maclalalaweblog

2007年 6月 1日

マイクロソフトは Surface Computing でアップルに追いつくか

surface

マイクロソフトの「サーフェスコンピュータ」(Surface Computing:コード名 Milan)がにわかに関心を呼んでいる。

マイクロソフトが、iPhone のようなマルチタッチのユーザーインターフェイスを急追するのではないかと考えられるためだ。

Surface Computing についてはこちら:

TechCrunch:”Microsoft Announces Surface Computer” by Duncan Riley:5月29日

TechCrunch Japanese:”Microsoft、「Surface」コンピュータを発表” by Duncan Riley:5月31日

Popular Mechanics:”Microsoft Surface: Behind-the-Scenes First Look (with Video)” by Glenn Derene:2007 年7月号[Video]

      *      *      *

しかし Surface Computing は、マルチタッチの技術とは別物だと Carl Howe はいう。

Blackfriars’ Marketing:”Apple’s answer to Microsoft’s Surface Computing initiative: real products” by Carl Howe:5月30日

      *      *      *

Surface Computing とは

コンセプトモデルで厄介なことが起きるのは細部においてだ。マイクロソフトの surface computing への動きは、アップルが iPhone で導入しようとしている技術とは異なっており、多分それと競合することはないと思われる。マイクロソフトの技術は、つぎのようなものだ。

But as with many concept demos, the devil here is in the details, and Microsoft’s surface computing initiative is very different from — and probably will never compete with — the technologies Apple is introducing in the iPhone. Microsoft’s technology:

1)その秘密はカメラとプロジェクタ

タッチスクリーンの技術(touch-screen technology)とは異なる光学的(optical)なものだ。ブラシを使って絵を描けるような大きな利点がある一方、いくつかの欠点もある。たとえば、スクリーンが白くなるのを防ぐため部屋を暗くする必要があるとか、物体を認識できるようにバーコードを付ける必要があるといったことだ。

Depends on cameras and projectors for its magic. This isn’t a touch-screen technology, but an optical one. That has some huge advantages, like the ability to use brushes to paint, but also has some disadvantages, like the need for dim lighting to avoid washing out the screen and the need to put bar codes on objects for the system to recognize them.

2)広範囲のコントロールが必要

マイクロソフトは、ウインドウズの携帯電話メーカーにも売り込んでいるといっているが、この技術は明らかにケイタイよりキオスクのような大きな環境を念頭に設計されている。光学プロジェクタやカメラを使うには広くて空っぽの平面(large empty spaces)が必要だ。だから、プラズマディスプレーや LCD ディスプレーのように投影用テレビを壁掛けにするわけにはいかない。携帯電話では、光学的に surface システムが実行可能なスペースはとれない。それにマルチタッチが可能なタッチスクリーンとなると、間違いなくアップルの特許に抵触するだろう。

Focuses on large interactions instead of small. Despite claims Microsoft has been shopping this technology to Windows Mobile phone makers, this technology is clearly designed to work primarily in large kiosk-like settings than mobile phones. You need large empty spaces for optical projectors and cameras — that’s why you can’t hang projection TVs on your wall like you can a plasma or LCD display. There’s no room in a mobile phone for the optics needed to implement this type of surface system there — and using a multi-touch enabled touch-screen would undoubtedly run afoul of Apple’s patents on that technology.

3)そもそも PC 体系に当てはまらない

たとえ消費者が、この surface システムが何立方フィートもの大きなものになっても構わないといっても、マイクロソフトは、主として International Game Technology との開発・配布協定を通じてこの技術を配布するつもりだといっている。どういうことかというと、この技術が見れるのは Venetian Casino[ラスベガスのカジノ]の次世代ビデオポーカーマシンになる可能性が高く、Best Buy から買ってくる PC などではないということだ。

Doesn’t fit in the PC ecosystem. Even if consumers were OK with the many-cubic-foot bulk of these surface systems, Microsoft says in its press release that it will distribute this technology largely through a distribution and development agreement with International Game Technology. That means you’re much more likely to see this technology in your next video poker machine at the Venetian casino than you are in the PC you get from Best Buy.

      *      *      *

iPhone PC 向きではない

そういうことで、surface computing は iPhone や PC 用の技術ではない。だからとうだというのだ。結局のところアップルはマルチタッチをコンピュータのために使っていないではないか。

So surface computing isn’t the iPhone or a PC technology. Does that matter? After all, Apple isn’t doing anything with multi-touch for computers, is it?

      *      *      *

Leopard の一部になる?

ちょっと待ってくれ。数週間もすればアップルがマルチタッチでやることを見てびっくりすることになるのだから。マルチタッチ用の小ソフトは、MacBooks や MacBook Pro で既に動いている。二本指スクロールはもう標準だ。それに前にも触れたように、新しい 3D ファインダ(3D finder)とマルチタッチのジェスチャ(multi-touch gesture)を一緒にすれば、PC のユーザーインターフェイスが革命的に変わる可能性があるのだ。しかもそのインターフェイスが次期 OS Leopard の一部になると我々は信じている。アップルが最近ディスプレー価格を下げて在庫を減らしていること、マルチタッチジェスチャやフラットタッチスクリーンに関する特許を申請していることなどを考え合わせると、タッチスクリーンをサポートするフラットパネルディスプレーやノートブックが Leopard と一緒に発表されるかもしれないのだ。

Well wait a few weeks and you may be surprised at how much Apple is doing with multi-touch. We’ve already seen small applications of multi-touch on Apple MacBooks and MacBook Pros, where two-finger scrolling has become the norm. But as we’ve noted before, multi-touch gestures combined with a new 3D finder have the potential to revolutionize the PC user interface — and we believe that that interface will be part of Apple’s next OS Leopard. And given that Apple has recently cut its display prices to reduce inventory and has several multi-touch gesture and flat touchscreen patents already filed, we may see touchscreen-supporting flat-panel displays and notebooks introduced along with Leopard too.

      *      *      *

デモより実機が重要

アップルは今日の D カンファレンスで、開発中のマルチタッチ技術を漏らしたりすることはないだろう。せいぜい iPhone を見せびらかすだけで、それ以上はないだろう。しかし間違いなくアップルは、同じような技術を開発している。ただアップルの場合は、開発中のデモを見せたりはしない。見せるのは、みんなが買える実際の製品になってからだ。

Our bet is that Steve Jobs won’t spill the beans on Apple’s multi-touch efforts at the D Conference today — he’ll just show off the iPhone and leave it at that. But make no mistake: Apple has similar technology in its development queue. But in Apple’s case, we won’t see it as a demo. It will come in actual products you can buy.

Technorati Tags: , , , , , ,

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中