maclalalaweblog

2007年 3月 4日

窓を開けっ放しにしないで

worm

仮想化ソフトの目覚ましい進歩で、今やマックでウインドウズが動くのは当然のこととなった。

そのお蔭で、マックも日常的にウインドウズウイルスの脅威に晒されるようになっているらしい。

Rob Griffiths が興味深い記事を書いている。

Macworld:”Don’t leave the Windows open” by Rob Griffiths:2月28日

      *      *      *

私の決心

今から一年ほど前、初めてマックでウインドウズを動かすテストを始めたとき、私はひとつの決心をした。サードパーティ製の市販のアンチウイルスソフト、アンチスパイウェアソフト、アンチマルウェアソフトなどは使うまいと。ウインドウズユーザーが直面している現状の一端を実感したいと思ったのだ。[私のマシンでは]ウインドウズのインストールは OS X とは完全に別個になっているので、ウインドウズからはマックのパーティションが一切見えない。私が考えた最悪のシナリオは、インストールしたウインドウズが汚染されて、その結果ウインドウズのドライブを完全消去しなければならなくなるというものだった。私はこうも考えた。「本当だろうか。みんながいうようにそんなにひどいのだろうか。」それを知るにはこれがいい方法だと思ったのだ。

Back when I first started experimenting with Windows on my Mac (nearly a year ago now), I made a decision: I wasn’t going to install any third-party antivirus, anti-spyware, or anti-malware applications. I wanted to get a real sense for what a Windows user was up against. Given that my Windows installation was completely separate from the OS X installation—Windows couldn’t see the Mac partition at all—I figured the worst case scenario would be an infected Windows installation that required me to wipe the Windows drive clean. I also thought, “Really, can it be as bad as everyone has described?” I figured this was a good way to find out.

      *      *      *

四つのソフト

マックでウインドウズを走らせる方法は、最初に試して以来幾つも出てきた。アップルは Boot Camp を発表したが、これはマックを本格的なウインドウズマシンに変えてしまうものだ。ついで、Parallels Desktop for Mac が最初の仮想化技術として登場した。これによって OS X と平行してウインドウズを走らせることができる。最近になってVMWare’s Fusionパブリックベータも出てきた。これも同じように同時アクセスを可能にする。最後は CodeWeaversCrossOver Mac だ。ウインドウズをインストールしなくても、特定のウインドウズアプリケーションが動く。実に大した芸当だ。この四つのソフトは結局私の2台のメインマシンに常駐することとなった。もっとも私はウインドウズアプリケーションはあまり使わない。Boot Camp で PC ゲームをやるところは何度も見られてしまったけれど。

Since my first experience, more Windows on Mac solutions have emerged. Apple released Boot Camp, which converts your Mac into a full-blown Windows PC. Parallels Desktop for Mac then came out with the first virtualization solution, allowing you to run Windows alongside OS X. Recently, VMWare’s Fusion has entered public beta, providing the same sort of simultaneous access. And finally, CodeWeavers’ CrossOver Mac lets you run some Windows apps without actually installing Windows, which is quite an impressive trick. Over time, all four of these solutions have found homes on my two main Macs. I don’t run Windows apps often, though I have been known to use Boot Camp to play the occasional PC game.

      *      *      *

久しぶりに

先日のこと、久しぶりに Parallels でMac Pro を動かした。バーチャルマシンの設定をいじろうと思ったのだ。このためにはバーチャルマシンのシャットダウンが必要だ。そこでシャットダウンしたところ、幾つかのアップデートを実行中と Windows XP が答えてきた。(オートアップデートにしているので。)アップデートが済み、バーチャルマシンはシャットダウンした。設定を幾つかいじり、その後バーチャルマシンを再起動した。XP が立ち上がったとき、画面につぎのようなダイアログが出てびっくりしたのだ。

The other day, I ran Parallels on my Mac Pro for the first time in a while. I wanted to tweak the virtual machine’s settings, which requires shutting it down. When I did so, Windows XP informed me it was installing a few updates. (I have auto-update enabled.) Eventually, the updates were applied and the virtual machine shut down. I tweaked my settings and restarted the virtual machine. When XP finished booting up, I was very surprised to see this on the screen:

Pwnedxp

      *      *      *

rbot に感染

どうしてなのか、どこでなのか分からないが、私の Windows XP バーチャルマシンはマルウェアの rbot family[W32/Rbot、感染した PC にバックドアを開くトロイの木馬型ワーム]のひとつによって汚染されていたのだ。これは IRC サーバーを経由してターゲットマシンの遠隔コントロールを可能にするので特に悪質だと思われる。決して自分のマシンにはいってほしい代物ではない。でもスクリーンショットを見れば分かるとおり、有り難いことにウインドウズがこれを見つけ、自分で削除した。

Somehow, somewhere, my virtual Windows XP installation had been infected by a member of the rbot family of malicious software. This one seems particularly nasty, as it allows remote control of the target machine via an IRC server. Definitely not something you want hanging around on your machine. Thankfully, as seen in the screenshot, Windows found and removed this hack all by itself.

      *      *      *

一体どこで・・・

正直のところ、自分のマシンがどこで感染したのかまったく見当がつかない。特にこのバーチャルマシンはネットサーフィンやいくつかの Office アプリケーションにしか使っていない。このマシンで一ダース足らずの iPhoto 競合ソフトをダウンロードしたことはある。(原稿執筆のため比較が必要だった。)私がダウンロードしたのは CNet や Tucows のような「安全な」サイトからだけだと「思ってはいる」のだが、ひょっとしたらリンクをあちこち飛び回っているうちに間違えてどこかで感染したファイルをダウンロードしたかもしれない。それとも悪意のウェブページを訪れたか。あるいはネット上で嗅ぎ付けられて遠隔攻撃を受けたか。いやそれもあまりありそうにない。自分のバーチャルマシンでは Windows sharing をオフにしているし、またホームネットワークは NAT[network address translation、ネットワークアドレス変換]を使うルータにぶら下がっているので、外部からは個別のマシンの IP アドレスは分からないようになっている。にも拘らず私のWindows XP はどこかで感染した、それがどこなのかさっぱり見当もつかないのだ。

To be completely honest, I have no idea how my machine got infected. This particular virtual machine hasn’t done much more than surf the net and run some Office applications. I used it to download a dozen or so possible iPhoto competitors (for a comparison piece I was considering writing). I thought I had only downloaded from “safe” sites such as CNet and Tucows, but maybe I accidentally went elsewhere while link hopping and downloaded an infected file (or visited a malicious Web page?). Or maybe the machine was just sniffed out from the net and attacked remotely—but that seems somewhat unlikely. Windows sharing is off in my virtual machine, and my home network sits behind a router that uses network address translation (NAT) to hide the specific machines’ IP addresses from the net. I really don’t have a clue how my Windows XP install was infected, though.

      *      *      *

結論は・・・

この経験から私は何を学んだか。第一に、自分がフルタイムのウインドウズユーザーでないことを感謝した。こんなことを四六時中心配しなくても済むからだ。第二に、私のバーチャルマシンが自己完結的であることに感謝した。どんな悪意のものでも、共有フォルダ上のファイルを削除するなんてことはできないからだ。最後に第三として、バーチャルマシンにインストールすべきアンチスパイウェア/マルウェアソフトの何かいいものを本気で探す必要があると思うようになった。そこらには、私のバーチャルマシンに感染するものが実際に存在すると分かったからだ。自分では何もやっていない筈なのに!

So what I have I learned from this? First, I’m glad I’m not a full-time Windows user, where it seems I really would have to worry about this stuff all the time. Second, I’m very glad that my virtual machine is a completely self-contained unit, so that anything malicious won’t be able to do something like erase the files it finds on a shared folder. Third and last, I guess I’ll need to go find some good anti-spyware/malware program and install it on my virtual machines, as it seems there really are things out there that can infect my machine—seemingly without any action on my part!

      *      *      *

Rob Griffiths のようなプロでもウイルスに感染するのでは、一般シロウトが防戦するのはとてもむずかしそうだ。

マックウイルスについて心配する前に、ウインドウズウイルスを防ぐことを考えるべきだということらしい。(マックでウインドウズを動かす場合の話だが・・・)

Technorati Tags: , , , ,

広告

2007年 2月 18日

アップルがいいといわなければ・・・

rudolphpogue

[Benjamin Rudolph, Parallels & David Pogue, New York Times]

仮想化技術を使えば OS X が普通の PC で動くという話には後日談がある。

どうやら Parallels も VMWare もその発言を取り消して姿勢を後退させたらしい。

Infinite Loop:”Parallels: ‘We won’t virtualize OS X until Apple says so‘” by Jacqui Cheng:2月9日

     *      *      *

尾を引く Fortune の記事

ひと月ほど前、Parallels が実は企業向けソフトメーカー SWSoft の子会社だと分かったとき、それを伝えた Fortune[Forbes?]の記事には、それ以外にもなかなか興味深いことが書かれていた。SWSoft の CEO が、仮想化環境で OS X を動かすのはそれほど難しいことではないと仄(ほの)めかしたのだ。その同じ記事で VMWare も、すいぶん長い間その誘惑に抗(あらが)っていたと述べて、Parallels のコメントを追認している。「彼らが望む方向でやろうとしたのだけれど、今考えてみれば自分たちのやり方で進めればよかったと思う。Steve Jobs がどうする気なのか分からない。というのも、Mac OS をマック以外のマシン(non-Macs)で動かそうとするプレシャーがすごいからだ」と VMWare の CEO Diane Greene は語っている。

When the news came out that Parallels was actually owned by enterprise software maker SWSoft about a month ago, there was a not-so-tiny detail from Forbes [sic] article that drew a lot of interest. That detail was that SWSoft’s CEO hinted that it wouldn’t be difficult to run OS X in a virtualization environment. In the same article, VMWare confirmed the comment, saying that they’ve been resisting temptation to do so for seemingly too long. “We were trying to do it the way they wanted to, but in hindsight we should have just gone ahead. I wonder what Steve Jobs is going to do, because there is so much pressure to run Mac OS on non-Macs,” VMWare’s CEO Diane Greene said.

     *      *      *

でも、Parallels はアップルに従う

ところで、この問題で VMWare が精神的葛藤に陥ったのと違って、Parallels は当分の間、アップルの目からみて善人の役を演じることにやましさを感じないことにしたのだ。この問題について回答を求めたところ、マーケティングマネージャの Ben Rudolph はつぎのように答えた。OS X の EULA[End User License Agreement、使用許諾契約書]により仮想化が禁じられているので、近い将来ユーザーに OS X を仮想化させることは考えていない、と。

Well, Parallels has decided that unlike VMWare’s moral conflict over the issue, they have no qualms over being the good guys (in Apple’s eyes), for the time being. Marketing Manager Ben Rudolph responded to my pleas for an answer on the topic, and said that due to the EULA in OS X that forbids virtualization, Parallels will not be enabling users to virtualize OS X anytime soon.

     *      *      *

模範解答

Rudolph は Ars [Technica] に対して次のように語った。「いくつか理由があるので、アップルがOKを出すまでは、我々としてはこの種の機能を仮想化することはしない。まず第一に、我々は自分たちのユーザーについて心配しているのだ。ユーザーがマシンを乗っ取られたり、訴訟に巻き込まれたりする恐れのある違法な行動を、我々は決してユーザーに勧めはしない。それと同じ理由で、完全なライセンスを取得した、純正の Windows のコピーをバーチャルマシンで使うよう求めている。その方がより安全で、より安定しており、サポートも十分で、かつ完全に合法的なのだ。」

“We won’t enable this kind of functionality until Apple gives their blessing for a few reasons,” Rudolph told Ars. “First, we’re concerned about our users—we are never going to encourage illegal activity that could open our users up to compromised machines or  any sort of legal action. This is the same reason why we always insist on using a fully-licensed, genuine copy of Windows in a virtual machine—it’s safer, more stable, fully supported, and completely legal.”

     *      *      *

アップルの機嫌を損ないたくない

法的な問題を別にしても、Parallels としてはアップルとの関係を損ないたくはない。アップルは得てしてどの会社が気に入っているかということについては気まぐれだからだ。「アップルとはとてもいい関係を保っている。双方に取ってとても貴重なパートナー関係を危険に晒したくはない。」

Legal issues aside, Parallels doesn’t want to strain its relationship with Apple, who can be rather fickle at times about which companies are in its favor. “We have a very good working relationship with Apple, and we don’t want to do anything to jeopardize the great partnership that’s been so valuable to both of us,” he added.

     *      *      *

技術的にはどうか

じゃあ、「決して」[OS X の仮想化は起きない]ということか? 今のところそれが答えのようだ。アップル OS のライセンスにあたっては、アップル以外のマシンで OS を使用することには非常に厳しい(全く出来ない)ということは誰もが知っている。では、技術的に可能かという点についてはどうか。Ben はその点についてもうっかりしゃべったりはしない。「バーチャルマシンで OS X を走らせることも可能でない訳ではない」と彼はいう。お〜お、何たるミステリー!

So, “never,” then? That seems like the answer we’re getting, as it’s no secret that Apple has been very strict on (absolutely not) licensing its operating system for use on anything but Apple hardware. As to whether it’s technically possible or not, Ben’s not spilling the beans. “It may be possible to run OS X in a virtual machine,” he says. Ooooh, the mystery.

     *      *      *

引き続き VMWare も、アップルに恭順の意を示したようだ。

Infinite Loop:”VMWare on (not) virtualizing OS X: ‘Oh yeah, us too.’” by Jacqui Cheng:2月11日

     *      *      *

VMWare もノー

krishnamurti

[Srinivas Krishnamurti, VMWare]

Parallels の話のフォローアップとして、この件に関する VMWare の公式見解を得るため Srinivas Krishnamurti(Director of Product Management and Market Development)に接触することができた。以前同社は、アップルの思惑とは裏腹に、アップル以外のハードウェアのバーチャルマシン上でユーザーが OS X を動かすことを可能にする誘惑に駆られたともとれる言い方をしたが、Krishnamurti はそうではないという。「アップルは今のところ Mac OS X がバーチャルマシンで動くことを許していない。アップルは大切なパートナーであり、VMware としてはアップルの知的財産を尊重する。」

As a followup to that statement from Parallels, I was able to also get in touch with Srinivas Krishnamurti, VMWare’s Director of Product Management and Market Development in order to get VMWare’s official position on the matter. Previously, the company indicated that they might perhaps give into temptation and allow users to run OS X in a virtual machine on non-Apple hardware despite what Apple thinks, but Krishnamurti says that’s not so. “Apple does not currently allow running Mac OS X in a virtual machine,” he said. “Apple is an important partner and VMware respects Apple’s intellectual property.”

よし、ここまではちゃんとフォローしている。

Right, we’re following so far.

Krishnamurti 曰く、「バーチャルマシンで Mac OS X を走らせることについて我々は大変な興味を持っている。いろんなおもしろい使い方に門戸を開くことになるからだ。しかしアップルが使用許諾方針(licensing policy)を変えるまでは、仮想化環境で Mac OS X を走らせることについてあれこれ推測したくはない。」

“We’re very interested in running Mac OS X in a virtual machine because it opens up a ton of interesting use cases, but until Apple changes its licensing policy, we prefer to not speculate about running Mac OS X in a virtualized environment,” Krishnamurti added.

     *      *      *

アップルがいいといわなければ・・・

分かった。これは Parallels がいったのとまったく同じことをもっと間接的に述べたものだと受け取りたい。アップルがいいといわなければ、バーチャルマシンで OS X はなしというわけか?

Right. We’ll take that as a less direct way of saying the exact same thing as what Parallels said. No okay from Apple? No OS X in a virtual machine.

以上から分かったことは何か。VMWare、Parallels の両社とも、多少ソフトが余計売れるからといって、アップルに坐(ま)します神々を怒らせるようなリスクは侵さないということだ。アップルと密接に協同しているいろんなデベロッパ(もちろん Parallels や VMWare のデベロッパではない、念のため)から得たインサイド情報によると、ほんのちょっとした、つまらない問題でアップルの恩顧を失うことになるのはいとも簡単だという。それでも、アップルの高圧的かつ独裁的なバブルカプセルの外側で、すべてを厳しく締め付けられるのに比べれば、アップルと同じ側にいる方がずっとましだという。アップルは Wal-Mart みたいになっちゃったのだろうか。

So what can we take away from all of this? Neither VMWare nor Parallels is willing to risk angering the deities that reside at Apple corporate just for a few extra software sales. Based off of inside reports that I’ve received from various developers who have to work closely with Apple (no one at Parallels or VMWare, just in case you were curious), it can be very easy to fall out of Apple’s favor for even the slightest, most petty of issues. And yet, they say that being on the outside of Apple’s heavy-handed, dictatorial bubble is a much worse fate than being inside—heavy hands and all. What was I saying again about Apple being like Wal-Mart?

     *      *      *

上記の記事は「PC で OS X が動く」といっているのも同然だ。

それを阻んでいるのは技術ではなく、ビジネス上の配慮にあるというわけだ。

インテル移行によって x86 ベースのハードウェアなら如何なる OS にでも仮想化できる状況が現実のものとなっているらしい。仮想化技術とはそれほど強力だいうことか。

iTunes でダウンロードした曲を iPod というハードに縛り付けているのが FairPlay だとすると、OS X をマックというハードに縛り付けているものは何だろう。

ハッカーの目がそちらに向かってもおかしくはない。

Boot Camp や Parallels、VMWare などの登場で一応収まっているかに見える OSx86 ハッキングだが、仮想化という現実がまたもやパンドラの箱を開くのかもしれない。

それにしても、先の Fortune の記事の「既に一部のユーザーは、デルや、HP、その他の PC 上で Mac OS を走らせるのに、現行の VMWare x86 向けデスクトップ製品を使っている」という下りはとても気になる。

Technorati Tags: , , , ,

2007年 1月 29日

OS X は PC でも動く:Parallels と VMware


[Benjamin Rudolph, Parallels]

マックワールドの iPhone のニュースの陰で、仮想化技術をめぐる非常に興味深い話題がある。

Parallels や VMware を使うと、普通の PC で OS X が動くらしいのだ。

CNN:”Windows on the Mac changes everything” by David Kirkpatrick [Fortune]:1月22日

      *      *      *

Parallels Coherence

マック OS とウインドウズの境界がぼやけてきている。それは PC の世界でいずれ起きる重大な変化を予告するものだ。Parallels という名前の小さな会社がマックワールドで賞を勝ち取った。同社のヒット商品の最新版は、二つの OS をマック上で同時に走らせることができる。これは実に飛躍的な進歩なのだ。

NEW YORK (Fortune) — The lines between the Mac OS and Windows are starting to blur. And that portends major changes going forward in the world of PCs. At MacWorld, a little company called Parallels won awards for the latest version of its hit product, which enables you to run both operating systems at the same time on a Macintosh. It’s a major breakthrough.

Parallels の従前のバージョンでも二つの OS を同時に動かすことはできたが、二つの間をスイッチして行ったり来たりする必要があった。しかし2月中旬出荷予定の Parallels の Coherence 製品を使えば、デスクトップに複数のウインドウを開いたまま、いろいろなアプリケーションを普通の場合と同じように走らせることができる。これまでと違うのは、ウインドウズとマックのアプリケーションが動いているウインドウとウインドウの間を、あたかもマックだけ動かしているときのように行き来できる点だ。Parallels は 79 ドルするが、マックユーザーはその他にウインドウズのコピーを買う必要がある。

While the last version of Parallels allowed you to run both operating systems at once, it still required you to switch back and forth between the two. Now, however, Parallels’ Coherence product, which the company says will ship by mid-February, lets you keep multiple windows open on your desktop, just as you normally would, running a variety of applications. Except now you can switch between windows running Windows and Mac applications just as if they were all Mac. (Parallels costs $79, though Mac owners also have to buy a copy of Windows to use it.)

      *      *      *

仮想化技術

これは x86 をベースとしたコンピュータの仮想化(virtualization)と呼ばれる技術の最新の成果だ。仮想化技術とは、コンピュータの性能の一部(ハードの場合も、ソフトの場合もある)を隔離することによって、複数の機能を同時に進行させる一方で、相互干渉するリスクを減らす技術のことだ。

This is the fruit of recent major advances on x86-based computers in the technique called virtualization, a technique for isolating aspects of computing performance – sometimes hardware and sometimes software – so multiple functions can be underway simultaneously, while reducing the risk they will interfere with one another.

      *      *      *

ロシアコネクション

仮想化技術の世界には地殻変動が起きている。Parallels は結局のところ弱小企業なんかではなかった。3年ほど前、大企業の仮想化を専門とする SWsoft に密かに買収されていたのだ。その事実は現在に至るまで明らかにされたことがなかった。

The tectonics of virtualization are shifting. It turns out that Parallels is not such a little company after all. About three years ago it was quietly purchased by an enterprise-focused virtualization company called SWsoft, a fact that has never been publicly disclosed until now.

SWsoft とその子会社 Parallels は、両方ともロシアとアメリカにまたがる活動をしている。 SWsoft の CEO Serguei Beloussov はバージニアを根拠地としているが、モスクワをベースとするプログラマを支配している。SWsoft によって買収されたときは僅か7人だったParallels の従業員は、現在では 100 人を超えている。そのほとんどはロシアの研究開発者だ。

SWsoft and its Parallels subsidiary are both Russian-American operations. SWsoft CEO Serguei Beloussov, based in Virginia, calls the shots for programmers who are based in Moscow. Parallels employed only seven when SWsoft bought it, but today has 100 people, mostly in Russian R&D.

      *      *      *

仮想化の大手 VMware

一方、仮想化技術の雄 VMware も、自らのマック向け製品を着々と準備している。Parallels がやれることの大部分をやることを目的としている。VMware によれば、同製品は夏までには出荷されるという。

Meanwhile, the gorilla of virtualization, VMware, is well along with its own product for the Mac, one that aims to do many of the same things as Parallels. VMware says that product should ship by summer.

      *      *      *

インテル移行

一年前アップルが PC と共通の x86 プロセッサに移行したことで、仮想化技術の門戸は大きく開かれたのだ。アップルの Steve Jobs は自らのソフトウェアを動かすハードウェアに対する支配力を断固として譲らないが、まさにアップルが x86 に移行したことにより彼の支配力は弱まってきているのだ。

When Apple switched a year ago to using the same standard x86 processors that other PC companies use, it opened the door to all this progress on virtualization. Apple CEO Steve Jobs has always been adamant about controlling the hardware on which his software operates, but because of Apple’s switch to x86 his ability to maintain that control is now diminishing.

Parallels も、VMware も、x86 ベースのハードウェアなら如何なる OS にでも仮想化できる。でも、もっぱらマックへの仮想化だけがみんなの興奮を呼んでいる。なぜなら、日常使うには Mac OS が最も易しく、最も楽しいものだからだ。木曜日に Walt Mossberg がウォールストリートジャーナルで触れたのを始めとして、多くの批評家が繰り返しているように、新しいマイクロソフトの Vista は大いに改良されたとはいえ、まだマックには及ばないのだ。

Both Parallels’ and VMware’s products virtualize x86 hardware for any operating system, but the excitement for desktops has been almost entirely about what it means for the Mac. That’s because Mac OS remains the easiest and most enjoyable software to use day in and day out. Microsoft’s new Vista, despite being a major advance, doesn’t really change that, as many reviewers including Walt Mossberg in Thursday’s Wall Street Journal have recently reiterated.

これまで法人ユーザーは Mac OS に移行することが不可能だった。というのも、ウインドウズでしか動かないマイクロソフトの Outlook のようなアプリケーションが必要だったからだ。しかしその問題も解決しつつある。Beloussov によれば、今や Parallels はかなりの数の大企業と移行について話を進めているという。

Until now it hasn’t been possible to for most corporate users to switch to the Mac OS because they needed applications that only ran on Windows, notably Microsoft Outlook. But that problem is melting away. Beloussov says Parallels is now talking to a number of big companies about making the switch.

      *      *      *

PC でも動く

VMware の CEO Diane Greene は先週私につぎのように語った。既に一部のユーザーは、デルや、HP、その他の PC 上で Mac OS を走らせるのに、現行の VMware x86 向けデスクトップ製品を使っている。 ただし、それは VMware にしてみれば本意ではないけれど・・・

VMware’s CEO Diane Greene told me last week that her company’s existing x86 desktop product is already being used by some to run Mac OS on computers from Dell, Hewlett-Packard and others, though this is not intentional on VMware’s part.

SWsoft の Beloussov はいう。この春 Parallels はさらなるアップグレードを行なうが、そのことによってアップル以外のコンピュータで Mac OS を走らせることが、偶然の結果とはいえ容易になるだろう。これは決して意図的なものではない、と Beloussov は強調する。インテルチップに仮想化技術が実装されたことにより、技術の自然な結果としてそうなったのだ、と。

SWsoft’s Beloussov says that this spring, Parallels will upgrade its software further, in a way that by coincidence will make it easier to run Mac OS on a non-Apple computer. He also insists that is not deliberate, but just a consequence of the nature of the technology, especially now that Intel builds virtualization technology into its chips.

      *      *      *

意図的に制限

アップル以外の製品では Mac OS が動かないようにというアップルの要求に配慮して、両社のマック向け製品はどれも意図的に一部の機能を制限している。しかし、圧力が次第に増してきて、アップルや Jobs が抑えるのはますます難しくなってきたように見える。

Both companies’ products specifically aimed at the Mac will remain self-consciously crippled in order to satisfy Apple’s demands that users not be encouraged to put Mac OS on a non-Apple machine. But pressures seem to be building in a way that Apple and Jobs will increasingly have a hard time controlling.

      *      *      *

高まるプレシャー

VMware のマック向け製品が遅れているひとつの理由は、アップルの協力と承認を得るのに非常に手間取ったことにある、と Greene はいう。「彼らが望む方向でやろうとしたのだけれど、今考えてみれば自分たちのやり方で進めればよかったと思う。 Steve Jobs がどうする気なのか分からない。というのも、Mac OS をマック以外のマシンで動かそうとするプレシャーがすごいからだ。技術的にはそうできない理由はないのだから。Jobs は何事も独自のやり方を押し通そうとする。それは彼にとって非常に戦略的なテなのかもしれない。」Beloussov も、彼なりに同意する。

Greene says one reason VMware’s Mac product is delayed is that it was so time-consuming to get Apple’s cooperation and blessing. “We were trying to do it the way they wanted to, but in hindsight we should have just gone ahead,” she says. “I wonder what Steve Jobs is going to do, because there is so much pressure to run Mac OS on non-Macs. There’s no technical reason not to do it. He’s so proprietary about everything, yet it could be a very strategic move for him to make.” Beloussov, for his part, agrees.

2005 年6月、Michael Dell がデルマシンに Mac OS を載せて出荷したがっているという特ダネを私は書いた。先週私に対するEメールで、彼の考えは変わらないといっている。「もしユーザーが望み、かつアップルが妥当な条件でライセンスを与えるなら、我々としては MacOS を提供するだろう。・・・そうするかどうかはアップルが決めることだ。」

In June 2005 I broke the news that Michael Dell wanted to ship Mac OS on Dell machines. Last week in an e-mail he confirmed to me that his thinking hasn’t changed. “We would offer MacOS,” he wrote, “if customers wanted it and Apple would license it on reasonable terms…It’s Apple’s decision.”

Steve Jobs に対する圧力は高まっている。仮想化技術の進歩につれて、Jobs とは異なるやり方で彼のソフトウェアを売りたいという、デルや他社の求めに応じないでいることは、ますます難しくなってくるだろう。

The pressures are building on Steve Jobs. Eventually, as virtualization improves, it will prove harder and harder not to accede to Dell and others who want to sell his software in different ways.

      *      *      *

打って出る SWsoft / Parallels

一方、SWsoft は近い将来いくつかの大きな変更を行う予定だ。まず、Parallels はこの夏にはサーバー市場に参入するつもりだ。これまでのところ、SWsoft の大企業向け製品と異なり、Parallels はハードウェアをベースとする仮想化方式をとっており、その点では VMware と同じだ。Parallels は小企業や大企業の中の特定部門を対象とする予定だ。一方 VMware は世界中の大企業を相手にしている。SWsoft の Beloussov には、永年の念願であった VMware との直接対決を隠そうとする気配はない。もうひとつの計画とは、SWsoft のマネジメントツールを Parallels のものと統合しようという計画だ。仮想化でもっとも収益性の高い分野は、すべての流れを把握するツールであることがますますはっきりしてきた。

Meanwhile, SWsoft has several big changes up its sleeve for the near future. For one, Parallels, which unlike SWsoft’s enterprise product uses the same hardware-based virtualization approach as VMware does, will enter the server market by this summer. It will focus on small companies and departments in large ones, whereas VMware sells to just about every big company in the world. SWsoft’s Beloussov makes no bones about his longterm intention to go head-to-head with VMware. Another planned change is the integration of SWsoft’s management tools with Parallels. One of the most profitable realms in virtualization is increasingly the tools to keep track of it all.

      *      *      *

この記事は、二つの点で注目を浴びた。

ひとつは、凄まじい快進撃を続ける無名の会社がロシアとつながりがあったことだ。

もうひとつは、Mac OS X が普通の PC(generic PC)で動くようになるのも時間の問題だと感じさせたことだ。

仮想化技術(virtualization)を軸に、2007 年がどんな展開を遂げるか興味津々だ。

なお、Parallels については The Tech Night Owl LIVE のポッドキャストがおもしろい。プロダクトマネージャ Benjamin Rudolph の生の声がたっぷり聞ける。

Podcast:The Tech Night Owl LIVE:1月25日[36:00 〜]

The Tech Night Owl LIVE は、前にも何度も Benjamin Rudolph のインタビューをしているが、どうやらお互いにロシアにルーツがある縁らしい。

      *      *      *

参考:

・CNN:”Windows on the Mac changes everything” by David Kirkpatrick [Fortune]:1月22日
・Podcast:The Tech Night Owl LIVE:1月25日[36:00 〜]

ロシアコネクション

・Macworld:”Parallels acknowledges parent company” by Peter Cohen:1月22日
・Infinite Loop:”Parallels acknowledges SWsoft ownership” by Jacqui Cheng:1月22日

OS X PC で動く

・Engadget:”Parallels to turn it around, help Mac OS onto generic PC boxen” by Paul Miller:1月22日
・InsanelyMac Forum:”OS X coming to PCs…What the hell?“:1月22日
・WebProNews:”Will Steve Jobs Let Mac OS Run on Intel Boxes” by Mathew Ingram:1月23日
・TUAW:”Welcome to Bizarro World: Parallels and VMware running Mac OS X on XP?” by Michael Rose:1月23日

Technorati Tags: , , ,

2006年 11月 17日

Apple + AMD = やっぱりそうか・・・

Filed under: インテルマック,ウェブログ — shiro @ 22:20

Apple&Amd



インテル移行を完了したアップルが、 AMD と組むことも考えているのではないかという話が出てきた。

Infinite LoopApple + AMD… what?” by Jacqui Cheng:11月16日

      *      *      *

ノートブックに AMD

ずっと以前のアップルとインテルの連携話の気違いじみた度合いがまだ足りなかったとでもいうように、アップルのインテル移行がほぼ完了した今、こんどはアップルと AMD が組むという噂が出てきた。これこそ常軌を逸しているように聞こえるのではないだろうか。台湾の部品メーカーから、MLCCmulti-layer ceramic capacitor、積層セラミックコンデンサ)の発注が急激に増加しているという話が突如出てきた。MLCC の大部分は「AMD ベースのアップルのノートブック」で使われるというのだ。

As if Apple and Intel didn’t sound crazy enough back in the day, now that Apple has finally almost completed the Intel transition, rumors of Apple partnering up with AMD sound even crazier. Right? Suddenly, there are claims that Taiwanese component makers are seeing a huge increase in orders of high-capacitance multi-layer ceramic capacitors (MLCCs), most of which are going to be used for “an AMD-based Apple notebook.”

なんだって?

What?!?

もちろん台湾の AMD はそんな噂話にコメントしたりはしないが、DigiTimes が得たメーカー筋の情報によると事実らしい。この話は、AMD CEO がもうすぐアップルと組むと語ったずっと昔に遡る。もっともアップルはそんな話を認めはしなかったけれど。

Of course, AMD Taiwan has no comment on the rumors, but sources from the manufacturer tell DigiTimes that this is true. Speculation about this stuff started way back when AMD’s CEO said that they and Apple were going to partner up soon, but this was never confirmed by Apple in any way.

      *      *      *

サーバーも?

Core 2 Duo マシンは飛ぶように売れており、インテルとの関係にアップルは満足しているように見える。しかしながら、DigiTimes によれば、AMD ベースのノートブックという得体の知れない話のほかに、アップルが AMD プロセッサをサーバーで使うという話もあるらしい。

It seems as if Apple is pretty happy with its current setup with Intel, and Core 2 Duo machines are apparently selling like hotcakes. However, the report claims that aside from this mysterious AMD-based Apple notebook, Apple may also integrate AMD CPUs into its servers.

なんともオドロキではないか。あちこちの議論をのぞいてみる限り、この話はトンでもない感じだ。ほんとにそんなことがあり得るだろうか。アップルがインテルと AMD の双方と組みたいと考えているとしたら、それは双方からうまい話を引き出すためだろうか。

How crazy does everybody think this is? So far, the answer to that question (from scanning various discussions on the topic is): pretty damn crazy. But could it really be possible? Would Apple want to partner up with both Intel and AMD, perhaps in order to make sure it’s getting good deals from both?

      *      *      *

Mac OS X を投入した遥か昔、アップルは Marklar という秘密プロジェクトを立ち上げてインテル移行に備えていた。そのアップルが AMD プロセッサについて検討していても一向おかしくない。

やはりそうだったかという感じだ。

噂の元となったのは台湾の DigiTimes の記事だ。

DigiTimesSources in passive component industry say AMD-based Apple notebook in the works” by Yen Ting Chen, Shawn Chen, Nuying Huang & Esther Lam:11月15日

      *      *      *

22µF MLCC



Mlcc



台湾の部品メーカーは、大容量の MLCC(積層セラミックコンデンサ)に対する発注が急激に増加しているのを現認している。メーカーの情報筋によれば、その大部分は 22µF の静電容量でアップルの AMD ベースのノートブックで使用される。このノートブックには  22µF MLCC が約 70 個必要で、主たるサプライヤーは日本の村田製作所、太陽誘電、TDK の3社だと情報筋は付け加えている。

Taiwan passive component makers are witnessing an aggressive increase in orders for high-capacitance multi-layer ceramic capacitors (MLCCs), with most of the MLCCs having a capacitance of 22µF, and being for use in an AMD-based Apple notebook, sources at the makers noted. For this new notebook, about 70 22µF MLCCs will be required, with Japan-based Murata Manufacturing, Taiyo Yuden and TDK being the three major suppliers, the sources added.

台湾の AMD はコメントを拒否している。

AMD Taiwan declined to comment on the report.

AMD ベースのマックノートブック向けの急増に対しても、部品メーカーは概して楽観的だ。インテル dual-core ノートブックは 22µF MLCC 80 個必要とするので、大容量の MLCC に対する需要はすでにタイトになっている。したがってその比率をどうするか、ノートブックメーカーは調整を迫られている。

Passive component makers are generally optimistic about the growth catalyst that the new AMD-base Mac notebooks could bring. Already, demand for Intel-based dual-core Apple notebook models that require about 80 22µF MLCCs has caused supply to tighten for the high-capacitance MLCCs, with notebook makers having to adjust their MLCC mixture, the makers noted.

AMD がアップルと手を結ぶという観測は、9月に AMD CEO Hector Ruiz がいずれ二社はお互いにビジネスをするようになると語ったことで加速した。その話は AMD ATI の合併によってさらに信憑性が増した。というのも、ATI はアップルの G5 マックに特化したグラフィックカードを作っていたからだ。

Speculation that AMD and Apple will team up has been fueled by statements made by AMD CEO Hector Ruiz in September, when he noted that the two companies will eventually do business with each other. The merger between AMD and ATI also helped make the speculation more convincing, as ATI delivers graphics solutions that are specialized for Apple G5 PCs.

      *      *      *

可能性は?

しかしながら、マザーボードメーカーのあるものは AMD とアップルが提携することに懐疑的だ。というのも、インテルが AMD のプロセッサラインナップに対し(特に Core 2 Duo で)性能で優位に立っているからだ。AMD は処理能力でも劣っていると考えられていることもある。

However, some motherboard makers are doubtful about any AMD and Apple partnership, with the makers noting the performance advantage Intel currently enjoys over AMD, especially for the Core 2 Duo processor compared with AMD’s present CPU lineup. AMD is also considered to have insufficient capacity, the makers added.

ただ、台湾のサーバーメーカーは、アップルは AMD x86 socket CPU をサーバーに使うかもしれないといっている。サーバー分野での AMD のシェアは20%に達すると考えられており、二社の提携も合理的に見えるからだ。

Sources at Taiwan server makers, though, indicated that Apple may apply AMD’s x86 socket CPUs to its servers. In light of the fact AMD’s market share in the server segment is likely to reach 20%, a partnership between the two companies seems reasonable.

      *      *      *

こうしてみると、冒頭の Infinite Loop の記事は DigiTimes をほぼなぞっていることが分かる。

静電容量の数値が明示されていたり、サプライヤーの名前が出ているところなど、発注スペックが漏れたような感じもする。

アップルの動きはカリフォルニアだけからではなく、世界の工場となったアジアからも聞こえてくるということだろうか。

      *      *      *

参考:

Infinite LoopApple + AMD… what?” by Jacqui Cheng:11月16日

DigiTimesSources in passive component industry say AMD-based Apple notebook in the works” by Yen Ting Chen, Shawn Chen, Nuying Huang & Esther Lam:11月15日

MacNNAMD-based Apple laptop in the works?:11月16日

AppleInsiderReport: AMD-based Apple notebook in the works:11月16日

      *      *      *



追記:(11月18日)

Amd-Apple

ビジネスウィークがこの噂をフォローしている。

BusinessWeek:”Apple-AMD Rumors Gain Traction” by Arik Hesseldahl:11月17日

このニュースに疑問を感じる理由がひとつある。AMD は目下のところ現行の需要を満たすので精一杯だ。「割り当て待ち」(allocation status)だと語っている PC メーカーがかなりいる。この業界用語は、発注者が注文しただけのチップを入手できないという状態を表す。 AMD とデルが新しい関係を結んだことがその背景にある。

But here’s one reason I’m doubtful about this report: AMD can’t make enough chips right now to meet its current demand. I’ve heard from a few PC makers that AMD’s factories are on allocation status, which is industry jargon that means not everyone is getting as many chips as they’ve ordered. One big reason for this is AMD’s new relationship with Dell.

しかしながら、もしアップルと AMD が一緒に事業をするのならそれはサーバー分野だと思う。サーバーの顧客は柔軟性を好み、好みのチップを選択できることが重要だ。だから、AMD-based Mac Pro が登場する前に AMD-based XServe が出ることになると思う。

If ever Apple and AMD do business together, however, I think it will be on the server front. Server customers like flexibility and having the ability to choose the chip you want is important to server customers, so I think we’d see an AMD-based XServe before an AMD-based Mac Pro.

      *      *      *

もっとも Digitimes のニュースは信用おけないから要注意だとしているサイトもある。

編集注記:アップル製品や技術に関する DigiTimes の予測は、これまで特に正確ということではなかった。(AppleInsider

Editor’s note: DigiTimes has not been particularly accurate in its predictions of future Apple product directions and technologies.

Digitimes の噂が不正確で悪名高いことに読者は注意しておくべきだ。(Mac Rumors

Readers should note that Digitimes remains notoriously inaccurate with their rumors.

      *      *      *



参考:

・BusinessWeek:”Apple-AMD Rumors Gain Traction” by Arik Hesseldahl:11月17日

・AppleInsider:”Report: AMD-based Apple notebook in the works“:11月16日

・Mac Rumors:”AMD Based Apple Laptop?“:11月16日

・気になる、記になる…:”Apple、AMDプロセッサ搭載のMacを開発?!“:11月17日

・My Sleepless Nights in the Big Apple:”AMDベースのAppleノートブック開発中とのレポート“:11月17日

・silvervine の定点観測所:”AppleInsider Report: AMD ベースの Apple ノートブックの開発が進行中“:11月18日

Technorati Tags: , ,

(more…)

2006年 11月 8日

マックウイルスを作るのは難しい:Macarena

Filed under: インテルマック — shiro @ 21:22

Macarena

久しぶりにマックのウイルスが話題になっている。

Macarena ウイルスの作者にとってマックウイルスを作るのは難しかったようだ。

ZDNet Australia:”Mac virus author admits coding difficulties” by Munir Kotadia:11月6日

      *      *      *

Macarena

Mac OS X のコンセプト実証ウイルス[注:感染を広げられることを実証するために作られたコンセプトウイルス]が先週発見され、「Macarena」と命名されたが、そのコードにはマルウェアの作成が難しかったと窺わせるウイルス制作者のコメントがはいっている。

The proof of concept Mac OS X virus, which was discovered late last week and dubbed Macarena, includes comments in the code that indicate the author had a difficult time creating the malware.

      *      *      *

感染力は弱い

アンチウイルスソフト会社 Symantec によれば、Macarena は先週木曜日に発見され、50台足らずのマシンが汚染されていたという。Macarena の自己複製機能は出来が悪いので、ほとんどのマックユーザーには問題ないものと思われる。

According to antivirus firm Symantec, Macarena was discovered last Thursday and has infected less than 50 machines. Macarena has a very poor replication mechanism and is unlikely to cause problems for the majority of Mac users.

Peter Ferrie(Symantec の上級エンジニア)は自分のブログで、このウイルスが重大な問題を引き起すことはなく、さして広がりそうにもないと述べている。

Peter Ferrie, senior security response engineer at Symantec, explained in his blog that the virus does not cause any serious problems and is unlikely to spread very far.

「このウイルスは特に害をもたらす本体部分がなく、単に自らの複製を作るだけだ。しかも、現在のディレクトリ内の感染に限られているため、あまり感染能力はない」と Ferrie はいう。

“There is no payload in this virus — it simply replicates. However, it won’t replicate very well, because it is restricted to the current directory,” said Ferrie.

Paul Ducklin(Sophos アジア太平洋部門の技術主任)によれば、このウイルス自体は「重要なものではない」が、ウイルス制作者がソースコードを配布したことの方が心配だという。ソースコードはウイルスの作り方を説明しており、自分で作れないひとでもツールは与えられたことになるからだ。

Paul Ducklin, head of technology for Sophos Asia Pacific, said that the virus was “not important or significant” but he was concerned that the author had distributed the source code, which could “not only explain how you might write a virus but give someone direct tools to create one even if they have no skills of their own”.

      *      *      *

作るのは難しかった?

Ducklin がいうには、ソースコードの中に、アップルのプラットフォームで効果的に作用するウイルスを作るのは難しいと、ウイルス制作者がイライラしていることを窺わせるような部分があるという。

However, in the source code, Ducklin said the author had expressed what appears to be frustration at trying to make the virus effective on Apple’s platform.

「そのソースコードはいろんなものがごた混ぜになった代物だが、その中に《ほんのちょっとしたコードを書くのに大変な苦労》という作者のコメントがある。どうやら幸いなことに、ウインドウズウイルスならすらすらと書けるひとでもマックのウイルスが書けるようになるまではまだ暫くかかるということのようだ。

“In the source code, which is a mish-mash of stuff, there is a comment where the author says ‘so many problems for so little code’,” he said. “So it does look as though virus writers, fortunately, still have a way to go before they are able to write Mac viruses with the proficiency and fluidity that they can for Windows.”

      *      *      *

インテルマックだけに感染

「最近の効果的あるいは危険なウインドウズワームやトロージャンの特徴はどれも備えておらず、単に寄生して感染するという程度だ」と Ducklin は ZDNet Australia に語った。

“It doesn’t have any of the characteristics of a modern effective or dangerous Windows worm or Trojan, it is a simple appending parasitic infector,” Ducklin told ZDNet Australia.

また、Macarena が感染するのはインテルマックだけであることも明らかにした。

He also revealed that Macarena will only affect Intel-based Macs.

「これはインテルだけのもので、PowerPC チップとは関係ない。」

“This is an Intel specific thing — not Power PC,” Ducklin said.

      *      *      *

でも用心は必要

しかし、アップルコミュニティは現状に安住すべきではないと Ducklin は忠告する。マックのマルウェアを作るのはウインドウズの場合より難しいが、ユーザーの常識というやつが弱点となり得るからだ。

However, Ducklin warned the Apple community to not be complacent because although writing malware for the Mac is more difficult than it is for Windows, the users’ common sense can be a weak point.

「OS X ではちゃんとやればウイルスに感染しなくてすむやり方があるのだが、やり方に無知だったり、無理矢理誤ったやり方をしようとするユーザーがいるとどうしようもない。常識とは異なったやり方でソフトを動かそうとすると、トラブルに陥ることになるし、そのことが次のユーザーに問題を引き起こすかもしれないからだ。」[注:警告を無視して見ず知らずのアプリケーションを実行し、ウィルスに感染して、そのウィルスをばらまいてしまうといった意味か]

“There are things that are done in OS X that make it less likely you will get a virus but very little can head off a determined and ill-informed user,” he said. “If you are determined to run a program against common sense then you can get yourself into trouble and that may cause trouble for the next guy.”

      *      *      *

参考:

・ZDNet Australia:”Mac virus author admits coding difficulties” by Munir Kotadia:11月6日

・Macworld:”Symantec details OS X ‘Macarena’ virus” by Peter Cohen:11月3日

・Symantec:”OSX.Macarena“:11月3日

・heise Security:”Macarena: once again no more than a demo virus for Mac OS X“:11月3日

・Infinite Loop:”New Mac ‘virus’ is proof of concept that hysteria sells anti-virus software” by Mary E. Tyler:11月4日

・MacFixIt:”OS.X Macarena ‘virus’ (#2): No viable threat posed; Not exploiting a Mac OS X bug; not a ‘warning’ of more viruses to come“:11月6日

・ITpro:”Mac OS Xに感染する新たなウイルス,Macユーザーもセキュリティ対策を” by 勝村 幸博:11月3日

・ITmedia:”新たなMac OS Xウイルスが出現——Macユーザーも対策を“:11月4日

・Oya_G’s Blog:”Mac OS Xウイルス「OSX.Macarena」が出現“:11月4日

・気になる、記になる…:”Mac OSX向けウイルス‘OSX.Macarena’“:11月4日

Technorati Tags: , ,

(more…)

2006年 10月 30日

競争市場へようこそ

Filed under: インテルマック,ウェブログ — shiro @ 19:58

Think Different-1

インテル移行で絶好調のマックだが、泣き所はないのだろうか。

Troy Wolverton が大変興味深い指摘をしている。「アップルは think different を継続できるか。」

Mercury News:”Can Apple still think different?” by Troy Wolverton:10月27日

      *      *      *

Think Different

かつて「みんなとは違う考え方をする」(think different)と約束したアップルだが、インテルチップに移行したため難しい立場におかれている。果たしてどれほどみんなと違う考え方が出来るのだろうか。

Apple Computer’s switch to Intel chips puts the company that once promised to “think different” in a tough spot: How different can it be?

インテル移行

今年の初め、アップルがインテル移行を決意するまで、その選択肢は限られていた。それまでの PowerPC チップでは、ハードウェアの競争力をどんどん失ったし、その結果マーケットシェアも低迷した。

The company had little choice when it made the move earlier this year. Its previous reliance on PowerPC chips left it with increasingly uncompetitive hardware and dwindling market share.

インテル移行の決定は成功だった。最近の四半期をみると、アップルのコンピュータ売り上げは PC マーケット全体をはるかに凌駕しており、直前の四半期には記録的な売り上げを達成した。さらに重要なことは、インテル移行によってアップルに興味をもつひとが増えたことだ。直近の四半期にアップルストアで売られたコンピュータの半数以上を買ったのは新しいマックユーザーだった、と Peter Oppenheimer(アップル CFO)は今月初めのカンファレンスコールで語った。

The decision seems to have paid off; in recent quarters, Apple’s computer sales have vastly outpaced the overall PC market, and last quarter the company sold a record number of machines.More important, the move seems to have broadened Apple’s appeal. More than half the computers Apple sold last quarter in its stores were to customers who were new to Macs, Chief Financial Officer Peter Oppenheimer said in a conference call earlier this month.

直接比較が可能

しかしながら、インテル移行によりアップルは困難な立場におかれることにもなった。競争の激しい PC マーケットのど真ん中におかれることになったからだ。アップルの顧客は、これで初めてマッキントッシュのスペックのあれこれを(そして価格も)デルや HP と直接比較できるようになったのだ。

But the move has alsoplaced Apple in a tough spot, putting it in the thick of the competitive PC market. For the first time, Apple’s customers can now directly compare the specifications of the company’s Macintosh computers — and their prices — with those offered by Dell or Hewlett-Packard.

食うか食われるか

Competitive-1

もしアップルが PC マーケットに参入するつもりなら、他の主要 PC メーカーとの「日用品 PC ゲーム」(commodity PC game)という食うか食われるかのゲームに付き合って行かなければならない、とアナリストはいう。本当のところ、マックがメジャーな製品になってほしいとアップルが考えているかどうかは疑問だというアナリストもいるけれど・・・

Assuming that the company wants to continue to make inroads — and some analysts question how much Apple really wants its computers to go mainstream — it’s going to have to keep pace with those and other veterans of the cutthroat commodity PC game, analysts say.

「かつてのように自由で気ままではいられなくなる」と Richard Shim(IDC の PC アナリスト)はいう。「アップルはビジネスのやり方を変えなければならなくなる。」

“It’s not going to be as free and loose for them as it was,” said Richard Shim, a PC industry analyst in the San Mateo office of market research group IDC. “They’re going to have to change the way they do business.”

危険な賭け

アップルの顧客にとってはそれはいいことだろう。最先端のテクノロジーが他社とも競争力のある安い価格で買えるのだから。アップルには際立った OS とソフトがあり、それがセールスポイントだと見られてきた。しかし、PC メーカーのひとつとなってしまうことは避けながら、アップグレード競争をするということはアップルにとって非常に危険な賭けだと、アナリストはいう。

That could be a good thing for Apple customers, ensuring they continue to have cutting-edge technology in their machines at competitive prices. And Apple will still have its distinctive operating system and software, always seen as key selling points.But playing the upgrade game while avoiding the risk of becoming just another PC maker could prove to be a dangerous challenge for Apple, analysts say.

「アップルの製品サイクル(product cycles)が、インテルの動きに巻き込まれないようにする必要がある」と Jon Peddie(Jon Peddie Research のアナリスト)はいう。「周囲の雑音に巻き込まれてみんなと同じことをするようになると、これまで培(つちか)ってきたアップルという特別の特徴がなくなってしまう。」

“Apple would be advised to not let Intel drive their product cycles,” said Jon Peddie, founder and analyst at Jon Peddie Research, an industry consulting firm based in Tiburon. “If they get lost in the noise of everybody doing the same thing, they’ve lost their special cachet.”

[この点について]アップルはコメントをしなかった。ただ、当分の間、アップルとしては一応なんとかして PC  のアップグレード競争(PC upgrade game)に付き合うつもりだと示唆した。

Apple representatives declined to comment. But the company has indicated that for now, it intends to play the PC upgrade game, at least after a fashion.

MacBook Pro の場合

Mbpro

具体的な例として、今週初め、アップルはハイエンドラップトップ MacBook Pro の心臓部をインテルの新しい Core 2 Duo プロセッサで置き換えた。これは、インテルの発表から6週間も経っており、PC 他社が同様のアップグレードをした後のことだった。

Earlier this week, for instance, Apple replaced the chips at the heart of its high-end MacBook Pro line of laptop computers with Intel’s new Core 2 Duo processors. The move came some six weeks after Intel introduced the chips and followed similar updates from other major PC vendors.

Mac Pro の場合

アップルの野心と、そしてアップルが直面するプレシャーをよく物語るのは Mac Pro のケースだろう。アップルは8月にインテルの新しいチップを採用したプロレベルのデスクトップ Mac Pro を出荷したが、そのときアップルのトップは、新しいマシンの価格をデルや他社のマシンとはっきりと比較してみせた。

Perhaps more telling of Apple’s ambitions — and the pressures it faces — in August, when the company rolled out the Mac Pro, its new line of professional desktops based on updated Intel chips, company representatives made explicit comparisons between its prices and those charged by Dell for similar machines.

競争市場

R Of Noreturn-1

「みんな最新・最高のテクノロジーを欲しがる」と Van Baker(Gartner のアナリスト)はいう。「競争市場に残るつもりなら、アップルは、このテクノロジーをマーケットに投入できるリーダーの仲間入りをしなければならない。」

“People want the latest and greatest technology,” said Van Baker, an analyst with Gartner, an industry research firm. “Apple is going to have to be among the leaders in terms of bringing this technology to market if they want to remain competitive in the marketplace.”

これまでアップルは、コンピュータにチップを搭載するのをいつにするか、かなり自由に決めることができた。競争相手のことを心配する必要はなかった。

In the past, Apple could pretty much determine on its own when to plug a chip into its computers. It didn’t have to worry about competitors.

チップ搭載競争

しかし、インテルが新しいプロセッサを発表するときは大掛かりな宣伝するので、アップルが最新のチップを搭載しているかどうかはすぐ分かる。この点はウインドウズの顧客を惹き付ける重要なポイントだ。なぜなら、彼らは搭載されているプロセッサが何かをみてコンピュータを買ってきたからだ。

But because Intel makes a big show when it puts out a new processor, it will be pretty clear whether Apple has the latest chips. That could be a key factor in luring Windows customers, who have long shopped for computers based on their underlying processors.

「デルや HP が新しいチップを搭載しているのに、アップルだけが古いチップを搭載した製品を出すというわけにはいかない」と IDC の Shim はいう。「もちろん他社が出したからアップルもそうしなければならないというわけではない。しかし、マーケットはそれを許してはくれないだろう。」

“They can’t be out there with a product on an older chip when Dell or HP has the new chip,” said IDC’s Shim. “That doesn’t mean they have to do it when the other guys do it, but there’s not going to be as much forgiveness in the market.”

      *      *      *

どうやら、一旦入ってしまったら引き返すことのできない、食うか食われるかの競争市場に踏み込でしまったということらしい。

特殊なニッチマーケットに安住してきたアップルにとっては、なかなか一筋縄ではいかない世界のようだ。

これまでのアップルなら、Core Duo の投資を回収してから Core 2 Duo モデルを投入したということだろうか。

MacBook Pro の Core 2 Duo 搭載がいつになるのかなかなかはっきりしなかった背景には、こんなこともあったのかもしれない。

Technorati Tags: ,

(more…)

2006年 10月 28日

OS X が普通の PC で動く

Filed under: インテルマック,ハッキング,OS — shiro @ 14:58
Tags: , ,

hacked1

マックでウインドウズが動くのは、まったく当たり前のことになってしまった。

インテルマックに移行した最大の成果のひとつだろう。

では、x86 ベースの普通の PC で Mac OS X は動くだろうか。

またぞろハッカーが活躍しはじめたようだ。

Reg Hardware:”Mac OS X 10.4.8 runs on any PC…” by Tony Smith:10月25日

     *      *      *

hacked2

いまや Mac OS X 10.4.8 は、x86 ベースの PC[generic x86-based PC]ならどの PC でも動く・・・というか、ほとんどそれに近い。カーネルプログラマーの Semthex が、完全に合法的だと称する Mac OS の基礎レイヤーを公開した。唯一の欠点は、起動してもお馴染みのユーザーインターフェイス画面(GUI)にならないことだが・・・

Mac OS X 10.4.8 will now run on any generic x86-based PC. Well, almost. Kernel coder Semthex has posted what he claims is an entirely legal release of the Mac operating system’s foundation layer. The only snag: you can’t boot into the familiar GUI.

これまでのところ、Mac OS X の x86 版はカーネルの追加コード(add-ons)に依拠してきた。アップルの Trusted Platform Module[TPM、技術参照モデル]を使って純正のハードとつなぐのだ。しかし、核となるコードの大部分は TPM とは別になっていて、アップルのソースコードライセンスを持っているひとなら誰でもその全てにアクセスできる。

To date, the version of Mac OS X for x86 processors has relied on kernel add-ons to anchor the software to Apple’s own hardware through the machines’ Trusted Platform Module (TPM). Much of the core code is independent of it, however, and available for access to all and sundry via Apple’s own source code licence.

semthex

Semthex がやったのは、基本的にいえば TPM 関係の部分をバイパスするコードを書いたことだ。しかもアップルのライセンスの範囲内で。実際に自分で試してみたいということなら、必要なファイルはここ[注:リンクをはずしてある]でみつかる。

What Semthex has claimed to do – and the files you need can be found here if you fancy trying them yourself – is produce code that essentially bypasses the TPM stuff yet stays within the Apple licence.

で、この後は自分のリスクでおやんなさいと Semthex はいう。ともかく、このコードによってシングルユーザーモード[Single User Mode]で起動する。Unix のガチガチのプロ(command-line geeks)にはおもしろいかもしれないが、一般マックユーザーがアップルマシンの代わりに安価なデルに殺到するという事態にはなりそうにない。

Well, so Semthex claims – proceed at your own risk. In any case, the code will boot up into single-user mode, which has a certain interest for Unix and command-line geeks, but isn’t going to get Mac fans rushing off to buy cheap Dells instead of Apple machines.

     *      *      *

元の記事および下記の参考記事にはたくさんのリンクがある。

なお、10月27日付けの semthex の記事によれば、アップルのサイトから 10.4.8 Darwin のソースが削除されたという。

またアップル対ハッカーの戦いが再燃するのだろうか。

     *      *      *

参考:

・Reg Hardware:”Mac OS X 10.4.8 runs on any PC…” by Tony Smith:10月25日
・InsanelyMac Forum:”Briefly: OSx86 10.4.8 Cracked….Legally?” by sHARD>> :10月25日
・InsanelyMac Forum:”10.4.8 without HPET/NX and SSE2, gui for everyone! Working 10.4.8 Kernel Source Build” by semthex:10月25日
・Infinite Loop:”OS X on AMD legally, maybe” by Charles Jade:10月26日
・Macbidouille:”A new hack to run OS X on a PC” by Lionel:10月27日

Semthex のサイト

・Semthex’s Dev Page:”Some Screenshots which should tell you somethin’” by semthex:10月25日
・Semthex’s Dev Page:”Screenshots” by semthex:10月25日
・Semthex’s Dev Page:”Source gone from Apple’s dev-site (read updates)” by semthex:10月27日

Technorati Tags: , ,

2006年 10月 13日

アップルのチップ採用のミステリー

Filed under: インテルマック — shiro @ 00:15

Core2Duo-1

インテルの Core 2 Duo プロセッサが出回ってきたのに、ラップトップに採用するのがいつになるのか、なかなかアップルは明かさない。

BusinessWeek の連載コラムニスト Stephen H. Wildstrom が興味深い予測をしている。

BusinessWeek:”Apple’s Mysterious Chip Moves” by Stephen H. Wildstrom:10月10日

      *      *      *

Core 2 Duo 搭載はいつか

読者の Luzia Choupina Borges は、多くのマックユーザーが気にしている質問をしている。MacBook Pro などのラップトップが新しいインテル Core 2 Duo プロセッサと新しいソフトを搭載して登場するのはいつだろうか、と。

Reader Luzia Choupina Borges asks a question on a lot of Mac lovers’ minds: Do you know when new Apple computers like the MacBook Pro (not desktops) will come to the market with the new Intel Core 2 Duo and new software?

ほかのコンピュータメーカーと違って、アップルは、新しいプロセッサが利用可能になっても、それをいつ搭載するのか議論をするのを拒んでいる。いまやマックはインテルチップを採用しているので、アップルだって他のコンピュータメーカーと同じくインテルロードマップの土俵にのっている。アップルがもっと包み隠さず率直になってくれればいいと思うけれど、そうなりそうにもない。

Unlike every other computer maker, Apple refuses to discuss plans for incorporating new processors as they become available. Now that Macs include Intel chips, Apple finds itself on the same Intel road map as other computer makers. I hope that means Apple will be more forthcoming. But I’m not going to bet on it.

      *      *      *

11月にアップグレード

今できることといえば、他のラップトップメーカーがやっていることや、インテルから発表された計画を参考にしながら推測してみることだけだ。インテルは、ラップトップ向けの Core 2 チップをこの夏に出荷し始めた。ごく小さなところを除き、誰でも入手可能だ。私の想像では、 MacBook Pros や MacBook、それに mini は11月中に Core 2 Duo に一新されると思う。(iMac はすでに Core 2 になっており、Mac Pro はワークステーションクラスの Xeon を採用している。)

For now, all I can do is offer some guesses, based on what other laptop makers are doing—and Intel’s announced plans. Intel began shipping the Core 2 chips for notebooks this summer and they are becoming available in all but the smallest. My best guess is that the MacBook Pros and perhaps the MacBook and mini will be refreshed using the new Core 2 Duos sometime in November. (The iMac has already moved to the Core 2. The Mac Pro uses workstation-class Xeon chips).

      *      *      *

Santa Rosa がカギ

Santarosa

この Core 2(コードネーム Merom)への移行はいってみれば暫定的なものだ。もっと重要なアップグレードが 2007 年春に控えているからだ。Merom は新しいデザインのプロセッサで、64 ビットの命令やデータを処理でき、これまでのチップより大きな仕事量をもっと速くこなすことができる。しかし、サポートしているチップセットが古いプロセッサ用に設計されているという制約のため、Merom は 32 ビットでしか作動しない。

This move to the Core 2, code-named Merom, is something of an interim step, with a more significant upgrade expected in Spring, 2007. The Merom processor is a new design that can swallow instructions and data in 64-bit bites—helping the computer handle bigger tasks more quickly than earlier chip iterations. But because of limitations in supporting chips, which were designed for older processors, it is limited to 32-bit operation.

来年の春になると、インテルは Santa Rosa というコードネームの「チップセット」を新しく発表するといわれている。これは Core 2 Duo プロセッサの能力を最大限引き出すものだ。したがって私は、Santa Rosa が入手可能になり次第、またアップルはラインアップをリフレッシュすると考える。

In early spring, Intel is expected to release a new “chip set,” code-named Santa Rosa, that will allow the Core 2 Duo processors to operate up to their full potential. I expect Apple will do another refresh of its line soon after the Santa Rosa chips become available.

      *      *      *

Leopard はいつか

ソフトウェアについては、1月にアップルは OS X の新しいバージョン Leopard を準備中だと発表した。その出荷時期についてはいつものように口を閉ざしているが、私の予想では、来年1月第2週の Mac World Expo より遅くはないだろうと思う。アップルは心底マイクロソフトの鼻を明かしたいと願っていると思うからだ。 ウインドウズ次期バージョンの Vista が出る前に Leopard を出すことによって・・・

As for software, Apple announced last January that a new version of OS X, called Leopard, is in the works. As usual, the company has remained mum on a release date, but my guess is that it will come no later than Mac World Expo, the second week of January. I think Apple would dearly love to steal Microsoft’s thunder by making Leopard available before Microsoft ships Vista, the next version of Windows.

      *      *      *

なかなかおもしろい見方だと思うがどうだろうか。

少なくともインテル移行の結果、多くのひとがアップルの動静を占えるようになってきたことだけは確かなようだ。

      *      *      *

参考:

・BusinessWeek:”Apple’s Mysterious Chip Moves” by Stephen H. Wildstrom:10月10日

・気になる、記になる…:”Leopardは年明けまでにリリースとBusinessWeekが予測“:10月11日

・Macin’ Blog:”Mac OS X 10.5 Leopardは来年1月の第2週までにリリース??“:10月12日

・AppleInsider:”Apple prepares for Core 2 Duo MacBook Pro ramp“:10月6日

・Mac Rumors:”Core 2 Duo MacBook Pros Soon?“:10月6日

Technorati Tags: , , , ,

(more…)

2006年 9月 1日

Mac mini をひっそりアップグレード?

Filed under: インテルマック — shiro @ 07:16

Hardmac

フランスの HardMac (MacBidouille) が、読者からの記事としてアップグレードされた Mac mini の話を伝えている。

HardMac (MacBidouille):”Apple Did It Again: Silent Upgrade of Mac mini Models“:8月31日

      *      *      *

SuperG によれば、アップルは Mac mini G4 のときと同じように、Mac mini をひっそりアップグレードしたようだ。

As with the Mac mini G4, Apple seems to have upgraded the Mac mini models without much emphasis, as reported by SuperG:

Macmini-1

先週土曜日、私は 1GB RAM の Mac mini Core solo を注文した。サーバーにするつもりだった。ところが、商品を受け取ってびっくり!

受け取った Mac mini はアップグレードされたものだった。

・Core Duo 1.66GHz ← Core Solo 1.5GHz

・HD 100GB  ←  60GB

・SuperDrive  ←  Combo!

アップルさん、ありがとう!

箱の表示は Mac mini Core Solo のままだった・・・

I have ordered a Mac mini Core solo with 1GB of RAM last Saturday to use it as a server, and what a surprise when I received the box!

My Mac mini has been upgraded:

– Core Duo 1.66GHz instead of Core Solo 1.5GHz

– HD 100GB instead of 60GB

– and a SuperDrive instead of a Combo!

Thanks Apple !

On the box, the specifications are those of a Mac mini Core Solo…

これは手違いじゃないだろうか。多分、改訂された新しい Mac mini の最初のサンプルの・・・

We doubt it is a mistake, probably the first samples of revision for the Mac mini models.

Technorati Tags: ,

(more…)

2006年 8月 31日

インテルマックのつぎは何?

Filed under: インテルマック — shiro @ 20:25

Intel-Chip

インテルマック移行が一巡したが、つぎに来るのは何だろうか。フランスの HardMac(MacBidouille)が予想している。

HardMac:”MacIntel: what’s next ?“:8月30日

      *      *      *

予想は PowerPC 時代よりやさしい

8か月前に iMac でインテル移行を開始したアップルは、二週間前、MacPro で成功裡にインテル移行を完了した。その間も、インテルは新しい CPU を次から次へと発表している。アップルとしてはこの気違いじみたペースに付いていく他なかった。ではこの次にくるものが何か予想してみよう。PowerPC の時代に比べればそれは比較的容易な作業になった。

Apple kickstarted its Intel transition 8 months ago with the iMac. This transition was successfully achieved two weeks ago with the MacPro. Meanwhile, Intel hasn’t stopped announcing ever newer CPUs, and Apple has no choice but follow this crazy pace. Let us try to guess what is to come (an easier task now than during the PPC era):

まずは MacBook Pro

Merom

まず新しくなる機種は MacBook Pro だ。ハイエンドのラップトップは Merom にスイッチしなければならない。これまでのやり方に倣(なら)うなら、15 インチと 17 インチのハイエンドモデルが 2.33 GHz の CPU で、15 インチの安い方のモデルが 2.16 GHz Merom になるだろう。

– The MacBook Pro should be the first to be revamped. As a high-end laptop, it has to switch to Merom. If Apple is to keep its habits, there should be an high-end 15″ and a 17″ both shipping with a 2.33GHz CPU, and a cheaper 15″ equipped with a 2.16GHz Merom.

ハイエンドとローエンドの区別

Xeon-2

他の製品については予想が難しい。過去のある時点ではどの機種も “Core” 技術しか使えないこともあったが、今やアップルはハイエンドは Merom/Xeon に、ローエンドは Yonah にと明確に区別できるようになった。

Forecasts are harder to make with the other products. While there was no other choice a the time than using the “Core” technology for all, Apple can now mark the difference between Merom/Xeon high end machines and Yonah lower end ones.

Mac mini MacBook

Mac mini や MacBook ではそう区分けすることになるだろう。旧式になった Core Solo は Core Duo(ハイエンドについてはスピードの速いもの)で置き換えられるだろう。Yonah は大幅に価格が下がるはずだから、アップルコンピュータの値段も下がるかもしれない。MacBook のマージンは小さいけれど、Mac mini なら十分にその余地があるかもしれない。500 ドル以下の Mac mini が出せればヒット商品になるだろう。999 ドルの MacBook ならもっとヒットするだろう。

– And it’s probably what they’ll do with the Mac mini and the MacBook. The former’s outdated Core Solo will be replaced with a Core Duo (and probably one with a higher frequency for the high-end). As Intel Yonah’s price is to decrease significantly, so might that of Apple computers. While the margin on a MacBook is a tiny one, there might be enough room to play with the Mac mini’s. A Macmini under $500 would be a hit. And while we’re at it, a $999 MacBook would strike even harder…

iMac はどうか

Core2Duo

一番予想が難しいのが iMac の運命だ。いろんな可能性があり得る。Yonah のままで価格が下がる可能性もあれば、Core2Duo になる可能性もある。また、Conroe か Merom のどちらにかになるかという可能性もある。前者ならスピードも速く、価格も安いが、デスクトップ用 CPU なので、放熱量がかなりのものになる。もし、うまい冷却方法がみつかって iMac がブンブン鳴る扇風機にならずに済むなら、Merom は高速スピードと興味ある価格の組み合わせということになるだろう。

– What we can hardly guess is the iMac’s destiny. Many possibilities can be considered indeed. It could remain Yonah-powered, and see a further decease of its price, or it could switch to Core2Duo. Then there would the choice between Conroe and Merom. The former is faster and much cheaper, but as a CPU aimed at the desktop market it dissipates far more heat. Provided that the cooling issue is solved without the iMac being turned into a buzzing fan, the Merom would conciliate high speed with an interesting pricing.

PPC 時代にはアップルは[CPU の選択で]よく行き詰まってしまったが、今では続々出てくる新しい CPU の中から賢い選択をすることが出来るようになった。

In the PPC era, Apple used to be faced with stagnation. Now they will have to make clever choices in a sea of novelties…

Technorati Tags:

(more…)

次ページへ »