maclalalaweblog

2006年 4月 30日

Aperture 開発チームの大幅縮小:Think Secret の記事の波紋

Filed under: アップル,ウワサ,ソフトウェア — shiro @ 12:25
Tags: , ,

aperture_box

Think Secret がまたスクープをものにしている。アップルの株主総会を詳細に報告したのに引き続き、今度は Aperture 開発チームの大幅縮小の話だ。

Think Secret:”Aperture future in question as Apple axes bulk of team” by Ryan Katz:4月27日

Aperture は、RAWフォーマットに対応したプロ用画像管理ソフトだが、Think Secret の伝えるところでは、アップル製品としては珍しく箸にも棒にも引っかからないものだったらしい。

Aperture 開発チームのエンジニアの一部は解雇され、あるいは他部門に吸収されたが、このことからプロ用画像管理ソフトであるAperture の将来については疑問視されている。同ソフトは、これまでも激しく批判され、近年になくバグまみれのソフトだったからだ。

The move, which resulted in the departure of several engineers while others were transferred to different projects inside Apple, raises questions about the future of Aperture, Apple’s most heavily criticized and bug-ridden pro software release in recent years.

アップル内部に詳しい筋によれば、こんなことになっても驚かないという。なぜなら、Aperture の開発はアップルでもまれにみる最悪の状態で、めちゃくちゃ(mess)だったからだ。

Sources familiar with Apple’s professional software strategy said they were not surprised by the move, describing Aperture’s development as a “mess” and the worst they had witnessed at Apple.

Aperture の問題は、特定の部分だけではなく、アプリケーションそのものの基本構造に関するものなので簡単には解決できない。

Aperture’s problems stem not from any particular area that can be easily remedied but rather from the application’s entire underlying architecture.

さらに Think Secret は、開発の一部が Shake や Motion に移行されたこととも関係しており、値引きに追い込まれていることなどについても触れたほか、Aperture と競合する Adobe の LightRoom(無料ベータ版)が出現した影響も大きいと述べている。

Aperture の問題はかなり広汎に及んでいるので、バージョン 2.0 を出すためにはコードの主要な部分を完全に書き直さなければならないだろう。

Perhaps the greatest hope for Aperture’s future is that the application’s problems are said to be so extensive that any version 2.0 would require major portions of code to be entirely rewritten.

      *      *      *

RAW データを扱えるスゴいソフトとして鳴り物入りで登場した Aperture がそんなことになっていたとはつゆ知らなかった。

確かに Ars Technica のレビューをみると散々だ。

Ars Technica:”Aperture 1.0: the Ars review” by Dave Girard:2005年12月4日

バージョン 2.0 を出すためには、アップルは Aperture の基礎からいじり直さなければならないだろう。今の状態では、巨大な、カネのかかる不発弾だ。法外な値段を考えると推薦する理由はひとつもない。このレビューを読んで私がうんざりしていると思われたかもしれないが、こういう製品を出したことについて私は本気で怒っている。500 ドルもするのに、プロレベルの結果をだすという約束に失敗したのだ。舞台に登場したことは結構だった。しかし、もう舞台を降りてほしい。

Maybe by 2.0 Apple will have the foundation sorted out. At this stage Aperture is a big, expensive misfire and considering the hefty price tag, I can’t think of a reason to recommend it. Reading this review, you may think I sound jaded, but I am genuinely angry for those who shelled out US$500 for a program that promised professional results and failed to deliver. Thanks for coming out Aperture, now get off the stage.

      *      *      *

apperture

Think Secret の記事の波紋は大きく、いろんなひとがフォローアップ記事を書いている。

CNET は、Think Secret の記事をベースにほぼ同様な記事を載せている。

CNET:”Apple slashes Aperture team” by Candace Lombardi :4月27日

CNET Japan:”アップルの画像管理ソフトAperture、開発チームが早くも大幅縮小“:4月28日[河部恭紀訳]

      *      *      *

Daring Fireball の John Gruber は、大筋で Think Secret を認めながらも、アップルが Aperture から手を引くことはないだろうと述べている。

Daring Fireball:”Aperture Dirt” by John Gruber:4月28日

Aperture が書き直されなければならないという大筋においては、Think Secret の記事は正しい。しかし、Aperture の将来が疑問だという点ではまったく間違っている。

Think Secret is right that major portions of Aperture need to be rewritten, but they’re wrong that Aperture’s future is in any way “in question”.

アップル内部の話によれば、Steve Jobs が Apertureを大変気に入っているという。アップルが Aperture を開発し続けることに疑問はない。これからも Aperture のバグをとって修正するだろう。問題は、誰が、何時、如何にしてということだ。Adobe が Lightroom をもってアップルの胸元に迫っていることを考えれば、きっと可及的速やかに行われるだろう。

Word within Apple is that Steve Jobs himself is enormously enamored of Aperture. There’s no question what Apple is going to do with Aperture: they’re going to fix it. The questions are just how, who, and when. And with Adobe breathing down their necks with Lightroom, my guess to the last question is “as soon as possible”.

      *      *      *

大手誌のビジネスウィークまで、Think Secret の話に乗っている。

BusinessWeek:”Well that’s one way to use all that cash” by Arik Hesseldahl:4月28日

Think Secret の記事を引用したあと、これは Adobe がインテルマック版 Photoshop を来年前半にリリースすると発表したことと関連していると述べている。

これらの動きは、Adobe の Bruce Chizen がインテルマック用の Photoshop(マックにとって最も重要なアプリケーションのひとつ)を来年前半には必ずリリースすると確認したあとに起きている。[だから、そのことと関係がある。]

But the move comes about a week after Adobe CEO Bruce Chizen confirmed that the company will indeed develop its Photoshop application – one of the most important apps on the Mac – for Intel based Macs by the first half of next year.

Bruce Chizen が話したのは、彼が東京にいるときだったらしい。(IDG

このほか、この件とも絡めた Robert X. Cringely の話についても触れているが、これはこれでおもしろいのでまた別稿で・・・

Technorati Tags:

2006年 1月 29日

QuickTime でウインドウズの動画が見れる Flip4Mac

Filed under: ソフトウェア,ビデオ — shiro @ 23:07
Tags: , ,

映像、とくに動画は苦手だ。よそのサイトに教えを乞うている。

Flip4Mac

1月24日、マックの QuickTime でウインドウズの動画を再生できるプラグイン Flip4Mac の話題が Fresh News Delivery 氏のサイトに載った。

Fresh News Delivery:”QuickTimeでWindows Mediaを再生する“:1月24日

早速ダウンロードして試してみたら、海外サイトの動画や Webcast が見れるようになった。Fresh News Delivery 氏に感謝!

実は、これまで Windows Media Player を必要とする動画の再生は諦めていた。マック版 Windows Media Player の開発打ち切りのニュースもそのまま見過ごしていた。

開発打ち切りの背景や、その代わりに準備された Flip4Mac のインストール方法については、映像に強い Solid Inspiration Blog 氏の解説が詳しい。

Solid Inspiration Blog:”MicrosoftMacWindows Media Playerの開発を停止“:1月14日

ウインドウズの WMV ファイルさえ見れればいい筆者にとって、当面これで十分だ。一応 weekly update も出来る設定になっている。

マイクロソフト自らではないにせよ、Telestream社をを通じて手立てが講じられたことはありがたい。無料なのがなりよりだ。

otellini-2

気になっていた CES のキーノートの Webcast も、これでやっと見ることができた。

インテル Paul Otellini のキーノート

グーグル Larry Page のキーノート

参考:

Flip4Mac

・Flip4Mac のダウンロード → Flip4Mac: Digital Media Tools for the Macintosh
・Fresh News Delivery:”QuickTimeWindows Mediaを再生する“:1月24日
・The Unofficial Apple Weblog:”Microsoft offers Flip4Mac for free” by Scott McNulty:1月11日
・lifehacker:”Play Windows media with Quicktime“:1月11日
・MacSlash:”Flip4Mac – Free WMV Playback In QuickTime” by Trollaxor:1月17日
・digg:”Microsoft distributes Flip4Mac for OSX” by seanm:n.d.

マック版 Windows Media Player の開発打ち切り

・Solid Inspiration Blog:”MicrosoftMacWindows Media Playerの開発を停止“:1月14日
・AppleInsider:”Microsoft ends development of Windows Media Player for Mac“:1月13日(silvervine の定点観測所:”Microsoft Windows Media Player for Mac の開発を終了“:1月14日)
・CNET:”Music stops for Mac Windows Media Player” by Ina Fried:1月12日(和訳「MSMacWindows Media Playerの開発を打ち切り提供は継続へ」1月13日)
・Macin’ Blog:”MacWindows Media Playerの開発を打ち切り!“:1月13日
・気になる、記になる…:”MicrosoftMacWMPも切り捨てへ“:1月12日

レビュー

・Macworld:”WMP, begone!” by Dan Frakes:2005年11月9日
・Macworld:”Flip4Mac WMV Studio Pro 1.0.6” by Jim Heid:2005年9月1日

Technorati Tags: ,

2005年 10月 30日

Nvu:すごい HTML エディタをみつけた

いつか自分で HTML が書けるようになりたい。・・・プログラム音痴の見果てぬ夢だ。

ところが、ところが・・・である。

nvu_logo

筆者のようなプログラム音痴でもなんとかなりそうなソフトをみつけた。オープンソースの HTML エディタ(ホームページ編集ソフト)「Nvu 1.0」だ。new view という意味でエヌ・ビューと発音する。

ワープロと同じ要領で書いて、それを「ソース」モードに切り替えるだけで HTML の文書が出来上がる。

モード画面を切り替えるだけ

normal

まず「ノーマル」モードにして、ポップアップメニューから、これはタイトル、これは小見出し、そしてこれは本文という具合に、ワープロの要領で入力していく。

source

入力が済んだところで、「ソース」モードに切り替えると、なんとなんと、タグのはいった HTML ファイルがちゃんと出来上がっているのだ。まるで HTML の自動翻訳機だ。

写真も「イメージ」ボタンを使えば簡単に挿入できる。

HTML の知識はまったく不要。ワープロさえできればいい。こんなのってアリか?

保存したファイルが確かにブラウザで見れたときはさすがに感激した。プログラム音痴でもできる!

タグも分かる

実は、もっとすごいことがある。HTML タグが見れるのだ。

お手本にしたいサイトのソースコードを「ソース」モードにコピー&ペーストする。

そして、「タグ」モードに切り替えると、どの部分がどのタグに該当するか、ちゃんとマークして表示されるのだ。

tag

ページとタグの対応は、試行錯誤で少しずついじって調べるのがこれまでのやり方だったのではないだろうか。この「タグ」モードのおかげで煩雑な作業を繰り返す必要がなくなる。真似したい部分のコードを、ピンポイントで探すことができる。

お手本の真似をしたいけれどどこをどうしてよいか分からないと思っていたひとにとって、まさしくこれは福音だ。

開発者は Daniel Glazman

Nvu は 「Mozilla Composer」から生まれた WYSIWYG のホームページ編集ソフト(HTML Editor)。Cross-platform の OS に対応する。元 Netscape にいた Daniel Glazman がその開発者だ。

MozillaNews に載ったインタビューが興味深い。(Interview with Daniel Glazman, Head NVu Developer

Mozilla の流れを汲むが、独立した HTML エディタ(a standalone extended Web editor based on Mozilla)として開発されたこと、厳密に XHTML をサポートしていること、まだ若い Gecko をうまく取り込むのに苦心したことなどに触れている。

また、CSS エディタとしても十分強力だが、もっと直感的で使いやすいものにしたいとも述べている。

I also want to spend some time on CaScadeS, the CSS editor in Nvu. It’s already powerful, but we could do much better, much more intuitive. Oh, and because JavaScript is the worst invention of all time, a behaviours editor is needed.

入門講座が欲しい

Nvu を使った入門講座を誰かに書いてほしいと思う。Nvu のマニュアルや HTML の文法書のことではない。

タイトルヘッダーに画像をいれるとか、サイドバーにアクセスカウンタを表示するとか、なにかひとつの事柄に絞って、理屈が分からなくても HTML で記述されたサンプルをコピー&ペーストすればなんとかなる、そんな入門講座のことだ。そう TypePad で連載中の、あんな講座のことだ。

Nvu を使ったそんな楽しい講座を誰か書いてくれないものか。ヒット間違いなしだと思うけれど・・・

それにしても、こんなスグレモノがあることを、どうしてブログデザインの先達は教えてくれなかったのだろうか。

こんなスグレモノが、マック用・ウインドウズ用・リナックス用と三つとも揃っていて、しかもタダだなんて!

(ダウンロードはここ。)

Technorati Tags: , ,

2005年 8月 31日

AppleWorks は消え去るのか

Filed under: ソフトウェア — shiro @ 21:28
Tags: ,

AppleWorks は消え去ってしまうのではないか。AppleWorks はデジタル・ハブの戦略にうまくマッチしないので、アップルは野たれ死にさせるつもりではないか。

appleworks6

そんな記事が出た。(How much longer will Appleworks live?

そんなことになっては困る。

ブラウザーを除くと、そのつぎによく使うのがワープロソフトだ。

マックのソフトの中で一番不満なのがワープロだ。マックライトの伝統はどこに行ってしまったのか。

いま使っているのは AppleWorks 6 だが、作業の途中で極端に遅くなる。キー入力しても画面に文字が現れるまでモタモタする。なんにもでない画面をじっとみているとイライラする。漢字変換のときが特にそうだ。

クラリスワークスが使えなくなって、心ならずも AppleWorks に切り替えたら、いつの間にやら有料になってバンドルソフトから姿を消した。ワープロに関してはアップルの態度も揺れているようにみえる。

ワープロ機能だけを切り離して、サクサク動く無料の独立したソフトにして欲しい。

画像が貼り込めること、漢字変換がサクサクと軽いこと、ユニコードで文字化けしないこと、それだけが希望だ。決して過大な要求ではあるまい。

アップルが出来ないのなら、それこそオープンソースにして欲しい。

冒頭の記事に対するコメントが興味深かった。とくに学校現場からの発言はもっともだ。

In the K-12 education world, I think we really need a good, cheap alternative to buying MS Word site licenses for kid-use computers. A wordprocessor is essential! Everywhere from Gr 4 or 5 up, we need a spreadsheet/graphing program, too. Microsoft is just too expensive for many school systems to handle. Appleworks, however, looks weak compared to MS Word and Excel, and has for a long time, even for some pretty basic functions (tried to format a bar graph in Appleworks lately?). Our schoolkids can do presentation stuff now, too, and do so much more frequently than using a draw/paint program.

子供だってお絵描きソフトだけでなく、ワープロを使ってレポートも書くのだ、という指摘はそのとおりだ。

グラフィカルとかクリエイティブということだけに惑わされて、最も基本的な機能をないがしろにすべきではないと思うが如何が?

Technorati Tags:

2005年 8月 21日

Dan Gillmor も使っている

Filed under: ひと,ソフトウェア,ブログ — shiro @ 18:27
Tags: , ,

Dan Gillmor も ecto を使っている!(Dan Gillmor’s blog

ecto_logo

ブログのパイオニアでもある Dan Gillmor のような大物と同じものを使っていると知ってうれしい。

ecto は WYSIWYG エディターとして優れており、特に画像の投稿が楽だといっている。

これはどうしても ecto をマスターせねばなるまい。(ecto

Technorati Tags: , ,