maclalalaweblog

2007年 6月 17日

アップルバッシングが始まるぞ:FSJ

Filed under: ひと,アップル,ユーモア — shiro @ 11:53
Tags: , ,

jobs_rdf1

Steve Jobs が愛読しているといったせいでもあるまいが、「偽 Jobs」(FSJ:Fake Steve Jobs)がとても興味深い記事を書いている。

The Secret Diary of Steve Jobs:”Apple faithful, we must prepare together for the media backlash“:6月16日

      *      *      *

アップルファンよ、上の写真で自己催眠をかけてくれ。アンチアップルの記事がどっと押し寄せてくるから。ほんとに始まりそうなんだよ・・・

Apple fans, re-hypnotize yourselves with the photo above and get ready for the wave of anti-Apple stories, because I can feel it coming…

      *      *      *

ライターなんて・・・

ライターは、話を書いてもコントロールはできない。我々はついライターを非難してしまうが、実のところ彼らに罪はない。彼らは、やれといわれたことをやっているに過ぎない。彼らは求めに応じて書いているだけだ。ヒーローが何かを達成し、勝利する。そして大失敗し、転落する。それから、埃を払って障害を克服し、リングに立ち戻る、などなど。ライターは話をおもしろくする彩りを添えるだけだ。

It’s also worth remembering that the writers don’t have any control either. We tend to blame the reporters but really it’s not their fault. They have to do as they’re told. The story has certain demands. Heroes achieve things and win; then they fuck up and fall; then they dust themselves off and overcome obstacles and climb back into the ring, blah blah blah. The writers just make up the details to keep it colorful.

      *      *      *

アップルバッシングの始まりだ

ともかく、バッシングが始まる。いずれ、ひとより頭がいいと考えるバカが、ひととは逆の、アップルなんてクズだという「コントラリアン」[contrarian:反対意見の:逆バリ専門の投資家の意から]記事を書き始める。実のところ、これは決して「コントラリアン」的ではない。必然なのだ。我々みんながその一部である、大掛かりなドラマの展開にはつきものなのだ。ともあれ、そいつは自分が大物で、みんなが言い出す前に大声で話せると考えている。なぜかって? メディアで食を食(は)んでいるバカどもは、たいていが無慈悲で、自らが進行しつつある大掛かりなドラマの一部に過ぎないということが分かっていないからだ。彼らは映画マトリックスに出てくるポッドにはいった人間と同じだ。自分の生きている現実が分からないまま、ひたすらコンピュータの中に自分を混ぜ込んでいるのだ。彼らは自分が書いているソープオペラに利用されているだけだということに気付いていない。特ダネを書いているとばかり信じ込んでいる間抜けだ。これまで会ったジャーナリストはみな、信じられないほどのウブか、知識はさしてないのにエゴだけはバカデカイかのどちらかだ。インタビューの相手より自分の方がずっと賢いと思い込んでいるようなヤツばかりだ。そうでもなきゃ、こんな仕事はやってられない。

Anyway, the backlash is coming. Sooner rather than later some a-hole who thinks he’s really smart is going to write the “contrarian” piece saying Apple is crap. Of course this point of view is not really contrarian at all; in fact it’s inevitable, and it’s a requirement of the overarching narrative that we’re all part of. But whatever. He’ll think he’s a big bad ass who’s figured something out before everyone else and dares to say it out loud. You know why this is? Because most of the poor dimwits who work in the media are so clueless that they don’t realize they’re part of a big overarching ongoing story. They’re like the pod people in “The Matrix,” churning away at their computers, totally unaware of the reality in which they’re living. They don’t realize that they’re just harnessed to the soap opera that’s writing itself with or without them; most of them really think they’re “breaking” stories and shaping the news. Poor saps. The fact is that all the journalists I’ve ever met boasted a combination of incredible naivete and limited intelligence with an exaggerated sense of self-importance and a wrongheaded belief that they are a great deal smarter than the people they interview. Without those things you just couldn’t do their job.

      *      *      *

バッシングのシナリオ

で、今回の場合だが、バッシングは***な[悪口省略]Dvorak から始まった。アップル株の空売り[shorting]を始めるときがきたと彼はいう。つい最近の WWDC のキーノートでは、めぼしいものがなかったとみんな不満たらたらだ。メディアのすごいところは、この進行中のドラマが完全に予測可能だったといってしまうところだ。昨日 Steve Dowling[アップルのスポークスマン]と一緒に PR 戦略を検討し、彼らがどうでるか予想した。たとえばこんなことだ。

In our case right now the backlash started with Dvorak, that grumpy old liver-spotted bastard, saying maybe it’s time to start shorting Apple stock. More recently we’ve seen the general grumbling about the WWDC keynote and how it lacked sparkle. The great thing about the press and their ongoing narrative is that this makes them utterly friggin predictable. Steve Dowling and I sat around yesterday in a PR strategy session and mapped out exactly what the papers will do. Here are some data points:

・株価が高すぎる。しかもテンポが早い。株価の「修正」が必要だ。

* The stock is too high, has gone up too fast, is due for a “correction.”

・iPhone を煽り過ぎたので、みんなの期待に添うのが難しく、失望させるのは違いない。タッチスクリーンはみんなをイライラさせるだろう。

* We’ve hyped the iPhone so much that it can never live up to the expectations we’ve created and therefore is bound to be a disappointment. The touch screen is going to drive people nuts.

・iPod は確かにたいしたものだが、もうこれ以上は売れない。後は売れ行きが下がるだけ。

* The iPod is great but at this point we can’t sell any more than we already do, so there’s no way to go but down.

・Apple TV は失敗作だ。

* Apple TV is a flop.

・Leopard は遅れる。開発がうまくいっていない証拠だ。

* Leopard is late, a sign we’re struggling in the labs.

・Leopard はがっかりだ。おざなりのレビュー記事がその現われだ。 Mary Jo Creepy なんかは Vista のマネだとさえいっている。

* Leopard is a letdown. The first glimpse of it got tepid reviews in general and some, like Mary Jo Creepy, actually claimed we’re stealing from Vista.

・現行の iMacs や Mac Mini なんか 300 日以上もアップグレード無しだ。我々は失速してしまった。

* The current iMacs and Mac Mini have gone nearly 300 days without a refresh; we’ve lost our way.

・テクノロジーは時々刻々変化する。これからは iTunes-to-iPod モデルは役に立たない。ストリーミングテクノロジーの時代で、我々には活躍できる場がない。

* Technology is changing again and iTunes-to-iPod model isn’t the way of the future; it’s going to be streaming technology and we don’t play a role there.

・映画会社は iTunes にはなかなか参加しない。

* Movie companies aren’t getting on board with iTunes.

・Vista はハード能力を必要以上に要求すると悪口をいわれたが、Leopard だってパワーハングリーだ。ちゃんと動かすためには2ギガの RAM がいる。

* Vista got bashed for being such a hardware hog but Leopard is going to be just as power hungry, needing at least 2 gigs of RAM to run decently.

      *      *      *

で、どう対処するか

問題はどう対処するかだ。闘うべきか。いやそうは思わない。津波と闘うみたいなものだ。高地に避難して、嵐をやり過ごすのだ。オビワン・ケノービ式防衛術だ。茶色の法衣をまとい、ライトセイバーのスイッチを切り、悪いヤツらの攻撃に身をまかせる。これまたドラマで必要な展開なのだ。ドラマでは、今私が失敗しなければならないのだ。苦しんで、それから栄光あるカムバックを遂げる。イエスキリストと同じだ。磔なければ復活はない。メディアのならず者どもよ、よく聞くがいい。私を打ちのめしても、お前たちが想像できないほど強くなって私は蘇るのだ。

The question is, how do we respond? Do we fight it? We think not. It would be like fighting a tsunami. Better off to get to high ground and ride out the storm. I call it the Obi-Wan Kenobi defense. I put on my brown robe, turn off my light saber, and just let the bad guys attack me. It’s a necessary part of the story. The story needs me to fail now, to suffer, so that then I can come back in even greater glory. It’s like Jesus — no crucifixion, no resurrection. Media whores, listen to me: If you strike me down, I shall become more powerful than you could possibly imagine.

      *      *      *

なんだか FSJ が RSJ[Real Steve Jobs]に成り代わって彼の本音を語っているようにすら聞こえる。それにしても皮肉は効き過ぎだが・・・

これを読んだ各紙の反応がおもしろい。

HipMojo.com

ひょっとして、偽 Jobs は本物だったりして・・・。本気でいってるんじゃないよ。でも・・・

What are the chances that the Fake Steve Jobs is in fact the real one.  I’m not serious, I don’t think so anyway… but:

HipMojo.com:”What if Fake Steve Was the Real Steve?“:6月16日

Scobleizer

誰が「偽 Jobs」のブログを書いているにせよ、実に上手い。・・・本物の Steve だって読んでいるくらいだから。

Whoever writes the Fake Steve blog is pretty damn good… Even the real Steve reads it.

Scobleizer:”Fake Steve prepares Apple faithful for media backlash” by Robert Scoble:6月16日

Mickeleh’s Take

偽 Steve は、いつものように真実と知恵とコメディを提供する。それにしてもなんと上手い文章だ。

Fake Steve, as usual, offers truth, wisdom, comedy, and darn good writing.

Mickeleh’s Take:”Krya Sedgwick Blurts About a Demo Steve Jobs Never Showed Us” by Michael Markman:6月16日

Technorati Tags: , ,

広告

2007年 6月 5日

懐かしの70年代:George Benson

Filed under: その他,ひと — shiro @ 22:17

Georgebenson

1976 年にリリースされた Breezin’。

ジャズギターの名手 George Benson のヒット曲だ。

このビデオは後年の円熟した時代のもの。

YouTube Video:George Benson playing “Breezin’

Added:December 22, 2006

From:vgarambone

出だしから身体が動き出しそうなスイング感。このノリはたまらない。

ジャズギターの醍醐味だ。

Benson Guitar

George Benson のギターは、次のように評される。

彼はどんなスタイルでもこなせる。スイング、バップ[初期のモダンジャズ、ビーバップ]、R&B、ポップ、なんでもござれだ。すばらしいテイスト、美しいまろやかなトーン、猛烈なスピード、ソロを組み立てるときの頭抜けたセンス、そしていつものスイングせずにはおられない衝動・・・

He can play in just about any style — from swing to bop to R&B to pop — with supreme taste, a beautiful rounded tone, terrific speed, a marvelous sense of logic in building solos, and, always, an unquenchable urge to swing.  (VH1.com:”George Benson : Biography“:n.d.)

Technorati Tags: ,

(more…)

2007年 6月 3日

Dの余韻

steve_jobs_bill_gates_joi_ito

まだDの余韻の中にいる。

Asa Mathat の写真はそれほど衝撃的だった。

予期せぬ Jobs の明るい笑顔や表情に、これまで知らなかった彼の一面を垣間みたような気がした。

一枚の写真の威力だ。

ニューヨークタイムズ(John Markoff)の記事にも、Jobs と Gates のすばらしい写真が添えられている。クレジットは「Joichi Ito」、なんと伊藤穰一氏だ。

彼自身がブログで語っている。

Joi Ito’s Web:”Steve Jobs and Bill Gates at D“:5月31日

      *      *      *

Walter Mossberg と Kara Swisher が Steve Jobs と Bill Gates のインタビューをした。そしてニューヨークタイムズの John Markoff が記事にした。私が撮った写真を使ってる。やった!

Walter Mossberg and Kara Swisher interview Steve Jobs and Bill Gates. John Markoff wrote a New York Times article about this interview. They used my photo. w00t!

発言で覚えていることをいくつか。Flickr にも載せた。

A few notes of my own that I posted on Flickr:

Bill:「Steve の趣味の良さには一目置いている。」

Bill: “I’d give a lot for Steve’s taste.”

Steve:「Bill との方が、Wozniak と自分の場合より、組んでうまくいった。」

Steve: “Bill was much better at partnering than Steve Wozniak and I were.”

Steve:(秘密を守ったことについて)「我々が結婚して10年以上になる。」[正確には「我々の結婚を秘密にしてもう10年ほどになる。」]

We’ve kept secret that: Steve: “We’ve been married for 10 years.” [It was actually: “We’ve kept our marriage secret for over a decade now.”]

Bill:「私は偽 Jobs ではない。」

Bill: “I’m not the Fake Steve.”

記憶をたどって書いたので、正確な表現は少し違うかもしれない。

Quotes from memory. Exact text may be wrong.

      *      *      *

日本とアメリカを股にかけ自由に活動する伊藤穰一氏は、同国人に向けてのみ声の大きいひとと異なり異色だと思う。

ブログを始めた頃から、とても気になる存在だった。

日本生まれ、アメリカ育ちだとしても、Dのような催しに出席し、自由に動き回り、多くのひとと交わる、それは大したことに思える。

引っ込み思案というか、引きこもり症候群の筆者からみると実に羨ましい存在だ。

そんな彼が、Dの後の率直な気持ちを綴っているのを読むと、これまた親近感を覚えてしまう。

Joi Ito’s Web:”Later D and thanks for all the bits“:5月31日

      *      *      *

D5 は楽しかった。ほとんど「昔に戻った」気さえした。起業家、ベンチャーキャピタリスト、ヘッドハンター、企業のデベロッパ、大会社の CEO、いろんなみんなと話をした。ただ、カクテルパーティのおしゃべりはまだしんどい。だから早々に切り上げた。基本的に自分はシャイだと思う。「それで、いま何やってるの?」と尋ねられて、きちんと答えられないことでさらに気まずい思いをするのかもしれない。

D5 was fun. I felt almost “back in the swing of things” talking to all of the entrepreneurs, VCs, headhunters, corp dev guys, and BigCo CEOs. I still have a really hard time feeling comfortable schmoozing at cocktail parties and left most of them early. I think I’m fundamentally shy. My lack of focus and the subsequent difficulty in answering the question, “So! What do YOU do?” probably makes it worse.

有名人たちの写真を撮る方がまだいい。それでもみんなに近づいて、挨拶なしに「ハーイ」だけで済ますのはまだ苦手だ。それをなんとか乗り越えなきゃいけないのだろうけれど・・・

I’m getting better at taking photos of celebrities, but I still have a hard time going up and saying “hi!” to people without an introduction. I should probably learn to get over that.

以下、写真を撮るようになった経緯に触れたあと・・・

たくさんのことを知り、会えてよかったと思うひとにたくさん会えた。こちらカリフォルニアに住んでいたら、仕事がもっとできたのではないかと思う。その一方、菜園や堆肥のことを考えると早く帰りたくなる。自分のアイデンティティーが太平洋の両側にまたがるこんなライフスタイルは、私のような ADD[注:attention-deficit disorder、注意力欠乏症?]の精神状態にはちょうどいいのかもしれない。もっとも長期間ということになると、それでいいのかどうか分からないけれど・・・

I learned a lot and met a bunch of people who I’m glad to have met. It makes me realize that I’d probably get a lot more work done if I live out here in California. On the other hand, I miss my compost and my garden and am anxious to get back home. I guess this identity stretching lifestyle is probably the right balance for my spiritual ADD, but I’m not sure it’s really the best configuration long term…

      *      *      *

ウォールストリートジャーナル主催なのでDの司会は Walt Mossberg だった。Jobs が応じる司会者は Mossberg か Steven Levy ぐらいだろう。その Steven Levy が YouTube セッションで一般席から質問をするところを伊藤穰一氏が撮っている。

Flickr に掲載された氏の写真をみると、写されたひとの心が開いていることが分かる。彼が名写真家だと知ってうれしかった。

いろんなひとがDについて書いている。それほどインパクトの大きい催しだったということだろう。しばらくはDの感想記事を読みあさることになりそうだ。

Technorati Tags: , , ,

2007年 5月 31日

終始和やか、世紀の対決

jobs_bill_01

[Jobs and Gates at D]

「D:デジタルのすべて」会議で、Bill Gates と Steve Jobs の歴史的な顔合わせが実現した。

激しい対決になるのではないかという予想に反して、二人は終始和やかだった。

二人の大人の対応に、それを報じるニューヨークタイムズ(John Markoff)の記事も、これまた優等生的なものとなった。

New York Times:”A Trip Down Memory Lane and Over the Horizon” by John Markoff:5月31日

      *      *      *

みんなが期待したマイクロソフトの Bill Gates とアップルの Steven P. Jobs と世紀の対決は、水曜日(5月31日)の夜に行われた。古い時代の戦いと同盟関係、そしてデジタル文化と技術の未来について二人は思いを馳せた。

CARLSBAD, Calif., May 30 — In a highly anticipated encounter, Bill Gates of Microsoft and Steven P. Jobs of Apple took the stage Wednesday evening to relive old battles and alliances and speculate about the future of digital culture and technology.

二人は30年もの間ライバル同士で、公の場に二人一緒に姿を見せたことは滅多になかった。ときに協力関係を結ぶことはあっても、激しいライバル同士と見なされていた。

Rivals for three decades, the two executives have rarely appeared in public together and have generally been viewed as bitter rivals, despite occasional partnerships.

ウォールストリートジャーナル主催の会議「D:デジタルのすべて」には、600 人近い技術関係のトップが詰めかけた。二人はロックスターやハリウッドの映画スター並みの注目を浴びた。

In front of about 600 technology executives at the D: All Things Digital conference, which was sponsored by The Wall Street Journal, the two executives attracted the attention usually reserved for rock singers and Hollywood stars.

ただし、激しい火花散る戦いや対決を期待して出席したひとたちには期待外れだった。もっとも、穏やかなトーンに終始したからといって、その催しが損なわれたわけではない。コンピュータ業界の過去、現在におよぶ討議が終わったとき、ふたりはスタンディングオベーションで迎えられたのだ。

However, attendees who came hoping for fireworks or a confrontation were disappointed. The mild tone to the session did not take anything away from the event and after discussing the past and present of the computing industry, the two were greeted with a standing ovation.

jobs_bill_03

イベントが終わったあと、コンピュータ業界に長いベテランたちの多くが、これまで出席したどの催しより今回二人が一緒に登場したことは記念すべきものだったと述べた。

After the event was over a number of the attendees who are veterans of decades in the computer industry said the joint appearance was the most memorable moment of any of the many conferences they had attended.

Gates 氏と Jobs 氏は、1975 年・1976 年に始まったパーソナルコンピュータの時代を共にパイオニアとして過ごした。この夜、二人は当時の思い出を語り合った。

Mr. Gates and Mr. Jobs largely pioneered the personal computer industry beginning in 1975 and 1976 and they spent part of the evening sharing memories of those days.

「今日のコンピュータは1〜2ギガバイトのメモリーを載せて出荷される。もう誰も 128 キロバイトの時代のことを覚えていない」と Jobs 氏は語った。

Today “we ship these computers with one or two gigabytes and nobody remembers 128 kilobytes,” Mr. Jobs said.

1977 年にコンピュータ時代が始まった当時、アップルとマイクロソフトはお互いにビジネスパートナーだった。当時 Gates 氏は、Apple II コンピュータのために BASIC プログラミング言語を提供した。後に Gates 氏は、マッキントッシュのためにソフトウェアを書くという賭けに出た。それはマッキントッシュが登場する 1984 年より2年ほど前のことだった。

Apple and Microsoft were business partners at the start of the computer era beginning in 1977 when Mr. Gates supplied a copy of the BASIC programming language for the Apple II computer. Later, Mr. Gates made an early bet on writing software for the Macintosh, two years before the computer was introduced in 1984.

両氏とも、彼らがスタートさせたパーソナルコンピュータ時代が近く終わりを迎えることになるかもしれないなどとは認めようとしなかった。

Neither was willing to acknowledge the possibility that the personal computer era they helped create would end any time soon.

「PC は非常にしぶといことが証明されている」と Jobs 氏はいう。

“The PC has proven to be very resilient,” Mr. Jobs said.

また二人は、「PC 後のデバイス」(Post PC devices)とも呼ばれるハンドヘルドの通信機器が、今後爆発的に伸びることを信じていると述べた。

At the same time they called themselves believers in the explosion of hand-held communications devices, also known as “Post PC devices.”

Gates 氏は、この業界は人の動きが速すぎることに時たまフラストレーションを感じると述べた。「ひとがいたかと思うといなくなってしまうのは残念だ。もう少し長くいていてくれたら、もっとつながりが出来るのに。」

Mr. Gates said he was sometimes frustrated by the fact that the players in the industry changed so quickly. “I miss it when people come and go. It’s nice when people stick around and it gives us some context,” he said.

どちらも相手に対して激しいことばを交そうとはしなかった。最後に Jobs 氏はビートルズの曲を引用して自分の気持ちを締めくくった。「〈キミとボクはお互いに長い思い出がある。これから続く長い道よりもっと長い思い出が・・・〉 これが二人についての気持ちだ」と。

Neither man was willing to say harsh things about the other and Mr. Jobs summed up his feelings by quoting from a Beatles song: “‘You and I have memories longer than the road that stretches out ahead,’ that’s clearly true here,” he said.

      *      *      *

この顔合わせは、例によって Engadget のライブでリアルタイムでフォローした。Engadget の早さと正確さは群を抜いている。

Engadget:”Steve Jobs and Bill Gates: Historic discussion live from D 2007” by Ryan Block:5月30日

予期に反して、二人ともなかなか行儀がいい。司会が水を向けても、挑発にのることもない。

jobs_bill_02

そのうち、Ryan Block のこんな感想も混じってくる。

みんな!この二人はお互いに尊敬し合っているようだ。間違いない。厳粛な畏敬の念、深い尊敬、それが伝わってくるのだ!

[People, we’re telling you, these guys really respect each other. There’s no doubt about it. There’s a certain, sombre reverence, and profound respect. It just comes through.]

      *      *      *

Engadget を見終わったあとは、主催者のサイトで目を通す。掲載された写真は、これまでに見たことのないような雰囲気の Jobs を映し出している。一緒の Gates も実に伸びやかな表情だ。

AllThingsD:”Bill Gates and Steve Jobs” by John Paczkowski:5月30日

下世話な対決の期待とは裏腹に、二人には長い歴史を好敵手として共にしてきた者だけがもつ信頼と畏敬の念があるようだ。

この感じは、掲載されたビデオを見るに至って確信となる。

AllThingsD:”VIDEO: Steve Jobs and Bill Gates Prologue” by John Paczkowski:5月30日

どうか直接このビデオをご覧になって、ご自分の目で確かめていただきたい。全部を見るのが長過ぎる場合には、ハイライトの8分だけでもご覧いただきたい。

AllThingsD:”VIDEO: Steve Jobs and Bill Gates Highlight Ree” by John Paczkowski:5月30日

これは、実に稀な歴史的顔合わせだと思う。

Technorati Tags: , ,

2007年 5月 23日

「1984」を紹介する Steve Jobs

映画「Blade Runner」を撮ったばかりの Ridley Scott が制作、たった一度しか放映されなかったアップルの伝説的コマーシャル「1984」の紹介ビデオが見つかった。それも Steve Jobs 自身が紹介しているものだ。

TUAW:”Found Footage: Steve introduces the ‘1984’ ad” by Dave Caolo:5月22日

YouTube Video: “1983 Apple Keynote” | Added:  March 04, 2007 | From:  misha1035

      *      *      *

彼(か)の有名なるアップルのコマーシャル「1984」を紹介するすばらしいビデオだ。1984 年のスーパーボウルで放映される一週間前のもので、マッキントッシュチームと思われるにぎやかな聴衆に向けたものだ。彼らはとても気に入ったようだ。

Here’s a great video of Steve introducing the famous “1984” ad to a boisterous crowd (we’re guessing the Macintosh team) a week before it aired during the 1984 Super Bowl. I’d say they liked it.

もし Steve の得意なことをひとつ挙げるとすれば、それは説得力のあるスピーチをすることだろう。

If Steve’s good at one thing, it’s making a persuasive speech.

      *      *      *

この記事には読者の書き込み(Comment #3 by cuda440)があって、株主総会のときだったという。

追記:株主総会だった

読者の cuda440 が知らせてくれた。「これは 1984 年1月の株主総会のときのものだ。クパチーノのデアンザカレッジ、フリントセンターだ。私自身その場にいたので知っている。同僚のアップル従業員のほとんどが出席した。明らかに MacWorld より前だ。主な製品発表は株主総会で行ったものだ。」

Update: Reader cuda440 says, “That was at the January 1984 annual shareholder’s meeting, held at the Flint Center, De Anza College, Cupertino. I know because I was there, as were nearly all of my fellow Apple employees. Obviously this was before MacWorld, and the shareholder’s meeting was where major product announcements were made.”

スゴい! cuda440、教えてくれてありがとう。

Cool! Thanks for the info, cuda440!

      *      *      *

さらには、別の書き込み(Comment #8 by Z)もあって、いやハワイでのセールス会議だったという。[注:Wikipedia の解説と合致する]

追記2:いやハワイのセールス会議だった

これは本当は株主総会の数か月前、ホノルルで開かれたアップルセールス会議(Apple Sales Meeting)で撮影されたものだ。「先頭を切って」(Leading the Way)が会議のテーマで、導入部の曲はこのイベントために特別に作曲されたものだ。この会議に参加したのはアップルのセールス部隊、アップルの幹部、新製品開発に関係した従業員、それに広告エージェンシーの Chiat/Day チームだった。

Acutally, this was shot at the Apple Sales Meeting held in Honolulu in the Fall of 1983, several months prior to the shareholder’s meeting. The theme of the sales meeting was “Leading the Way” and the lead-in music was specially written for the event. Attending this meeting were Apple’s sales force, Apple management, employees who were involved with new product introductions, and the Chiat/Day agency team.

セールス部隊の大部分が、アップルの流通チャンネルのディーラーたちだった。IBM がチャンネルを排除したため、たくさんのディーラーがアップルに戻ってきたと Steve が強調したとき、聴衆が大きな反応を示すのが聞き取れる。株主総会ならこんな反応はない。

Apple’s sales force was predominantly dealer channel oriented; you can hear how strongly the audience reacts when Steve highlights how dealers are increasing turning back to Apple as IBM is alienating the channel. Clearly not the type of reaction you’d hear at a shareholder’s meeting.

      *      *      *

何の会議だったにせよ、IBM がなぜビッグブラザーなのか、Jobs の説明を聞くと納得できる。

二十歳代の Steve Jobs は、既にこの時点でプレゼンテーションの天才だった。

それにしてもなんと若々しく、自信に満ち溢れていることか・・・

マックファンにとって必見のビデオだ。

Technorati Tags: , , , ,

(more…)

2007年 5月 21日

Al Gore の巨大なコンピュータディスプレー

Filed under: ひと,映像 — shiro @ 06:03
Tags:

algore

[Time Magazine: Steve Pyke]

すごいインパクトだ。

TIME マガジンに載った Al Gore の書斎の写真。

アメリカの元副大統領で、アップル役員の Al Gore は、30インチの Apple Cinema HD ディスプレー3台に囲まれている。コンピュータ本体は見えないが何を使っているのだろうか。

もっと目を引くのは、書類が散乱する雑然たる周りの様子だ。

とてもインパクトの強い写真だ。

Technorati Tags:

2007年 5月 12日

株主総会での Jobs 発言集

Filed under: ひと,アップル — shiro @ 10:45
Tags: , , ,

jobs-2

向かうところ敵無しという感じの Steve Jobs だ。

5月10日の株主総会でアップルの取締役会は再選され、アップルの株価も上がった。

株主総会での Jobs の発言はおもしろい。彼の片言隻語を捉えてこれから多くのことが語られるだろう。

主として Macworld の記事をベースに Jobs の発言を以下に集めた。

Macworld:”Jobs addresses backdating, environment at shareholder meeting” by Jim Dalrymple:5月10日

      *      *      *

ストックオプション

「私の分のストックオプションは、[実際にはアップルの株価が下がって、行使価格の方が]高いものだった。でも、会社に[損した分を]弁償しろとはいわなかった。」

“I actually got my options at a higher price, but I didn’t ask the company to reimburse me,” said Jobs.

Fred Anderson のコメント

「Fred Anderson はいくつかのコメントをしている。彼とは長い間一緒に仕事をして、とてもいいヤツだと思っている。しかし、彼のコメントはいささか間違っていると思う。」

“Fred Anderson did make some comments,” Jobs said. “I’ve worked with Fred for many years and I think he’s an awfully good guy, but I thought his comments were a little wrong.”

グリーンピース

「あなた方の団体[Greenpeace]は原理原則に偏り過ぎ、事実を十分見ていないと思う。あなたたちは、ずっと遠い将来何をするかという計画だけで企業を判断している。実際に何をやっているかを見るべきだ。あなたたちは輝かしき原理原則(glorified principles)に重点を置き過ぎ、科学やエンジニアリングにはあまりに重点を置いていない。あなたの団体がもう少しエンジニアを雇って、実際に企業と話をし、彼らがやっていることを調べるといいと思う。彼らが語る美しいことば(flowery language)を聞くだけでだめだ。ほとんどの会社は現実には何もやっていないのだから。これが私の考えだ。」

“I think your organization particularly depends too much on principle and not enough on fact,” Jobs said to the Greenpeace representatives. “You guys rate people based on what people say their plans are in the distant future, not what they are doing today. I think you put way too much weight on these glorified principles and way too little weight on science and engineering. It would be very helpful if your organization hired a few more engineers and actually entered into dialog with companies to find out what they are really doing and not just listen to all the flowery language when in reality most of them aren’t doing anything. That’s my opinion.”

役員報酬

「私の分[1ドルの報酬]についてはとても簡単だ。出社することで年間50セント貰う。残りの50セントは私の業績に対するものだ。」

“It’s a pretty simple meeting when it comes to me,” Jobs said. “I get 50 cents a year just for showing up, and the other 50 cents is based on my performance.”

Leopard の遅れ

「Leopard は待つだけの価値がある。」

“Leopard will be worth the wait,” Jobs promised.

開発者の人材不足

「偉大な製品の開発が、小切手を切るみたいに簡単なことだったらいいと思う。もしそうなら、マイクロソフトはすばらしい製品をたくさん作ったことだろう。」

“I wish developing great products was as easy as writing a check,” Jobs said. “If so, then Microsoft would have great products.”

iPhone

「我々はビギナーで、学ぶべきことが多い。携帯電話市場は大きく、可能性も大だ。我々のうちの何人かは iPhone をずっと使っている。どうしても iPhone が欲しいということなら、死んだ我々の手からもぎ取るより他ない。」

“We’re beginners and we have a lot to learn,” said Jobs. “The market is large and the opportunities are great. A few of us have been using the iPhone a lot and if you wanted it back, you would have to pry it from our dead hands.”

iPhone ソフトへのサードパーティ参加

アップルはその決定について「取り組んでいる。」

Jobs did acknowledge that the company is still struggling to decide if third-party developers will be able to create software that will run on the iPhone. It’s a decision Apple “is wrestling with,” according to Jobs.

映画のレンタル

「だれにも分からない」とナゾの微笑みを浮かべて CEO はいった。

… the CEO smiled. “One never knows,” he said cryptically.

SEC に責任を問われなかったこと

米証券取引委員会(SEC)による調査では、アップルおよび Jobs は一切責任を問われなかった。

Jobs氏は「SECまでもが関与する陰謀でもないかぎり、私にはなんとも言いようがない」と答えた。[CNET Japan]

“Unless you think there’s a conspiracy involving the SEC too, I don’t know what to say,” Jobs said…

.Mac のサービス

Jobs氏は、.Macが「まだポテンシャルを完全に発揮していないという意見には同意する」と語っている。[CNET Japan]

“We agree with you that we have not achieved our full potential” when it comes to .Mac, he said.

      *      *      *

参考:

・Macworld:”Jobs addresses backdating, environment at shareholder meeting” by Jim Dalrymple:5月10日
・CNET:”Apple’s Jobs brushes aside backdating concerns” by Tom Krazit:5月10日
・CNET Japan:”S・ジョブズ氏、バックデート問題を一蹴アップル株主総会“:5月11日
・Bloomberg.com:”Steve Jobs Says SEC Probe Put Options Scandal to Rest (Update3)” by Connie Guglielmo:5月10日
・Ars Technica:”Apple shareholder meeting talks iTunes video rentals, iPhone” by Jacqui Cheng:5月10日
・AppleInsider:”Jobs: ‘I make fifty cents just for showing up‘” by Aidan Malley:5月10日
・AppleInsider:”Apple’s Jobs addresses critics, new product directions” by Daniel Eran Dilger:5月11日
・MacNN:”Notes from Apple shareholder meeting“:5月10日
・MacNN:”Apple re-elects Board, wrestles with options“:5月10日
・RoughlyDrafted:”Answers from Steve Jobs at Apple’s Shareholder Meeting” by Daniel Eran Dilger:5月10日
・Engadget:”Jobs chided, answers questions at shareholder meeting” by Ryan Block:5月11日
・New York Times:”Out of Chaos, Order. Or So Google Says.” by Miguel Helft:5月11日

Technorati Tags: , ,

2007年 5月 4日

アップルの圧力で辞める?

Filed under: ひと,アップル — shiro @ 11:19

Pcworld Cover

[PC World cover]

PC World の編集長がアップルの圧力で辞めたというので、大きな反響を呼んでいる。

Wired Blogs [Epicenter]:”PC World Editor Quits Over Apple Story” by Kim Zetter:5月2日

      *      *      *

ボツになった記事

前の職場 PC World の同僚が、今日突然編集長(Editor-in-Chief)の Harry McCracken が辞めたと教えてくれた。新しい CEO の Colin Crawford が、アップルと Steve Jobs について書かれた記事をボツにしたためだという。

Colleagues at my former outlet, PC World magazine, have told me that Editor-in-Chief Harry McCracken quit abruptly today because the company’s new CEO, Colin Crawford, tried to kill a story about Apple and Steve Jobs.

その記事は「アップルが嫌いな10の事柄」という変わったタイトルで、Crawford がボツにしたときはまだ草稿段階だった。Crawford がどうしても譲歩しないため、McCracken はとんでもないということばを残して去った。また Crawford は、編集者たちに対して、広告を出しているベンダーに対する批評が厳しすぎるから、スポンサーに対しては手加減するようにといったようだ。

The piece, a whimsical article titled “Ten Things We Hate About Apple,” was still in draft form when Crawford killed it. McCracken said no way and walked after Crawford refused to compromise. Apparently Crawford also told editors that product reviews in the magazine were too critical of vendors, especially ones who advertise in the magazine, and that they had to start being nicer to advertisers.

      *      *      *

新しいボス

MacWorld の CEO だった Crawford が PC World にやって来たのはひと月ほど前だ。 PC World 内部の情報によると、Crawford がまだ MacWorld にいたとき、Apple について書かれた記事に問題があるときは、いつでもすぐに Steve Jobs が Crawford に電話をしてくるものだったという。

Crawford was former CEO of MacWorld and only started at PC World about a month ago. According to the PC World source, when Crawford was working for the Mac magazine, Steve Jobs would call him up any time he had a problem with a story the magazine was running about Apple.

「みんなは Harry をとても誇りに思っていたから、彼が去ってとても気落ちしている」と内部ソースはいう。「こんなやり方は雑誌を運営するやり方ではない。不幸なことに、これが新しいボスのやり方を示しているのだろう。」

“Everybody is so proud of Harry but we’re devastated that he’s gone,” said the source. “This is no way to run a magazine. But unfortunately, this looks like an indication of what we’ve got in store (from the new boss).”

PC World のみんなはとても動揺しているという。「今 MacWorld の連中とパーティがある筈だが、誰もいかない。」

He added that everyone at the magazine was upset by the news. “There’s supposed to be a party with the MacWorld people going on right now, but no one’s going,” he said.

      *      *      *

当たり障りのない内容

内部ソースも、Crawford がボツにしたいと思った記事に何が書かれていたのか詳しくは知らない。ただ、特に目新しいことではなかったという。「それは軽い記事で、当たり障りのないものだった。これまでもアップルについて書かれたことだ。すなわち、Steve Jobs をからかったものだという。」

The source didn’t know the specifics of what was in the story Crawford wanted to kill but said it was nothing new. “It was supposed to be light fare, just really innocuous stuff. The same kinds of things people have said about Apple before — things that teased Steve Jobs,” he said.

      *      *      *

悪感情は持っていない

McCracken のケイタイにかけることができたが、背後の音から彼が MacWorld のパーティ会場を後にするところらしかった。

I reached McCracken on his cell who, from the sound of the background noise, seemed to be leaving the MacWorld party as we talked.

[情報開示:Harry は PC World での私のボスで、大変尊敬する人物だ。彼は超一流のライターであり、一緒に仕事をした中でも最高に頭の切れる編集者だ。]

[Full Disclosure: Harry’s my former boss at PC World and someone I greatly respect. He’s a top-notch writer and one of the smartest editors I’ve worked with.]

何故辞めるのか、彼は詳細を語ろうとせず、「Colin と基本的問題で意見の不一致を見たため」といっただけだった。クビを切られたのでもなく、退社を迫られたわけでもないという点を彼は強調した。したがって会社に対して悪感情も持っていないと・・・

He didn’t want to discuss the details of why he resigned but said he quit “because of some fundamental disagreements with Colin.” He emphasized that he wasn’t fired or forced out and holds no ill feelings toward the company.

「IDG(PC World と MacWorld の親会社)で16年間仕事をした。信じられないほどいい職場だった。何万といういい思い出がある。だから決して惨めな人間として去るわけではない。」

“I’ve worked at IDG (parent company of PC World and MacWorld) for 16 years. It’s been unbelievably good to me, and I have ten-thousand great memories so I’m not leaving an unhappy person.”

実際は昨日辞めたが、同僚が知ったのはほんの一時間前だったという。これからどうするかと尋ねると、「しばらくはブログやフリーランスをやることになるだろう。PC World にも寄稿するかもしれない。ハッキリさせておきたいが、PC World がやってきたことを大変信頼しており、自分なき PC World が崩壊して欲しいとなどとは考えてもいないということを・・・。PC World は私がいなくてもやっていけると信じている。」

He said he actually resigned yesterday, but workers found out only about an hour ago. When asked what he’ll do now he said, “I’m going to blog and freelance at least for a while. I’ll probably write for PC World by the way. I want to make clear that I’m a huge admirer of what PC World does and I’m not leaving hoping that PC World will collapse with out me. I’m sure it won’t collapse without me.”

PC World の蒙った損失は、他の出版企業にとっては利益となる。ところで、「Wordsmithing」は McCracken のファミリーが運営しており、小説家の Elizabeth McCracken は彼の妹だ。

PC World’s loss is a gain for other publications. Wordsmithing, by the way, runs in McCracken’s family. His sister is novelist Elizabeth McCracken.

      *      *      *

ジャーナリストの信念とスポンサーの圧力は古くからある問題だ。

去就を迫られたとき、初めてひとの真価が分かるのかもしれない。難しい問題だ。

      *      *      *

参考:

・Wired Blogs [Epicenter]:”PC World Editor Quits Over Apple Story” by Kim Zetter:5月2日

・CNET:”PC World editor resigns over apparent ad pressure” by Tom Krazit:5月2日

・CNET:”IDG’s Colin Crawford denies favoritism toward advertisers” by Tom Krazit:5月3日

・Guardian Unlimited:”PC World editor quits over censorship of an Apple story” by Jack Schofield:5月3日

・Valleywag:”IN BRIEF: Apple criticism costs magazine editor his job“:5月2日

・Silicon Valley Watcher:”PCWorld publisher kills Apple story, editor resigns” by Richard Koman:5月2日

・Ryan Block:”Harry McCracken quits PC World over fight for editorial integrity“:5月2日

・Paul Thurrott’s Internet Nexus:”PC World editor resigns over apparent ad pressure“:5月3日

Technorati Tags: , ,

(more…)

2007年 5月 2日

ユーザー造反で Digg が敗北宣言

Filed under: その他,ひと,ハッキング — shiro @ 21:44

Hd Dvd Key

[Hacked HD-DVD Key]

ユーザー参加型ソーシャルニュースサイトの Digg にとって、5月1日は大変な日だった。

誰かHD DVD ハッキングの解読キーに関する記事を投稿したのだ。削除要請を受けた Digg のスタッフはただちにこの記事を削除した。

Digg の検閲だと怒ったユーザーがすぐに再投稿、それをスタッフが削除するというイタチごっことなり、混乱に手がつけられなくなった。

Digg の Kevin Rose が敗北宣言を出したのは、米国西海岸時間5月1日午後9時のことだった。それまで必死に削除してきた解読キーをタイトルにして・・・

Digg the Blog:”Digg This: **-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**” by Kevin Rose:5月1日

      *      *      *

Kevin Rose の敗北宣言

今日は気違いじみた一日だった。Digg の創立者として、自分の考えをここに述べておきたい。

Today was an insane day. And as the founder of Digg, I just wanted to post my thoughts…

当サイトを構築するにあたって、私は出来るだけ人任せにせず、自らやるように心掛けてきた。サイトの管理権(投票・削除)は常にコミュニティに委ねてきた。時たま記事を削除することもあったが、それは我々の利用規約に反するもの(ポルノ、違法ダウンロード、人種偏見を煽るサイトなどへのリンク)だったからだ。今日は我々にとって困難な日だった。違反排除命令(cease and desist declaration)を受けて、たった一つのコードを含んだ記事を削除すべきかどうかの判断を迫られた。電話もしなければならなかった。そして、Digg が中断されたり、閉鎖されるような事態は避けたいと考えて、我々は命令に従い、コードを含む記事を削除することに決めた。

In building and shaping the site I’ve always tried to stay as hands on as possible. We’ve always given site moderation (digging/burying) power to the community. Occasionally we step in to remove stories that violate our terms of use (eg. linking to pornography, illegal downloads, racial hate sites, etc.). So today was a difficult day for us. We had to decide whether to remove stories containing a single code based on a cease and desist declaration. We had to make a call, and in our desire to avoid a scenario where Digg would be interrupted or shut down, we decided to comply and remove the stories with the code.

しかしながら、その後何百という記事、何千というコメントを読むと、あなた方ユーザーの考えは明らかだ。あなた方は、Digg が一企業に屈するより、たとえ倒るるとも戦うことを望んでいる。あなた方の考えはよく分かった。今現在をもって直ちに、コードを含む記事やコメントの削除を我々は停止する。その結果如何なることになろうとも我々はそれ受け入れる。

But now, after seeing hundreds of stories and reading thousands of comments, you’ve made it clear. You’d rather see Digg go down fighting than bow down to a bigger company. We hear you, and effective immediately we won’t delete stories or comments containing the code and will deal with whatever the consequences might be.

たとえ敗北することになろうとも致し方ない。少なくとも我々は戦って死ぬのだ。

If we lose, then what the hell, at least we died trying.

我々をサポートしてほしい。

Digg on,

ケビン

Kevin

      *      *      *

Om Malik がこの件に関してつぎのようなコメントをしている。

GigaOM:”A Very Angry Digg Nation” by Om Malik:5月1日

      *      *      *

怒ったユーザーの造反

オタクによる無政府状態か、e- の造反か、それとも暴徒の正義か。いずれにしても、ソーシャルニュースサイトの Digg はまだ短い創立以来の歴史において最大の危機を迎えている。Digg のトップページは、HD-DVD キーのハッキング関係の記事で乗っ取られている。

Nerd anarchy? An e-Rebellion? Or just mob justice… which ever way you look at it social news site, Digg is facing the greatest crisis of its young life. The front page of Digg has been taken over by stories about and related to a hacked HD-DVD key.

「Digg に対してあんなに熱心で忠実だったユーザーが、かくも簡単に忠誠を誓ってきた Digg に反抗し、破壊することに全エネルギーを投じるなんてなぜだ。」そう訝しく思うのは Engadget の Ryan Block だけではない。

Ryan Block of Engadget is not alone in wondering, “How did such a loyal userbase as Digg’s so quickly divert its all-consuming energy to defying — even damaging — the company to which it was so loyal?”

      *      *      *

問題は何か

すぐには自分の考えをまとめることができない。ほとんどリアルタイムで進行しているドラマを、くらくらするような状態で眺めているのが精一杯だ。

It is hard for me to form an opinion on this right now – for I am watching this drama unfold in near real time with morbid fascination.

心に浮かぶ疑問(答なんかない)・・・

The questions on my mind now (but no answers)

1)Digg コミュニティは、別のところで書かれた記事にリンクを貼ったことについて法的責任を問われるのだろうか。もしそうだとしたら、YouTube 対 Viacom のドラマはますます興味深いことになる。

1. Is it legally liable for the actions of its community which was initially pointing to a story published by an independent publications? If that is the case, then YouTube-Viacom drama becomes even more intriguing.

2)そうでなかったとしたら、Digg は早まったことをしたのだろうか。

2. If not, then did Digg act rashly?

3)Digg はこの挫折から立ち直れるだろうか。

3. Can Digg recover from this set back?

      *      *      *

追記(5月3日):

Kevrose Remix

[BusinessWeek cover remix]

隠然たる人気を誇る Digg の Kevin Rose は、ビジネスウィークの表紙を飾ったこともあった。

それが昨日のユーザー造反で、上のリミックス画像のように皮肉られている。

この若者は如何にして18時間[か月]で 6000 万ドルをすってしまったか[稼いだか]

How This Kid Lost [Made] $60 Million In 18 Hours [Months]

Mashable:”How This Kid Lost $60 Million in 18 Hours (Or Not)” by Pete Cashmore:5月1日

      *      *      *

Mashable のコメントからこのリミックスを見つけた。Digg の Kevin Rose が載った、例の有名なビジネスウィークの表紙に手を加えたものだ。Kevin Rose は BitTorrent のユーザーで、DRM に反対していることが周知だったのは皮肉だ。Digg のコミュニティ自体、彼の信念を体現したものだ。

Found via the Mashable comments, a remix of the widely-derided Business Week cover featuring Digg’s Kevin Rose. The irony here is that Rose is known to be a BitTorrent user and likely opposed to DRM: the community is just a reflection of his beliefs.

みんながいうように Digg はこれでお終いだろうか。私は決してそうは思わない。Friendster 以来、ソーシャルネットワーキングの人気サイトからの大量脱出は見た事がない。いろんな世代の関心を反映した Digg の対抗馬なんてそう簡単には見つからない。「アンチ Digg サイト」を立ち上げたところで、Digg の規模には及ぶまい。

Do we think Digg is done for, as many are saying? I seriously doubt it. Not since Friendster have we seen a mass exodus from a hot social networking property, and there aren’t many Digg alternatives that match the demographic’s interests. Even if you did set up the “anti-Digg” today, you wouldn’t be able to scale it.

ところで、Digg の正式発表によれば、コミュニティのやり方に従うといっている。それ以外の選択肢が彼らにあるというのだろうか。

Incidentally, the official word from Digg is that they may just tolerate the community’s behavior – what choice do they have?

      *      *      *

なお今回の経緯については、つぎのサイトが非常によくまとまっている。

・TechCrunch:”Digg Surrenders to Mob” by Michael Arrington:5月1日

・TechCrunch Japanese:”Digg、暴徒に屈す“:5月2日

・Long Tail World:”Diggの乱」事実経過と動画:DIGG vs. mob“:5月2日

そのほか、つぎの記事も参考になる。

・New York Times Blog [The Lede]:”The Day Digg Users Revolted” by Mike Nizza:5月2日

・New York Times:”How a Number Became the Latest Web Celebrity” by Brad Stone:5月3日

・BBC:”DVD DRM row sparks user rebellion“:5月2日

・BusinessWeek [The Tech Beat]:”Digg Users Revolt. Web 2.0’s Moment of Truth?” by Rob Hof:5月2日

・Macworld:”Digg users show who’s the boss in Web 2.0 world” by Dan Moren:5月2日

・Ars Technica:”HD DVD cracks: there’s no going back” by Eric Bangeman:5月2日

Technorati Tags: , , , , ,

(more…)

2007年 4月 24日

Jobs は起訴をまぬがれる?

sec

アップルのストックオプションスキャンダルについて各紙がいっせいに書き始めた。

最初に報じたのはサンノゼマーキュリー。これまでの書類を精査し、関係者に聞いた結果をまとめて、Jobs が起訴をまぬがれるだろうと書いた。

San Jose Mercury News:”Apple’s Steve Jobs likely to avoid criminal charges in options probe” by Howard Mintz and Troy Wolverton:4月21日

      *      *      *

刑事罰の可能性はほとんどない

サンノゼマーキュリーは、Jobs に対する2001 年の膨大なストックオプション[株式購入権]付与について精査した。連邦当局は、バックデートが虚偽の書類でなされた点を問題としている。精査の結果は、シリコンバレーの偶像が刑事罰を課せられる可能性はほとんどないというものだ。

A Mercury News examination of a massive 2001 stock-options grant to Jobs that was backdated through bogus documentation – the central focus of the federal probe – shows there is scant evidence, if any, to support criminal charges against the Silicon Valley icon.

アップルは、広範囲に及ぶバックデートを Jobs が承認していたことを明らかにしたが、監督機関への報告および本件に精通する弁護士(氏名は明かせない)に聞いた話をベースにすると、自らに対するオプション付与のバックデートをJobs が命じた証拠はなく、事後にそれを隠蔽しようとした証拠もみられない。

Despite Apple’s disclosure that Jobs approved widespread backdating at Apple, there is no evidence he directed the backdating of his own grant or covered it up afterward, based on a review of regulatory filings and interviews with lawyers intimately familiar with the grant who asked not to be identified.

      *      *      *

何が問題だったか

当初から問題の焦点は、2001 年に Jobs が付与された 750 万のストックオプションをバックデートしたのが、偽造された架空の役員会の議事録によるものだったことだ。偽造書類に関わったものはそれ相応の罰を受けることになるだろうが、Jobs は刑事訴追(criminal prosecution)を受けずにすみそうだ。そして多分米証券取引委員会(SEC)の法的措置も・・・

From the start, the focus has been Jobs’ receipt of 7.5 million options in 2001 that were backdated through minutes of a board of directors meeting that never occurred. But while others involved in the falsified minutes may face consequences, Jobs appears insulated against criminal prosecution and perhaps SEC action.

      *      *      *

Jobs は関わっていない

Jobs にとって都合のいい付与日を実際に承認したのは Jobs ではなくて、キラ星のごとく有名人でいっぱいのアップルの役員会だった。アップルを窮境から救い出してくれた Jobs の労苦に報いようと、議論を重ねた挙げ句、役員会に名を連ねるつぎの著名人が決めたのだ。すなわち、Genentech の社長兼 CEO の Arthur Levinson、Oracle の強力なリーダー Larry Ellison、Intuit の前 CEO William Campbell、Gap の前社長兼 CEO の Millard Drexler だ。もちろん Jobs も役員会のメンバーだが、自分に関する決定には参加しなかった。

But it was a star-studded board of directors that actually approved the favorable grant date, not Jobs, to end a tough negotiation to compensate him for his company leadership. Among the board notables who approved the grant were Arthur Levinson, Genentech’s president and CEO; Larry Ellison, Oracle’s powerful leader; William Campbell, Intuit’s former CEO; and Millard Drexler, former president and CEO of The Gap. Jobs is also on the board, but did not vote on his own grant.

ストックオプションに詳しい法律家や弁護士によれば、Jobs 自身のバックデートを決めたのは役員会なので、検察当局が Jobs に対して証券詐欺罪(securities fraud)を立件することは難しいだろうという。通常証券詐欺罪が起訴されるのは、役員会が騙されたことを問題にするものだからだ。

Legal experts and lawyers familiar with the grant say it would be difficult for prosecutors to base a securities fraud case against Jobs on the backdating of his own grant when it was approved by the board, particularly because most securities fraud indictments allege corporate boards were deceived.

      *      *      *

Jobs に報いようとしたことが始まり

それじゃ、2001 年に実際に起きたことは何だったのか。本件に精通し、アップルが提出した書類を調査した弁護士(複数)によれば、アップルを建て直した Jobs に対し、役員会がその努力に報いようとしたことからストックオプションの問題が始まったのだという。

So what actually happened with the 2001 grant? According to lawyers familiar with the matter – and a review of the company’s public filings – the grant began with an effort by the board to reward Jobs for helping resurrect Apple.

      *      *      *

このあとサンノゼマーキュリーは、瀕死のアップルを蘇らせた Jobs の労苦に報いるべく、いろんな措置を役員会がとろうとしたことを事細かに述べる。4400 万ドルの自家用ジェット機 Gulfstream V もそのひとつだ。

しかしその後の株価低迷によって、Jobs のストックオプションの行使価格は市価を割って(under water)しまう。

Jobs をなんとかなだめようとする過程で、2001 年の架空の役員会議事録の問題が発生したのだという。

      *      *      *

それでいいのか

ついてサンノゼマーキュリーは、アップルのストックオプション問題に関する株主訴訟の主任弁護士 Mark Molumphy の発言を引用している。

「これが適切だったと当然のように信ずることができるだろうか」と Molumphy は尋ねる。「問題は・・・偽造した議事録のことを誰が知っていたかということだ。それが6万4千ドルに相当する問題だ。」

“Could you justifiably believe this was an appropriate thing to do?” Molumphy asked. “The question is … who knew about the falsified minutes? That’s the $64,000 question.”

      *      *      *

サンノゼマーキュリーの第二報は、SEC がアップルの元法律顧問に的を絞ったことを報じたものだ。

San Jose Mercury News:”SEC closes in on ex-Apple lawyer” by  Howard Mintz:4月23日

      *      *      *

今週にも・・・

今週 SEC は、アップルのバックデート捜査について、初めて法的措置をとるものと思われる。オプションの不正に関わったとしてアップルの前弁護士に狙いを絞っている。

The Securities and Exchange Commission is expected this week to bring its first legal action in the Apple backdating probe, targeting the company’s former top lawyer for her alleged role in rigging options, according to sources familiar with the matter.

前総合弁護士(General Counsel)の Nancy Heinen は、アップルの有名な Steve Jobs が関係することから異常な関心を呼ぶこととなった捜査のスケープゴートにされたのだ、SEC の告発に対しては徹底的に戦うと、彼女の弁護士は語る。・・・

Former General Counsel Nancy Heinen’s lawyers are vowing to fight any SEC charges, saying she’s the scapegoat in an investigation that has generated unusual attention because it involves Apple and Steve Jobs, its famous CEO…

・・・SEC の法的制裁には、多額の罰金から、企業における役員として一生勤務できなくなることまで含まれている。

… SEC sanctions can range from hefty fines to being barred for life from serving as an officer or director at a public company.

      *      *      *

このあとは各紙がどっと書き始めている。

今週 SEC の制裁措置がとられれば、ニュースの大洪水になるだろう。

      *      *      *

参考:

・San Jose Mercury News:”Apple’s Steve Jobs likely to avoid criminal charges in options probe” by Howard Mintz and Troy Wolverton:4月21日
・Ars Technica:”SEC unlikely to indict Steve Jobs” by Charles Jade:4月22日
・San Jose Mercury News:”SEC closes in on ex-Apple lawyer” by  Howard Mintz:4月23日
・Ars Technica:”Former Apple General Counsel in hot water with the SEC” by Justin Berk:4月23日
・Bloomberg.com:”Ex-Apple Lawyer May Face Options Suit, Attorney Says (Update6)” by Joel Rosenblatt:4月23日
・Barron’s Online:”Apple: Report Jobs In The Clear On Options Probe; But SEC Charges Seen For Former Counsel” by Eric Savitz:4月23日
・JURIST:”Ex-Apple lawyer could face SEC lawsuit for options backdating” by James M Yoch Jr:4月23日
・CNET [Reuters]:”Apple’s ex-CFO reportedly settles options probe“:4月23日
・SFGate [San Francisco Chronicle]:”Ex-Apple execs in SEC crosshairs: Deal likely with former CFO; counsel faces suit” by Jessica Guynn:4月23日
・Forbes:”SEC to File Suit Against Ex-Apple Lawyer” by May Wong:4月23日
・MarketWatch:”Tech stocks drop; Apple CEO Jobs likely won’t face charges” by John Letzing:4月23日
・New York Times:”Ex-Officers of Apple Await Suit” by John Markoff and Eric Dash:4月24日

Technorati Tags: , ,

次ページへ »