maclalalaweblog

2007年 5月 3日

ブログを始めた Jobs

Filed under: アップル — shiro @ 23:15

Think Greener

Jobs がブログを始めた。今度は環境問題だ、と英国の Guardian が書いている。

Guardian Unlimited:”Steve Jobs gets into this blogging thing: now it’s on green issues” by Charles Arthur:5月2日

      *      *      *

ブログをうまくやる秘訣は定期的に書くことだ。どうやら Steve Jobs もその習慣を身につけたらしい。今回は環境問題に関するアップルの成績と計画というわけ・・・

The trick about blogging is to do it regularly. Steve Jobs, chief executive of Apple, seems to be getting the habit: now he’s written about Apple’s environmental record and plans

Greenpeace Chart

[Greenpeace Chart]

アップルはグリーンピースからひどく批判されている。とくに環境問題がそうだ。ところで、それは実際の成績についてなのか、それともこれからの計画についてなのか、いったい何なんだ。図表もあるが、でも問題は見かけよりずっと複雑なんだ。

Apple has faced plenty of criticism from Greenpeace, principally, for its environmental… well, is it its record, or its announced plans, or what? Here’s the chart, but as you’ll see, it’s more complex than it seems.

Jobs は後ろに身を引き、やおらパンチを繰り出す。

Jobs leans back and then jabs with a punch:

「アップルが現在のやっていることや目標に向けての進捗状況を調べてみると、なんとアップルは、この分野における大方の競合他社よりいろんな点で進んでいるか、間もなく追い抜くことになるのには驚かされる。改善すべき点が多々あるにせよ、我々が立派にやっていることをみんなに伝えるという点では、これまで成功していないことは明らかだ。」

Upon investigating Apple’s current practices and progress towards these goals, I was surprised to learn that in many cases Apple is ahead of, or will soon be ahead of, most of its competitors in these areas. Whatever other improvements we need to make, it is certainly clear that we have failed to communicate the things that we are doing well.

英国の読者は、どこかで聞いたような気がするかもしれない。「内容ではない、プレゼンテーションの仕方が問題なのだ」と。

British readers might feel a certain deja vu: it’s not the policies, it’s the presentation!

それから化学薬品の長いリストと、アップルがやっていること、やっていないことが縷々説明される。現在おかれている状況がどんなものか細かく調査している。いくつかおもしろい指摘もある。

But there’s then a long list of chemicals and what Apple does and doesn’t do. Investigating precisely what the situation is. There are some interesting lines:

「アップルとしては、将来すべてのディスプレーを LED バックライトのものに移行することにより、水銀の使用を減らす計画であり、いずれ使用を排除することになるだろう。技術的、経済的に可能となった暁には・・・」

Apple plans to reduce and eventually eliminate the use of mercury by transitioning to LED backlighting for all displays when technically and economically feasible.

「可能となった暁には」という点に注意。これは約束みたいなものだ。

Note the “where.. feasible”. So it’s sort of a promise.

もうひとつの隠し玉:

Another kicker:

「ある環境グループが最近つけた成績表で、Dell、HP、Lenovo はすべてアップルよりいい成績を収めた。それは彼らには計画があっためだ。(HP の場合は「計画を発表するという計画」にすぎないが・・・)有毒化学物質を製品から除去するという点では、アップルは実際にはこれらの会社より先行している」

In one environmental group’s recent scorecard, Dell, HP and Lenovo all scored higher than Apple because of their plans (or “plans for releasing plans” in the case of HP). In reality, Apple is ahead of all of these companies in eliminating toxic chemicals from its products.

Recyclingchart

[Weight Recycled as % of Past Sales]

リサイクルについての有益なグラフもある。

There’s also a useful graph of recycling:

「比較するときはつぎの点に注意。HP and Dell の比率はそれぞれ年10%前後、将来の数字は両社とも示していない。2010 年には、アップルの売り上げに対するリサイクル比率は Dell や HP より大きくなると思われる。」

A note of comparison — the latest figures from HP and Dell are each around 10% per year, and neither company has yet disclosed plans to grow this percentage in the future. By 2010, Apple may be recycling significantly more than either Dell or HP as a percentage of past sales weight.

この他にも、まだまだたくさんある。「アップルがよりグリーンなアップル(greener Apple、より環境にやさしいアップル)となるための計画を公にするのは今日が初めてだが、決してこれで最後ではない。」この計画の PDF をダウンロードすることもできる。

There’s more, plenty more – “Today is the first time we have openly discussed our plans to become a greener Apple. It will not be the last” – and you can even download it as a PDF.

もっと詳しく解説したものもある。関心のあるひとが分析すれば、すべての製品がどの程度本当に「グリーンなのか」いろんなことが分かるのではないだろうか。

There’s also a deconstruction which delves into it in more detail. One suspects that for those willing to dig, there is a great deal to be found out about just how “green” all sorts of products are.

ところで「Steve のブログ」が出来たらとてもいいのではないか。そうなったら、「偽 Steve」のものと同じぐらい素敵なことだろう。

But wouldn’t it be easier just to have a “Steve’s blog” page? It might even be as good as the Fake Steve one.

      *      *      *

グリンピースの本部があるヨーロッパらしく皮肉を込めた記事だ。

5月10日のアップルの株主総会では、化学物質の問題も議題にあがっており、どうしても事前に手を打っておく必要があったということではないか・・・

それにしてもアップルが「Jobs 書簡」という手法をとり始めたのは興味深い。

      *      *      *

参考:

・Apple:”A Greener Apple“:5月2日

・Guardian Unlimited:”Steve Jobs gets into this blogging thing: now it’s on green issues” by Charles Arthur:5月2日

・Engadget:”Steve Jobs talks “A Greener Apple”, LED backlit Macs this year” by Conrad Quilty-Harper:5月2日

・Engadget Japanese:”ジョブズからの手紙2:より環境に取り組むアップルへ・LEDバックライトMac発表” by Ittousai:5月2日

・Apple 2.0:”Apple’s Steve Jobs Takes On Greenpeace” by Philip Elmer-DeWitt:5月2日

・ZDNet:”Apple’s Jobs throws HP and Dell under the Prius” by Larry Dignan:5月2日

・Wired:”Jobs Announces ‘A Greener Apple’” by Pete Mortensen:5月2日

・Ars Technica:”Steve Jobs blogs a greener Apple, LED-backlit LCDs” by Charles Jade:5月2日

・JupiterResearch:”Apple Goes Green(er)” by Michael Gartenberg:5月2日

・Macsimum News:”Jobs posts ‘A Greener Apple’ online letter” by Dennis Seller:5月2日

Technorati Tags:

広告

2件のコメント »

  1. Appleの環境へのとりくみを明確にしたSteve Jobsのstatementですが、
    2nd paragraphをみておやっと思いました。
    “Appleはいままで先のことは喧伝しないことにしてきたけど、今日は方針をかえる”
    これは単にこのトピックのことだけでしょうか。なんとなく、Appleの秘密主義そのものが変化していくようにも思えます。そういえば、最近iPhoneとLeopardの開発状況の舞台裏を明かしたし、この文章でもLEDマックを出すといっているーーー。

    コメント by Arageo — 2007年 5月 4日 @ 12:59

  2. > Arageo さん
    大変興味深いご指摘だと思います
    DRM に関する公開書簡の効果に Jobs 自身が驚いて 「Jobs 書簡」という新たな手法を取りはじめたのかもしれません
    ただ「A Greener Apple」書簡では 環境問題に限定しているようにも読めます
    今後の展開が注目されます

    コメント by shiro — 2007年 5月 6日 @ 08:54


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中