maclalalaweblog

2007年 6月 4日

Leopard の秘密はウインドウズか

Filed under: アップル,OS,仮想化 — shiro @ 21:53
Tags: , , , , ,

leopard_secret

いよいよ WWDC まで一週間を切った。

Leopard の秘密はウインドウズではないかと、ビジネスウィークの Arik Hesseldahl が書いている。

BusinessWeek:”Buzz Building On Secret Features In Leopard” by Arik Hesseldahl:6月1日

      *      *      *

二つの出来事

Leopard でウインドウズはどう扱われるのか、6月11日の WWDC で Jobs は何を語り、何を語らないか、という予想に影響を与える二つの大きな出来事が今日あった。

So there’s a double-whammy today in the way of speculation on the subject of Windows functionality in Leopard, and what Steve Jobs may or may not say at WWDC on June 11.

      *      *      *

バーチャルマシンをテスト

American Technology Research のアナリスト Shaw Wu が、この件に関する分析ノートを今日出した。それによれば彼は依然として、Leopard が10月まで遅れたのは iPhone が原因ではなくて、マックの OS 環境で複数の OS をシームレスに動かすバーチャルマシンを Leopard でテストしているためだと信じている。このことは売り上げを大幅に伸ばすきっかけとなるだろうと彼はいう。

Shaw Wu of American Technology Research in San Francisco has a new research note out today on the subject. He continues to believe that the reason that Leopard was delayed until October has less to do with the iPhone and more to do with testing virtual machine technology within Leopard that would allow the seamless operation of several operating systems within the Mac OS environment at once. That he says, could turn out to be a major sales catalyst.

      *      *      *

ウインドウズがなくてもアプリが動く

Wu の分析ノートが出る前日、 Crunchgear の Matt Hickey は「バカげて正気とは思えない噂」というエントリーを書いた。これは、ウインドウズがなくても Leopard 上でウインドウズのアプリケーションを動かせる可能性について空想した Les Posen のエントリーについて触れたものだ。

Wu’s note hit the wires a day after Matt Hickey at Crunchgear blogged about “A stupid, insane Mac rumor” keyed in part off this Blog post by Les Posen who is fantasizing about the possibility that Leopard would be able to run Windows applications without Windows.

      *      *      *

コヒーレンスモードを一歩進めるだけ

実のところ、そう考えるのはたいして難しいことではない。Parallels for Mac の最新バージョンで可能になった「コヒーレンスモード」(Coherence mode)を考えてみよう。コヒーレンスモードでは、ウインドウズのデスクトップ環境は隠されているので、ウインドウズのアプリケーションはマックのデスクトップ上のウインドウの中で動いているようにしか見えない。

Say what? Well, its really not that hard to imagine, actually. Consider the Coherence mode available in the latest versions of Parallels for Mac. When in Coherence mode, the Windows desktop environment is shunted aside, and all you see is the Windows application you happen to running, but within a Window directly on your Mac desktop.

      *      *      *

ゲームではすでに可能

ここで Cider が登場する。これはウインドウズのゲームをマックで直接動かせるようにするゲーム開発環境だ。Cider を使うとゲームの移植(port)が不要となる。普通のことばでいえば、ウインドウズのゲームをマックで動くようにするため、ほぼ完全に書き替えなくてもいいことを意味する。ウインドウズの二つのゲームソフト(Heroes of Might and Magic VMyst Online: URU Live)がすでに Cider で、したがってインテルマックで動かせるようになっているという。

Then there’s Cider a gaming development environment that allows Windows games to be adapted for running on the Mac directly, without the need to “port” the game — which in English means taking a Windows game and then rebuilding it more or less from the ground up for the Mac. Already two Windows games, Heroes of Might and Magic V and Myst Online: URU Live are said to be Cider-enabled, and as such playable on an Intel Mac.

      *      *      *

定番 Boot Camp Fusion

これに加えて、VMWare の Fusion for the Mac やアップル自身の Boot Camp があるというわけだ。これらは Leopard ではさらに強力になっていると思われる。

On top of this, there’s VMWare Fusion for the Mac, and Apple’s own Boot Camp, which could conceivably be vastly improved in Leopard.

      *      *      *

ウインドウズをインストール済のマック

これらすべてを考え合わせると、サードパーティのベンダーがやったのと同じことをアップルがやってもおかしくない。すなわち、ウインドウズをインストール済のマックを、CTO[Configure To Order、注文仕様生産]モデルのようなオプションとして売るのだ。[注:ウインドウズをインストール済で、各種設定も不要、箱から出してすぐ使えるという意味?]私自身先月この話を耳にしている。こういった需要があることは明らかだ。さもなくば Parallels は成功しなかっただろうし、VMWare も Fusion を作ったりはしないだろう。

All of this activity leads me to wonder if perhaps Apple might do as some third-party vendors have done — I heard about one last month — and offer Macs with Windows installed and configured on board as a configure-to-order option. Clearly there’s a demand for it, or Parallels wouldn’t be successful, and VMWare wouldn’t be building Fusion.

      *      *      *

バーチャルマシンは福音だ

マックにおけるウインドウズのプレゼンスを最小限に抑え、かつ、希望するアプリケーションを見えないバーチャルマシン内で信じられないほど簡単に動かす、そんな方法をアップルが可能にするなら、私みたいな人間にとってそれは革命以外の何ものでもない。だって私は、ウインドウズと OS X の二つのコンピュータの間を行き来するのに大変な時間を費やしているのだから。Shaw Wu のいうバーチャルマシンの技術が Leopard の「秘密の機能」だというのなら、これはもう大変なニュースだ。

If there is some way that Apple could minimize the presence of Windows within the Mac, and make it incredibly easy to run pretty much any application you want within a largely invisible virtual machine, that would be nothing short of revolutionary for people like me who spend a great deal of time shuttling between two computers — one running Windows and one running OS X. If a virtual machine technology is as Shaw Wu suggests the marquis “secret feature” of Leopard it would indeed be very big news.

Technorati Tags: , , , , ,

広告

1件のコメント »

  1. iPhone、発売日が決まりましたね〜(^_^)

    ところでバーチャルマシンの話、ホントだとしたら凄いです。
    PowerBookG4でVirtualPCを動かしているのには無理があるので、これでようやく乗り換えられる?かな…。

    コメント by Shinji — 2007年 6月 4日 @ 23:32


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中