maclalalaweblog

2007年 6月 17日

アップルバッシングが始まるぞ:FSJ

Filed under: ひと,アップル,ユーモア — shiro @ 11:53
Tags: , ,

jobs_rdf1

Steve Jobs が愛読しているといったせいでもあるまいが、「偽 Jobs」(FSJ:Fake Steve Jobs)がとても興味深い記事を書いている。

The Secret Diary of Steve Jobs:”Apple faithful, we must prepare together for the media backlash“:6月16日

      *      *      *

アップルファンよ、上の写真で自己催眠をかけてくれ。アンチアップルの記事がどっと押し寄せてくるから。ほんとに始まりそうなんだよ・・・

Apple fans, re-hypnotize yourselves with the photo above and get ready for the wave of anti-Apple stories, because I can feel it coming…

      *      *      *

ライターなんて・・・

ライターは、話を書いてもコントロールはできない。我々はついライターを非難してしまうが、実のところ彼らに罪はない。彼らは、やれといわれたことをやっているに過ぎない。彼らは求めに応じて書いているだけだ。ヒーローが何かを達成し、勝利する。そして大失敗し、転落する。それから、埃を払って障害を克服し、リングに立ち戻る、などなど。ライターは話をおもしろくする彩りを添えるだけだ。

It’s also worth remembering that the writers don’t have any control either. We tend to blame the reporters but really it’s not their fault. They have to do as they’re told. The story has certain demands. Heroes achieve things and win; then they fuck up and fall; then they dust themselves off and overcome obstacles and climb back into the ring, blah blah blah. The writers just make up the details to keep it colorful.

      *      *      *

アップルバッシングの始まりだ

ともかく、バッシングが始まる。いずれ、ひとより頭がいいと考えるバカが、ひととは逆の、アップルなんてクズだという「コントラリアン」[contrarian:反対意見の:逆バリ専門の投資家の意から]記事を書き始める。実のところ、これは決して「コントラリアン」的ではない。必然なのだ。我々みんながその一部である、大掛かりなドラマの展開にはつきものなのだ。ともあれ、そいつは自分が大物で、みんなが言い出す前に大声で話せると考えている。なぜかって? メディアで食を食(は)んでいるバカどもは、たいていが無慈悲で、自らが進行しつつある大掛かりなドラマの一部に過ぎないということが分かっていないからだ。彼らは映画マトリックスに出てくるポッドにはいった人間と同じだ。自分の生きている現実が分からないまま、ひたすらコンピュータの中に自分を混ぜ込んでいるのだ。彼らは自分が書いているソープオペラに利用されているだけだということに気付いていない。特ダネを書いているとばかり信じ込んでいる間抜けだ。これまで会ったジャーナリストはみな、信じられないほどのウブか、知識はさしてないのにエゴだけはバカデカイかのどちらかだ。インタビューの相手より自分の方がずっと賢いと思い込んでいるようなヤツばかりだ。そうでもなきゃ、こんな仕事はやってられない。

Anyway, the backlash is coming. Sooner rather than later some a-hole who thinks he’s really smart is going to write the “contrarian” piece saying Apple is crap. Of course this point of view is not really contrarian at all; in fact it’s inevitable, and it’s a requirement of the overarching narrative that we’re all part of. But whatever. He’ll think he’s a big bad ass who’s figured something out before everyone else and dares to say it out loud. You know why this is? Because most of the poor dimwits who work in the media are so clueless that they don’t realize they’re part of a big overarching ongoing story. They’re like the pod people in “The Matrix,” churning away at their computers, totally unaware of the reality in which they’re living. They don’t realize that they’re just harnessed to the soap opera that’s writing itself with or without them; most of them really think they’re “breaking” stories and shaping the news. Poor saps. The fact is that all the journalists I’ve ever met boasted a combination of incredible naivete and limited intelligence with an exaggerated sense of self-importance and a wrongheaded belief that they are a great deal smarter than the people they interview. Without those things you just couldn’t do their job.

      *      *      *

バッシングのシナリオ

で、今回の場合だが、バッシングは***な[悪口省略]Dvorak から始まった。アップル株の空売り[shorting]を始めるときがきたと彼はいう。つい最近の WWDC のキーノートでは、めぼしいものがなかったとみんな不満たらたらだ。メディアのすごいところは、この進行中のドラマが完全に予測可能だったといってしまうところだ。昨日 Steve Dowling[アップルのスポークスマン]と一緒に PR 戦略を検討し、彼らがどうでるか予想した。たとえばこんなことだ。

In our case right now the backlash started with Dvorak, that grumpy old liver-spotted bastard, saying maybe it’s time to start shorting Apple stock. More recently we’ve seen the general grumbling about the WWDC keynote and how it lacked sparkle. The great thing about the press and their ongoing narrative is that this makes them utterly friggin predictable. Steve Dowling and I sat around yesterday in a PR strategy session and mapped out exactly what the papers will do. Here are some data points:

・株価が高すぎる。しかもテンポが早い。株価の「修正」が必要だ。

* The stock is too high, has gone up too fast, is due for a “correction.”

・iPhone を煽り過ぎたので、みんなの期待に添うのが難しく、失望させるのは違いない。タッチスクリーンはみんなをイライラさせるだろう。

* We’ve hyped the iPhone so much that it can never live up to the expectations we’ve created and therefore is bound to be a disappointment. The touch screen is going to drive people nuts.

・iPod は確かにたいしたものだが、もうこれ以上は売れない。後は売れ行きが下がるだけ。

* The iPod is great but at this point we can’t sell any more than we already do, so there’s no way to go but down.

・Apple TV は失敗作だ。

* Apple TV is a flop.

・Leopard は遅れる。開発がうまくいっていない証拠だ。

* Leopard is late, a sign we’re struggling in the labs.

・Leopard はがっかりだ。おざなりのレビュー記事がその現われだ。 Mary Jo Creepy なんかは Vista のマネだとさえいっている。

* Leopard is a letdown. The first glimpse of it got tepid reviews in general and some, like Mary Jo Creepy, actually claimed we’re stealing from Vista.

・現行の iMacs や Mac Mini なんか 300 日以上もアップグレード無しだ。我々は失速してしまった。

* The current iMacs and Mac Mini have gone nearly 300 days without a refresh; we’ve lost our way.

・テクノロジーは時々刻々変化する。これからは iTunes-to-iPod モデルは役に立たない。ストリーミングテクノロジーの時代で、我々には活躍できる場がない。

* Technology is changing again and iTunes-to-iPod model isn’t the way of the future; it’s going to be streaming technology and we don’t play a role there.

・映画会社は iTunes にはなかなか参加しない。

* Movie companies aren’t getting on board with iTunes.

・Vista はハード能力を必要以上に要求すると悪口をいわれたが、Leopard だってパワーハングリーだ。ちゃんと動かすためには2ギガの RAM がいる。

* Vista got bashed for being such a hardware hog but Leopard is going to be just as power hungry, needing at least 2 gigs of RAM to run decently.

      *      *      *

で、どう対処するか

問題はどう対処するかだ。闘うべきか。いやそうは思わない。津波と闘うみたいなものだ。高地に避難して、嵐をやり過ごすのだ。オビワン・ケノービ式防衛術だ。茶色の法衣をまとい、ライトセイバーのスイッチを切り、悪いヤツらの攻撃に身をまかせる。これまたドラマで必要な展開なのだ。ドラマでは、今私が失敗しなければならないのだ。苦しんで、それから栄光あるカムバックを遂げる。イエスキリストと同じだ。磔なければ復活はない。メディアのならず者どもよ、よく聞くがいい。私を打ちのめしても、お前たちが想像できないほど強くなって私は蘇るのだ。

The question is, how do we respond? Do we fight it? We think not. It would be like fighting a tsunami. Better off to get to high ground and ride out the storm. I call it the Obi-Wan Kenobi defense. I put on my brown robe, turn off my light saber, and just let the bad guys attack me. It’s a necessary part of the story. The story needs me to fail now, to suffer, so that then I can come back in even greater glory. It’s like Jesus — no crucifixion, no resurrection. Media whores, listen to me: If you strike me down, I shall become more powerful than you could possibly imagine.

      *      *      *

なんだか FSJ が RSJ[Real Steve Jobs]に成り代わって彼の本音を語っているようにすら聞こえる。それにしても皮肉は効き過ぎだが・・・

これを読んだ各紙の反応がおもしろい。

HipMojo.com

ひょっとして、偽 Jobs は本物だったりして・・・。本気でいってるんじゃないよ。でも・・・

What are the chances that the Fake Steve Jobs is in fact the real one.  I’m not serious, I don’t think so anyway… but:

HipMojo.com:”What if Fake Steve Was the Real Steve?“:6月16日

Scobleizer

誰が「偽 Jobs」のブログを書いているにせよ、実に上手い。・・・本物の Steve だって読んでいるくらいだから。

Whoever writes the Fake Steve blog is pretty damn good… Even the real Steve reads it.

Scobleizer:”Fake Steve prepares Apple faithful for media backlash” by Robert Scoble:6月16日

Mickeleh’s Take

偽 Steve は、いつものように真実と知恵とコメディを提供する。それにしてもなんと上手い文章だ。

Fake Steve, as usual, offers truth, wisdom, comedy, and darn good writing.

Mickeleh’s Take:”Krya Sedgwick Blurts About a Demo Steve Jobs Never Showed Us” by Michael Markman:6月16日

Technorati Tags: , ,

広告

2件のコメント »

  1. 確かにWWDC後、株は下がりましたが、投資家はAppleの本質をわかっていない。少なくともVistaより、はるかに楽しいOS だ。キーノートビデオもじっくり見ましたが、Vistaと比べ物にならない。私はまだちょい出ししかやってないと思っています。Leopardが発売されるまで明かされないものがある。それがApple一流のやり方。

    コメント by ノブヒョン — 2007年 6月 17日 @ 21:21

  2. 偽Jobsも上手い事言ってますねぇ。

    アップルバッシングが始まるぞ:FSJ

    この偽Jobsの記事を本物のSteve Jobsも見てるらしいです。

    しかも楽しみにしてるんだって。

    でもこの偽Jobsがまた上手いんですよねぇ。

    実際に本物のJobsが言ってる様な感…

    コメント by boz Works — 2007年 6月 25日 @ 00:04


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中