maclalalaweblog

2007年 2月 23日

iPhone の真の敵はだれか

Filed under: アップル — shiro @ 18:47
Tags: , ,

iPhone の真の競争相手はスマートフォンなんかじゃない。もっと先があるのだという。

Streamingmedia.com:”Emerging Media: The Big Apple” by Damien Stolarz:2月20日

      *      *      *

メディア配信の未来

まだマックワールドのキーノートスピーチを全部とおして見ておられないようだったら、是非ご覧いただきたい。Steve Jobs が iPhone を紹介した例のキーノートのことだ。たとえあなたがアップルのファンでも Jobs のファンでなくても、Jobs が語っていることは、未来の携帯メディアの配信にとってあなたがお考えになる以上の大きな意味を持つのだ。

If you haven’t watched the full keynote speech from Macworld—you know, the one where Steve Jobs introduced to the iPhone—you owe it to yourself to do so. Even if you’re not an Apple or Jobs fan, what he discussed has broader implications for the future of mobile media delivery than you’d think.

      *      *      *

よく練られたアップルの計画

アップルの携帯電話市場への参入計画はとてもよく練られている。2年間にわたって開発されたアップル製品への取り組みは、まさにアップルの教本どおりだ。ソフトウェアを制せよ、ハードウェアも制せよ、さらにネットワークに付加価値を加えよ、という訳だ。例えば、Cingular との協同の成果である「目で見るボイスメール」(visual voicemail)は、ボイスメールにランダムにアクセスすることを可能にする。これは20世紀の原始的な、7つから9つのキーを押さなければならないやり方に別れを告げるものだ。

Apple’s entrance into the mobile phone market was very well planned. Two years in development, the product approach is right out of the Apple playbook: control the software, control the hardware, and even add value to the network (their “visual voicemail” collaboration with Cingular allows random access to voicemails, abandoning a primitive 20th-century ritual involving the 7 and 9 keys).

      *      *      *

完全タッチスクリーン

iPhone は完全なタッチスクリーン方式だ。ホームボタンがたったひとつあるだけ。みんながアップル製品に期待するスタイルやデザインを体現している。「マルチタッチ」インターフェイスを備え、指でつまんで(squeeze)画像を大きくしたり、小さくしたりできる。この機能を気が利いていると受け取るひともいれば、革新的と捉えるひともいるだろう。どちらであるかは、一般大衆がこの電話機に触ってみたときに分かるだろう。

The phone is entirely touch screen-based, has only a single button to go “home,” and embodies the style and minimalist design you’d expect from Apple. It has a “multi-touch” interface, where you can use both fingers to “squeeze” pictures to grow or shrink them, a feature that will either be considered cute or revolutionary; the jury is still out until the general public can get their hands on the phones.

      *      *      *

アップル公認のパイプ iTV

またアップルは、マックワールドで iTV のお披露目をし、2月に発表した[ママ]。みんなが予想したとおりだ。洗練され、使い方がシンプルで、メディアを HDTV に流し込むアップル公認のパイプだ。HDMI 端子と各部品を備えていて、過去5年間に登場したいろんな(メディアをテレビにつなぐ)製品に似ている。iTunes につなぐことが出来るという点は別だが・・・

Apple also premiered its iTV at Macworld and released it in February. It’s much as predicted—it’s svelte, it’s simple to use, and it’s the Apple-sanctioned conduit for getting your media to the HDTV. It has component and HDMI connectors, and it’s much like the various media-bridge-to-the-TV products that have been coming out for the last five years. Except, this time, it works with iTunes.

      *      *      *

サプライズ?

マックワールドでは、いろんな意味でこれといってサプライズはなかった。アップルは名前からコンピュータという文字を削った。(今や Apple, Inc. という名前だ。)デジタルリビングルームの手のうちも見せた。それに電話マーケットにも初めて手を出した。いくつかサプライズがあったことも確かだ。OS X が iPhone で動く。(iPod で OS X が動くようになるにはあと何世代かかかるだろうけれど。)QWERTY キーボードを廃して 100% タッチスクリーン化したのは大胆だった。(こいつに文字を入力するのが簡単かどうかはもう少し待たなきゃ分からない。)

In a lot of ways, nothing unexpected was released at the show. Apple dropped Computer from their name (they’re now just Apple, Inc.), they showed their hand on the digital living room, and they made their first foray into the phone market. OK, there were a few surprises—iPhone runs OS X (I didn’t expect iPods to run OS X until a few versions from now), and going 100% touch screen without even a QWERTY keyboard is pretty bold (we’ll all have to see how easy it is to punch in letters on that thing).

      *      *      *

最大の悪夢

しかし、ここで問題が起きた。今やアップルが最大の悪夢だということに家電業界が気付いたのだ。やって来て騒ぎを起こすのは数年先だろうと考えられていた眠れる巨人が、このマーケットの様子を窺い、原子爆弾を投下したのだ。

But here’s the rub: CE manufacturers now realize that Apple is their new worst nightmare, the sleeping giant who can rumble in several years late to the party, look around, and drop an atom bomb on the market segment.

      *      *      *

最後の牙城

多くの専門家は、iTunes/iPod の成功はまぐれだとはじめは考えた。今になって専門家たちは、アップルの収益が如何に iTunes/iPod の売り上げに移行したかということを噛み締めている。今やアップルは、家電業界の牙城に対して、ゼンマイをゆっくり巻き上げるように、相手の体力を消耗させる戦術(rope-a-dope)で、自分に都合の良い比喩を使って[?]、公然と攻撃を再開したのだ。家電業界の最後の牙城である電話やテレビに対して・・・

Many experts first thought the success of iTunes/iPod was a fluke. Today, pundits painstakingly track how Apple’s revenues shifted so much towards iTunes/iPod sales. And now Apple is rather overtly repeating its slow-wind-up, rope-a-dope, pick-your-own-metaphor attack on the rest of the CE strongholds: phones and TVs.

      *      *      *

スマートフォン

Jobs はキーノートで、iPhone とキーボードを内蔵した Palm Treos や Windows Mobile のスマートフォンと比べてみせた。しかし真のターゲットはスマートフォンじゃない。

During the keynote, Jobs pitted the iPhone against smartphones—Palm Treos and Windows Mobile devices with built-in keyboards. But smartphones aren’t really the target.

最初の一週間はつぎのような分析でいっぱいだった。「OS X のクローズドバージョンだ」、「特定のサードパーティのアプリケーションが使える半分だけオープンな OS X だ」、「RIM や HTC などのスマートフォンにはたいして影響なさそうだ」・・・

The first week of analysis was filled with comments like “It’s a closed version of OS X.” “OK, it’s a semi-open version of OS X for blessed 3rd party apps.” “It’s not going to have much of an impact on smartphones from RIM or HTC or . . .”

要は、どの分析もポイントが外れているということだ。スマートフォン業界はアップルが競争を挑んできたとうぬぼれているがそうではない。アップルが挑んでいるのは電話そのものなのだ。ピリオド。

The thing is, so much of the analysis missed the point. Smartphone manufacturers are flattering themselves by thinking that Apple is competing with them. Apple is competing with phones, period.

      *      *      *

第6番目のミュージックストア

アップルが本当はどう考えているかを理解するにはキーノートを見るだけで十分だ。Jobs はアップルがアメリカの第7番目[ママ]のミュージックストアから第6番目[ママ]になったと自慢した。つぎの目標は Target だ。そして間もなく Best Buy であり、最後にトップの Wal-Mart なのだ。

To really understand how Apple thinks, you just have to watch the speech. In it, Jobs brags that Apple has now gone from the 7th largest music store in the U.S. to the 6th. Next target: Target. Before long, Best Buy, and eventually top-dog Wal-Mart.

      *      *      *

アップルを追い落とす試み

デジタル配信の小規模事業者の多くは、ロングテールのオーディオ・ビデオ出版社、インディーアーチスト、ユーザー投稿コンテンツなどに焦点を当てている。アップルはその多くを自由に、しかもタダで使っている。それらは「ポッドキャスト」[ママ]と呼ばれて、競争相手を悔しがらせている。彼らはアップルを追い落とすためにあらゆることを試みた。曲を単独で売る代わりに、支払いが継続する限り好きなだけ提供するサブスクリプション方式まで試した。消費者の答えは概ねノーだった。マイクロソフトは業界を広くカバーする「PlaysForSure」規格を試みたが、その後 180 度方針転換して iPod キラーとして独自規格の Zune を出すに至った。

So many of the smaller competitors in digital distribution are focused on long-tail audio/video publishers, indie artists, and user-generated content. Apple has co-opted a good chunk of that as well—for free—and they’re called “podcasts”, much to the competitors’ chagrin. They’ve tried everything to displace Apple, especially subscriptions instead of individual songs, giving you all you can eat as long as you keep your payments up. Consumers by and large have said “no.” Microsoft tried a broad, industry-wide standard—PlaysForSure—and then had to about-face and try an iPod killer with their proprietary Zune.

      *      *      *

敵は大型量販店

そしてまたここでも、自分たちがいわゆる「デジタル音楽」の「競争相手」だとうぬぼれ、アップルが彼らに競争を挑んできたと考えのだ。しかしアップルは、Zune も、Napster も URGE、Rio、Creative のどれも競争相手だなどとは考えていない。何故か。アップルが考えている競争相手とは Wal-Mart なのだ。Best Buy も競争相手だ。CD の大型量販店、それがアップルの競争相手なのだ。

But that’s once again where these so called “competitors” in “digital music” are flattering themselves—they think Apple is competing with them. Apple doesn’t even really consider Zune, Napster, URGE, Rio, or Creative a competitor. Why? They consider Wal-Mart a competitor. They consider Best Buy a competitor. Big-box distributors of CDs—that’s their competitor.

      *      *      *

ポンドのゴリラ

私が初めてこの業界にやってきたとき、マイクロソフトはみんなの弁当を全部食ってしまう 800 ポンドのゴリラだった。ベンチャーキャピタルから耳にタコができるほど聞かされたのが「一体全体どうしてレドモンドのあいつらがお前が作ったものを真似しないと考えられるのだ」という台詞だった。

When I was coming up in the industry, Microsoft was the 800 lb gorilla that was going to eat your lunch. The oft-repeated refrain I’ve heard from too many VC’s is “what makes you think those guys at Redmond won’t just clone what you’ve made?”

      *      *      *

新しいモンスター

さて、今度はアップルがみんなの弁当を食ってしまう新しいモンスターに(こんどはゴジラかな)なったようだ。デジタル融合電話だって? もうアップルがやっちゃってる。デジタル製品をリビングルームに持ち込むだって? なんで今さら。これぞアップルの領域じゃないか。(市場に出ている何百万というデジタル接続の Xbox のことなんか気にしない、気にしない。)

Well, it seems like Apple’s the new monster (perhaps Godzilla in this case?) that will eat your lunch. Thought of making a digital convergence phone? Apple’s got that one covered, thanks. Thought of bringing digital assets into the living room? Why bother, that’s Apple’s territory (never mind the millions of digitally connected Xboxes in market).

      *      *      *

考えるべきは・・・

古いメディアを革新的なデジタル技術で処理する事業計画を考えるというのなら、むしろアップルの戦略本から借用するほうがいいのではないか。他の小規模の相手[デジタルビット bit の再生機 player と懸けたつもり]と戦うのに褌(ふんどし)を締め直したりしなくていい。流通チャンネルに目を向けるだけでいいのだ。レンガとモルタル造りの在来型の、古びた、轍(わだち)の跡のついた流通チャンネル、それなのに製品を未来永劫動かし続ける流通チャンネルにどうやってとって代わるか、それを考えればいいのだ。

Next time you’re writing your business plan for how you’re going to take out old media with your revolutionary digital technology, perhaps take a play from Apple’s book. Don’t gird your loins for a fight with the other bit players (pun intended); look at what it’s going to take to displace the brick-and-mortars, the ancient, grooved-in distribution channels that have been pushing product forever.

それから、もうひとつ。まだアップルが手をつけていない分野を選ぶのを忘れないこと。

Oh, and pick a category Apple hasn’t already taken.

      *      *      *

敵は本能寺にあり、というわけだ。

もはやアップルはコンピュータメーカーに甘んじてはいない。テレビや電話、それに流通チャンネルにも狙いを定めたのだ。

Technorati Tags: , ,

広告

4件のコメント »

  1. iPhoneの真の敵はだれか

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「TidBITS日本語版最新号TidBITS#867,19-Feb」と「「AppleTV」は年内に200万台売れる」と「iPhoneの真の敵はだれか」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 今日は どうかなー・・。○マックな話題・・……

    コメント by Macとえいちやin楽天広場 — 2007年 2月 24日 @ 06:33

  2. 以前、ジョブズ氏は「我々はSONYを目指す」と言ってましたが、その言葉はiPodだけで終わってはいなかったのですね。

    コメント by 通りすがり — 2007年 2月 24日 @ 14:59

  3. 【動画検索のお勧めサイト~(^^)】DARAO

    こんばんは~ヽ(^。^)丿

    動画投稿?閲覧?(笑)サイトと言えば言わずと知れたYouTubeですが、ネット上に投稿された動画を、手間を掛けずに閲覧するサイトを見つけました!!

    DAR…

    コメント by E51 ELGRAND HS DAYZ XANADU 気ままな1日1ブログ生活・・・ — 2007年 2月 24日 @ 21:32

  4. > 通りすがり さん
    ほんとに アップルの矛先は どこを向いているのでしょうか

    コメント by shiro — 2007年 2月 24日 @ 22:31


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中