maclalalaweblog

2006年 10月 14日

オープンソース OS X アプリを iPod から動かす

Filed under: ハッキング — shiro @ 19:18
Tags: , , ,

portable_apps

iPod を外付けの起動ドライブとして使って、オープンソースの OS X アプリケーション(ポータブル版)を動かすことができるらしい。

Infinite Loop:”Running portable OS X applications on your iPod now, not later” by Michael Biven:10月13日

      *      *      *

FreeSMUG 18 のアプリ

OS X のアプリケーションのいくつかは、「Home on iPod」が実際に登場するのを待たなくても、今すぐにでも、iPod やほかのポータブルデバイスから動かすことができる。 Free Open Source Mac User Group(FreeSMUG)には、マックの外部ストレージから動かせる 18 のアプリケーションがあり、さらに 9 つのアプリを準備中だ。人気のある OS X Open Source アプリケーションのうちのいくつかで、実際に使えるものだ。

Instead of waiting to see if “Home on iPod” actually makes its debut, you can start running several OS X applications from your iPod or any other portable drive now. The people at the Free Open Source Mac User Group have eighteen different applications that you can run from external storage on your Mac with another nine apps being worked on. And these are some of the more popular OS X Open Source apps, things you might actually use.

FreeSMUG の 18 のアプリはつぎのとおりだ。

Firefox, Thunderbird, Adium, AbiWord, Nvu, Sunbird, Cyberduck, Check Off, Gimp, Newspeak, Inkscape, VLC, Audacity, OpenOffice, RSSOwl, Feed, X-Chat Aqua, Camino.

      *      *      *

インストールも簡単

bootable

何も手を加えてない元のアプリケーションのバージョンに、外部ストーレジから起動するための AppleScript を加えることで、それが可能になった。インストールするには、アプリケーションのフォルダを外部ストレージにコピーするだけでいい。たったそれだけだ! フォルダの内容をいじらなければ、アプリケーションはちゃんと動くはずだ。アプリを立ち上げるには「OPEN Portable app name」をクリックする。するとバックグランドで AppleScript が起動してアプリケーションが始まる。アプリの起動時間はちょっとながい。それに、KeyChain を使ったデータやパスワードは元のマックに残ったままで、ポータブルデバイスには移せないことは注意してほしい。

They make this work by using an unmodified version of the application and including an AppleScript that is used to launch it from its portable location. You install the app by copying its folder over to the external storage and that is it! As long as you don’t modify the contents of the folder, the application should work fine. To launch the app, click on “OPEN Portable app name” and the AppleScript will launch in the background, starting the application.Be prepared for the apps to take a little longer to start and do remember that any data or passwords stored using KeyChain are not portable; that stays on the Mac.

      *      *      *

準備中の 4 アプリ

目下作業中のアプリには、マックのネイティブアプリが含まれている。Safari、Mail、Address Book、iCal の四つだ。サポートフォーラムは何か月も更新されていないが、複数のマックでポータブルデバイスからアプリケーションを動かす必要のあるひとにとっては覗いてみる価値がある。

Of the applications they are still working on, four are native Mac applications from Apple including Safari, Mail, Address Book and iCal. And while the support forum hasn’t been updated in several months, these are worth a look if you’re needing to keep applications portable to use on several different Macs.

      *      *      *

デバイスは iPod でなくてもいいのだという。USB thumb drive でも、メモリーカードでも、ポータブルのハードドライブでも、ポータブルデバイスならなんでもいいのだそうだ。(もちろん内蔵ハードディスクでも構わない。)

アプリケーションのひとつに、Nvu が顔を並べているのも懐かしい。

apple_patent

なお、冒頭の「Home on iPod」は、アップルのパテント US Patent 7,120,785 から再浮上した Mac OS X 10.3 Panther の機能だ。

Infinite Loop:”‘Home on iPod’ resurfaces in patent by Apple” by Charles Jade:10月11日

2003 年にこの第一報を載せた AppleInsider は、この機能を次のように説明している。

あなたのホームを手のひらや、ポケットに入れて持ち運ぶことが出来るかどうか考えたことがあるだろうか。それが出来るのだ。パンサーの「Home on iPod」機能によって、あなたのホームディレクトリ(ファイル、フォルダ、アプリケーション)を iPod に入れて、どこへでも持ち運べる。

Ever thought you could carry your home in the palm of your hands or in your pocket? You can. Panther’s Home on iPod feature lets you store your home directory – files, folders, apps – on your iPod (or any FireWire hard drive) and take it with you wherever you go.

アップルはこの機能を正式に公表したことがなく、2003 年 10 月のプレリリースの OS build から突如姿を消してミステリーとなっていたものだ。

      *      *      *

参考:

OS X Portable Applications —

・Infinite Loop:”Running portable OS X applications on your iPod now, not later” by Michael Biven:10月13日
・FreeSMUG:”OS X Portable Applications” by Gand:10月10日

“Home on iPod” —

・AppleInsider:”Apple’s missing ‘Home on iPod’ feature resurfaces in filing” by Prince McLean:10月11日
・Infinite Loop:”‘Home on iPod’ resurfaces in patent by Apple” by Charles Jade:10月11日
・MacDailyNews:”Apple patent hints at ‘Home on iPod’ Mac OS X Leopard feature“:10月11日
・PC Pro:”Apple patent hints at new OS X 10.5 feature” by Simon Aughton:10月11日
・Mac Rumors:”Mac Rumors: ‘Home on iPod’ Patent Surfaces“:10月11日
・AppleInsider:”Apple tweaking ‘Home on iPod’ feature for release“:2003 年12月1日
・Mac Rumors:”Pulled Panther Feature? ‘Home on iPod’ [Updated]“:2003 年10月8日
・iPod Hacks:”Mac OS X Panther Feature: Home On iPod“:2003 年10月8日
・Playlist:”Home on the iPod” by Michael Gowan:2005 年3月24日

Technorati Tags: , , ,

2006年 10月 4日

次のターゲットはアップル:DVD Jon

Filed under: ひと,アップル,ハッキング — shiro @ 20:13
Tags: , , ,

dvd_jon2

DVD のコピーガードはずしで有名になったノルウェーのハッカー DVD Jon が、今度はアップルに狙いを定めた。

GigaOM:”DVD Jon Fairplays Apple” by Liz Gannes:10月2日

      *      *      *

DRM をライセンス

DRM バスターこと DVD Jon は新しい獲物をみつけた。こんどの獲物は大きい。DVD Jon はアップルの Fairplay をリバースエンジニアリングしたが、iPod でメディアを再生したいと考えている会社にその技術をライセンスするという。DRM[Digital Rights Management、デジタル著作権管理]をはずす代わりに(それは前にやってのけた)、DRM を複製したのだ。音楽、映画その他なんであれ自らのコンテンツをアップルのデバイスで再生したいと思う会社に対して、その技術をライセンスするつもりだという。iTunes Store にとっては悪いニュースかもしれないが、iPod はさらに売れることになるかもしれない。

DRM-buster DVD Jon has a new target in his sights, and it’s a big piece of fruit. He has reverse-engineered Apple’s Fairplay and is starting to license it to companies who want their media to play on Appleユs devices. Instead of breaking the DRM (something heユs already done), Jon has replicated it, and wants to license the technology to companies that want their content (music, movies, whatever) to play on Apple devices. This may not be good news for iTunes the [sic] store, but it could make the iPod even more popular.

15才でハッカーデビュー

dvd_jon

Jon Lech Johansen は暗号化された DVD をハッキングして、リナックスでの再生を可能にした。15才だった彼は、それ以来刑事罰訴追の対象となったが、その後無罪放免となった。昨年彼はノルウェーからサンディエゴに移住し、Michael Robertson の元で働き始めた。しかし音楽にカギをかけるという仕事には満足できず、結局この夏彼の元を旅立った。

Jon Lech Johansen became famous for hacking encrypted DVDs so they would play in Linux when he was 15, making him the target of criminal charges for which he was eventually acquitted. Last year he moved from Norway to San Diego to work for Michael Robertson. But the work — a digital locker for music — didn’t captivate Johansen, so he struck out on his own at the beginning of the summer.

ハッキングの腕を商売に

22才の Johansen はサンフランシスコに移り住み、Monique Farantzos と仕事を始めた。彼女はウォールストリートジャーナルに載った記事を読んで彼と知り合った。二人は今ではミッション地区に住み、DoubleTwist Ventures というベンチャー事業に打ち込んでいる。これは自らのハッキングを商売にしようという Johansen としては初めての試みだ。彼らはそのために外部資金を募ることはしていない。というのも既に少なくとも一人は金を出してくれる匿名の出資者を見つけたからだ。

Twenty-two-year-old Johansen moved to San Francisco to work with Monique Farantzos, who had contacted him after reading a Wall Street Journal profile of him last fall. The two now live in the Mission District and devote their time to DoubleTwist Ventures, which is Johansen’s first major attempt at commercializing his hacking. They haven’t raised any outside money because they have already found at least one (undisclosed) paying customer.

Jobs との昼食会

Johansen は空威張りをするようなタイプではない。先週飲みにいったときもハイネケンビールにほとんで手をつけなかった。しかしかなり厚かましい方だ。Steve Jobs にメールを送って、この1月に昼食会をセットした話もしてくれた。

Johansen isn’t much of a swashbuckler; he barely touched his Heineken when we were out at drinks last week. But he has a lot of chutzpah, and related the story of how he emailed Steve Jobs and set up a lunch meeting in January.

アップルは訴訟を好まない

Johansen と Farantzos はクパチーノまで出かけて行って、キング Jobs の接見を受けた。もっとも Johansen は新会社の計画についてはあまり詳しく話してくれなかった。(正直のところ、現時点では彼ら自身あまりはっきりしていないようだった。)Jobs は明らかに彼らに警告したようだ。アップルは訴訟を好む会社ではないが、DVD Jon のやっていることがなんであれ、ほかの会社はすんなりは乗らないのじゃないか、といって・・・ オヤオヤ!

Johansen and Farantzos went down to Cupertino for an audience with King Jobs, but werenユt terribly specific about their new company’s plans (to be fair, at this point, they didn’t quite know what their plans were). Jobs apparently warned that while Apple was not a litigious company, other tech firms might not take kindly to whatever DVD Jon might be up to. Ha!

狙いは iTV

dvd

Johansen は自分がやっていることが違法だとは考えていないようだ。DRM をはずすのではなく、DRM を付け加えるのだから。Johansen と Farantzos の二人は、アップルの iTV がもたらす未来に有頂天になっていた。iPod から閉め出された連中のことを考えると、もし iTV が出たら多くの会社が set-top box に映画をダウンロードするのに一本いくらと支払うようになるのを希望しているようだった。アップルからきっぱりとはねつけられるだろうか。[そう思うひとは]直ちに前に出なさい。

Johansen doesn’t think what he’s doing is illegal; he’s adding DRM rather than breaking it. He and Farantzos were giddy about the prospect of Apple’s iTV, hoping companies will pay up to get movies on the set-top box when it comes out, after seeing the ill effects of being shut off the iPod. Spurned by Apple? Step right up.

訴訟に発展するか

これまで DRM を設定しようとする側と解除しようとする側の間で絶え間なく行われてきた争い(ちょうど先週もマイクロソフトの PlaysForSure DRM を取り除くアプリを出したハッカーに対してマイクロソフトが訴訟を起こしたばかりだ)とは、今回はちょっと趣を異にする。もしうまくいけば、自らのハードウェアをコントロールしているアップルの役割を DoubleTwist は排除することになる。でもそのことによって、アップルのハードの売り上げを増やす結果になるかもしれない。アップルは自らのデバイスについてたっぷり利ざやを稼げるかもしれないから、ここのところは見て見ぬ振りをするテかもしれない。

This is a different twist on the constant battle between DRM crackers and builders (see, just last week, Microsoft’s lawsuit against a hacker for releasing an app that strips off its PlaysForSure DRM). If successful, DoubleTwist will eliminate Apple as a middleman to its own hardware. But in doing so, it just might help Apple sell more of that hardware. Apple enjoys fat margins on its devices, and perhaps should turn a blind eye, for now.

もっとも、訴訟好きではないという Jobs のことばが守られるように祈る気持ちにはならないけれど・・・

We won’t be crossing our fingers for Jobs to keep his non-litigious promise, though.

      *      *      *

有名なハッカーがアップルに挑んだということで、たくさんのメディアが注目した。

コピーライトの違反をしているか、訴訟に持ち込めるかどうかについては MacNewsWorldGeek.com にコメントがある。

具体的にどんな方法で Fairplays の複製をしたかについては Afterdawn.com が簡単に触れている。

DVD Jon がアップルで働いていたというもあるが、これはエイプリルフールネタだろう。

DVD Jon 自身のサイトはこちら(So sue me)、新しいベンチャーのサイトはこちら(Doubletwist Ventures)。

      *      *      *

参考:

・GigaOM:”DVD Jon Fairplays Apple” by Liz Gannes:10月2日
・Engadget:”DVD Jon’s is back to once again make FairPlay fair” by Ryan Block:10月2日
・TUAW:”FairPlay for sale, and not by Apple” by Scott McNulty:10月2日
・Afterdawn.com:”DVD Jon opens up Apple’s Fairplay” by Lethal_B:10月2日
・CNET:”DVD Jon strikes again, this time for profit” by Erica Ogg:10月2日
・InfoWorld:”DVD Jon plays fair with Apple DRM” by Mike Barton:10月2日
・iTWire:”Young DRM hacker upsets Apple cart” by Stan Beer :10月2日
・The Register:”DVD Jon opens Apple DRM for profit and pleasure” by Drew Cullen:10月2日
・BetaNews:”‘DVD Jon’ Opens Up Apple’s FairPlay” by Ed Oswald:10月2日
・iPodNN:”DeCSS author recreates FairPlay DRM“:10月2日
・Paul Thurrott’s Internet Nexus:”DVD Jon Fairplays Apple“:10月2日
・Gizmodo:”DVD Jon Offering Apple’s Fairplay DRM For a Price” by Jason Chen:10月2日
・Mac Rumors:”Another FairPlay Threat? (Licensing Fairplay…)“:10月2日
・MacNewsWorld:”DVD Jon Reverse Engineers the iPod” by Erika Morphy:10月3日
・PC Pro:”DVD Jon eyes DRM market – report” by Simon Aughton:10月3日
・Geek.com:”DVD Jon reverse engineers Apple’s FairPlay” by Matthew:10月3日
・TechSmec.com:”DVD Jon and Apple In Fragile Standoff“:10月3日
・Macworld UK:”DVD Jon goes for FairPlay“:10月3日
・Inquirer:”DVD Jon to kill Apple’s DRM controls” by Nick Farrell:10月3日
・Computerworld:”Apple’s DRM licensed to others by DVD Jon (and The Coded Smorgasbord)” by Richi Jennings:10月3日

Technorati Tags: , ,

2006年 8月 19日

MacBook ハッキングは本物ではなかった

Filed under: ハッキング — shiro @ 13:33

Hackers-2

[David Maynor and Jon Ellch]

MacBook を使ったハッキングは、どうやら本物ではなかったらしい。

InformationWeek :”Security Firm Disclaims Mac Hack Demo” by Thomas Claburn:8月17日

      *      *      *

8月の Black Hat USA 会議のデモビデオで、SecureWorks 研究員(researcher)の David Maynor と Jon Ellch は MacBook をハッキングしてみせた。このため、アップルや他の PC ベンダーの Wi-Fi 装置を装備したコンピュータ(Wi-Fi-capable computers)の安全性についてメディアが書きまくる大変な騒ぎとなった。

In a video presented at the Black Hat USA conference in early August, SecureWorks researcher David Maynor and Jon Ellch demonstrated hacking into a MacBook, setting off a flurry of press coverage about the insecurity of Wi-Fi-enabled computers from Apple and PC vendors.

Wi-Fi 装置を装備した他のコンピュータ同様 MacBook にも脆弱性があるといっていた  SecureWorks は、今になって逃げ腰になっている。SecureWorks は同社のサイトに否認声明文(disclaimer)を掲示して、Black Hat デモは改造された MacBook を使っていたことを明らかにした。

Now it seems SecureWorks is backing away from its suggestion that MacBooks are just as vulnerable as other Wi-Fi-capable computers. The company has posted a disclaimer on its site to make it clear that the demonstration at Black Hat used a modified MacBook.

SecureWorks の否定声明文は次のように述べている。「Black Hat でのデモビデオは、ワイヤレスデバイスドライバの脆弱性を証明している。アップルの MacBook がデモ用機器として使われたが、ハッキングはサードパーティ製のワイヤレスデバイスドライバを使って行われた。MacBook が搭載するアップルオリジナルのワイヤレスデバイスドライバではなかった。情報秘密保持の理由から、パッチがなされるまではそのサードパーティの名前を明らかにすることはできない。」

“This video presentation at Black Hat demonstrates vulnerabilities found in wireless device drivers,” the disclaimer says. “Although an Apple MacBook was used as the demo platform, it was exploited through a third-party wireless device driver–not the original wireless device driver that ships with the MacBook. As part of a responsible disclosure policy, we are not disclosing the name of the third-party wireless device driver until a patch is available.”

デモを信憑性あるものとするため、論点を証明するのに欠陥のあるドライバを使うことは禁じられている。

A responsible demonstration policy would have forbidden the installation of flawed drivers to make a point.

アップルはこの弁明が非を認めたものだと見ている。アップルのスポークスパーソン Lynn Fox は声明の中でつぎのようにいっている。「SecureWorks は、Black Hat デモでマックが脅かされたといったといわれているが、にも拘らずそれが事実だという証拠を何も示していない。事実は逆で、Black Hat デモでは[マックに搭載された 802.11 ハードウェアではなく]サードパーティ製の USB 802.11 デバイスを使用していた。これはマックのものとは異なるチップで異なるドライバソフトを使用している。これまでのところ SecureWorks は、Black Hat デモで行われたハッキングが我々が出荷しているハードおよびソフトに関するものだということを示す如何なるコードも明らかにしておらず、また我々に提供してもいない。」

Apple sees the clarification as vindication. “Despite SecureWorks being quoted saying the Mac is threatened by the exploit demonstrated at Black Hat, they have provided no evidence that in fact it is,” Apple spokesperson Lynn Fox said in a statement. “To the contrary, the SecureWorks demonstration used a third party USB 802.11 device ” not the 802.11 hardware in the Mac ” a device which uses a different chip and different software drivers than those on the Mac. To date, SecureWorks has not shared or demonstrated any code in relation to the Black Hat-demonstrated exploit that is relevant to the hardware and software that we ship.”

      *      *      *

参考:

・SecureWorks: “The Information Security Experts“: n.d.

・InformationWeek:”Security Firm Disclaims Mac Hack Demo” by Thomas Claburn:8月17日

・Macworld:”MacBook Wi-Fi hack didn’t use Apple drivers” by Jim Dalrymple:8月17日

・CNET:”MacBook “hack” still stirring controversy” by Tom Krazit:8月18日

・TUAW:”SecureWorks admits to falsifying MacBook wireless hack” by David Chartier:8月18日

・MacDailyNews:”SecureWorks admits falsifying Apple MacBook ‘60-second wireless hijacking’“:8月18日

・CNET:”Photo: Wi-Fi hackers at Black Hat“:8月3日

Technorati Tags: , , ,

(more…)

2006年 8月 7日

Wi-Fi の欠陥をついたハッキングビデオの欠陥

Filed under: ハッキング — shiro @ 23:21

Hackers

MacBook を使ったハッキングのデモはその後も尾を引いている。

センセーショナルに報じた Washington Post の Brian Krebs は一歩も退かないし、その信憑性に疑問を呈する記事も後を絶たない。

マックユーザーとしては本当のことが分からず、不安の中に放り出されたままだ。

そんな中で MacFixit が、ハッキングビデオの問題点を指摘するとともに、ユーザーとしてとれる予防策について触れている。

MacFixit:”Alleged Wireless MacBook hack: Demonstration flaws“:8月4日

      *      *      *

ハッキングビデオ

「MacBook ワイヤレスハック」のハッキングビデオは今や悪名高いが、もうご覧になったことと思う。Black Hat のセキュリティ会議で公開されたこのビデオは、サードパーティのワイヤレスカードを装着した普通の MacBook が、電波の到達範囲内にあるデルのラップトップに乗っ取られるというものだ。

By now you’ve likely read much coverage regarding the now infamous “MacBook Wireless Hack” — a video that was publicly exposed at the Black Hat security conference purportedly showing a standard MacBook (with a third-party wireless card) being compromised by a Dell laptop within wireless range.

このビデオをめぐる論争は、ひと言でいえばつぎのようだ。ビデオで攻撃されている欠陥は、MacBook が内蔵している AirPort(ハードおよびソフト)に起因するものではなく、サードパーティの USB Wi-Fi カードの脆弱性を突いたものだ。しかしながら、このビデオを制作したものの言によれば、「MacBook のハードウェアも同じように被害を受ける恐れがある。しかしアップルの圧力があったので MacBook が本来内蔵しているカードではデモを行わなかった」という。

In a nutshell, the controversy regarding this video is such: The security flaw exploited in the video is performed using a third-party, USB-based Wi-Fi card, not the MacBook’s native, built-in AirPort hardware/software. However, the creators of the video claim that the MacBook’s hardware is similarly susceptible, but no demonstration was carried out using the native hardware due to “pressure” from Apple.

      *      *      *

ビデオの問題点

Hacking,Jpg

実際のハッキングについて具体的説明がなく、アップルもなにもコメントしていないので、MacBook にビルトインされたハードウェアに主張どおりの脆弱性があるのかどうか判断することは不可能だ。しかし、その点をしばらく措くとしても、このハッキングにはいつくか疑問がある。

Without an explanation of the actual exploit, and in the absence of any commentary from Apple, it is impossible to speculate whether or not the MacBook’s native hardware is actually vulnerable to this flaw as claimed. Setting that important distinction aside for a moment, however, there are some other questions to ask about this “exploit.”

このデモビデオに登場する David Maynor は、アクセスポイントに接続しなくてもターゲットとなるマシンを乗っ取ることが出来るというけれど、ビデオの中では、デル上のソフトウェアアクセスポイントに MacBook(サードパーティカードを装着)を接続するというステップを踏んでいる。どういうことかというと、実際のハッキングデモでは、MacBook にはサードパーティ製のワイヤレスカードが装着されていなければならず、それに加えて攻撃側のアクセスポイントにも接続されなければならないということだ。

David Maynor — the in-video demonstrator — claims that the victim system does not need to be associated with an access point in order for the exploit to occur, but then proceeds to connect the MacBook (with the third-party wireless card) to a software access point, which resides on the Dell. In other words, for the purposes of the exploit that was actually demonstrated, not only does the MacBook need to be using a third-party wireless card, but it needs to associate with a hostile access point.

      *      *      *

ユーザーの予防策

そうだとして、この「セキュリティの欠陥」を基本的に予防する方法は、信用できないワイヤレスアクセスポイントには決して接続しないというものだろう。つぎのようにすれば簡単にこの予防策がとれる。

As such, the basic prophylactic for this “security hole” would be to never join untrusted wireless access points. This can be easily accomplished by the following:

・「システム環境設定」から「ネットワーク」→「AirMac」を選択して、「AirMac」のタブをクリックする

・「デフォルトの接続先」を「自動」ではなく「優先するネットワーク」をにする

・リストから信用のおけないネットワーク(non trusted networks)をすべて削除する。

• Open System Preferences and navigate to the Network pane

• Select Airport, and click “Configure”

• Go to the Airport tab

• From the “By default join” menu, select “Preferred Networks” rather than “Automatic”

• Next delete all non trusted networks from the list.

こうしておけば、あなたのラップトップは「信用できるネットワーク」(trusted network)にしか接続されず、ユーザーの許可なしに自動的にネットワークに接続することはない。

This will cause your portable to connect only to trusted networks, refraining from automatically joining networks without user permission.

      *      *      *

接続しなくても乗っ取れる?

また、このビデオを制作した者は、ターゲットとなるマシンが攻撃側のアクセスポイントに接続されなくても乗っ取ることが可能だといっているが、そのようなデモは示されておらず、したがって疑わしい。

Again, the creators of this video claim to be able to manifest this exploit without the victim system connecting to a hostile access point, but that capability was never demonstrated and is therefore suspect.

      *      *      *

管理者レベルは?

もう一点考慮すべきは、ハッキングによるアクセスのレベルだ。このビデオでは、攻撃側のデルマシンは、ユーザーレベルにしかアクセス出来ていない。管理者やルート権限ユーザーのレベルにもアクセスできたかどうか全く触れていない。

Another point of consideration is the level of access afforded by this hack. In the video demonstration, the hostile Dell machine was able to access user-level functions only. There was no indication as to whether any admin or root-user level tasks could be accomplished.

ともかくこのことは、日常レベルの作業は、管理者アカウントではなく、一般ユーザーのアカウントでやるべきことの重要性を再度強調している。この点についてはチュートリアル「あなたのマックを安全に保つ10のステップ」を参照のこと。

Regardless, this re-emphasizes the importance of operating in a standard user account rather than an administrator account for daily tasks, as described in our tutorial “10 simple steps for securing your Mac.”

      *      *      *

参考:



問題のハッキングビデオ

・CNET:”Video: Breaking into a MacBook“:8月2日

各紙の報道ぶり

・Washington Post:”Hijacking a Macbook in 60 Seconds or Less” by Brian Krebs:8月2日

・Infinite Loop:”The fantastically hacking duo demonstrates how they can gain control of your MacBook” by Jeff Smykil:8月2日

・InformationWeek:”Apple MacBooks, Wintel Notebooks Vulnerable To Wireless Attack” by Thomas Claburn:8月2日

・CNET:”Breaking into a laptop via Wi-Fi” by Joris Evers:8月2日

・CNET Japan:”無線LANを使ったPCへの侵入–専門家が注意を呼びかけ“:8月3日

・Daring Fireball:”Supposed MacBook Wireless Networking Exploit” by John Gruber:8月3日

・Masaca’s Blog 2:”MacBookが乗っ取られる?“:8月3日

・Macin’ Blog:”Wi-Fiドライバに新たな脆弱性の脅威!“:8月3日

・ Washington Post:”Follow-up to the Macbook Post” by Brian Krebs:8月3日

・Daring Fireball:”Regarding Brian Krebs’s Reporting on the Supposed MacBook Wi-Fi Exploit” by John Gruber:8月3日

・CNET:”Wi-Fi demo bruises Apple security” by Margaret Kane:8月3日

・TUAW:”MacBook hijack story prompts criticism” by Jan Kabili:8月3日

・BusinessWeek:”Warning: Your Wi-Fi Is Vulnerable to Attack” by Stephen H. Wildstrom:8月4日

rootkit の脅威

・CNET:”The rise of rootware” by Robert Vamosi:8月3日

・ITmedia:”MacBookも乗っ取り可能、WiFiドライバに新手の脅威“:8月3日

ユーザーの防衛策

・MacFixit:”Alleged Wireless MacBook hack: Demonstration flaws“:8月4日

・さくらぷらすα日記 :”Wi-Fi経由の攻撃から身を守ろう。“:8月7日

・Macin’ Blog:”Wi-Fiの脆弱性からMacを守る方法“:8月7日

Technorati Tags: , ,

(more…)

2006年 8月 4日

60秒以内で MacBook をハイジャックする

Filed under: ハッキング — shiro @ 01:16

Black Hat

まず、ワシントンポストがセンセーショナルに報じた。

Washington Post:”Hijacking a Macbook in 60 Seconds or Less” by Brian Krebs:8月2日

満室のハッカーの注目を必ず集められる方法がある。遠隔からアップルの MacBook のセキュリティの裏をかいて乗っ取って見せるのだ。二人のハッカー Jon “Johnny Cache” Ellch と David Maynor が Black Hat[ラスベガスで開かれているセキュリティのイベント]のプレゼンテーションでやろうとしているのはまさにそういうことだ。彼らは、市販品のワイヤレスカードを動かしているローレベルのコンピュータコードをハッキングして見せるのだ。

If you want to grab the attention of a roomful of hackers, one sure fire way to do it is to show them a new method for remotely circumventing the security of an Apple Macbook computer to seize total control over the machine. That’s exactly what hackers Jon “Johnny Cache” Ellch and David Maynor plan to show today in their Black Hat presentation on hacking the low-level computer code that powers many internal and external wireless cards on the market today.

Ellch と Maynor のビデオは、Macbook のワイヤレスデバイスドライバを狙ったものだ。内蔵ワイヤレスカードが Mac OS X とやり取りするソフトのことだ。このデバイスドライバの欠陥は Macbook 特有のもので、まだ公表されていない。しかし、同様なデバイスドライバの欠陥をウインドウズマシンのワイヤレスカードでも少なくとも二つは見つけたという。それにも拘らず、マックをデモのターゲットにしようとしたのは、「マックユーザーはセキュリティについて自惚(うぬぼ)れが強いからだ」と Maynor はいう。

The video shows Ellch and Maynor targeting a specific security flaw in the Macbook’s wireless “device driver,” the software that allows the internal wireless card to communicate with the underlying OS X operating system. While those device driver flaws are particular to the Macbook — and presently not publicly disclosed — Maynor said the two have found at least two similar flaws in device drivers for wireless cards either designed for or embedded in machines running the Windows OS. Still, the presenters said they ultimately decided to run the demo against a Mac due to what Maynor called the “Mac user base aura of smugness on security.”

「マックだけにケチをつけるつもりはないのだが、例の ‘Get a Mac’ コマーシャルを見ていると、マックユーザー[を演じているヤツ]の眼に火のついたタバコかなにか突っ込んでやりたくなるからだ」と Maynor はいう。「デバイスドライバはそもそもハードウェアとソフトウェアに微妙にまたがったもので、ソフトを書いた連中は急いでマーケットに出したいメーカーにせっつかれた状態でコードを書かされることが多い。」

“We’re not picking specifically on Macs here, but if you watch those ‘Get a Mac’ commercials enough, it eventually makes you want to stab one of those users in the eye with a lit cigarette or something,” Maynor said. “The main problem here is that device drivers are a funny mix of stuff put together by hardware and software developers, and these guys are often under the gun to produce the code that will power products that the manufacturer is often in a hurry to get to market.”

ワイヤレスデバイスを動かすソフトは、OS のローレベルにあるので、ファイヤウォールやアンチウィルスソフトといった従来の安全対策では、デバイス固有の欠陥に探りを入れようとする悪意の攻撃を防ぐことができない。雑に作られたデバイスドライバは、結局悪意のプログラムどおりに動かされてしまうのだという。

Because the software that powers these wireless devices operates at such a fundamentally low level of the operating system, traditional system safeguards like firewalls and anti-virus software most likely will not stop the operating system from accepting a maliciously crafted network probe from an attacker seeking to exploit device driver-specific flaws. The result, said Maynor, is that a system using poorly designed device drivers is vulnerable to compromise just by doing what it was programmed to do.

      *      *      *

同じことでも、CNET の記事はもう少し穏やかだ。

CNET:”Breaking into a laptop via Wi-Fi” by Joris Evers:8月2日

CNET Japan:”無線LANを使ったPCへの侵入専門家が注意を呼びかけ“:8月3日

まず、David Maynor と Jon “Johnny Cache” Ellch の二人は研究者(researcher)ということになっている。

そして、発言ももっと緩やかだ。

「このようなドライバの欠陥はよくあることだ」と Maynor はいう。二人の研究者がこれらのバグを見つけたのは、OS そのものの欠陥を探すことをやめて、アプリケーションやドライバの欠陥を調べること切り替えた結果だ。OS そのものがずっと強固になってきているというのが切り替えた理由だ。

“These driver flaws are pretty common,” Maynor said. Researchers are starting to find those bugs as they shift their focus from hunting for operating system flaws to exploitable errors in drivers and in applications, he said. The reason for the shift is that operating systems are becoming increasingly more secure, he added.

Wi-Fi ドライバの欠陥に攻撃を仕掛けるためには、Wi-Fi 電波の標準的な到達距離である100フィート(30メートル)以内に侵入者がいる必要がある。ワイヤレスの技術が新しくなるにつれ、この範囲は相当広がるので、その結果脅威も増すし、新しいバグも見つかることになる。

To launch an attack using the Wi-Fi driver flaws, the would-be intruder needs to be within about 100 feet, or 30 meters, of its target–the typical reach of a Wi-Fi signal. However, new wireless technologies are extending this range significantly and could increase the threat, so new bugs will likely be found, Maynor said.

      *      *      *

CNET には、David Maynor がデモをするビデオもある。

Hijacked

CNET:”Video: Breaking into a MacBook“:8月2日

ビデオの中で、PC から MacBook へ侵入して、ファイルを書き込んだり、消去したりしてみせる。

      *      *      *

本件については、InformationWeek も記事にしている。

InformationWeek:”Apple MacBooks, Wintel Notebooks Vulnerable To Wireless Attack” by Thomas Claburn:8月2日

とくに今回のハッキングのデモがもたらす意味について、つぎのように述べている。

SANS Institute の Alan Paller は、外部向けのEメールの中でつぎのように警告している。「いくつかの点で、これは大問題だ。第一に、アップルの安全性という ‘防弾チョッキ’ のイメージにかなり大きな穴が開いてしまった。(Krebs の記事の Maynor の発言に注意。)第二に、脆弱性はマックだけの話ではない。脆弱性は Centrino 搭載のラップトップ PC にもあるということだ。三点目として、攻撃者たち(セキュリティ研究者のことだが)は、本来群れる生き物だということだ。Maynor のやったことをまるでおいしい脆弱性の在処(ありか)を示すビーコンのように考えて群がってしまう。そして最後に、ほんとに悪い奴らはこの欠陥をとっくに悪用していて、これまで公になっていなかったこの情報が明らかになったに怒っているのだ。

In an e-mail to the SANS mailing list and government security researchers, SANS Institute director Alan Paller warns, “This is a big story for several reasons. First it shoots a pretty big hole in the ‘bulletproof’ image Apple is trying to project (notice the words Maynor used in the Krebs interview). Second, it isn’t just about Macs. The vulnerabilities apparently can also be found in Centrino-based laptops as well. Third, by nature, attackers (a.k.a. security researchers) are swarm organisms. That means they will see Maynor’s work as a beacon to follow toward a new cache of useful vulnerabilities. And finally, the really bad guys are already using these flaws (and are frustrated that Maynor is making them public).”

      *      *      *

Daring Fireball の John Gruber は、もっと手厳しい。

Daring Fireball:”Supposed MacBook Wireless Networking Exploit” by John Gruber:8月3日

ワシントンポストの Brian Krebs が、MacBook をハイジャックするワイヤレスネットワーキングの悪用なるものについて書いている。しかし、どうもデタラメ臭い。ビデオを見ると分かるが、この悪用なるものには明らかにサードバーティのワイヤレスカードがいる。MacBook はすべて AirPort を搭載していることを考えれば、MacBook ユーザーでその影響を受けるひとはどのくらいいるのだろうか。そもそもいるのだろうか。

The Washington Post’s Brian Krebs reports on a supposed wireless networking exploit that allows a MacBook to be hijacked. I smell bullshit, though — if you watch the video, the exploit apparently requires the MacBook to be using a third-party wireless card. Given that all MacBooks come with built-in AirPort support, how many MacBook users are actually susceptible to this? Any?

もっと悪いことに、Krebs の記事はこの点について何も触れないどころか、ワイヤレスカードやドライバを搭載した MacBook すべてがハックされるように書いている。もし、サードパーティの Wi-Fi カードとドライバソフトを使っているときにのみ攻撃されるということなら、これは最悪のセンセーショナリズムだ。セキュリティの専門家と思われているひとが、自分たちに関心を引くため、アップルの評判を故意に貶(おとし)める例だ。

Worse, Krebs’s post makes no mention of this, instead making it sound as though the exploit works against MacBooks using their built-in wireless cards and drivers. If it’s truly the case that this particular exploit only works if a MacBook is using a third-party Wi-Fi card and driver software, it’s sensationalism at its worst — a case of supposed security experts impugning Apple’s reputation for the sole purpose of drawing attention to themselves.

Technorati Tags: , , ,

(more…)

2006年 5月 18日

MacBook のメモリー・HDD 換装ビデオ

Filed under: インテルマック,ハッキング — shiro @ 23:20

Batterybay

MacBook の登場で Macworld 編集部が大ハッスルだ。

昨日の MacBook 第一印象記を書いた Jason Snell が、メモリーと HDD 換装の様子をビデオにした。これがとても分かりやすい。

Macworld:”Beneath the MacBook battery bay” by Jason Snell:5月17日

昨日の MacBook 第一印象記で二つの重要なトピックについて十分に触れなかったことに気付いた。

Following up on my MacBook First Look and Cyrus Farivar’s own MacBook notes, I’ve discovered two hot topics of discussion that I didn’t address in detail yesterday.

二つとも MacBook のバッテリーベイ(battery bay)で処理できる。ひとつはメモリーの換装(installation of RAM)だ。小さな二つのレバーをいじるところが新しい。もうひとつは HDD の換装だ。HDD はなんとバッテリーベイのずっと左奥にあるのだ。結果的にみて、これまでのマックラップトップで一番簡単にアップグレードできるのが MacBook ではないかと思う。

They both take place in the MacBook’s battery bay. One of them is the installation of RAM, which is a new procedure that involves two little lever arms. The other is the MacBook’s hard drive, which actually resides in the far left corner of the battery bay! As a result, the MacBook is probably the most easily upgradeable Mac laptop ever.

私のいっていることを理解してもらうには眼で見るのが一番だと思うので、バッテリーベイをいじっているビデオを作ってみた。下のボタンをクリックすれば、YouTube のビデオが見れるよ。

But perhaps it would be easier to show you what I’m talking about. So I made a video taking you beneath the battery bay! (Click on the play button below to play the video, hosted by YouTube.)

・・・ということで、つぎのビデオをご覧ください。Jason Snell の声の解説つきです。

◆ YouTube Video:”Macworld – MacBook Battery Bay” by jsnell:5月17日

Macworld には、この他にもベンチマークのテスト記事もある。

Macworld:”MacBook benchmarks in black and white” by James Galbraith:5月17日

MacBook は、iBook G4 の後継機というだけでなく 12 インチ PowerBook G4 の後継機でもあるが、スピードテストによると MacBook はこれら二機種を凌駕(りょうが)する結果を出している。興味のある方はこちらもご覧ください。

参考:

・Macworld:”Beneath the MacBook battery bay” by Jason Snell:5月17日

・YouTube Video:”Macworld – MacBook Battery Bay” by jsnell:5月17日

・Macworld:”MacBook benchmarks in black and white” by James Galbraith:5月17日

・Macworld:”Getting acquainted with the MacBook” by Cyrus Farivar:5月17日

Technorati Tags: , ,

(more…)

2006年 4月 6日

Boot Camp はチョー簡単!:テストレポートとインストールビデオ

bootloader

アップル自ら Windows XP をインテルマックにインストールする道を開いたことで騒然となっている。

先日、narf と blanka のハッカー版を試した Macworld の Rob Griffiths が、早速アップルのブートローダ Boot Camp を試した。

まだとりあえずの報告だが、先日のレポートと同じで説得力がある。

Macworld:”Signing up for Boot Camp: Apple software simplifies XP installation” by Rob Griffiths:4月5日

まず全体の印象はどうか

アップルの Boot Camp パブリックベータを Mac mini Core Duo にインストールしながら頭に浮かんだことばがある。「簡単」ということばだ。Windows XP をインストールするのは、とても簡単だ。起動する OS の選択も、とても簡単だ。必要なドライバをインストールするのも、何度も繰り返して恐縮だが、簡単・かんたん・カンタンだ。

One word kept coming to mind Wednesday, as I sat down to install Apple’s Boot Camp public beta on my Mac mini Core Duo—simple. Using the software to install Windows XP on my machine? A very simple process. Choosing which OS to boot? Also simple. Installing the necessary drivers? At the risk of repeating myself, simple, simple, and did I mention simple?

前回のハッカー版(OnMac project)のときとは大違いだ。

That’s a far cry from my previous experience trying to get Windows XP to run on an Intel-based Mac. A few weeks ago, I used the OnMac.net project’s work to install Windows XP on a Mac mini Core Duo. I enjoyed some success with the hack, but not without my share of adventures.

ハッカー版とはなにが違うか

ハッカー版とアップルの Boot Camp とは何が違うのか。コンピュータの知識の多少に拘らず、誰がやっても完璧で使用可能(complete and usable)だということだ。

The biggest difference between Apple’s Boot Camp and the OnMac project is that Apple’s solution is complete and usable by someone of nearly any level of computing knowledge.

インストール作業はどんなものか

始めてから完了するまで、かかった時間は40分というところか。(ハッカー版の場合はたっぷり9時間はかかった。)作業の大半は XP のインストール時間だった。準備作業は10分くらい。非常に重要なことは、一切 PC を必要としないという点だ。それだけでも作業がとても簡単になる。

From start to finish, while working on the daily hints updates at the same time, the whole process took me maybe 40 minutes. I spent most of that time in the XP installer; the preparation steps took only about 10 minutes. Most important, you don’t need access to a PC in any way to do this; that alone makes installing Windows XP on a Mac much more doable for many people.

By way of comparison, using the OnMac.net hack took me a total of nine hours to get everything up and running.

ハッカー版の難しさを10中9とすれば、Boot Camp は2に過ぎない。

インストール作業について

Partitionxp-1

作業の詳細はレポートを見ていただくとして、いくつかのポイントだけ・・・

・作業に必要な Windows XP Drivers CD の作成もチョー簡単

・パーティションを切るときも、ハードディスクを初期化する必要がないので、データも失われない

・Windows XP そのもののインストール時間は20分ぐらい

・ブートローダ(起動ディスクの選択)もとても簡単

・起動時間:OS X 19 秒、XP 36 秒

唯一困った点

Windows XP のインストール回数には制限があるので、その限度を超えたときはサービスデスクから新しい番号をもらう必要がある。自分のインストールディスクがそうだったが、サービスデスクはなんとインドにあった・・・

I had one minor issue when I went to activate my Windows XP installation—I wasn’t allowed to do so. Due to all the reinstalls during the previous experiment, I’d used up all my grace activations, I guess. Thankfully, the fix is easy, if not a bit annoying. An onscreen helper appears with a really long number (nine sets of six digits per set) and a phone number. Dial the number, read all 54 digits to a computer (which takes a while). After a brief chat with a representative in India, you get a new activation number to use in the assistant. At no point did anyone ask what type of machine I was installing XP on (though I kept hoping they would ask). After I entered the new number, Windows XP activated without any issues.

ゲームができる!

・Windows XP Drivers CD には Windows XP を使うのに必要なドライバが全て(video, audio, wireless, Bluetooth, and everything else)はいっている

アップルがセットにしてくれた一番重要なもの、それはネイティブのビデオドライバだ。mini の分だけでなく iMac や MacBook Pro の分まではいっている。ネイティブのビデオサポートがあれば DirectX や OpenGL を使うソフト、即ち QuickTime HD movie、Windows Media Player movie、CAD プログラム、3D  レンダリングソフトが使える。それだけではない、ゲームもできる!

The most important drivers that Apple brings to the XP party are the native video drivers—not just for the mini, but for the MacBook Pro and iMac as well. With native video support, you can now run things that depend on DirectX and OpenGL—things like QuickTime HD movies, Windows Media Player HD movies, CAD programs, 3D rendering applications, and…games!

ハッカー版のときもそうだったが、Boot Camp でも、XP mini の使用感はフル装備の PC と変わらない。むしろ、ドライバやきびきびした動作のためもっと速く感じられる。

As with the OnMac project, using a Boot Camp-installed XP on the mini is like using XP on any full-fledged PC—only more so since all the driver support is present. Everything I tested just worked.

みんなの関心があるのはゲームだろう。DirectX や OpenGL がサポートされるおかげで、PC のゲームの世界が突如としてインテルマックでも可能になったのだ! (mini のミニマムメモリーでは十分でないゲームもあるが・・・)

The difference in XP’s speed with native video drivers is very noticeable. You can quickly drag windows—their contents display and scroll very quickly, and the overall interface just feels more responsive. But nobody cares about the user interface. What everyone really cares about is gaming, of course! With DirectX and OpenGL support, the whole world of PC gaming is suddenly available for Intel-based Mac users.

結論はどうか

先に「ウインドウズ XP のインストールは、ガチガチのハッカー(hardcore dedicated techie type)を除いてはとても勧められない」と書いた。それからまだ二週間も経っていないのが信じられない。Boot Camp はまだベータ版だが、それでも私の考えは変わってしまった。インテルマックに XP をインストールするのは、新しい PC に自分でインストールするのと変わらない。いやむしろ簡単になったといえるかもしれない。

Hard to believe it was not even two weeks ago when I wrote: メノI donユt think that installing and using Windows XP on an Intel Mac is at a point today where I could recommend it to anyone other than a hardcore dedicated techie type.” With the release of Boot Camp, even in beta form, my opinion has changed. Installing XP on an Intel Mac is no harder than installing it on a new PC yourself—you might even say that it’s simpler.

      *      *      *

ポッドキャスはこちら

Macworld は早速ポッドキャストで、Rob Griffiths に Boot Camp について語らせている。

Macworld:”Macworld Podcast #35: Boot Camp” by Cyrus Farivar:4月5日

Rob Griffiths はハッカー版で苦労しまくっただけに、アップル版のクールさに興奮しているように見える。

      *      *      *

インストールビデオも登場

Install-Video

さっそく Boot Camp のインストール作業をビデオにするところも現れた。

先にハッカー版のインストールビデオを作成した UNEASYsilence だ。その手際のよさには恐れ入る。

UNEASYsilence:”VIDEO of the NEW “Boot Camp” Windows XP loader“:4月5日

まさに百聞は一見に如かず、だ。

      *      *      *

追記:(4月7日)

もうひとつ、すてきなポッドキャストがあった。

某店パソコン販売員のポッドキャスティング:”ラジオ第122回“:4月7日

MacBook Pro で Windows XP がサクサク動く様子を報告。写真もあってとても楽しい。

ボブさんの興奮の声を是非お聞きください。

Technorati Tags: , , ,

(more…)

2006年 4月 3日

インストールビデオ:ここまできた XP on Intel Mac

Filed under: インテルマック,ハッキング,OS — shiro @ 22:25

Install Video

narf と blanka のハッキング以来、Intel Mac に Windows XP をインストールする方法が日に日に進化しているようだ。

とうとうインストールガイドのビデオまで登場した。

UNEASYsilence:”Windows XP on a Mac Video” by Dan:3月30日

インストールの全過程がビデオで見れる。それぞれの段階で注意すべき点の解説も付いている。(解説は英語だが、見ているだけで十分参考になる。)

先日の Rob Griffiths の記事にも拘らず、どうしてもインストールしてみたいというひとにはお勧めだ。

[筆者はウインドウズのことがさっぱり分からないので、マックに比べてずいぶんゴチャゴチャしたインストール作業だなあという感じ・・・]

      *      *      *

Pogue

実は、もうひとつビデオがある。

ニューヨークタイムズの David Pogue のビデオだ。[無料だが、読者登録が必要。]

素人向きでとてもおもしろい。手伝っているのは、前出の Dan だ。

The New York Times Video:”Installing WindowsXP on an Intel Mac” by David Pogue:n.d.

ビデオを見るには、ちょっと面倒だがつぎの順序で選択する。

New York Times Video Technology David Pogue Installing WindowsXP on an Intel Mac

Windows XP on Intel Macs のサイトからブートローダをダウンロードしても14頁もある書類を読まなければならないことや、インストールには延々と時間がかかるのでたっぷり時間つぶしが必要なことがおもしろおかしく説明される。

      *      *      *

この調子でいくと、ダブルクリックするだけで自動的にインストールできるようになるまでそう遠くないのではないか。

このハッキングについては、アップルやマイクロソフトがどう出るか興味のあるところだが、ニューヨークタイムズまでビデオを載せるようじゃもう公認されたも同然ということだろうか・・・

Technorati Tags: , , ,

(more…)

2006年 3月 21日

警告:XP ハッキングでマックが溶解する危険も・・・

Filed under: インテルマック,ハッキング — shiro @ 10:33
Tags: , ,

meltingimac

Intel Mac で Windows XP を走らせようとするひとへの緊急ニュースだ。

engadget:”Will XP melt your Mac?” by Marc Perton:3月20日

narf と blanka のお蔭で Intel Mac で Windows XP を走らせられるようになったが、実際に試してみるといくつがバグが出てきたようだ。

Now that narf and blanka’s solution for booting into XP on Intel Macs is out in the wild and people are using it to actually run XP on their Macs, some bugs are showing up.

ある特定のバグについては注意が必要だ。Mac Rumors フォーラムの書き込みによれば、今のところ XP のインストールにはファンドライバーが含まれていないという。ということは、マックのファンが動かないということを意味する。MacBook Pro で XP を動かすとひどく過熱する恐れがあるということだ。実際に試す前によく考えた方がいい。

One rumored bug should, however, give you pause before you decide to use this as anything more than a proof-of-concept: according to a thread on MacRumors, the current XP install doesn’t include a fan driver, which means your Mac’s fan never goes on. That may not be a big issue if you’re using an iMac for limited periods in a well-ventilated space, but if you’re planning on running XP on a MacBookPro, you may find things getting mighty hot. … you may want to be a little careful before trying out their solution at home.

      *      *      *

Mac Rumors のフォーラムを覗いてみると、Backtothemac が次のような書き込みをしている。

Mac Rumors:”Forums: Removed XP” by Backtothemac:3月17日

MacBook Pro を 1/4 インチもある合板の机に置いてもとても熱い。液晶画面から放熱しているのが分かる。

It was so hot that it was pushing the heat through the piece of 1/4 inch plywood that my lap desk is made out of. I could see heat rising in front of the LCD.

みんな、是非ともよく考えて欲しい。多分 マックの ROM をカラにしたため、X1600 が作動しないのだと思う。ROM をカラッポにしてしまうと、PC ボードではなくなってしまう。[特定のインテルボードでは、ボード自身がファンの調節を行う。]もしどうしても試したいのなら、X1600 の ROM をカラにしないように・・・

I STRONGLY encourage everyone to take a second and think about this. The X1600 will probably never work because it is flashed for a Mac Rom. Now, you could probably flash it, but then you would forever have a PC laptop. If you want to run OS X on this, DO NOT flash your rom on your X1600.

確かに XP は早い。実に早い!

Now, XP is fast. Real fast, and that makes me think that the next revision of VPC will be EXTREMELY fast because it will not have to emulate the processors.

しかし自分としては、プロセッサの温度調節が出来ない XP をインストールして、大切な MacBook をおシャカにしたくはない。

I just personally cannot risk XP not controling the processor temp, and letting my MacBook cook itself.

どうしても XP を試したいというひとも、今しばらく様子をみて安全を確認した方がいいようだ。

      *      *      *

UPDATE:(3月21日午後4時)

My Sleepless Nights in the Big Apple のあき氏のご指摘で、今朝ほどの engadget の記事に追記がなされたことを知った。

今朝は Mac Rumors フォーラムを全部は読んでいなかったので、改めて読んでみた。Backtothemac の最初の問題提起からはじまって 45 回のやり取りがあり、最後は Backtothemac MacBook が動かなくなってしまったようだ。

 ・熱くなることは間違いないが溶けるほどではない

 ・ファンはどうやら回っているらしい

 ・ファンは一定速度で回りっぱなしのようだ

ということらしく、それを踏まえてつぎのような追記がなされた。

Mac OS 以外(リナックス)の場合でもファンは回っていること、ただ、アップルの power-management software がないために一定速度で回りっぱなしであることが、何人かのコメントによって分かった。

Several commenters have pointed out that even in some earlier Mac models, running non-Apple OSes (i.e., Linux) could result in the fans running constantly, due to a lack of Apple power-management software.

したがって、XP を走らせてもマックが溶けるようなことはない。ただし、ファンが一定速度で回るので少しうるさいし、その分バッテリーをくってしまうと思われる。

So, the good news seems to be that, no, XP won’t melt your Mac. The bad news? Your fans may whirr constantly, causing a bit of noise pollution, and possibly draining your batteries before their time if you’re using a MacBookPro.

この問題についても、きっと narf blanka の二人が解決してくれるものと確信する。コンテストの賞金の 13000 ドルよりずっと少ない金額で・・・

We do have every confidence that narf, blanka and the rest will resolve this issue — and probably for a lot less than $13,000.

結局、Intel Mac が溶けるというのは少し騒ぎすぎだったという訳だ。追記でそれまでの内容を打ち消してしまっている。あき氏のご指摘のように、バツの悪そうな感じも伝わってくる。

結果的に当ブログも根拠のない噂を煽る結果となった。いつものダブルソースをはしょったのがいけなかった。早ければいいというものではないと反省している。このところ目覚ましい活躍の My Sleepless Nights in the Big Apple のあき氏のご指摘に感謝する。

参考:

・engadget:”Will XP melt your Mac?” by Marc Perton:3月20日
・Mac Rumors:”Forums: Removed XP” by Backtothemac:3月17日
My Sleepless Nights in the Big AppleXPはあなたのMacを溶かす?:3月21日
・engadget japanese:”XPMacが溶ける!(溶けません)” by Ittousai:3月21日
・気になる、記になる…:”Intel Mac on Windows XPの長時間使用は危険??“:3月21日
・Macin’ Blog:”Windows XPを起動するとIntel Macは溶けるのか?“:3月21日

Technorati Tags: , ,

2006年 2月 19日

ハッカー対アップル:戦線拡大(続報)

Filed under: インテルマック,ハッキング,OS — shiro @ 15:45
Tags: , , ,

mac_hacker

ハッカーとアップルの対決は新しい段階にはいったようだ。

シカゴトリビューンの記事が詳しい。

Chicago Tribune:”Mac-User Sites Shut for Possible Violation” by May Wong:2月17日

May Wong 記者の伝えるところによれば、Mac OS のハック情報(Mac OS X をアップル以外の PC で走らせる)へのリンクを載せた二つの人気サイトが閉鎖されたという。

Two busy Web sites that focus on Apple Computer Inc.’s Mac OS X operating system went silent Friday just days after they featured links to information on how to hack the software and run it on non-Apple PCs.

OSx86 Project は、アップルから「デジタルミレニアム著作権法」(DMCA)違反の通告を受け、それに従った。

The OSx86 Project Web site stated Apple had served it with a notice on Thursday citing violations of the 1998 Digital Millennium Copyright Act, and the site was reviewing all of its discussion forum postings as a result. The site has always aimed to adhere to copyright laws and is working with Apple to ensure no violations exist, according to a statement by the site administrator.

もうひとつのサイト Win2OSX.net は完全閉鎖され、連絡もとれない。

The other Web site, Win2OSX.net, was completely shut down. Administrators there could not be immediately reached for comment.

確かにググってみても、Win2OSX.net のサイト自体が削除され、そのキャッシュの痕跡も無い。

deleted

Mac OS のハッキングが問題になってきたのはマックのインテル移行を発表して以降だ。

目下のところハックできるのは、コンピュータのことを知り抜いているほんの一握りに限られるが、いずれ他のソフトと同じように簡単にインストールできる海賊版が登場するのではないか、とアップルが恐れていることを裏付けるものとなった。

The hacking endeavors are, for now, relegated to a small, technically savvy set, but it underscores a risk Apple faces if a pirated, functional version eventually becomes as accessible and straightforward as installing other software on a computer.

もはや、詩の形で OS コードにメッセージを隠すなどということでは済まなくなった。アップルとしては断固たる決意を示したことになる。

      *      *      *

一方、OSx86 Project も今回の経緯を明らかにしている。「我々が死んだというニュースは大げさすぎる」と。

OSx86 Project:”Reports of our death have been greatly exaggerated…“:2月18日

OSx86 Project はフォーラム閉鎖の経緯についてつぎのように述べている。

・アップルから警告を受けたこと

・アップルが問題にしたのは、Mac OS X をクラックした Maxxuss のパッチへのリンクを一部の読者がフォーラムに載せたことだ

・アップルの(弁護士の)いうとおり、Maxxuss への直接のリンクはフォーラムからすべて削除した

・10.4.4 パッチへのリンクだけでなく、ホームページにあった Maxxuss のサイトへのリンクも削除した

As most of you know, two days ago we were contacted by an Apple representative concerning links, posted by our members, to the newest patches by Maxxuss on his site. Since the beginning, we have made it known that we would be very willing to work with Apple regarding any concerns they had with their intellectual property and this site (I actually wrote Steve about it a few months ago… but that’s another story…). After speaking with the lawyer representing Apple, we’ve removed the handful of links to Maxxuss’ website from the Forum.

… We have in the past linked to the homepage of Maxxuss – but not to the offending 10.4.4 patches – in the interest of news, but we’ve removed those links just in case.

1998 年のデジタルミレニアム著作権法(DMCA)が、いかに厳しいものであるかを窺わせるに十分だ。

興味深かかったのは、そもそも OSx86 Project を立ち上げた理由が、マックのインテル移行にあったという点だ。Wiki のページから始まって、Forum、そしてニュースページと拡大していったらしい。

Back in the summer, after Steve announced the Intel transition and the Net was filled with rumors of faked leaks, it became apparent to a few of us that the transition was one that many people would want to discuss. We first started the wiki, then the forum, then the full-fleged news portion of the site. Since that time, we’ve been recognized as the leader in discussion of all things “OS X on x86” related.

当ブログを開始したのも、マックのインテル移行が背景にあるが、筆者の関心と重なる部分があるのも興味深かい。

OSx86 フォーラム閉鎖のニュースは、DMCA がらみだったこともあって、瞬く間に世界中に広がった。しかし、このサイトは CNET が報じたような「ハッカーの巣」ではない。

News of Apple’s DMCA concerns with the links on our site have traveled far and wide over the past 24 hours. Most major tech news site have covered it in one way or another, some accurately, some not. …

This site was not founded to be a “watercooler for hackers” as CNet posited. Instead, it was simply meant to be welcoming Mac community for switchers and experts alike.

アップルは我々に対して特別の恨みがあるわけではない。アップルが心配した点は削除して解決した。そういう訳で、我々はまた復活した。

So that’s the story. Apple doesn’t “have it in” for our site; they were simply concerned with a few links posted by our members. Those links have been removed and we’re back.

・・・という訳で、OSx86 Project 側が折れたことにより本件は一応落着した形になっている。

Technorati Tags: , , ,

« 前のページ次のページ »