maclalalaweblog

2007年 2月 26日

YouTube の魔法は失われたか

Filed under: ウェブログ,映像 — shiro @ 23:58

Youtube Founders

Google/YouTube とコンテンツ業界との関係が目まぐるしく動いているようだ。

CBS、NBC、Viacom、Joost など登場人物には事欠かないが、全体的展望がいまひとつよく分からない。

Ars Technica が丁々発止の様子を簡潔にまとめている。

Ars Technica:”YouTube deals fall apart, the center cannot hold” by Nate Anderson:2月21日

      *      *      *

Viacom Joost-1

グーグルが15億ドル[ママ]というとんでもない額で YouTube を買収した直後の勢いの良かった時期には、コンテンツ所有者を買収する猛吹雪が襲うとみんな予期したものだ。YouTube が CBS と限定契約を結んだころには、猛吹雪はすぐに穏やかな一時的小雨のレベルとなった。Viacom や CBS との話は両方ともおじゃんになってしまい、また NBC の新しいトップが YouTube に対してもっと著作権を尊重するよう警告を発しているので、一時的小雨の状態から時たま雪片が舞う程度まで格下げになってしまった。

In the heady days after Google purchased YouTube for way too much money $1.5 billion, observers expected to see a blizzard of deals with content owners. The blizzard was soon downgraded to mild flurries, as YouTube inked limited deals with CBS and others. Now that major deals with both Viacom and CBS have fallen through, and the new NBC chief is warning YouTube to start respecting his company’s copyrights, the flurry has been downgraded to the occasional snowflake.

斯界(しかい)の大物たちとの話をリードしていたのはグーグルだったが、ちゃんとした契約ができるように少しペースを落としてもいいといいだした。動きはそうなっているようだ。というのも氷河のようにぱったり動かなくなってしまったからだ。ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、Viacom や CBS との話し合いが破綻したことについて、いくつか詳しい情報を載せている。

Google, which has been heading up the negotiations with the big-name players, says that it’s willing to go slow at first in order to make the right deals. Its plan appears to be working, as progress has been downright glacial. Now, the Wall Street Journal has a few additional details on how the Viacom and CBS deals came apart.

Viacom

WSJ によれば、グーグルの Eric Schmidt が Viacom の代表と話し合いを始めたのは、グーグルが YouTube 買収を発表したまさにその日だったという。数年間にわたる契約を結べば5億ドル近くの収入を保証すると Schmidt は持ちかけたという。Viacom のコンテンツから上がる YouTube の広告収入の70%を Viacom が取るはずだった。交渉は続いているが、その話は物別れとなった。それぞれ相手側に責任があると非難している。グーグルは何度も契約条件を変えたと非難され、一方 Viacom は10億ドルの収入保証を求めたとされる。

According to the Journal, Google’s Eric Schmidt started talking with Viacom representatives on the same day that Google made its YouTube purchase announcement, and he offered them nearly $500 million in guaranteed revenue for a multiyear deal. Viacom would take home 70 percent of the ad revenue YouTube earned from Viacom content. But the deal broke down as negotiations continued. Observers on both sides of the negotiations blamed the other party—Google was accused of repeatedly changing the terms of the deal, while Viacom allegedly asked for $1 billion in guaranteed revenue.

Joost

原因がなんだったにせよ、話し合いが物別れとなったことはみんなの知るところとなった。Viacom は自らのビデオサービスを開始すると発表した。そのビデオは YouTube と同じようにウェブページへのはめ込みが可能だという。その後 Viacom は Joost と契約を結び、YouTube とは異なる形の、テレビに似た形式のコンテンツ提供を発表した。

Whatever the reason, the deal fell apart in public fashion and Viacom announced that it would host its own videos and would allow them to be embedded in web pages, just like YouTube had done. Viacom then announced that it had signed on with Joost to offer its content in a more traditional format that resembles television more than YouTube.

昨年 CBS は YouTube との限定的なパートナーシップを発表し、今年は大きなことが起きる筈だった。1月の CES[Consumer Electronics Show]でその発表がある筈だったが、実際は何にも起きなかった。WSJ によれば話し合いは行き詰まったのだという。グーグルは5年契約を望んだが、CBS はそうではなかった。

CBS and YouTube announced a limited partnership last year, and big things were widely expected this year. A deal was to be announced at CES in January; obviously, that didn’t happen, and the Journal reports that the deal is stalled. Google wanted a five-year commitment; CBS did not.

グーグルがテンポを落としたのは賢明だが、もっといくつかの大型契約を近日中にまとめる必要がある。著作権を持つメディア会社が DMCA[デジタルミレニアム著作権法]による削除手続きに不満を募らせるにつれて、YouTube は違法コンテンツを掲載しないようにという圧力に増々晒される。Google/YouTube が、主要なビデオコンテンツに係る権利を取得するのに手間取れば手間どるほど、コンテンツ所有者は他の代替手段を探す羽目にならざるを得ない。

Google may well be wise to move slowly, but it needs to cut a few more large-scale deals soon. YouTube faces increased pressure to stop posting illicit content as the media companies that control the rights are getting increasingly frustrated with the DMCA takedown process. The longer that Google/YouTube go without gaining rights to important pieces of video content, the more time the content owners have to look for alternatives.

もちろん Joost はそのひとつだが、YouTube と同じことまではできない。メディア会社は、直接コントロールでき、かつ直接収益を上げられるような YouTube ともろに競合するものを自らの手で作ることまで考え始めている。MovieLink もこの考えに基づくものだったが、うまくいかなかったことをみんなが知っている。にも拘らず、Viacom の最近の動きをみれば、コントロールを行使するためならコンテンツ所有者は自らの道を進むことを恐れないということが分かる。

Joost is one, of course, but it doesn’t do quite the same thing as YouTube. Media companies have also been mulling the idea of creating their own YouTube competitor, an organization that they could control and profit from. This was also the idea behind MovieLink, and we all know how well that worked out. Still, as Viacom’s recent moves show, content owners are not afraid to go their own way in order to keep control.

ハリウッドのグーグルに対する反発は驚くには当たらない。エンターテインメント業界はグーグルの持つ力に疑いの目を向けており、グーグルが稼ぎ出す信じられないほどの利益を羨ましがっているのだ。グーグルが広告業界にいいたいのは、「我々としては次の5年間の間X時間の番組を持っており、それはYページビューに相当し、ビデオ広告の表示回数ではZインプレッションになる」ということだ。そんな確たる数字を(しかもそんな長期間にわたって)広告業界に提示できれば、YouTube は一躍カネのなる木に変わるのだ。ハリウッドもそれを十分心得ている。彼らはグーグルがこの特権のためには法外なカネを支払うことを期待しているのだ。そうなれば、主要テレビネットワークが自らのネットワークで、まさにその同じビデオ商品に対して広告料を売ろうとする試みの競争力を低下させることになるからだ。

The reaction that Google is getting from Hollywood is hardly surprising. The entertainment companies are suspicious of Google’s power and envious of the incredible profits it keeps churning out. Google wants to tell advertisers, “We have X hours of programming for the next 5 years, at Y page views, for Z impressions of video ads.” Being able to offer such solid numbers (with a long-term commitment) to advertisers is a great way to turn YouTube into a money press—and Hollywood knows it. They expect Google to pay through the nose for this privilege, since it could undercut the major TV networks’ attempts to sell advertising against the very same video properties on their own.

もしグーグルが目下の一時的小雨の状態を「猛吹雪」状態に戻したいと願うなら、金庫の扉をもう少し開け、コンテンツ所有者たちに支払う現金をもっと増やす必要がありそうだ。

If Google wants to kick the flurries back up into “blizzard” mode, it looks like they will need to open the door to the vault a bit wider and offer content owners even more cash.

      *      *      *

グーグルを如何にカネのなる木に変えるかという思惑がすべての背後にあるということらしい。

右手で訴訟をちらつかせ、左手でカネの話で手を握るというわけだ。

この話については、IT 業界を総力で取材している CNET の記者による円卓ポッドキャスト「YouTube の魔法は失われたか」が大変おもしろい。

CNET:”Reporters’ Roundtable Podcast: Why YouTube’s magical mystery ride could be over“:2月23日[→ MP3 Download

編集長 Charles Cooper の下に、Harry Fuller、Elinor Mills、Greg Sandoval がかなり白熱した議論を戦わすので、問題の複雑さと共に取材の裏が想像できて興味深い。

Technorati Tags: , , ,

(more…)

2007年 2月 14日

YouTube がテレビ番組を「放映」

Filed under: ウェブログ,映像 — shiro @ 21:48

Youtube-1

訪日協議が空振りに終わった(?)かに見える YouTube だが、海の向こうでは急速に事態が進展している。

Ars Technica:”Filtering agreement key in bringing vintage TV to YouTube” by Eric Bangeman:2月12日

      *      *      *

DMGI のテレビ番組

Dmgi

YouTube の視聴者は間もなくテレビのクラシック番組を見れるようになるだろう。YouTube が DMGI(Digital Music Group Inc.)と取り交わした契約により、コマーシャル付きでテレビ番組を見れるようになる。取り決めの詳細は明らかにされていないが、その要点はこうだ。DMGI は テレビのクラシック番組の完全なエピソードを YouTube で放映することを許可する。その代わり YouTube は、広告収入の一部を DMGI と折半する。さらに重要なことは、YouTube は DMGI に対しコンテンツのフィルタリング・ソフトを提供し、著作権侵害にあたるユーザーの投稿ビデオの特定を可能にする。

YouTube viewers will soon be able to watch some classic TV shows—with commercials—under an agreement inked with Digital Music Group. Although specifics of the deal have not been announced, here’s the gist: DMGI will allow YouTube to show complete episodes of classic TV shows in its catalog. In return, YouTube will share some of the ad revenue with DMGI and more importantly, provide the company with content filtering software to identify user-submitted videos that infringe on DMGI’s copyrights.

      *      *      *

DMGI の映像資産

Gumby

DMGI の映像資産には、50年代および60年代のクラシックテレビ番組がたくさん含まれている。I Spy、The Cisco Kid、Daniel Boone、My Favorite Martian、The Adventures of Robin Hood などだ。また、DMGI 子供チャンネルの Gumby Show、Molly and Roni’s Dance Party などに加えて、Clutch Cargo などの怪奇マンガも YouTube が提供することになるだろう。

DMGI’s portfolio includes a number of TV classics from the 50s and 60s, including I Spy, The Cisco Kid, Daniel Boone, My Favorite Martian, and The Adventures of Robin Hood. YouTube will also show some of the content from DMGI’s Kids Channel, including the eerie animation stylings of Clutch Cargo along with The Gumby Show and Molly and Roni’s Dance Party.

      *      *      *

テレビ番組か広告か

YouTube から見れば、初めてビデオ自体に広告が埋め込まれることになる。これまで広告を最小限に抑えて、ユーザーの楽しみやビデオ再生を損なわないようにしてきた YouTube にとって、これは大きな転機となる。[DMGI との]取り決めを実現させるためには、この程度の広告の埋め込みは YouTube として受け入れざるを得なかったのではないかと思われる。

In a first for YouTube, the videos themselves will contain embedded advertisements. This marks a significant change for YouTube, which has so far kept its minimal advertising from interfering with video playback, much to the delight of users. The embedded ads are likely necessary for YouTube to guarantee the level of ad revenues necessary to make the deal happen.

      *      *      *

コンテンツ・フィルタリング

Filter

もうひとつカギとなるのがコンテンツ・フィルタリングだ。YouTube と Google は、これまでコンテンツ・フィルタリング・システム(content-filtering system)の開発を進めてきた。これは著作権者が簡単に違法ビデオを識別できるシステムだ。直近のアナリスト向け説明会において、グーグルの CEO Eric Schmidt はオーディオ・ビデオの指紋押捺ソフト(fingerprinting software)を同社が鋭意開発中であると述べた。DMGI との取り決めは、このソフトがビジネスパートナーに提供しても大丈夫と思われるレベルに達したことを意味する。グーグルは配信ライセンス契約を結んだ相手にしかフィルタリング・ソフトを提供しないという非難もある。このため、Viacom などのように大量削除要求に走ったものもいる。

The other key is content filtering. YouTube and Google have been working on a content filtering system that would make it easy for rights holders to easily identify infringing videos. During its most recent earnings call, Google CEO Eric Schmidt said that his company is hard at work on audio and video fingerprinting software; the deal with DMGI indicates that the software is at a state where the company feels comfortable with allowing its business partners to use it. There have been accusations that Google is only offering the filtering tool to companies that have signed distribution and licensing agreements, forcing the likes of Viacom to rely on mass takedown notices.

      *      *      *

MySpace のフィルタリング

Myspace

著作権者の依頼を受けて MySpace も大規模なビデオフィルタリングを開始した。MySpace は Audible Magic がライセンスした指紋押捺技術を使用する。この技術は、音声トラックの指紋を使って違法ビデオを特定する。著作権者はこれら問題のあるコンテンツを見つけ出すのに使う指紋をアップロードする責任を負う。MySpace はすでに、レコード会社が違法な音楽ファイルをフィルターするのを支援している。

MySpace is also beginning a massive video filtering effort at the behest of copyright holders. MySpace will be using fingerprinting technology licensed from Audible Magic which uses audio track fingerprints to identify infringing videos. Copyright holders will be responsible for uploading the fingerprints used to find problematic content. MySpace already assists the record labels in filtering unauthorized music files.

[違法]著作物に大きく依存してユーザーを惹き付けている YouTube と違って、MySpace にとっては音楽ビデオがあるかどうかは大して問題ではない。にも拘らずレコード会社は、相変わらず MySpace を YouTube や他のビデオシェアリングサイトと同一に扱っている。

Unlike YouTube, which relies heavily on copyrighted content to attract users, the availability of music videos is peripheral to MySpace’s success. That hasn’t stopped the record labels from putting MySpace in the same category as YouTube and other video-sharing sites.

      *      *      *

新しい時代の幕開け

もしハリウッドとインターネットが平和裡に共存するということになれば、コンテンツ・フィルタリングがカギを握る。フィルタリングは、著作権者が違法コンテンツを特定し、掲載しているウェブサイトに通告することを可能にするだけではない。それは YouTube と DMGI が結んだような取り決めをも可能にするのだ。それはまた、YouTube にとって新しい時代の幕開けを急速にもたらすことになるかもしれない。YouTube がその扱いを単なるビデオクリップから放送番組全体に拡大することにより、放送事業者やケーブルネットワークと直接競合する存在になる時代の幕開けを・・・

If Hollywood and the Internet are ever going to live in harmony, content filtering will be key. Filtering not only enables rights holders to identify and notify websites of infringing content, it also makes deals like the one between YouTube and DMGI possible. It may also hasten a new era for YouTube, one of more direct competition with broadcast and cable networks as YouTube expands its catalog from video clips to entire shows.

      *      *      *

法廷闘争一本槍の RIAA[Recording Industry Association of America、全米レコード協会]がいるかと思えば、YouTube という猛烈な吸引力を持つブラックホールをカネを生む存在に変えようとするビジネスモデル構築の努力もある。これぞまさにアメリカということなのだろう。

進展如何によっては YouTube がテレビ放送局として一皮むける可能性もあるということか。

折角 YouTube(だけでなくグーグルも)と膝を交える機会のあった日本のコンテンツ業界だが、千載一遇のチャンスを逸したのでなければよいが・・・

      *      *      *

参考:

・Ars Technica:”Filtering agreement key in bringing vintage TV to YouTube” by Eric Bangeman:2月12日

・Reuters:”YouTube to offer old U.S. TV programs“:2月12日

・Reuters.co.jp:”ユーチューブ、米デジタル・ミュージックとコンテンツ提供で合意“:2月12日

・CNN:”YouTube serves up classic TV shows“:2月12日

・Sacramento Business Journal:”Digital Music, YouTube ink content deal“:2月12日

・MarketWatch:”YouTube to post classic TV shows“:2月12日

・BusinessWeek:”Digital Music in deal with YouTube“:2月12日

・SeekingAlpha:”YouTube Reaches Deal To Post Digital Music Group’s Classic TV Content“:2月12日

・Motley Fool:”When Google Met Gumby” by Rick Aristotle Munarriz:2月12日

・DailyTech:”YouTube to Legally Air Classic TV Shows” by Marcus Yam:2月12日

・Hollywood Reporter:”YouTube inks for Digital Music content” by Alex Woodson :2月13日

Technorati Tags: , , ,

(more…)

2007年 2月 10日

6月15日はフェイク?

Filed under: その他,ウェブログ — shiro @ 12:48

June 15

「iPhone が6月15日に発売される」という噂には、いくつか前段となるステップがある。

まず、アップルが 2007 年の WWDC(デベロッパ会議)の開催日を発表した。6月11日から15日の間だ。

関係者に送付された招待状の画像もネットに登場した。

Savethedate

      *      *      *

一方、アップルから FCC に出されたと称するレターが浮上した。

My iPhone:”Dear FCC, With love, From Apple” by Vincent Nguyen:2月5日

iPhone については6月15日まで秘匿して欲しいという趣旨のレターだ。ここで初めて「6月15日」という日付が登場する。

「もしかしたら、iPhone の発売日は2007年6月16日?」ということばで投稿者は最後を結んでいる。

Perhaps the iPhone’s release date is June 16th, 2007?

      *      *      *

この最後の文言から、LoopRumors は「6月15日に iPhone が発売される」という記事をまとめた。

6月15日発売の噂の出来上がりだ。

LoopRumors:”EXCLUSIVE: Official iPhone release date?” by drawbob:2月6日

      *      *      *

LoopRumors が発見したレターによると、アップルは FCC に対し10月12日付けのそのレターの中で、iPhone の概略デザイン、ブロックダイアグラム、動作原理、アンテナ情報に関する文書については無期限に秘匿して、公表しないよう求めている。

In a letter discovered by LoopRumors, Apple writes to the FCC on October 12th asking for documents regarding the iPhone’s schematic design, block diagram, theory of operation, and antenna information to remain confidential and kept from public disclosure indefinitely.

「上記文書を公開すれば、[アップルに対し]害を及ぼす可能性があり、市場において競争相手に不当な利益を与えることになるかもしれない・・・」とそのレターには書かれている。

They state that “…the public disclosure of the above mentioned documents might be harmful to [Apple] and would give a competitor an unfair advantage in the market.”

アップルはすでに Steve Jobs のキーノートで「動作原理」を公開しているが、デリケートな企業情報については 2007 年6月15日までは部外秘とするよう FCC に対して求めている。これまでアップルは6月15日という特定の日付に触れたことはなかった。Jobs は FCC の認可が iPhone の出荷遅れの原因だといったことがある。

Although Apple already disclosed the ‘theory of operation’ during Steve Jobs’ keynote, they ask the FCC to insure that business sensitive information remains confidential until June 15, 2007,” a specific date not previously mentioned by Apple. Jobs cited FCC approval as the reason for delay in the launch of the iPhone.

6月15日は WWDC の最終日だ。

June 15th is the final day of the WWDC.

関連の情報。アップルはホームページのトップからカラーシャッフルをはずし、従前通り iPhone のイメージで置き換えた。

In related news, Apple removed the colored shuffles from the main image on its homepage and replaced it with the previous image promoting the iPhone.

      *      *      *

Infinite Loop もこの噂を取り上げたが、つぎのような後記を付けている。

Infinite Loop:”Apple to FCC: Do not open until June 15! *Updated*” by Jeff Smykil:2月7日

      *      *      *

アップデート:一読者から、問題の手紙はアップルの 802.11n AirPort Extreme に関するものであって、iPhone のものではないとの通知があった。その読者によれば、iPhone の「FCC 証明」申請がなされたのは、サンフランシスコのマックワールド後だったという。

Update: A reader has written to inform us that the letter in question in this article is for the new 802.11n AirPort Extreme from Apple and not the Apple iPhone.ハ According to the reader the “FCC certification” for the iPhone wasn’t filed until after MacWorld San Francisco.

      *      *      *

Fake-Real

そして最後に、Engadget がこの噂はインチキだという記事を載せた。

Engadget:”iPhone June 15 date a hoax — game on” by Ryan Block:2月8日

      *      *      *

みなさん、残念でした。iPhone 狂のみなさんに悪いニュースを差し上げたくはないのだが、例の「6月15日という FCC 宛レター」はインチキだった。Phone Scoop の眼光鋭い友人たちが守秘協定の文書はフォトショップで偽造されたものであることを見破った。我々はまず Airport Extreme base station の申請書のオリジナル(FCC BCGA1143)を検討した。その有効期限は1月15日(Airport デバイスが発表された数日後)になっている。その結果我々の見るところ、二つの文書はフォトショップでいじった部分を除き、まったく同じものであることが分かったのだ。この秘密保持契約は、802.11a/b/g/n デバイスで使用される適正な周波数(5180 – 5240MHz, 5190 – 5230MHz, 5745 – 5825MHz, 5755 – 5795MHz, 2412 – 2462MHz, 2422 – 2452MHz)について述べているので、ほとんど疑わしいところはない。ということだから、6月には iPhone を入手できると思っていたみなさんは残念でした。アップルが実際に発売するのはいつか、まだ闇の中というわけ。いかさま FCC 文書の大きい画像はクリックすると見れる。

Sorry everybody, we hate to be the bearers of bad news for you iPhone obsessives, but that iPhone FCC letter dating it at June 15th? It was a hoax. Our eagle-eyed friends over at Phone Scoop noted that the confidentiality agreement document is, in actuality, photoshopped. We looked into the original filing for that new Airport Extreme base station (FCC BCGA1143), which expired January 15th (days after the Airport device was announced), and is so far as we can tell they’re wholly identical (save a bit of photo manipulation). That confidentiality agreement outlines a device for use on all the right frequencies for an 802.11a/b/g/n device (5180 – 5240MHz, 5190 – 5230MHz, 5745 – 5825MHz, 5755 – 5795MHz, 2412 – 2462MHz, 2422 – 2452MHz), too, so there’s not a whole lot of doubt left. So, to everyone who thought they’d be getting their iPhone this June: sorry, we’re all still in the dark on when Apple’s going to launch. Click on for a bigger shots of the hoax FCC doc.

      *      *      *

ふたつの文書を比べると、確かに日付以外はまったく同じだ。

Date

ぼかしてある署名も、なんとなく同じように見える。

LoopRumors の記事を書いた「drawbob」という名前も、考えてみれば変な気がしないでもない。

それにしても、なにが本物でなにが偽物か見破るのは難しい世の中になったものだ。だれでもフォトショップで美人になれる世の中だから仕方ないのかもしれないけれど・・・

ともかく、ネット上の噂が発生する過程が垣間見えて興味深かった。

      *      *      *

参考:

・Engadget:”iPhone June 15 date a hoax — game on” by Ryan Block:2月8日

WWDC 2007 —

・Apple:”Worldwide Developers Conference 2007: Save the Date

・CNET:”Apple sets date for 2007 developer conference” by Tom Krazit:2月7日

・CNET Japan:”アップル、「Developer Conference 2007」の日程を決定“:2月8日

・Mac Rumors:”WWDC 2007 ‘Save the Date’ Invites with Leopard Theme“:2月6日

・AppleInsider:”Briefly: WWDC invite hints at continued Leopard focus; tix on sale“:2月7日

FCC 宛レター

・My iPhone:”Dear FCC, With love, From Apple” by Vincent Nguyen:2月5日

・Engadget:”Apple asks FCC for iPhone confidentiality until June 15th” by Paul Miller:2月6日

・TUAW:”FCC leaks Apple’s request for iPhone confidentiality” by David Chartier:2月7日

・FCC:”OET List Exhibits Report: 7 Matches found for FCC ID ‘BCGA1143’

・LoopRumors:”EXCLUSIVE: Official iPhone release date?” by drawbob:2月7日

・Crave:”iPhone to arrive June 15?“:2月7日

・Infinite Loop:”Apple to FCC: Do not open until June 15! *Updated*” by Jeff Smykil:2月7日

Technorati Tags: ,

(more…)

2007年 2月 4日

ウェブページをコピペする:Notae 2

Filed under: その他,ウェブログ,ハッキング — shiro @ 13:53

Notae Logo

こんなマイナーなブログでも、それなりの作業は必要だ。とくにコピペは欠かせない。

起床後の1時間がとても貴重で、お手軽配信 RSS が送ってくれた 100 〜 200 件ほどの記事の中から、これはと思うものに当たりをつけて絞り込んでおく。

絞り込んだ10件たらず記事は、写真もリンク先も一緒にコピー&ペーストして、ワープロ(AppleWorks)のファイルとして保存する。

ブックマークするだけでは、リンク切れになったり、アーカイブにお蔵入りして読めなくなることがある。読みたい記事に限ってそんなケースが多く、それに懲りてこれはと思う記事は必ず保存するようになった。

読んだり、訳したりするのはすべてこのファイルだ。

ところがこのコピペ作業が時間と手間をくってバカにならない。

テキストが文字化けしたり、レイアウトが崩れたり、写真は別途作業が必要だったり、ひとつの記事でも結構な作業になる。

そんな作業が簡単にできるソフトを見つけた。

codepoetry の Notae 2 だ。

      *      *      *

Notae Titleshot

TUAW:”Notae 2” by Scott McNulty:1月30日

今や誰もが情報の海に溺れそうだ。ポストイットや小さな紙切れをはさんで整理しようとしても、全部にタグを付けて整理できるわけではない。(タグを付けていないようじゃ、とても Web 2.0 人間とはいえないぞ。)そこで Notae 2.0 の登場だ。スイスアーミーナイフのようなすばらしい整理ソフトのバージョンアップだ。

It would seem that we are all awash in a sea of information. You try to organize it all with Post-Its and little slips of paper, but you can’t tag those things (and it wouldn’t be very Web 2.0 of you NOT to tag your information). Enter Notae 2.0, the very nice upgrade to this organizational Swiss Army knife.

Notae Screenshot

Notae 2.0 のたくさんの新しい機能には、つぎのものが含まれる。

Notae 2.0 brings with it a raft of new features, including:

・タグブラウザ

・簡単なノート作成

・ワイドスクリーンモード

・フルクリーンモード(最近のイカした機能)

• A tag browser

• Quick note creation

• Widescreen mode

• Fullscreen mode (very hip nowadays)

それだけではない。詳しくは製品ページを見て欲しい。28日間の無料お試し版もある。正規価格は29ドル。

That’s not all, but check out the product page for all the details. A 28 day demo is available, while a full license costs $29.

      *      *      *

早速ダウンロードしてみた。

ウェブページから Notae 2.0 に簡単にコピー&ペーストできる。コピペと唱え終わらないうちに作業が済んでしまう。(マイクロソフト Word の遅さとは比べものにならない。)

これまでの何十分の一のエネルギーでできる。

気になった記事をとりあえず丸ごとコピペするのに打ってつけだ。ウェブ記事のクリッピングには最適ではないかと思う。

すごく強力なのに、サイズはたったの 1.5MB。

これまでこんなソフトは使ったことがないので、分からないことも多い。

書類は SQL document(XML document のオプションもある)として保存する。SQL なんてデータベース制御用の言語じゃなかったっけ・・・

例によってプログラム音痴の筆者には見当もつかない。ともかくコピペ以外の使い方がよく分からない。

簡単なノート作成(エディタ?)、ワープロへの出力、タグ付け整理に加えて、iPod へのテキスト出力や音声出力までやってのけるらしい。

なんとか全貌を理解して使えるようになりたいものだ。

どこぞに解説やマニュアルはないものか。ご存知の方には是非とも教えていただきたいと思う次第・・・

      *      *      *

参考:

プロダクトページ

・codepoetry:”Notae: Organize your notes, organize your life.” [Product Page]

アップルサイト

・Apple:”Notae 2.0“:1月30日[Productivity Tools として紹介]

レビュー記事

・TUAW:”Notae 2” by Scott McNulty:1月30日

・ZDNet:”Notae 2 – a very capable writer’s tool for the Mac” by Marc Orchant:1月30日

Technorati Tags: ,

(more…)

2006年 12月 31日

アップルにとって希有の年

Filed under: アップル,ウェブログ — shiro @ 11:02

Jobs-4

マックワールドが目前だというのになかなか噂が出てこない。

ストックオプションや財務諸表の修正の話ばかりだ。

あちこち覗いていたら、日本の国民的行事に関する記事を見つけた。「追いつめられて」・・・まったく同感だ。

それでも放ったらかしてマックの前を離れられない自分は、こうなるともう業(ごう)としかいいようがない。

      *      *      *

Wired が簡潔に今年を締めくくっている。

Wired:”Steve Jobs’ Best Year Ever” by Leander Kahney:12月26日

「Steve Jobs にとってなんと大当たりの年だったことだろう。」

What a blockbuster year Steve Jobs had.

Wired の記事はそう書き出す。以下、一年のハイライトだ。

      *      *      *

1月(January

Macworld でインテルチップを搭載した最初のマックを発表した。iMac と15インチの MacBook Pro だ。アップルのベストセラーとなったのも偶然ではない。予定より6か月も早かった。アップルの株価は記録的な高さに達した。

At Macworld, Jobs releases the first Macs with Intel chips: the iMac and 15-inch MacBook Pro (Apple’s top-selling machines, not coincidentally). They’re six months ahead of schedule. Apple shares soar to a record high.

      *      *      *

2月(February

新しい Mac mini 登場。ただし、噂された TV/DVR 機能はついていなかった。リビングルーム進出の準備はまだ整っていなかった。

New Mac minis — but no TV/DVR features as rumor sites had predicted. Jobs is not yet ready to take on the living room.

      *      *      *

3月(March

アップルは創立30周年を迎えた。でも発表されたのはプレスリリースだけ。Jobs は過去を振り返るのが好きじゃない。

Apple celebrates its 30th birthday — with a press release. Jobs doesn’t like to look back.

      *      *      *

4月(April

ブッタマゲー。なんと Boot Camp が発表された。インテルマックでウインドウズが起動する。

Hell freezes over: Jobs announces Boot Camp, which allows his new Intel Macs to boot into Windows.

      *      *      *

5月(May

音楽販売にアップルという名前を使うことで争われていた訴訟でビートルズが負けた。Jobs はこれを機に、ビートルズのオンライン独占販売権をネゴしたといわれる。

The Beatles lose their lawsuit over the Apple name for music sales. Jobs reportedly uses the defeat to negotiate an exclusive deal to sell the Beatles’ catalog online.

13インチの MacBook 発表。ラップトップはインテル移行を完了。

The 13-inch MacBook is released, completing the laptop line’s move to Intel.

アップルとナイキの Nike+iPod キャンペーン。ワイヤレスの iPod 万歩計とスニーカーの組み合わせ。

Apple and Nike collaborate on the Nike+iPod — a wireless iPod pedometer and matching sneakers.

      *      *      *

6月(June

ストックオプションスキャンダルに火がついた。「不正操作」が社内調査でみつかり、Jobs へのオプションも含まれるという簡単な声明。ただし、Jobs はなんら金銭的利益を受けておらず、SEC とも協同しているとアップル。バックデート調査を行なっている会社はほかにも多数。

The stock option scandal grows. A terse statement says an internal probe has uncovered “irregularities,” including a grant to Jobs. But Apple says Jobs didn’t benefit financially and is working with the SEC. Dozens of other companies are conducting their own backdating investigations.

      *      *      *

7月(July

iPod の熱狂はまだ終わらない。7月四半期には 810 万台の iPod を売り上げた。利益は50%増。新しいインテルマックも頑張っている。130 万台で12%増。

The iPod craze is far from over. Customers snap up 8.1 million iPods in the July quarter, boosting profits by a hefty 50 percent. New Intel Macs sales aren’t too shabby, either: 1.3 million Macs are sold, up 12 percent.

      *      *      *

8月(August

デベロッパ会議のキーノートで奇妙なタッグチームが見られた。そのことでガンの後、Jobs の健康に問題があるのではないかという憶測がなされた。Mac OS X の次期主要バージョン Leopard が公式に先行公開(内覧)された。いろんな機能がいっぱい。でも一番期待された、マイクロソフトの Vista を打ち負かす新しいインターフェイスについては触れられなかった。

Jobs gives a weird tag-team keynote at Apple’s annual developers conference, prompting speculation about his health following a cancer scare last year. He gives a preview of Leopard, the next major revision of Mac OS X. There are bells and whistles, but the biggest rumored change — a major UI overhaul to compete with Microsoft’s Vista — is left out.

      *      *      *

9月(September

出荷前の製品についてアップルが公式に触れたのは多分これがで初めてではないか。iTV だ。ワイヤレスのルーターで、これでコンピュータからテレビへビデオを飛ばす。併せて、iTunes による長尺ものの映画も初めて発表。当初まばらな品揃えも、来年は増えることを期待。

For perhaps the first time ever, Jobs gives a public sneak peek at an unannounced Apple product: the iTV — a wireless router for beaming video from a computer to a TV. He also unveils iTunes’ first feature-length movies. The movie shelf is initially bare, but more are expected next year.

      *      *      *

10月(October

ストックオプションスキャンダルの犠牲者がでる。アップルで最高財務責任者を長いあいだ務めた Fred Anderson が刃にかかって取締役会を辞任。声明によれば、Jobs は不正操作を知ってはいたがその重要性については知らなかった、と。これは戦略的「正式謝罪」だ。おかげですり抜けられた・・・いまのところは。

The stock options scandal claims a victim. Fred Anderson, Apple’s long-time chief financial officer, falls on his sword and resigns from Apple’s board. A statement says Jobs knew of irregularities but not their import. It’s a strategic mea culpa that’s allowed him to skate — so far.

      *      *      *

11月(November

iPhone マニアが全国を席巻。iPhone がにならなかった週はない。特許情報と希望的観測がこれに火を注いだ。

IPhone mania grips the nation. There’s nary a week when the iPhone isn’t a major story. The speculation is fueled by patent filings and a lot of wishful thinking.

アップルの株価は93ドルの最高値。

Apple’s stock reaches a new high at $93.

      *      *      *

12月(December

アップルが公式には一切認めないにも拘らず、iPhone は当然確実な話となった。アナリストたちは iPhone に関する投資アドバイスを始めた。

The iPhone becomes a slam dunk, even if Apple has never officially admitted it’s working on it. Wall Street starts issuing iPhone investor advisories.

Jobs 自身もいっているように、「将来に目を向けると、2007 年はアップルの歴史上でも最もエキサイティングな新製品をだす年になりそうだ。」

But as Jobs himself says: “Looking forward, 2007 is likely to be one of the most exciting new product years in Apple’s history.”

      *      *      *

とても簡潔に 2006 年を締めくくっている。[ハイエンドの Mac Pro は抜けているけれど・・・]

こうしてみると、2006 年という年は、アップルの歴史においても希有な年だったことが分かる。

新しい年への期待がますます膨らむ。

それでは皆さま、良いお年を・・・

Technorati Tags: , ,

(more…)

2006年 12月 27日

アップル新製品のなまえ

Filed under: アップル,ウェブログ — shiro @ 23:31

Itv-7

噂にのぼっているアップルの新製品の名前について、Macworld の Jason Snell がおもしろい記事を書いている。

Macworld:”iPhone, iTV, and household names” by Jason Snell:12月26日

      *      *      *

アップルの二つの新製品

名前とはいったい何だろう。製品にまだ名前がついていないときには、とても大きな意味を持つ。いずれ登場する二つのアップル製品について、数え切れないほどの会話を先週交した。ひとつは既に発表されたもの、もうひとつは盛んに噂されているものだ。正直言って、この二つの製品について噂されている名前は、その本来の姿からはほど遠いように思われる。「真の」名前は、すぐ目の前にあるというのに・・・

What’s in a name? When a product doesn’t actually have one, a whole lot. The past few weeks I’ve had numerous conversations about two forthcoming Apple products — one that’s been announced, another that’s the subject of intense speculation. Honestly, I don’t think the names that have been bandied about for these two products are even close to their true identities. In fact, I think the real names for these products are right here under our noses.

      *      *      *

iTV iPhone

でも、まずこれまでの経緯を振り返っておこう。もうお分かりのように、二つの製品とはアップルの STB(set-top box、セットトップボックス、コード名 iTV)と、盛んに噂されているアップルの携帯端末(インターネット上では iPhone と呼ばれることが多い)のことだ。

But first, some background. As you might have guessed, the two products I’m talking about Apple’s set-top box (code-named iTV), and the much-rumored Apple cell phone (generally called the iPhone on the Internet).

Steve Jobs が iTV の予告をしたとき、 iTV というのはアップル内部での名前であり、「あくまでもコード名であって、最終製品名は発表時にはっきりさせる」と注意するのを忘れなかった。にも拘らず、その後の3か月の様子を見ていると、インターネット上のにぎやかな議論は、iTV を当然のように製品名として使っている。

When Steve Jobs previewed the iTV, he was careful to point out that “iTV” was a name Apple was using internally, but that it was “a product code name. We’ve got to come up with a final name when we introduce it.” And yet in the intervening three months I’ve seen dozens of people hold dramatic Internet debates about the merits of iTV as a product name.

      *      *      *

オオカミ少年

そして二週間前、Gizmodo は iPhone がすぐにも発表されるという先行記事を載せた。そしてまさにその通りに、月曜日になると Linksys が iPhone という名のインターネット電話を発表した。

Then a couple of weeks ago, Gizmodo posted a teasing blog entry claiming that the iPhone was about to be announced. And indeed, like clockwork, the following Monday Linksys announced that it was making an Internet phone called iPhone.

Gizmodo の「オオカミがくるぞ」的記事にはあまり感心しなかったけれど、インターネットのコメントには考えさせられた。Gizmodo に書き込まれたひとつのコメントはつぎのように述べている。「iPhone は VOIP 端末(VOIP handset)で、しかもアップルのものではなかった。これで全体の姿が見えてきた。さあアップルは、自分の携帯電話を何という名前で呼ぶだろうか。こんなことになって Steve Jobs はきっとあまりハッピーじゃないだろう」と。

I’ll admit that I’m not impressed with Gizmodo’s crying wolf on this one, but I was taken aback by the response from Internet commentators about the iPhone name. “So the iPhone is a VOIP handset, and not by Apple. Now, the bigger story presents itself: What will Apple call its cellphone?” said an item posted on Gizmodo. “Steve Jobs probably isn’t too happy about the outcome.”

      *      *      *

がっかり?

ここでハッキリさせておきたい。アップルは一度たりともこんな製品がいずれ登場するといったことはない。iPhone というトレードマークは Cisco が10年以上保有している。率直にいって、なんでもかんでも “i” を付けて呼ぶのは(the whole i-Everything thing)いさかかうんざりだ。それに、アップルが自分の携帯電話を iPhone と呼ぶなんて本気で考えたひとがいるのだろうか。がっかりするのは、あたかも iPhone という名前が本当の製品名であるかのように言い触らしていたひとだけだ。決してそうではなかったのに。

So let me get this straight. Apple has never, ever even admitted that this product might one day exist. Cisco’s owned the trademark on “iPhone” for ten years. And frankly, the whole i-Everything thing is getting a bit tired. So does anyone reasonably think that Apple was truly planning on calling their phone the iPhone? The only people who should be disappointed are the people who have been throwing around the word iPhone as if it were a real product name, which it never was.

      *      *      *

iPod」の持つ意味

製品名が決定的に重要なことは明らかだ。ちゃんとした製品名を自分で付けられなければ、メディアや、一般大衆や、あるいは競争相手が名前をつけることになる。名前というものにはその意味が染み込んでいる。iPod のことを考えてごらん。5年前アップル製のデジタル音楽プレーヤは iPod という名前になると発表されたとき、多くのひとは驚いたものだ。発表のとき Steve Jobs でさえいささかムリしているように見えた。「iMac、iBook・・・それに iPod、あ〜、OK・・・」と。

Obviously, product names are vitally important. And if you don’t come up with a name for your product, one will be assigned for you by the media, or the masses, or your competitors. And names are steeped in meaning. Take the iPod: when Apple announced five years ago that its digital music player was going to be called iPod, many of us raised an eyebrow. Even Steve Jobs seemed to stretch when making his case: “iMac, iBook… iPod.” Uh, okay…

iPod といっても当時はとくに意味があったわけではない。しかし今やまったく違う。iPod とは何かということをみんな知っている。しかもみんな好きなのだ。そのことによって iPod という名前は膨大な価値を持つに至った。この名前が持つ価値はとても大きいので、iPod というトレードマークを盗用しようとすると、アップルは片っ端から(時には荒っぽいやり方で)これを潰すのだ。

iPod might not have meant anything then, but it sure means something now. People know what iPod means, and they like what it means. That gives the iPod name huge value. The name carries so much weight that Apple has (sometimes heavy-handedly) struck back against anyone who as attempted to appropriate the iPod trademark for their own purposes.

      *      *      *

Mac」はどうか

今年発表されたインテルベースのマックについても考えてみよう。今年発表されたマックにはひとつの共通点がある。どれも名前に「Mac」ということばを使っていることだ。90年代のアップルのキャッチフレーズ「Power」はゴミ箱にポイだ。PowerBook と Power Mac よ、サヨウナラ。MacBook と Mac Pro よ、コンニチワ、というわけ。このメッセージはとても簡単だ。アップルのコンピュータは「Mac」というブランド名だということだ。

Now consider the roll-out of Apple’s new Intel-based Macs this year. The new Mac products this year had one thing in common: they all had the word Mac in their names. The Apple buzzword of the ’90s, “power,” was chucked in the bin. Goodbye PowerBook and Power Mac, hello MacBook and Mac Pro. The message here was pretty simple: when you’re thinking of a computer from Apple, the brand is Mac.

      *      *      *

二つのブランド名

アップルの会社組織は二つの部門に別れている。ひとつは音楽製品、もうひとつはコンピュータの部門だ。この二つの部門を明確に区別するため、二つのブランド名が使われている。iPod と Mac だ。

As a company, Apple’s divided itself into two divisions: one for music products, the other for computer products. And the company has two brand names that clearly define those two divisions: iPod and Mac.

それなのに、また新しいブランドネームで混乱させたいとアップルが思ったりするだろうか。

So why in the world would Apple muddy the waters with another brand name?

もちろん、STB や携帯電話はとても重要だからそのために新しいブランドネームが必要だとアップルが考える可能性はある。しかし、私は敢えていいたい。どんな新しいブランドネームを考えたところで、ブランドの認知力という意味では Mac や iPod には遠く及ばない、と。もしアップルがこれまでと全く異なる製品(例えば洗濯機とか殺人ロボットとか)を出すということであれば、新しいブランド名が意味を持つこともありうるかもしれないが。

Yes, it’s possible that Apple thinks its set-top box or phone handset are going to be so huge that they need a fresh brand name all their own. But I’ll go out on a limb and suggest that it’s unlikely that any new Apple product name is going to be able to outdo Mac and iPod for brand recognition. If Apple was introducing a completely new class of product — a washing machine, say, or a killer robot — a new brand might make more sense.

      *      *      *

それぞれのデバイスの本質

もう一度噂をみてみよう。iTV(本当の名前ではない)は Front Row スタイルのインターフェイスを備えたちっちゃな Mac mini みたいに見え、専らホームエンタテインメント環境でデジタルメディアの再生に使われる。また iPhone(これも本当の名前ではない)の方は、分別のあるひとなら iPod と携帯電話が一体化した単一のデバイスになると考えるだろう。

But look at those rumors again. The iTV (not its real name) looks like a tiny Mac mini with its own Front Row-style interface, but it’s dedicated to playing back digital media in a home-entertainment setting. Most reasonable people would speculate that the iPhone (also not its real name) will be an attempt to put iPod and cellular phone features in a single device.

      *      *      *

電話機能を備えた iPod

Iphone-4

私の考えるところ、話はとても簡単だ。もし iPhone なるものが出るとすれば、それはきっと電話機能を備えた iPod になるだろう。iPod ブランドでは iPod、iPod nano、iPod shuffle という三つの製品が既に存在している。それじゃあ、「iPod phone」ではどうだろうか。それとも「iPod nano with phone」か。あるいは「iPod with phone」ではどうか。もしあなたがアップルならば、 iPod という名前の持つ強みと携帯電話の戦略を一緒にしたいと考えないわけはないだろう。それならうなずける。

For me, the story is pretty clear: If there’s an “iPhone,” it’ll almost certainly be an iPod with phone features. The iPod brand already covers three core products: iPod, iPod nano, and iPod shuffle. Why not iPod phone? Or iPod nano with phone? Or iPod with phone? In fact, if you were Apple, why wouldn’t you couple your cellular phone strategy with the power of the iPod name? It only makes sense.

      *      *      *

iTV は?

iTV についてはこれほどすっきりはしない。しかし強いて問われれば、多分同じような考え方をするだろう。iTV とはホームシアター環境のなかで使われる専用の iPod のことではないか。だったら「iPod home」や「iPod theater」、「iPod TV」ではどうか。そうすればみんなに愛され、受け入れられた iPod の力を、新しいデバイスのセールスに向けることができるではないか。

I’m not quite as positive about the iTV, but when pressed I’d probably make the same argument: What is the iTV but a dedicated iPod for your home theater set-up? So why not call it iPod home or iPod theater or iPod TV and use the world’s general love for and acceptance of the iPod to drive sales of your new device?

      *      *      *

Jason Snell はこう考える

iTV や iPhone に代わる名前を必死に探しておられる専門家たちに謹んで申し上げる。「iPod TV」や「iPod phone」を使ってみられては如何でしょうか。きっとよかったとお考えになると思いますが・・・

So if you’re one of those pundits out there desperately searching for new monikers to replace iTV and iPhone, may I humbly suggest that you start flogging iPod TV and iPod phone? You’ll be glad you did.

      *      *      *

Jason Snell の議論はなかなか説得力があるように思える。

ただ、iPhone の方はともかくとして、iTV の方はちょっと・・・という気がしないでもないけれど。

あなたならどんな名前を考えるだろうか。

Technorati Tags: , ,

(more…)

2006年 12月 26日

深く突き刺さるアップルの CM

Filed under: アップル,ウェブログ,映像 — shiro @ 20:27

Getamac Box

テレビコマーシャルも、昔の売らんかなの直裁なものから、消費者の反発を買わないもの、すんなりと見てもらえるものへと変化しているようだ。

ウォールストリートジャーナルが「2006年のベスト(ワースト)コマーシャル」を選んだ。アップルの Get a Mac コマーシャルもベスト入りしているが、その選定理由がおもしろい。とくに最後の一行が効いている。

Post-Gazette:”Best (and worst) ads of ’06” by Suzanne Vranica and Brian Steinberg [Wall Street Journal]:12月22日

      *      *      *

アップルの切れ味(Apple’s Bite

Getamac Network-2

顧客:アップルコンピュータ

Client: Apple Computer Inc.

広告エージェンシー:Omnicom グループの TBWA1/4Chiat1/4Day

Agency: Omnicom Group’s TBWA1/4Chiat1/4Day

内容:テレビやウェブのための一連のコマーシャル。ヒップな若者が演じるアップルの Mac と、お腹のでた間抜けなやつが演じる PC が、マックの特徴について議論する。Mac を演じるのは映画「Accepted」のスター Justin Long で、頭がよく、楽しくて、身近かな存在だ。どんなタイプのひとにも受け入れられ、映画や音楽についてもよく知っている。一方、PC を演じる John Hodgman は、若い人の間では「Daily Show」のコメンテイターで通っている。とてもヒップとはいえず、Mac がいろんな能力を次から次へと披露するたびに驚き、辱められ、困惑する役だ。

Content: A series of ads that played out on TV and the Web show the Apple Mac, represented by a hip-looking young man, debating its features with the PC, represented by a paunchy, nerdy-looking fellow. The Mac-man — played by actor Justin Long, star of the film “Accepted,” is clever, fun and handy — he can communicate with all sorts of different people, and knows how to come up with pictures and music. The PC, played by another actor known to the youth crowd, “Daily Show” commentator John Hodgman, is decidedly less hip, and is always amazed, humbled or befuddled by Mac’s never-ending range of abilities.

反応:ペプシはコカコーラを突つき、ビールのミラーはアンホイザーブッシュをピシャリとやる。しかし、からかうにしてもこちらの方がより洗練され、穏やかで、優しい。アップルのナイフは深く突き刺さる。相手が気付いたときはすでに血が流れ始めているのだ。

Feedback: Pepsi pokes fun at Coke, and Miller Brewing has smacked Anheuser-Busch, but this is razzing of a more sophisticated, and sustained, kind. Apple’s knife cuts deep, but by the time rivals feel it, they have already started to bleed.

      *      *      *

K 2

最後の一行はスゴい。

Get a Mac コマーシャルの持つ毒性はウォールストリートジャーナルのお墨付きというわけだ。

どうやらクリスマスシーズンまでのシリーズは出尽くしたようだが、この後の展開は噂どおりになるのだろうか。Justin Long の出る映画も来年6月には封切りのようだ。

Technorati Tags: , ,

(more…)

2006年 12月 16日

戦略的にみたアップルの弱点

Filed under: ウェブログ — shiro @ 20:36

John Martellaro-1

アップルのビジネス戦略について興味深い分析がある。Mac Observer の John Martellaro だ。

Mac Observer:”Hidden Dimensions – A Review of Apple’s Strategic Weaknesses” by John Martellaro:12月8日

      *      *      *

アップルコミュニティは iPod や iTunes ストア、MacBook の成功、Mac OS X の安全性にすっかり酔ってしまっているので、アップルが抱えている弱点については誰も考えようとしない。そうすることは不愉快ではあるが、現実に目を背けている訳にもいかない。アップルがもっと注意を払うべきだと思われるいくつかの分野についてここで考えてみたい。

The collective Apple community has been so intoxicated by the iPod, the success of the iTunes Store, MacBook sales, and excellent Mac OS X security that no one is reflecting on the areas where Apple is vulnerable. Perhaps it’s unpleasant to think about, but neither do we want to live in a state of denial. So here are some areas where I think Apple should pay more attention.

      *      *      *

1.科学技術計算(High Performance Computing

Hpc

科学技術計算(HPC、High Performance Computing)は困難な仕事だ。そのためには会社内部にきちんとした体制を敷いてテーマ毎に100%注力できる専門家を揃えることが必要だし、科学技術計算分野の顧客とも密接な関係を持つ必要がある。インテルに移行して Xeon ベースの Xserves を出荷するまであと一年という時点でアップルは後方に退いてしまった。現在でも続いているのは生命情報工学や科学仮想化に関する作業グループだけだ。

1. High Performance Computing. HPC is hard work. It requires infrastructure, subject matter experts inside the company who can actually devote 100% of their waking hours to HPC, and it requires deep partnerships with HPC customers. When Apple realized that it would be perhaps a year from the time they announced the Intel transition until Xeon-based Xserves would ship, they pulled back. The best thing Apple has going right now is workgroup computation for bioinformatics and scientific visualization.

この分野でやる気があるのなら、アップルは 64 から 256 の接点をもつ比較的大きなグループに整理すべきだ。アップルはもはや IBM に縛られることはないし、アップルが提供する質の高いハードや OS との統合を顧客はよろこんでいるのだから。要すれば、この分野はカネになるということだ。

Apple could clean up in this area in slightly larger clusters, say 64 to 256 nodes if they put their mind to it. They’re no longer constrained by IBM, and customers love what Apple brings to the table in terms of quality hardware and integration with the OS. Bottom line: there is money to be made.

      *      *      *

2.法人顧客(Enterprise

Xserve-3

Xserve や Mac OS X Server OS という優れたサーバープラットフォームを持っているにも拘らず、法人顧客のための体制がアップル内部にはない。法人マーケットに本気で攻撃をかけるだけのビジネスモデルもなければビジネス用ソフトもない。製品の質が悪いからではない、アップルのイメージのせいなのだ。

2. Enterprise. Despite an excellent server platform in Xserve and Mac OS X Server OS, Apple doesn’t have the infrastructure internally, the business model, or the business software to make a serious assault on the general enterprise market, not because the products are poor but because of the image Apple presents.

例えば、大会社のトップがシステムの環境設定をするとき、「パレンタルコントロール」[注:parental control、子供に見せたくないサイトのチェックなど]なんてオプションが出てくることを本当に望んだりするだろうか。

For example, does a corporate CEO really want to open up his system preferences and be greeted by an option called “Parental Controls”?

Internetcafe

他にも例がある。2005 年にアップルは、プロ向けのカンファレンスで Internet Cafes の提供をやめた。マックがあんなずらりと並んでいてはアップルのブランドが貶(おとし)められるというのがその時の理屈だった。プロの組織とは Internet Cafes などを通じると円滑になるということを、現場のセールスは理解しているが、アップルのトップは理解しなかったのだ。確かにマックは地球上で最高のコンピュータで、ブランドも強力だが、アップルには法人顧客との永続的関係が重要だということを理解しないトップがいる。傲慢とブランドも、実際に企業にコンピュータを売るというときには折れるべきなのだ。

Here’s another example. In 2005, Apple stopped providing Internet Cafes for professional conferences. The argument was that seeing Macs lined up in this fashion dilutes the brand. What Apple corporate missed out on, and what the field sales people understood, was that relationships with professional organizations are greased by these Internet Cafes. While the Mac is the best computer on the planet and the brand is strong, there are Apple senior executives who don’t get the importance of enduring business relationships. There has to come a point where arrogance and branding give way to actually selling computers in the enterprise.

法人顧客は、アップルが大衆電化製品に特化した会社であり、本格的なビジネスソフトを欠いた会社だという考えを拭い去ることができないのだ。その結果、業界の隙間である小企業、生命情報工学、オーディオ・ビデオ製造を相手にする地位に甘んぜざるを得ない。しかしながら、長年にわたる競合他社からの障害物や自分自身のイメージのためアップルが攻勢に出ないので、これらのマーケットに進出したい企業は、自らの分野は保全しつつ、アップルに対しては自由に攻撃できるのだ。

Enterprise customers just can’t get it out of their mind that this is a company without serious business software solutions that is also focused on consumer electronics. As a result, Apple is relegated to and remains satisfied to engage some niche areas like small business, bioinformatics, and audio/video production. But because they’re not on the offensive thanks to longstanding road blocks by the competition and Apple’s own image, companies that covet those particular markets have a free hand to attack Apple while protecting their remaining business segments.

アップルがエンタテインメントにより傾斜するにつれて、これまで企業や、ビジネス、政府などで培(つちか)われたアップルの信頼性が失われる危険がある。これらの顧客は、非常に分別のある、大人のプロフェッショナルとして振る舞おうとするからだ。でもなんの変化も起きそうにない。

As Apple becomes more and more distracted by the entertainment side of computers, they risk losing what credibility they have in the enterprise, business and government, where customers desperately want to act like very sober, grown up professionals. But I don’t expect anything to change.

      *      *      *

3.音楽業界(Music industry

Narnia

音楽業界がアップルにいらいらしているという記事を読むにつけ私は心を痛める。そう、アップルは確かにレコード会社の尻拭いをして助けてやった。携帯音楽革命に火をつけたのも確かにそうだ。C.S. Lewis[”ナルニア国ものがたり”を書いたファンタジー作家]の天使の軍隊の助けを借りても[?]、レコード会社は自分たちの iTunes ストアを実現できなかった。

3. Music industry. I am more and more concerned about the things I am reading about the music industry being annoyed with Apple. Yes, Apple saved the labels’ tushies. Yes, Apple ignited the portable music revolution. Yes, the music labels couldn’t have developed their own iTunes Store if C.S. Lewis returned with a legion of angels.

これらの成功のおかげで、そしてひらめきと努力と革新によって、今後も長期にわたって iPod マニアを保持し続けられるとアップルは信じている。そのことがアップルの目をそらせていると私は考える。もはや悦に入っているときではなく、業界の他のパートナーと協同して共通の目標に向かうべきなのだ。さもないと、あっという間にアップルを壊滅させることがみんなの目標になってしまうかもしれないのだ。

Apple has been enjoying this success and believes that inspiration, perspiration, and innovation will allow them to maintain the iPod mania for a long time. But it’s also, in my view, distracting the company from the idea that the time for gloating is over, and it’s time to start working with the other players in the industry to further everyone’s goals. Otherwise, everyone’s goal will quickly become the eradication of Apple.

以前ほかのコラムでも述べたが、Zune 自体は単なる音楽プレーヤとして設計されたものではない。そうではなくて、マイクロソフトがマーケットに参入する拠点となる戦略的プラットフォームなのだ。ビジネスのやり方を心得ているのはマイクロソフトだけだとひと騒ぎ起こすための切符なのだ。結局のところ、みんながやろうとしているのは音楽を売って儲けることなのだから。

As I mentioned previously in this column, the Zune is not a device designed to stand on its own merits. Instead, it’s a strategic platform that gives Microsoft an entry point into the industry and a ticket to raise havoc with business deals that only Microsoft knows how to do. After all, all the other players want to do is make money selling music.

      *      *      *

4.エンタテインメント業界(Entertainment industry’s plans

Video Ipod-7

ビデオエンタテインメント業界は混乱も大きいが、同時に期待も大きい。新しい配信技術がいろいろ出てきたおかげだ。ハリウッドは、音楽業界がどこで間違えたのか注意深く研究している。それも急速に学習している。全体としてみれば、エンタテインメント業界は一体として動いている。アップルはといえば彼らのクリスマスカードのメーリングリストには入っていないのだ。

4. Entertainment industry’s plans. There is great confusion but also great ambition in the video entertainment industry thanks to all the new methods of delivery. The Hollywood studios have carefully studied where the music industry went wrong, and they’re learning fast. The industry as a whole is working together, and Apple isn’t exactly on their Christmas card list.

コンテンツプロバイダ、通信業者などエンタテインメント業界のみんなは、アップルが音楽ビジネスを牛耳ったように映画ビジネスを牛耳ることがないよう素早く動いている。これまでのところアップルには少しも進展がない。アップルが映画販売を開始できたのは、ディズニーの Robert Iger との親密な関係があったからだ。しかし、ディズニーだってじっと構えている訳ではない。 ABC や Comcast とビデオをオンデマンドで配信する契約をこっそり結んでいるからだ。

All factions in the entertainment industry, the content providers and the carriers, are scurrying to make sure that Apple doesn’t dominate the movie business the way they did the music business. So far, Apple hasn’t made any headway, and it’s only the coziness with Robert Iger at Disney that has allowed Apple to make it’s first foray into selling movies. But Disney hasn’t been standing still either, having overseen an agreement between ABC and Comcast to deliver various video content on demand.

モトローラは、ケーブル会社、Comcast、Time-Warner、Cox などと緊密に提携して、コンピュータではなくテレビに消費者を釘付けにしておくハードやソフトを提供しようとしている。それによってこれからもケーブル料金というキャッシュフローが流入しつづけるように、という訳だ。

Motorola is working very closely with the cable companies, Comcast, Time-Warner, Cox, et al, to deliver hardware and software that will keep their customers glued to the TV set, not the computer, and keep that cable bill cash flow ongoing.

映画会社、ネットワーク、STB(set-top-box)メーカーなど関係者がこぞって、消費者に広い選択肢と実際的な DRM[digital rights management、デジタル権利管理]を提供し、関係者みんなが繁栄できる世紀にする、そんな壮大な努力を重ねているのだと私は考える。このことが背景にあるため、100 ミリの大きなスクリーンを備えた、いわゆる「本格的ビデオ」(”true-video”)iPod の登場が何度となく延期されているのかもしれないのだ。アップルだって、コンテンツに関する広範な合意がなければ、携帯ビデオプラットフォームに多大の努力を投入することはできないのだ。見るところどうも一筋縄ではいかないようだ。

I suspect that it has been this massive effort by all concerned, the studios, the networks, and the set-top-box manufacturers to make sure their customers have wide choice, workable DRM, and that all of them prosper in this new century. That could well be the reason behind the endless delay of the so-called “true-video” iPod with a full 100 mm (diagonal) screen. Apple can’t invest a lot of effort in a portable video platform until they’ve secured broad agreements for content, and those seem to be hard to come by lately.

      *      *      *

5.iPhone をめぐる圧力と干渉(iPhone stress and meddling

Iphone-3

これまでのところ携帯電話業者や通信事業者は、ベストで、使いやすく、最も安全な携帯電話を作るまでには至っていない。しかし全体としてみると、2009 年には10億台の携帯電話を売り上げるだろうと Gartner は予測している。LG Chocolate のテレビコマーシャルを見ると、Verizon はどうやってPRしたらよいかアップルからちゃんと学んでいるようだ。

Lg Chocolate

5. iPhone stress and meddling. The cell phone companies and the carriers aren’t building the greatest, easiest to use, most secure phones one could conceive of, but in aggregate, Gartner says they’re on pace to sell one billion cell phones per year by 2009. Verizon, from the TV ads I’ve seen, has learned some lessons from Apple about how to advertise their LG Chocolate phone.

一方アップルは、携帯電話で最初からでホームランをだそうとしている。だから遅れが生じているのだ。アップルは難問を抱えている。iPhone は Steve が目に入れても痛くないペットプロジェクトだが、同時に損をだすことを嫌うアップルにとって営業的成功も収めなければならない。2006 年だけとってみても、どれだけの設計変更がなされたか想像がつくだろうか。アップルはみんながうっとりするような製品でなければ出荷したくはないのだ。

Meanwhile, Apple is trying to hit a home run on it’s first try with a cell phone, and it’s causing a delay. Apple has a conundrum. The iPhone will have to be both the Apple of Steve’s eye — can you imagine how many engineering changes must have been made in 2006? — and be a commercial success because Apple hates losing money on anything. And hates shipping products that people don’t swoon over.

アメリカ人は携帯電話の経験を積んでいるから、それぞれの iPhone のデザインの得失やうまくいかなかったときの危険性についてアップル内部で大きく割れている可能性がある。突如としてアップルは、映画と携帯電話の二つの事業に同時に参入することとなった。どちらもアップルの未来にとって不可欠なものであり、またトップの全力投入を必要とするものなのだ。

Because Americans have so much experience with cell phones, the iPhone’s design trade-offs and potential risk has probably caused a great deal of distraction within Apple. Suddenly Apple is struggling to enter the movie and cell phone business simultaneously, both are critical to Apple’s future and all this is likely taking up all of the Executive Team’s time.

      *      *      *

結局どういうことか。

What Does it All Mean?

以上述べた課題は、Mac Pro、Xserve、Xserve RAID にとっても、Mac OS X “Leopard” やその開発計画にとっても、さらにまた教育産業、科学技術、法人分野のいずれにとっても決していい結果をもたらさない。もちろん、これらの事業を支えるため、iPod の成功や Get A Mac コマーシャルといったものが同時に必要だというアップルの考えは評価する。

The distractions I’ve cited can’t be good for Mac Pro, Xserve, Xserve RAID, Mac OS X “Leopard”, the developer program, education initiatives, science, or the the enterprise. I will, however, compliment Apple on the recognition that with the success of the iPod, the Get A Mac ads must run simultaneously in order to shore up that side of the business.

そうだとしても、こんなにたくさんの課題に対応するにはアップルの体制がスリムになり過ぎているのではないか。会社全体の構造も、中央集権的に過ぎる意思決定も、継ぎ目で綻(ほころ)びが出始めているのではないか。彼らは現実から目を背けているのだろうか。

Even with that, Apple runs too lean to absorb too many agendas. The structure of the company and the centralized authority must be breaking at the seams. Are they in denial?

      *      *      *

確かにアップルが参入しようとしている分野は、どのひとつをとってみてもこれまでとは違った大変な分野のようだ。

果たしてアップルにそれが出来るのかとは厳しい指摘だ。

噂だけが先行してなかなか登場しない iPhone や “true video” iPod のことに思いを馳せるとき、John Martellaro の指摘には考えさせられるところが多い。

Technorati Tags: , , , ,

(more…)

2006年 12月 15日

だれも書かないお得な話

Filed under: ウェブログ — shiro @ 06:42

Procare Photo-2

だいぶ前の記事だけれど、どうしても紹介しておきたくて・・・

Macworld:”The best deal no one’s talking about” by Peter Cohen:7月31日

      *      *      *

最近のこと、子供たちがアップルストアの Apple Camp で楽しんでいる間、ジーニアスバー(Genius Bar)に長居をする機会があった。そして「ProCare プラン」というパックが大変お買い得だと確信した。それなのにどうして誰もその話をしないのだろうか。

I recently spent some time camping out at the local Apple Store’s Genius Bar while my kids were having fun at Apple Camp, and I’ve decided that Apple’s ProCare plan is a great deal. So how come nobody ever talks about it?

Procarecard

ProCare は、99ドル[日本では 9800 円]の年会費で顧客に高レベルのサービスを提供する。それは、アップルストアに飛び込んできた通りすがりの「いちげんさん」が得るサービスよりずっと高度なものだ。修理やアップルジーニアスとの予約には優先権が与えられる。一週間の範囲内で事前に予約できるし、世界中どこのアップルストアでもサービスが受けられる。年に一度はコンピュータの「年に一度のチューンアップ」もしてもらえる。ジーニアスが診断ソフトを走らせて、最高の状態にしてくれるのだ。また、ProCare のメンバーが新しいマックを買うと、古いコンピュータから新しい方へ、アップルジーニアスがソフトを移してくれる。アップルの「移行アシスタント」を使えば確かにことは簡単だが、それでも誰かがやってくれればそれにこしたことはない。

The $99 per year ProCare plan offers customers a higher level of service than you would receive if you just walked in to the Apple Store off the street. Your repairs and access to Apple Geniuses is prioritized, you can reserve time in advance (up to one week), and the plan is accepted by any Apple Store anywhere in the world. You also get a “yearly tune-up” of your equipment—the Geniuses will run diagnostic software and clean up your equipment to make sure it’s in tip-top shape. And when ProCare members buy a new Mac, Apple Geniuses will migrate their software from the old computer to a new one. (Admittedly, Apple’s Migration Assistant makes it pretty easy, but there’s still something to be said for having someone else do it.)

それだけじゃない。ProCare だとアップルストアのエキスパートから1時間分のプライベートレッスンを受けられる。それも1回だけじゃない。週1回の範囲なら何度でも受けられる。レッスンの内容も、あなたの必要に応じて広い範囲に及ぶ。例えば、Apple Mail を最大限活用するにはどうしたらよいか、Logic で作った作品にパンチを与えるにはどうするか、Final Cut Studio をどう活用するか、Keynote でインパクトのあるプレゼンテーションを作るにはどうしたらよいかなど、なんでもお望み次第だ。

But more than that, ProCare gets you an hour of training with experts at the store—and not just once, either. You can do it as often as once per week. The training can run the gamut, depending on your needs—learning how to get the most out of Apple Mail, for example, figuring out how to add some pizzazz to your latest musical work in Logic, getting more out of Final Cut Studio, or understanding how to create a high-impact presentation with Keynote. It’s really up to you.

考えてもごらん、年額99ドルだよ。プロのアップルコンサルタントにたのめば、時間当たりもっと、もっと高額の単価を支払うことになるのだ。

Think about it: $99 per year. You can pay professional Apple consultants that much, or more, per hour.

もちろん、現在使っているマックのコンサルタントを辞めて、アップルストアの ProCare 契約を結べといっているのではない。コンサルタントには明らかに重要な意味がある。コンサルタントが提供してくれるいろんなサービスは、アップルストアには手の届かないものだ。しかし、自分が買ったマックを最大限活用したいと考えている一般ユーザー(個人であれ、プロであれ)にとって、ProCare より素晴らしいものは考えられない。

Now I’m certainly not suggesting that everyone drop their Mac consultants and run to the Apple Store to sign up for ProCare—obviously there’s an important market for consultants. All kinds of services and help that consultants provide are totally beyond the reach of Apple Stores. But for the average users who are trying to get the most out of their Mac investment, either personally or professionally, it’s hard to think of a better value than signing up for ProCare.

子供たちが Apple Camp にいる間、今週の午前中二回にわたって、アップルストアのスタッフが一ダースほどの ProCare の顧客に助言しているのを見た。ひとりはまっさらの MacBook Pro を買ったお客だったが、彼女のマシンの構造を理解しようとしていた。もうひとりはプロのミュージシャンで、Logic をもっとものにしたいと考えていた。さらにもうひとりは、プロの編集ツールを使いこなす手助けを求めていた。自分の持っている製品に対するサポートを必要としているひともいた。

Over the course of the two mornings my kids were at Apple Camp this week, I saw the staff at the local Apple Store help close to a dozen ProCare customers. One was a brand new MacBook Pro owner who just wanted to understand how her machine worked. Another was a professional musician who wanted to expand her skills with Logic. Another wanted help understanding how to use pro editing tools. Some were just there for tech support on products that they owned.

興味深いことに、これらの ProCare メンバーにとってアップルストアは行きつけの場所のようだった。よく訪れるのでスタッフは彼らの名前を覚えており、店にやってくると誰だか分かるのだ。お互いに顔馴染みの様子が私が尋ねたこの店だけのことなのか、それとも ProCare と因果関係があるのか、あるいはまったくの偶然なのか私には分からない。しかしこれほど密度の濃いパーソナルサービスはとても貴重だ。とくに深刻な問題が生じてピンチにあるときはなおさらだ。スタッフは既にあなたのことを知っている。あなたになにが出来るか見当がついていて、あれこれやって時間をムダにせずに済むのだ。

The interesting thing is that for most of those ProCare customers, the Apple Store is a regular haunt—enough so that the staff knows their names and recognizes them when they come in. Now I can’t say for sure if that familiarity is unique to the store I visited, or whether it’s a matter of cause-and-effect of ProCare, or just entirely coincidental. But that level of personal service can be invaluable, especially in a crunch when you’ve got a serious problem you need solved. The staff already knows you and has an idea of what you’re capable of, and can avoid wasting time going through the motions.

残念なことに、私にとって一番近いアップルストアでも家から車で1時間の距離にある。ProCare のメリットはガソリン代と往復の時間で相殺されてしまう。

Sadly, the closest Apple Store is about an hour’s drive from my house, so the cost benefit of ProCare is offset by the cost of gas and the time it takes to get there and back.

もしアップルが家の近くにアップルストアを開いてくれたらと思うが、当地の「ライフスタイルセンター」(lifestyle centers、小さくて高級なモールのことで、アップルや Williams-Sonoma、Talbots のような小売店が好むもの)の多様化を考えると、可能性は高いと思う。もし近くにできたら、私はすぐさま ProCare カードを買うだろう。

But if Apple opens a store closer to my house—given the proliferation of “lifestyle centers” in this area (that’s the new euphemism for smaller, more upscale malls that Apple and other retailers like Williams-Sonoma and Talbots tend to favor), I’d consider it a distinct possibility—and if one does open near me, I’ll get one of those ProCare cards pronto.

      *      *      *

筆者も ProCare 会員になっているが、自分の都合に併せて相談を予約できるし、なにより親切な対応がとてもうれしい。

手持ちのどのマシンでも、問題が生じたときには相対(あいたい)で相談にのってもらえる。相談に行ったアップルストアでの修理にも応じてもらえる。かかる時間は短いし、なにより修理内容の説明を受けて納得してのことなので安心だ。

ほんとに ProCare のことがあまりニュースにならないのはとても不思議だ。

Technorati Tags: ,

(more…)

2006年 12月 13日

iTunes の売り上げは急落している、か?

Filed under: ウェブログ — shiro @ 21:56

Itunes

ニューヨークタイムズが iPods は iTunes の売り上げに寄与していないという記事を載せた。

Forrester Research の分析を紹介した短い記事だ。

New York Times:”Sales of iPods and iTunes Not Much in Sync” by Alex Mindlin:12月11日

      *      *      *

iPod 1台当たり22曲

確かに両方とも[iTunes も iPod も]成功を収めているが、お互いの関係は必ずしも当初予期されたとおりではないようだ。技術コンサルタント会社 Forrester Research の調べによれば、どの時期をとってみても、iTunes ストアが売り上げた曲の総合計は、iPod が売れた数の総合計の約20倍になっているという。最近では約15億曲の売り上げがあったので、この比率は22対1にまで微増している。この数字はアップルの公式発表から作成された。

Although both [iTunes and iPod sales] are successful, the relationship may not have worked out exactly as expected. At any given point, the cumulative number of songs sold by the iTunes store has generally been about 20 times the cumulative number of iPods sold, according to Forrester Research, the technology consulting firm. That ratio has recently crept up to roughly 22 to 1, as 1.5 billion songs have been sold. The figures were compiled from public statements by Apple.

この数字を見る限り、当初予想したほど iPod が iTunes の売り上げに貢献していないことが分かる。

The numbers suggest that iPods are not driving iTunes sales as much as early supporters may have expected.

Josh Bernoff(Forrester Research の主任アナリスト)はつぎのように述べている。「iPod はじっとしているだけで毎期曲をごまんと売り上げる訳ではない。当初みんな一定数の曲を買うけれど、それで終わってしまうのだ。」

“IPods are not sitting around generating dozens and dozens of transactions every quarter,” said Josh Bernoff, a principal analyst for Forrester Research. “People buy a certain number of songs, and then they stop.”

      *      *      *

ニューヨークタイムズの記事(ひいては Forrester Research の調査)について、直ちに反論が現れた。

ひとつは、数字の扱い方がずさんだという反論だ。

なかでも Carl Howe の議論は実に説得力があるように思える。

Blackfriars’ Marketing:”Do the math: iTunes sales aren’t collapsing” by Carl Howe:12月12日

      *      *      *

オカシイんじゃないか

Forrester の Josh Bernoff の記事や分析を読むのは好きだ。同じデータだから同じ結論に達するという訳では必ずしもないけれど。そこで昨日のニューヨークタイムズの短い記事(iPods は iTunes の売り上げに寄与していない)を読んだとき、Bernoff のいうことを記者が間違って引用したのだと思った。また、今日の The Register の記事(iTunes の売り上げが雪崩を打って減少している – collapsing)を読んだとき、またぞろバカげた議論が蒸し返されている、私が検討した数字も明らかにせねばなるまいと思った。

I always enjoy Forrester’s Josh Bernoff’s writing and analysis, but we often don’t see the same data the same ways. So when I read yesterday’s New York Times quick article claiming that iPods aren’t driving iTunes sales, I decided that they must have misquoted him. When I saw today’s article in The Register claiming that iTunes sales are collapsing, I decided there was enough silliness being repeated over and over that I had to run some numbers myself.

対数グラフでみると

Ipods-Itunes

上に掲げたグラフは、iPod と iTunes の売り上げを対数グラフにプロットしたものだ。高校時代の(そう、ずっと昔のことかもしれないが)数学をちょっとおさらいしておくと、幾何級数的な成長は対数グラフ上では直線になる。次第になだらかになるグラフも、かなりの成長があることを示す。iTunes は過去12か月の間に10億曲を売り上げたのだ。したがって上記の曲線からまず分かることは、iTunes も iPod も売り上げが劇的に増加しているということだ。

The graph above looks at cumulative iPod and iTunes sales on a logarithmic scale. Now to review a little high school math (yes, high school was a long time ago here as well), when you plot things on a logarithmic scale, exponential growth shows up as a straight line. A gradually tailing off curve generally still implies substantial growth — iTunes sold a billion songs just in the past 12 months. So the first takeaway from the above curves should be that both the iTunes and iPod sales are growing dramatically.

iPod 当たりの曲数

つぎに、曲の数と iPod の比率をみてみよう。2003 年12月には 2500 万曲と 200 万台の iPod が売れた。従って比率は 12.5 対1だ。今日ではそれが 23 対1になっている。iPod 1台当たりについて売れた曲の数は、この3年間で実際は増加している。だからグラフの二つの曲線は間が広がっている訳だ。更にいえば、なかにはもう使われなくなった iPod が含まれており(私の第1世代 iPod は未だ健在だがみんなが皆そうだという訳にもいくまい)、また買い替えられた(repeat buyers)ものもある。したがって iPod 1台当たりの曲数は、このグラフに示されるものより実際は大きくなる筈だ。

Secondly, let’s look at the ratio between songs and iPods. in December 2003, iTunes had sold about 25 million songs for 2 million iPods, or a ratio of about 12.5 to 1. Today, that number is more like 23. So songs per iPod have actually grown over three years, and that’s why the curves are getting farther apart. Further, some of those iPods sold now are not operational (although my December 2001 first generation iPod is doing fine, not everyone is so careful or lucky), and some iPods go to repeat buyers. So the actual ratio of songs to iPods is actually higher than this graph would indicate.

数学が分からないひとの議論

結論をいうと、iPod の売れ行きが雪崩を打って減っている(collapsing)と主張するひとは、まったく数学の基礎も分からないひとだということだ。購入曲数の比率は毎月変わる。Forrester のデータもそれを示している。扱っているモノに拘らず iTunes Store はオンライン小売店としては第4位に位置する。一日の売り上げはほぼ 300 万曲にもなる。もちろんこれにはテレビや映画の売り上げはカウントされていない。それぞれが年間に何百万ドルも売り上げているのだ。これを崩壊(collapse)というのなら、そのひとが考える成功とはいったい何なのか。

The bottom line: anyone who claims iPod sales are collapsing can’t do basic math. The rate of song purchases is going to change month-to-month, and Forrester’s data shows that. But the iTunes Store is the fourth largest online retailer of any type and is selling almost three million songs a day. And of course, none of that counts revenues from TV shows or movies either, each of which amount to millions of dollars of revenue per year. If that’s a collapse, I don’t know what these authors consider success.

ここで情報開示。私はアップルの株式を少しだが持っている。

Full disclosure: I do own a small number of Apple shares.

アメリカ人のクレジットカード記録

付記:Josh Bernoff のデータと私のデータは同じだと書いているブログを見かけたので付言しておきたい。そうではない。Josh は私がアクセスできない Forrester 独自のデータも使っている。彼の数字は、アメリカのクレジットカード記録 2000 人分(ヨーロッパやアジアの iTunes ストアについては無視している)からとったものだ。これが iTunes 音楽購買者の全体を代表するといえるかどうか分からない。私の解釈では、二次的に派生した収益[?]の数字はこの数か月で変化したのではないかと思うが、それにしても数字から見る限り iTunes の売り上げが崩壊したとはとてもいえないことは明らかだ。せいぜい成長がやや鈍ったという程度に過ぎない。売り上げ10億曲に達するのに3年近くもかかったこと、10億曲を達成したのがこの12か月だったことを考えると、iTunes における音楽販売は実に堅調であり、年10億ドル以上の収益を生み出しているといえる。

Update: I have seen a few postings referencing this article saying that Josh and I are looking at the same data. We are not; he has access to some proprietary Forrester data that I don’t have access to. And the numbers he has cited are averages from a sample of about 2,000 US credit card records (which, by the way, ignores all the European and Asian iTunes stores), which may or may not be representative of the entire population of iTunes music buyers. My interpretation of his data is that the second derivative of revenue may have changed in the last few months, but as the data clearly shows, that is very very far from iTunes sales collapsing. It simply means that its growth has slowed somewhat. Nonetheless, given that Apple took nearly three years to hit a billion songs sold, and the fact that it sold a billion just in the last twelve months, iTunes music sales remain quite healthy and producing revenues of more than one billion US dollars a year.

クリスマスの爆発的売り上げ

付記2:グラフに少し不連続の部分(2005 年12月)があるのは、昨年のクリスマスでアップルが 1400 万台の iIPod を売り上げたからだ。通常の四半期ではせいぜい 400 万から 800 万台というところだ。今年のクリスマスでは 2000 万台以上を売り上げるだろうと私は予想している。もっともアップルはいつも私の予想を凌駕するけれど。iPod の売り上げが不釣り合いなほど大きくなると、iPod 1台当たりの曲数は小さくなる。更に Josh の数字には、贈答用 iPod やギフトカードが含まれていない。これらのギフトが一番使われるのがいつか考えてごらん。そうだ、まさに今頃なんだ。決して年の初めの9か月の間なんかではない。

Update 2: That little discontinuity in the graph above at December 2005 is because Apple sold 14 million iPods last Christmas, up substantially from its average quarter of only 4-8. This Christmas, I’m predicting Apple will sell 20 million (and Apple always beats my projections). Periods of disproportionate iPod sales drive down the ratio of songs to iPods. Further, Josh’s analysis does note that iPod gifts and gift card usage are not included in his count. Guess when those items are used most often. That’s right, around now, not during the first nine months of the year.

結論:iTunes は実に立派にやっている。

The bottom line: iTunes is doing just fine.

      *      *      *

ニューヨークタイムズの記事については、もうひとつ反論がある。

iTunes の売り上げが減ったというのなら、それは最近の音楽がつまらないからだというのだ。

BusinessWeek:”Why iTunes Sales Are Down: Music Is Bad” by Arik Hesseldahl:12月12日

      *      *      *

最近の音楽はつまらない

あなたはどうか知らないが、私は最近音楽なんてほとんど買っていない。その理由は、1)そんなに音楽を聴いているヒマがないこと、2)最近音楽マーケットの出ている新しい音楽たるやものすごくつまらないからだ。もちろん、これは私の意見にすぎないけれど。

I don’t know about you, but I haven’t been buying much music at all lately. And the reason is that I’m 1) too busy to listen all that much, and secondly, 2) I think that most new music put on the market these days is just abysmally bad. But then again, that’s just my opinion.

音楽会社こそ心配すべきじゃないのかと思う。海賊行為やほかのせいに出来ることではないのではないか。製品の質が問題なのだ。最近好きな曲なんてひとつも名前を挙げられない。

To me its the music companies who should be worried. This doesn’t seem to me to be a problem they can blame on piracy or anything else. The problem is the quality of the product. I can’t name a single current music act that I care about.

以前にもあった

こんなことは前にもあった。1980 年代の初め、音楽業界はカセットテープにお手上げだった。重役たちは議会に陳情して販売されたカラのカセットテープすべてに著作権使用料を課そうとした。海賊行為のためセールスがまさに崖っぷちだと彼らはいった。音楽の大ヒットはもうなくなる、何故なら買うのはひとりだけで、あとはコピーして友だちに配るから、と。

There is precedent for periods like this: In the early 1980s the music industry was all up in arms about the cassette tape. Executives lobbied Congress for the rights to impose a royalty on all blank cassette tapes sold. Their sales were about to fall off a cliff because of piracy, they warned. There would never again be a huge-selling hit because one person would buy it and then copy it to a tape for all their friends.

そんなことにはならなかったとみんな知っている。マイケル・ジャクソンの “Thriller” アルバムがヒットしたのはその年の終わりだった。ブルース・スプリングスティーンの “Born In The USA” もプリンスの “Purple Rain” もみなそうだった。どれもいい曲だった。みんな好きで、何百万枚と買ったのだ。

As we all know, it didn’t happen that way. Michael Jackson’s “Thriller” album hit the market at the end of that year. So did Bruce Springsteen’s “Born In The USA” and Prince’s “Purple Rain.” They were good, people liked them and bought them by the millions.

製品の質が問題

製品がよければ、消費者はカネを払うのだ。さもなきゃ、カネは払わない。もし私がレコード会社の重役だったら、音も同じ、みかけも同じ出し物がずらずら並ぶリストとは縁を切って、真に才能のある、真にユニークな音楽家を求めて必死になるだろう。我々の期待にチャレンジし、演奏もほんとにうまいそんな音楽家を・・・

When the product is good, consumers will pay for it. When its not, they don’t. If I were a record company executive right now, I’d think seriously about cutting loose a long list of sound-alike, look-alike music acts and looking long and hard for truly talented, truly unique musicians who will challenge our ears with music that actually sounds good when its played.

      *      *      *



参考:



iTunes
の急落(Forrester Research

・New York Times:”Sales of iPods and iTunes Not Much in Sync” by Alex Mindlin:12月11日

・The Register:”iTunes sales ‘collapsing’” by Andrew Orlowski:12月11日

・MacNN:”Forrester: iTunes sales plummeting“:12月11日

・TUAW:”NYTimes: 22 Songs Per iPod” by Erica Sadun:12月11日

・Bloomberg:”Apple ITunes Sales Slid in First Half, Forrester Says (Update4)” by Dina Bass:12月12日

・AppleInsider:”Are Apple’s iTunes music sales plummeting?” by Slash Lane:12月12日

・Engadget:”iTunes sales “collapsing,” blanket licensing to succeed?” by Darren Murph:12月12日

・Reuters:”Apple’s iTunes music sales collapses in H1: survey“:12月13日

・SeekingAlpha:”Apple Stock Slips: iTunes Slowdown? iPod Peaking?” by Eric Savitz:12月13日

・PC Pro:”News: Apple denies iTunes sales slump” by Simon Aughton:12月13日

・My Sleepless Nights in the Big Apple:”iTunesの売上、詰まりぎみ?“:12月13日

反論(数学的にみて)

・Infinite Loop:”iPods, iTunes, and iDiots—Forrester says iPods don’t drive iTunes sales” by Mary E. Tyler:12月11日

・Blackfriars’ Marketing:”Do the math: iTunes sales aren’t collapsing” by Carl Howe:12月12日

・SeekingAlpha:”High School Math 101: iTunes Sales Not Collapsing” by Carl Howe:12月12日

・Mac Observer:”Blackfriars’ Marketing Refutes Collapsing iTunes Sales” by John Martellaro:12月12日

反論(音楽がつまらぬ)

・BusinessWeek:”Why iTunes Sales Are Down: Music Is Bad” by Arik Hesseldahl:12月12日

アップルの反論

・TheStreet.com:”Apple Off-Key on iTunes” by Katie Dean:12月12日

・BBC:”Apple denies download sales fall“:12月13日

Technorati Tags: , ,

(more…)

次のページ »