maclalalaweblog

2007年 4月 4日

Steve Jobs が口を開くと、みんなが耳を傾ける

Filed under: アップル — shiro @ 13:50

Emi Deal

そんな書き出しで始まる興味深い記事が Forbes に載っている。

今回のアップルと EMI の DRM フリー楽曲配信発表の背景を、クールな目で分析している。

Forbes:”Changing Tunes” by Louis Hau:4月3日

      *      *      *

Jobs が口を開くと・・・

Steve Jobs が口を開くと、みんなが耳を傾ける。しかも彼が口を開くのは、自らが主役のときだ。アップル主催のイベントで、たいていはアップル本社の裏庭にあたるクパチーノに限られる。他の連中と一緒のことはまずない。

When Steve Jobs speaks, everyone listens. And when the Apple boss does open his mouth, it’s on his terms: only during Apple-sponsored events, almost always in his Cupertino, Calif.-based company’s backyard, and rarely with anyone else.

      *      *      *

なにかデカイこと

だから、Jobs がこの月曜日にロンドンの EMI Group 本部で、同社のトップ Eric Nicoli と同席したことに込められたメッセージは明らかだ。両社はなにかデカイことをやろうとしているのだ。

So when Jobs showed up at EMI Group’s London headquarters Monday morning to sit next to EMI chief Eric Nicoli, the message was clear: The two companies were up to something big.

確かにそうなのだ。ある意味では・・・

And they are. Sort of.

EMI は数か月にわたって、使用制限なしでデジタル音楽を販売するといって人の気を引いてきた。もっともそれにはいくつかの欠点があるけれど。(”iWhat?” を参照。)Jobs はといえば、これまで iTunes ソフトと iPod でしか再生できなかったデジタル音楽を、今回はオンラインストアで販売するというのだ。

After flirting with the idea for months, EMI will sell its digital music without usage restrictions, albeit with some drawbacks (see “iWhat?”). And Jobs, who up until now has only sold digital music that works on his iTunes software and iPod players, will sell the tracks through his online store.

      *      *      *

低リスク、低報酬の賭け

月曜日の発表は一年前ならとうてい不可能だっただろう。かといって両社のビジネスのあり方が根本的に変わるわけではない。これはアップルと EMI にとっては比較的低リスク、低報酬の賭けなのだ。うまくいけば両社ともささやかな増収になるだろう。もし失敗したとしても、両社の最終帳尻には影響なさそうだ。

But even though Monday’s announcement would have seemed impossible a year ago, it’s not going to fundamentally change the way either company does business. Instead it’s a relatively low-risk, low-reward bet for Apple and EMI. If it pays off, they’ll both see modest gains. And if they fail, it’s unlikely to change either company’s bottom line.

それは、善かれ悪しかれ両社ともデジタル音楽の配信ビジネスにあまり依存していないからだ。アップルの収入の大宗はコンピュータと iPod であり、EMI の売り上げの大部分は CD だ。デジタル音楽の使用制限を解除したところで、両社の売り上げにすぐ影響するということはない。

That’s because for better or worse, neither company is dependent on the digital music business. Apple makes money selling computers and iPods, and EMI still sells most of its music on compact discs. Dropping usage restrictions on digital music won’t change either company’s fortunes anytime soon.

      *      *      *

デジタルダウンロード

EMI にとってはとても残念なことだ。他の音楽産業と同じで、この7年間売り上げと利益の減少になんとか対処しようとしてきた。EMI も競合他社(Warner Music Group、Sony/BMG、Vivendi の Universal Music Group)も、1ドルのダウンロードが、売れなくなっている15ドルの CD を埋め合わせるほど増えて欲しいと願っている。ともかく当面は、EMI は CD ビジネスに頼っているのだ。9月30日までの半年でみると、デジタル販売の割合はまだ1割未満に過ぎない。

That’s too bad for EMI, which like the rest of the music industry is trying to cope with a seven-year sales slide and falling profits. EMI and its competitors–Warner Music Group, Sony/BMG and Vivendi’s Universal Music Group–are hoping that one day they will sell enough $1 downloads to make up for the $15 CDs consumers aren’t buying anymore. But for now, EMI is still in the CD business: Digital sales made up less than 10% of its revenue during the six months that ended Sept. 30.

デジタル使用制限を解除すれば売り上げが増すだろうか。そうかもしれない。長い間批評家の中には、一旦大手レコード会社が独立レコード会社にならって、使用制限のないダウンロードサービスを始めたら、デジタルマーケットは大ブレークすると主張しているひともいる。

Will removing restrictions on its digital offerings improve sales? Maybe. Some critics have long argued that the digital market would break out once major labels followed the example of independent labels and made their paid downloads available free of usage restrictions.

      *      *      *

DRM フリー

この使用制限は、DRM(digital rights management、デジタル権利管理)とも呼ばれているが、楽曲が CD に焼けるか、コピーが何回可能か、他の PC や携帯機器に何回転送できるかといったことを決めている。

Usage restrictions, which are also known as digital rights management, or DRM, determine whether music tracks can be burned to CDs and how many times they can be copied or transferred to other PCs, mobile devices, etc.

この制限を気にする音楽ファンもいる。とくに技術に詳しいひとたちはそうだ。しかし、ほとんどのひとは気付いてさえいないのではないか。iPod のユーザーは特にそうだ。購入してダウンロードし、音楽プレーヤに転送するのがシームレスにできるのをを楽しんでいるからだ。

But while those strictures annoy some music fans, particularly tech-savvy ones, many consumers probably don’t notice the difference. That’s especially true of iPod owners, who already enjoy a seamless system through which to purchase downloads and transfer them to their music player.

それに、iPod に入っている曲は iTunes で購入したものでないケースが一般的だ。大抵の場合、自分の CD コレクションのものか、違法なファイル共有サービスからのものだ。今まで有料の曲を買わなかったひとが、DRM フリーだからといってカネを払うようになるだろうか、これはなかなか分からない。

And most of the music on a typical iPod isn’t purchased from iTunes. Instead, it typically comes from an iPod owner’s CD collection or from illegal online file-sharing. And it’s unclear why someone who isn’t paying anything for music will start paying for it now that it’s DRM-free.

      *      *      *

EMI の事情

EMI は、DRM フリーのダウンロード販売について RealNetworks の Rhapsody、Yahoo! Music、Napster など他の音楽ベンダーとも協議中だ。なぜ EMI はメジャーレコードとして最初に使用制限を解除しようとしているのか。それは同社が一番行き詰まっているからだ。同社は今年になって二度も販売予測を修正した。Warner Music との合併話も出たり引っ込んだり、コスト削減の合理化も進行中だ。

EMI is also in talks to sell restriction-free downloads to other music vendors, including RealNetworks’ Rhapsody, Yahoo! Music and Napster. Why was EMI the first major label willing to drop usage restrictions? Because it’s the most deeply distressed. The company has already backtracked on sales forecasts twice so far this year, has held on-again, off-again merger talks with Warner Music, and has been streamlining its operations to cut costs.

リストラには同社のトップマネジメントも含まれる。1月には会長兼 CEO の Alain Levy と副会長の David Munns が退陣した。理論的には、EMI は DRM フリーの音楽を販売して海賊版が容易になる危険を冒そうとしているといえるが、現実的に見れば、事態はこれ以上悪化しようがないのだ。

The restructuring has included a shake-up of its top managerial ranks, including the departures in January of EMI Music Chairman and Chief Executive Alain Levy and Vice Chairman David Munns. In theory, EMI, is taking a risk by selling DRM-free music that can easily be pirated. In reality, it would difficult for things to get any worse for the company.

      *      *      *

アップルの事情

一方アップルは、デジタル音楽の販売が大きく伸びなくても構わない。過去4年間で驚くべき数の iPod を売り上げ、最近では PC の売り上げも上向き始めている。ハードウェアの売り上げは、デジタル音楽と違って、確実にアップルに利益をもたらしている。DRM フリーの曲は競争相手のプレーヤでも再生できるので、これまで非常にうまくいっていたアップルのクローズドシステムが弱まる可能性は確かにある。

Apple, meanwhile, doesn’t need a boost in digital music sales. It has sold an astonishing number of iPods in the past four years and may now be beginning to see an uptick in its PC sales as well–and unlike digital music, hardware sales can actually turn a nice profit for Apple. And since the DRM-free tracks can be played on competitors’ machines, it’s possible that Apple may be weakening the closed system that has worked very well for it so far.

      *      *      *

独占禁止法違反の調査

しかし、アップル以外のプレーヤとも互換性のある曲を iTunes で売れば、ヨーロッパ規制当局の独占禁止法違反に関する苦情を和らげることになるかもしれない。ドイツ、フランス、ノルウエー、その他ヨーロッパの規制当局や消費者保護団体は、iTunes の合法性を問題にしている。2月に Jobs が公開書簡を出して、レコード業界に使用制限の撤廃を求めたのも明らかにそのためだ。

But selling iTunes tracks that are compatible with non-Apple players could ease the antitrust complaints that have been raised by European regulators. Regulators and consumer advocates in Germany, France, Norway and other European countries have questioned the legality of iTunes, apparently prompting Jobs in February to issue his manifesto urging the record industry to drop usage restrictions.

EMI との取り決めは、そのような圧力回避に役立つかもしれない。しかし、月曜日に Financial Times は、欧州委員会がアップルおよび主要レコード会社に対して独占禁止法違反の調査に乗り出したと報じている。この調査の準備は、明らかに月曜日の EMI 発表に先行して行なわれている。

The EMI deal may help head off such pressures. Although the Financial Times reported Monday that the European Commission has launched an antitrust probe into Apple and major record labels for possible violation of competition rules, preparations for the probe clearly preceded Monday’s EMI announcement.

      *      *      *

DRM フリーの楽曲販売という世紀の発表の背後には、いろいろな事情が絡み合っていることが窺える。

EMI の置かれた厳しい状況が分かると、今回の話を仕掛けたのはアップルではなく EMI  の方だったというのも分かるような気がする。

      *      *      *

参考:

アップル・EMI 発表の背景 —

・Forbes:”Changing Tunes” by Louis Hau:4月3日

・Forbes:”iWhat?” by Louis Hau:4月2日

・Mac Rumors:”Details Behind the Apple-EMI Deal“:4月2日

・Gizmodo:”Apple Playing Second Fiddle: DRM Free Tracks Were EMI’s Grand Idea“:4月2日

欧州委員会調査 —

・BBC:”EU price probe into Apple iTunes“:4月3日

・Reuters:”EU says record firms force iTunes to limit access” by David Lawsky:4月3日

・ITmedia News[ロイター]:”欧州委員会、Appleとレコード会社を調査“:4月3日

・IT-PLUS[WSJ]:”欧州委、iTunesの価格設定でアップルと音楽大手4社を調査へ“:4月3日

Technorati Tags: , , , ,

広告

1件のコメント »

  1. Steve Jobs が口を開くと、みんなが耳を傾ける

    Jobsはなぜ革新的なことをいつも実現できるのだろう。しかも彼だけができるように…

    コメント by Gadgetと本の日々 — 2007年 4月 6日 @ 06:28


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中