maclalalaweblog

2007年 3月 10日

[リクエスト]アップルが仕掛けた罠

Filed under: ブログ — shiro @ 21:02

Megaphone

読者の方からある記事を訳して欲しいとのリクエストを受けた。

当ブログは翻訳サイトではないし、まだ紹介の済まない記事が滞っている状態なので、「残念ながら貴意には添えません」と返事を書こうとした。

念のためにその記事を読んでみたところ、これがオモシロい。

そこで、例外として、その記事を紹介することとした次第。

The Rantings of Clinton Forbes:”Microsoft Insider: ‘15% of Windows Vista written in INTERCAL’“:3月3日

      *      *      *

Windows XP の発表から Windows Vista まで5年以上経過した。これはマイクロソフトの旗艦ソフトの歴史でも最長だ。マイクロソフトの元従業員、マイクロソフトに大きな不満を抱いている元従業員が、今日 Wired Magazine に対して、新 OS を発表するのに何故多くの問題に遭遇したかを明らかにした。悪いのはアップルだという。2005 年までの8年間、Microsoft’s Core Operating Systems Division (COSD) のメンバーだった Clarg Creber は、Wired の4月号のために、Wired の Hugh MacLachlan に対してつぎのように語った。

Over five years elapsed between the release of Windows XP and Windows Vista, the longest product-cycle in the history of Microsoft’s flagship product. Today a former Microsoft employee, a very disgruntled former employee, revealed to Wired Magazine why the company encountered such a large number of problems delivering their latest operating-system release – Apple Computer was to blame. Clarg Creber, a member of Microsoft’s Core Operating Systems Division (COSD) for eight years until 2005, spoke to Wired’s Hugh MacLachlan for their upcoming April print edition.

      *      *      *

Mac OS X パラノイア

Hugh MacLachlanお話を伺えてありがとう、Clarg。

HM: Thanks for speaking with me, Clarg.

Clarg CreberHugh、こちらこそ。

CC: Thank-you, Hugh. It is my pleasure.

HMアップルが仕掛けた悪ふざけのおかげで、マイクロソフトの内部では 2002 年からひどい混乱が起きたと、あなたは電話で話してくれましたね。

HM: You told me briefly on the phone how a practical joke by Apple led to massive confusion inside Microsoft starting in 2002.

CCそうです。マイクロソフトは 2001 年末にすごい売れ行きの Windows XP を出したばかりでした。しかし上層部は、当時 Puma と呼ばれていた Mac OS X 10.1 のことを心配していたのです。将来 Windows の売れ行きに影響を与えるのではないかとね。当時も今も、アップルなんてデスクトップコンピュータの世界ではとるに足らない存在なのに、それでもマイクロソフトは被害妄想に陥っていたのです。帝国なんて、ローマ帝国ですら決して永遠には続かないものです。

CC: Yes. Microsoft had just delivered Windows XP late in 2001 and it was a great financial success. But upper management was worried about Mac OS X 10.1, ‘Puma’ as it was called, and the impact that it might have on future Windows sales. At the time, and even now, Apple was a very small player in the desktop computer market, but that didn’t stop Microsoft from being paranoid. As we know empires never last forever; even Rome fell eventually.

当時 Bill Gates は、主席ソフトウェア設計者(chief software architect)のポストにいて、CEO の Steve Ballmer はいましたが彼が実権を握っていました。Gates はいわゆる「企業リサーチ会社」(industry research firm、企業スパイ専門の会社のこと)を雇って、アップルが開発中の OS X version 10.2 のソースコードを盗もうとしました。アップルの新機能を取り入れることによってアップルを打ち負かそうと考えたのです。マイクロソフトがデスクトップマーケットの90%以上を所有していることを考えれば、とても奇妙なことです。

At the time Bill Gates was ‘chief software architect’ and of course was still pulling the strings despite Steve Ballmer being CEO. Gates employed an ‘industry research’ firm, a company specializing in corporate espionage, to steal the source code of Apple’s work-in-progress, OS X version 10.2. He planned to beat Apple to market with Apple’s own new features. It was a very strange plan considering that Microsoft already owned over 90% of the desktop market.

HM確かに Bill はときどき評判通り突飛なことをするみたいですね。

HM: Yes, I guess Bill sometimes lives up to his quirky reputation sometimes.

      *      *      *

スパイ鼠

CCそうです。手短にいうと、3か月間システムプログラマーのふりをしていたスパイ鼠(mole)を、アップルのセキュリティが見つけ出して、上層部に知らせたのです。Steve Jobs はギークのいたずら者(geek-prankster)で通っていますから、古くなった System 7 のソースコードを INTERCAL に機械翻訳させました。おふざけ OS を入れた CD に「OS X 10.2 Build 9822」と書いて、スパイ鼠のゴミ箱に入れておいたのです。もちろんエサにひっかかった鼠はディスクを Gates に届けました。

CC: Indeed. Well, to cut a very long story short, after three months of posing as a systems programmer, Apple’s security department discovered the Microsoft ‘mole’ and brought him to the attention of Apple management. Steve Jobs, Apple’s CEO and long-time geek-prankster, arranged for the source-code of Apple’s obsolete System 7 operating-system to be machine-translated to INTERCAL. A CD with the joke operating-system was marked with the text ‘OS X 10.2 Build 9822’ and left in the mole’s trash can. Apparently he took the bait and delivered the disc to Gates.

      *      *      *

INTERCAL

HMINTERCAL ですって?

HM: You’ve lost me. INTERCAL?

CCそうです、INTERCAL です。INTERCAL はとても「難解な」プログラミング言語として知られています。実際のところこれは、解読が難しくなるようにわざわざ作られた70年代初期のジョークなのです。とても手が込んでいて、コンピュータオタクにしか分からないジョークです。

CC: Yes, INTERCAL. It is known as an ‘esoteric’ programming language. It is basically a practical joke, created in the early 70s. It is a language designed to be deliberately hard to decipher; an elaborate nerd in-joke.

例えば、どんな言語でも初心者が最初にやるプログラムは「Hello, World」です。この2語をプリントするだけ。Python のような言語では、つぎのように書きます。

print “Hello, World!”

ところが INTERCAL では、つぎのようになります。

DO ,1 <- #13

PLEASE DO ,1 SUB #1 <- #234

DO ,1 SUB #2 <- #112

DO ,1 SUB #3 <- #112

DO ,1 SUB #4 <- #0

DO ,1 SUB #5 <- #64

DO ,1 SUB #6 <- #194

DO ,1 SUB #7 <- #48 PLEASE

DO ,1 SUB #8 <- #22

DO ,1 SUB #9 <- #248

DO ,1 SUB #10 <- #168

DO ,1 SUB #11 <- #24

DO ,1 SUB #12 <- #16

DO ,1 SUB #13 <- #214

PLEASE READ OUT ,1

PLEASE GIVE UP



INTERCAL にかかると、どんな簡単なプログラムでも必要以上に難しく、かつ理解困難になるのです。これは Steve Jobs のジョークでしたが、不幸なことに Gates はまったっくユーモアのセンスを持ち合わせていませんでした。

For example, the stereo-typical beginner’s first program in any given language is ‘Hello, World’ which simply prints out those two words. In a language like Python this would be written as:

print “Hello, World!”

:but in INTERCAL this would be written as:

DO ,1 <- #13

PLEASE DO ,1 SUB #1 <- #234

DO ,1 SUB #2 <- #112

DO ,1 SUB #3 <- #112

DO ,1 SUB #4 <- #0

DO ,1 SUB #5 <- #64

DO ,1 SUB #6 <- #194

DO ,1 SUB #7 <- #48 PLEASE

DO ,1 SUB #8 <- #22

DO ,1 SUB #9 <- #248

DO ,1 SUB #10 <- #168

DO ,1 SUB #11 <- #24

DO ,1 SUB #12 <- #16

DO ,1 SUB #13 <- #214

PLEASE READ OUT ,1

PLEASE GIVE UP



INTERCAL makes even the simplest of programs unnecessarily difficult to create and understand. That was Steve Job’s [sic] joke, but unfortunately Gates doesn’t have a very strong sense of humour.

      *      *      *

エサに喰いついた

HMそれで?

HM: How so?

CCそれで・・・彼はコードが本物だと思ってしまったのです。

CC: Well… he thought the code was real.

HMそんなことありえない!

HM: Impossible!

CC不幸なことに、そうだったのです。彼はジョークのコードを COSD チームに配って、新しくスタートしたコード名 Longhorn というウインドウズのプロジェクトに C-INTERCAL コンパイラを使って取り込むよう要求しました。デベロッパたちは Gates が冗談をいっているのだと思ったのです。長い間 Windows XP の開発に携わった後に当然の休息をくれたのだろうと。

CC: Unfortunately not. He distributed the joke code to the COSD team and asked them to start copying features to their newly started Windows ‘Code-name Longhorn’ project using the C-INTERCAL compiler. The developers thought that Gates was joking and giving them a deserved rest after the long hours of the Windows XP project.

      *      *      *

本気の本気

HMで、Gates が本気だと分かるのにどのくらいかかりましたか。

HM: How long did it take them to realize that Gates was serious?

CC最初の打ち合わせから2、3週間して、デベロッパのひとりが廊下ですれ違った Gates に「それいけ、INTERCAL!」とジョークを飛ばしたのです。Gates は彼を押しとどめ、どういう意味かと尋ねました。気に入らなかった Gates は傲慢にもそのデベロッパをクビにし、残る我々チームに対してもう少し尊敬の態度を示せといったあと、「プログラムにかかれ!」と宣(のたも)うたのです。

CC: A couple of weeks after the initial project kick-off meeting one of the developers smiled at Gates in a hallway and quipped, “Go, INTERCAL!” Gates stopped him and asked him to explain his remark. Unimpressed, Gates arrogantly fired the developer and told the rest of our team to show him some respect and “Get coding!”

HMClarg、あなたの作り話でしょう!

HM: Clarg, you are making this up!

CCそうだったらどんなにいいでしょう。それから2年間、我々はせっせとアップルのディスクから Windows Longhorn のコードベースへ60万行以上をコピーしました。INTERCAL 言語のバカバカしさにも拘らず、我々の多くはかなり上達してしまったぐらいです。何度か締め切りを守れなくて、やっと上層部も何が起きたのか理解しました。

CC: I wish I was. Over the next two years our team copied over 600,000 lines of INTERCAL code from the Apple disk into the Windows Longhorn code-base. I’ll admit that despite the ridiculous nature of the INTERCAL language many of us became quite proficient. It wasn’t until we had missed several dead-lines that management finally realised what had happened.

      *      *      *

半分は Vista に・・・

HMいつのことですか?

HM: When was this?

CC私が辞める直前の 2005 年初めのことです。それまでに不満が募ってたくさんのものがチームを去りました。とうとう INTERCAL 爆弾が炸裂したときは私の生涯でも最悪の経験でした。Gates もほかのお偉方も、ミスがどんなに大きいものだったか信じることが出来ませんでした。我々にとって不幸なことに、もはや引き返せない時点にまで来ていました。そのまま継続するより仕方ありませんでした。発表されていた機能の多くは割愛されました。コードをきれいにしてベータテストに持ち込むには、週 100 時間の作業があとたっぷり6か月は必要でした。INTERCAL のコードの多くは C 言語に書き直されましたが、私の見るところその半分近くが最終的に発表されたものにはいっていると思います。

CC: In early 2005, shortly before I left. Of course dozens of people had left the team in frustration before that point, but when the INTERCAL bomb finally exploded it was the worst day in my career. Gates and other senior management could not believe the extent of the mistake. Unfortunately we were past the point of no return so we simply continued. Many widely publicised features were dropped and it took nearly another six months of 100-hour work weeks before the existing work could be cleaned up for beta testing. Much of the INTERCAL code was re-written in C, but I would estimate that at least half of our INTERCAL work made it to the final release.

HMClarg、とても信じられない話ですが、そういうことなら Vista が大幅に遅れたことも、Windows XP に比べて新機能がまったく欠如していることも説明がつくと思います。お話しありがとうございました。

HM: Clarg, that is an incredible story but it sure does explain the massive Vista delay and the striking lack of new features that if offers compared to Windows XP. Thanks for telling your story.

      *      *      *

記事の最後につぎのような追記がついている。

追記:これは、マイクロソフトを茶化した(attempted humour)シリーズの2回目のエントリーです。

PS. This is the second post in my series of attempted humour about Microsoft…

      *      *      *

追記には「ユーモア」だと書いてあるのだが、実に「らしい」話に仕上がっている。

COSD も INTERCAL も Clarg Creber も実在し、INTERCAL や Clarg Creber についてはリンクまで貼ってあるのでにわかに虚実見分け難い。

この話には後日談があって、同じサイトに「アップルファンはいつも事実確認が足りなくてちゃんちゃら可笑しい」という投稿が載った。

The rantings of Clinton Forbes:”Funnily enough, Apple fans don’t always check their facts“:3月7日

それによると、つぎのように入念に仕掛けを施したという。

・あらかじめ友人の Hugh MacLachlan(Wired の人間ではない)と一緒に、INTERCAL や Clarg Creber のサイトを準備しておいた

・Clark Creber とするつもりがミスタイプで Clarg になってしまったが、変な名前だからいいだろうということにした

・digg に掲載された後どっとアクセスが増えた。とくにアップル関係のサイトからのものが多かった[MacSlashMacLife、NextLust、MacTime.ru

さらに、つぎのような記述がある。

      *      *      *

ほんとのわけがないだろう

インタビューの中で、Clarg は INTERCAL がプログラミング言語のジョークだとはっきりといっている。Bill Gates は世界で一番リッチな人間だが、決してアップルやリナックスのファンが思いたがるようにバカでナイーブなわけではなく、だからリッチになれたわけでもない。嫌いならいくらでもマイクロソフトを嫌えばいい。私が仕事をするのはいつもウインドウズマシンだ。だいたい Gates がマイクロソフトの最大の資産である Windows にジョークコードをコピーするため何百万ドルも浪費するなんて、そんなことあるわけがないだろう。

In the interview Clarg explicitly says that INTERCAL is a joke programming language. Bill Gates is the world’s richest man and he didn’t get that rich by being stupid or naive, as much as some Apple or Linux fans would like to think so. Hate Microsoft as much as you like, and I do every time I turn on my Windows machine at work, you can’t honestly think that Gates would waste millions of dollars copying joke code into Microsoft’s biggest asset – Windows.

このエントリーが事実と誤認されたとしたら、唯一の理由は風刺だといえるほどおかしくなかったことだろう。かなりのひとがおかしいと思ってくれたが、その大部分はハードコアのプログラミングギークだった。

I guess the only reason the post could have been mistaken for fact is that it wasn’t funny enough to be recognized as satire. There have been a few people who found it funny, but they are mostly hard-core programming geeks.

      *      *      *

digg への投稿も Clinton Forbes 本人がやっている。digg まで手玉に取ってしまったということか。

ということで見事いっぱい食わされた訳だが、リクエストをされた「.」[ピリオド?]氏には満足していただけたかどうか・・・

広告

1件のコメント »

  1. アップルが仕掛けた罠・・・他

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「TidBITS日本語版最新号TidBITS#869,05-Mar」と「近々全てのMacにハードウェアデコーダーチップを搭載」と「アップルが仕掛けた罠」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 今日は 体調が いまいち・・……

    コメント by Macとえいちやin楽天広場 — 2007年 3月 11日 @ 10:30


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中