maclalalaweblog

2007年 6月 10日

iPhone の隠し味はグーグル?

googleapple2

少し前になるが、iPhone を契機にアップルとグーグルがさらに強固な同盟を組むことを予言したひとがいる。タイムの Jeremy Caplan だ。

Time:”iPhone’s Secret Ingredient: Google” by Jeremy Caplan:6月1日

      *      *      *

隠し味

アップルとグーグルは切り離せない仲となった。YouTube ビデオがまもなく Apple TVで再生できるようになると、今週 Steve Jobs は語った。グーグルは最近、マックユーザー向けのデスクトップ検索プログラムを発表した。グーグルのツールは、6月に登場するアップル特製の iPhone の重要な隠し味(secret sauce)になってきているようだ。

Apple and Google just can’t stand to be apart. Apple CEO Steve Jobs announced this week that Apple TV will soon play YouTube videos. Google recently unveiled a desktop search program especially for Mac users. And Google tools increasingly appear to be a key part of the secret sauce behind Apple’s signature new gadget, the iPhone, set for release in June.

      *      *      *

Gapple

この二つのブランドには熱心なファンがついている。それにグーグルの Eric Schmidt がアップル取締役会に加わっていることもあって、両社はその結びつきの相乗効果を享受するに至っている。これはまさに Gapple[Google + Apple]の力だ。

Both brands are beloved by legions of fans, and with Google CEO Eric Schmidt embedded on Apple’s board of directors, the companies have gotten wise to the benefits of synergistic coupling. Call it the power of Gapple.

      *      *      *

一括登録(universal access

グーグルのモバイル製品マネージャ Sumit Agarwal はつぎのように語る。グーグルはずっとアップルと協同しており、検索その他一連のモバイル向けソフトをユニバーサルアクセス(universal access)に持っていきつつある、と。「一般的にいえば、マックで動くものはすべてモバイルソフトに移行するだろう。モバイル機器の技術が許す範囲内での話だが・・・。」それは、個別にグーグルサービスを登録しなくても済む一括登録(universal sign-on)も含むようだ。

Sumit Agarwal, product manager for Google Mobile, says Google has been working with Apple and is moving in the direction of universal access to its suite of search and software applications on mobile devices. “Generally speaking, everything that you see on Macs, pending the technical ability of the device itself, will migrate into mobile applications,” Agarwal says. That’s likely to include a universal sign-on, so that you don’t have to sign into each of Google’s services separately.

      *      *      *

リアルタイムに本質を捉える

グーグルのモバイルソフトは、大きなソフトをそのまま小さなデバイスに取り込むものではなく、外出中のユーザーが実際に使う基本的な機能に焦点をあてて、必要最小限にスリム化したものとなる。「例えばブロガーについていえば、たくさんのコメントが投稿できることは重要でない。その瞬間の本質を捉え、リアルタイムでシェアできるからだ。スナップ写真を撮って、音声の説明を加えればいい。」

Rather than dumping huge applications onto small devices, Google’s mobile applications are streamlined and stripped down to focus on the primary ways consumers use them on the go. “With Blogger, for example, it isn’t as important that I be able to leave lots of comments, as that I can capture the essence of what I’m doing at that moment and share it in real time,” Agarwal says. “I may want to snap a photo of a monument and store a voice annotation.”

      *      *      *

ウィジェットいろいろ

グーグルとして他にオファーできるものは何か。グーグルリーダー(Google Reader)ウィジェットか。[グーグルが LG と一緒に立ち上げた]ポータルでは最近ブログ閲覧ツールを発表し、オフラインでのアクセスも可能になった。iPhone はリーダーにアクセスできるブラウザを持っているが、高速アクセスができないような場面では、ウィジェットは特に有用だと考えられる。それに今や YouTube が Apple TV で見れるのだから YouTube iPhone ウィジェットなんかどうだろうか。

What else might Google offer? Possibly a Google Reader widget. The portal recently announced that its blog-reading tool can now be accessed offline. And though the iPhone could access Reader through its browser, a widget would be particularly useful when speedy mobile Web access isn’t available. And why not a YouTube iPhone widget, now that YouTube is on Apple TV?

      *      *      *

途中はしょったが、要はグーグルが iPhone にとって欠かせないパートナーになるというわけだ。

アップル・グーグル同盟の噂は、WWDC を一両日後に控えてにわかに大きくなっている。

Wired Blogs [Epicenter]:”A big Google-Apple partnership next week? Bet on it.” by Fred Vogelstein:6月7日

      *      *      *

クラウド・コンピューティング(cloud computing

いつもなら、Steve Jobs がつぎにどんな動きに出るかなどと騒々しく噂をする連中には加わらないのだけれど、今回はどうにも堪(こら)えきれない。Jobs は月曜日にサンフランシスコの WWDC の舞台に立って彼が最も得意とすること、アップルの最新製品について語り、地球上でもっともカリスマチックな CEO としての座を確固たるものにすることになる。彼は多分新しい iPod や iPhone などについて発表するだろう。ひとつだけ、彼が間違いなく発表すると確信していることがある。未来にとって影響の大きいグーグルとの「クラウド・コンピューティング」(cloud computing)に関するパートナーシップだ。両社は、この数か月というも、この点に関してずっとヒントを与えてきた。そしてこのことは実に辻褄(つじつま)が合うのだ。

I don’t typically join the gaggle of folks trying to guess what Steve Jobs’ next move is going to be, but for once I can’t resist. On Monday Jobs is taking the stage at Apple’s worldwide developers conference in San Francisco to do what he does best – tell us all about Apple’s latest products and reinforce his place as the most charismatic CEO on the planet. He’ll probably announced a new Ipod, tell us more about the iPhone  etc etc. One announcement I’m almost sure of, however : A far reaching, cloud computing partnership with Google. Both companies have been hinting about it for months, and it makes perfect sense.

      *      *      *

ドット・マック(.Mac

クラウド・コンピューティング(cloud computing)は、技術の世界でいま最もホットな話題だ。アップルは完全に立ち後れていて、なんとかしなければならないと考えている。アップルはすばらしいハードを作る。しかし、クラウド・ベースのストレージ・サービスである「.Mac」(ドット・マック)については何年も改善できずにいる。.Mac では1年 100 ドルで 1GB のストレージを利用できる。その倍をタダで利用できる時代だというのにこれではお笑い草だ。

Cloud computing is the hot new thing in the world of technology right now; Apple is a complete laggard; and it knows it needs to fix it. Apple makes beautiful hardware, but it hasn’t improved on .Mac, its cloud based storage offering, in years. You get 1GB of storage on .Mac for $100. That’s laughable in an era where you can get double that for nothing.

      *      *      *

グーグルの狙い

一方グーグルは、クラウド・ベースのハードとソフトを世界の誰よりも上手に、かつ安く運用している。どうやって稼いでいるのか。検索サービスやその他のソフトで可能な限りたくさんの利用者を確保することによってだ。想像してみてほしい。マックを買ったひとが自動的にグーグルの無料アカウントを取得し、それから発生することになるアクセスの量を・・・

Meanwhile, Google runs cloud based hardware and software better and cheaper than anyone in the world right now. How does it make money? By getting as many people as possible looking at advertising alongside search and other various software offerings. Imagine all the traffic from the following: You buy a Mac and you automatically get a free Google account.

      *      *      *

得意分野を足し合わせる

グーグルの CEO でアップルの役員でもある Eric Schmidt も、アップルのボスの Steve Jobs も、二人ともその方向に向けて真正面から取り組んでいることを示唆している。私が4月に Schmidt をインタビューしたとき、いずれそういう協力関係になると彼は述べた。「アップルが解決しようとしている問題に対して、我々は完璧なバックエンドを提供できる。彼らのユーザーインターフェイスや消費者に対する判断は大変優れている。しかし彼らは、グーグルが持っているようなスーパーコンピュータ(データセンターのこと)は持っていない。彼らが得意なのはモノを作ることで、それは大変優れているのだ。」

And the hints from Eric Schmidt, Google’s CEO and Apple board member and from Apple boss Steve Jobs point squarely in that direction. Schmidt said in April in an interview with me that he envisioned just such a relationship eventually. “We’re a perfect back end to the problems that they’re trying to solve,” Schmidt told me. “They have very good judgment on user interface and people. But they don’t have this supercomputer (that Google has), which is the data centers. What they have is a manufacturing business that’s doing quite well.”

      *      *      *

失われた時の埋め合わせ

.Mac について Jobs はどう考えているのだろうか。彼は先週のD会議でつぎのように語ってそのことを認めた。「待っていてほしい。あなたのいうことはそのとおりだ。ごく近い将来、我々は失われた時の埋め合わせをするつもりだ。」

Jobs’ response to .Mac’s whithered state? In response to a question last week he actually agreed, adding “stay tuned.” said “I couldn’t agree with you more and we will make up for lost time in the very near future.”

      *      *      *

Dでのクラウド・コンピューティング(Cloud Computing)とリッチ・クライアント(Rich Client)に関する議論はいささか分かりにくかったが、こんな形に発展するものだったのか・・・

アップルにとってグーグルは大きな隠し球(隠し味)であり,その一方グーグルにとってもアップルの魅力は大きいということだ。

イノベーションの最強の組み合わせからは何が生まれるのだろうか。

      *      *      *

参考:

・Time:”iPhone’s Secret Ingredient: Google” by Jeremy Caplan:6月1日
・TheStreet.com:”Apple, Google Connect on iPhone” by Daniel Del’Re:6月7日
・Wired Blogs [Epicenter]:”A big Google-Apple partnership next week? Bet on it.” by Fred Vogelstein:6月7日
・BusinessWeek:”Could .Mac Move To Google?” by Arik Hesseldahl:6月8日
・MacNN:”Apple, Google at WWDC: .Mac, partnership?“:6月8日
・Computerworld:”Opinion: Why a .Mac-Google Apps integration makes sense” by Seth Weintraub:6月8日
・Ars Technica:”Whither .Mac?” by Charles Jade:6月9日

Technorati Tags: , , , , , , ,

広告

2007年 3月 5日

ネットの人気を左右するインフルエンサー

インフルエンザのことではない。インフルエンサー(influencer)、ネット上の人気を左右する影響力を持った、知られざるひとたちのことだ。

少し前になるが、ウォールストリートジャーナル(WSJ)がインフルエンサーについて非常に興味深い記事を載せている。

WSJ:“The Wizards of Buzz” by Jamin Warren & John Jurgensen:2月10日

大変長文の記事だが、ブログをやっているものにとってはとても興味深い話題なので、以下大要を紹介してみたい。

      *      *      *

バカ売れ海賊船

この冬、国中のあちこちで、たくさんの親が子供たちのために、床に広げたたくさんの厚紙の上に座って、カッターナイフや特別のびょうを使って海賊船を作っていた。いったい何が起きたのか。45歳の Cliff Worthington のせいだ。

This winter, many parents across the country are sitting on the floor with slabs of cardboard, box cutters and special rivets, and building pirate ships for their kids. How did this happen? Thank 45-year-old Cliff Worthington.

大阪にいるこの英語教師は、人気ウェブサイト Digg.com でこのボックスプロジェクトの話をしたのだ。その直後 MrMcGroovys.com では、ボックス用のびょうが底をついてしまった。

An English teacher in Osaka, Japan, he mentioned the box projects on a popular Web site called Digg.com. Soon, supplies of the rivets needed to make them sold out at MrMcGroovys.com.

「これだけのびょうを売るとしたら1年はかかった筈だ」と Andy McGrew はいう。彼は Mr. McGroovy’s のオーナ−で、自家製海賊船やその他のプロジェクトの青写真を無料で提供している。

“It would have taken me a year to sell that many rivets,” says Andy McGrew, owner of Mr. McGroovy’s, which offers free blueprints for the homemade pirate ships and other projects.

      *      *      *

ソーシャルネットワーキング

次回あなたが話題のウェブサイトを訪れて、おもしろいビデオクリップを見たり、変わったニュースの話を読むとすると、それはひょっとして Worthington 氏みたいなひとのせいかもしれない。新しい世代の、知られざるインフルエンサー(influencer)がネット上に生まれ始めている。いろんなウェブサイトでユーザーに好みを投票させて競わせる流行がそれに拍車を掛けている。これらは、MySpace や Facebook がもたらした熱狂的ソーシャルネットワーキング(social-networking)の第二の波なのだ。中でも Digg が一番有名だろう。いろんなラベルを貼られているが、Digg とはソーシャルブックマーキングないしはソーシャルニュースのことだ。この他にも Reddit.com(最近 Condé Nast に買収された)、Del.icio.us(Yahoo が買収)、Newsvine.com、StumbleUpon.com などがある。

The next time you visit a buzzy Web site, see a funny video clip online or read an unusual take on the news, chances are you owe it to someone like Mr. Worthington. A new generation of hidden influencers is taking root online, fueled by a growing love affair among Web sites with letting users vote on their favorite submissions. These sites are the next wave in the social-networking craze — popularized by MySpace and Facebook. Digg is one of the most prominent of these sites, which are variously labeled social bookmarking or social news. Others include Reddit.com (recently purchased by Condé Nast), Del.icio.us (bought by Yahoo), Newsvine.com and StumbleUpon.com. Netscape relaunched last June with a similar format.

      *      *      *

広告会社も注目

これらのメインユーザーの意見は、インターネット広告に大金を払わざるを得ない広告主や、若者の間で何がクールかを見定めようとしているトレンドウォッチャー、自社の製品やサービスに注意を惹く必要のある会社などにとって大変重要な意味を持つ。マーケティング会社はこれらの票を買収しようとするので、新しい形のリベート[payola:袖の下、賄賂とも]に火を付けることになるのだ。

The opinions of these key users have implications for advertisers shelling out money for Internet ads, trend watchers trying to understand what’s cool among young people, and companies whose products or services get plucked for notice. It’s even sparking a new form of payola, as marketers try to buy votes.

      *      *      *

サブカルチャー

ごく普通の、特別の影響力持つわけでもないひとたちが、カネ目的ではなく純粋にスリルを求めて、自分たちのネットワークで共有すべき話題を求めてサイバースペースを渉猟する、そんなことに取り憑かれたサブカルチャー(obsessive subculture)が生まれている。18才の Smaran Dayal もそのひとり。高校生だが、毎週40もの話題を Digg に投稿し、アップルに関する話題なら頼りになる情報源となっている。カリフォルニア Idyllwild の栄養士 Diane Put(Netscape でのハンドル名は idyll)は、健康に関するニュースの主な情報源となっていて、毎日 190 万人以上がそのサイトを訪れる。Amardeep Sahota はインパクトのある写真を探し出してくることで知られているが、最近もあるアマチュア写真家のサイトに約10万人のユニークビジター[unique visitor、重複のない訪問者数]を送り込んだ。

It’s also giving rise to an obsessive subculture of ordinary but surprisingly influential people who, usually without pay and purely for the thrill of it, are trolling cyberspace for news and ideas to share with their network. They include people like 18-year-old Smaran Dayal, a high-school student who submits some 40 stories a week on Digg and has become a go-to source there for news about Apple. Diane Put, a nutritionist in Idyllwild, Calif., known to Netscape users by her handle, “idyll,” has become a major source for health-related news on that site, which is viewed by more than 1.9 million people daily. A Reddit user known for scoping out striking images on the Web, Amardeep Sahota recently helped drive about 100,000 unique visitors to one amateur photographer’s site.

      *      *      *

投票モデル

これらのサイトの大部分は投票モデル(voting model)を採用している。メンバーは常時ウェブを見て回ってはおもしろいものを探す。ビデオクリップ、ブログの記事、ニュースなどだ。見つけたら、キャッチコピーをつけてリンクと一緒に投稿する。他のメンバーが同じようにおもしろいと思って、電子賛成票を投じてくれることを期待するのだ。十分な票が集まるとランキングが上がり、フロントページに登場して、何千何百という読者が見ることになる。人気の高い、影響力のあるメンバー(他のみんながその投稿に注目しているような)が投稿すると、フロントページに載るチャンスが大きくなるのだ。

Most sites are based on a voting model. Members look around the Web for interesting items, such as video clips, blog entries or news articles. A member then writes a catchy description and posts it, along with a link to the material, on the site, in hopes that other members find it just as interesting and show their approval with an electronic thumbs-up vote. Items that receive enough votes rise in the rankings and appear on the front page, which can be seen by hundreds of thousands of people. When an item is submitted by a popular or influential member — one whose postings are closely followed by fellow members — it can have a much better shot at making the front page.

      *      *      *

流行はどうして生まれるか

これまで長い間、どうしてビーニー・ベビー[Beanie Babies、動物のぬいぐるみ]や cardio-boxing[格闘技をベースにしたエクササイズ]のような現象が流行るのか、マーケティング会社だけでなく、好奇心を持ったひとたちまで突き止めようとしてきた。Reddit や Digg のようなサイトは、初期の段階に(場合によっては最初に)噂を広げてくれる特定のひとたちに狙いをつけることを可能にするかもしれないのだ。ただ、これらの影響力を行使するひとびと(influencer)を特定しようとすると、とても複雑で難しい。

Marketers and the merely curious have long tried to pin down how phenomena from Beanie Babies to cardio-boxing get popular. Sites like Reddit and Digg now raise the possibility that you can home in on the specific people who generated the early — or, in some cases, the first — buzz. But identifying these influencers is complicated.

      *      *      *

WSJ の分析手法

主要インフルエンサーを探し出すため、 WSJ は6つの主要なサイトの 25000 以上のエントリーを分析した。ウェブに投稿された情報を追跡するソフトを作っている Dapper という会社の助けを借りて、各サイトのホームページを30分おきにスナップショットで取り、3週間にわたって追い続けた。得られたデータには、投稿したユーザーが誰か、仲間のユーザーから何票もらったかという情報が含まれている。また、どのユーザーがコミュニティのより広い支持を獲得できたか知るために、数十人に及ぶ個人ユーザーに直接当たった。

To find the key influencers, The Wall Street Journal analyzed more than 25,000 submissions across six major sites. With the help of Dapper, a company that designs software to track information published on the Web, this analysis sifted through snapshots of the sites’ home pages every 30 minutes over three weeks. The data included which users posted the submissions and the number of votes each received from fellow users. We then contacted scores of individual users to find which ones are tracked by the wider community.

      *      *      *

90万人中の30人


[Digg ユーザー1人当たりの投稿掲載数はロングテールになっている:Publishing 2.0 から]

これらのサイトでホットエントリーのリスト入りするためには何百何千という票を得なければならないが、WSJ が調べたところ、相当数のエントリーは一握りのユーザーによるものだということが分かった。Digg では、90万人のユーザーのうち、たった30人がホームページの三分の一のエントリーを投稿している。Netscape.com では、2週間にわたってトップ人気リスト入りしていた 217 のエントリー(全体の13%)は、STONERS(実生活ではオハイオ州デイトンのコンピュータプログラマ Ed Southwood)という名前のたった一人のユーザーによるものだった。(同名のブラウザで有名になった Netscape は、今では Time Warner のユニット AOL の傘下となってニュースサイトを運営している。)

Though it can take hundreds or thousands of votes to make it onto the hot list at these sites, the Journal’s analysis found that a substantial number of submissions originated with a handful of users. At Digg, which has 900,000 registered users, 30 people were responsible for submitting one-third of postings on the home page. At Netscape.com, a single user named “STONERS” — in real life, computer programmer Ed Southwood of Dayton, Ohio — was behind fully 217 stories over the two-week period, or 13% of all stories that reached the most popular list. (Netscape, which gained fame with its namesake browser, is now owned by Time Warner’s AOL unit and operates a news site.)

      *      *      *

12歳のインフルエンサー

Reddit で最も影響力のあるインフルエンサーのひとりは、12歳の少年 Adam Fuhrer だ。トロントの閑静な郊外 Thornhill にある両親の家で、彼は自分のデスクトップコンピュータで 100 以上のサイトをモニターしている。刑事裁判、ソフトウェアの発売、お気に入りのホッケーチーム Maple Leafs などに関するニュースだ。マイクロソフトが今年 Vista を発表したときには、セキュリティ上の欠陥、値段などを論ずるエントリーを投稿し、500 を超える賛成票を獲得した。

On Reddit, one of the most influential users is 12-year-old Adam Fuhrer. At his desktop computer in his parents’ home in the quiet northern Toronto suburb of Thornhill, Mr. Fuhrer monitors more than 100 Web sites looking for news on criminal justice, software releases — and the Toronto Maple Leafs, his favorite hockey team. When Microsoft launched its Vista operating system this year, he submitted stories that discussed its security flaws and price tag, which attracted approving votes from more than 500 users.

エレキギターと iPod を除くと、「世界で一番好きなものはコンピュータだ」と Fuhrer 少年はいう。最近では6月にあるバル・ミツバー[ユダヤ教の成人式]の勉強をしている。特定のサイト(YouTube ほか)は見ないように両親によってコンテンツフィルタを掛けられているが、それでも少年はコンスタントに Reddit のトップリスト入りを果たしている。

Besides an electric guitar and an iPod, “my favorite thing in the whole world is my computer,” says Mr. Fuhrer, who has lately also been studying for his bar mitzvah in June. In spite of a content filter his parents use to block him from viewing certain sites (including YouTube), he has managed to consistently make it onto the list of Reddit’s highest performers.

「仕事中も息子のページを見ている。そして仲間に息子の手柄を喋りまくっている」と父親の Gerald Fuhrer はいう。

“I watch my son’s page while I’m at work,” says his father, Gerald Fuhrer, and “gush about his achievements to my co-workers.”

      *      *      *

リベートシステム

これらのインフルエンサーを隠していたカーテンを開けるのは問題が多い。多くのサイトは、リベート[payola:袖の下、賄賂とも]の可能性を高め、システムをゲーム化することになると懸念する。昨年夏、Digg の一群のトップユーザーたちがお互いのエントリーに票を投じ合って、その存在を増幅していると、一部のブロガーから非難を受けた。

Pulling back the curtain on these hidden influencers is a controversial subject. Many of these sites say it can heighten the risk of payola and attempts to game the system. Last summer, some bloggers posted accusations that a cabal of top Digg users were banding together to vote for one another’s stories, thereby boosting their profiles.

リベートシステム(Payola schemes)は、これらのサイトが採用している投票方法に依存している。マーケティング会社の一部のものが、Digg ないしは他のソーシャルブックマーキングサイトのトップページに顧客を載せることを約束し、その代わり料金を取るというものだ。その約束を実行するため、マーケティング会社は自分のサイトで、顧客にリンクされたエントリーに賛成票を投じてくれればカネを払うといってメンバーを募る。もし、カネを支払われた十分な数のメンバーがすべてそのエントリーに投票すれば、理論上は顧客をトップページに押し上げることができ、顧客は広くネット上に露出されることになる。これに対し、Digg や他のサイトは、みんなが一致してやろうとすればそれを検知する防御措置があるといっている。

Payola schemes depend on the voting system these sites employ. Some marketing companies promise clients they can get a client front-page exposure on Digg or one of the other social-bookmarking sites in exchange for a fee, according to marketers. To deliver on that promise, the company then recruits members at the site, offering to pay them for thumbs-up votes on the posting that links to the client. If enough paid-off members all vote for that posting, it could theoretically push the client’s link onto the front, where it receives wide exposure. Digg and other sites say their systems have safeguards that can detect concerted attempts.

      *      *      *

終わりなきプロセス

この追いつ追われつのイタチごっこの中心地は、サンフランシスコの Potrero Hill の近くにある Digg の本部だ。ここでは専用モニターが全てのエントリーに目を通す。禁止された内容、ユーザーが人気度を押し上げ、あるいはそれにカネを出すという共謀の証拠などをチェックする。Digg の36才の共同設立者で CEO の Jay Adelson によれば、ユーザーの投票を分析し、エントリーの人気度を決めるのに使われるアルゴリズムを磨くことは終わりなきプロセスだという。

Ground zero of this cat-and-mouse game is the headquarters of Digg in San Francisco’s Potrero Hill neighborhood. Here, dedicated site monitors track every submission that comes in, looking for restricted content and evidence of users colluding to drive up an entry’s popularity or plugging services for pay. Jay Adelson, Digg’s 36-year-old co-founder and chief executive, says refining the algorithms that analyze users’ votes and determines a submission’s popularity rank is a constant process.

      *      *      *

ユーザーランキング

先週 Digg は、もっとドラスティックな手段をとった。ユーザーランキング(user rankings)を引っ込めたのだ。このランキングはみんながベストエントリーを選ぶよう仕向ける。「システムを操ろうとするひとたちのターゲットになってきているからだ」と Adelson 氏はいう。

Last week, Digg took a more dramatic step, pulling down the user rankings that had served as a prod to people on the site to post their best findings. “It became a target for those trying to manipulate the system,” Mr. Adelson says.

      *      *      *

ゲームのコスト

このゲームの対極にいるのが User/Submitter.com のような会社だ。これらの会社は、ユーザーが Digg.com に「投票」(digging)することで簡単にカネを稼げる(easy money)と約束する。そのやり方はとても簡単だ。ユーザーは1回投票するごとに1ドル払うよう Digg.com に要求する。すると Digg.com がユーザーに支払うというわけ。ユーザーは3票(diggs)につき50セントを稼ぎ、残りは User/Submitter のポケットに入る。だいたいどの時点でも、Digg のトップのエントリーは 800 から 3000 票だから、広告キャンペーンがうまくいった場合のコストは数千ドルになる。WSJ が接触した複数の User/Submitter.com 代表たち(身元を伏せた)は、同社が顧客を Digg のホームページに載せることに成功していると述べた。

On the other side of this battle are companies like User/Submitter.com. The site promises to pay users “easy money” for “digging,” or voting on, links on Digg.com. Its offer is simple: Pay User/Submitter $1 for every “digg,” or vote, you request and in turn it’ll pay a user. Users can earn 50 cents for every three “diggs,” and User/Submitter pockets the difference. At any given time, a top submission on Digg has anywhere from 800 to 3,000 votes, meaning a successful campaign could cost thousands of dollars. When contacted by the Journal, representatives of User/Submitter.com declined to identify themselves but said the company has successfully placed items on Digg’s home page on behalf of its clients.

Digg ユーザーの Karim Yergaliyev は12月に追放された。国際電話のサービスプロバイダ Jetnumbers にリンクを貼ったためだ。同社からリンクに対する報酬をオファーされた(が受けなかった)複数のユーザーが、事前にこの件を Digg に通知していた。Yergaliyev 氏(オンライン上のハンドルネームは「supernova17」)は、実際には報酬を受け取っていないといっている。Digg は彼を復帰させることに同意した。Jetnumbers は、同サイトに触れてくれた Digg ユーザーに対して30回までの無料使用を提供したといっている。「我が社の名前を PR するのが私の仕事だ」と Nathan Schorr(Jetnumbers のビジネス開発マネージャ)はいう。

In December, Digg user Karim Yergaliyev was banned from the site after submitting a link to Jetnumbers, an international phone service provider. Other users who said they were offered compensation by the company to plug it — but didn’t accept — had previously notified Digg of the offer. Mr. Yergaliyev, who uses the name “supernova17″ online, says he didn’t actually receive any compensation from the company. Digg agreed to reinstate him. Jetnumbers says it offered a free trial to 30 Digg users in exchange for a mention on the site. “It’s my job to get our name out,” says Nathan Schorr, business development manager for the company.

      *      *      *

モデルへの批判

これらのサイトの人気は否定できないが、投票でコンテンツを選別するモデル(model of filtering content)が、伝統的なメディアにとって代わり得るかどうかについては今でも議論がある。投票サイトという手法の方が、ビジネスリーダーにとって大切なものをより早く抽出できるというひともいる。

Though these sites are undeniably popular, there’s ongoing debate about whether the model of filtering content through voting ultimately will pose a challenge to traditional media. Some say the voting-site approach can more quickly distill what’s important for busy readers.

しかしこれは、借用されたコンテンツの集約(aggregate of borrowed content)に過ぎず、比較的少数のブログ集団へのリンクに過ぎないという批判もある。確かに取り上げられたウェブサイトにアクセスを急増させるが、急増現象は一時的であることが多い。「相手の気持ちをこちらが変え得るというのが影響力の意味だが、相手が必ずしもそうするわけではない」と Duncan Watts(コロンビア大社会学教授)はいう。

But critics say it’s simply an aggregate of borrowed content and links to a relatively small pool of blogs. And while they sometimes drive traffic to Web sites that are spotlighted, the spike can be temporary. “Influence implies that I can change your mind and they’re not necessarily doing that,” says Duncan Watts, a professor of sociology at Columbia University.

      *      *      *

うまくやるコツ

17才の Henry Wang が、毎月 2000 万人の Digg ユーザーを惹き付ける情報を見つける仕事に取りかかるのは、テニスの練習が終わった後だ。Wang 氏はイリノイ州オーロラの Illinois Mathematics and Science Academy の3年生で、Digg に割く時間は1日3時間だ。ある時点で彼はナンバ−2のユーザーだった。彼はそのことを大学受験の願書に特記した。

For 17-year-old Henry Wang, the job of finding compelling information for Digg’s 20 million monthly users starts when tennis practice ends. Mr. Wang, a senior at Illinois Mathematics and Science Academy in Aurora, Ill., says he spends three hours a day doing his Digg work, and highlighted his success on the site — at one point, he was ranked the No. 2 user — on his college applications.

Digg ユーザーになって3か月ほどして、初めてあまりぱっとしない投稿をしたとき、どうしたらうまくいくのか考えついた。科学と技術の分野の話題に絞るのだ。もともと Digg ユーザーの大部分はこの分野に興味を持っているからだ。しかし目立つためには、ときどき変化球的な記事を投稿することだ。コンピュータ科学の背後にある乱数公式を説明したサイトへのリンクでは、600 以上の票とフロントページへの掲載を確保できた。次の投稿は物体の直径(陽子対電子のような)をビジュアルに比較したものだったが、これも急激にランクを駆け上った。

After first posting some duds, three months after joining he says he finally figured out what works: Focus primarily on science and technology, fields that a bigger percentage of Digg users are naturally interested in, but throw in the occasional oddball story to stand out. His link to a site that explains the formula behind randomness in computer science earned more than 600 Diggs and a spot on the front page. His next post, a visual comparison of the diameter between objects (protons vs. electrons, among others), also rose quickly.

      *      *      *

Netscape への売り込み

昨年 Wang 氏は自分の技術を Netscape に売り込んだ。他のサイトでは無料でやっていたのに Netscape は彼に対し毎月 1000 ドルを支払った。これは彼にとって初めての有給の仕事だった。Wang 氏はこの仕事について友人とあまり話をしないという。摩擦を起こしたくないからだ。「彼らはスターバックスで長時間やっている。私は一日中コンピュータの前に座っているのだ。」

Last year, Mr. Wang took his skills to Netscape, which pays him $1,000 a month to do what he was already doing for free elsewhere. It’s his first paying job. Mr. Wang says he doesn’t talk about the gig with his friends very often because he doesn’t want to rub it in: “They’re working long hours at Starbucks and I’m at the computer all day.”

      *      *      *

恐ろしいほどだった

Henry Wang に大変感謝しているというサイトのひとつが Famster.com だ。MySpace.com に似ているが、Famster の主たる対象は家族だ。メンバーが自分のサイトを作って、写真や家族の系図から、ブログエントリーまでなんでも追跡記録できる。Famster が昨年8月7日に開設したときは、ほんのパラパラとしかアクセスがなかったという。

One site that says it has a lot to thank Henry Wang for is Famster.com. Similar to MySpace.com but aimed primarily at families, Famster allows people to set up their own sites to keep track of everything from photos to family trees and blog entries. When it went live on August 7 of last year, the site says it had only a trickle of visitors.

Wang 氏は Digg につぎのようなコメントをつけてリンクを貼った。「これだけの機能を備えているのにみんなに知られていなんて信じられない。写真のシェアも、ビデオのストリーミングも可能、さらにはブログも、ファイルのアップロードも、また RSS フィードの追跡も可能だ・・・すべてがあっという間! しかもタダ! バカげてる。」その5日後、1700 人以上のユーザーがリンクに投票、その結果、Digg のホームページに掲載された一週週間の間、Famster へのアクセスは1日当たり5万ユニークビジター[unique visitor、重複のない訪問者数]に達した。「恐ろしいほどだった」と Bryan Opfer(同サイトの CTO、最高技術責任者)はいう。

Five days later, Mr. Wang posted a link to it on Digg, with the comment, “I can’t believe that this site isn’t widely known, even with all its features: share photos, stream videos, create a blog, upload files, keep track of RSS feeds… all in Flash? and for free? Ridiculous.” More than 1,700 users voted on the link, driving traffic to Famster up to 50,000 unique visitors per day during the week it was on Digg’s home page. “I was in awe,” says Bryan Opfer, the site’s chief technology officer.

      *      *      *

みんなの集合知がネットの人気度を決めるというのは幻想だということか・・・

アクセス数やブックマーク数が違って見えてくる。

こういう分析が出来るのはさすが WSJ だと思う。

この記事の最後には20人のインフルエンサーが顔写真付きで紹介されている。そのひとりが記事の冒頭に登場した大阪在住のひと。

喧(かまびす)しいストックオプションスキャンダルも、もともとは WSJ の調査が一石を投じた結果だともいわれている。

全貌の把握がむずかしい事態に遭遇したとき、どう対処するかでメディアの真価が決まるということなのだろう。

インフルエンサーについては、メディア・パブに簡にして要を得たすばらしい記事がある。その後の状況や日本についても触れられている。

メディア・パブ:“ソーシャルサイト,一部インフルエンサーが牛耳る心配も” by Kilimanjaro:2月15日

      *      *      *

参考:

・WSJ:“The Wizards of Buzz” by Jamin Warren & John Jurgensen:2月10日

・Publishing 2.0:“Digg Tries To Flatten The Head Of Its Long Tail Participation Curve” by Scott Karp:2月2日

・メディア・パブ:“ソーシャルサイト,一部インフルエンサーが牛耳る心配も” by Kilimanjaro:2月15日

Technorati Tags: Digg, Influencer

2005年 12月 26日

IE の終焉:ソースコードを公開したら?

ながい間更新をほったらかされていた Internet Explorer for Mac だが、遂にサポートも終ることとなった。

マイクロソフトのダウンロードサイト mactopia は、12月22日付けで次のように通知している。

Internet Explorer ユーザーの皆様へ

(マイクロソフト マッキントッシュ ビジネス ユニットは)2005 年 12 月 31 日をもちまして Internet Explorer 5.1.7 および Internet Explorer 5.2.3 の無償サポートを終了いたします。・・・

加えて、2006 年 1 月 31 日をもちまして、当 Web サイトからの Internet Explorer 5.1.7 および Internet Explorer 5.2.3 の提供も終了いたします。今後は Apple 社の Safari 等の最新の Web ブラウザをお使いいただくことをお奨めします。

このニュースを知った大方の反応は、マックには Safari や Firefox があるので痛痒を感じないというものだった。

その中で BBC の Bill Thompson がおもしろい発言をしている。マック用 IE のソースコードを公開してはどうかというのだ。

・BBC:”Give Mac Explorer to the people” by Bill Thompson:12月23日

まず Bill Thompson は、マイクロソフトが独自仕様の ActiveX を使うため(通常は Java や Javascript を使う)、IE でないとアクセスできないサイトが生じることを問題視する。

The main reason is that many Microsoft-based sites use a technology called ActiveX to embed active content in their web pages. ActiveX is essentially a Windows-only way of doing the sorts of things that a standards-based website would use Java or Javascript for, and it is not supported by the standard releases of Firefox.

これは、長年にわたるマイクロソフトのユーザー囲い込み策の結果であり、ActiveX の仕様を変更することによりいつでも競争相手を閉め出せるということでもある。

This is hardly an ideal solution, and of course if Microsoft decides to change the ActiveX specification, which it may do at any time since they own it, then all the third-party software will stop working. … it can cut that support from users of a competing operating system and leave them potentially locked out of sites.

本来オープンであるべき情報システムが、ある特定のクローズド・システムに準拠して構築されたがために引き起こされた問題だという訳だ。

That’s the danger of building an open information system on closed standards. Microsoft’s behaviour over IE on the Mac is simply the latest example, and highlights a number of serious issues with the closed, proprietary approach to software development that characterises most of the industry today.

ハリケーン・カトリーナのとき IE でないとアクセスできない問題が生じたことも同根であり、今回のサポート終了もアップルに対する報復措置とみる向きが多いと指摘する。

The result has been a large number of companies who have developed a web presence that either requires or certainly benefits from the use of IE. In one famous example, victims of Hurricane Katrina who wanted to apply for public support could only do so if they used IE as their browse.

… this confound many of their critics, who see the decision to drop IE support as a retaliation against the new-found popularity of the Mac with the iPod generation…

マイクロソフトは EU と大きな問題を抱えているが、もしここで、マック IE のソースコードをなんらかの形で公開すれば、オープンソース・コミュニティの信頼が得られるだけでなく、EU にも好印象を与えることができるだろう、という。

Microsoft is currently in trouble with the European authorities over its failure to give competitors access to details of its server software after a ruling in March 2004. It may be fined up to 2m euros (£1.36m; $2.4m) a day if it does not comply.

If the company really wants to show that it has changed its approach to business it could take the radical step of placing the source code for the Mac version of IE into the hands of users.

… it would give it a massive credibility boost with the free/open source community.

なかなか傾聴に値する意見だと思うが、ビジネスウィークもこの記事をフォローして同感の意を表している。

・BusinessWeek:”Bye-Bye Explorer” by Arik Hesseldahl:12月23日

単にマック版の IE が消え去るだけという問題ではないようだ。

Technorati Tags:

2005年 11月 28日

メモとしてのブログ

Filed under: インターネット — shiro @ 20:32
Tags: , ,

ブログを自分のメモとして利用している。

tool

非公開で読者は自分ひとりだ。体裁かまわず、メモ用紙の要領で何でも書きとめておく。

ちょっとしたひとこと、ネットでみた画像、あとで引用したい文章などなど。

結構これが便利だ。どこでも書き込めるし、どこでも引き出せる。バーチャルな引き出しが空中にあるような感じ。

本来たくさんのひとに見てもらいたいブログを、自分のためだけに使うのは邪道だと思っていたら、どうやらそうでもないらしい。

ブログをツールとして使っているという記事をみつけた。(Using blogs as a tool

I am working on a new book and doing a lot of research on the Net. I set up a blog (private, pw protected) then publish postings with links to articles, sites, blogs etc relating to my subject, and add my own notes to myself. Categories and everything. This is faster, more detailed and more flexible for reviewing my sources, developing my ideas, and will be great for tracing the info I’ll later need for footnotes and bibliographies.

本を書いたり、リサーチをするために、自分用の資料保管庫としてブログを使っているというのだ。

ブログをメモとして使う効用は、意外と大きいのかもしれない。

Technorati Tags:

2005年 10月 30日

Nvu:すごい HTML エディタをみつけた

いつか自分で HTML が書けるようになりたい。・・・プログラム音痴の見果てぬ夢だ。

ところが、ところが・・・である。

nvu_logo

筆者のようなプログラム音痴でもなんとかなりそうなソフトをみつけた。オープンソースの HTML エディタ(ホームページ編集ソフト)「Nvu 1.0」だ。new view という意味でエヌ・ビューと発音する。

ワープロと同じ要領で書いて、それを「ソース」モードに切り替えるだけで HTML の文書が出来上がる。

モード画面を切り替えるだけ

normal

まず「ノーマル」モードにして、ポップアップメニューから、これはタイトル、これは小見出し、そしてこれは本文という具合に、ワープロの要領で入力していく。

source

入力が済んだところで、「ソース」モードに切り替えると、なんとなんと、タグのはいった HTML ファイルがちゃんと出来上がっているのだ。まるで HTML の自動翻訳機だ。

写真も「イメージ」ボタンを使えば簡単に挿入できる。

HTML の知識はまったく不要。ワープロさえできればいい。こんなのってアリか?

保存したファイルが確かにブラウザで見れたときはさすがに感激した。プログラム音痴でもできる!

タグも分かる

実は、もっとすごいことがある。HTML タグが見れるのだ。

お手本にしたいサイトのソースコードを「ソース」モードにコピー&ペーストする。

そして、「タグ」モードに切り替えると、どの部分がどのタグに該当するか、ちゃんとマークして表示されるのだ。

tag

ページとタグの対応は、試行錯誤で少しずついじって調べるのがこれまでのやり方だったのではないだろうか。この「タグ」モードのおかげで煩雑な作業を繰り返す必要がなくなる。真似したい部分のコードを、ピンポイントで探すことができる。

お手本の真似をしたいけれどどこをどうしてよいか分からないと思っていたひとにとって、まさしくこれは福音だ。

開発者は Daniel Glazman

Nvu は 「Mozilla Composer」から生まれた WYSIWYG のホームページ編集ソフト(HTML Editor)。Cross-platform の OS に対応する。元 Netscape にいた Daniel Glazman がその開発者だ。

MozillaNews に載ったインタビューが興味深い。(Interview with Daniel Glazman, Head NVu Developer

Mozilla の流れを汲むが、独立した HTML エディタ(a standalone extended Web editor based on Mozilla)として開発されたこと、厳密に XHTML をサポートしていること、まだ若い Gecko をうまく取り込むのに苦心したことなどに触れている。

また、CSS エディタとしても十分強力だが、もっと直感的で使いやすいものにしたいとも述べている。

I also want to spend some time on CaScadeS, the CSS editor in Nvu. It’s already powerful, but we could do much better, much more intuitive. Oh, and because JavaScript is the worst invention of all time, a behaviours editor is needed.

入門講座が欲しい

Nvu を使った入門講座を誰かに書いてほしいと思う。Nvu のマニュアルや HTML の文法書のことではない。

タイトルヘッダーに画像をいれるとか、サイドバーにアクセスカウンタを表示するとか、なにかひとつの事柄に絞って、理屈が分からなくても HTML で記述されたサンプルをコピー&ペーストすればなんとかなる、そんな入門講座のことだ。そう TypePad で連載中の、あんな講座のことだ。

Nvu を使ったそんな楽しい講座を誰か書いてくれないものか。ヒット間違いなしだと思うけれど・・・

それにしても、こんなスグレモノがあることを、どうしてブログデザインの先達は教えてくれなかったのだろうか。

こんなスグレモノが、マック用・ウインドウズ用・リナックス用と三つとも揃っていて、しかもタダだなんて!

(ダウンロードはここ。)

Technorati Tags: , ,

2005年 10月 2日

カスタム CSS 講座

Filed under: インターネット,プログラミング — shiro @ 14:26
Tags: , , ,

シックス・アパートの「カスタム CSS 講座」が始まった!

typepad

以前掲載されたメモ機能を使ったカスタム・サイドバーの作り方も大変参考になったが、こんどは CSS だというので期待が大きい。

カスタム CSS は、新しくなった TypePad 1.6 のウリのひとつで、デザインの一部分だけをピンポイントでカスタマイズできるのだという。

金子順氏による今回の記事にも、CSS を記述する部分がサンプルとして添えられているので、筆者のようなプログラミング音痴でもコピー&ペーストするだけでできるところがありがたい。

練習用のブログを作って、ステップ・バイ・ステップの指示に従ったら、できた、できた、ちゃんと出来た。ただし、CSS 記述の部分はコピー&ペーストしただけだが・・・

短い CSS 記述の部分すら理解できない自分の無知さ加減には我ながら嫌気がさした。ネットで探したら、W3C に Dave Raggett の解説邦訳)があったので、これを機会に少し勉強してみよう。

新しくなった TypePad には、30 種類近くのデザインテーマが準備されて、選択の幅がぐーんと広がった。しかし自分が使うとなると、ついこの部分をこうしたい、あの部分をああしたいと思ってしまう。

今回の講座で勉強して、自分でもいじれるようになればうれしい。「カスタム CSS 講座」熱烈大歓迎である。

これからどういうテーマが登場するか楽しみだが、テーマを公募してみてはどうだろうか。きっといろんな希望が出てくるのではないか。料理するのはシックス・アパートの一流プログラマーだから本当に楽しみだ。

個人的には、テーマやタイトルをカラー地に白抜き文字で書く方法とか、サイドバーからコメント欄を呼び出す方法などに興味がある。

これからは、TypePad のホームページを開くのが楽しみだ。

Technorati Tags: ,

(more…)

2005年 9月 27日

Dan Gillmor in Tokyo

Filed under: ひと,インターネット,ブログ — shiro @ 21:55
Tags: , ,

昨夜は興奮して眠れなかった。なにしろ世界のトップ・ブロガー Dan Gillmor 氏に会えたのだから・・・

Dan282

「米国の参加型ジャーナリズム:ダン・ギルモア氏を囲んで」が、銀座のアップルストアで開かれた。3階の会場はほぼ満席だった。(Whirlwind in Tokyo

司会者の話では、日本の錚々たるブロガーが参集しているという。お互いに顔見知りという感じのひとが多そうだった。いたるところでラップトップが開かれている。

紹介もないまま Q&A が始まった。ギルモア氏は強行軍でいささかお疲れのようだったが、それでも質問に一生懸命答えようとする氏の真摯さが印象的だった。サンノゼ・マーキュリーの大記者だったのに、全然高ぶったところがない。

Dan286

発言の端々から、ジャーナリズムに対する氏の思い入れがいかに大きいか感じさせられる。

・読者数の多寡でブログの善し悪しが決まるわけではない

・トップ・テンより、ボトム・テンミリオンにポテンシャルがある

・家族や15人未満の読者でも、熱心な読者(passionate reader)であればコミュニケーションの質は高い

・ジャーナリズムの要諦は、正確で偏らないことだ(accurate、fair、independent、not-biased) 間違ったら誤りを訂正すること(correct mistake)を厭ってはならない

・大手メディアについて、ジャーナリズム精神が生き残っていくことは疑いない

・しかし、収益を生むビジネスモデルとして生き残れるかとなるとよく判らない

・これまで収益の大宗を占めていた案内広告(classified ad)という分野が急速に消滅しつつあるからだ

・オリジナルなレポーティングだけでなく、他人の書いたものにコメントをすること(commentary)もジャーナリズムだ

・ジャーナリストとして食っていけるかどうかということよりよき市民であることが重要

・前のブログではずいぶん荒らし(troll)にあったこともあるが、いまでは実名とメールアドレスを明らかにできるひとだけに参加してもらっている

集まった聴衆も、真面目でいい感じだった。プレス発表とコンピュータのユーザークラブを足して二で割ったような雰囲気・・・

写真、録音、録画、ブログのどれも全部認められてなんでも可能だ。コンピュータにせっせと打ち込んでいるひとも多い。あとで調べたら、会場からライブでブログしているひともいた。(例えば、ここここ。)

二次会も楽しかった。若い人、比較的若いひとがほとんど。駆け出しのブロガーにも親切だ。

ダン・ギルモア氏とは、握手をし、直接話もでき、サインまでもらってしまった。

ブログを始めてたったひと月なのに、ブログ界の第一人者に会うことができて望外の幸せだ。ダン・ギルモア氏と、この会を企画された方々に心より感謝申し上げる。

Technorati Tags: ,

2005年 9月 18日

カスタム・サイドバーへどうぞ

新しくなった TypePad 1.6 の入門記事はおもしろい。

happy_2

カスタム TypeList でトフをあなたのブログに」がそれだ。サイドバーにマスコット人形の「トフ」を表示させる。

説明どおりやれば、サイドバーにかわいいトフが登場する。HTML の予備知識がなくても、ステップ・バイ・ステップで説明されているのでとても簡単だ。

新しい項目をサイドバーに追加するために HTML を書き込むところがミソだが、書けなくても心配ない。コピー&ペーストするだけでよい出来合いの HTML が準備されているからだ。

HTML を多少かじったことのあるひとなら、自分用にカスタマイズするのもそんなにむずかしくないのではないか。

コピー&ペースすれば初心者でもできるこんな形で、いろいろなサンプルを載せてほしい。きっと名物記事になるだろう。

個人的希望としては、サイドバーからコメント欄が呼び出せたらいいなと思っている。

サイドバーに載せたいものを公募してみたら、意外とおもしろい案が集まるのではないか。カスタマイズ・コンテストというテもある。

こんなことをやってくれるブログサイトができたらきっとヒットすると思うけれど・・・

Technorati Tags:

2005年 9月 15日

ブログのコメント欄

Filed under: インターネット,ブログ — shiro @ 21:13
Tags: , ,

たいして長い記事でもないのに、その下に空っぽのコメント欄がぶら下がっているのはあまり格好よくない。

zerocoment,jpg

また、フッターに「コメント(0)」がずらずらと並ぶのも、なかなか売れない陳列棚みたいであまりいい気持ちではない。

そんな訳でコメント欄はオフにして、表示させないようにしている。

それだけではない。

ブログを始めるにあたって、荒れる掲示板のイメージがあって逡巡した。こちらでコントロールできない悪意の書き込みをされたらどうしようと不安に思ったものだ。

コメント欄がブログに双方向性をもたらす、だから素晴らしいのだと頭では理解していても、大通りに面した家の玄関が開けっ放しになっているような居心地の悪さを覚えた。

シックス・アパートが最近 TypePad をアップグレードしたが、そのウリのひとつがコメントやトラックバックのスパム対策だ。

受信したコメントやトラックバックを、一時保留して内容をチェックしたうえで、問題のないものだけを掲載できるようにする。問題のある受信を禁止リストに載せるのもワンクリックだ。

こういう機能が求められるのも、現に荒らしとかスパムが存在するからだろう。

最近 Dan Gillmor のサイトに載った記事もそれを窺わせる。(A Time Out for Our Resident Troll) 詳しいことは分からないが、どうやら荒らしにあってついにコメントを投稿停止にしたということらしい。

大ブロガーのサイトと違って、初心者のブログはコメントをとることなぞ期待できまいと、コメント欄をオフにしてしまったが、でも考えるとそれも残念である。なんらかの形で感想や意見が届く方法を残しておきたい気もする。

そう考えていたら、いい例があった。山根一眞氏オフィシャルサイトの「お問い合せ」というページだ。クリックすると、コメント欄に似た入力欄と、

山根事務所(山根一眞、山根一城)へのメールによるメッセージ、お問い合せ、ご依頼などは、以下の欄にご記入の上【送信】ボタンをクリックしてください。

という指示がでる。

送信内容は相手に届くだけで、外部には表示されない。したがって、荒らしやスパムの対象にはならない。

さすがと思ったのは、「送信内容のコピーを自分宛にも送る」というボタンが準備されていることだ。送信ボタンを押した瞬間にすべてが消えて、コピーしておかなかったのを悔やむことが多いのでこれはありがたい。

通常のコメント欄のほかに、サイドバーに「お問い合せ」とか「ご感想」というボタンを作って、ワンクリックで書式が呼び出せるようにしてはどうか。

新しい TypePad 1.6 はサイドバーにも大幅な充実を図っている。

Podcasting 対応の仕掛けは宮川逹彦氏が一晩で書いたそうだ。そんな素晴らしいプログラマーを抱えるシックス・アパートなら、サイドバーに感想ボタンを作るぐらい雑作もないだろう。

そんなボタンが定着すれば、シックス・アパートはまたひとつブログ標準を打ち立てたことになる。

Technorati Tags: ,

2005年 9月 13日

ぐ〜んと自由度を増した TypePad 1.6

Filed under: インターネット,ブログ — shiro @ 19:23
Tags: , ,

昨日は新しい TypePad 1.6 が公開された。

typepad162

更新作業が昼過ぎまでかかって、自分のブログにもアクセスできない状態が続いたが、結果は待った甲斐のあるうれしいものだった。

たくさんの機能が追加されて TypePad のサイトが面目を一新した。

筆者のような初心者ブロガーにとって特にうれしいのは、スタイリッシュなインターフェイスがたくさん準備されたことだ。ぐ〜んと自由度が増した感じだ。

theme22

例えばテンプレートビルダーに「テーマ」という項目が追加されて、二つ三つボタンをクリックするだけで、自分の稚拙なデザインがプロ仕様にガラリと変わるのだからこたえられない。うれしくて一晩中あれこれ試しては悦に入っていた。

新しいテンプレートを使ったブログが早速登場しているところをみると、みんなに歓迎されている証拠だと思う。

もっとも自分の方は、元の稚拙なデザインに戻ってしまった。スタイリッシュなデザインだと、テキストの部分が読みにくいのだ。テキストはやっぱり白地に限る。きれいなデザインか、読みやすさかで悩んでしまった。

格好いいタイトルバナーやサイドバーの一部だけを抜きとって使えないものかと、新しく追加された「カスタム CSS」を開いてみたが、

下のテキスト・ボックスに、独自のCSS(カスケーディング・スタイル・シート)を定義することで、ブログのデザインをカスタマイズできます。CSSをを利用すると、ブログの文字色、フォント、文字サイズを指定したり、レイアウトを変更することもが可能です。このページでCSSを定義すると、選択したテーマのCSSが拡張されます。CSSで指定するIDClassは、ブログのHTMLのソースをブラウザなどで表示して確認してください。

なお、カスタムCSS機能について、テクニカル・サポートは提供しておりませんので、ご了承ください。CSSについての詳細は、World Wide Web Consortium CSSに関するドキュメント(英文)をご覧ください.

とあるだけで、具体的なやり方が分からない。

折角素晴らしい機能が追加されたのだから、次は解説欄の充実を望みたい。

例えば、タイトルバナーに画像を入れる方法とか、色付き背景に白抜き文字を書く方法とか、具体例で CSS や上級テンプレートのいじり方を解説するページが欲しい。

HTML のド素人でも分かるような解説ベージを是非ともお願いしたい。

デザイン以外にも、コメント・トラックバックのスパム対策とか、携帯からのログインとか、ポッドキャスティングへの対応とか、実に盛りだくさんだ。

ひと月ほど前にブログを始めたとき、ブログ標準を開発したシックス・アパート社だからと思って TypePad を選んだが、ほんとによかったと思う。

ココログやブログ人など TypePad と連携しているブログサービスも遠からずこの機能を提供しはじめると思う。

シックス・アパートは、今後も高いカスタマイズ性、Movable Type との親和性など、分かりやすさ、使いやすさを追求する方針のようなので、大いに期待している。

Technorati Tags:

次ページへ »