maclalalaweblog

2007年 3月 21日

アップルの人気記事を書く秘訣

Filed under: その他,アップル — shiro @ 07:37

Humor-Grafico

ブログをやっていると、なんとかしてひとりでも多くのひとに読んでもらいたいと思う。

そんなコツを Apple Matters が公開している。

Apple Matters:”How to Write the Most Popular Apple Article Ever” by Devanshu Mehta:3月15日

      *      *      *

人気記事を書くコツ

Apple Matters に1年以上、他のブログにはもっと長い間投稿してみて、アップルコミュニティのことがよく分かったような気がする。だから、みんなの心をドキドキさせる方法も・・・ そこで、アップルについて一番の人気記事を書くコツを、いささかの皮肉も込めて以下に書いてみたい。

After writing for Apple Matters for nearly a year and on various blogs for even longer, I feel I now have my finger on the pulse of the Apple community. So much so that I have a pretty good idea of how to get that pulse racing. Here are a few tongue-in-cheek tips to write the most popular Apple article ever:

      *      *      *

マイクロソフトについて触れること

Mention Microsoft

Vista について触れればもっといい。さらには Bill Gates についても。マイクロソフトよりアップルが如何に立派にやれるか書けばいいのだ。ある分野ではマイクロソフトの方が優れていると書けばもっといい。たとえテーマと関係なくても、話の中頃でちょっとだけマイクロソフトについて触れるのだ。

Better still, mention Vista. And Bill Gates. You can say how Apple does things better than Microsoft, or even better, say how Microsoft does something better. Even if it is completely off-topic, bring in a little mention in the middle of the article.

      *      *      *

噂を流すこと

Announce a Rumor

噂なんかないって? じゃあ作っちゃえ。噂を作るにはどうしたらいいかって? こうすればいいんだ。アップルがまだ進出していない新しい家電製品マーケットを考えてみる。そこへアップルが参入すると書けばいいのだ。例えば「デジタル自動温度調節器の分野にアップルが参入する」と。あるいは人気商品の電子デバイスを二つ取り上げて、アップルがその二つを iDevice という形で統合しようとしているというのでもいい。小文字の “i” を付ければもっともらしい話になる。そのデバイスだってもっともらしくなる。

Don’t have one? Make one up! Now you’re wondering how to make up a rumor. Well this is what you do—think of a new consumer electronics market that Apple has not entered and say that it will enter that market. Example: “Apple to enter the digital thermostat industry!” Or, take two popular electronic software devices and say Apple is merging them into a new iDevice. The lower-case “i” lends credibility to your story. On that subject—

      *      *      *

次期アップルイベントについて書くこと

Write About the Next Apple Love-fest Conference

次期イベントに流布されている噂を結びつけるのだ。「ipod でコントロールするマイクロオーブン iCrowave が、春の WWDC で発表される!」という具合に・・・

And tie it in to the rumor announced. Example: “The new iCrowave, Apple’s ipod-driven Microwave, is going to be announced at the WWDC this spring!”

      *      *      *

マーケットシェアについて語ること

Talk About Market share

それも大げさに。ちょっとしたデータを使って大げさな予測をするのだ。たとえばマーケットシェアが百年続けて成長すると仮定する。するとつぎのようなヘッドラインが書ける。「アナリストによれば、アップルのマーケットシェアは87%になる。」そうなるのが 2109 年だということは記事には触れないで。

And make big claims about it too. Take small pieces of data and extrapolate them. Take statistics of market share growth rates and find out what happens if those rates continued for 100 years. Then you could have a headline that says “Analysts Say Apple Market share to Climb to 87%,” hiding the details in the body of the article where you admit that it will not happen until the year 2109.

      *      *      *

争いごと

Lawsuits

争いごとはみんな好きだ。訴訟の可能性、訴訟の噂、係争中のものも、実際に起きたことなど。読者は裁判沙汰が好きだ。アップルが絡む裁判には二種類ある。ひとつは、アップルがいじめっ子で弱いヤツをやっつけるもの。もうひとつは、他の会社がいじめっ子でアップルが弱いヤツのために立ち上がるもの。

Everybody loves lawsuits. Potential lawsuits, rumored lawsuits, pending, actual—readers love them some legal action. Popular Apple legal issues come in two varieties—ones where Apple is the bully going after the little guy and ones where other corporations are the bullies and Apple is standing up for the little guy.

      *      *      *

プロセッサのアップグレード

Processor Upgrades

次期のデルマシン XPS が、インテルのデューアルコア・ダブルエスプレッソコア・6クァトロプロセッサを搭載するといっても誰も飛びつかない。ところが同じことをマックについていった途端に、その記事が Digg や Slashdot、ニューヨークタイムズの第一面を飾ることになる。

The next Dell XPS will have an Intel dual core double-espresso core six quattro, you say, and no one cares. Say the same thing about the Mac and suddenly you’re on the front page of Digg, Slashdot, and the New York Times.

      *      *      *

それに iPhone

And Now, the iPhone

最近までは、記事の中で iPod について触れれば、それでクールだということになった。今度は iPhone について触れなければならない。そいつに裁判や噂話(あるいは前述のどれか)で味付けすれば、ヒットすること間違いないしだ。

Until recently, you just had to say iPod in your article and it would exude coolness. Now, you have to say iPhone. Couple that word with a lawsuit or a rumor (or any of the previous tips) and you have a real winner.

      *      *      *

アップルを褒める

Love Apple

話を補強するため最上級の形容詞を使って褒める。次期発表のアップル製品が如何にベストであるか褒めちぎる。実際に手を触れたことなんかないことは隠して、「業界のインサイダー」や「その分野の第一人者」の話を連発するのだ。

Writing only in superlatives—backing up your arguments, of course—describe how the next Apple product is the best. Mask the fact that you have not actually used the next Apple product by citing “industry insiders” and “leading experts.”

      *      *      *

アップルをけなす

Hate Apple

「アップルが好き」という記事だけではそこそこの読者しか得られない。たくさんの反響を得ようとすれば、「アップルが嫌い」ということも書かなければならない。アップルをちょっと批判するだけで十分だ。例えば「アップルのすべてが好きだ。ただ、Mac OS X の Preference Pane にはちょっと引っかかるけれど」と書いてごらん。あなたの記事に対して Preference Pane を擁護するひとが何千とやってくるから。これはもうスゴいもんだ。

There is only so much traffic you can get from an “I love Apple” article. If you really want to bring the readers out of the woodwork, you have to write an “I hate Apple” piece. Even a mildly critical article will do. You can say, “I love absolutely everything about Apple, except for this little annoying Preference Pane in Mac OS X” and you will still bring thousands of Preference Pane defenders to your article. It’s fascinating.

      *      *      *

アイデア下さい

もちろん私はこれらのコツを十分心得ている。それなのに、これまでアップルの人気記事を書けなかったのはどうしてだろうか。自分でもよく分からない。たぶんこの記事ならそうなってくれるかもしれない・・・

Of course, if I know all these tips, why don’t I have the most popular Apple article ever? I’m wondering that myself—maybe this one will be.

これらのコツを踏まえて、どう書いたらアップルの人気記事になるか、是非タイトルのアイデアをコメント欄に書き込んでほしい。例えば「マーケットシェアの倍増に怒った Gates が、欠陥商品クワッドデュオ iPhone に対し訴訟を検討中という噂」みたいに・・・

Based on these tips, let me know in the comments what the most popular Apple article’s title would be. Example: “Gates Rumored to Pursue Legal Action Against Flawed Quad Duo iPhone After its Market share Doubles.”

      *      *      *

全体がアップルコミュニティに対する皮肉になっているところが傑作だ。

Technorati Tags: ,

広告

2件のコメント »

  1. これ…めちゃめちゃ当たってます。笑
    分かっちゃいるんだけど書けないのは何故、というオチが最高ですね。うははは。

    コメント by satomi — 2007年 3月 24日 @ 17:21

  2. > satomi さん
    まったく うははは・・・ です
    マックユーザーである自分をネタにして ここまで書けるなんて やはりたいしたもの・・・

    コメント by shiro — 2007年 3月 24日 @ 23:08


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中