maclalalaweblog

2007年 3月 9日

アップル時代の夜明け

Filed under: アップル — shiro @ 21:43

Dawning-1

Carl Howe がアップル時代の夜明けを謳(うた)っている。

SeekingAlpha:”This is the Dawning of the Age of Apple” by Carl Howe:3月5日

      *      *      *

ヘイロー効果まざまざ

iPod を持っているひとがどんどんアップルコンピュータを買うという「iPod の後光効果」(iPod halo effect)について我々は何度も耳にしてきた。どうやら iPhone のおかげで、さらにアクセルが踏み込まれたようだ。

・Pacific Crest Securities (NPD data) — コンピュータの台数で 101% 増、収入は 108% 増(対前年比)

・Net Applications (Market Shares) — マックの世界マーケットシェアが6%になった(この半年で2%増)

・Goldman Sachs の予測 — 2007 年初の4か月間で 1100 万 〜 1200 万個の iPod が売れる見込み

・Morgan Stanley の調査 — iPhone への関心はマーケットの予想以上、回答者の2割が是非買いたい

Carl Howe (Blackfriars Communications) submits: We have all heard about the “iPod halo effect” where iPod owners increasingly are buying Apple computers. Well, it appears that the iPhone has kicked that effect into high gear. First, Pacific Crest Securities has used NPD data to claim that Apple computer unit sales are up 101% year over year, with revenue up 108%. That is a a lot of Mac and MacBook business goodness that we can relate to; we were responsible for three MacBook and MacBook Pro purchases ourselves in that period. Then, we have data from Net Applications showing that Apple computer market share has risen two points in the last six months to more than 6% world-wide. And then we have securities firms like Goldman Sachs predicting that iPod sales, despite their first quarter seasonal dip, are also rising year-over-year and could approach 11 to 12 million units in the first calendar quarter of 2007. And finally, we have a survey done by Morgan Stanley noting that iPhone interest is actually larger than what the market currently anticipates, with 20% of the respondents who had heard about the iPhone and its features being “extremely interested in purchasing one”.

      *      *      *

マーケティングに追い風

これらのデータが示すものは何だろうか。今でも堅調なアップルのビジネスに、さらに劇的な追い風が吹いているということだ。

What does all this data mean? It means that a virtuous marketing cycle is dramatically improving Apple’s already robust business:

1.アップルのブランド認知力(brand awareness)が iPod の売り上げをさらに増やす

1. Apple brand awareness is driving increased iPod sales.

2.iPod の新しい顧客がマックの売り上げを増やし、その結果 iPod とマックのマーケットシェアが増える

2. Those new iPod customers are creating additional Macintosh sales, driving up Apple’s market share in both categories.

3.アップルのマーケットシェアが増えることにより、ブランド認知力が増し、新製品への関心が高まる

3. Increasing Apple market share is driving more brand awareness and interest in new products.

4.アップル製品への関心が高まることにより、発売前から iPhone に対する需要が増える

4. Increasing interest in Apple products is driving iPhone demand in advance of its release.

      *      *      *

三つのプラス

なによりすばらしいことは、これらの上昇傾向すべてが、第2四半期以降のブランド認知力をさらに増すことになると思われる三つのことより前に起きていることだ。

The best news: all this positive activity is happening in advance of three huge events that will drive even more awareness over the second quarter.

      *      *      *

その1:1億個の iPod

Ipod

ひとつは、iPod が発売されて以来の総数が、2007 年4月には全世界で1億個を超えるということだ。Tim Cook が 9000 万個以上の iPod が売れたと発表したばかりだ。我々の推計では、第1四半期は 1100 万個だから、1億個の目標にあと 200 万個に迫っていて、ひと月で簡単に目標達成できるだろう。

One is the fact that iPod sales since its introduction will pass 100 million units world-wide in April 2007. Tim Cook just announced that Apple has already sold more than 90 million, and by our estimates, an 11 million unit Q1 would put Apple within 2 million of that mark, a number easily achieved in a single month.

      *      *      *

その2:Mac OS X 10.5 Leopard

Leopard

つぎは、Mac OS X 10.5 Leopard の発表だ。同時に iLife ’07 や iWork ’07 も発表されるが、これらは大きな広報効果を生むものと思われる。特に Windows Vista の発表がはっとしないので尚更だ。

Secondly, the Mac OS X 10.5 Leopard release, with its corresponding release of iLife ’07 and iWork ’07 will generate huge amounts of positive publicity, particularly in contrast to the fairly tepid Windows Vista launch.

      *      *      *

その3:iPhone

Iphone-2

そして最後に iPhone が6月に発売される。需要に追いつかず、初期不良の問題もあったりして、ほとんどの消費者は iPhone を買えないだろうがそれは問題でない。iPhone がなかなか手に入らなければ、マーケットの認知が増し、ますます需要が増えることになる。Cingular や Apple の店舗には、iPhone 騒ぎに加わりたいと考えるひとびとが徹夜で並ぶことになるだろう。どの携帯電話メーカーも、「たった一つの製品でこんなに反応があるなんて、一体彼らは何をしたんだ?」と尋ねるだろう。「何にもしていない」というのがその答えだ。

Lastly, of course, we’ll see the iPhone launch in June. Forget the fact that most consumers won’t be able to buy iPhones because of supply constraints and early production glitches. The rarity of iPhones will only drive more market awareness and more demand. Cingular and Apple will see overnight lines at their stores as people queue up for their chance to be part of the iPhone phenomenon. Every other cell phone manufacturer will be asking, “How did they get this kind of response for a single product?” And the answer to that question will be, “They didn’t.”

情報開示:筆者は原稿執筆の時点でアップル株を保有している。

Full disclosure: the author is long Apple shares at the time of writing.

      *      *      *

インテル移行を完了した 2006 年に引き続き、2007 年もまた、アップルにとって大いに期待される年となりそうだ。

      *      *      *

参考:

・SeekingAlpha:”This is the Dawning of the Age of Apple” by Carl Howe:3月5日

・Paul Thurrott’s Internet Nexus:”No, wait, it’s the Year of Desktop Mac!“:3月5日

・Blackfriars’ Marketing:”Skepticism versus analysis on Apple’s future” by  Carl Howe:3月6日

・SeekingAlpha:”Apple’s Future: Skepticism Versus Analysis” by Carl Howe:3月7日

Technorati Tags: , ,

広告

2件のコメント »

  1. Apple、フラッシュメモリ搭載ノートPCを年内に発売か・・他

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「アップル時代の夜明け」と「Apple、フラッシュメモリ搭載ノートPCを年内に発売か」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 ゆっくりと ひごろのつかれをおとりくださいねー・・。○マックな話題・・い……

    コメント by Macとえいちやin楽天広場 — 2007年 3月 10日 @ 07:22

  2. macintoshのハードウェアに病みつき

    macintoshのハードウェアって、どうしてあんなに魅力的なんでしょう
    かね?

    私の場合、かれこれ12年くらいmacintoshのハードウェアを使い続け
    ていますね。
    ほとんど「洗脳されてるんじゃないか?」ってくらい、次から次へと
    買っていってま〜す(^-^

    コメント by 興味津々 — 2007年 3月 12日 @ 13:17


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中