maclalalaweblog

2007年 1月 9日

ケイタイではなくポケットコンピュータだった!

Filed under: アップル,イベント,ウワサ — shiro @ 00:02
Tags: , , ,

mwsf07

ニューヨークタイムズの John Markoff がスゴい記事を書いている。実際にモノを見たとしか思えないような書きぶりだ。

New York Times:”A Personal Computer to Carry in a Pocket” by John Markoff:1月8日

      *      *      *

爆発的ワイヤレス通信

デスクトップコンピュータの世界はついにモバイルの時代にはいった。携帯電話事業者のワイヤレスデータ量が爆発的に増加していることを見れば、その転換が起きていることが分かる。

The world of desktop computing is finally going mobile, and the shift can be seen in the explosive growth of wireless data for cellular carriers.

      *      *      *

新モバイルコミュニケーション戦略

アップルの CEO の Steven P. Jobs はアップルの新しいモバイルコミュニケーション戦略を象徴するアップル製電話(Apple phone representing his company’s new mobile communications strategy)を明日発表する予定だが、それはこの転換を裏付けるものとなるだろう。スリムなセラミックのケースや透明なタッチスクリーンを特徴とする、Jobs 風の洗練されたデバイスとなるだろう。

That shift may well be underscored tomorrow when Steven P. Jobs, the chief executive of Apple Computer, is expected to unveil an Apple phone representing his company’s new mobile communications strategy — highlighted by a device that may include Jobsian refinements such as a sleek ceramic case and a transparent touch screen.

      *      *      *

ポケット型コンピュータ

業界幹部や競争相手は、アップルが新世代のデバイスを開発したと信じている。それはポケット型のパーソナルコンピュータ(personal computers in pocket form)に近いものだ。音楽やエンタテインメント、生産性ツールを容易に扱え、携帯電話やワイヤレス機器との通信もできる。

Industry executives and competitors believe that Apple has developed the first of a new generation of devices that are closer to personal computers in pocket form, meaning that they will easily handle music, entertainment, productivity tasks and communications on cellular and other wireless networks.

      *      *      *

競争相手がいっぱい

2001 年に iPod を出したときは、音楽プレーヤのカテゴリーで急速に独占的地位を固めることが出来た。しかし電話への挑戦はずっと難しいものと思われる。

But while Apple was able to monopolize the music-player category quickly after it introduced the iPod in 2001, its challenge with a phone would be far more difficult.

アップルは比較的早い時期に携帯デジタル音楽の世界に登場した。しかし、インターネットで接続されたデジタルハンドヘルドデバイス(Internet-connected digital hand-helds)の世界に参入するのは明らかに遅かった。アップルに対抗して、 ノキア、モトローラ、ソニーエリクソン、マイクロソフトといった巨人たちがおり、さらに Palm や Research in Motion のような既に確立した会社がある。

While Apple was early to portable digital music, it would be distinctly late in entering the world of Internet-connected digital hand-helds. Arrayed against it are giants including Nokia, Motorola, Sony Ericsson and Microsoft, in addition to entrenched hand-held companies like Palm and Research in Motion.

また、グーグルのような強力なインターネットの会社も争いに加わろうとしている。これまでデスクトップの世界でグーグルに頼ってきたユーザーを切り離すことなどできないのだ。

Also waiting to enter the fray are powerful Internet companies like Google, who cannot afford to be cut off from users who now rely on them in the desktop computing world.

      *      *      *

核戦争の始まり

「アップルはまさに核戦争を起こそうとしている」と Paul Mercer(パロアルトをベーストする Iventor の社長、ハンドヘルドのソフトウェアデザイナー)はいう。「ノキアやモトローラも応戦せざるを得ないのだ。」

“Apple is about to touch off a nuclear war,” said Paul Mercer, a software designer and president of Iventor, a designer of software for hand-helds based in Palo Alto, Calif. “The Nokias and the Motorolas will have to respond.”

      *      *      *

ハイブリッドデザイン

uxpremiummicro

[UX Premium Micro PC]

携帯電話とデスクトップコンピュータの来るべき転向、というよりむしろ衝突はハイブリッドなデバイスの新しい形態(new forms of hybrid devices)を生み出す。ノキアとソニーは、革新的なデザインで通信機能を備えたハンドヘルドを最近発表した。

And the coming convergence — or possibly collision — between cellphones and desktop computers is also yielding new forms of hybrid devices. Nokia and Sony have recently introduced hand-helds with innovative physical designs and new combinations of communication features.

そのデザインに共通しているのは、ラップトップコンピュータよりもっとポータブルで、携帯電話よりもっと見やすいスクリーンを備えていることだ。

What they share is designs that make them more portable than laptop computers and screens that are more readable than those on cellphones.

      *      *      *

oqo_model2

[Oqo Model 2]

このあと John Markoff は、今週 CES で Bill Gates も触れたハンドヘルドコンピュータの Oqo Model 2 を取り上げる。そして、「我々の目的は、PC をポケットに入れて運べる形に発明し直すことだ」(Our main goal is to reinvent the PC in a pocketable form.)と Jory Bell(Oqo の創設者)にいわせている。

      *      *      *

携帯電話事業者が牛耳る

アップルがワイヤレスデータ通信のマーケットに参入するにあたって有利な点は、自らの電話のハードもソフトも自分たちで開発できるということだ。それでもなお携帯電話事業者に頼らざるを得ない。

For Apple, one advantage in entering the wireless data market may be that it can develop both the hardware and the software for its own phone. But it would still need to rely on the cellular carriers.

かつて Jobs 氏は、アップル電話を投入しない理由のひとつは、アメリカにおいては携帯電話事業者が携帯端末をコントロールしているからだといったことがある。しかし今や明らかに事情は変わった。アップル電話を提供するというアップルのビジネス戦略は、アップルのインダストリアルデザインと同様に魅力的なものとなってきたのだ。

In the past Mr. Jobs has cited the carriers’ control of handsets in the United States as a reason he had not introduced an Apple phone. Now that has apparently changed, and Appleユs business strategy in offering an Apple phone will potentially be as intriguing as its industrial design.

      *      *      *

Cingular と仲直り?

Jobs 氏は Cingular とも同盟を結んだといわれている。ということは、2005 年に Cingular と同じ日にアップルは iPod Nano を、そしてモトローラは iPod と互換性のある Rokr を発表したが、そのことによって生じた亀裂を Jobs 氏が修復したということを意味する。

Mr. Jobs has been rumored to have entered into an alliance with Cingular. That would suggest he has patched up a reported split in 2005 that came when Apple introduced its iPod Nano on the same day that Cingular and Motorola introduced the Rokr, an iPod-compatible phone.

      *      *      *

マッキントッシュ以上

Jobs 氏のビジネス戦略がどんなものであれ、それは大きな衝撃もたらすことになるだろう。最近 Jobs 氏は二人の同僚(Jobs 氏との関係悪化を防ぐため匿名を希望)に、このプロジェクトについてはマッキントッシュのとき以上の興奮を覚えていると語ったという。

Whatever his business strategy, Mr. Jobs is certain to have an impact. Recently, he told two associates, who asked not to be identified to avoid damaging their relationship with him, that he was more excited about his current project than he was about the Macintosh.

      *      *      *

これなら、「説明を受けた上級役員の何名かは絶句した」というのも理解できる。

どうやら John Markoff は「アップル電話」を実際に見ているようだ。NDA(nondisclosure agreement、守秘義務契約)のためハッキリ書けないのだろう。それでもヒントはいっぱい残している。「アップル電話」を「アップルのポケットコンピュータ」と読み替えてくれということだろう。

そしてその形(form factor)は、ノキアやソニーエリクソンの携帯電話より、パームや RIM のようなスマートフォンの流れを汲み、Oqo Model 2 に近く、アップルらしくもっと格好いいものになるということだと思う。

ポケット型コンピュータということなら、名前は「Mac portable」だろうか、それとも「Mac pocket」か。

これはとても楽しいことになってきた。

Technorati Tags: ,

広告

2007年 1月 6日

(噂)Steve Jobs が休職?

飛び込んできたばかりのニュース。真偽のほどは分からないがとりあえず・・・ 

TheStreet.com:”Kass: 10 Rumors That Could Rock Stocks” by Doug Kass:1月5日

TheStreet.com の記事「株価を揺るがす10の噂」のトップに掲載されているのがこの噂。たった一行だけだ。

「アップルは Steve Jobs が休職することを発表するだろう。」

“Apple will announce that Steve Jobs will be taking a leave of absence from the company.”

      *      *      *

この情報は MacDailyNews で知った。

MacDailyNews:”RUMOR: Steve Jobs will take leave of absence from Apple Computer“:1月5日

MacDailyNews も短く次のように記している。

      *      *      *

TheStreet.com の Doug Kass は今朝、業界から集めた噂のリストの中で、この熱核爆弾級の爆弾発表をした。

In a list of rumors he’s picked up from trading desks and other industry sources this morning, TheStreet.com’s Doug Kass drops this thermonuclear bombshell:

「アップルは Steve Jobs が休職することを発表するだろう。」

“Apple will announce that Steve Jobs will be taking a leave of absence from the company.”

これだけだ。他に情報はない。もしもそんなことが起きるとすれば、ストックオプションのゴタゴタか、健康問題か(そうでないことを祈るが)、新しいベンチャー(?)を起こすためか、それともまだほかに知られていない理由があるのか・・・推測するとするとそんなところか。

That’s it. No other information is included. One might speculate that, if it were to occur, such a leave of absence might be due to the stock options imbroglio, a health issue (we hope not!), new venture (?), or some other unknown reason.

      *      *      *

TheStreet.com によると、Doug Kass の経歴はつぎのとおり。

Doug Kass is founder and president of Seabreeze Partners Management, Inc., and the general partner and investment manager of Seabreeze Partners Short LP and Seabreeze Partners Short Offshore Fund, Ltd. Until 1996, he was senior portfolio manager at Omega Advisors, a $4 billion investment partnership. Before that he was executive senior vice president and director of institutional equities of First Albany Corporation and JW Charles/CSG. He also was a General Partner of Glickenhaus & Co., and held various positions with Putnam Management and Kidder, Peabody. Kass received his bachelor’s from Alfred University, and received a master’s of business administration in finance from the University of Pennsylvania’s Wharton School in 1972. He co-authored “Citibank: The Ralph Nader Report” with Nader and the Center for the Study of Responsive Law and currently serves as a guest host on CNBC’s “Squawk Box.”

Technorati Tags: ,

2006年 9月 25日

アップルが大型テレビを売る日


アップルの大型テレビ市場参入について、おもしろい記事がある。

Blackfriars’ Marketing:”The new flat panel TV retailers — and why Apple will become one” by Carl Howe:9月22日

前回に引き続いて、Carl Howe はアップルテレビの可能性について触れている。

      *      *      *

誰も彼も大型テレビ

昨日ウォールストリートジャーナルは、Office Depot、Home Depot、RadioShack などが大型フラットパネルテレビのマーケットに参入するという記事を書いた。Circuit City、Best Buy などで大型テレビの売れ行きが活発だといわれているから、これらの小売店が急にフラットテレビを扱うようになっても驚くにはあたらない。

Yesterday’s Wall Street Journal noted that companies like Office Depot, Home Depot, and RadioShack are branching out into flat-panel TVs.. With companies like Circuit City and Best Buy reporting robust profits driven by flat panels, we shouldn’t be surprised at these retailers suddenly embracing flat panels.

      *      *      *

PC ビジネスとは違う

しかし、どうやったらフラットパネルのハイデフィニションテレビ(HDTV)で成功するか、一筋縄ではいかない。例えばデルの HDTV は品質の悪さとマーケティングの拙(まず)さでポシャったといっていいだろう。HP の大型テレビ事業も四苦八苦している。部品の数を絞って、安い値段をつければみんなが買ってくれるという PC ビジネスとは違うのだ。部品に至るまでスタイリッシュなデザイン、コンシューママーケティング、他製品との差別化、高度の技術サポートといったものが必要なのだ。他とは区別されるキーとなるこれらの点を外注するのでは、小売店が成功することはあるまい。

But the recipe for flat panel HDTV success is complicated. Dell’s HDTV business, for example, has basically flopped because of poor quality and worse marketing. HP’s flat-panel business is similarly floundering. This isn’t the PC business where a few component choices and low prices drive mass adoptions; it requires equal parts of stylish design, consumer marketing, differentiation, and high-technology support. Retailers aren’t going to find success by outsourcing those key differentiators.

      *      *      *

独自ブランドでもダメ

大型小売店(big box retailer)でも、必ずしも解答を持っているわけではない。なぜなら Home Depot を始め、どの大型小売店でも、大型店舗製テレビが一番品質がいいとは限らないからだ。彼らは消費者に大いに売り込む。大型店舗製テレビを山ほどだ。唯一の問題は、それらがとてもリビングルーム向けとはいい難いことだ。多くの消費者が、コミッションを稼ごうと目を光らしているセールスマンいうことを聞いて、選択を誤ることになる。その結果、満足するに至らず、返品が出て、利益を損なうことになる。

And the big box retailers aren’t necessarily an answer. Why? Because any big box retailer like Home Depot isn’t just going to carry the best flat panels. They are going to promote choice for consumers, and that means the typical big box video wall of TVs. The only problem: that is nothing like the typical consumer’s living room, and that means a lot of consumers will make poor choices for their homes, especially under the watchful gaze of the commission-driven sales person. And that means dissatisfaction, returns, and lost profits.

      *      *      *

アップルの商法

しかしアップルとなると話は別だ。音楽や PC を見れば分かる。アップルにはたくさんの優れたデザイナーがいるが、それに加えてデザインの偶像の Jonathan Ive がいる。アップルは世界でもベストで最強のブランドだ。信じられないほど他と差別化されており、製品支持率は何度もナンバーワンになった。アップルには 161 のチェーンストアがあるが、Best Buy の10分の1のフロア面積で Best Buy の 67 %を売り上げる。更に大事なことは、アップルが売るのは安価なハードではなく、「経験」(experiences)そのものだということだ。アップルは製品の数を二つないし三つに絞り、選択肢がたくさんあり過ぎて混乱するのを避ける。そして、数少ない製品でより多くの利益を上げてはまたみんなを驚かすのだ。

But it is a different story for Apple, just as music and PCs were. Apple has design icon Jonathan Ive (among many other great designers), one of the best and most powerful brands in the world, incredible differentiation, and is repeatedly ranked number one for product support. It has a chain of 161 stores that generate 67% of the revenue of Best Buy with 10% of the floor space. And most importantly, Apple sells experiences, not low-priced hardware. They’ll offer two or three choices to avoid the tyranny of too much — and amaze everyone again by making more profits on fewer products.

      *      *      *

狙いはリビングルーム

アップルは先週 iTV set-top box を発表して、アップルが目指す次のフロンティアがリビングルームであることを明らかにした。299 ドルの STB(set-top box)では直ちにアップルの収益を押し上げるということにはならないかもしれないが、美しいデザインの、エレガントなフラットパネルのテレビなら話しは別だ。カッコいい店にそんな製品が置いてあったら、マックや iPod を買うひとという範囲を超えて、広範な消費者にアップルの手が届くことになる。そんな顧客は Home Depot などで 3000 ドル以上の買い物をしたりはしない。感性を大事にするライフスタイル商品を求めているのだから。

We saw Apple’s iTV set-top box last week, showing the company has targeted the living room as its next frontier. A $299 set-top isn’t going to boost Apple’s revenues to new heights, but beautifully designed, elegant flat panels would. And such products at stylish stores would extend the company’s reach far past computers and iPods into a wide swath of consumers who just aren’t going to drop $3,000 or more in a high-touch lifestyle purchase at Home Depot.

私の考えるところ、アップルが大型テレビのマーケットに参入するかどうかが問題なのではない。何時参入するかが問題なのだ。

In my view, it’s not a matter of if Apple will enter the flat panel market; the only question is when.

      *      *      *

このほか、iTV の登場をズバリ的中させた Robert X. Cringely も、”Showtime” イベント直後のコラムでテレビの可能性について簡単に触れている。

PBS:”Swimming With Sharks” by Robert X. Cringely:9月14日

クリスマス前には

どうやら私は[”Showtime” イベントの予想がはずれて]バカみたいに見えずに済んだようだ。

Apparently I’m not a dope after all.

先週のコラムで予想したように、火曜日のスペシャルイベントは私の予想どおりになった。当たらなかったのは、ハイデフィニションテレビ(HDTV)の二つのモデルだけだった。しかしこれも、先週 Steve Jobs のステージなしに iMac の三つのモデルが発表されたように、クリスマスシーズン前には大スクリーンテレビが登場すると思う。

As anticipated in last week’s column, Apple’s special event came and went this Tuesday and with the exception of the two HDTV models I predicted, it went the way I said it would. And those big screens are likely still coming before the Christmas season, just as Apple launched three new iMacs last week without putting Steve Jobs onstage.

Technorati Tags: , , , ,

2006年 9月 20日

iTV はまだ大化けする

Filed under: アップル,ウワサ,テレビ — shiro @ 19:00
Tags: , , , , ,

アップルの Showtime イベント直後の感想だが、その後の展開からみて、大変興味深い記事がある。

Blackfriars’ Marketing:”Three markets that are different today after Apple’s Showtime event” by Carl Howe:9月13日

今回の発表で影響を受ける分野が、Zune と TiVO と、そしてもう一つあるというのだ。

      *      *      *

iPod の新価格はマイクロソフト Zune を膝からぶった切る

The new iPod pricing just cut off Microsoft’s Zune at the knees.

マイクロソフトの Zune 第一号機(東芝 Gigabeat の名前を変えたものだが)は、299 ドルで発売される予定だった。しかし、マーケットの覇者  Video iPod  が 249 ドルから始まる価格を付けたので、もはやその値段[299 ドル]では成功の見込みがなくなってしまった。マイクロソフトはこのマーケットではリーダーではなく挑戦者だから、みんなの注意を惹き付けるにはアップルより安い価格設定をする必要がある。マイクロソフトの Robbie Bach は、当初の打ち上げ計画に数百万ドルの赤字を上乗せされて頭にきて、今頃 Steve Jobs の写真にダーツの矢を投げまくっているのではないか。

Microsoft’s first Zune device is a rebranded Toshiba Gigabeat, which was planned to launch at $299. But with the dominant market share video iPod now starting at $249, that price is a non-starter. And since Microsoft is not the leader but the challenger in this market, Zune will have be be priced less than Apple’s offering to get any traction. Microsoft’s Robbie Bach is probably spending this week throwing darts at Steve Jobs’ photo, since he just added several million dollars of red ink to Robbie’s launch plans.

      *      *      *

アップル iTV の価格は TiVO Series3 ビデオレコーダに強打を与えた

Apple’s iTV pricing also whacked TiVO’s Series3 video recorder.

私自身は TiVO の大ファンだ。今週にも最新の HDTV Series 3 が発表されるのではないかとワクワクしている。しかし、発表価格は 799 ドルだ。しかも、私の終身購読契約を解除しなければならないので更に 199 ドル必要だ。アップル iTV の発売価格が 299 ドルで、TiVO と(全部ではないが)同じような機能を提供してくれることになると、TiVO との契約を続けるのは突如として難しくなる。アップルが事前発表をしたことは、少なくともクリスマス商戦を迎える DVR マーケットに冷水を浴びせ、TiVO 製品を待ちかねている顧客に買い控えをさせることになるだろう。

I’m a huge TiVO fan, and I was excited to see the latest HDTV Series 3 launch this week. But it’s launch price is $799 — and it would cost me another $199 to move over my lifetime service subscription. With Apple’s iTV planning to launch at $299 and offering many (not all) of the same features of TiVO, suddenly, the decision to stick with TiVO may be a lot tougher to make. And at the very least, Apple’s pre-announcement will put a chill on the DVR market over the Christmas selling season and hurt TiVO’s pipeline of customers.

      *      *      *

iTV はアップルのリビングルーム戦略の最終製品ではない

Apple’s iTV isn’t Apple’s final living room play.

Steve Jobs が見せた iTV ボックスとは、実はビデオ Airport Express のことだった。多分ワイヤレスネットワーキング 802.11n を採用するだろう。しかし、Steve が iTV を見せたのは、リビングルームに映画を配信するという彼の構想の完璧さを証明するためであって、リビングルーム戦略の全貌を明かすためではなかった。iTV は本当のところ既存の「レガシー TV」、すなわち既にあなたが持っているテレビをサポートするためにあるのだ。iTV の部品は Mac mini のケースに納まるだけでなく、先週発表された 24 インチ iMac の LCD ディスプレーにも、あるいはプラズマテレビの内部にもぴったりと納まる。もっといいことは、iTV にはゴチャゴチャしたコネクタがまったく要らないことだ。昨日アップルが、ソニーや松下のようなテレビメーカーに一矢(いっし)報いなかったからといって、アップルが STB(set-top box)メーカーとして終わる保証はない。まだ・・・、まだ今のところアップルは、手持ちのコマを全部揃えて、みんなをぶっ魂消(たま)させるには至っていないというに過ぎないのだ。

The iTV box Steve Jobs showed is really a video Airport Express, probably with 802.11n wireless networking. But Steve showed that product just to demonstrate the completeness of his vision for delivering movies to the living room, not to give away his living room strategy. iTV really exists just to support “legacy TVs” — that is, ones you already own. But the components that fit so nicely into a Mac mini case fit just as well inside an LCD display (as demonstrated by the 24-inch iMac announced last week) or a plasma TV — better in fact, since it wouldn’t require all the myriad connectors on the iTV. The fact that Apple didn’t fire a shot across the bow of TV makers like Sony and Matsushita yesterday doesn’t mean that it only intends to be a set-top box maker. It only means that Apple doesn’t have all the pieces in place to  completely blow people away — yet.

      *      *      *

こういう先の展開を読んだ記事に出会うとぞくぞくする。目の前の視界がすーっと開けたような感じがするからだ。

そういえば、アップルのディスプレーの名前は「シネマ」ディスプレーだった。23 インチ、30 インチモデルには、わざわざ「HD」の語までついている。

これに iTV が加わると、まさにインターネットコンテンツが見れる大型テレビだ。また先の楽しみが増えた。

ところで、Zune の価格が Wal-Mart のサイトから一瞬リークされたらしい。

TiVO Series3 も人気は高いものの、価格に逡巡(しゅんじゅん)するひとも多いようだ。

アップルの「お茶の間侵攻作戦」の全容が明らかになるにつれて、各方面に影響が出始めた。

Technorati Tags: , , , , ,

2006年 9月 2日

アップル流マスコミ操縦術

top_secret

アップルの秘密主義について興味深い記事がある。

RoughlyDrafted Magazine:”Why Is Apple so Secretive?” by Daniel Eran Dilge:8月29日

      *      *      *

アップルの秘密主義

未発表製品に対するアップルの秘密主義は悪名高い。批判的なひとたちは、アップルの秘密主義をオープンソースプロジェクトの透明性と比較する。他の民間デベロッパと比較するひともいる。例えばマイクロソフトは、これまで将来計画については詳細なロードマップを示してきた。なぜアップルは将来計画を隠したまま見せないのだろうか。

Apple has long been notoriously secretive about its unreleased products. Critics compare Apple’s secrecy against the transparent development efforts of open source projects, and even with other commercial developers. Microsoft, for example, has a history of providing detailed roadmaps of future plans. Why does Apple keep its future plans under wraps?

      *      *      *

このあと、なかなか出ない Windows Vista と Mac OS X Leopard のまだ隠された部分(Top Secret Leopard Features)を例にとり、あるいはマイクロソフトの iPod キラー Zune(non-PlaysForSure iPod Killer)とこれから出るという噂の iPod(sixth generation iPod)の例をとりながら、秘密主義の功罪について考える。

なかなかおもしろいのだが、ここでは省略する。実はその後にくるアップルのマスコミ対策の部分が痛烈なのだ。マスコミのことを「飼いならされたサルたち」(Trained Monkeys)というのだからすごい。

      *      *      *

飼いならされたサルたち(Trained Monkeys

アップルイベントで発表される新製品は一つか二つだ。そうすれば、限られた少数の製品にスポットライトを当てることができる。例えばアップルは、WWDC でたくさんの製品がスピートアップ(speed bump)したことについてこまごまと発表することもできたが、そうしていたらプレスは何を書いていいか分からなかっただろうし、重要な点を見落としたかもしれない。

Each Apple Event only gets one or two new products, because that keeps the spotlight on a small selection of items. If, for example, Apple had released minor details of speed bumps across its various product lines at WWDC, the press wouldn’t know what to talk about, and would likely miss the important details.

      *      *      *

大同小異のイベント記事

もしあなたがこれまで「ジャーナリスト」とのお付き合いをせずに済んでこられたとすればお分かりにならないかもしれないが、あなたがご覧になるニュースの大部分は実は宣伝係が書いたものなのだ。今日のジャーナリストは、手渡されたプレスリリースを鵜呑みにして反復する以上のことはほとんどしない。あるイベントのニュースを読んでも、どれも同じように聞こえるのはそういう訳だ。

If you haven’t ever had the pleasure to work with “journalists,” you might not know that most of your news is actually written for you by PR flacks. Today’s journalists can’t be bothered to do much beyond regurgitate the press releases they are handed. That’s why everyone’s coverage of events pretty much sounds the same.

      *      *      *

サルたちにダンスをさせる(make monkeys dance

monkey_dance

アップルはこれをよく計算していて、どうやったらサルたちにダンスをさせられるか心得ているのだ。あまりエサを与えすぎないこと、あまり頻繁(ひんぱん)に与えないこともそのひとつだ。プレスにあまり沢山与えすぎると、メディアの連中はなんでもかんでも書いてしまうので[記事が]メチャメチャになってしまう。しかも彼らは、センセーショナリズムという新しいエサを求めてすぐ他の所へ行ってしまうのだ。

Apple has figured this out, and knows how to make these monkeys dance. Part of that is not feeding them too much or too frequently. Too much press feeding and the media just throws everything up in a big mess, then walks away to find fresh plates of sensationalism elsewhere.

      *      *      *

毎週ベースのアップデート

製品アップデートについては、今やアップルは毎週のペースでエサを与えるようになっていることにお気付きだろう。イベントの興奮が一旦去ってしまったら、今度は主要製品のスピードアップについて週の初めに発表する。次の週は、ほかの製品について、という調子だ。こうして iMac、ラップトップ、コンシューマ向けラップトップ、デスクトップと続く。

You may have noticed that Apple now releases product updates in weekly feedings. Once the excitement of an event has blown over, they release a speed bump for a major product line at the beginning of the week. The next week gets the next line, and so on for several weeks: iMac, laptop, consumer laptop, desktop, etc.

      *      *      *

そして暫しの沈黙・・・

ニュースが十分行き渡ったら、アップルは暫(しば)し沈黙する。世界が(あることについて、いやアップルのことなら何でも)ニュースを求めてパニック状態になるまで。そうなんだ、そうなったらまさにその時に、次のアップルイベントが巡ってくるのだ。

Once everyone’s had enough of Apple bumps, the company goes quiet for a while until the whole world freaks out and demands some type of news about something, anything from the company. Sure enough, right about then another Apple Event rolls around.

      *      *      *

野良犬噂系

アップルからよろこんでエサをもらって、アップルのために芸をする「真の」ジャーナリストのほかに、実は野良犬ブロガーもいる。彼らは芸はしないが、他人がくれるエサならどんなゴミにでも飛びつく。守秘義務のあるデベロッパやメーカーからなにか聞き出そうとしては、噂系サイトでイベントの興奮を煽り、自分たちへのアクセスが増えることを期待するのだ。

Beyond the real journalists who are happy to get fed and do tricks for Apple, there are the stray dog bloggers that don’t do tricks, and will eat any garbage that anyone might throw them. By trying to get details out of developers and manufacturers who have signed confidentiality agreements, these rumor websites only deflate the excitement surrounding an event for their own short term ad-click profit.

      *      *      *

コンシューマの失望

それはアップルにとっていいことではない。プレスから我が身にも降り掛かってくるのだ。一般顧客もまた期待を膨らませすぎることになり、本来ならばドラマチックなアップルイベントの興奮が、「なに!そんなこと知ってるよ」式の失望に変わってしまう。このことから秘密主義の風土が助長されて、技術産業で通常みられる秘密情報アクセス制限以上のレベルになってしまう。

That’s no good for Apple, and it rains on the dance they play with the press. It’s also deflating for customers, because the regular excitement they get from dramatic Apple events is converted into, “what? we already heard about that” style disappointment. This has contributed to the climate of secrecy above and beyond the normal level of confidential information access common in the tech industry.

      *      *      *

アップル ニュースという現実

アップルがプレスリリースを注意深く小出しにするもう一つの理由は、アップル自体が全国ニュースのヘッドラインの常連であるというアップルの特殊事情にもよる。いいニュースであれ悪いニュースであれ、アップルに関するニュースは即消費者が知りたがるものになっている。アップルからひっきりなしにいいニュースが出てこないと、レポーターはその間隙を埋めるため悪いニュースを作り上げてしまう。

Another reason Apple carefully prepares news for the press in small doses has to do with Apple’s unique role as a fixture of national headlines. Regardless of whether the news is good or bad, it seems that news about Apple is nearly an obsession for consumers. If Apple doesn’t constantly release good news, reporters will make up bad news just to fill the void.

      *      *      *

秘密主義の功罪

アップルの秘密主義は、コンシューマ製品に対する興奮を盛り上げるという意味で有利に働く一方、パートナーとの友好的関係を維持するという努力に対しては逆方向に働くこともあり得る。とくにオープンソースプロジェクトや法人顧客の場合がそうだ。次号以降は、アップルが自分たちの将来計画をもっとオープンにしようとしている最近の努力について触れてみたい。

While Apple’s secrecy works to its advantage in creating excitement for consumer products, the same secrecy can work against Apple’s efforts to working with partners, particularly in Open Source projects, and in dealing with corporate customers. An upcoming article will look at Apple’s recent efforts to adapt and provide more open information about their future plans.

      *      *      *

なんとも辛辣な記事だ。

そうだとすると、「飼いならされたサル」や「野良犬噂系」を追っかける自分は一体何なのだろうと考えてしまう。

Technorati Tags: , , , ,

2006年 8月 25日

膨らみ過ぎた期待

Filed under: アップル,イベント,ウワサ — shiro @ 19:00
Tags: , ,

apple_logo

先日の WWDC の発表にがっかりしたって? 問題は発表された内容じゃなく、あなたの過度の期待にあったのじゃないか、と Macworld の Christopher Breen はいう。

Macworld:”Not-so-great expectations” by Christopher Breen:8月8日

      *      *      *

私にとって、月曜日の WWDC キーノートは完璧に満足のいくものだった。たぶん、新しい iPod とか、アップルブランドの携帯電話、同じくアップルブランドの tablet コンピュータやマルチメディアボックス、それにアップルブランドの健康冷凍食品など、そんなものを期待していなかったためだろう。私にとっては期待どおりのものだった。 Mac Pro や Xserve というインテルマックへの移行完了であり、Leopard の新しい機能の一部を垣間みたことだ。

In my mind, Monday’s offering was a perfectly satisfactory keynote. But maybe that’s because I wasn’t expecting a new iPod, an Apple-branded phone, an Apple-branded tablet computing device, an Apple-branded multimedia set-top box, and Apple-branded line of organic frozen foods. I was expecting pretty much what I got—the completion of the Intel-based Macintosh line with the introduction of the Mac Pro and Xserve and a glimpse at some of Leopard’s new features.

十分注意して見ていれば、物事の進み具合は最近は予想したとおりになるのだ。アップルがどこで、なぜ発表やキーノートを行うのか、あなたにはよく分からない、ミステリーだというのなら、一年のサイクルにしたがって、はっきりと説明してあげよう。

And honestly, if you pay attention, that’s pretty much how things are done these days. If the whys and wherefores of Apple’s announcements and keynotes are a mystery to you, let me spell it out clearly by the seasonal year:

      *      *      *

冬:Macworld Expo

mwsf06

Expo はコンシューマのためのショーだ。クールで比較的軽いものが発表される。ここで発表される確率が高いのは、新しい Mac や iPod、iLife/iWork のアップデート、iChat のようなコンシューマ的アプリのカスタマイズ、それにコンシューマの視点からみた次期 OS の新しい機能(直前の夏の WWDC はデベロッパの視点からみたもの)などだ。もし「One More Thing」があるとすれば、このキーノートで登場する可能性が一番高い。

Winter: Macworld Expo

Expo is the “consumer’s show,” the exposition where Apple shows off cooler and lighter fare. Here you can expect announcements of brand new Macs, iPods, iLife/iWork updates, consumery application tweaks (iChat, for example), and the consumer’s look at an upcoming major revision of the Mac OS (following the Developer’s look at WWDC the previous summer). If there’s going to be a “One More Thing” slide, this is the keynote in which it will most likely appear.

冬:全米楽器商協会(NAMM)ショー

このトレードショーは Macworld Expo の数週間あとに行われる。ここでは音楽関連のアプリケーション(主として Logic Pro や Logic Express)とかハードウェアが発表される。

Winter: National Association of Music Merchants (NAMM) Show

At this trade show taking place a couple of weeks after Macworld Expo, Apple shows off its music-related applications—largely Logic Pro and Logic Express—and some of its hardware.

初春:全米放送事業者協会(NAB)大会

この催しでは、アップルのプロ向けビデオ制作アプリケーションに関連したものが期待される。

Early Spring: National Association of Broadcasters (NAB) convention

Look for announcements and releases related to Apple’s pro video applications at this event.

晩春:学校関係の購買時期

アップルが教育機関向けに新しいマックを準備中なら、この時期に耳にすることになる。

Late Spring: School buying season

If Apple’s got a new Mac for schools in the pipeline, this is when you’ll hear about it.

夏:WWDC

wwdc06

夏の Macworld Expo はなくなったので、年一度の WWDC(Worldwide Developer Conference)の機会を使ってアップルは、デペロッバ向けに情報をアップデートしたり、主要メディア向けにアップルの最新事情を説明する。WWDC の焦点はデベロッパにあるので、Jobs は純粋にコンシューマ向けのもの(iPod や iLife など)を避けて、ハイエンドのハードウェアとか OS の世界の話に時間を割く。今週の発表がそうだった。

Summer: WWDC

Now that there is no summer Macworld Expo, Apple uses its annual Worldwide Developer Conference to update developers and the mainstream press on what it’s up to. Because the focus of WWDC is developers, Jobs tends to stay away from strictly consumer items like the iPod and iLife and, instead, spends time talking about the company’s high-end hardware and OS space, as illustrated by this week’s unveilings.

アップルは、スペシャルイベントをやると発表するだけで、いつでも好きな時期に主要メディアの注目を集めることが可能になった。WWDC の最後に「One more thing」を必要とする時代は終わったのだ。

Apple is now in a position to muster the attention of the mainstream press at any time of its choosing by announcing a special event. The days when Jobs needs to tack on a “One more thing” to the end of a WWDC keynote are over.

初秋:フランスの Apple Expo

アップルは、欧州マーケットの状況(例えば EU における iTunes や Apple Store の拡大ぶり)を説明するためパリに行くのが通例だ。WWDC キーノートで発表したことの焼き直しをやることもある。アップルは好きなときにスペシャルイベントを満席にできるので、フランスでの Apple Expo はビッグな発表をする場ではなくなった。

Early Autumn: Apple Expo France

Apple generally uses its time in Paris to talk up what it’s doing in the European market—iTunes and Apple Store expansion in the EU, for example. You may also get a rehash of some of the material offered during the WWDC keynote. Now that Apple can call well-attended special events, Apple Expo France isn’t the place to look for Big Announcements.

中秋:コンシューマ製品のスペシャルイベント

クリスマスツリーの下におく商品[注:クリスマスプレゼント]にしてもらいたいと思う会社ならどこでそうだが、クリスマスに間に合うようにホットで新しい製品を出す必要があることをアップルも心得ている。9月、10月は、アップルが新しい iPod やピカピカの製品を発表する月だ。

Mid-Autumn: Special events for consumer products

Like any other company whose products are likely to be found under December’s decapitated Douglas Fir, Apple understands the need to have hot new products out in time for the High Holidays. September and October are the months when Apple creates special events to announce and release new iPods and other consumer gewgaws.

中秋:オーディオ技術学会 AES)大会

アップルは10月の AES 大会によく出展する。プロ向けのオーディオソフト(Logic や Soundtrack)やハイエンドのビデオソフト、より強力なコンピュータなどをそこで出展する。

Mid-Autumn: Audio Engineering Society (AES) convention

Apple is generally well represented at October’s AES convention where it shows off its professional audio applications (Logic and Soundtrack), high-end video applications, and more-powerful computers.

こうしてまた Macworld Expo に戻り、新しいサイクルが始まる。

And then back to Macworld Expo where the cycle begins anew.

      *      *      *

アップルが革新的で、極端に秘密主義だからといって、そのやることが予測できないという訳ではない。次にくるプレゼンテーションで発表される基本的なものがなにかということは、アップルの製品とプレゼンテーションのサイクルを併せ考えればある程度合理的に予想がつく。そういう過去の例がたくさんあるのだ。それ以上のこと、即ちガッカリするのを避けるコツは、理不尽に膨らむ期待を抑えることだ。

Just because Apple’s innovative (and highly secretive) doesn’t make its actions unpredictable. We’ve had plenty of evidence of how Apple’s product and presentation cycles work to make reasonable guesses about the fundamental elements of upcoming presentations. Beyond that, the trick to avoiding disappointment is keeping unreasonable expectations in check.

      *      *      *

このサイクルでいうと、次はフランスの Apple Expo だ。

過度の期待を煽るものが出てきたら、ご用心、ご用心!

Technorati Tags: , , ,

2006年 4月 30日

Aperture 開発チームの大幅縮小:Think Secret の記事の波紋

Filed under: アップル,ウワサ,ソフトウェア — shiro @ 12:25
Tags: , ,

aperture_box

Think Secret がまたスクープをものにしている。アップルの株主総会を詳細に報告したのに引き続き、今度は Aperture 開発チームの大幅縮小の話だ。

Think Secret:”Aperture future in question as Apple axes bulk of team” by Ryan Katz:4月27日

Aperture は、RAWフォーマットに対応したプロ用画像管理ソフトだが、Think Secret の伝えるところでは、アップル製品としては珍しく箸にも棒にも引っかからないものだったらしい。

Aperture 開発チームのエンジニアの一部は解雇され、あるいは他部門に吸収されたが、このことからプロ用画像管理ソフトであるAperture の将来については疑問視されている。同ソフトは、これまでも激しく批判され、近年になくバグまみれのソフトだったからだ。

The move, which resulted in the departure of several engineers while others were transferred to different projects inside Apple, raises questions about the future of Aperture, Apple’s most heavily criticized and bug-ridden pro software release in recent years.

アップル内部に詳しい筋によれば、こんなことになっても驚かないという。なぜなら、Aperture の開発はアップルでもまれにみる最悪の状態で、めちゃくちゃ(mess)だったからだ。

Sources familiar with Apple’s professional software strategy said they were not surprised by the move, describing Aperture’s development as a “mess” and the worst they had witnessed at Apple.

Aperture の問題は、特定の部分だけではなく、アプリケーションそのものの基本構造に関するものなので簡単には解決できない。

Aperture’s problems stem not from any particular area that can be easily remedied but rather from the application’s entire underlying architecture.

さらに Think Secret は、開発の一部が Shake や Motion に移行されたこととも関係しており、値引きに追い込まれていることなどについても触れたほか、Aperture と競合する Adobe の LightRoom(無料ベータ版)が出現した影響も大きいと述べている。

Aperture の問題はかなり広汎に及んでいるので、バージョン 2.0 を出すためにはコードの主要な部分を完全に書き直さなければならないだろう。

Perhaps the greatest hope for Aperture’s future is that the application’s problems are said to be so extensive that any version 2.0 would require major portions of code to be entirely rewritten.

      *      *      *

RAW データを扱えるスゴいソフトとして鳴り物入りで登場した Aperture がそんなことになっていたとはつゆ知らなかった。

確かに Ars Technica のレビューをみると散々だ。

Ars Technica:”Aperture 1.0: the Ars review” by Dave Girard:2005年12月4日

バージョン 2.0 を出すためには、アップルは Aperture の基礎からいじり直さなければならないだろう。今の状態では、巨大な、カネのかかる不発弾だ。法外な値段を考えると推薦する理由はひとつもない。このレビューを読んで私がうんざりしていると思われたかもしれないが、こういう製品を出したことについて私は本気で怒っている。500 ドルもするのに、プロレベルの結果をだすという約束に失敗したのだ。舞台に登場したことは結構だった。しかし、もう舞台を降りてほしい。

Maybe by 2.0 Apple will have the foundation sorted out. At this stage Aperture is a big, expensive misfire and considering the hefty price tag, I can’t think of a reason to recommend it. Reading this review, you may think I sound jaded, but I am genuinely angry for those who shelled out US$500 for a program that promised professional results and failed to deliver. Thanks for coming out Aperture, now get off the stage.

      *      *      *

apperture

Think Secret の記事の波紋は大きく、いろんなひとがフォローアップ記事を書いている。

CNET は、Think Secret の記事をベースにほぼ同様な記事を載せている。

CNET:”Apple slashes Aperture team” by Candace Lombardi :4月27日

CNET Japan:”アップルの画像管理ソフトAperture、開発チームが早くも大幅縮小“:4月28日[河部恭紀訳]

      *      *      *

Daring Fireball の John Gruber は、大筋で Think Secret を認めながらも、アップルが Aperture から手を引くことはないだろうと述べている。

Daring Fireball:”Aperture Dirt” by John Gruber:4月28日

Aperture が書き直されなければならないという大筋においては、Think Secret の記事は正しい。しかし、Aperture の将来が疑問だという点ではまったく間違っている。

Think Secret is right that major portions of Aperture need to be rewritten, but they’re wrong that Aperture’s future is in any way “in question”.

アップル内部の話によれば、Steve Jobs が Apertureを大変気に入っているという。アップルが Aperture を開発し続けることに疑問はない。これからも Aperture のバグをとって修正するだろう。問題は、誰が、何時、如何にしてということだ。Adobe が Lightroom をもってアップルの胸元に迫っていることを考えれば、きっと可及的速やかに行われるだろう。

Word within Apple is that Steve Jobs himself is enormously enamored of Aperture. There’s no question what Apple is going to do with Aperture: they’re going to fix it. The questions are just how, who, and when. And with Adobe breathing down their necks with Lightroom, my guess to the last question is “as soon as possible”.

      *      *      *

大手誌のビジネスウィークまで、Think Secret の話に乗っている。

BusinessWeek:”Well that’s one way to use all that cash” by Arik Hesseldahl:4月28日

Think Secret の記事を引用したあと、これは Adobe がインテルマック版 Photoshop を来年前半にリリースすると発表したことと関連していると述べている。

これらの動きは、Adobe の Bruce Chizen がインテルマック用の Photoshop(マックにとって最も重要なアプリケーションのひとつ)を来年前半には必ずリリースすると確認したあとに起きている。[だから、そのことと関係がある。]

But the move comes about a week after Adobe CEO Bruce Chizen confirmed that the company will indeed develop its Photoshop application – one of the most important apps on the Mac – for Intel based Macs by the first half of next year.

Bruce Chizen が話したのは、彼が東京にいるときだったらしい。(IDG

このほか、この件とも絡めた Robert X. Cringely の話についても触れているが、これはこれでおもしろいのでまた別稿で・・・

Technorati Tags:

2005年 11月 14日

Think Secret と AppleInsider:マックの噂系サイト

Filed under: ウワサ,ブログ — shiro @ 21:21
Tags: , , , ,

Think Secret

マックの噂系サイトはたくさんあるが、予測の正確さで群を抜いているのが Think Secret だろう。

rumor_site

的中率にたまりかねたアップルが訴訟を起こしたとき、実は現役のハーバード大生のサイトだと分かって皆唖然としたものだ。現役の大学生が、業界の裏事情に通じているなんて想像も出来なかったからだ。

いろんな噂が横行していても、Think Secret が書くと内容確定となるほど信憑性が高い。なにせ大手紙も一目置くほどだから。

AppleInsider

その Think Secret に一矢報いたのが AppleInsider だ。

先のビデオ iPod を最初から予測したのが AppleInsider だった。そうではないといっていた Think Secret も発表前日には態度を変えざるを得なかった。

AppleInsider の活躍ぶりには目覚ましいものがある。来年一月の MWSF(Macworld San Francisco)で発表されるインテルマックついても着々と報じている。マックファンにとって目を離すことができないサイトだ。

この AppleInsider の記事を日本語に翻訳しているサイトがある。silvervine 氏の 774 だ。とてもキチンとした訳で、並々ならぬ力量と拝察する。しかも、翻訳がアップされるスピードがとても早い。日本のファンにとっては必見のサイトだろう。

内容とタイミング

ところで、ビデオ iPod では結果的に AppleInsider に軍配が上がったが、Think Secret の読みが全然間違っていた訳ではない。後日 Power Mac や PowerBook が実現したからだ。

それぞれの内容は相当な確度でそれぞれに正しかったのだと思う。ただタイミングまでは読み切れなかったということではないか。

内容を縦糸に、タイミングを横糸に読み解くとき、噂系サイトの情報が生きてくるのだろう。

MacRumors

噂系サイトは Think Secret と AppleInsider だけではない。

MacRumors も古手のサイトだ。噂のデパート的で取りこぼしがない。出所不明の(あるいはソースを明らかにできない)噂を扱った「Page 2」もあっておもしろい。噂にも確実な噂とそうでないものがあるという訳だ。

MacRumors には「Buyer’s Guide」というページもあって、発表されてからどのくらい経ったか、ぼつぼつ新しい機種が出そうなので買い控えた方がいいのではないか、といった情報を教えてくれるので便利だ。

Rumor-Watch

記事のタイトルだけを一覧にした便利なサイトもある。Rumor-Watch だ。時間はないけれど全体の感じを掴みたいひとには便利だ。英語が不得意でも、なんとなく感じが掴めるところがありがたい。

このほかにも、macosXrumors、Spymac、MOSR、O’Grady’s POWERPAGE、Mac Night Owl など枚挙にいとまがない。

いつもならせいぜいひと月前に流れはじめる噂が、今年は二か月も前から漏れはじめている。インテルマックへの期待がそれだけ大きいということだろう。

Technorati Tags:

2005年 10月 9日

ビデオ iPod オンパレード

10月12日の Apple Media Event が近づくにつれて、なにが登場するか、予測が白熱している。

朝日まで記事にするのだから、世界中では推して知るべしだ。「one more thing」でブログを検索すると、あるはあるは、すごい数だ。

真偽のほどは定かでないが、ビデオ iPod のいろいろな画像がネットに流れはじめた。

video_ipod1

[Video iPod]

このぼんやりした写真が嚆矢だ。(Engadget)

video_ipod2

これもいいねえ。キャプションが利いている。(The Apple Collection

video_ipod3

なんとこれにはレビュー記事までついている。(iPod Hacks

video_ipod4

こんなスクリーン・ショットもある。(iLounge

video_ipod6

こうしてみると、こういう写真は素直すぎる感じだ。(MacTechNews.de

video_ipod5

白眉はトップの写真だろう。・・・もっとも、まったくの想像だと描いた本人はいっているが。(iPod Predictions

video iPod を肴にしてみんなが楽しんでいる感じだ。

BBC がうっかり(?)ニュースを流したりして、結構期待を煽っている。

もっとも、今回はビデオ iPod ではないという意見も強い。

ハーバード大生のサイト Think Secret によれば、今回は Power Mac や PowerBook が主で、ビデオ iPod は登場しないという。

年末商戦のことを考えれば、たしかに iPod よりマックのテコ入れが必要な時期ではある。

あとしばらくですべてが分かる。もう少しのお楽しみだ。

Technorati Tags: ,

2005年 10月 5日

One more thing…

Filed under: アップル,イベント,ウワサ — shiro @ 20:00
Tags: ,

「あ、それからもうひとつあるんだ・・・」

新製品を発表するときの Jobs の決まり文句を真っ赤なカーテンに刷り込んだアップルの招待状が発出された。

onemorething

例によって何があるかは伏せたまま、10月12日の出席者だけに発表されるスペシャルイベントだ。これまたアップルの好きな水曜日。

前回 iPod nano を発表したときも、同じような招待状が発出されたが、このときの図柄はリーバイスのジーンズだった。

当日は iPod nano 登場の段で、リーバイスのポケット、それも小さな小銭入れから、これまた小さな iPod nano を引っ張りだしてみせた。

リーバイスの図柄にはちゃんと意味があったのだ。

じゃあ、今回はどうか。真っ赤なカーテンだ。

幕が開くと・・・ そう、映画の上映が始まる。なにか映画やビデオに関係するものではないか。いや、きっとそうに違いない。

前回のイベントで、フラシュメモリーベースの iPod mini = iPod nano と iTunes 携帯は紹介済みだから、あと残っているのはビデオ iPod だけだ。どうやらそんな感じではないか。

John Markoff 流にいえば、ホーム映画劇場用の video set-top box か、palmtop device か、あるいはなんらかの portable video player ということかもしれない。

いずれ噂系の Think Secret あたりが詳細を報じるだろう。アップルに訴えられて以来、Think Secret の信憑性はとみに増した感がある。

ほんとにビデオ・映画関係なら、ハードはもちろんだが、コンテンツやネット配信も絡むから、そのうち映画会社・レコード会社やネット配信会社の関係者から情報が漏れてくるに違いない。

大手メディア、噂系サイトとも、早くもエンジン全開だ。(AppleInsider は、60GB iPod photo player を心持ち薄くしたようなビデオ機能搭載の iPod だろうと予想している。)

発表は米国西海岸の朝10時、日本時間では翌日明け方2時だ。目が覚めた頃には、全貌が明らかになっているだろう。

マックファンとしてはまたぞろ一週間の間気が気でなくなるが、そんなことじゃ Jobs が舞台に上がる前から彼の術中に嵌っているといわれるのがオチかもしれない。

Technorati Tags: ,