maclalalaweblog

2007年 6月 3日

Dの余韻

steve_jobs_bill_gates_joi_ito

まだDの余韻の中にいる。

Asa Mathat の写真はそれほど衝撃的だった。

予期せぬ Jobs の明るい笑顔や表情に、これまで知らなかった彼の一面を垣間みたような気がした。

一枚の写真の威力だ。

ニューヨークタイムズ(John Markoff)の記事にも、Jobs と Gates のすばらしい写真が添えられている。クレジットは「Joichi Ito」、なんと伊藤穰一氏だ。

彼自身がブログで語っている。

Joi Ito’s Web:”Steve Jobs and Bill Gates at D“:5月31日

      *      *      *

Walter Mossberg と Kara Swisher が Steve Jobs と Bill Gates のインタビューをした。そしてニューヨークタイムズの John Markoff が記事にした。私が撮った写真を使ってる。やった!

Walter Mossberg and Kara Swisher interview Steve Jobs and Bill Gates. John Markoff wrote a New York Times article about this interview. They used my photo. w00t!

発言で覚えていることをいくつか。Flickr にも載せた。

A few notes of my own that I posted on Flickr:

Bill:「Steve の趣味の良さには一目置いている。」

Bill: “I’d give a lot for Steve’s taste.”

Steve:「Bill との方が、Wozniak と自分の場合より、組んでうまくいった。」

Steve: “Bill was much better at partnering than Steve Wozniak and I were.”

Steve:(秘密を守ったことについて)「我々が結婚して10年以上になる。」[正確には「我々の結婚を秘密にしてもう10年ほどになる。」]

We’ve kept secret that: Steve: “We’ve been married for 10 years.” [It was actually: “We’ve kept our marriage secret for over a decade now.”]

Bill:「私は偽 Jobs ではない。」

Bill: “I’m not the Fake Steve.”

記憶をたどって書いたので、正確な表現は少し違うかもしれない。

Quotes from memory. Exact text may be wrong.

      *      *      *

日本とアメリカを股にかけ自由に活動する伊藤穰一氏は、同国人に向けてのみ声の大きいひとと異なり異色だと思う。

ブログを始めた頃から、とても気になる存在だった。

日本生まれ、アメリカ育ちだとしても、Dのような催しに出席し、自由に動き回り、多くのひとと交わる、それは大したことに思える。

引っ込み思案というか、引きこもり症候群の筆者からみると実に羨ましい存在だ。

そんな彼が、Dの後の率直な気持ちを綴っているのを読むと、これまた親近感を覚えてしまう。

Joi Ito’s Web:”Later D and thanks for all the bits“:5月31日

      *      *      *

D5 は楽しかった。ほとんど「昔に戻った」気さえした。起業家、ベンチャーキャピタリスト、ヘッドハンター、企業のデベロッパ、大会社の CEO、いろんなみんなと話をした。ただ、カクテルパーティのおしゃべりはまだしんどい。だから早々に切り上げた。基本的に自分はシャイだと思う。「それで、いま何やってるの?」と尋ねられて、きちんと答えられないことでさらに気まずい思いをするのかもしれない。

D5 was fun. I felt almost “back in the swing of things” talking to all of the entrepreneurs, VCs, headhunters, corp dev guys, and BigCo CEOs. I still have a really hard time feeling comfortable schmoozing at cocktail parties and left most of them early. I think I’m fundamentally shy. My lack of focus and the subsequent difficulty in answering the question, “So! What do YOU do?” probably makes it worse.

有名人たちの写真を撮る方がまだいい。それでもみんなに近づいて、挨拶なしに「ハーイ」だけで済ますのはまだ苦手だ。それをなんとか乗り越えなきゃいけないのだろうけれど・・・

I’m getting better at taking photos of celebrities, but I still have a hard time going up and saying “hi!” to people without an introduction. I should probably learn to get over that.

以下、写真を撮るようになった経緯に触れたあと・・・

たくさんのことを知り、会えてよかったと思うひとにたくさん会えた。こちらカリフォルニアに住んでいたら、仕事がもっとできたのではないかと思う。その一方、菜園や堆肥のことを考えると早く帰りたくなる。自分のアイデンティティーが太平洋の両側にまたがるこんなライフスタイルは、私のような ADD[注:attention-deficit disorder、注意力欠乏症?]の精神状態にはちょうどいいのかもしれない。もっとも長期間ということになると、それでいいのかどうか分からないけれど・・・

I learned a lot and met a bunch of people who I’m glad to have met. It makes me realize that I’d probably get a lot more work done if I live out here in California. On the other hand, I miss my compost and my garden and am anxious to get back home. I guess this identity stretching lifestyle is probably the right balance for my spiritual ADD, but I’m not sure it’s really the best configuration long term…

      *      *      *

ウォールストリートジャーナル主催なのでDの司会は Walt Mossberg だった。Jobs が応じる司会者は Mossberg か Steven Levy ぐらいだろう。その Steven Levy が YouTube セッションで一般席から質問をするところを伊藤穰一氏が撮っている。

Flickr に掲載された氏の写真をみると、写されたひとの心が開いていることが分かる。彼が名写真家だと知ってうれしかった。

いろんなひとがDについて書いている。それほどインパクトの大きい催しだったということだろう。しばらくはDの感想記事を読みあさることになりそうだ。

Technorati Tags: , , ,

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中