maclalalaweblog

2007年 3月 28日

Leopard のヒミツは 3D

Filed under: アップル,OS — shiro @ 21:06
Tags: , , ,

core_anim

[Core Animation]

Leopard の秘密に絡む記事を二つ・・・

Ars Technica が「Leopard はいつの間にか三次元になっている」という興味深い記事を書いている。

Ars Technica:”Leopard is secretly three-dimensional” by Iljitsch van Beijnum:3月26日

      *      *      *

3D ユーザーインターフェイス

我々は iPhone で、ズームインしたりズームアウトしたり、またアイコンやウインドウ、スクリーンの向きをシームレスに変えることができるのを見てきた。本物のコンピュータならどうなるか考えてみて欲しい。カバーフローや多人数 iChat ビデオは、光源や反射映像などを使うと三次元(3D)に進化したユーザーインターフェイス(UI)がどんなものになるか垣間見させてくれるのだ。

We’ve already seen the iPhone seamlessly zoom in, zoom out, and flip icons, windows, and screens. Think about what a real computer could do here. Cover flow and multi-party iChat video show a glimpse of what a 3D accelerated user interface could look like, with light sources, reflections, and more.

OS はアプリケーションの助けを借りずにそれ自体で、簡単にウインドウを前面に持って来たり、背後に隠したりできる。Exposé の場合と一緒だ。しかし、あきれたことにアプリケーションではそうはいかない。新しい三次元ユーザーインターフェイス(3D UI)をサポートして、Leopard の三次元空間内におけるそれぞれ異なったウインドウ、インスペクタ、リクエスタの動きを処理しなければならない。Core Animation がこれらの動きを処理し、解像度から独立している(resolution independence)ことによって、ズームレベルが変わってもテキストと UI の各要素がキチンと並んできれいに見えるようにする。あと欠けているのは、オブジェクトを仮想三次元空間内で簡単に操作する方法だけだ。それともオブジェクトをつまめばそれで済むのだろうか。

Obviously the OS can simply move windows to the front and to the the back without support from the application itself, much like how Exposé  works, but to really flabbergast us, applications would have to support the new 3D user interface and have different windows, inspectors, and requesters move around through Leopard’s three dimensional space. Core Animation takes care of the movement, and resolution independence makes sure text and UI elements align and look good at different zoom levels. The only thing missing is an easy way to manipulate virtual objects in three dimensions. Or do we just pinch them?

      *      *      *

お馴染みの Carl Howe が、さらにその考えを推し進めて、Leopard の隠された秘密を探っている。

Blackfriars’ Marketing:”Another vote on Leopard’s secret ingredients: it’s all 3D, all the time” by Carl Howe:3月27日

      *      *      *

3D グラッフィックス

timemachine

[Time Machine]

Ars Technica の記事は、アップルの次期 Mac OS X 10.5、すなわち Leopard のトップシークレットのひとつを解き明かしてくれたと思う。完璧な 3D グラッフィックスとアニメーションだ。これまで見聞きしてきた Time Machine や iChat といった Leopard の機能、それに FrontRow のような既存のアプリケーションを考え併せると、この話はぴったり辻褄が合うと思う。3D が OpenGL で実行されるのであれば尚更だ。3D の世界では、アプリケーションはそれぞれ独自のキャンバス(canvas)を使うが、キャンバスそのものを更新したり、縦横いろんな方向に変えるのは OS 側の責任となる。すべてのアプリケーションがひとつの 3D イメージングモデル(visual 3D imaging model)を使い、それを OS が管理し整理する。素晴らしいじゃないか。

Ars Technica’s Infinite Loop blog has, in my opinion, unraveled one of the top secret ingredients in Apple’s upcoming Mac OS X 10.5 release, aka Leopard: complete 3D graphics and animations. Given what we know and have seen of Leopard features such as Time Machine and the new iChat and in existing apps like FrontRow, this would make perfect sense, especially if it were implemented in OpenGL. Applications get their own canvases in a 3D world, and the OS is responsible for keeping those canvases updated and visible in various orientations. One visual 3D imaging model for all apps that the OS manages and keeps sorted. Sweet.

      *      *      *

リナックスでは当たり前

もっともこれは、リナックスのギークにとっては、大したことではないかもしれない。リナックスには Beryl(リンクのビデオ参照)や XGL/Compiz といった統合インターフェイス(compositing interface)がたくさんあるので、それに似ていると思うかもしれない。しかしリナックスではこの世のありとあらゆるグラフィックスカードをサポートする必要があるのに対して、アップルではそんなことはない。それはこの際とてもいいことなのだ。アップルはインターフェイスをスムーズで、一貫性のある、きめ細かいものにしようと気を配る。このため、どんなユーザーでも使えるものになり、グラフィックスドライバが動くように四苦八苦する必要はない。

Now to any Linux geek worth his salt, this sounds like no big deal: it’s like and Beryl (movie at the link), XGL/Compiz and a bunch of other compositing interfaces available today on Linux. But unlike Linux, Apple has no requirement to support every flavor of graphics card in the world, and that’s a good thing in this case. Apple’s attention to interface smoothness, consistency and detail will create a user experience anyone can use, and won’t require users to gather eye of newt and sacrifice a goat to get the graphics drivers to work.

      *      *      *

3D ファインダは強力な武器

アップルのユーザーにしてみれば、Leopard の新しいファインダが登場するだろうということなのだ。以前私は Leopard がマルチタッチ・ジェスチャ(Multi-touch gestures)と新しいセンサーをサポートし、そのことによってユーザーインターフェイスは次のレベルに達するだろうと書いたことがある。競争相手のマイクロソフトにとっては、この 3D ファインダが最大の威嚇射撃になると思われる。何故か。マイクロソフト Windows XP と Vista の主たる違いは Aero 3D インターフェイスだ。Vista のその他の機能は一般ユーザーにはなかなか見えにくい。しかも Vista では、これらの機能はハイエンドの PC でしか使えない。これに対してアップルは、アップル製のすべてのデバイスでこの 3D 機能が使えるようにしようとしているのではないだろうか。Leopard だけでなく、iPod でも iPhone でも、それに Apple TV でも、すべてで 3D 機能が使えるということなのだ。これらの機能のいくつかはハードウェア自体に組み込まれるだろうから、iPhone の場合と同じで、特許を設定し、保護するのがとても容易になる。

What this means for Apple users is that we can expect a new Finder in Leopard. I’ve written before that I believe that Leopard will also support Multi-touch gestures and new sensors to take the user interface the next step for users. From a competitive point of view, this 3D Finder will probably be the biggest shot across the bow for rival Microsoft. Why? Because the Aero 3D interface is the major differentiator today for Vista over Windows XP; most of the other features of Vista are significantly less visible to average users. But on Vista, these features are usable only on the highest end PCs, while I believe that Apple intends its 3D features to become a part of every device it builds. That means we’ll see 3D features on iPods, iPhones, Apple TV boxes, and of course in Leopard. And since some of these features will be built into hardware devices, it will be straightforward for Apple to patent and protect these features as it has with the iPhone

      *      *      *

シェフの腕次第

結論をいうと、3D ファインダが Leopard の秘密のひとつだという考え方に私は賛成だ。これはバニラアイスクリームもクレームブルレも両方ともバニラが材料だというのに似ている。香り付けとして使われているだけかもしれないし、すごいデザートを作るベースとして使われているかもしれない。それはまさにシェフの腕次第なのだ。

creme_brulee

[Crème Brulée]

The bottom line: I second the notion that a 3D finder is one of the secret ingredients of Leopard. That’s a little bit like saying vanilla is the secret ingredient in both a vanilla ice cream and a great creme brulee. It can be just a flavor or it can be the base of a transporting dessert. It just depends on how the chef uses it.

      *      *      *

参考:

・Blackfriars’ Marketing:”Another vote on Leopard’s secret ingredients: it’s all 3D, all the time” by Carl Howe:3月27日
・Ars Technica:”Leopard is secretly three-dimensional” by Iljitsch van Beijnum:3月26日

Technorati Tags: , , ,

広告

1件のコメント »

  1. MSは夜も眠れない

    Appleは、MacOS 10.5(Leopard)に3Dユーザインターフェース

    コメント by 私の知る世界 — 2007年 3月 29日 @ 13:08


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中