maclalalaweblog

2007年 6月 12日

重要なのは Leopard ではなく Safari だ:Paul Thurrott

Filed under: アップル,OS — shiro @ 21:32
Tags: , , , , ,


[Paul Sakuma, AP]

WWDC 07 を見た Paul Thurrott の感想・・・

Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Safari, Not Leopard, is the Real News at Apple Show“:6月11日
WinInfo:”Safari, Not Leopard, is the Real News at Apple Show” by Paul Thurrott:6月11日

      *      *      *

私がここでいいたいことはとても簡単だ。

My contention here is simple.

未来は Leopard にあるのではない。そもそも、そんなことはこれまでもなかった。ウインドウズのユーザーを大量に転向させるほどすばらしかったことなんてなかった。如何なるデスクトップ OS といえども、それが可能だったことはないのだ。

Leopard is not the future. How could it ever be? This isn’t good enough to make Windows users switch en masse. No desktop OS could ever make that happen.

ノーだ、未来は Safari にあるのだ。まず iPhone で動かす。それからたくさんのデバイスで動くようになる。コンピュータだろうと、コンピュータ以外のデバイスだろうと・・・。覚えておいてほしい。ケイタイのマーケットはデスクトップ PC よりはるかに大きいのだ。とても大きい・・・

No, the future is Safari. First, running on iPhone. Later, running on any number of devices. Traditional and non-computer devices. Remember that the cell phone market is much bigger than the market for desktop PCs. This is big.

私のいっていることが、陰謀説のように聞こえるかもしれないのは分かっている。しかしいつの日か、過去を振り返ってこう考える日がきっと来ると思う。デスクトップ OS(複数)について考えるのをやめ、モバイルというウェブベースの未来に焦点をあてることにしたのがまさにこの日であったことを・・・。これは、アップルがこれまでやったことで一番賢明なことだったといえるかもしれない。それにこれまでのところ、気付いているひとはほとんどいないのだ。いまのところは・・・

And yes, I know it all sounds like a conspiracy theory. But I think that we will all look back on this day as the time when we stopped thinking about desktop OSes and focused on the mobile, Web-based future. This might be the smartest thing Apple ever did. And so far, few have even noticed it. Yet.

      *      *      *

気になっていた Leopard のユーザーインターフェイスは、iTunes 風というか iPhone 風に変わったというのが第一印象だった。One more thing… が Safari だったのはそういうわけか・・・

Mac OS X をケイタイ向きに書き換えるには、手間もかかるだろうし、iPhone より先に出すわけにもいかないだろうし、なんとなく Leopard が10月まで遅れたことを納得してしまった。

Technorati Tags: , ,

広告

6件のコメント »

  1. 重要度:Safari > Leopard

    重要なのは Leopard ではなく Safari だ:Paul Thurrottというエントリーより。 ノーだ、未来は Safari にあるのだ。まず iPhone で動かす。それからたくさんのデバイスで動くようになる。コンピュータだろうと、コンピュータ以外のデバイスだろうと・・・。覚えておいてほしい。ケイタイのマーケットはデスクトップ PC よりはるかに大きいのだ。とても大きい・・・……

    コメント by [N] — 2007年 6月 12日 @ 14:44

  2. Operaと同じ方向性を目指すのかな。

    コメント by あばばばば — 2007年 6月 12日 @ 16:50

  3. Safariがメインとなった感が確かにあります。だれも予想していなかった
    ようです。Windows版が出るとはなおさら・・・
    私もダウンロードしましたが問題なく動作しています。メニューバーが英語ですがあまり気になりません。ブラウザが変わるとスピードも変わるんだと実感しました。

    コメント by ノブヒョン — 2007年 6月 12日 @ 21:53

  4. 初めてコメントします。

    Safariに力をいれそうな感じは、iPhone自体にビジネスソフト(ExcelとかWord)がついてなく、且つGoogleとの協力体制が強まってるってことから、なんとなく予想ついたよね(Docs & SpreadsheetsをiPhoneからも使えるようにするんじゃないかなってところからだけど)。

    Win用のSafariを出すってのも、iPhoneとiTunesとくれば、iPhoneとSafariってのも、「ああ、なるほど」って思った程度だったし(iPhoneのユーザはWinの人もいるだろうからね)。

    今年のAppleは、何だかんだ言ってiPhoneを主体に考えてるとおもう。
    (もしかすると、次世代iPodを狙っているのかもしれないけど)

    コメント by ゆうた — 2007年 6月 13日 @ 20:25

  5. > あばばばば さん
    Opera でも モバイルとウェブが目標なのでしょうか

    > ノブヒョン さん
    OS なんてどうでもよくなる そんな時代に向かっているのだとしたら・・・

    > ゆうた さん
    マック対ウインドウズという枠を超えて D会議でいっていた 「post-PC デバイス」の時代に Jobs は突入してしまったのかもしれません

    コメント by shiro — 2007年 6月 15日 @ 20:43

  6. iPhoneを考える上で読むべき3つの記事

    6月11日のWWDC直後、本当にいろんな意味でショックで何も書けませんでした。
    iPhoneがこれからどうなるかを考える上で、既に自分が考えていた事もだいぶ先を越されてしまいましたが、今後のiPhoneとその周辺を考える上で、下の3つのエントリーは大変参考になりましたのでご紹介します。

    ・「重要なのは Leopard ではなく Safari だ:Paul Thurrott」

    ・「Google Gears、Safari 3」

    ・「iPhoneはウェブのUIを変えるのか」

    うーん、皆さん頭の回転…

    コメント by ネコごとうニュース — 2007年 6月 16日 @ 23:19


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。