maclalalaweblog

2007年 5月 14日

ウインドウの終焉、それが Leopard の秘密

Filed under: アップル,OS — shiro @ 00:48

Leopardsecret

Aric Winton と Carl Howe が Leopard の秘密について非常に興味深い指摘をしている。

Blackfriars’ Marketing:”Leopard’s secret: the end of windows?” by Aric Winton and Carl Howe:5月11日

      *      *      *

飼いならされた犬みたいに

最近 Leopard は10月まで延期されたが、その理由は iPhone に予想以上の時間と労力がかかるというものだった。少なくとも Mac OS X チームから「借りてきたエンジニア」のお蔭で、iPhone の6月発表という目標は守れるわけだ。メディアはこのニュースに、飼いならされた犬みたいに(もっとハッキリいえば、無邪気だが世間知らずの子犬みたいに)飛びついた。

When Leopard was recently delayed until October, the reason given was that the iPhone was taking up more time and resources than expected, but with the “borrowed engineers” from the Mac OS X team the iPhone would at least still make its June launch target. The press picked it up and ran with it like a well-trained dog, or perhaps more succinctly, an innocent but ignorant puppy.

      *      *      *

Coding Headstart

Carl Howe が前回書いたように、アップルがデベロッパに向けて、Leopard のための一連の「Coding Headstart」ビデオ(「プログラミングの事前スタート」ビデオ)がすぐに入手できるというEメールを出したのはごく最近のことだった。アップルとしては、デベロッパが来月の WWDC までに Leopard に十分に習熟しておいて欲しいと望んでいるのだ。しかし Leopard が店頭に並ぶまでにはまだ3か月以上もあるというのにどうしてそんなに急ぐのか?

As Carl noted in our previous post, Apple’s most recent developers connection email announced the immediate availability of a series of Coding Headstart videos for Leopard. They want developers to be fully prepared and already familiar with Leopard when WWDC hits us next month, which is still more than three months before Leopard will actually hit the shelves. Why the rush?

たとえ密かに6月発売を予定していたとしても、Leopard の延期は我々にとって至極当然のことに思える。Leopard iPhone にぶっつけて二つの製品にメディアの注意を惹くなんて、 Jobs がやることとはとても思えない。とくに「Business school 101」ジョーク[注:Jobs が iPhone と競合製品の差別化をビジネススクール入門レベルの簡単なチャートで示したこと。こちら参照。]をキーノートでやった後となっては・・・

That Leopard was delayed seemed like a logical and obvious thing to do to us at Blackfriars, even if the product was secretly on schedule to launch in June. Pitting it against the iPhone and having the two products fight each other for media attention just didn’t seem like something Jobs would do, certainly not after making “Business school 101” jokes in his Keynote presentations.

      *      *      *

何かありそうだ

しかし何かがありそうだ。「Coding Headstart」の発表はそのヒントを与えてくれるように思う。

Yet, there could be more to it all, and the Coding Headstart announcement gives us some clues.

確かにアップルにとって、iPhone は元祖マッキントッシュ以来もっとも重要な製品だ。もし Leopard が延期された唯一の理由が iPhone のために時間を稼ぐことだとしたら、急いでデベロッパに Leopard のプログラミングを勉強させる必要なんかない。逆に、デベロッパに暫しの休息を与えるいい口実になっただろう。

If the only reason Leopard was delayed was to give the iPhone its fair chance — after all, this is Apple’s most significant product launch since the original Macintosh — there would be no reason to rush developers into learning how to code for Leopard. It would be the opposite, as it would give developers a good reason to breathe and relax a bit.

      *      *      *

Tiger とは非常に違う

だから、何か隠された理由があると考える方が筋が通っている。その理由のひとつは、Leopard のソフト開発が Tiger とは非常に異なるという可能性だ。それもちょっとやそっとではなく、大変違うということだ。

Thus, it’s reasonable to believe that there is an ulterior motive. A good motive would be that developing apps for Leopard is going to be very different from developing apps for Tiger, and by “different” we really mean different in every sense of the word.

Leopard には各種の新しい API[Application Programming Interface、アプリケーションが OS の公開機能を使うためのインターフェイス]が導入されることは周知の事実だ。その多くは、現在のものに代わって、パフォーマンスを最適化し、柔軟性を高め、デベロッパのプログラミングを容易にすると考えられている。また、アプリケーション開発に絶大なる影響を与えるいくつかの新しい API も登場するものと思われる。例えば Core Animation は、セクシーなアニメーションを追加する API であるという以上に、アプリケーションの動作やあり方を革命的に変えてしまうものなのだ。

It’s already known that Leopard will introduce a series of new APIs, many of which will replace existing ones to optimize performance, increase flexibility and generally just make the life of a developer much easier. There will also be several new APIs that have tremendous impact on application development – Core Animation is not just an API to add some sexy animations to your app, it’s something that can easily revolutionize the way applications work and exist entirely.

      *      *      *

Core Animation

事実、Core Animation によってこれまでと全く異なる新しいユーザーインターフェイスへの可能性が開けるのだ。Time Machine はそんなソフトの一つだ。アプリケーションのウインドウ、ウインドウの処理、ユーザーインターフェイス一般に関するこれまでのやり方をすっかり変えてしまう。Core Animation がそれを可能にするのだ。

In fact, Core Animation opens up the possibility of a brand new user interface. Time Machine is an example of an application that breaks a lot of conventions about window management, application windows and general user interfaces. Core Animation is what makes it all possible.

      *      *      *

20年も使ってきた

考えてもごらん、我々は伝統的なウインドウベースのインターフェイスを20年以上も使っているのだ。それはアップルが 1984 年にマッキントッシュを出したことで主流となった。2001 年の iPod でもそうだったし、さらに 2007 年の iPhone 登場でこの傾向はさらに続くように思われる。アップルはすばらしいインターフェイスを得意とする会社だ。それなら、過去7年にわたるコンシューマ家電製品の成功体験から学んだものを Leopard に反映させてみたらどうか。

When you think about it, we’ve been using the traditional windows-based interface for over 20 years now? Apple made it mainstream with the Macintosh in 1984, it did it again with the iPod in 2001, and it appears it will continue that trend with the iPhone in 2007. Apple is a company that specializes in great user interfaces, so why shouldn’t Leopard itself gain some of the experience gleaned from Apple’s consumer electronics successes of the last seven years?

      *      *      *

重なり合うウインドウ

いま指摘した点は、このところずっと続いている傾向だ。たとえば、アップルの新しいソフトのうち、ウインドウの重なりあう(overlapping windows)伝統的なインターフェイスを使っているものがいくつあるか考えてみよう。(ユニークなインターフェイスを囲む枠を除いての話だ。)Garageband は使っていない。iTunes はビデオを除くとほとんどない。Final Cut、Motion、Aperture などのようなプロ仕様のアプリケーションはすべて、重なり合うウインドウではなく、ペイン(pane、区画パネル)を主体とするインターフェイス(paned interfaces)を使う傾向にある。iPod、iPhone、Apple TV のような新しい製品では一切ウインドウを使っていない。その代わり、大幅に簡素化したボタンとインターフェイスを使っている。さらには、新しい HD-DVD や Blu-ray の映画の場合、消費者はウインドウの代わりに透明なペイン(transparent panes)を使うインターフェイスに慣れつつある。透明なオーバーレイ(transparent overlays)と複数の仮想スクリーンを可能にする Spaces によって、これまでデスクトップを散らかしていたたくさんの重なり合うウインドウを排除しつつあるのだ。かつて、コンピュータにはフロッピーディスクは不要だと初めて認識したのがアップルだったように、重なり合うウインドウを排除することがユーザー体験を抜本的にシンプルなものとする第一歩かもしれないのだ。

The trend we’re identifying here has been underway for a while. Think about it: how many of Apple’s new applications actually use traditional, overlapping windows for anything other than a frame around a unique interface? Garageband doesn’t. iTunes barely does except for video. All the Pro Apps like Final Cut, Motion, Aperture, and the like all trend toward paned, not overlapping window, interfaces. And new products like the iPod, iPhone, and Apple TV don’t use windows at all, relying instead on vastly simplified buttons and interfaces. Further, consumers are gaining experience with interfaces that rely on transparent panes instead of windows on new HD-DVD and Blu-ray movies. Between transparent overlays and Apple’s Spaces feature to allow multiple virtual screens, Apple has eliminating many of the needs for overlapping windows cluttering up desktops. And just as Apple first recognized that computers no longer needed floppy disks any more, ridding consumers of overlapping windows may be the first step in a radical simplification of user experiences.

      *      *      *

Leopard の画期的な新機能

そんな画期的なものが Leopard の新しい「機能」だとしたら、アップルがデベロッパを急(せ)かすのももっともではないだろうか。新しい API に習熟し、彼らのソフトに重大な変更を加えられるよう準備をしておくように、と。3〜4か月ではとても十分とはいえないが、少なくとも彼らに有利なスタートを切らせることはできるのではないか。

Such a radical new “feature” in Leopard would more than justify Apple’s efforts to rush developers into learning about the new APIs and preparing them to make some serious changes to their applications. For that, 3-4 months may not even be enough, but it will give them a pretty good head start.

      *      *      *

DOS みたいに古くさい

もう一点。重なり合うウインドウを OS からほぼ排除することによって、アップルはマイクロソフトに対してマーケティング上有効な武器を得ることになる。アイデアを競うマーケットで、マイクロソフトが6年もかけてやっと完成した Vista は完全に古い世界に属するものになってしまう。マイクロソフトの一番よく知られたブランド、すなわちWindows が、まるで DOS みたいに古くさいものになってしまうのだ。マーケティングの世界に銃声が響き、世界中が聞くことになる。しかも、マイクロソフトがそれをコピーするのにこれから何年もかかるのだ。

One more thing: doing away with overlapping windows in most of the OS would allow Apple a marketing bludgeon to use against Microsoft. In the marketplace of ideas, it would paint Microsoft’s six-years-in-the-making Vista as a completely old school effort. It would take Microsoft’s best-known and recognized brand — Windows — and make it appear as tired as DOS. It would be a marketing shot heard round the world — and it would be one that would take Microsoft years to copy.

      *      *      *

当たり障りのない理由

私たちの考えることは実際には存在していないのかもしれない。デベロッパの人手が iPhone に必要だというまったく当たり障りのない理由で Leopard が延期されたのかもしれない。しかし、アップルでこれほど重要なことが当たり障りのない理由で起きたのはいつのことだったろうか。

We might be looking for something that isn’t there, and that Leopard was delayed for the purely innocuous reason that developers were needed on the iPhone. But when was the last time that something this significant happened at Apple for an innocuous reason?

      *      *      *

ユーザーインターフェイスの変更は、単なるスキンなどではなくて、OS やアプリケーションのあり方を根本的に変える可能性があるという指摘は傾聴に値すると思う。

さらにはマイクロソフトに決定的打撃を与えるという点もすごい。

来月の WWDC がますます楽しみだ。

Technorati Tags: , , ,

広告

5件のコメント »

  1. いつもMac心をくすぐる海外情報を有難うございます。
    さて、今回の内容も実に刺激的ですね。本文からの勝手な想像ですが、Expose’(アクサンテギュのつもり)に見られるテクニックを使えば、次々に新しいウィンドウ(アプリ用ウィンドウ・フォルダ用ウィンドウ)をそれまでに開いていたものと重ならないように(以前のウィンドウを自動的に小さくして画面横の方に押しやりつつ)開くというような芸当が簡単に出来そうです。それでもって、以前のウィンドウが必要になったら、それをクリックするだけで元の大きさで開いて、反対に今まで開いていたウィンドウが(自動的に)縮小されて横に移動するというようなことになるとすれば、想像するだけで(これまでのウィンドウ間の重なり具合を操作する等の作業が不要な分)書類作成に集中できそうです。
     イヤハヤ、Leopard、ますます期待が高まりすね。実現の可否は別にしてこのワクワク感だけでも Mac ユーザで良かったと思う今日この頃。ということで、一曲 ・・・ もう〜い〜くつ寝ると Leopard、 は〜や〜く〜、来い来い Leopard! (字余り)

    コメント by 頭文字S — 2007年 5月 14日 @ 02:18

  2. 私は、最初からiPhoneのせいで遅れるとは思っていなかったですが、これで2007年10月と月まで指定した発売時期の理由が分かりました。これが実現すればパソコン史上、最大の革命となるでしょう。

    コメント by ノブヒョン — 2007年 5月 14日 @ 06:08

  3. いつも為になる情報を拝見しております。
    あれこれと妄想を膨らませると….
    元々Macユーザーがウィンドウを重ねるのはコピー&ペーストをやりやすいの一言に尽きるんじゃないかと思うのですが、仮想デスクトップの場合移動するとウインドウが動いちゃって具合の悪い場合も有ったりします。
    Dockを隠さない場合ですとアプリケーション毎に仮想デスクトップを作っちゃうのも有りかと….従来の重ねるような使い方をしたい場合はoptionキーを押しながらDockのアイコンをクリックするとか…
    どんな感じになるのでしょうかね?
    本当に楽しみになりました。ありがとうございます。

    コメント by adhista — 2007年 5月 14日 @ 21:44

  4. Leopardはウィンドウを使うU/Iを破壊するのか

    MacのLeopardでインターフェースデザインが大きく変わるのではないかと噂されている。

    コメント by [IG]IGALOG — 2007年 5月 15日 @ 11:04

  5. コメントを頂いたのに 返事が遅くなって相済みません

    > 頭文字S さん
    最近のアップルのソフトは ユーザーインターフェイスにバラツキがあって なんだかしっくりしませんでしたが こんなことになっていたとは・・・

    個人的には Exposé → Spaces がおもしろいという気がしています

    > ノブヒョン さん
    WWDC で Leopard の全貌が分かるのが 待ち遠しいですね
    ほんとに革命的なものを 期待したいと思います

    ところで そんな Leopard を マイクロソフトが真似するとしたら もうウインドウズとは呼べなくなるのでしょうか

    > adhista さん
    同じ材料を見ているのに こんなことまで考えてしまう Carl Howe や Aric Winton はどんなひとたちなのでしょうか
    興味深い話題がいっぱいのインターネットは ほんとに楽しいと思います

    コメント by shiro — 2007年 5月 16日 @ 21:57


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中