk. Spinning into your Mac next month…

T3 の大地につけた耳が、来月に向けて Leopard が近づいてくる地響きを聴きつけた。

T3’s ear to the ground hears the rumbling of Leopard approaching next month.

8コアの Mac Pro と、Leopard の最終版だ。我々の信頼できる情報筋によれば、これが来月の NAB[National Association of Broadcasters、全米放送事業者協会]のイベントに備えて準備中だという。

Eight-core Mac Pros and the final unveiling of Leopard. That’s what’s in store at next month’s NAB event, according to our well-placed source.

クパチーノの鼓動を聴き取る我々の情報筋によれば、Leopard は4月リリースに向けて進行中で、NAB 登場がほぼ確認されたという。

Our man with his finger on Cupertino’s pulse says Leopard’s tracking for an April release, and is now all but confirmed for the NAB event.

Invitation

アップルはラルべガスのイベントへの招待状をすでに発送済だ。いよいよベールを脱ぐ次世代 OS の舞台となるこのイベントのタイトルは「Lights, Camera, Apple」という簡単なもの。

Apple has sent out invitations to the Las Vegas showcase, titled simply “Lights, Camera, Apple,” setting the stage for its next-gen operating system to finally be unveiled.

アップルの発表のタイミングは完全に辻褄が合う。Leopard の新しい機能に関するワークショップやマスタークラスが準備されている6月の WWDC の2か月前だ。事前にデベロッパが実際に試してみる期間がなければ、これらのワークショップの意味は大幅に減じてしまうだろう。

The timing of Apple’s announcement makes perfect sense. It’s a clear two months ahead of the World Wide Developer’s conference in June, where Apple’s has publicly scheduled workshops and master classes on Leopard’s new features – a pointless exercise if developers haven’t got their hands on it yet.

我々の情報筋のレーダーは、Jobs 株式会社が8コアの Mac Pro を発表することも捉えている。まさに放送業界やメディア関係者にうってつけだ。このレーダーは、Leopard の全容が披露されることも請け合っている。

Our source also reckons we’ll see an eight-core Mac Pro unveiled by Jobs and Co, perfect for the broadcasters and media types attending, and guaranteed to show off Leopard to its full extent.

Technorati Tags: , , , ,

(more…)

2007年 3月 26日

「何時」ではなく「何か」が問題だ

Filed under: アップル,OS — shiro @ 18:49

Top Secret

Leopard の発売時期についてひとしきり騒ぎが続いているが、Paul Thurrott がおもしろい点を衝いている。

Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Everyone is still asking the wrong questions about Leopard“:3月25日

      *      *      *

Gartenberg 発言

Michael Gartenberg は、Leopard を巡る最近のバカ騒ぎに終止符を打とうとしている。しかし、アップルの次期 OS に関して最も重要だと思われる点については、未だ十分な指摘をしていないようだ。彼のいっていることはこうだ。

Michael Gartenberg of Jupiter Research hopefully, puts an end to the recent Leopard delays silliness, but still doesn’t raise what I think is the most important question about Apple’s next operating system. Here’s what’s going on:

「Leopard が10月頃まで遅れるという話がはいってきた。いまアップルと話したところ、その話は間違いであり、以前発表した今春の出荷予定はそのままだとの確認を得た。

またまた噂サイトの間違いだ。」

“Reports coming in that Leopard’s delayed until sometime in October. Just spoke with Apple who confirmed the reports are wrong and Leopard is still scheduled to ship in this spring as they previously announced. The rumor mill is wrong again.”

      *      *      *

なにが問題なのか

多くのマックサイトが「Leopard は何処へ行った?」と尋ねているが、しかしそれは正しい質問ではない。

Many Mac sites are still asking, “Where’s Leopard?” But that’s not the right question.

「何処へ」行ったかなんて問題じゃない。「何時」Leopard が出荷されるかも問題じゃない。みんなが問題にすべきは、Leopard とは「何か」ということなのだ。昨年8月、Steve Jobs ははっきりと約束した。Leopard には Vista に差をつける「秘密の」機能があるのだと。それ以来アップルがやったことといえば、この話題について全くの沈黙を守ることだった。私は技術好きで、Leopard が出たと聞いたら即座に買うようなアップルの顧客だが、この沈黙だけはまったく奇妙に思える。もし私が Mac OS 用ソフトのデベロッパだったら、今頃は半狂乱になっているだろう。もし Leopard が本当に 2007 年春に出荷されるのなら(すでに先週から春になっているのだが)、なぜアップルは最も大切な支持者であるデベロッパに情報を与えないのか。Leopard の秘密機能を利用する開発には必須の情報なのだから。これは滑稽としかいいようのない状態だけれど、もしかしたらアップルのバカバカしいまでの秘密主義の極端な例なのかもしれない。

Who cares “where” it is? For that matter, who cares “when” Leopard will ship? The question everyone should be asking is, “What” is Leopard? Last August, Steve Jobs pointedly promised that Leopard would contain “secret” features that would put it ahead of Vista. Since then, Apple’s most notable pronouncements about Leopard have been its complete silence on the topic. As a technology fan and Apple customer who will purchase Leopard the second it comes out, I’m merely curious about this. But if I were a developer focusing on the Mac OS, I’d be frantic by now. If Leopard is really shipping in Spring 2007 (which started last week, by the way), then why hasn’t Apple provided its most valuable supporters–developers–with the information they need to take advantage of these secret features? It’s an absolutely ludicrous situation, perhaps the ultimate example of Apple’s ridiculous penchant for security.

アップルよ、Leopard がいつ出荷されたって構わない。3月だろうと、4月、8月だろうといつになっても構わない。OS の開発が何処まで進んだかとか、Vista との互換性に問題があるとか、そんなことは私にとってどうでもいい。私が知りたいのは、どうやって Mac OS X の優位性を保つつもりかということなのだ。沈黙は答えじゃない。ましてや「何処へ」とか「何時か」といったことは尚更問題じゃない。

Apple, I don’t care when Leopard ships. March, April, August, whatever. I don’t even really care how far along work on the OS is, or whether Vista compatibility is somehow the problem. What I care about is how you intend to keep Mac OS X competitive. Silence is not the answer. And “where” and “when” are most certainly not the questions.

アップルよ、Leopard とはいったい何なのか?

Apple, what is Leopard?

Technorati Tags: , ,

(more…)

次ページへ »