maclalalaweblog

2006年 8月 13日

ひとつの時代の終わり、新しい時代の始まり:Ars Technica

Filed under: インテルマック — shiro @ 15:56

Mp Review

さっそく Mac Pro の詳細なレビューが登場した。

Ars Technica:”Mac Pro” by Eric Bangeman:8月10日

レビューを書いたのは Eric Bangeman。先に Mac Pro が搭載するプロセッサは Xeon だと見事的中させた彼だ。

例によって Ars Technica らしく詳細、長文(41 頁)で、全体は8部の構成になっている。

1 – The end of one era, the beginning of another

2 – Exterior

3 – Inside the Mac Pro

4 – PCI Express and other goodies

5 – Architecture

6 – Usage

7 – Benchmarks

8 – Conclusions

導入部分のサブタイトル「ひとつの時代の終わり、新しい時代の始まり」(The end of one era, the beginning of another)が実によく言い得ているように思う。

      *      *      *

PC ではなくワークステーション

いつものように新しいマッキントッシュ PC を手にするのだと思っていたら、そうではなかった。箱には「64 ビットの Quad Xeon 搭載ワークステーション」と書かれていた。そうか、と思った。インテルへの大転換は遂に終わったのだ。自分の持っている、かつては光り輝いていた Power Macintosh G5 も過去のものになってしまったのだ。

I thought I was getting a new Macintosh PC. Instead, the box said “Quad Xeon 64-bit workstation.” It was then that it really hit me—the Big Switch was over and my once shiny Power Macintosh G5 was yesterday’s news.

早かったインテル移行

WWDC で、Xserve のアップデートと同時に、新しい Mac Pro(外見はお馴染みのデザイン)が発表されたことによって、12年にわたってアップル製品を動かしてきた PowerPC の歴史は閉じられた。その移行はとても早かった。Steve Jobs が大勢の前で[インテル移行という]大きな爆弾を落としたのはつい去年のことだった。

The introduction of the new, yet familiar-looking Mac Pro at the Worldwide Developers Conference (along with the updated Xserve) closed the book on the PowerPC’s 12-year run in Apple’s product lineup. And it all happened so fast. Just last year, Steve Jobs stood in front of the gathered masses and dropped the big bombshell.

アップルの当初計画は慎重なものだった。インテルマシン第1号は2006年6月6日までに出す、移行完了は2007年のいずれかの時点ということだった。しかしアップルは当初予定を早め、最初のインテルマックを二つ[iMac Core Duo と MacBook Pro]この1月の Macworld San Francisco で発表した。引き続き Mac mini が3月に、MacBook が5月に発表された。

Apple’s initial timeframe was conservative. The first Intel system would ship by June 6, 2006, with the transition complete sometime in 2007. Instead, Apple was able to accelerate its schedule, unveiling the first two Intel Macs at Macworld San Francisco this past January. The iMac Core Duo and MacBook Pro were joined by the Mac mini in March and the MacBook in May.

その陰にインテルプロセッサの存在

Xeon-1

アップルのインテル移行を容易にした背景にはインテルの新しいプロセッサ Core Duo がある。2006年初頭に入手可能となった Yonah(別名 Core Duo)は、アップル製品のほとんどにうってつけだった。明らかな例外は Xserve と Power Macintosh だった。この二つは 32 ビットより強力なプロセッサを必要としていたが、ありがたいことにインテルのロードマップのおかげで、どんなチップがいつ入手できるのか事前に分かるようになった。ということで、Steve Jobs は WWDC のキーノートで残った製品を発表したのだ。

Making the transition easier for Apple was Intel’s new Core Duo chip. Available at the beginning of 2006, Yonah (aka, Core Duo) was a good fit across much of Apple’s product line, with two notable exceptions: the Xserve and Power Macintosh. Both of those needed something beefier than a 32-bit processor and thanks to Intel’s roadmap, we all knew what it was and when it would be coming. Sure enough, Apple CEO and Chairman Steve Jobs delivered the goods at the WWDC keynote

      *      *      *

長いレビュー記事なので、いつものように結論に飛ぼう。

何をチェックしたか

アップルの最新で最高のマシンをあれこれいじり、つっつき、起動、再起動を重ねながら、このマシンが全ての期待を充たすものかどうかという最大の問題を考えていた。まず、過去のプロデスクトップが持っていたデザイン上の欠陥を正したかどうか。つぎに Mac Pro のパフォーマンスはアップルの最上位機種に相応しいかどうか。

After poking, prodding, booting, and rebooting Apple’s latest and greatest, the big question is whether all the anticipation was worth it. First, did Apple adequately address the flaws of the previous pro desktop design? Second, is the performance of the Mac Pro fitting for a product at the top of Apple’s heap?

ガラリと変わった内部

Side

Mac Pro は Power Macintosh G5 と同じ筐体を用い、外形的にはほんの少ししか変わっていないが、その内部は大きな変化を遂げた。前面にポートが増えたので、機器の取り付け、取り外しが容易になったし、USB 2.0 ポートのおかげでハブの数も少なくてすむことになった。もっとも私は G5 でファックスを受信していたので、モデムがないのは残念だ。

Although the Mac Pro uses the same enclosure as the Power Macintosh G5, Apple has made some small changes on the outside and bigger ones on the inside. More ports in the front means it’s easier to plug and unplug devices, and additional USB 2.0 ports means fewer hubs. I do miss the modem, since I’ve been using my G5 to receive faxes.

内部レイアウトは大成功だ。プロタワーとしてドライブベイを4基備えたことはいい。ただし、7200rpm SATA よりいいものをサポートしてくれたらなおよかったのに。2基目の光学式ドライブのスペースがあることもいい。DVD バーナー、HDD、RAM を追加する作業が簡単で分かりやすくなった。内部のレイアウトはとてもよく考えられているので、どの部分でも容易に達することができる。グラフィックカードのスロットを二倍の大きさにしたことも、ほかの PCIe スロットの邪魔をせずスムーズに作業できるのでいいことだ。

The interior layout is a big win for Apple. Four drive bays is adequate for a pro tower, although support for something little better than 7200rpm SATA would have been nice. It’s also great having room for a second optical drive. Adding a second DVD burner, extra hard drives, and RAM are all very straightforward and simple operations. The layout of the interior is very well done and everything is easy to get to. Putting the graphics card in a double wide slot so that it doesn’t block another PCIe slot is another smooth choice.

惜しむらくはビデオカードが・・・

パフォーマンスがよくなったのはいいニュースだ。だだし、但し書き付きだが。Fully Buffered DIMM(次世代のDRAMモジュール規格)、猛スピードの Xeon 5150、1333MHz の FSB(マザーボードの基本クロック数)、これらのどれをとってもすばらしい。だが、アップルが選択したビデオカードは間違いなくダメだ。フィレミニョンのご馳走に Schlitz の缶ビールが付いてくるようなものだし、カーネギーホールの Oktoberfest でウンパッパバンドが間の抜けた音を出すようなものだ。バランスがとれていない。それどころか折角のすばらしい使用感が損なわれてしまうのだ。BTO オプションで ATI Radeon X1900XT を提供したら最高だったと思う。しかし 2499 ドルの定価から大きなマージンをはじき出そうとアップルが考えれば、その可能性はない。それにしても、GeForce 7600 のいずれかでもよかったのに・・・

In terms of performance, it’s good news—with a caveat. While the fully-buffered memory, the screaming-fast Xeon 5150s, and the 1333MHz FSB are all great, Apple’s video card choice is most definitely not. It’s like having a can of Schlitz with filet mignon, or having an oompah band play Oktoberfest at Carnegie Hall. It doesn’t fit, and it detracts from the overall experience. The ATI Radeon X1900XT offered as a build-to-order option would have been a fantastic choice, but given Apple’s desire for a $2,499 price tag and high margins, that was not an option. Still, one of the GeForce 7600s would have been a more appropriate choice.

ペアの x16 PCIe スロットを準備したこともいい。ただし、目下のところインテルの Xeon チップセットはこれをサポートしていない。たぶんそのうちサポートするだろう。

A pair of x16 PCIe slots would have been nice as well. Unfortunately, Intel doesn’t have a Xeon chipset capable of support that at this point. Perhaps down the road.

もっともその点を除けば、グラフィックやビデオを編集するワークステーションとして Mac Pro はとても立派なマシンだ。主だった「プロ」向けアプリケーションがすべて Universal Binaries になった暁には、 PowerPC 時代のことは記憶の彼方になるだろう。

Despite that, the Mac Pro is a very solid graphics or video editing workstation. When all the major “pro” applications have made the transition to Universal Binaries, the PowerPC years will be little more than a memory.

マルチプラットフォームマシン

かつてウインドウズをうまく動かせなかった不具合も修正されたし、これからも改善が続くだろう。Mac Pro は今や立派なマルチプラットフォームマシン(solid multiplatform device)だ。当初搭載されるビデオカードの能力不足から、バリバリのゲーム用マシンにはならないし、X1900XT カードの値段の高さを考えるともっとやすいオプションもいろいろあっていいだろう。とはいえ、たいていの人気ゲームは結構いい感じで動くはずだ。それ以外の、ウインドウズ世界でワークステーション的に使われている用途について言えば、Mac Pro の能力は十分以上に満足できるものだ。

Once the kinks related to running Windows are worked out—and there is no doubt that they will—the Mac Pro will be a solid multiplatform device. The default videocard rules it out as a gaming Hot Rod and the cost of the X1900XT means there are many less-expensive options. However, it’s enough to run many popular games reasonably well. For other workstation-oriented Windows uses, the Mac Pro should be more than sufficient.

で、結論は・・・

9-1

先に Power Macintosh G5 のレビューをしたとき、私が望んだのは、いいビデオカード、PCIe、PCI スロットの数、他の機器を入れられる余裕のあるスペースなどだった。ビデオカードとスロットの数を除くと、アップルはすべての点についてきちんと対応した。私は今でもプロマシンにはいいビデオカードを備えるべきだと考えている。PCIe の空きスロットについては、三つもあれば大抵の用途には十分だろう。グラフィックスカードが貧弱だということは、それだけで1点減点の対象となる。先の Power Macintosh G5 レビュー(8点だった)で指摘したそれ以外の点については、その全てをアップルが解決したことから、掛け値なしに Mac Pro に10点満点中の9点を与える。

At the end of my Power Macintosh G5 review, I laid out a wish list that included a better video card, PCIe, more PCI slots, and room for more drives. Apple has hit every one of them except for the video card and the more slots. I still think a pro machine needs a better video card, but these days, 3 empty PCIe slots should be adequate for most uses. The poor graphics card is worth a point off the score almost by itself; since Apple has addressed all of my other concerns from my Power Macintosh G5 review (which scored an eight), the Mac Pro gets a solid IX.

ひとことでいうと・・・

Pros いい点:

・全体的なスピード増(CPU が二つ、コアが四つ)

・ワット当たりのパフォーマンスすなわち放熱量

・USB 2.0 と Firewire 800 ポートの追加

・動作が静か

・拡張可能性(HDD 4基、光学式ドライブ2基、16GB の RAM)

・拡張が容易

・優れた内部のレイアウト

・必要な回線容量(bandwidth)全てに対応

・必要な OS に全て対応

• Overall speed: two CPUs, four cores

• Performance per watt

• Extra USB 2.0 and Firewire 800 ports

• Quiet operation

• Expandability options: 4 hard drives, 2 optical drives, and 16GB of RAM

• Ease of expandability

• Interior layout

• All the bandwidth you’ll need

• Runs every operating system you’ll ever need

Cons 悪い点:

・ビデオカードが NVIDIA GeForce 7300GT

・バンドルされているソフトがお粗末

・筐体が大きすぎ、重すぎ

・Bluetooth は BTO オプションのみ

• Default NVIDIA GeForce 7300GT video card

• Meager software bundle

• Enclosure is still very large and heavy

• Bluetooth only available as a BTO option

      *      *      *

冒頭と結論だけで、途中をはしょってしまったが、Eric Bangeman のレビューは例によって Ars Technica 流の徹底的したものだ。

残りを訳出する余裕はないが、おもしろかった点をいくつか触れておきたい。

なお、記事の中で使われている写真もなかなかいいが、更に加えて PowerMax の分も使われている。「気になる、記になる…」の大将氏が紹介されているように、内部写真はこれがいいようだ。

PowerMax:”Mac Pro taken apart!“:8月8日

気になる、記になる…:”Mac Proの内部画像“:8月11日

      *      *      *

Mac Pro の外観は変わらない

外部は[Power Macintosh G5 と]殆ど同じだ。いささかガッカリした。Jonathan Ive とインダストリアルデザインの小鬼たちは Power Macintosh G5 が発表されて以来なにをしていたのだろうか。

So the exterior is much the same, which was a minor disappointment to those wondering what Jonathan Ive and his industrial design gnomes have been up to since the Power Macintosh G5 was unveiled…

      *      *      *

簡単なハードィスク換装

Drivebays

ハードィスクの換装はとても簡単だ。装具(carrier)を引っぱり出して、ハードディスクの上に乗せ、四つのネジを締め、Mac Pro に差し込むだけ。最初のドライブ換装は90秒、二つ目は30秒という簡単さだ。非常に簡単で、電源をいれるだけでマウントされる。

Installation is very simple: you pull out the carrier, lay it on top of the hard drive, attach the drive with the four screws already in the carrier, and slide it into the Mac Pro. The first drive took me about 90 seconds to install, and the second about 30 seconds. Very easy, and they both showed up when I powered on the tower.

      *      *      *

非力なグラフィックカード

非常に強力な CPU と非力な GPU の組み合わせは奇妙にみえる。しかし、この Xeon 5150 と GeForce 7300GT という奇妙な組み合わせによって価格が抑えられたのだ。アップルがグラフィックカードで手抜きをしたのは残念だが、アップルのいつものやり方ではある。2年前に Power Mac G5 のレビューを書いたとき、Radeon 9600XT を搭載したことの間違いについて指摘した。その後カードは変わったが、結果は同じだ。大変強力なマシンに、カードだけが非力だ。350 ドル払えば、512MB ATI Radeon X1900XT を載せることができる。

The pairing of an extremely powerful CPU and an underpowered GPU seems an odd one, but the Xeon 5150-GeForce 7300GT odd couple is likely what keeps the price points where they are. It’s unfortunate that Apple chooses to cut corners with the graphics, but at least they are consistent. When I reviewed the Power Mac G5 two years ago, I faulted Apple for including the Radeon 9600XT as the default video card. The card has changed, but the result is the same: a subpar graphics card in an otherwise very-powerful machine. For $350 more, you can configure one with a 512MB ATI Radeon X1900XT.

      *      *      *

優れた FB-DIMM

Ram

ビデオカードと違って、メモリーチップの選択は大変いい。Xeon と fully buffered RAM のコンボだ。Xeon 5100 は DDR2 FB-DIMM を必要とするが、インテルの Core CPU でデューアルコアの構成で使えるのは Xeon だけだ。アップルに限っていえば、選択肢はあまりなかったということになる。

In contrast to the video card, Apple made an excellent choice by going with the Xeon/fully buffered RAM combo. Of course, the Xeon 5100s require DDR2 FB-DIMMs, and the Xeon is the only one of Intel’s Core CPUs that can be run in a dual-CPU configuration, so there was really not a lot of choice on Apple’s part.

とはいえ、Mac Pro で使うには FB-DIMM の方が筋が通っている。FB-DIMM は一般の DDR2 とはまったく内部の配線が異なっており、その結果 DDR2 よりスピード、容量、信頼性の点で優れている。

That said, FB-DIMMs make the most sense in the Mac Pro. FB-DIMMs are wired differently than regular DDR2 and as a result, have more to offer than good old DDR2 when it comes to speed, capacity, and reliability.

      *      *      *

ウインドウズや non-Universal-Binary アプリ、ベンチマーク

Mac Pro を使用するにあたっての大きな問題は、「ウインドウズはうまく走るか」、「Universal-Binary でないアプリケーションがどの程度よく動くか」という二点だ。結論をいってしまえば、両方ともスゴい&スゴいということだ。一旦ウインドウズがインストールされて動くようになると、(いささか変なところはあるが)すごかった。Rosetta のアプリケーションもちゃんとしていた。

The two biggest questions with usage will likely be “how well does Windows run?” and “how well do non-Universal-Binary applications run?” In short, good and good. Once I was able to get Windows installed and running, it was great (albeit odd). Rosetta application performance was also solid…

ということで Parallels Desktop for Mac や Boot Camp を使った結果およびその問題点についても触れている。さらに、つぎの四つのケースでベンチマークが計測されている。

1) Mac OS X Universal Binary benchmarks

2) Mac OS X Rosetta benchmarks

3) cross-platform benchmarks

4) Windows XP benchmarks

ここでは割愛するが、同じセットのアプリケーションが、それぞれ異なるケースでどのようなパフォーマンスを示したか分かるように配慮されている。

      *      *      *

8月7日の Mac Pro 発表からたったの三日でここまで漕ぎ着けるなんて、Eric Bangeman と Ars Technica には敬意を表せざるをえない。

他紙も鋭意 Mac Pro のテスト中だろうと思うけれど、こんなに徹底的にやられちゃ、出鼻をくじかれる思いがするのではないだろうか。

各紙の競争は、マックユーザーにとっては大変うれしいことだが、競争する身になってみるととても大変なことに違いない。

Technorati Tags: , , , ,

(more…)

2006年 8月 11日

Mac Pro を開けると・・・:Macworld

Filed under: インテルマック,映像 — shiro @ 06:23

Macpro Opened

Macworld の編集部が張り切っている。

今回の WWDC から、ポッドキャストだけでなくビデオも加わった。

Jason Snell が Mac Pro を開けている。「ビデオ:Mac Pro を開けると・・・」がそれだ。さすがユーザーの見たいところを心得ている。

Macworld:”Video: Inside the Mac Pro” by Jason Snell:8月9日

      *      *      *

月曜日に Steve Jobs が Mac Pro を発表した。そして Macworld のラボにも到着。目下テスト中だ。

On Monday, Steve Jobs unveiled the Mac Pro. And now our Mac Pro has arrived in the Macworld Lab, and testing is underway.

Mac Pro について疑問があれば、我々の記事「Mac Pro について知るべきこと」を見てほしい。それでも分からないことがあれば、我々あてにメッセージをください。

If you’ve got questions about the Mac Pro, you may find your answers in our Mac Pro: What you need to know story. And if that story doesn’t answer your questions, what are you waiting for? Post them in our message thread.

まだ満足できない? Mac Pro のすばらしいことをもっと知りたいって? よろしい。前回の MacBook バッテリー換装ビデオにならって、90秒のビデオを作成した。出演は小生、Jason Snell。アップル最新のプロマシンを、ぐーっと近くから、さーっと見ていこう。

Not satisfied? Want more Mac Pro goodness? Fine, fine. Inspired by our surprising popular trip beneath the MacBook battery bay, we’ve assembled a 90-second video (starring Yours Truly) that gives you a whirlwind, fly-by tour of some of the interesting sights of Apple’s latest professional desktop.

      *      *      *

YouTube のビデオを直接見たい方はこちらをどうぞ。

YouTube Video:”Inside the Mac Pro“:8月9日

Jason Snell の記事の愛読者としては、Mac Pro の内部だけでなく、彼の勇姿(?)も見れてハッピーだ。

Technorati Tags: , ,

(more…)

2006年 8月 5日

WWDC の噂総まくり:Think Secret

Filed under: インテルマック,OS — shiro @ 13:24

Its True

最近精度が鈍ってきたとはいえ、やっぱり Think Secret の予測を読まないと落ち着かない。

やっと Think Secret の「WWDC の噂総まくり」が出た。

Think Secret:”Pre-WWDC recap: Apple to complete Intel transition“:8月4日

      *      *      *

インテル移行の完了

サンフランシスコで月曜日開催されるWWDC(Worldwide Developers Conference)において、アップルはインテルプロセッサへの移行が完了したことを発表して、他社との競争を一歩リードすることになる。当日は、プロ向けデスクトップシステムの Mac Pro とインテルプロセッサを搭載した初めての Xserve の詳細が明らかにされる。しかしながら、iTunes movie レンタルと新しい iPod nano については、発表を9月に延期することを余儀なくされた。

August 4, 2006 – Apple will one-up the promise it made to developers last year when it announces on Monday that the transition of its systems to Intel processors is complete, following the unveiling of the professional Mac Pro desktop systems and the first Intel-powered Xserves at the Worldwide Developers Conference (WWDC) in San Francisco. But the company will reportedly push back its announcement of iTunes movie rentals and new iPod nanos into September.

      *      *      *

ハイエンドの Mac Pro

新しいインテルチップを搭載することに加えて、ハイエンドの Mac Pro は、以前報告したように新しい筐体を採用することになる。従前の Power Mac G5 とはガラリと異なる筐体になるか、それとも従前との違いが明らかになる程度に少しだけいじったものになるのかまだ分かっていない。アップルの製造工程に通じた情報筋によれば、Mac Pro およびインテル Xserve は3〜4週間で出荷されるという。

Along with an Intel chip, the top-of-the-line Mac Pro is expected to feature a new enclosure, EM>Think Secret has reported, though it’s not known if the case will differ dramatically from that of its predecessor, the Power Mac G5, or whether it will merely exhibit tweaks that are significant enough to differentiate the two systems. Both the Mac Pro and the Intel-based Xserves are expected to carry a shipment lag time of 3-4 weeks, sources familiar with Apple’s manufacturing timetable report.

Xeon だけか、Core 2 Duo もありか

インテル Xserve は、サーバークラスの デューアルコア Xeon プロセッサ(Woodcrest)を採用する。一方 Mac Pro については、全機種が Xeon を採用するか、それともローエンドの機種は新しい Core 2 Duo(Conroe)を採用することになるか、情報筋の意見は別れている。現在のところ Conroe にはマルチプロセッサの構成はない。

The Intel Xserves will feature the server-class dual-core Xeon processor, code-named Woodcrest. Sources remain divided as to whether all models of the Mac Pro will pack the Xeon as well or if lower-end configurations will instead include the new Core 2 Duo desktop chip, code-named Conroe, which is not currently available in multi-processor configurations.

もし後者のケースということになれば、Xserve の方が Mac Pro より先に消費者の手に届くことになる。先に Think Secret が報告したように、Xeon 搭載の Xserve はこの二か月間最終テスト段階にあり、いくつかのアップルの拠点で実際に使われている。

Should the latter be the case, Xserves could arrive in customer hands ahead of the Mac Pro desktops. Xeon-powered Xserves have been in final testing stages for the better part of the last two months, Think Secret has reported, and the new servers have already been deployed at some Apple sites.

Core 2 Duo は間に合うか

Core 2 Duo プロセッサは今のところアップルの手元には十分でない。このことから、MacBook のアップグレード版のような他の Core 2 Duo 搭載マシンを WWDC で発表するかどうか疑問が生じる。発表する可能性がまったくない訳ではないが・・・

Apple has yet to receive substantial quantities of the Core 2 Duo processor, casting doubt upon—but not ruling out—the possibility that Apple will announce other Core 2 Duo-powered products, such as upgraded MacBook Pro configurations, at WWDC.

      *      *      *

新しい Cinema Display

この数か月間情報筋は、アップルが新しい Cinema Display を検討中と報じてきた。現在の23インチと30インチの間を埋めるサイズのモデルやまったく新しい30インチを超えるモデルだ。しかし、いつ発表するのか、最終的にアップルがどうするつもりなのか、情報筋は掴めないでいる。それでも、WWDC で新しいタワー[Mac Pro]が発表されることになれば、当然陳腐化しつつある現行ディスプレーについてもテコ入れが必要だ。古くなったとはいえ、現行のディスプレーラインは、スペックにおいても価格においても他社を大きく引き離しているけれど・・・

Sources have quietly reported for months that Apple has been working on new Cinema Displays, including a model that would slot in between the 23-inch and 30-inch display, as well as an all-new display exceeding 30-inches. Apple’s final plans, including release dates, have eluded sources, but an announcement accompanying new towers at WWDC would provide a needed boost to the company’s aging line of displays whose specifications and prices are solidly outmatched by competitors’ offerings.

      *      *      *

Leopard はどこまできたか

デベロッパにとっての WWDC 最大のニュースは、Mac OS X 10.5 Leopard の初めて公開デモが見れることであり、デベロッパ向けの最新版(developer seed)が入手できるということだ。

For developers, the biggest news at WWDC will be Apple’s first public demonstration of Mac OS X 10.5 Leopard, and, beyond that, the opportunity to pick up the first developer seed of the new operating system.

Leopard の改良点の多くは、64 ビットプロセッサやインテルプロセッサへの最適化のように表からは見えにくい。しかし外部から変化の分かる Finder については大いに強調されるだろう。

Many of Leopard’s improvements will be under the hood, with substantial optimization for 64-bit and Intel processors, but a number of noticeable changes to the Finder will also be highlighted.

情報筋によれば、Leopard の出荷予定は WWDC では明らかにされないだろうという。現在の開発状況では年内出荷はありそうにない。

A release date for Leopard is not expected at WWDC and it appears unlikely that the operating system will ship by the close of 2006, based on its current development status, sources say.

      *      *      *

ムービーレンタルは9月まで遅れる

こんどの WWDC キーノートで Steve Jobs が iTunes Music Store を使ったフル機能の「ムービーレンタル」方式を発表する、と先月 Think Secret は書いた。その中で、映画会社とアップルの新しいレンタルサービス発表予定日が WWDC の期日と一致するからだと業界関係者がいっていたが、その後その発表は数週間延期され、9月になるものと考えられている。

Think Secret reported last month that CEO Steve Jobs would use his WWDC keynote address to announce the debut of full-featuremovie rentals through the iTunes Music Store. While industry insiders said last month that WWDC coincides with dates Apple had planned with movie studios to launch the new service, that announcement has been postponed by a few weeks and is now reportedly scheduled for September.

      *      *      *

iPod nano も9月まで遅れる

当初 WWDC に予定されていた製品でもう少し延期されるものがもうひとつある。第二世代の iPod nano だ。容量が増加し、メタルアロイ製で、カラーもいろいろ、8月発表というのが情報筋のニュースだったが、最新の情報では特別のイベントなしに9月に出荷される見込みという。

Another product originally expected this month will also see its launch date roll back slightly: Apple’s announcement of the second-generation iPod nano, first reported last month. Sources had said that signs pointed to an August announcement for the new new nano—expected to feature increased capacity and multiple colors along with a metal alloy enclosure—but more recent information indicates a quieter roll-out in September.

      *      *      *

…one more thing

最も注目されるアップルイベントの日が近づいていることもあり、Jobs の今年の「one more thing」は何かということについて噂が飛び交っている。発表内容は秘密だし、それに加えて土壇場で発表内容を変えてしまうという Jobs の個人的性癖があるので尚更だ。先のサンフランシスコ Macworld Expo では、発表内容の進行に奇妙なギャップが見られ、インテルのコマーシャルを二度流して間を塞いだのはみんなが見てのとおりだ。

As with the days preceding any high-profile Apple event, rumors are swirling that Jobs has at least one trick up his sleeve for next week’s keynote. The secrecy surrounding the announcement, coupled with Jobs’ habit of personally reshuffling the company’s announcements at the eleventh hour ムas sources say he did prior to Macworld Expo/San Francisco, which featured an oddly-paced gap in announcements that was filled by the second airing of the Intel commercial, noted by many observers.

キーノートは米国西海岸時間の月曜日午前10時からだ。Think Secret もそのニュースをカバーする予定。

The keynote will begin at 10:00am PT on Monday. Think Secret will report news of Apple’s announcements.

Technorati Tags: , , , , , , ,

(more…)

2006年 8月 2日

噂の季節

Filed under: ひと,インテルマック,OS — shiro @ 07:55

Robert Scoble

WWDC が目前に迫ってきたのに、噂系を含めニュースがまだない。その沈黙ぶりは異常なほどだ。みんなが固唾(かたず)を飲んでいる気配が感じられる。

      *      *      *

Robert Scoble のご託宣

どうやらマイクロソフトの表看板だった Robert Scoble  がその沈黙を破る第一号のようだ。Scobleizer がちょっとだけヒントを与えている。

Scobleizer:”McLaws is right on Windows Vista ship date“:7月31日

アップルといえば、眼の眩むような新しい製品(複数)を準備中だ。8月7日の WWDC のときはアップルストアでキャンプできたらいいなと思う。もっと書きたいのだが、きっと Steve Jobs に訴えられるだろうし、今はそんなことにはなりたくない気分だ。

Speaking of Apple, they are readying a dizzying amount of new products. I wish I could camp out at an Apple store during the World Wide Developer Conference on August 7th. I wish I could say more, but that’d get me sued by Steve Jobs and I don’t need that kind of heck right now.

目ざとい TUAW がそれを記事にしているが、Scoble の弟は実際アップルで働いているらしい。だから Jobs に訴えられたくないという訳だ。

TUAW:”Scobleizer hints at “dizzying amount” of new Apple products” by David Chartier:8月1日

      *      *      *

恒例の WWDC 予測

ところで TUAWは、各紙に先立って恒例の WWDC 予測をしている。

TUAW:”WWDC Predictions from TUAW” by Damien Barrett:8月1日

また噂の季節がやってきた。大きなアップルイベントがあるときはいつも、TUAW のブロガーたちはアップル発表の予測をしてきた。正しかったこともあれば、間違っていたこともある。WWDC が一週間に迫ってきたので、霊能力を振り絞ってアップルの発表を予知してみた。

It’s prognostication time again. Before every major Apple Event, TUAW bloggers offer their predictions on what, if anything, Apple will release or announce. Sometimes we’re right; sometimes we’re wrong. With WWDC less than one week away, it’s time to dust off our psychic hats and offer up what we see coming from Apple:

確実と思われるもの:

・Mac mini:1.66 Core Solo/1.86 Core Duo へアップグレード、価格も安くなるかも?

・新しい New Intel Xserves

・新しい Cinema Displays

・Mac Pro

・10.5 のデモ、デベロッパ用ベータディスク、新しい名称(大きいネコ科やあれこれ)

Pretty certain

– Mac minis move to 1.66 Core Solo/1.86 Core Duo (with lower price points?)

– New Intel Xserves

– New Cinema Displays

– Mac Pro

– 10.5 demo, beta disks to developers, new naming scheme (big cats are old)

不確実なもの:

・Core 2 Duo iMacs

・6G iPods? 小さくて安いシャッフル? 大きな容量のナノ? OLED ディスプレー

・新しいハードウェアはすべてインテル化した Nvidia カードを採用、もう ATI はない

Not so certain

– Core 2 Duo iMacs

– 6G iPods? Smaller, cheaper shuffles? Bigger capacity nanos? OLED displays

– New hardware all feature Nvidia cards/Intel integrated, no more ATI

更に加えて、TUAW の面々が知恵を絞って各自の予測を書いている。

Technorati Tags: , , , , , ,

(more…)

2006年 7月 30日

困ったオジサンのおバカなインストール:Parallels

遅ればせながらとうとう Parallels Desktop for Mac をインストールしてしまった。

このスゴいソフトについては何度か紹介したけれど、それでなんとなく自分も分かったように錯覚してしまうところが悪いクセだ。困ったオジサンである。

極め付けは若旦那の記事だった。「あっという間」、「なんなんだ、この簡単さは」ということばににつられた。

若旦那の独り言:”あっという間のParallels“:6月10日

・・・そこまではいい。

困ったオジサンのおバカぶりは、インストールにも発揮される。

推奨インストールとして折角デフォルト(初期設定)でマークされているのに、わざわざそれと違うものを選択したりする。(すぐ後で気付いて後悔するけれど・・・)

自分で紹介した記事すら十分理解していないおバカぶりだ。

・・・で、どうだったか。

いい加減でおバカなインストールなのに、それでもちゃんと動いた。

マックとウインドウズの切り替えも簡単で、ウインドウズがスイスイ動くのを見るのは感動ものだ。Parallels Desktop for Mac は評判どおりスゴい。

*      *      *

インストール環境

・MacBook:一番ローエンドの機種で、メモリーだけ 1 GB に増設

・Windows 2000 Professional:インストールした後で SP4 にアップグレード

・Microsoft Office 2000:これも古いバージョン

・FireFox 1.5:なるべく IE は使いたくないので

・AntiVirus 2006:ウイルスリストを更新するには IE が必須らしい。仕方なく IE 6 にアップデート。ウイルスの数がものすごく、リスト更新に長時間かかるのには仰天

*      *      *

困ったオジサンのアドバイス

いい加減なインストールを反省して、いくつかアドバイスがある。

1)必ず Parallels Tools をインストールすること

Parallels Desktop for Mac だけでは色オチのしたくすんだ画面(dithered 8-bit)だが、Parallels Tools をインストールするとちゃんと奇麗な解像度に戻る。

カラーだけではない。カーソルの動きが滑らかになる。それだけではない。カーソルがバーチャルマシン(VM、ゲスト OS)のウインドウズとホストの Mac OS X の間を自由に行き来できるようになるのだ。

Parallels Tools をインストールするまでは、ウインドウズ内のカーソルは VM の中に閉じ込められて外に出れない。外に出るには[Ctr + Alt]というキーを押してカーソルを解放してやる必要がある。

しかし、Parallels Tools を入れるとカーソルは VM の内外を自由に動き、ウインドウズの中ではウインドウズのカーソル、外ではマックのカーソルに自動的に変化する。これには感激する。

さらに、Parallels Tools を入れると、ウインドウズと Mac OS X が共通のフォルダ(Shared Folder)を利用できるようになる(らしい)。

この Parallels Tools を利用できるのは Windows 3.1 を除く全てのウインドウズだ。それに Solaris、OS/2、eComStation でも利用できるという。ウインドウズ(VM)をインストールしたあとは決して Parallels Tools を忘れないように・・・

2)デフォルト(当初設定)でうまくいく

オジサンはウインドウズのことは何にも分からないが、それでもちゃんとインストールできた。

Parallels Desktop for Mac だろうとウインドウズだろうと、インストールの最中はバカの一つ覚えで OK あるいは Next を押すだけでいい。

3)急がば回れ

おバカなインストールをしたため、ちゃんと出来たか後でチェックするハメになった。(ちゃんと出来てはいたけれど・・・)

Parallels Desktop for Mac については優れたレビューや解説記事が沢山あるので、事前にどれか読んでおかれるよう是非お薦めする。

*      *      *

Parallels Desktop for Mac の解説

結局、つぎの四つを熟読することになった。

Ars TechnicaParallels Desktop 1.0 for Mac OS X” by Dave Girard:7月9日:36 頁

Ars Technica らしい極め付けのレビューだ。長文だけれど、画像も豊富で(41枚)それを見るだけでも楽しい。つぎのような結論で10点満点中9点を与えている。

USB 機器と 3-D アプリケーションを除けば、MacBook へスイッチしようと考えているひとは、このちっちゃなソフトが十分期待に応えてくれることに安心していい。とにかくインターネットはちゃんと動くし、目覚ましいスピードといい、クライアント OS がバーチャルマシンの中で動いていることに気付かないぐらいすごい。Parallels のバーチャルマシンで動かない x86 アーキテクチャの OS を探すとしたら四苦八苦するだろう。

People pondering the switch to a MacBook can rest assured that with the exception of USB device support and hardware accelerated 3-D applications, their needs will be well met by this little workhorse of a program. Between the networking that just works, the impressive speed and the inability of the client operating systems to know they are running within a “virtual machine,” I think you’ll be hard-pressed to find software for any x86 OS that doesn’t work within a Parallels VM.

Virtual PC と Parallels のスピードを比較したマンガがすべてを語っている。

Ars Technica らしく、このソフトをうまく使うためのヒントがいたるところにちりばめられている。

MacDevCenterParallels Desktop for the Mac” by Todd Ogasawara:6月27日:13 頁

このレビューは、つぎのような書き出しで始まる。

まずハッキリさせておこう。Parallels Desktop for the Mac に関するこの解説はひと言で要約できる。スゴい、と。

Let’s get this out of the way first. The short version of this discussion of Parallels Desktop for the Mac can be summed up in a single word: amazing.

O’Reilly Network にこういわせるなんて実にたいしたものだ。

画像(8枚)も豊富だし、YouTube のビデオもついている。

MacworldReview: Parallels Desktop for Mac” by Rob Griffiths:6月30日:8 頁

お馴染みの Rob Griffiths のレビューだ。

Parallels は Unix や Linux だけでなく、ウインドウズのほとんどのバージョンを動かすことができる。したがって、インテルマックでほかの OS を動かす必要があるひと、あるいは動かしたいと思うひとにとっては得難いツールとなる。仕事上ウインドウズが必要だが、しかしほんとはマックや Mac OS X が好きということなら、これぞ両方の世界の一番いいところを提供してくれる。もし Parallels をフルスクリーンモードで使っていれば、みなウインドウズが動いているとしか思わないだろう。その下で、世界で最もすばらしい OS が動いているなんて気付きもしないで・・・

Parallels’ ability to run nearly every version of Windows, along with many versions of Unix and Linux, makes it a valuable tool for anyone using an Intel-based Mac who has a need or desire to work with other operating systems. If your job requires Windows, but you love your Mac and OS X, Parallels will truly give you the best of both worlds. If you put your Parallels session in full screen mode, anyone walking by won’t even be able to tell that under the Windows façade, you’re actually running the world’s greatest operating system.

Parallels“Parallels Desktop for Mac: Quick Start Guide”:34 頁

ダウンロードしたソフトにバンドルされた解説書。ウインドウズ(Guest OS)のインストール以外はほぼ十分だ。

いずれも英語のドキュメントなので気後れする方もいるかもしれないが、画像を見るだけでも十分だ。豊富な画像を見るだけでだいたいのことは分かる。

こんなすばらしい記事や解説がたくさんあるなんて、まさにマックユーザー冥利に尽きる。

*      *      *

うまくいかなかったこと

オジサンが出来なかったことも、是非ふれておかねばならない。

1)印刷ができない

インターネットのアクセスはまったく問題がない。バーチャルマシン(VM、ウインドウズ)の中からどこへでもアクセスできるのはオドロキだ。

ところが印刷となるとそうはいかない。USB 端子で直接プリンターをつないでいるのに、VM の中からは印刷できないのだ。(オジサンの場合、だけれど・・・)

どうやら Parallels Desktop for Mac の弱点は USB 機器との接続にあるらしい。

Parallels の USB ドライバは USB 1.1 しかエミュレートしない。これじゃ何をやるにしてもとても十分とはいえない。これが Parallels Desktop 1.0 のアキレス腱であることはよく知られている。[Ars Technica

The USB driver in Parallels emulates USB 1.1 and is less than a champ for tackling whatever you throw at it. This is the acknowledged Achilles heel of Parallels Desktop 1.0.

2)共通フォルダが作成できない

これがどうもよく分からない。共通フォルダがどこにできたのか、利用するにはどうすればよいのか、オジサンにはよく分からなかった。

この点に関してはドラッグ&ドロップでファイルを移動できた Virtual PC が懐かしい。今後改善が望まれる点だろう。

3)ホットキーがうまくいかない

全画面モード(Full Screen mode)にすると、まるでウインドウズマシンのようになる。

問題は Mac OS X に戻るときだ。

デフォルトでは[Ctr + Alt]というキーコンビネーションが準備されているのだが、どこにも表示されないので忘れ易い。自分が覚え易いショートカット、たとえば[Cmd + Q]などを設定するのもひとつの手だ。

ホットキーの設定は Preferences で簡単にできるのだが、設定したキーを押しても反応が悪い。結局うまくいかなくて、デフォルトに戻してしまった。

*      *      *

付記:なぜウインドウズをインストールしたか

根っからのマック好きとしては、マックですべてが完結すればいいなあと思う。

「しかし、Appleはあくまでも「Mac」に強い拘りを見せて欲しいのです。・・・Windowsへのアプローチにひた走るAppleをMacオンリーで使っているユーザーはどう思っているのでしょうか…」という「Retro@Diary 〜Rev.B〜」の retro_x 氏のコメントには全面的な共感を覚える。

Retro@Diary 〜Rev.B〜:”林檎の向こうは林檎であって欲しい“:7月18日

じゃあ、なぜウインドウズをインストールしたのか。

実は、アメリカのあるサイトにアクセスするのにウインドウズでしかアクセスできないためだ。特別なソフト(ウインドウズ版)も必要だ。

このたったひとつのサイトのために、ウインドウズと縁を切ることができない。

以前は Virtual PC を使っていたのだが、動きの鈍さに辟易(へきえき)した。

結局、ウインドウズマシンを使うハメになった。Mac mini とほぼ同じ大きさのマシンで数年前に買った。

ところがこれも具合が悪くなり、立ち上がらなくなって切羽(せっぱ)詰まっていたところだった。

すべてがマックで完結する世界は、筆者にとってはまだ遠い。

Technorati Tags: , , , ,

2006年 7月 23日

ハイエンドの Mac Pro は Xeon で決まり

Filed under: インテルマック — shiro @ 18:10
Tags: , ,

Xeon

書くとなったら徹底的に書く Ars Technica が Mac Pro の予測をしている。

Ars Technica:”Peering inside the aluminum ball: Woodcrest, Conroe, and the ‘pro’ Macs” by Eric Bangeman:7月16日

インテルのプロセッサを徹底吟味して、ハイエンドのデスクトップマシンがどれを採用するか分析している。噂情報やアナリスト報告の受け売りではなく、自分自身の分析で16ページにも及ぶ。

      *      *      *

新しいタワー時代の幕開け(The dawn of a new tower

WWDC が近づくにつれて、すばらしい Leopard に加えて、Steve Jobs がどんなハードウェアを披露するかという推測が熱を帯びてきている。新しいマシンの内部を予測するのは前よりちょっと易しくなった。というのは、アップルがインテルの CPU を採用したからだ。それにインテルは、そのロードマップの詳細を何か月も(何年もとはいわないが)前に示してくれるからだ。

As we draw ever closer to Macworld Boston the Worldwide Developers Conference, speculation is heating up as to what we’ll see hardware-wise once Steve Jobs has finished unveiling the wonders of Leopard. Reading the entrails of the sacrificial dogcow is a bit easier these days, now that Apple uses Intel CPUs and Intel lays out its processor roadmap months—if not years—in advance.

それを参考にすると、インテルの手持ちのコマを調べれば、アップルが「プロ・コンシューマー:デスクトップ・ポータブル」というマトリックスにそれをどう当てはめるか比較的容易に推測できるように思える。Yonah(Core Duo や Core Solo という名前になったプロセッサ)については簡単だった。このポータブル用の 32 ビットプロセッサは、当然のことに MacBook と MacBook Pro に使われた。ちっちゃな Mac mini は発熱量の少ないプロセッサが必要だったので、これまた当然 Core Duo が最適だった。

With that in mind, it would seem easy to look at what Intel has in store and then extrapolate that to Apple’s pro-consumer/desktop-portable matrix. It was a simple matter with Yonah, the CPU now known as the Core Duo (and Core Solo). It’s a 32-bit CPU targeted at portables, so the MacBook and MacBook Pro were naturals for the Core Duo. The Mac mini is a little guy with the need for a cool-running processor, so again, the Core Duo was a perfect fit.

二つのアプローチ

つぎに出るアップルのプロ仕様デスクトップがどんなものか予測するには二つの方法がある。ひとつは、インテルのプロセッサのラインナップをよく見て、どれをどこで使うのが一番論理的か考えることだ。もうひとつは、これまでアップルが自社のマシンにしてきたことを振り返って、それを新しいマシンに当てはめて考えることだ。

There are a couple of ways to approach the question of what Apple’s upcoming pro desktops might look like. The first is to look at Intel’s CPU lineup and see what fits logically and where. The second is understanding what Apple has done historically with its machines and try and extrapolate that to an all-new architecture.

では、その両方をやってみよう。

Let’s do both.

      *      *      *

まず Ars Technica は、2006年中に入手可能な次の四つのプロセッサについて検討を加える。

・Yonah (Core Solo/Duo)
・Woodcrest (Core Xeon)
・Conroe (Core 2 Duo)
・Merom

インテルのプロセッサについては、Core Duo と名前が変わり、そのバリエーションが目まぐるしく登場するので、どれがどれやら完全に混乱していたところだった。

Ars Technica は大変手際よく解説するので、それぞれの違いが頭にストンとはいる。

インテルプロセッサに興味のある方はぜひ一読をお勧めする。

      *      *      *

インテルのロードマップ

例えばハイエンドの Xeon(Woodcrest)プロセッサについては、つぎのような書き出しだ。

Xeon_logo

名前こそ Xeon だが、Xeon 5100 シリーズは前身の Netburst プロセッサとは全く異なる。それまでの Xeon とは、名前を除くとほとんど共通性がない。Netburst より Core 2 のアーキテクチャをベースに設計されているのだ。

While Woodcrest has carried on the Xeon name, the Xeon 5100 series is quite a different animal from its Netburst predecessor. It shares little more than a name with past Xeons, as it’s built on Intel’s Core 2 architecture rather than Netburst.

Xeon の概要はつぎのとおりだ。

• Introduced June 2006
• 64-bit
• 65nm process
• Dual-core
• 4MB L2 cache shared between the cores
• Socket LMA 771
• Likely to be used in: Xserve, Mac pro desktop

このあと、インテルプロセッサの中での位置付け、最大放熱量(TDP、thermal design power)、フロントサイドバス(FSB)、キャッシュ、ソケットなどについてそれぞれ詳細にみていく。

詳しくは直接読んでいただくとして、他のプロセッサについても簡にして要を得た説明なので、頭にスッキリとはいる。

Mac Pro 搭載の可能性ありとして検討されるのは、以下のプロセッサだ。

Core 2 Duo(Conroe)
Core 2 Extreme(Conroe XE)
Xeon 5160
Xeon 5150
Xeon 5140

      *      *      *

アップルの歴史:アップグレードの可能性はどうか

アップルの全モデルを見渡すと、ここ数年にわたって次第にアップグレードしにくい方向へ向かっていることに気付く。

Looking across Apple’s entire product line, the move has been towards less upgradeability over the past couple of years…

結論的にいえば、アップルは次第にアップグレードしにくい方向にユーザーをもっていこうとしているようにみえる。ほとんどのマックがインテルのアーキテクチャを採用していることを考えるとアップグレードは容易であるべきだ。しかし、Mac mini を Core 2 Duo のプレリリース版でアップグレードしたという話はあるものの、アップルとしては明らかにユーザーがその方向にいかないことを望んでいるようだ。

In short, Apple seems to be interested in steering consumers away from easy-to-upgrade machines. Now that its computers are mostly on Intel’s architecture, upgrading should be easy. There have been reports of Mac minis upgraded with prerelease Core 2 Duo parts. For obvious reasons, Apple would prefer its customers not go that route.

なお、アップグレードついては、インテルの TPM(Trusted Platform Module)や EFI を使って、ユーザーのプロセッサ換装を防ぐ方法についても触れられているが、ここでは割愛する。

      *      *      *

結論:Xeon 5100 シリーズで決まり

で、Ars Technica の結論はつぎのとおりだ。

マックで PowerPC が確実に消滅するまでもうひと月をきってしまったが、Power Macintosh G5 の後継機についてアップルにどんな選択肢があるのか明らかだ。プロセッサは Core 2 Duo、Core 2 Extreme、Xeon 5100 の中から選ぶだろう。筐体についてはデザインし直され、拡張性の高いものになるだろう。そして、ユーザーによる CPU アップグレードの可能性は制限されるようだ。

With less than one month between now and the all-but-certain death of the PowerPC in the Mac, we have a clear idea of what Apple’s options are with the Power Macintosh G5 replacement. The computer maker can choose between the Core 2 Duo, Core 2 Extreme, and the Xeon 5100 series; will give Mac users a redesigned enclosure with greater expandability; and may curtail users’ ability to upgrade CPUs.

CPU に関するアップルの選択肢は明白だと思う。奇妙に聞こえるかもしれないが、Xeon 5100 シリーズがマックにとって最適だ。もしアップルが「クワッド」(Quad 四倍)という名称を残しておきたいと考えるなら、それしかない。デューアル CPU という構成を使うにはインテルではこれしかないので、アップルがデューアル CPU で四つのコアにしようと思うなら、Xeon が唯一の選択肢となる。ベンチマークでみたように、Core 2 Duo は AMD 製のどのプロセッサよりも優れた性能を示す。じゃあ Xeon はどうか。高速 FSB と別メモリーのおかげで Core 2 Duo よりもっと早いのだ。

I think Apple’s CPU choice is clear cut. Strange as it sounds, the Xeon 5100 series is the best fit for the Mac. If Apple wants to keep the Quad name alive, it’s the only option. Dual CPU configurations are not possible with anything else in Intel land, so if Apple wants to offer two CPUs and four cores, Xeon is the only game in town. With the benchmarks we have seen, the Core 2 Duo is a clear winner for Intel, outperforming anything AMD has to offer. The Xeon? With its faster FSB and different memory, it’s even faster than the Core 2 Duo.

ミッドレンジモデルは Xeon Core 2 Duo

Xeon はミッドレンジのコンピュータにも適している。Xeon のロジックボードがたくさん作られれば作られるほどコストも安くなるというものだ。Xeon のクロックスピードは最初は Core 2 Duo よりやや早め、2.0GHz から 3.0GHz にセットされるだろう。これに対して Core 2 Duo の方は当初 1.86GHz、最終的には 2.67GHz になるだろう。Core 2 Extreme は 2.93GHz から提供されるだろうが、値段の方はぐんと高くつくきそうだ。CPU 一個当たり 3.0GHz Xeon 5160 が 851 ドルに対して、Core 2 Extreme は 999 ドルにもなるからだ。

Xeon also makes sense for the midrange box or boxes. The more Xeon logic boards it uses, the lower Apple’s costs will be. The clock speeds on the Xeons will initially be a bit higher than the Core 2 Duos as well, ranging from 2.0GHz to 3.0GHz at launch. In contrast, the Core 2 Duo will start at 1.86GHz and go all the way up to 2.67GHz. The Core 2 Extreme will be available at 2.93GHz, but will be much more expensive at US$999 per CPU vs. US$851 for the 3.0GHz Xeon 5160.

ハイエンドの Xeon はフロントサイドバス(FSB、frontside bus)の点でも有利だ。Xeon が 5130 から 5160 までどれも 1333MHz FSB なのに対して、Core 2 Duo は最大でも 1066MHz だからだ。

The high-end Xeons also have an advantage in the frontside bus department. The Xeon 5130 through 5160 all have a 1333MHz FSB, while the Core 2 Duo maxes out at 1066MHz.

ローエンドモデルは Core 2 Duo

Core 2 Duo はローエンドの Mac Pro でも使われるだろう。Xeon モデルとローエンドの差は CPU とメモリータイプの違いだけになる筈だ。もっともアップルは、ローエンドモデルを Xeon モデルから差別化するため、これ以外にも何らかの方法で機能を損なわせるかもしれない。一番安いモデルで Core 2 Duo を使えば、アップルのコストは下がり、したがってマージンも大きくなるだろう。

We should see the Core 2 Duo in the low-end pro Mac. The CPU and memory type should be the only substantial difference between the low-end Mac and the Xeon models, although Apple might find another way to cripple differentiate a Core 2 Duo model from a Xeon. Using a Core 2 Duo in the least-expensive Mac will also help Apple to keep its costs down (and its margins up).

Core 2 Duo Mac Pro 以外にも使われる

Core 2 Duo を使うのが Mac Pro のどれかひとつのモデルか、あるいは全部かということとは無関係に、Core 2 Duo はプロ仕様のデスクトップに限られなくなるだろう。いずれ iMac でも Core 2 Duo が使われると私はみている。将来のある時点でアップルは Mac OS X の 64 ビットバージョンに移行することになると思われるが、それはとりもなおさず 32 ビットマシンの販売を止めるということだ。思いのほか早い時期にそうなるのではないか。現在 iMac は Core Duo とラップトップのチップセットを使用しているが、Core 2 Duo を搭載すれば必然的にデスクトップのチップセットが必要になる。

Regardless of whether one or all of the pro Macs use the Core 2 Duo, the pro desktops won’t be the only place the Core 2 Duo shows up. I would expect the Core 2 Duo to eventually make its way into the iMac. At some point in the indeterminate future, Apple will likely move to a 64-bit version of Mac OS X, which means it will want to stop selling 32-bit machines sometime, presumably soon. Although the iMac currently uses the Core Duo and a laptop chipset, a move to the Core 2 Duo will necessitate a desktop chipset.

もちろんアップルは私が述べたこととまったく違うことをすることも出来る。しかし、彼らが大きく逸れるとは思えない。私が述べた「Woodcrest – Conroe(Xeon – Core 2 Duo)」というシナリオはいろんなレベルのマックについてうまく適合するように思われる。ともあれ、8月に WWDC が開かれれば分かることだ。そうなれば、アップルのラップトップで Merom が登場するのはいつかということも予測できるようになる。

Naturally, Apple could do something completely different from what I have outlined. But I don’t think they’ll deviate too far. The Woodcrest-Conroe/Xeon-Core 2 Duo scenario makes a lot of sense on a number of different levels. Either way, we will know once WWDC rolls around in August. And then we can begin speculating about when Merom will show up in Apple’s portables.

      *      *      *

筐体は大幅に変わる

なお、Ars Technica は筐体についても大きな変更を予測している。

G5

お馴染みになったブラッシュアルミニュームのタワーを見るのも終わりになるということがほぼ確実になった。現在の Power Mac G5 はエレガントなデザインで PowerPC 970 という灼熱のプロセッサを効率的に冷却するが、プロ仕様のデスクトップとしてベストだという訳ではない。デューアル 2.5GHz G5のレビューを書いたとき、とくにドライブベイが少ない点に失望した。ハードディスク2台、光学式ドライブ1台というのは我慢できないと思った。PC メーカーの Shuttle なら、同じものをもっと小さな筐体に収められるのだから。

It’s all but certain that we will be seeing the end of the now-familiar brushed aluminum tower. Although elegant and quite capable of cooling the torrid PowerPC 970 CPUs, it’s not the best solution for a pro desktop. When I reviewed the dual 2.5GHz G5, I was dismayed in particular by the scarcity of drive bays. Two hard drives and a single optical drive is hard to stomach, especially when PC manufacturers like Shuttle can fit the same into a much smaller enclosure.

Xeon 5100 や Core 2 Duo は現在の PowerPC 970 プロセッサよりずっと放熱量が少ない。したがってアップルは筐体の内部をすっかりデザインし直すことが出来る筈だ。希望としては、Power Mac G4 のように、光学式ドライブベイ2基、ハードディスクベイ4基が欲しい。Power Mac G5 の内部には、PowerPC 970 の上に巨大なヒートシンクとエアダクトないしは液体冷却用の大きなスペースがある。しかし新しい Mac pro ではそんなものはなくなる。それだけは確かだ。

Since the Xeon 5100s and Core 2 Duos will run much cooler than the RISC processors they will be replacing, they should allow Apple to radically redesign the interior of the case. I would hope to see something along the lines of what Apple users became accustomed to in the Power Macintosh G4: two optical drive bays and four hard drive bays. If you look inside a Power Mac G5, you’ll see that the big space hog is the giant heat sink and air duct or liquid cooling over the PowerPC 970 processor(s). You won’t see anything like that in the new Mac pro desktops, that’s for certain.

筐体の外見に関しては、ベージュのプラスチックだけはあり得ないというに止めておこう。

As far as the exterior goes, I’m not making any predictions, other than it won’t be beige plastic.

      *      *      *

Ars Technica の予測がどの程度当たるか分からないが、なかなか説得力があるように思われる。

Technorati Tags: , ,

2006年 7月 15日

Mac Pro は新しいケースを採用するか

Filed under: インテルマック — shiro @ 11:18
Tags: ,

macpro_mockup

ハイエンドインテルマック Mac Pro の筐体は、と違って、現行の Power Mac G5 とあまり変わらないと AppleInsider が伝えている。

AppleInsider:”Apple’s Mac Pro to sport modified Power Mac enclosure” by Kasper Jade:7月14日

      *      *      *

筐体は現行のまま

インテルベースの新しいハイエンドデスクトップ Mac Pro のロジックボードは、現行の Power Mac G5 のロジックボードと形やサイズがよく似ているため、Power Mac G5 の筐体が Mac Pro にも適していると考えられる。(2003年6月の AppleInsider の指摘を参照。 )

The current Power Mac G5 enclosure — first detailed by AppleInsider back in June of 2003 — is believed to be well suited for Apple’s first Intel-based professional desktops due to the similarities in size and shape between the new Mac Pro logic-board and the one presently shipping in the Power Mac G5.

アップルの次世代デスクトップに詳しいひとの話によると、Mac Pro と Power Mac G5 の筐体に関しては表面的な違いが二、三あるだけだという。たとえば新 Mac Pro では二基目の光学式ドライブを収納するスロットが前面に配置されている。

People familiar with plans for the next-generation Apple desktops say there appear to be only a couple of cosmetic differences between the Mac Pro and Power Mac G5 casings, specifically the addition of a second optical disc drive slot on the face of the Mac Pro.

同じくアップルは、最近のウインドウズ PC のデザインに習うかのように、電源を底の部分から上の方に移動させたようだ。

In a move that is somewhat reminiscent of recent Windows PC designs, Apple also appears to have relocated the computer’s power supply from the base of the unit up towards the top, those same people say.

二基目の光学式ドライブはハイデフィニション用か

最初に出荷される Mac Pro では、二基目の光学式ドライブのスロットやベイは空のままになると思われる。ここには、いずれ出現する Blu-ray や HD-DVD のようなハイデフィニション DVD ドライブの基準に合致した高価なドライブを、ユーザーの好みに応じて収納することになるだろう。

The additional optical disc drive slot and bay are likely to ship empty in the first Mac Pros, which will allow users to adopt emerging but pricey high-definition DVD drive standards, such as Blu-ray and HD-DVD, at their discretion.

      *      *      *

未確認のスペックシート

以前の情報によれば、アップルは次期デスクトップにインテルの比較的新しいデューアルコア Xeon 5100(Woodcrest)シリーズのプロセッサを採用し、シングルコアとデューアルコアの構成で提供するという。

Sources previously reported that Apple has chosen Intel’s relatively new dual-core Xeon 5100 (Woodcrest) series of processors to power the next-generation desktops, and that models will be available in both single and dual processor configurations.

その後、Mac Pro に関する未確認のスペックシートが出回っているようだ。それによると、Mac Pro の三つの標準仕様にはインテルの 3.0GHz Xeon 5160 チップは採用されていない。

Since AppleInsider’s report on the subject, an unauthenticated Mac Pro product specifications sheet has been making the rounds, indicating that Apple may forgo inclusion of Intel’s 3.0GHz Xeon 5160 chip in its three Mac Pro standard configurations.

この未確認スペックシートは AppleInsider 以外のマックサイトにも送付されているが、こういうものもあるということで一応載せた。なお、スペックシートによればプロ向けのデスクトップでは、インテル iMac や MacBook Pro と同様に、ATI Technologies のグラフィックチップを採用する方針の戻ったようだ。

The spec sheet, which was sent to several other Mac news sites, is being posted by AppleInsider purely for speculative purposes. Of interest, it suggests that Apple will return to using graphics chips from ATI Technologies within its professional Mac desktops, similar to a move it made with the Intel-based iMac and MacBook Pro.

Technorati Tags: ,

2006年 7月 6日

学校向け iMac をひっそり投入

Filed under: インテルマック — shiro @ 08:15

Edu

アップルが学校向けにインテル iMac の安いモデル(899 ドル、116,000 円)を発表した。でかい図体の CRT モデル eMac に代わるものだ。

ひっそりと投入

深夜にインターネットを見ていたら、このニュースが飛び込んできた。慌ててアップルストアを覗いてみたがよく分からない。

CNET:”Apple makes cheaper iMac for education” by Caroline McCarthy:7月5日

CNET Japan:”アップル、教育市場向けに116000円の17インチiMacを発売“:7月5日[永井美智子翻訳]

もう一度記事に戻ってよく読むと、教育市場限定モデルで、Apple Store for Education でしか買えないのだという。

Edu2

どうやら不意打ちのニュースだが、「899 ドルの教育モデル iMac をひっそりと投入」という Mac Rumor のタイトルがぴったりだ。

Mac Rumors:”Quiet Introduction of $899 iMac Education Model“:7月5日

      *      *      *

現行モデルとの違い

1300 ドルのインテル iMac が 400 ドル安く買えるのだからこれはお買い得だ。

Macworld:”Apple replaces eMac with $899 iMac for education” by Peter Cohen:7月5日

1299 ドルの現行モデルから落とされたものはつぎのとおり。

・Bluetooth 接続

・スーパードライブ[→コンボドライブ]

・ATI グラフィックス[→ Intel GMA 950 グラフィックス]

・160 GB ハードディスク[→ 80 GB]

What’s missing compared to the $1,299 retail model is Bluetooth connectivity, an optical SuperDrive (instead this system features a 24X CD-RW/DVD-ROM “Combo” drive), and ATI-based graphics — this system instead features integrated Intel GMA 950 graphics. The educational iMac also features a smaller hard drive — 80GB, as opposed to 160GB.

      *      *      *

各紙(誌)の反応ぶりがなかなかおもしろい。いくつか拾ってみると・・・

アップルは学校を見放さない:SFGate

SFGate:”Morning Edition: BACK TO SCHOOL“:7月5日

Jobsgraduate

These people are going to love my new iMac…

よく知られているように、学校で一番人気のあるのはアップルだ。しかし最近では、アップルは iPod のような家電製品に重きをおいて、教育市場を二の次にしているのではないかと批判するひとが多かった。

As most of you know, Apple has always been a favorite computer for the classroom. But critics have worried in recent months and years that the company’s new focus on consumer electronics (i.e., iPod) would make schools a second-class customer in Cupertino.

899 ドルというかなりクールな値段で iMac を出したことは、Steve Jobs がまだ教育市場を見放してはいないことの現れだといいたい。かといってマーケットシェアを取り戻せるかどうかは別問題だけれど・・・

I’d say a fairly kick-ass iMac for $899 shows that Steve Jobs hasn’t given up on the classroom. Whether this gets them any marketshare back is another matter.

      *      *      *

ゲルピンの学生向き:TUAW

TUAW:”Apple Introduces $899 Education Configuration for 17-inch iMac“:7月5日

アップルは教育市場にもっと愛情を示す決心をした。学校の寮でいま冷えたラーメンを温め直して朝飯にしている君たちのためにスリムダウンした 17 インチ iMac を発表したのだ。

Apple has decided to show the EDU market even more love and has unveiled a slimmed-down 17-inch iMac for all y’all eating reheated Ramen noodles for breakfast in your dorm room right now.

      *      *      *

これは煙幕だ:Paul Thurrott

Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Apple Introduces $899 Education Configuration for 17-inch iMac“:7月5日

これは煙幕(smoking deal)だ。「普通の」iMac に比べて相当な制限(integrated video、RAM slots は満員、combo drive)があるからだ。でも誰も気にはしない。なかなか頭のいいやり方じゃないか。

Obviously, this is a smoking deal, despite a few serious limitations compared to a “normal” iMac (integrated video, two RAM slots taken up, combo drive). Who cares? This is a smart offering.

      *      *      *

ゲーム中毒には不向きかも:CNET

CNET:”Apple makes cheaper iMac for education” by Caroline McCarthy:7月5日

学校関係者なら普通の 17 インチ iMac を400 ドルも安く買える。ただし、グラフィックカードは弱体で、ハードディスクは半分の容量だ。デジタルメディアや World of Warcraft のようなゲーム中毒の学生にはかなり魅力が落ちる。

Educational customers will be saving $400 off the $1,299 price for a standard 17-inch iMac, but the new machine comes with a weaker graphics card and half the hard drive space, making it potentially less attractive to digital media enthusiasts and “World of Warcraft”-addicted college students.

      *      *      *

参考:

・Apple:”iMac in Education“:7月5日

・アップル:”News Release:アップル、教育市場向けの17インチiMac(価格116,000円)を発表“:7月5日

・CNET:”Apple makes cheaper iMac for education” by Caroline McCarthy:7月5日

・CNET Japan:”アップル、教育市場向けに116000円の17インチiMacを発売“:7月5日[永井美智子翻訳]

・Mac Rumors:”Quiet Introduction of $899 iMac Education Model“:7月5日

・Macworld:”Apple replaces eMac with $899 iMac for education” by Peter Cohen:7月5日

・SFGate:”Morning Edition: BACK TO SCHOOL“:7月5日

・TUAW:”Apple Introduces $899 Education Configuration for 17-inch iMac“:7月5日

・Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Apple Introduces $899 Education Configuration for 17-inch iMac“:7月5日

・BusinessWeek:”Apple unveils $899 educational computer“:7月5日

・Reuters:”Apple to sell education computer for $900“:7月5日

・eWeek:”Apple Targets Educators with iMac“:7月5日

・PC Magazine:”Apple Phases Out, Replaces The eMac“:7月5日

・AppleInsider:”Apple introduces $899 education iMac“:7月5日

・Engadget Japanese:”アップルeMac終了、後継は「教育向けiMac“:7月5日

・Infinite Loop:”Apple unveils new value-packed iMac for .edu” by Jeff Smykil:7月5日

・Playfuls.com:”Apple Unveils $899 Education Configuration for 17-Inch iMac“:7月5日

Technorati Tags: , ,

(more…)

2006年 7月 5日

新しいプロセッサには新しい筐体:Pro Mac

Filed under: インテルマック — shiro @ 00:29
Tags:

promac

WWDC も間近になり、パワーマック後継機の噂も登場しはじめた。新しいPro Mac は新しい筐体を採用すると Think Secret が伝えている。

Think Secret:”New chip, new case for next Pro Mac at WWDC” by Ryan Katz:7月3日

新しい筐体の Power Mac

Power Mac G5 の後継機は来月の WWDC で発表されるが、Think Secret のつかんだところではこのハイエンドマシンは新しい筐体になるという。

When Apple unveils its Power Mac G5 replacement at its Worldwide Developers Conference (WWDC) next month, the top-of-the-line computer will sport a new enclosure, Think Secret has confirmed.

スペックは公表されていないものの、新しい筐体は従来の PowerPC プロセッサのモデルとは大幅に異なり、Core 2 Duo プロセッサを採用した新しいマシンであることがはっきり分かるものになるという。これまでもアップルは新しいプロセッサには新しい筐体を採用してきた。PowerBook G4、iMac G4、Power Mac G5 はいずれもそうだったが、今年一月に Core Duo 搭載の MacBook Pro を発表したときはそれまでの PowerBook G4 のアルミニウムケースを変えなかったので驚いたひともいたほどだ。

While specifics were not disclosed, the new computer’s case is said to be substantially different enough to make the distinction between the new Intel Core 2 Duo-powered system and its PowerPC predecessor easy to spot. While Apple has traditionally matched new processors with new enclosures—as it did with the PowerBook G4, iMac G4, and Power Mac G5—the company surprised some observers when it debuted the Core Duo-equipped MacBook Pro in January clad in the alumnium skin of the last PowerBook G4.

ハイエンドはクワドコアも

新しいマックの品揃えは直近の Power Mac G5 と同じように、ローエンドとミッドレンジではシングルのデューアルコアプロセッサを採用、ハイエンドはデューアルのデューアルコア(すなわちクワドコア)になるといわれている。

Configurations of the new Mac are said to be similar to those of the most recent Power Mac G5, including a single dual-core processor in the low- and mid-range systems, and a dual dual-core (quad core) system at the top end.

MacBook Pro はどうか

一方、情報筋によれば、インテルのモバイル Core 2 Duo プロセッサ採用時には MacBook Pro も新しい筐体になるという。デスクトップの Core 2 Duo(コードネーム Conroe)については今月末発表の予定だが、モバイル版の Merom については秋までは登場しないだろうという。したがって、新しい MacBook Pro は WWDC では登場しないと思われる。ただし、最近出た 2.33GHz Core Duo プロセッサへの変更はありうる。

Meanwhile, sources say that a new enclosure is waiting for the and will be released when that system adopts Intel’s mobile Core 2 Duo processor; while desktop Core 2 Duo, code-named Conroe, is slated for release later this month, the mobile variety, code-named Merom, is not expected until the Fall. Accordingly, new MacBook Pro systems are not expected at WWDC, although a bump at the high-end to the recently announced 2.33GHz Core Duo processor is possible.

インテル Xserve も間近かか

一方、インテルサーバー Xserve については情報筋の意見が分かれている。WWDC 以前に出るというものもいれば、WWDC の場で登場するというものもいる。先週、いくつかの証拠から発表間近だと述べたところだが、すでにアップルではインテルのデューアルコアプロセッサ Xeon(コードネーム Woodcrest)を搭載した Xserve を動かしているとの話もあり、最終テスト段階は終了しているものと考えられる。

Sources remain divided regarding when Apple will announce the new Intel-based Xserve, with some expecting it ahead of WWDC and others at the conference itself. Last week, Think Secret sources citing several pieces of evidence suggested an announcement could arrive very soon. Apple is said to already be employing the new Xserves, which are powered by Intel’s dual-core Xeon processor (code-named Woodcrest), and it is believed that final testing of the systems is wrapping up.

Technorati Tags:

2006年 6月 27日

アップルは Parallels を買収するか

Filed under: インテルマック,ウェブログ — shiro @ 07:34

Buyout

まず、人騒がせなタイトルをつけたことをお詫びする。

しかし MacDailyNews を見たとき、やっぱりそうかと思ってしまったのだ。「アップルが Parallels を買収するにはお小遣いで十分だ。そのうえで、”マックを買おう、一台分のカネで二台のコンピュータが買える” と広告できる。」という記事だ。

MacDailyNews:”Apple could buy Parallels with petty cash and say ‘buy a Mac, get two computers for price of one’”:6月22日

なんとも刺激的なタイトルなので、元の記事をたどってみた。Personal Computer World の記事は「アップル Boot Camp のインサイドストーリー」というものだ。

Personal Computer World:”Feature: Inside Apple Boot Camp” by Cliff Joseph:6月22日

で、問題の箇所はこうだ。

      *      *      *

ヒョウが襲ってきたら・・・

When the Leopard pounces

もちろん全部推測にすぎない。これから出す製品についてアップルの秘密主義は有名だ。

Of course, all this is speculation. Apple is famously secretive when it comes to revealing information about future products.

しかしながら、Boot Camp のベータバージョンを出したということは、マックの未来においてウインドウズがなんらかの役割を果たすということをはっきりと認めたということだ。

However, by releasing this beta version of Boot Camp it has clearly admitted that Windows does play some part in the future of the Mac.

現在の状況を見渡してみて、ひとつの推測をたてることができるように思う。マックのデューアルブートに止まらずアップルはそれ以上のことが出来るのではないか。Windows と Mac OS を並べて同時に動かす例の「仮想化技術」のことだ。OS から他の OS へ、まるでアプリケーションから他のアプリケーションへ切り替えるように簡単にできる。

One bit of speculation making the rounds at the moment is that Apple could go further than just allowing Macs to dual-boot. The favoured option here is ‘virtualisation’ – a technique that would allow you to run Windows and the Mac OS alongside each other at the same time, so you can switch from one to the other as easily as switching from one application to another.

すでに Parallels Workstation というマックの仮想化ソフトが存在して、みんなの注目を集めているところだ。

There’s already a virtualisation program for the Mac called Parallels Workstation, which is attracting a lot of attention right now.

現在アップルにはジャブジャブ現金がある。だから Parallels なんて小遣い銭で買える。そこであ〜ら不思議、マックを買えば、一台分のおカネで二台のコンピュータが買えたことになる。

Apple is swimming in cash at the moment, so it could buy Parallels out of petty cash; and then – hey presto – buy a Mac and you get two computers for the price of one.

この推測のキーポイントは、Mac OS の次期バージョン Leopard(ヒョウ)だ。Leopard は来年始めまでリリースされないが、この夏にはアップルのデベロッパ会議が予定されている。

The key to all this speculation is Leopard – the next version of the Mac OS. Leopard won’t be released until early next year, but Apple is holding its annual developers’ conference during the summer.

例年この会議で、次期 OS の新しい機能をソフトウェアデベロッパに開示するのが慣例だ。

It traditionally uses these conferences to brief software developers on new features that are being planned for the Mac OS.

この数か月で、アップルがウインドウズをどうしようとしているのか少なからぬ手掛かりが得られることを期待しよう。なにが起きるか分からない。あなたが買う次の PC はマックということだってありうるのだから。

Hopefully we’ll get a few clues about Apple’s approach to Windows over the next few months. So who knows – maybe your next PC really will be a Mac after all.

      *      *      *

アップルが Parallels を買収するかもしれないというのはこういうことだった。

「買収」(buyout)ということにちょっと触れたような、触れていないような記事がある。TUAW だ。

TUAW:”Apple’s Windows site mentions Parallels Desktop instead of Boot Camp” by David Chartier:6月17日

Parallels-1

アップルの Get a Mac サイトは、最後を次のように結んでいる。「二つの世界のいいところだけを望むのなら、今こそその時だ。」今ほどこの文言(もんごん)が相応(ふさわ)しい時はないように思う。Get a Mac サイトの「ウインドウズだって動かせる」というページには、アップル自身の Boot Camp の代わりになんと Parallels Desktop が脚光を浴びている。再起動しなくてすむ Parallels Desktop をよしとして Boot Camp を後部座席に追いやったということか。それとも来るべき Mac OS X 10.5 に向けて Parallels とアップルが共同で仮想化の作業中ということだろうか。もしかしたら買収ということもあるかもしれない。あるいはもっとすごい憶測も可能ということだろうか。答えは時をまつほかないけれど・・・

“If you’ve ever wished you could enjoy the best of both worlds, now you can” is a phrase at the bottom of Apple’s Windows section of their Get a Mac site, and I think they mean that phrase now more than ever. I can’t even find Apple’s own Boot Camp mentioned on the ‘you can even run Windows‘ page of Apple’s Get a Mac site – surprisingly, it’s Parallels Desktop that has the spotlight now. Could Apple be giving Boot Camp the back seat in favor of the no-rebooting convenience of Parallels Desktop? Or might Parallels be working with Apple on virtualization (or a buyout) for the upcoming Mac OS X 10.5 Leopard? Is it possible for us to come up with any more wild speculation? Time will only tell.

      *      *      *

アップルの Get a Mac サイトが Parallels Desktop を取り上げたこともあって、揣摩憶測(しまおくそく)が一気に吹き出した感じがある。

Technorati Tags: , , ,

(more…)

« 前のページ次のページ »