maclalalaweblog

2007年 3月 1日

国際日付変更線の恐怖

Filed under: その他 — shiro @ 12:45

F-22

番外だけれど、コンピュータに関係があるということで・・・

最強、最速、コンピュータのかたまりといわれる最新鋭戦闘機 F-22 Raptor が、沖縄嘉手納基地に配備された。

日本に飛来する前に、国際日付変更線で大きな問題に遭遇したらしい。

DailyTech:”Lockheed’s F-22 Raptor Gets Zapped by International Date Line” by Brandon Hill:2月26日

      *      *      *

ロッキードの F-22 Raptor は世界最新鋭の戦闘機だ。ステルス性能、改良型レーダー、最先端武器システム、それに超効率ターボファンエンジンによってアフタバーナーを使わなくても超音速巡航が可能だ。アラスカで行なわれた戦闘シミュレーションゲームでは、空軍および海軍の最強の F-15、F-16、F/A-18 Super Hornets に対して抜群の成績を示したという。Raptor 率いる「Blue Air」チームは、「Red Air」チームの攻撃に対して 241 対2で殲滅するという目覚ましい成果を挙げた。ちなみにBlue チームで撃墜された2機は、30 年ベテランの F-15 によるもので、機材も最新の Raptor ではなかった。

Lockheed’s F-22 Raptor is the most advanced fighter in the world with its stealth capabilities, advanced radar, state of the art weapons systems and ultra-efficient turbofans which allow the F-22 to “supercruise” at supersonic speeds without an afterburner. The Raptor has gone up against the best that the US Air Force and Navy has to offer taking out F-15s, F-16s and F/A-18 Super Hornets during simulated war games in Alaska. The Raptor-led “Blue Air” team was able to rack up an impressive 241-to-2 kill ratio during the exercise against the “Red Air” threat — the two kills on the blue team were from the 30-year old F-15 teammates and not the new Raptors.

しかし、12 〜 15 時間に及ぶハワイから沖縄嘉手納基地への実際のフライトで6機に不具合が生じたことに比べれば、戦闘シミュレーションゲームは Raptor にとってやさしい芸当だったといえる。米空軍最強の Raptor は国際日付変更線(IDL)にやられてしまったのだ。

But while the simulated war games were a somewhat easy feat for the Raptor, something more mundane was able to cripple six aircraft on a 12 to 15 hours flight from Hawaii to Kadena Air Base in Okinawa, Japan. The U.S. Air Force’s mighty Raptor was felled by the International Date Line (IDL).

Raptor の編隊が太平洋上の国際日付変更線を越えたとき、戦闘機の複数のコンピュータシステムが機能を停止した。燃料システム、航行援助システムのすべてと、一部の通信システムが完全にオフライン状態になった。システムの再起動を何度も試みたがムダだった。

When the group of Raptors crossed over the IDL, multiple computer systems crashed on the planes. Everything from fuel subsystems, to navigation and partial communications were completely taken offline. Numerous attempts were made to “reboot” the systems to no avail.

Tanker

Raptor にとって幸いなことに、天候に問題はなく、視界は良好だった。それに加えて、燃料空輸機(refueling tanker)が Raptor を安全に帰投させる盲導犬の役割を果たしてくれた。「Raptor には助けが必要だった。もし、タンカーから離れていたら、あるいは天候が悪化していたら、彼らには高度を知る術(すべ)がなかった。通信システムも航行援助システムもなかった。」と米空軍の Don Shepperd 退役空将補は語る。「彼らは向きを変えてハワイ諸島を見つけることはできただろう。しかしアプローチの際天候が悪化していたら大変なことになっていたかもしれない。」

Luckily for the Raptors, there were no weather issues that day so visibility was not a problem. Also, the Raptors had their refueling tankers as guide dogs to “carry” them back to safety. “They needed help. Had they gotten separated from their tankers or had the weather been bad, they had no attitude reference. They had no communications or navigation,” said Retired Air Force Major General Don Shepperd. “They would have turned around and probably could have found the Hawaiian Islands. But if the weather had been bad on approach, there could have been real trouble.”

「タンカーが彼らをハワイに連れて帰った。これは深刻な問題となり得た。もし天候が悪化していたら確実に大変なことになっただろう。大丈夫だと分かったので、48 時間以内に修復できた。コンピュータの何百万行もあるコードの中のミスだった。誰かが数行のコードで誤りを犯したため全部が止まってしまったのだ」と Shepperd はいう。

“The tankers brought them back to Hawaii. This could have been real serious. It certainly could have been real serious if the weather had been bad,” Shepperd continued. “It turned out OK. It was fixed in 48 hours. It was a computer glitch in the millions of lines of code, somebody made an error in a couple lines of the code and everything goes.”

Raptor を操縦していたパイロットにとって幸いだったのは戦闘状態でなかったことだ。もしそうだったとしたら、1機が1億 2500 万ドル以上もする航空機が、たった数行のコンピュータコードのために墜落したと認めざるを得ない、米国空軍として致命的な愚を犯すことになったかもしれないのだ。「幸いなことに、今回は戦闘になるまえに見つけ出すことが出来た。48 時間でタイガーチームを元の状態に戻すことができた。航空機は再び飛べるようになり、配備を完了した。しかし、戦闘状態だったらこれは大変なことになったかもしれない。」

Luckily for the pilots behind the controls of the Raptors, they were not involved in a combat situation. Had they been, it could have been a disastrous folly by the U.S. Air Force to have to admit that their aircraft which cost $125+ million USD apiece were knocked out of the sky due to a few lines of computer code. “And luckily this time we found out about it before combat. We got it fixed with tiger teams in about 48 hours and the airplanes were flying again, completed their deployment. But this could have been real serious in combat,” said Shepperd.

      *      *      *

西暦 2000 年のタイムラインを越えるときの「Y2K(西暦 2000 年)問題」が記憶に新しい。

最近でも夏時間の採用で、ミニ Y2K 問題が騒がれているようだ。

コンピュータにとって「体内時計」を変えるということは大問題なのだ。

コンピュータのかたまりである Raptor にとって、日付変更線はとんだ伏兵だったということのようだ。

それにしても、民間の国際線は毎日のように日付変更線を越えている訳だし、なんだか変な気もする。これまで Raptor は国内配備オンリーだったのだろうか。

読者による関連記事への書き込みがすごい。自分の軍事に対する無知を思い知らされる。

      *      *      *

参考:

・DailyTech:”Lockheed’s F-22 Raptor Gets Zapped by International Date Line” by Brandon Hill:2月26日

・Engadget:”F-22 Raptors’ systems crash mid-flight over Pacific” by Jeannie Choe:2月27日

・Slashdot:”Software Bug Halts F-22 Flight” by kdawson:2月25日

・People’s Daily Online:”U.S. deploys F-22 Raptor fighters in Japan“:2月18日

・Reuters:”U.S. delays F-22 Raptor fighters arrival in Japan“:2月11日

Technorati Tags:

広告

3件のコメント »

  1. アップルのゲーム戦略–不透明さの向こう側

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「HDDを無線化!!新『AirMacExtreme』のディスク共有機能を試す」と「アップルのゲーム戦略–不透明さの向こう側」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 今日は 金曜日・・。がんばりましょう・・。 昨……

    コメント by Macとえいちやin楽天広場 — 2007年 3月 2日 @ 06:12

  2. F-22配備遅延の真相

    先日、沖縄の嘉手納基地に配備する予定であったF-22戦闘機が途中でハワイに引き返…

    コメント by 日々戯言 — 2007年 3月 8日 @ 23:57

  3. “配備初日”の沖縄の嘉手納基地のF-22ラプターの画像…

    沖縄修学旅行に行ってきました!
    嘉手納基地を一望できる道の駅に行くのが予定に入ってたので、F-22ラプターとの千載一遇の機会が絶対訪れる!と、信じて実際に撮れた画像はコレ。

    一緒に太平洋を飛んできた空中給油機4機…

    コメント by Hiroshi's note — 2007年 3月 18日 @ 12:58


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中